Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月09日

サイクルウェアおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

さまざまなメーカー・ブランドから販売されているサイクルウェアですが、たくさんありすぎて、どれを選んだらいいか分からないという方もいるでしょう。サイクルウェアの種類や選び方、人気ランキングなどをご紹介します。季節別のおすすめや、意外な活用方法もご紹介しています。

サイクルウェアおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

おすすめのサイクルウェアの種類と選び方とは

サイクルウェアとひとことで言っても、季節やコンディションによってさまざまな種類があるのをしっていますか。サイクルウェアの購入を考えている人も、これからスポーツバイクデビューをする人も、まずはサイクルウェアの種類と選び方を見ていきましょう。

サイクルウェアの種類

サイクルウェアは用途によってさまざまな種類を選ぶことができます。それぞれ詳しく説明していきます。

ベースレイヤー

一般的な下着の役割を果たすサイクルウェアです。夏は速乾性を高めるため、冬は保温を目的としてサイクルジャージの下に着用します。

サイクルジャージ

サイクルウェアのトップスとも言えます。基本は半袖ですが、長袖も販売されています。速乾性を優先した非常に薄い素材で作られているのが特徴です。

自転車に乗ったときに前傾姿勢になることを考慮して、前より背中側の裾が長くなっています。これにより、背中が丸見えになるのを防いでくれます。

ショーツ(パンツ)

自転車に乗るときの短パンがショーツです。身体にぴったりフィットしたものが基本ですが、街中でも浮かないカジュアルなタイプも販売されています。

サイクルウェアの一番の特徴といえるのが、ショーツにパッドが付いていることです。スポーツバイクのサドルは硬いので、振動軽減のためにパッドが付いているものがほとんどです。

ビブショーツ(ビブパンツ)

パンツに肩紐が付いているものを、ビブショーツまたはビブパンツと言います。ショーツがウエストで支えるのに対して、ビブショーツは肩で支えるので、ずれたりすることがなくぴったりと身体にフィットします。ウエストの締め付け感もないため、本格的なトレーニングやロングライドの際にはビブショーツをおすすめします。

タイツ

一般的な長ズボンと考えれば分かりやすいでしょうか。ショーツと同じくパッドが付いているのがほとんどです。タイツに肩紐が付いたものもあり、ビブタイツと言われます。

夏は紫外線対策、冬は防寒対策として着用することが多いので、UVカット素材のものから、裏起毛で保温性を高めたものまでさまざまなタイプが販売されています。

ジャケット

一般的なジャケットとは異なり、薄くて軽い素材でできています。寒い冬場にジャージの上から着用します。0度から10度、5度から15度など対応温度が細かく設定されているのがサイクルウェアのジャケットならではです。

対応温度が記載されているので、どのくらいの気温のときに着用したいのかで選ぶことができて便利です。

ウインドブレーカー

突然の雨などに対応できるように準備しておきたいサイクルウェアです。サイクルウェアとしてのウインドブレーカーは、丸めるとジャージのポケットに入るくらい小さくなるのが特徴です。

アームカバー・アームウオーマー・レッグウオーマー

半袖のジャージやショーツを着用した際に、手足の露出した部分をカバーするためのサイクルウェアです。夏は紫外線対策に、冬は防寒対策として使用します。これらを使うことで半袖のジャージも長袖同様になるため、ジャージは半袖を購入する人が多いです。

おすすめのサイクルウェアの選び方

サイクルウェアは非常に伸縮性の高い素材でできています。サイズ選びに困ったら小さいサイズを選ぶことをおすすめします。また、長さよりも太ももやウエスト周りの太さを基準に選ぶと、よりフィット感が得られます。パッドが自分に合っているかも大事なポイントです。

そのほかのデザインや色は自分が好きなものを選びましょう。好きなものを着るほうがテンションが上がって自転車に乗りたいという気分にさせてくれるのでおすすめです。

サイクルウェアをおすすめする理由とは?

サイクルウェアおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スポーツバイクに乗るならやはりサイクルウェアをおすすめします。一度サイクルウェアを着用した人なら口を揃えてこう言うでしょう。どうしてそんなにサイクルウェアがおすすめなのでしょうか。Tシャツや短パンではなく、サイクルウェアをおすすめする理由を見ていきましょう。

視認性

サイクルウェアは蛍光色や、赤・青・黄色など派手な色が使われていることが多いですが、これは視認性を良くするためです。自転車は車道を走るのがマナーです。つまり車と同じ場所を走るためです。「ここにいますよ」と車に知らせるためにあえて派手な色を使っています。

車のライトが当たると光るリフレクターが採用されているのもそのためです。視認性を上げることで、安全に走行することができます。サイクルウェアは安全に自転車に乗るためにもおすすめと言うことです。

フィット感

サイクルウェアを敬遠する人の理由の多くが、身体にピッタリとフィットするデザインではないでしょうか。しかしフィット感にこそ、サイクルウェアをおすすめする理由があります。

自転車は空気抵抗に大きく左右されます。ロングライドでは空気抵抗があるかないかで、疲労感に大きく差が出ます。サイクルウェアが身体にフィットするデザインなのは、この空気抵抗を極力減らすためです。空気抵抗がないほど楽に走ることができるからです。

また、ギアやチェーンが剥き出しのスポーツバイクでは、ぴったりと身体にフィットするサイクルウェアを着ることで巻き込みを防止する効果もあります。

快適性

サイクルウェアをおすすめする一番の理由は「快適性」です。自転車に乗るために設計されたウェアですから、すべてが計算しつくされています。

どんなに汗をかいてもすぐに乾く速乾性や、通気性の良さに加えて、サイクルジャージには背中にポケットが付いているので貴重品や携帯食を入れたりできておすすめです。パッドがお尻を守ってくれるのでロングライドも快適です。

サイクルウェアおすすめ人気ランキングTOP3

サイクルウェアおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

サイクリストが買っている人気のサイクルウェアが気になりませんか。人気のおすすめサイクルウェアTOP3をご紹介します。

3位:「パールイズミ/サイクリング ジャージ」

PEARL IZUMI サイクリング ジャージ
PEARL IZUMI サイクリング ジャージ

¥ 9,720

口コミ

パールイズミのオシャレなサイクルジャージです。 レース向けでは無いので少しゆとりがあるサイズです。だからと言って大き過ぎる訳ではありません

信頼感の高い日本のサイクルウェアのトップブランドです。UPF50+なので、真夏のサイクリングにもおすすめです。日本の高温多湿な気候を研究し尽くしているので、蒸し暑い夏でも快適な着心地がサイクリストの間で人気となっています。

お手ごろな価格とは言えませんが、金額に遜色ない高い機能性を兼ね備えています。夏に快適に自転車に乗りたい方におすすめです。

2位:「Santic メンズ サイクルジャージ」

サイクルジャージ
サイクルジャージ
口コミ

とても着心地が良く、パンツもしっかりフィットしました。また買いたいです。

人間工学に基づいた3D立体裁断がされているので、どんな動きをしても身体にぴったりとフィットします。ビブショーツとジャージの上下セットでこの価格はコスパも最高です。初めての一着にもおすすめできるサイクルウェアです。

1位:「Lixada 半袖 サイクルジャージ」

Lixada 半袖 サイクルジャージ
Lixada 半袖 サイクルジャージ
口コミ

購入価格が安いので造りが大丈夫か心配していましたが細かいところまで丁寧に作るられていました。

特徴・用途別おすすめのサイクルウェア

サイクルウェアおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

今までもご紹介してきたとおり、サイクルウェアにはさまざまな種類があります。上手に選べばさらに快適に自転車に乗ることができます。特徴別・用途別におすすめのサイクルウェアをご紹介します。

安い

半袖 サイクルジャージ 上下セット
半袖 サイクルジャージ 上下セット
口コミ

とにかく上下でこの価格、素晴らしいとしか言いようがありません。 レーパン単独の価格としか思えませんが、上衣もちゃんとしています!デザインも派手すぎず適度です。

サイクルウェアは高いというイメージがありますが、探せば安くて良いものはたくさんあります。Lixadaの半袖サイクルウェアは上下セットで5000円以下という驚きの安さです。しかし、購入者からの口コミも良く、有名ブランドものと比べても遜色ないことが分かります。

初心者の方や、サイクルウェアの購入を迷っているという方の最初の一枚にもおすすめのサイクルウェアです。

カジュアル

mont-bell サイクル ツーリングニッカ
mont-bell サイクル ツーリングニッカ

¥ 9,504

口コミ

ピチピチのレーパンは嫌だけどパッド入りのズボンが欲しいと思ってる人に最適です。

カジュアルにスポーツバイクに乗りたい、ちょっと街乗りしたい、そんなときは身体にぴったりフィットしたサイクルショーツは抵抗がある人も多いでしょう。サイクルウェアには、このようなカジュアルなタイプもあります。出かける先やスポーツバイクに乗るスタイルに合わせて、チョイスしましょう。

パッドも付いたカジュアルなニッカズボンは使い勝手が良く、観光地に行っても浮かないのでおすすめです。

レディース

サイクリングレーススカートパンツ
サイクリングレーススカートパンツ

¥ 3,999

口コミ

サイズ通りで購入しましたが、お尻周りがやや大きめでした。 しかし生地も見た目も大変満足しております。

ロング丈のショーツにスカートが付いたレディース用のサイクルウェアです。スカートがお尻周りや太ももをカバーしてくれる、女性にはうれしいデザインとなっています。サイクルェアは着たいけど、身体のラインが出るのが気になる女性におすすめです。

ショーツとスカートが一体になっているので、ずれたりせずにすっきりとしたラインを保ってくれるのもうれしいポイントです。

メンズ

フリージーポタージャージ
フリージーポタージャージ

¥ 9,180

口コミ

ジャストフィットで身体のラインが出る訳でもなく、ダウンヒルでバタつく訳でもなくちょうどいいフィット感です。 170/63キロ、ちょいおっさん体型ですがMサイズでジャストです!

パールイズミのフリージーポタージャージは、本格的なサイクルウェアはちょっと、という人におすすめです。身体にぴったりフィットするわけではなく、普段着感覚で着られながら、UPF50+の紫外線カット機能や吸汗速乾性というサイクルウェアの高い機能はそのままです。

目的地のあるロングライドや、身体のラインは隠したい男性におすすめしたいサイクルウェアです。

初心者

半袖 サイクルジャージ 上下セッ
半袖 サイクルジャージ 上下セッ
口コミ

初めてのウェアですがとてもいいと思いました! うんまん円のウェアじゃなくても十分だと思います

金額的にも手頃ながら、サイクリングに必要な速乾性、吸汗性などは有名メーカーに引けを取りません。高いものを揃えても続けられなかったらもったいない、そう考えてサイクルウェアの購入を迷っている初心者の方におすすめです。

この価格なら、金額を気にせず練習用として着用できます。手頃な値段のサイクルウェアから始めて、少しずつ必要なものを買い揃えていくのもスポーツバイクの楽しさのひとつです。

タイツ

サイクルジャージ 長袖 上下セット
サイクルジャージ 長袖 上下セット

¥ 4,950

口コミ

ウィンドブレーカーと合わせれば冬の手前まで使えます。 ジャージの上の質感は同社の夏用と大差無い感じなので薄手です。

一年中スポーツバイクに乗るのであれば、一枚は持っていたいのがタイツです。ロングタイプのショーツのことですが、夏は紫外線対策に、秋冬はもちろん防寒にと大活躍します。

半袖のサイクルウェアもアームカバーなどを利用することによって秋冬も着用できますが、アームカバーの締め付けが苦手と言う人や、いちいち付けるのが面倒と言う人におすすめです。

季節別おすすめのサイクルウェア

サイクルウェアおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

いろいろなサイクルウェアが販売されていますが、たくさんありすぎて正直どれを選んだらいいか分からない、という方も多いのではないでしょうか。季節に合ったサイクルウェアを知りたいと言う方にも、季節別おすすめのサイクルウェアをご紹介します。

saitoimportサイクルジャージ
saitoimportサイクルジャージ

¥ 2,980

口コミ

通勤用には,春から秋にかけて,これ一択だと思います.色違いで2着持っています.真夏でも,腕の丸焦げ防止のためにこの長袖を使います

気温の高低差が激しい春は、自転車で走っている間は暑くても、休憩などで汗が引くと肌寒さを感じます。春のおすすめのサイクルウェアは、一枚羽織って温度調整ができる薄手のサイクルジャージです。中に着るものを変えれば、初春から夏まで使いまわせて日焼け防止にも使えるので、一枚持っておくことをおすすめします。

メンズ サイクリングジャージ
メンズ サイクリングジャージ
口コミ

タイトすぎず着心地良いです。 生地がサラサラ生地なので汗をかいても大丈夫です。

夏のサイクリングはとにかく汗をかきます。サイクルウェアであれば、速乾性や吸汗性のある素材を使用しているものがほとんどですが、その中でも夏は速乾性や吸汗性に重点を置いてサイクルウェアを選ぶことをおすすめします。

これに加えて、UVカット機能など紫外線対策が施されているものを選ぶと、さらにお肌への負担を減らすことができるのでおすすめです。

サイクリングウェア 秋用
サイクリングウェア 秋用
口コミ

裏起毛で保温性が高くて、薄めのレインジャケットタイプと組み合わせたら寒くない。黒と赤のバイカラーでデザインもとっても気に入って、大満足です。

秋も春と同様、気温差が激しいうえに北風が冷たい季節です。長袖で、裏ボア素材のサイクルウェアが重宝します。

脇の下には通気性の良い素材を使用しイヤな蒸れを防いでくれます。吸汗吸湿しながらも、暖かさをキープしてくれるので秋のサイクリングにはおすすめの一枚です。

メンズウィンドブレークタイツ
メンズウィンドブレークタイツ

¥ 999

口コミ

ウエストの丈がもう少しながければ良かったのに、でもとても気に入ってます

こちらは防水・防風の効果があるサイクルタイツです。冬はとにかく寒さのとの戦いです。スポーツバイクで走ると、驚くほど風を感じます。この風が身体を冷やす原因なので、風を防ぐことで、だいぶ冬のサイクリングが快適になるので、防風アイテムはおすすめです。

このようなアイテムを使ったり、重ね着するなどして、冬でも快適にサイクリングを楽しみましょう。

おすすめサイクルウェアのメーカー3つと代表製品

サイクルウェアおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

サイクルウェアは、自転車メーカーや、アウトドアメーカーなどから販売されています。おすすめのサイクルウェアのメーカー・ブランド3つと代表製品をご紹介します。

PEARL IZUMI(パールイズミ)

半袖サイクルジャージ プレミアム
半袖サイクルジャージ プレミアム

¥ 15,684

口コミ

ライディングポジションで裁断されているので走行中、身体に密着してくれて走行時のばたつきや、胸元のたるみが出ないので非常に着心地が良いです。

サイクリングウェアと言えばパールイズミは外せません。日本のメーカーなので、日本人に合わせたサイズ展開がされていることも魅力です。湿度の高い日本の夏でも快適に過ごせる高機能サイクルウェアを展開しています。

このプレミアムジャージは、乗車時の姿勢をコンピューター解析し、動きやすさを追及した立体裁断がされています。身体と一体化する着心地を追求したプレミアムフィットは、かなり身体に密着し空気抵抗を極限まで軽減します。さらにワンランク上のハイエンドモデルをお探しの方におすすめの一着です。

KAPERMUUR(カペルミュール)

半袖ブロックチェックジャージ
半袖ブロックチェックジャージ

¥ 12,960

おしゃれなサイクルウェアとして年々人気が高まっているのがカペルミュールです。チェック柄やアーガイル柄などを取り入れたおしゃれでカジュアルなデザインのサイクルウェアは女性にも高い人気を誇ります。

カジュアルに着こなせるサイクルウェアを探しているなら、カペルミュールのサイクルウェアを検討してみてはいかがでしょうか。男女ともにおすすめです。

ルコックスポルティフ

サイクリング ピンメッシュジャージ
サイクリング ピンメッシュジャージ

¥ 4,320

ルコックスポルティフは、1882年フランスに創業した総合スポーツブランドです。レースを走る本格的なサイクルウェアから、カジュアルウェアまで幅広く展開しています。

このモデルは比較的ゆったりと着れるので、身体にフィットしたサイクルウェアに抵抗がある初心者にもおすすめです。吸汗速乾性にも優れているので、夏の暑い時期でも快適にサイクリングを楽しめます。

サイクルウェアの活用方法やおすすめのコーデ

サイクルウェアおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

サイクルウェアのおすすめの活用方法や、おすすめのコーデをご紹介します。これを参考にサイクルウェアを楽しんでもらえたらありがたいです。

サイクルウェアの活用方法

レディース サイクルインナーパンツ
レディース サイクルインナーパンツ
口コミ

薄くて軽くて履き心地もよく、おしりのクッションも気になりませんでしたし、4時間走って、お尻がいたくなることもありませんでした。

下着として着用するサイクルインナーパンツを履けば、驚くほどサイクルウェアの活用方法が広がります。サイクルインナーパンツにはパッドが付いているので、これを履いてしまえばジーパンやショートパンツと言った普段着がサイクルウェアに早変わりします。

ロングライドには向きませんが、しっかりとしたサイクルウェアを着るまでもないサイクリングや、ちょっとした街乗りなら十分です。自転車を降りた後に、電車に乗ったりする用事があるときにおすすめです。

サイクルウェアおすすめのコーデ

サイクルウェアを着こなす、おすすめのコーデをご紹介します。

定番

サイクルウェアのコーデの定番と言えば、上下ともサイクルウェアで固めたこのスタイルでしょう。トップスはサイクルジャージ、ボトムにはサイクルショーツです。街でもこのスタイルでスポーツ自転車に乗っている人をよく見かけます。

本格的なトレーニングや100キロを越えるロングライドでは、風の抵抗を抑えられるため上下サイクルウェアがおすすめです。

カジュアル

カジュアルに乗りたいときには、こんなカジュアルなコーデはいかがでしょうか。カジュアルなサイクルショートパンツなら、Tシャツだけでお洒落に決まるのでおすすめです。Tシャツはドライ素材や、吸汗速乾のものを選ぶとより快適です。

クロップドパンツ

サイクルウェアの中にもおしゃれなクロップドパンツが販売されています。裾が短いクロップドパンツは、チェーンやギアに絡まる危険もないのでカジュアルに乗りたいときにはおすすめです。こんなスタイルなら、観光地へ行っても浮くことがありません。パッドは付いているものもあれば、付いていないものもあります。状況や走る距離によって選びましょう。

ショートパンツ

スポーツ自転車のサドルは硬く、長時間乗っているとお尻が痛くなってしまいます。下半身だけパッド付きのサイクルウェアを着用すれば、上半身は比較的自由にコーデできます。このように動きやすいスポーツウェアでも快適にサイクリングできます。

このナイキのジャケットはピンクが差し色になって、とてもおしゃれです。サイクリングの際には視認性を高めるためにも明るい色を選ぶことをおすすめします。

ピチピチだけがサイクルウェアじゃない!

サイクルウェアおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

サイクルウェアはプロのロードレーサーが着用するような、「ピチピチの身体にフィットするもの」という考えはもう古いです。そのまま街へ繰り出せるようなおしゃれなデザインのものが、各メーカーから販売されています。

トレーニングや街乗りなど、自転車に乗る状況に合わせて使い勝手のいいサイクルウェアを選びましょう。

Related