Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月25日

トレッキングパンツのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

登山に欠かせないトレッキングパンツはたくさんの種類があります。そこで今回はトレッキングパンツの種類とおすすめを紹介していきます。季節別、目的別のおすすめも紹介していきますので、ぜひトレッキングパンツを選ぶときの参考にしてください。

トレッキングパンツのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

トレッキングパンツのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

トレッキングパンツのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

岩場を登ったり山の中を長時間歩いたりと、運動量の多い登山には動きやすいトレッキングパンツがおすすめです。

トレッキングパンツは登山をより快適にするため、さまざまな工夫がされています。ストレッチ性のある素材で動きやすい、立体裁断で岩場でも足を広げやすい、速乾性に優れていて汗がすぐに乾く、軽量で持ち運びがしやすい、などのメリットがあります。

また、最近は機能性だけではなくデザイン性に優れたトレッキングパンツも多く登場しています。そのため、アウトドアシーンだけではなく日常着としてトレッキングパンツをはく人が増えています。あまりにも種類がありすぎてどのトレッキングパンツを選べばいいのかわからない、という人も多いです。今回はおすすめのトレッキングパンツをご紹介していきます。

トレッキングパンツの種類と選び方

トレッキングパンツは長さ別に3タイプに分けられます。ロングパンツ、ショート(ハーフ)パンツ、ロングにもショートにもなるコンバーチブルパンツの3つです。

どのタイプのトレッキングパンツも、さまざまな素材とシルエットがあります。冬でも暖かい厚手のものもあれば、暑い日に快適な薄手のものもあります。股の部分に足を上げやすいガゼット(マチ)がついているタイプもあれば、ガゼットがない代わりにストレッチ素材を使用したものもあります。

ロングパンツ、ショート(ハーフ)パンツ、コンバーチブルパンツ、それぞれの特徴と適したシーンをご紹介していきます。

トレッキングパンツの種類

ロングパンツ

もっとも定番といえるのがロングパンツです。シンプルで誰にでも似合うので、はじめてトレッキングパンツを購入する方にはまずロングパンツをおすすめします。

薄手のロングパンツが一枚あれば、1000メートル以下の低山ならオールシーズン対応できます。夏は暑いと思われがちですが、薄手で通気性の良い素材を選べば問題ありません。北アルプスなどの3000メートル級の山に登るときは、雪のない時期は薄手、雪のある時期は厚手(厳冬期はオーバーパンツ)と素材の違う2本のロングパンツを使い分けるのがおすすめです。

以前はロングパンツといえばスタイルが悪く見えるものが多く、体型を気にする女性からは敬遠されていました。しかし、最近のロングパンツはシルエットが綺麗なものが多く、山ガールからの人気も復活しています。特に、テーパードタイプのトレッキングパンツはスタイルが良く見えるのでおすすめです。

ショートパンツ・ハーフパンツ

ショートパンツやハーフパンツは通気性に優れ涼しいので、夏場のアクティビティにおすすめです。また、太ももの部分に余裕があるので、一番足が上げやすいです。トレッキングはもちろん、川や海など水辺でのアウトドアにも適しています。

キャンプやハイキングなどのライトなアウトドアシーンでは一枚で使えますが、標高の高い山へ行くときは下にサポートタイツを着用することをおすすめします。これは、草や岩の摩擦から足を保護するためです。また、標高の高い山はそれだけ紫外線も強いので、肌の露出はおすすめできません。

ショートパンツは寒いと思われがちですが、低山の場合はサポートタイツをはけばオールシーズン対応できます。標高の高い山では、7月~10月くらいがショートパンツに適しています。6月や11月でも、ショートパンツをはいている人はいます。寒さの感じ方には個人差があるので、事前に気温を調べることをおすすめします。

コンバーチブルパンツ

コンバーチブルパンツは、ファスナーによって膝下部分を取り外すことができ、ロングパンツとショートパンツの2WAYで使える優秀アイテムです。

メリットは、ロングパンツとハーフパンツどちらでも使えるので、シーズンを通してさまざまな場面で活用できることです。また、ロングパンツとしての着用中に暑くなったときは、ファスナーを少し開けて風通しを良くすることもできるのでおすすめです。

デメリットは、ファスナー周辺の生地に伸縮性がないことです。また、「膝を曲げたときにファスナーが肌に当たるのが気になる」という人もいます。まずは試着して、膝を曲げたときに違和感がないか確認することをおすすめします。

トレッキングパンツの選び方

トレッキングパンツは季節と行先によって選ぶのがおすすめです。「いつ、どの山に行くのか?」が決まっていれば、その目的に最適なトレッキングパンツを選ぶことができます。

たとえば、「ゴールデンウィークに山に行く」といった場合、北アルプスと低山では気温がまったく違います。北アルプスは雪が残っているためショートパンツは向いていませんし、低山は厚手のトレッキングパンツでは暑すぎる場合があります。

低山が中心であれば、薄手~中厚手のトレッキングパンツであれば、どの丈を選んでも問題ありません。ロングでもショートでもコンバーチブルでも、見た目やはき心地で好きなものを選びましょう。

北アルプスや八ヶ岳など標高の高い山にチャレンジする場合も、夏山であればどの丈を選んでも大丈夫です。ただし、薄手~中厚手のトレッキングパンツを選びましょう。残雪期や晩秋は厚手のロングパンツがおすすめです。

トレッキングパンツのおすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位:パタゴニア「RPSロックパンツ」

パタゴニア「RPSロックパンツ」
パタゴニア「RPSロックパンツ」

¥ 11,880

口コミ

ストレッチも効いていて、色も綺麗な薄いグレーで素敵なパンツですが、春物の生地です。

クライミングパンツですが、軽量で撥水性もある素材のためトレッキングパンツとしても活用できます。もともとクライミングは足を大きく上げたり動きの多いスポーツです。そのために作られたパンツなので、足上げのしやすさは抜群です。

フィットしすぎない余裕のあるデザインなので、脚のラインを拾いません。ゆったりしているけどダボダボではなく、シルエットがとても綺麗です。裾のドローコードを絞るとさらにこなれた印象になります。細身のパンツが苦手な方にもおすすめのトレッキングパンツです。

非常に薄手で軽量です。寒い時期の高山以外であれば幅広く使えますが、寒いときは中にタイツをはくことをおすすめします。

ランキング2位 THE NORTH FACE 「アルパインライトパンツ」

THE NORTH FACE「アルパインライトパンツ」
THE NORTH FACE「アルパインライトパンツ」

¥ 16,200

口コミ

157センチでMを購入。サイズはちょうど良く、ネイビー系にしましたが色も思った通り。すっきりとしたシルエットが、とても気に入っています。伸縮も良く動きやすく、まるで履いていないみたいな軽さ。負担なくトレッキングが楽しめます。インナーにスポーツタイツを履けば、真冬でも雪のない山なら大丈夫そうです。オールシーズン使えそうで大満足です。色違いでもう1本欲しいです。

シンプルで使い勝手のいい人気のトレッキングパンツです。立体的な裁断で、岩場での足上げもストレスを感じません。薄手でよく伸びる柔らかい素材のため、長時間はいていてもストレスを感じません。

薄手ですが、3位の「RPSロックパンツ」よりはやや厚めで、よほど寒い時期の高山以外であればどんな場面でも対応できます。初心者から上級者まで、愛用者の多い人気のアイテムです。膝からくるぶしにかけてだんだん細くなっていくテーパードシルエットで、足が細く長く見えます。見た目にこだわりたい方へもおすすめのトレッキングパンツです。

ランキング1位「モンベル」

モンベル「ライトトレッキングパンツ」
モンベル「ライトトレッキングパンツ」

¥ 8,640

口コミ

初めての山歩きで速乾性・ストレッチ素材のものを探してました。帰り際、雨に降られましたが撥水性がよく驚きました。ストレッチも適度で素材もシルエットも気に入りました。好みの色があれば再度購入したいと思います。

オールシーズン活躍する中厚手のパンツです。ハリのある生地ですが、軽量でストレッチ性が高く、足上げの負担もありません。しっかりとした素材のため耐久性に優れていて、長く使いたい方におすすめです。長く使えて価格が1万円以下なので、コスパの良さも評判です。

中厚手なので、やや寒い時期の高山でも使用できます。厳冬期以外ならどのシーンでも活躍する、もっともオールラウンダーなトレッキングパンツです。

足が細く長く見えるよう膝下が少し広がったデザインですが、はいたときの見た目はシンプルなストレートです。細すぎず太すぎない定番のかたちなので、年齢や体型を問わず誰にでも似合います。日本のブランドだけあって、日本人の体型にあったデザインです。海外ブランドのものが体に合わないという方にもおすすめです。

これといった欠点がないので、迷ったときはとりあえずこれを買えば損することはありません。

あなたにおすすめのトレッキングパンツは?

性別や目的によって、おすすめしたいトレッキングパンツは違います。山ガール向け、男性向け、登山上級者向け、コスパ重視派、それぞれのタイプの人に一番おすすめのトレッキングパンツをご紹介します。

山ガールにおすすめのトレッキングパンツ

コロンビア 「アルゴンヌIIウィメンズショーツ」
コロンビア 「アルゴンヌIIウィメンズショーツ」

コロンビアのアルゴンヌシリーズはカラーや柄のバリエーションが豊富です。アースカラーを選べばナチュラルに、ポップな柄を選べば元気で可愛いコーディネートができるので、山ガールファッションを楽しみたい女性におすすめのトレッキングパンツです。

デザインはもちろん、水や汚れをはじく素材や足を上げやすい立体構造など、機能性も充分です。紫外線から肌を守るサンプロテクト機能もあり、日焼けを気にする女性にもおすすめです。お値段もお手頃なので、初心者の方も気軽に試してみてはいかがでしょうか。

男性におすすめのトレッキングパンツ

マムート「バンブーライト」
マムート「バンブーライト」

¥ 16,200

口コミ

少し薄手で軽いですからね、夏〜秋までの使用が良いと思います。サイズも日本標準体型でちょうど良いです。暑くなればハーフパンツに早変わり出来るので使い勝手も大変良い、このシリーズ色々なデザインで4本目ゲット❗️とにかく機能的で普段、軽登山、旅行等活躍してくれています、価格も安いです。

コンバーチブルタイプのトレッキングパンツです。はいたときのシルエットが綺麗で、足が長く見えます。見た目だけではなく機能性も充分で、寒い時期以外なら標高の高い山でも使えます。

コンバーチブルパンツはファスナーが膝上についていて、取り外すとハーフパンツになるものが多いです。しかし、このトレッキングパンツは裾を取り外すとクロップド丈になるため、膝が隠れます。クロップド丈にしたときのシルエットもかっこいいので、人と違ったファッションを楽しみたい男性や、膝上のハーフパンツに抵抗のある男性にもおすすめです。

登山上級者に人気のトレッキングパンツ

アークテリクス「ガンマ ARパンツ」
アークテリクス「ガンマ ARパンツ」

日本国内の山であれば3シーズン活用できるソフトシェルパンツです。登山だけではなく、ロッククライミングやアイスクライミングにまで対応できます。4方向にストレッチがきく非常に伸縮性の高い素材で、耐摩耗性、保温性、防風性も抜群です。動きやすさを考えた立体裁断で、どんな状況下でも対応できる高機能トレッキングパンツです。

すでにトレッキングパンツを何本か所有している登山中級~上級者の方におすすめです。機能性が優れているだけに、お値段も高いです。もちろん初心者の方がはいてもいいのですが、低山であればここまで高性能なパンツでなくても登れるので、初心者の方へはもっと安いパンツを買うことをおすすめします。

コスパ抜群のトレッキングパンツ

モンベル「ストレッチO.D.パンツ」
モンベル「ストレッチO.D.パンツ」

¥ 5,400

口コミ

薄い生地なので夏の登山に最適でした。程よい伸縮性があるので動き易かったです。

本格登山も可能な機能性を備えながらお値段は5000円台という、コスパ抜群のトレッキングパンツです。動きやすいストレッチ素材で長時間の歩行もストレスを感じません。値段は安いですが機能性は充分で、夏であれば、北アルプスなどの標高の高い山でも活用できる優秀アイテムです。軽量のため、縦走時の予備パンツにも最適です。

初心者の方の「最初の一本」におすすめのトレッキングパンツです。「登山を続けるかどうかわからないから高いパンツは買いたくない」という方には、とりあえずこのパンツをおすすめします。

季節別おすすめのトレッキングパンツ

季節によって、おすすめのトレッキングパンツは変わってきます。春、夏、秋、冬、それぞれの季節におすすめのトレッキングパンツをご紹介していきます。

春におすすめのトレッキングパンツ

THE NORTH FACE「バーブ パンツ」
THE NORTH FACE「バーブ パンツ」
口コミ

バーブスリムパンツを持っているので、洗い替えがほしくて購入しました。本当に履きやすくて足さばきが良くて、軽いのに丈夫です。しかも、シルエットが細身でかっこいい。トレッキングにもクライミングにももう、このパンツを履き始めてから、ほかのパンツが履けなくなりました。

春は日によって寒かったり暖かかったりと気温差の変動が激しい季節です。標高の高い山にはまだ雪が残り、寒い日は氷点下になります。しかし陽射しが出ると暖かく、ときには汗ばむくらい暑い日もあります。

ノースフェイスのバーブパンツは厚すぎず薄すぎない素材のため、気候の変わりやすい春におすすめのトレッキングパンツです。高山に行く場合はその日の気温を確認し、あまりにも寒いようなら中にサポートタイツをはくのがおすすめです。低山なら、一枚で問題なく着られます。

夏におすすめのトレッキングパンツ

パタゴニア「バギーズ・ショーツ」
パタゴニア「バギーズ・ショーツ」

¥ 6,480

口コミ

軽くて履きやすく、黒だから合わせやすく大活躍!色違いでもう一枚ほしくなる!

通気性がよく暑い日も快適なショートパンツです。撥水性のある素材で、山だけではなく、海や川など水辺のアウトドアフィールドやジョギングでも活躍する一枚です。スタイリッシュなデザインで街で着ても違和感はないので、普段着として活用したい方にもおすすめです。

真夏であれば、高山への登山も可能です。その場合は、転んでも怪我をしないよう中にサポートタイツをはくのがおすすめです。カラーバリエーションが豊富なので、タイツとのコーディネートも楽しめます。見た目も可愛く爽やかで、はじけたい夏におすすめのショートパンツです。

秋におすすめのトレッキングパンツ

マーモット 「コーデュロイハイクパンツ」
マーモット 「コーデュロイハイクパンツ」

¥ 15,984

アウトドアスタイル・クリエイターの四角友里さんがマーモットとコラボレーションしたトレッキングパンツです。一般的にコーデュロイといえば綿ですが、この商品はポリエステル100%で綿のように汗冷えする心配もありません。コーデュロイ素材はめずらしいので、少し変わったトレッキングパンツをお探しの方におすすめです。

コーデュロイ素材と八分丈とブラウンカラーがコーデに季節感を与えてくれる、秋におすすめのトレッキングパンツです。

冬におすすめのトレッキングパンツ

モンベル「ノマドパンツ」
モンベル「ノマドパンツ」

¥ 9,154

防風性と保温性に優れ、寒い時期のトレッキングに適しています。低山なら真冬でも問題なく使えます。北アルプスなどの高山では、厳冬期以外なら寒い時期でも活躍してくれます。厚手ですがストレッチ性に優れているので、動きにくさを感じません。

寒いからといってトレッキングをあきらめることはありません。寒さを忘れてアウトドアを楽しめる、冬におすすめのトレッキングパンツです。

おすすめのトレッキングパンツブランド3選

パタゴニア

パタゴニアはアメリカのアウトドアブランドです。ザックや登山靴よりもウェアに強いブランドで、機能性・デザイン性ともに優れたウェアを多く展開しています。オシャレなデザインで街着としても人気があり、山でも街でも着たい方におすすめです。

カラフルで遊び心のあるデザインが特徴で、元気いっぱいのコーディネートを楽しめます。また、環境に配慮した商品が特徴で、修理サービスもあるので、エコロジーに関心の高い方にもおすすめです。

パタゴニア「RPSロックパンツ」
パタゴニア「RPSロックパンツ」

¥ 11,880

口コミ

ストレッチも効いていて、色も綺麗な薄いグレーで素敵なパンツですが、春物の生地です。

パタゴニアはもともとはクライミングギアを作る会社だったため、今もクライミングパンツに定評があります。RPSロックパンツもクライミング用ですが、速乾素材なのでトレッキングパンツとしても活用できるおすすめアイテムです。

THE NORTH FACE

ザ・ノース・フェイスはアメリカのアウトドアブランドです。機能性・デザイン性ともに高く、タウンユースから本格登山まで、幅広いアイテムを展開しています。洗練されたシックなデザインが特徴で、シンプルなコーディネートが好きな人におすすめです。

THE NORTH FACE「アルパインライトパンツ」
THE NORTH FACE「アルパインライトパンツ」

¥ 16,200

口コミ

157センチでMを購入。サイズはちょうど良く、ネイビー系にしましたが色も思った通り。すっきりとしたシルエットが、とても気に入っています。伸縮も良く動きやすく、まるで履いていないみたいな軽さ。負担なくトレッキングが楽しめます。インナーにスポーツタイツを履けば、真冬でも雪のない山なら大丈夫そうです。オールシーズン使えそうで大満足です。色違いでもう1本欲しいです。

ザ・ノース・フェイスのトレッキングパンツといえば細身のシルエットで足がきれいに見えるのが特徴です。特に定番の「アルパインライトパンツ」はテーパードシルエットで若い女性に人気です。

モンベル

日本発のアウトドアブランドといえばモンベルです。海外ブランドに比べると圧倒的に価格が安いことが特徴です。安価ですが品質は高く、機能性はトップレベルです。モンベルの商品だけでどこの山へも登れます。

デザインの面では、十年以上前は「イマイチ」という位置づけでしたが、最近はオシャレなものが多く、山雑誌のコーディネート特集でもよく使われています。カラーバリエーションが豊富で、コーディネート次第でシンプルにも可愛くもなります。

モンベル「ライトトレッキングパンツ」
モンベル「ライトトレッキングパンツ」

¥ 8,640

口コミ

初めての山歩きで速乾性・ストレッチ素材のものを探してました。帰り際、雨に降られましたが撥水性がよく驚きました。ストレッチも適度で素材もシルエットも気に入りました。好みの色があれば再度購入したいと思います。

定番の「ライトトレッキングパンツ」は誰にでも似合うオーソドックスな形が人気です。「海外ブランドのパンツは丈が長くて合わない」「最近の細身のトレッキングパンツが好きじゃない」という方はぜひお試しください。1万円以下でオールシーズン使える、コスパ抜群のトレッキングパンツです。

トレッキングパンツのおすすめコーディネート

アウトドアウェアはカラフルなものが多くて楽しいですが、ザックや靴、帽子とアイテムが多いため、全部カラフルにするとうるさくなってしまいます。トップスやレインウェアが派手な色であれば、トレッキングパンツは黒やネイビーなどのシンプルな色にしておくときれいにまとまるのでおすすめです。

ショートパンツの場合はサポートタイツと合わせるので、タイツとの相性を考慮して選びましょう。サポートタイツが柄ものであればショートパンツを無地にすると、コーデに失敗しないのでおすすめです。

以前は、山ガール=カラフルでしたが、最近はベーシックカラーでクールにまとめるスタイルも注目を集めています。全体をワントーンでまとめ、ショートパンツやザックなどでビビッドカラーを差し色にすると、おしゃれに見えておすすめです。

自分に合ったトレッキングパンツを選ぼう

いかがでしたでしょうか。たくさんのおすすめのトレッキングパンツを紹介しましたが、気に入ったトレッキングパンツは見つかりましたか。

トレッキングパンツはたくさんの種類があり、デザイン性に優れたオシャレなものもたくさんあります。しかし、行先や季節によって最適なトレッキングパンツは違います。まずは「どの季節にどの山へ行くのか」をはっきりと決めましょう。そのうえで、目的に合ったトレッキングパンツを選ぶことをおすすめします。

今回のおすすめトレッキングパンツの記事が、少しでも参考になれば幸いです。

Related