Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月24日

ジョギングシューズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

最近、東京はじめ各地で大きなマラソン大会が行われている中で、ジョギング、ランニングが気軽がブームを呼んでいます。その足を守るためにジョギングシューズは重要なポイントになります。今回はジョギングシューズの機能性、ブランド、デザイン性を深く探っていきます。

ジョギングシューズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ジョギングシューズの種類と選び方

ジョギングシューズの種類

ジョギングシューズの種類は大きく分けて「クッション系」、「トレーニング系」、「レース系」に分離されます。「クッション系」は、初心者におすすめで、足への負担を考えられています。特にはジョギング中の膝への衝撃を軽減させるために開発せれた、ソールのクッション性の良し悪しで商品開発が競われるジョギングシューズの分野です。

トレーニング系

ジョギングシューズはジムでのトレーニング向きにおすすめのシューズです、また他のジムワークにも使いやすく、マルチに使いこなせるので、ジョギング、ランニングを含めたスポーツのトレーニングに使いやすいのが「トレーニング系」ジョギングシューズです。

レース系

ジョギングシューズは文字どうりマラソンや長距トラックレースの競技向けに開発されたジョギングシューズです。軽量化を追求して作られているため、クッション性に欠けるソールの仕ようになっています。本格的なジョギングを目指すランナーは、スピードを得るために、このタイプのジョギングシューズを選びます。

ジョギングシューズの選び方

ジョギングは簡単に始められるスポーツですが、意外に足への衝撃が大きく、特に膝への負担がかかるスポーツです。ですので最初はレース系の軽さを追求したシューズではなく、クッション性やソールの厚さといった足の保護機能を兼ね備えたジョギングシューズを選ぶ方が良いでしょう。

人の足型は個人差があって千差万別です。メーカーによってのジョギングシューズの足型に特徴があるので、いろんなジョギングシューズを試し履きしてから選びましょう。親指や小指がきつくならにように、シューズを履いて立った時に自由に動くか確かめて1.0~1.5cmくらいの余裕を持たせてください。

ジョギングシューズおすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位:「アシックス」

ASICS Tiger GEL-LYTE Ⅲ
ASICS Tiger GEL-LYTE Ⅲ

¥ 8,640

国内のジョギングシューズのブランドとしては、「ミズノ」と2分するアシックスがを今回、3位に選びました。2つのブランドはスポーツシューズの開発に卓越していて、機能性、デザイン、バリエーションが似通っているのですが、最近の「アシックス」はゲルライトシリーズを展開しているのですが、GELによるクッション性はもとよりタウンユースにも使えるデザインで人気上昇中のブランドです。

「アシックス」のジョギングシューズは機能性を持ち合わせている他に、タウンユースとしても多方面に履きこなせれる提案がなされていて、スポーツだけに留まらずタウンウエアとコーディネートできるファッショナブルに履きこなせるような方向性にあるブランドでもあります。

アシックスの万能ジョギングシューズ

GEL-LYTE Ⅲ(ゲルライトスリー)

GEL-LYTE Ⅲ(ゲルライトスリー)
GEL-LYTE Ⅲ(ゲルライトスリー)

¥ 12,960

アシックスが独自で開発した衝撃吸収テクノロジー「GEL」がソールに採用されているのが特徴。ジョギングシューズとしての機能は維持しながら、どっしりしたソールとアッパー部分のデザインがタウンユースとしてのスニーカーとしても人気急上昇のモデル。

ランキング2位:ナイキ

AIR MAX MOTION(エア マックス モーション)
AIR MAX MOTION(エア マックス モーション)

¥ 9,180

口コミ

いつも23CM、2E相当の靴を選んでいます。足幅は細いほうだと思います。 クーポンで20%Offのメールにつられ、「メッシュでまっしろ」なこのスニーカーを注文しました。 試着した結果、足指の周辺がゆるくフィットしませんでした。23CMの長さはちょうどよかったです。

第2位はご存じの「ナイキ」です。多種多様のスポーツシューズを手がけるナイキですが、AIRと呼ばれる専売特許のエアクッションの入ったソールは、古くからスニーカーとしても世界的に有名で、機能性とともにデザイン性に富んだジョギングシューズを展開するブランドです。

スニーカーとしてのタウンユースでの活用で人気の「ナイキ」ですが、競技用のジョギングシューズとしても世界的に有名で、クッション系のジョギングシューズは、もちろんのことトレーニング系、レース系の競技用シューズも充実していて、軽量の上にクッションが効いたソールを採用されているのが特徴です。

クッション性に定評のあるナイキのジョギングシューズ

AIR MAX MOTION(エア マックス モーション)

数々のクッションソールの歴史を作ってきたエアマックス。その機能性をポピュラーにしたジョギングシューズで、軽量な上に通気性に優れたメッシュアッパーに継ぎ目のないオーバーレイを採用して、履き心地も抜群です。

ランキング1位:「アディダス」

Alpha BOUNCE RC
Alpha BOUNCE RC

¥ 8,629

口コミ

サイズ: 25.5 cm|色: グラナイト/DGH ソリッドグレー/ランニングホワイト|Amazonで購入 つま先が少し窮屈な点以外はとても気に入っています。すぐに履いています。

第1位は「アディダス」です。安定したジョギングシューズを展開していて、誰にでもフィットしやすくてベーシックなデザインと履き心地の良いジョギングシューズを展開しています。

アディダスの公式ホームページには、ジョギングとランニングの用途に合わせて、その人に合った最適なランニングシューズが一目で選べる「アディダス ランニングシューズチャート」が設置されていて、ジョギングシューズに力を入れている様子がうかがえます。

老若男女の万人ウケしやすいデザインに「BOOSTフォーム」と呼ばれるソールが特徴でポリエチレンビーズ内に微細で均一な独立気泡を閉じ込め、それをスチームによって連結さて、ランニングシューズとしては最高レベルのクッション素材が採用されています。

スニーカーの歴史を語る上で外せないアディダス

ALPHA BOUNCE M アルファ バウンス M AQ8214

ALPHA BOUNCE M アルファ バウンス M AQ8214
ALPHA BOUNCE M アルファ バウンス M AQ8214

¥ 16,800

ベーシックモデルのシューズで多くの歴史を持つアディダス。その履きやすさには定評があります。そのシューズのノウハウをジョギングシューズに生かしたのが、このモデル。アディダスのシューズの中でも未来なクッションソールとファッショナブルなデザインのアッパー部分が合わさって、先端のジョギングシューズを作り上げています。

特徴・用途別おすすめのジョギングシューズ

メンズ

メンズのジョギングシューズは、レディースのようにスマートなフォルムよりは、ソールが分厚いゴツっとしたものがおすすめです。もちろんジョギング中の足へ衝撃が軽減される上に膝の負担が少なくて、長時間、長距離のジョギングにも適しています。

ソールが分厚いデザインは、見た目にもメンズのジョギングスタイルにマッチしていて、スタイリッシュで、またタウンユースに併用してもかっこ良く履きこなせます。また、メンズにはクラシックタイプのジョギングシューズもいいでしょう。「アディダス」や「アシックス」にはクラシックタイプのデザインのジョギングシューズがあるのでメンズにおすすめです。

安い

プライスが比較的にリーズナブルなブランドでは「リーボック」がジョギングシューズでも有名でありながら、安いモデルが発売されています。「リーボック」もスポーツシューズには定評があるブランドなので、まずはお金をかけずにリーズナブルなジョギングシューズをお求め方は「リーボック」で探してみるのも良いでしょう。

また「リーボック」の公式ホームページにはアウトレットのオンラインショッピングのページが設置されているので、これを利用すれば、ジョギングシューズのモデルも豊富な上にプライスもお得で、掘り出し物の一足が見つけられるでしょう。

ノンブランドでもクッション性の良いものがAmazonなどのオンラインショップで販売されていますので、まずは手始めに定価なものを購入してみるのも良いでしょう。

初心者

初心者ジョガーの場合にジョギングシューズを選ぶポイントは、ランニングの際の足への衝撃から伝わる膝や腰への負担を軽減する、クッション性に優れたシューズを選ぶことが大切です。

レース系のジョギングシューズは軽量化しているため、クッション機能を削ぎ落としています。ですからレース系シューズは、上級者向けを想定して設計されていますので、初心者ジョガーには向きません。

ジョギングを継続していくには、足の疲れが出ないことと、一番心配なのは膝への負担です。そのためにクッション機能は初心者のジョギングシューズ選びに欠かせないポイントです。クッション性に富んだジョギングシューズを使った方が長期に渡ってジョギングを楽しめることができます。

まずは、走りやすさのある軽量タイプを重視せづに、足への負担を優先したジョギングシューズ選びをすることが大切です。

レディース

レディースのジョギングシューズもクッション性のあるものを選んでいただきたいのですが、高性能のクッションソールを採用されたシューズは、それなりに重量もあるのでレディースジョガーには不向きでもあります。

各ブランドでレディースモデルのジョギングシューズが展開されています。程よいクッション性と女性に好まれるカラーリングとゴツゴツとしていない、スマートなデザインが主流になっています。

各ブランドの主力ジョギングシューズモデルから選ぶよりも、レディース、ウィメンズモデルがあるので、このラインアップから選ぶ方が無難にレディースの目的に合ったジョギングが楽しめるシューズが得られるでしょう。

クッション

エア マックス インフリエイト
エア マックス インフリエイト

¥ 10,800

最近は、シューズのソールに多種多様なクッション施されています。どの様な目的にかよってクッションの選択も変わってきます。最初は店頭で、いろんなジョギングシューズを試し履きして、クッションの感覚を足の裏に感じ取りましょう。 自身にあったクッションこそが、心地よいジョギングライフに導いてくれます。

高性能なクッションはシューズ自体の重量が増してしまい、走ることでパワーも消費するので、シューズ自体の重量が適しているかも、ジョギングシューズ選びの重要なポイントです。最初はオンラインショップではなく、実際にお店で試し履きしてシューズを選ぶことをおすすめします。

おすすめのジョギングシューズのメーカー・ブランド3つと代表製品

1アディダス ウルトラブースト アンケージド

アディダス ウルトラブースト アンケージド
アディダス ウルトラブースト アンケージド

スタイリッシュかつ斬新なフォルムが特徴で、ソールには100%のBOOSTフォームが装着されていて、かつてないクッション能力を発揮してくれます。凹凸のある路面にも順応して、足の裏を衝撃から守るとともに、膝、腰への負担を軽減させてくれるので、長時間ジョギングしても軽やかなイメージで、いつまでも走ることができます。

また、アッパー部分にも工夫がなされていて、ニット素材を使用しているので、中足部のフィット感を向上させています。多種多様な足型にも対応するので、シューズの内部に足が当たって痛みが感じにくくなっています。シュータンと呼ばれる、通常は靴紐の下にあるベロがなく、足を通すシューズの口の部分がソックスのような構造になっていて、より高いフィット感とサポート性を与えてくれます。

カラーリングは黒、白、グレーの3色展開でメンズ向きで、そのフォルムはタウンユースにもコーディネートできるほどかっこいいデザインでジョギングからタウンユースにも使えるアディダスでは、おすすめの1足になっています。

2ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%

ナイキ ズームヴェイパーフライ
ナイキ ズームヴェイパーフライ

¥ 16,200

口コミ

足先着地が自然と身につきます。クッション性もあり、走っていて安定感があるのですが、反発力も感じよい感じです。

ナイキではジョギングシューズとしてハイグレードのモデルとなるのが「ズーム ヴェイパーフライ 4%」です。オリンピックはじめ、多くのマラソンや長距離レースで実際に、このシューズで好成績を残しています。

このモデルは、ユニセックスになっていてスマートなデザインは、レディースにも違和感なく当てはまりスタイリッシュにジョギングライフに溶け込みます。また、他にもナイキ ズームシリーズとして廉価版が展開されているので、メンズ、レディースともカラーリング、プライス面で初心者から上級ランナーまでが豊富なバリエーションから選べるようになっています。

3ミズノ WAVE RIDER 21 (ウェーブライダー)

ミズノ WAVE RIDER 21 (ウェーブライダー)
ミズノ WAVE RIDER 21 (ウェーブライダー)

¥ 13,932

3つ目は日本のブランドのミズノから紹介します。このジョギングシューズは毎年の改良が施されて進化し続けるモデルです。アディダスやナイキとは、ひと味違った、しなやかな感覚のクッションシステムを採用しているところが、ジョギングに徹した構造になっていることを証明しています。

外観のフォルムも従来のオーセンティックな雰囲気を守りながら、ソールの機能を進化させたジョギングシューズになっています。カラーバリエーションも数色展開されていて、ベーシックなカラーリングから競技に映えるカラフルなカラーリングまで選べます。

また、レディースカラーの展開もあって、足の幅によってワイドとスリムが選べるようになっていて、足の横幅ある日本人の足型に窮屈でなようなスペック設定になっています。

ジョギングシューズの使い方・活用方法

一般のジョガーはジョギングに専念している時以外にも、ジョギングシューズを履くシュチュエーションが多くあります。ウオーキングやジョギングまでの道中、ジョギングを伴ったアウトドアなどでタウンユース要素が伴うシュチュエーションでジョギングシューズを履くことがあります。

ナイキのエアマックスが、かつてブームを起こしたように、タウンユースの活用がジョギングシューズを買い求める別の意味での大きなファクターでもあります。実際はどのメーカー、どのブランドでも走ることの機能性は、さながらシューズの外観のファッショナブル性にも重点を置いています。

ですから、レース系のシューズ以外は、タウンユースでの活用性があるかも、ジョギングシューズ選びの大きな要素になります。せっかくのシューズ購入なので、スニーカーとしても自身のコーデに活用できる一足を選びましょう。

お気にりのジョギングシューズを探そう!

ジョギングシューズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

いかがでしたか、ジョギングシューズについて、より深く知ることができたでしょうか。最近のジョギング、ランニングブームで各メーカーのブランドが多くのジョギングシューズを展開しています。いつからでも気軽に始めることのできるジョギングですが、シューズ選びは重要なポイントです。

機能性はもとより、ファッション性も充実してきた最近のジョギングシューズ。ここは、じっくり選んでコーディネートも含めてシューズ選びを楽しんでみませんか。ジョギングというスポーツを楽しむだけにとどまらず、自身のジョギングスタイルに合ったジョギングシューズを選ぶことによって、ジョギングに取り組むモチベーションの度合いが変わってきます。

ジョギングシューズの機能性、デザイン性を深く知って、時間をかけてでも皆様のジョギングスタイルに合った1足を履いてジョギングライフをエンジョイしましょう。

Related