Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月04日

腹帯のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

妊婦さんのお腹を守る必需品の一つが腹帯です。妊娠を機に購入を検討する妊婦さんがほとんどですが、腹帯にはたくさんの種類があり、悩んでしまうこともあるかもしれません。そこで、この記事では腹帯の種類やメーカーはもちろん、使い方も詳しく解説していきます。

腹帯のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

妊婦さんのおすすめ必須アイテム!腹帯はどう選ぶ?

腹帯のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ご懐妊おめでとうございます。赤ちゃんとのご対面がとても楽しみです。そんな大切な赤ちゃんを守る必須のおすすめアイテムが腹帯です。ご自身のお母さまや先輩ママさんに購入を勧められた方も多いのではないでしょうか。

一般的に安定期に入る五か月頃から着用を始めますので、今から準備をしておきましょう。今回は、腹帯の種類や選び方、おすすめをご紹介します。

腹帯には様々な種類がある!

腹帯にはたくさんの種類があります。異なるのは色や素材だけでなく、さらし布タイプやベルトタイプ、腹巻タイプ、さらにガードルと一体になっているタイプなども販売されています。

これだけ種類があれば、初めての購入は悩んでしまっても無理はありません。しかし、ある程度の種類やメーカーを知ってから検討することがおすすめです。ここでは、それぞれのタイプのメリットやデメリットもあわせてご紹介します。

さらし布タイプ

イサム商会 岩田帯 5M
イサム商会 岩田帯 5M

¥ 595

口コミ

3人目を妊娠し、5ヶ月で腰が痛くなってきたので購入しました。前の2人のときもさらしで腹帯してたのでないと落ち着かなくて。巻くのも慣れたら簡単です。暑い時期ですが汗をしっかり吸ってくれるのでやはりいいですね!洗い替え用にもう一枚追加注文しました。

一枚の長いさらし布で、岩田帯とも呼ばれます。神社での安産祈願でもらえたり、購入したりすることも多いでしょう。腹巻のように形が決まっているわけではないので、好きな強さや厚さで自分好みに巻けるところがおすすめです。

しかし、自由に巻けるがゆえに巻き方が上手くいかず、思うように使いこなせない可能性もあるので要注意。巻き方のコツがつかめれば、使いやすく安定感にもすぐれた腹帯と言えるでしょう。

腹巻タイプ

犬印本舗 マタニティ ママのための腹巻(ボーダー柄)
犬印本舗 マタニティ ママのための腹巻(ボーダー柄)
口コミ

睡眠中に暑くてお中を出して寝てしまうことがしばしばあります。妊娠して、これはマズイ、と思い、寝苦しくない腹巻きを探していました。 こちらは、生地は薄手で、伸縮がよく、胸の下からおしりまですっぽり覆ってくれます。自宅でのリラックスタイムに使うのにピッタリですね。お腹を冷やさないよう、いくつかリピートで購入しようかな。

お腹が少し出てきたかな、という時期には手軽な腹巻タイプがおすすめです。お腹を守ると同時に冷え対策にもなります。圧迫感がなく適度な安心感も得られるため、寝る時に着用しても良いでしょう。

腹巻タイプは妊娠中長く使用する可能性が高いので、肌に優しいものや自分に合った素材を選ぶのがおすすめです。どんどんお腹が大きくなってくると腹巻だけでは物足りなく感じてしまうので、ベルトタイプなどと併用するとより安定するでしょう。

サポートベルトタイプ

Gallon's 妊婦帯 腹帯 かんたん装着 マタニティサポート
Gallon's 妊婦帯 腹帯 かんたん装着 マタニティサポート
口コミ

妊娠5か月くらいになり、腰痛も出てきたのでそろそろ妊婦サポーターの購入を考えていました。いろいろ悩んだ挙句にこちらの商品を注文、すぐに届きました。 着用した感想はまず、お腹と腰がとても楽になりました。背中の支えもしっかりとしていて腰痛悪化防止になっています。早く購入すれば良かったです。二段ベルトの作りですが着用も簡単でずれたりしてもすぐに直せるので助かります。 お腹を下から支える作りなので圧迫感はありませんが座る時間が長い場合は少し緩めにベルトを調整すると良いと思います。 生地もメッシュで薄く着込んでいてもかさばりません。産後もサポーターとして使えそうなので得した感じです。

名前のとおり、ベルトのようになっているので着用がとても簡単となっています。一人での着脱に自信がない方におすすめです。両脇をマジックテープでとめて固定する仕組みになっているので、好みの強さで締めることができます。

しかしベルトタイプは立体的でしっかりした作りになっているものが多いので、着け心地が自然でなく違和感を感じてしまう場合があるのも事実です。その分下からぐっとお腹を支えてくれるので、違和感を感じた方でも慣れてしまえば体が格段に楽になるでしょう。

骨盤ベルトタイプ

ピジョン 長く使える産前産後マタニティベルト
ピジョン 長く使える産前産後マタニティベルト
口コミ

臨月で座骨神経痛らしきものに悩まされ、歩行困難ぎみでした。それまで骨盤ケアは放置していてこれをきっかけに買ってみる事にしました。やはりあるとないとでは全然違いました!つけたとたん、大分腰が軽くなり何とか歩けるようになりました。これをつけないと病院にも辿りつきそうになかったので良かったです。

ベルトタイプの中でも、産後にも使えるのがこの骨盤ベルトタイプです。「トコちゃんベルト」というのを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。こちらも産前産後と使える骨盤ベルトの一つです。

妊娠中は出産に向けて骨盤がどんどん開いていくため、腰回りの痛みに悩まされることが多くなります。そこで骨盤ベルトでしっかり固定することによって、痛みは軽減し安定するでしょう。さらに産後は緩んだ骨盤を戻すのにも効果的です。他のタイプに比べ値段が張ることが多いですが、産後も産褥ニッパーとして使うこともできますしおすすめの腹帯です。

ガードル・パンツタイプ

犬印 妊婦帯 ガードルタイプ らくばきパンツ
犬印 妊婦帯 ガードルタイプ らくばきパンツ
口コミ

妊娠5ヶ月に購入しました。初めはサポート感はイマイチでしたが、それはお腹がまだ出ていなかったせいで個人差があると思います。8ヶ月の今ではサポート感はバッチリで、腹巻タイプやベルトタイプより使い易くて気に入っています。

パンツ・ガードルと一体になった腹帯で、これ一枚でパンツ、腹巻、腹帯と三つの役割を果たすことができます。また、腹巻タイプよりお腹をしっかりと支えてくれます。

腹巻タイプに比べ着用しても薄地で体のラインがすっきりと見えるので、妊娠中もおしゃれを楽しみたい方におすすめ。仕事でスーツを着る機会が多い方にも最適です。産後まで長く使えるでしょう。

自分に合った腹帯を見つけるには?

たくさんの種類がある腹帯の中から自分に合ったものを見つけるためには、お腹の大きさや求めている効果を知る必要があります。

例えば、まだお腹はそこまで大きくないけど何もしていないのは不安、という方にはまずは腹巻タイプがおすすめです。パンツスタイルを好む方はガードル・パンツタイプでもいいのではないでしょうか。また、お腹も出てきて腰痛に悩んでいる、という方にはしっかり支えてくれるサポートベルトタイプや骨盤ベルトタイプがぴったりです。寒い時期には腹巻タイプとの併用もおすすめです。

さらにメーカーによって素材や金額なども異なります。妊娠中は以前より肌が敏感になることも多いので、できるだけ優しい肌触りのものを選ぶのがおすすめです。予算もあらかじめある程度決めておきましょう。

あなたは当てはまる?こんなときはこの腹帯がおすすめ

産前産後はいろいろな変化がおきるもの。自分の状況や用途に合わせて、ぴったりの腹帯を選びましょう。ここでは、いくつか例をあげておすすめの腹帯を紹介します。

帝王切開での出産。傷口が痛い!

一般的に、帝王切開での出産は普通分娩より産後の痛みが強く、回復に時間がかかると言われています。実際に出産後の入院日数も2〜3日長くなることがほとんどです。

帝王切開での出産をされたママを悩ませるのは切開の痛みです。せっかく可愛い赤ちゃんに会えたのに、痛みがつらいと気分も落ち込んでしまいます。少しでも軽減するために、帝王切開用の腹帯がおすすめです。

ワンタッチ腹帯 M
ワンタッチ腹帯 M

¥ 2,376

口コミ

帝王切開後に使用するために購入しました。私は縦切開だったのですが、傷をしっかり保護してくれてまた腰の負担も軽減されました。1ヶ月程お世話になりましたが、この腹帯のおかげで痛みもほとんど感じず過ごせました。

傷口に腹帯が当たると痛みがあるのではと思ってしまいがちですが、このように柔らかい素材でできた腹帯は傷を優しくカバーし、洋服などとの摩擦を防ぐことができます。また、腹帯をすることで傷口を守ることはもちろん、伸びた皮膚を引き締めて傷跡を残りにくくする効果もありおすすめです。帝王切開での出産を終えたママには必須アイテムと言えるでしょう。

出産まであと少し。お腹をしっかり支えたい!

お腹の大きくなってきた妊婦さんは、腹巻だけではお腹を支えられなくなってしまう方がほとんどです。何もしないでいると、腰痛や恥骨痛に繋がってしまう可能もあります。大切な赤ちゃんのいるお腹なので、腹帯でしっかりと支えて守りましょう。

トコちゃんベルトⅡ
トコちゃんベルトⅡ

¥ 6,480

口コミ

妊娠8ヶ月あたりから腰や背中、お尻の痛みを感じるようになり、今まで元気にウォーキングしていたのに腰が痛くて歩くのも困難に… そこで先輩ママさんからオススメだよと言われていたトコちゃんベルトをついに購入。 ちょうど数日間遠出することもありすぐに注文。届いて早速つけてみた日から痛みが和らぎ、旅行中には痛みが感じないほどに楽に動くことができました。 みんなが着けると楽だよ〜と言っていたとおりでびっくりしました。 今は夏で暑いので四六時中は着けていませんが、一緒に購入したオーガニックコットンの腹巻の着けごこちが良く、夏でも冬でも重宝するなと思うので、一緒に購入されることをオススメします!

この名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。口コミも良く愛用している妊婦さんが多い商品です。支える力も強く着け心地も柔らかです。お腹が大きくなって腰痛に悩まされている方には一度購入してみることをおすすめします。

お腹にいるのはなんと双子ちゃん!

双子ちゃんのママは、周りよりお腹も大きく出て腰に負担がかかりやすくなってしまいます。また、お腹が出てくるのも早いですし、どんどん大きくなるのでその時に合わせた腹帯をすることが大切です。

最初は腹巻タイプやガードルタイプですっぽりお腹を包み込むことがおすすめです。格段に楽になります。しかし、妊娠後期に入るとお腹が大きくなりすぎて歩くのもつらくなってしまう方もいます。そういう時はしっかりめに支えてくれるサポートベルトタイプを使用するのがおすすめです。

サポート 妊婦帯 メッシュ
サポート 妊婦帯 メッシュ

¥ 2,980

口コミ

腹巻タイプとガードルタイプを購入してましたが、どれも胃が圧迫されて苦しくて付けるのを辞めてしまいました。しかし、お腹が大きくなるにつれて腰に負担がくるようになり、お腹と腰だけを支えられるものが欲しくてこちらを購入しました。私にはお腹全部覆うよりも下から持ち上げるように支えるタイプのこちらは合ってました!

大きくなるお腹に合わせて、さまざまなタイプを使い回しましょう。違うタイプを併用することもおすすめです。

出産準備はお金がかかる…できるだけ安く抑えたい!

出産に必要なものを揃えていくと、思ったよりお金がかかってしまって不安に思うこともあるでしょう。腹帯は少しでも予算を抑えたいという方は、産後も使えるタイプを選ぶことをおすすめします。

【AMAYA】かんたん装着 ダブルベルト
【AMAYA】かんたん装着 ダブルベルト
口コミ

ホールド感がとてもいいです。 サポーターやコルセットは、 ほとんどが黒で、あったとしても白やベージュ。 ピンクがあったことも嬉しかったです。 産前産後となっていますが、 腰痛のサポートにはとてもいいです。 メッシュタイプなので、夏にも使用できそうです。 サポート力がおちてきたら リピートします。 リーズナブルでいいものに出会えました。

値段も手頃ですし、メッシュタイプはムレることなく季節を問わず使えます。産前産後通して使用するにはおすすめの腹帯です。

腹帯おすすめ人気ランキングTOP3をご紹介!

おすすめの腹帯第3位「ワコール マミングサポート妊婦帯つきパンツタイプ」

下着メーカー「ワコール」の腹帯です。女性であればご存知の方も多いのではないでしょうか。もともと下着でも信頼度の高いわコールが作る腹帯は、下着のように自然な付け心地でたいへん人気となっています。

ワコール マミングサポート パンツタイプ
ワコール マミングサポート パンツタイプ

¥ 8,748

この腹帯は、大きくなるお腹をしっかり支えるベルト付きのパンツタイプとなっています。ベルトはマジックテープで調節可能なため、妊娠初期から出産まで通して使用できる点がおすすめです。また、このベルトのおかげで着崩れや、ズレて上にあがってきてしまう心配もないので、快適に着用することができます。

お腹が大きいため姿勢が反ってしまい、垂れてしまいがちなヒップもすっぽり覆い引き締めてくれます。お腹以外のところもサポートしてくれるのが嬉しいポイントです。

また、薄く速乾性のある生地を使っているため、汗をかいてもずっと爽やかに着用できます。妊婦さんはたくさん体に変化が起きるものなので、汗をたくさんかくようになった方におすすめです。

おすすめの腹帯第2位「犬印本舗 ながーく使えるマタニティベルト」

マタニティグッズの老舗メーカー「犬印本舗」です。腹帯だけでなく、妊娠線予防クリームなどたくさんのマタニティグッズを取り扱っているため、ママの信頼も厚いメーカーと言えるでしょう。

犬印本舗 ながーく使えるマタニティベルト
犬印本舗 ながーく使えるマタニティベルト

¥ 4,860

口コミ

着脱がしやすく、調整も自分次第で変えられるところがいいです。妊娠5ヶ月から使い始めましたが、マジックテープの範囲が広くて調整がきくので、お腹がどんどん出てきても使い続けることが出来ます。腰がしっかりサポートされるので、姿勢が良くなった気もします。産後も使用したいです。

商品名のように、産後まで長く使えるのがポイントの腹帯です。産前産後を同じ一枚の腹帯を使っていきたい方におすすめです。骨盤ベルトタイプなので、大きくなるお腹をしっかり支えバランスを整えてくれます。

骨盤ベルトタイプはしっかりした素材のものがほとんどですが、犬印本舗のものは素材が柔らかく優しい生地なので安心です。また、長く使うことで自分自身の体型に馴染んできて、より使いやすくなったという方も多いです。

また、産前産後以外でも腰痛対策や骨盤ケアにも推奨している商品のため、サポート力は抜群と言えるでしょう。

おすすめの腹帯第1位「西松屋 妊婦帯セット」

全国各地に店舗を構える大型チェーン店「西松屋」の商品です。マタニティグッズや赤ちゃん用品、たくさんの商品が並ぶ西松屋では、腹帯も品揃えが豊富です。その中でもおすすめのものをご紹介します。

西松屋 妊婦帯セット
西松屋 妊婦帯セット

腹巻タイプとサポートベルトタイプがセットになった物です。しかも腹巻タイプのものは二枚ついているので、これ一つ買うだけで洗い替え用も心配いりません。

さらに西松屋はとても安価で、出産準備でお金がたくさんかかってしまった方にもおすすめです。腹帯タイプが二枚とベルトタイプが一枚ついても、お財布に優しい金額になっています。信頼のある大型チェーン店ですので、品質も安心です。

こちらの腹巻は胸下からおしり近くまですっぽりと覆うタイプになっているので、大事なおなかを広く守ることができます。防寒対策にもぴったりです。お腹が大きくなってきたらベルトタイプを上から着用することをおすすめします。これ一点で出産前は安心でしょう。

おすすめの腹帯のメーカー・ブランド3つと代表製品

トコちゃんベルト

トコちゃんベルトⅠ
トコちゃんベルトⅠ
口コミ

娘の腹帯「犬の日」にと思い購入しました。とても楽な様子です。私の時代はさらしを巻いていましたが、今は便利で楽、それでいて、きちんと妊婦さんの為にと考案されていますね、、、口コミを読んでいて妊婦さんの骨盤の安定にもいいみたいですね。

先ほども少しだけご紹介した、トコちゃんベルトです。ママの間の口コミで広がった、大人気の商品です。骨盤を後ろから前に支えるので、ゆるんで痛みがある恥骨に即効性があります。

こちらはトコちゃんベルトⅠですが、トコちゃんベルトⅡも存在します。トコちゃんベルトⅠは恥骨が開いて痛みがある方におすすめです。また、痛みをしっかり改善するために、着用指導を受けましょう。

痛みがなかったり、着用指導を受けられない場合には、トコちゃんベルトⅡをおすすめします。仕様は少し違いますが、どちらも妊婦さんのために考案された骨盤ベルトなので、腹帯としておなかを支える効果は期待できます。

また、トコちゃんベルトにはS~LLまでサイズがあります。それぞれのサイズにぴったりのヒップサイズが決められているので、自分に合ったサイズを選びましょう。

まず足をそろえてまっすぐ立ち、恥骨のあたりからお尻の一番膨らんでいるところをぐるっと一周測ります。お尻から太ももにかけて何か所か測り、一番太かったところのサイズでベルトのサイズを決めましょう。サイズ選びは、腹帯としてしっかりおなかを支えるためには重要なポイントになりますので、慎重に行うことをおすすめします。

ピジョン

ピジョン はじめてママの妊婦帯セット
ピジョン はじめてママの妊婦帯セット

¥ 2,808

口コミ

戌の日用に購入しました。 一回着用してみましたが、生地がとても柔らかくて気に入っています。 犬印の同じような妊婦帯とお店で触ってみて、こちらの方が手触りが良いので選びました。 おなかを守ってくれる感じがして、安心します。 まだお腹が大きくないのでサポーターは使っていませんが、使うのが楽しみです。

赤ちゃんグッズを多数販売しているピジョンの腹帯です。こちらのタイプは腹巻とマタニティサポーターがセットになっているため、はじめて腹帯を購入してみるという方におすすめとなります。

コットン100%で、赤ちゃんを包むガーゼのようなやわらかな肌触りです。また縫い目もフラットにこだわり、肌が弱くなっている妊婦さんにも優しい肌当たりとなっています。

また、このタイプは着脱も簡単なので、体を動かしにくい妊婦さんも負担なく着用できます。腹巻とサポーターのセットで妊娠中長く使えることもおすすめできるポイントです。

ローズマダム

ローズマダム ワンタッチ妊婦帯
ローズマダム ワンタッチ妊婦帯

¥ 2,700

口コミ

7ヶ月目に入り、腹巻タイプの腹帯では重くなってきたので購入。レビューの通りお腹をしっかり支えてくれ、腰も安定。そして温かい。 重宝しそうです。

マタニティウェアを中心に販売しているローズマダムです。産前産後に欲しいアイテムを数多く取り揃えており、ママはおさえておきたいブランドの一つと言えるでしょう。

こちらの腹帯は、ワンタッチのサポートベルトタイプとなっています。ワンタッチということで着脱がしやすく、口コミ評価も高い商品です。ベルト部分は伸縮性の高い生地を使用しているため、調節もしやすく自分好みの強さでお腹を支えることができます。

また、お腹にあたる部分の素材はコットン100%で、優しい肌触りになっています。マタニティウェアを多く扱っているブランドなので、腹帯に関してもおすすめできる安心の素材です。

正しく使おう!腹帯の使い方

腹帯は、正しく着用しないと求めている効果が得られなかったり、逆に締められている部分に痛みを感じてしまったりする場合もあります。腹巻タイプやガードル・パンツタイプは、履くだけで効果を得られますので問題ありませんが、ベルトタイプなどは巻き方や強さなど調整が難しいです。ここでは、サポートベルトタイプや骨盤ベルトタイプの正しい使い方をご紹介します。

ベルトになっている腹帯は、つける位置が大きなポイントです。お腹につけるというよりは、お腹を下から上に支えるイメージでつけましょう。骨盤を目安に巻くのが分かりやすくおすすめです。

また、強く締めすぎると気分が悪くなったり、痛みを伴う場合があります。強過ぎず弱過ぎず、背筋がスッと伸びて姿勢が良くなるように巻くのがポイントです。何度か巻いてみると自分好みの強さが分かってくるでしょう。

季節別おすすめの腹帯

夏におすすめ

夏の腹帯選びのポイントは、素材です。夏は汗を多くかくので、ムレてしまうとかゆくなって不快に感じてしまいます。腹帯はお腹を守る大切なものなので、夏でも素材を選びしっかり着用することをおすすめします。

夏は薄地でサポート力があるものがぴったりなので、ガードル・パンツタイプがおすすめです。体のラインに響きにくくすっきり見えるので、薄着になる機会の多い夏に重宝するでしょう。また、体は暑くてもお腹は冷えてしまう場合があるので、腹巻ではなくてもお腹をすっぽりと煽ってくれるところも大事なポイントです。

ベルトタイプを選ぶ場合には、メッシュ素材がおすすめです。通気性が良く速乾性に優れているものを選びましょう。

冬におすすめ

冬はやはり冷えが怖いので、腹帯は必須と言えるでしょう。腹巻タイプと他タイプの併用がおすすめです。

冬は寒くてどうしても姿勢が丸まってしまい、より腰痛を引き起こす原因を作ってしまう場合がありますので、骨盤ベルトタイプがおすすめです。腹巻タイプの上から骨盤ベルトを着用することで、冷えから守ると同時に姿勢も整えてくれます。また、腹巻とサポートベルトがセットになっているタイプを購入するのもいいでしょう。

サポート力が大切

腹帯のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

いかがでしたでしょうか。これまでたくさんの数の腹帯をご紹介しました。種類やメーカーも多く、それぞれにメリットがあることをお分かりいただけたでしょうか。

お腹の大きさや体調に合わせて、購入する腹帯を検討するのがおすすめです。その時に応じたサポート力の腹帯を選びましょう。最近では、着脱が簡単で手軽なことから、戌の日の安産祈願で岩田帯ではなくサポートベルトタイプを記念品として取り扱っている神社も多く、多様性が広がっています。

これから腹帯の購入を検討されている方へ、少しでも参考にしていただければ幸いです。可愛い赤ちゃんに会えるまでお腹を大切に守り、快適なマタニティライフを過ごせることをお祈りしています。

Related