Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月03日

インナーダウンおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

近年大人気のインナーダウン。最近ではさらに種類が豊富になってきており、オシャレを楽しめるインナーダウンが増えてきました。たくさんの種類があり迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。自分に合ったインナーダウンを見つけたいという方はぜひ一度読んでみてください。

インナーダウンおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

インナーダウンの種類と選び方

色々な場面で温かくオシャレに着れるインナーダウン。ダウンをインナーとして着用しても着膨れせずチラッと見えてオシャレ。大胆にアウターとして着るのもカッコいいです。ここ最近寒い季節になるとインナーダウンを着用している人を多く見かけます。

多くのメーカーやブランドがたくさんの種類の製品を販売しているのでアウトドアはもちろんのこと、普段の日常生活からビジネスまでインナーダウンを活用する幅がかなり広がりました。その分たくさんの種類がありますので、ここではおすすめのインナーダウンやそれぞれの用途に合った選び方を詳しく説明していきます。

インナーダウンの種類

インナーダウンジャケット袖ありタイプ

インナーダウンの一般的なタイプです。男女問わず着用できますし、色々な場面で幅広く活用できます。比較的、襟が無いほうがコーディネートはしやすいです。インナーに着てもアウターとしても着れるのでその日の気分に合わせてオシャレを楽しめます。顔まわりをスッキリ見せてくれますので特に女性の方に人気です。

襟があるタイプは首元までしっかり温めてくれるので防寒対策に抜擢です。中にタートルニットなど着ても着ぶくれせずにスッキリ着れるのでアウターとして着る方にオススメです。もちろんインナーに着ても、また違ったオシャレを楽しめます。

インナーダウンショートスリープタイプ

比較的珍しいインナーダウンの半袖タイプになります。襟がないタイプやVネックなどもあるので、さりげなくインナーに着用するのもいいでしょう。温かくなってきた春には軽いアウターとして着るととてもオシャレです。室内ワークでも活躍してくれそうです。

インナーダウンベスト

大きく分けて襟ありタイプとVネック、丸襟の3つのタイプがあります。画像のようにそのまま着てもいいですし、中にインナーダウンベストとして着るのもいいでしょう。また、インナーダウンは軽くてかさばらないのでスーツの中に着るのもオシャレ度がUPします。

普段着ているお気に入りのアウターに合わせたダウンべストを選んでみるのも良いでしょう。

インナーダウンコート

こちらのインナーダウンはロングコートタイプ。主にアウターとして着ます。インナーダウンのロングコート着用すると腰から太ももまで熱を逃がさずしっかり温めてくれるのでさらに、驚きの軽さと温かさを実感できます。

シンプルなデザインのロングコートなのでスタイリッシュに着こなせるのがポイントです。どんな服装にも合わせやすいですし、インナーにニットやパーカーを着てもかさばらずしっかり防寒してくれます。

インナーダウンの選び方

インナーダウンはなんと言っても軽くて温かいのが特徴です。おおよそ600〜700フィルパワーが良品質のダウンとされていますがインナーダウンのほとんどがこの数値の範囲内です。その上カーディガンを羽織ってるかのような軽さなのでコートの中にはもちろんパーカーやスーツの中に着てもごわつかず着用できます。

インナーダウンは、外仕事の方から室内でのお仕事に関係なくどんな場面でも役立ってくれるでしょう。もちろん仕事だけではなく、プライベートや趣味などでアウターとして着てもいいですし、いつでもカバンの中にコンパクトに収納できるので余計な荷物にはなりそうもありません。秋から春にかけて3シーズン使えるので一枚は持っておきたいアイテムです。

インナーダウンおすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位

patagonia(パタゴニア) アウトドア ダウン・セーター
patagonia(パタゴニア) アウトドア ダウン・セーター

¥ 31,860

口コミ

最近の流行りなのかスリムに作られていて、アメリカサイズLは身長180cm体重90kgの自分にはきつく感じました。 防寒性能は、北海道でマイナス20度の中を1時間歩きましたが問題ないです。

高い保温性と耐水性を備えた超軽量インナーダウンジャケットです。パタゴニアのダウンジャケットの評価はかなり高くオシャレなダウンが多いです。公式サイトを覗いてみるとアウトドアのそれぞれの用途に合った製品が紹介されているので自分に合った商品が見つけやすいです。

また、動物に対してとても強く考えているので動物に残酷な飼育をせず生きたまま毛をむしり取らないなどといった証明もされています。高い保温性を兼ね備えているのでアウトドアに最適ですし普段の生活で重宝する一枚になりそうです。

ランキング2位

NANGA(ナンガ) ダウンカーディガン
NANGA(ナンガ) ダウンカーディガン

ナンガは国内に生産拠点があるため、生地が破れてしまったり、ファスナーが壊れてしまっても永久保証なので長年使用したい人には特にオススメです。そしてナンガのインナーダウンは火に強いという特徴があるのでキャンプをしたり焚き火なんかをしても安心してアウトドアに活躍できそうです。

なんと言っても撥水加工のため雨の日でも問題なく着用できます。梅雨の時期にも活躍してくれそうなので長いシーズン愛用できるインナーダウンになるでしょう。

ランキング1位

mont-bell(モンベル) スペリオダウン ラウンドネックジャケット
mont-bell(モンベル) スペリオダウン ラウンドネックジャケット

¥ 11,664

口コミ

バイクの防寒用インナーとしてコンパクトなダウンジャケットを探しておりました 収納袋に収めると本当にコンパクト。簡単に持ち運べ、寒くなったらジャケットの中に着るだけでかなり暖かくなります。

mont-bell(モンベル)は登山を中心としたアウトドアブランド商品です。値段もそれほど高くないのですが、値段以上の良品質になっています。その理由は800フィルパワー、平均156gといった驚きの数字になっています。かなり良品質なダウンなうえに、重さが156g程度となるとカーディガンよりずっと軽いですし、言ってしまえば着てるかもわからない軽さです。

そして、登山を中心としたアウトドアブランドなので保温効果は抜群です。肌に密着し熱を逃がさないので寒さが厳しい冬でも役に立ってくれる一枚です。文句なしの大人気インナーダウンです。

特徴・用途別おすすめのインナーダウン

ダントン

DANTON(ダントン)インナー ダウン Vネック コート
DANTON(ダントン)インナー ダウン Vネック コート

¥ 20,304

とても人気のDANTON(ダントン)のインナーダウン。オシャレ度が高いインナーダウンなので最近ではインスタグラムに投稿してる方も多いです。比較的サイズも小さめなので女性の方が人気が高いです。Vネックタイプになっているので顔まわりをスッキリ見せてくれます。

カラーの種類も8種類とかなり豊富になっています。

・ブラック
・ネイビー
・クリーム(薄いクリーム色)
・オリーブ(カーキ色)
・レッド
・ヘーゼルナッツ(濃い茶色)
・グレー
・ベージュ(クリーム色より濃いめ)

他のメーカーやブランドに比べてかなり種類が多いので迷ってしまいますが、その分自分に合った色のインナーダウンが見つかるのではないでしょうか。また、キッズ用のとってもキュートなインナーダウンもあるので親子でリンクコーデなんかも可愛くオシャレに外出を楽しめそうです。

メンズ

HELLY HANSEN(ヘリーハンセン) フログネルダウンカーディガン
HELLY HANSEN(ヘリーハンセン) フログネルダウンカーディガン

¥ 25,920

なんといってもオシャレなデザインに目を惹かれてしまうヘリーハンセンのインナーダウン。なんと1877年創業の2017年の今、140年という驚きの長い歴史。かなりの愛用者がいるのは紛れも無い事実です。みんなから愛されていなかったらここまで長くは続けられません。それだけ素晴らしい商品が揃っています。驚きの軽さはもちろん。風を感じさせない温かさ。

「船の乗組員が雨や水しぶきに耐えられるように」と言った言葉がブランド設立のきっかけだと言います。そのため撥水加工素材が使われており、水しぶきや少しの雨にしっかり対応してくれます。

ベスト

RockyMountainFeatherbed(ロッキーマウンテンフェザーベッド) SIX MONTH VEST
RockyMountainFeatherbed(ロッキーマウンテンフェザーベッド) SIX MONTH VEST

¥ 30,240

ダウンベストとして人気のロッキーマウンテンフェザーベッドです。そしてこちらはロッキーマウンテンフェザーベッドが提案しているSIX MONTH。その意味は6ヶ月の間も着用できるという素晴らしい提案です。

インナーダウンは寒い日に着用するのが主流ですがダウンベストとなるとさらに長い季節着用できます。冬はインナーに着るだけで十分温めてくれますし、暖かいポカポカ陽気の季節にはロンTの上にサラッと一枚着用しても良いでしょう。

さらに他にはなかなかない縦キルトのデザインになっていますので、スマートに着こなせます。ビジネス用の一枚としても活躍してくれるでしょう。間違いなく自慢のダウンベストになりそうです。

インナーダウンはブラックが圧倒的に人気ですが、自分の用途に合った色や季節によって異なってきます。例えば冬はどうしても重ね着してしまいますから、コーディネートの中で柄物が出てくる場合があります。インナーやマフラー、色や柄で迷ってしまいますがインナーダウンはシンプルなデザインなので何にでも合っちゃうんです。

ネイビーやグレーなんかも男女ともに服装に合わせやすいですが、明るいクリーム色のインナーダウンを中に着てみると目線がそこにいき、一気に明るい印象になるでしょう。いい意味でインナーダウンらしくないので、こなれ感が出てオシャレ度がUPします。暖かくなってきた季節に明るい色をプラスして購入するのもいいでしょう。

おすすめのインナーダウンのメーカー・ブランド3つと代表製品

DANTON(ダントン)

DANTON(ダントン) インナーダウンジャケット
DANTON(ダントン) インナーダウンジャケット

¥ 17,064

口コミ

少し小さめ、スリムな作りに成っていますが、カッコ良いです。 通常は、国産Lサイズですが、袖が短いなど問題が有りましたが、40で袖の長さもバッチリです。

インナーダウンと検索してみるとよく見かける人気の商品でしょう。少し小さめのスリムな形なのでピッタリ着たい方にオススメです。ゆったり着たい方はワンサイズ大きめのサイズを購入するのがいいでしょう。

胸元のさりげないワンポイントが特徴なのでインナーとして着るのは少し勿体無いという印象です。シンプルなワンポイントがグッとオシャレ感を引き立たせてくれます。お手頃な値段とは言えないですが、お値段以上の価値は間違いなくあります。男女に人気の商品なので売り切れも続出です。自分に合った商品を見つけることができたら、お早めにゲットしてみてください。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)ウインドストッパーゼファーシェルカーディガン
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)ウインドストッパーゼファーシェルカーディガン

¥ 29,160

口コミ

シャツの上に着てSサイズでびったし、色も黒を選択して期待通りでした

人気ブランドのザ・ノース・フェイス。どちらかと言うと若者向けで、特に男性から人気を集めています。インナーダウンですがアウターとして着る方が多いです。アウターなのにオシャレなカーディガンを着ているような印象です。見た目も軽いのに防寒対策はしっかりできるので十分にオシャレを楽しめます。

一見シンプルなデザインですが、胸元のポケットで他のブランドとはちょっと違ったデザインに目を引かれてしまいます。マットなブラックなので大人カジュアルに着こなせるでしょう。

mont-bell(モンベル)

mont-bell(モンベル) ウルトラライト ダウンインナージャケット
mont-bell(モンベル) ウルトラライト ダウンインナージャケット

¥ 13,166

口コミ

価格は手軽に買えるとは言えませんが、機能、使い勝手は満足です。元々インナー用のダウンなんでその用途であれば全く問題なし。 コンパクトにたためるので、脱いだ時も邪魔に成りません。

もともとは登山用ブランドとして有名なmonto-bell(モンベル)ですが普段使いでもかなり万能なインナーダウンです。登山用ブランドとあるだけに、ダウンなのに自分で自宅で洗えるんです。さすがアウトドア商品です。

他のインナーダウンの商品と比べてみると一見、生地はかなり薄く軽い印象なのですがそれを覆す驚きの温かさです。どんなシーンでも必ず役に立ってくれる素晴らしいインナーダウンになるでしょう。

UNIQLO(ユニクロ)のインナーダウンは大人気?

ここで紹介させていただいた商品はすべて魅力溢れる素敵な商品ですが、初めてインナーダウンを購入しようか迷っているけどお値段がちょっと。という方も多いでしょう。

そこでまずは、ユニクロのインナーダウン(ウルトラライトダウン)を試してみるのはいかがでしょうか。ユニクロのインナーダウンは人気が高くお値段もお手頃価格なのでゲットしやすいです。650フィルパワーといった良質ダウンの基準値に値していますし、最初の一枚にピッタリなのではないでしょうか。

ユニクロのインナーダウンもコーディネートに合わせやすいですし、完全にインナー用。という使い方もいいでしょう。購入を迷っている方はぜひ一度、ユニクロのウルトラライトダウンを試してみてください。

インナーダウンの使い方・活用方法

バイク

インナーダウンおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

特に寒い季節にバイクは本当に寒いです。たくさん着込んでアウターを着ても寒いという方も多いのではないでしょうか。そんな時にもう一枚のインナーダウンを着るのをオススメします。たった一枚のインナーダウンでも体感温度がかなり違います。

インナーダウンは隙間がないよう密封するとさらに温かくなります。そのため、バイクでの風がなるべく当たらないようピッタリ着てください。もちろんアウター向けのインナーダウンを着てもいいでしょう。

登山

インナーダウンおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

登山の際に人気なインナーダウンは、先ほど紹介させていただきましたアウトドアブランド、モンベルが圧倒的に人気でしょう。汚れやすい登山でも自宅で洗濯できるので心配いらなさそうです。登山をする際はもちろん荷物を極限まで厳選するでしょう。

しかし、インナーダウンはかなり軽いので負担にならないんです。カバンの中に常備しておくといざという時に助けてくれるでしょう。

アウトドアなど

インナーダウンおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

インナーダウンを着て行かなくても一枚カバンに忍ばせておいてもかさばらないので、荷物が多いアウトドアでも邪魔にならないでしょう。荷物が多いからいっか。と油断するととても寒かった。など後悔してしまうと勿体無いです。念のためのインナーダウン一枚。を持っていくと安心です。

インナーダウンはアウトドアを中心としたブランドが多いので自分に合った物が必ず見つかるでしょう。季節に左右されてしまいがちなアウトドアですが、防寒対策をしっかりして思う存分アウトドアを楽しんでみてください。

秋から春までインナーダウンを存分に楽しもう

インナーダウンおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

インナーダウンは普段の日常生活から、登山やバイクなどアウトドアに幅広く活用できるアイテムです。防寒対策はもちろん、シンプルなデザインが多いのでどんな服装にも合わせやすいため、オシャレを存分に楽しむことができます。夜が肌寒くなってきた秋から寒い冬、ポカポカ陽気の春に一枚着るのもいいでしょう。

みなさんのそれぞれの用途に合った素敵なインナーダウンが見つけましょう。

Related