Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月15日

SPDシューズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

本記事ではSPDシューズのおすすめブランド、人気ランキングや特徴・用途別におすすめのSPDシューズを紹介していきます。健康思考ブームにのって、これからサイクリングを趣味として楽しもうとしている方はぜひチェックしてみてください。

SPDシューズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

SPDシューズの使い方・活用方法とは?

SPDシューズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

SPDシューズという存在を知っていますか。SPDシューズとはサイクリングスポーツであるクロスバイク・MTB(マウンテンバイク)などで使用するスポーツ用シューズであり、ペダルとシューズを固定するのがビンディング機能がついた靴の名称です。

本記事ではSPDシューズのおすすめ商品についてなど紹介していきます。自然いっぱいの山道を自転車で駆け抜けるマウンテンバイク、長い距離のサイクリングを趣味として開始しようと考えている方は、どのSPDシューズを購入しようか悩んでいることもあるでしょう。

SPDシューズの使い方・活用方法について

SPDシューズの使い方・活用方法ですが、SPDシューズは2本のネジで小さなクリートをシューズに固定しペダルにはめて使用します。ペダルに装着することで自転車との一体感を強める力を発揮します。SPDシューズはネジが2本ということもあり、自転車のペダルにはめやすく外しやすいので初心者でも扱いやすいところが魅力です。

クリートとは、ペダルと靴を固定するため靴につける金具です。クリートは単体でも販売していますが、ペダルに入ってるので別に購入する必要はないでしょう。

SPDシューズの種類と選び方とは?

SPDシューズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

次はSPDシューズの種類や選び方について紹介していきます。

SPDシューズの種類とは?

SPDシューズといっても種類があります。まず、初心者向けのオフロード用タイプがあります。オフロード用はランニングシューズのような歩行も考慮されているため、シューズを固定する部分のクリートが小さく、ソールも平らなので歩きやすいでしょう。

しっかり走り込むタイプであれば、ペダルに固定するネジが2穴式ではなく3穴式のSPD-SLシューズにも対応できるロードバイク共用タイプ、荒れた路面を走るマウンテンバイクを求めている場合は、ゴツゴツしたソールのマウンテンバイク用タイプもあります。

SPDシューズの選び方とは?

SPDシューズの選び方は用途に応じた選び方か歩行性を重視したいかによって変わってくるでしょう。

SPDシューズ初心者であっても目的として、ロードバイクを視野に入れているなどしっかり走り込む方向性であれば、2穴式と3穴式対応のロードバイク向きのSPDシューズがおすすめです。ただ、ペダリング効率を高めるためにソールが硬く薄いため歩行は困難です。

歩行性を重視したいという方は、オフロード用タイプのSPDシューズ、もしくはマウンテンバイク用のSPDシューズがロードバイク用に比べ歩行性が高くおすすめです。

SPDシューズおすすめ人気ランキングTOP3

SPDシューズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

SPDシューズおすすめ人気ランキングTOP3を紹介していきます。

ランキング3位:「Fizik」

SPDシューズおすすめ人気ランキング3位はFizik(フィジーク)の「R1B UOMO BOA」です。

Fizik R1B UOMO BOA

Fizik R1B UOMO BOA
Fizik R1B UOMO BOA

¥ 41,764

こちらはイタリアのサイクルシューズブランド・Fizik(フィジーク)のフィジークのロードモデルの最上位モデル「R1B UOMO BOA」です。

繊細な調整が可能なダイヤル式の留め具は、足を優しく包み込むような心地よいフィット感を実現します。ヒール内側にはなめらかな肌触りの生地を配置、優れた通気性があり快適性を追求したハイパフォーマンスSPDシューズです。

長時間履くことを考慮して作られているので、長距離サイクリングを行うという方におすすめです。見た目からもラグジュアリー感あふれるルックスで、ファッション性においても優秀なSPDシューズでしょう。

ランキング2位:「GIRO(ジロ)」

SPDシューズおすすめ人気ランキング2位はGIRO(ジロ)の「GIRO RUMBLE VR」です。

GIRO RUMBLE VR

GIRO RUMBLE VR
GIRO RUMBLE VR

¥ 12,215

口コミ

歩くことが多い街乗り用に使用しています。 クリート位置が若干奥まっているため歩きやすいですが、その分ややペダルキャッチし難い感じです。 軽いので疲れにくいです。

トップライダーにも支持されているブランド・GIRO(ジロ)のSPDシューズです。見た目的にはSPDシューズらしくないおしゃれシューズ的なデザインですが、性能としてはマウンテンバイクやクロスバイクに適した走破性能を持っています。

通気性に優れたマイクロファイバーとメッシュのアッパー、インジェクションインナーシャンクが走行に使う力をペダルに伝達します。

シューレース式なので簡単にフィッティングでき、SPDシューズ初心者という方にもおすすめです。履き心地として軽く疲れにくいことから、歩くことが多い街乗り用にも適しているでしょう。

ランキング1位:「SHIMANO(シマノ)」

SPDシューズおすすめ人気ランキング1位はSHIMANO(シマノ)の「RP1 」です。

SHIMANO RP1

SHIMANO RP1
SHIMANO RP1

¥ 10,800

口コミ

見た目、履き心地期待道理でした。 初めはキツく感じましたが、100キロ近く走りましたら、ジャストフィット とても快適に、ツーリングを楽しみました。

サイクリング業界をリードする日本ブランド・SHIMANO(シマノ)はSPDシューズブランドとしてもおすすめです。こちらの「RP1」はロードバイク向けペダル・SPD-SLへの対応も可能なので、ロードバイクも視野に入れているという方におすすめです。

デザインはシンプルな2本タイプのベルクロ式、ベルクロの先端部分にはSHIMANO(シマノ)のブランドカラーであるブルードットがあしらわれ、爽やかでお洒落な雰囲気を感じます。ゴツすぎず、すっきりとしたデザインもおすすめポイントです。

特徴・用途別おすすめのSPDシューズを紹介!

SPDシューズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

次は特徴・用途別おすすめのSPDシューズを紹介していきます。

初心者におすすめなSPDシューズ

初心者におすすめなSPDシューズを紹介します。

Five Ten Impact VXi

Five Ten Impact VXi
Five Ten Impact VXi

¥ 37,800

SPDシューズ初心者という方におすすめなのが、Five Ten(ファイブテン)のSPDシューズ「Impact VXi」です。

アウトソールには「ガラスでも滑らないラバーを」というきっけかで開発されたラバー・ステルスMi6を採用しています。歩行時でも歩きやすさを考慮しているので、初心者にも安心です。見た目もおしゃれなのでデザイン性を重視するという方にも良いでしょう。

ロードバイクにおすすめなSPDシューズ

ロードバイクにおすすめなSPDシューズを紹介します。

SHIMANO SH-RP300MW

SHIMANO SH-RP300MW
SHIMANO SH-RP300MW

¥ 16,200

口コミ

履き心地がよく、しっかりと足を固定してくれます。 白だと汚れが目立ちますが…

こちらはSHIMANO(シマノ)のSPDとロードバイク用にも適しているSPD-SLの両方対応のサイクリングシューズ「SH-RP300MW」です。本格的にロードバイクをやってみたいと考えている方はSPD-SLにも対応しているこちらのようなシューズがおすすめです。

表面素材には通気性の高いシンセティックレザーを使い、メッシュになっていて蒸れにくい設計になっています。ソールは伸び縮みを防止するグラスファイバー使用し耐久性も抜群です。足の固定は、バックルで微調整ができ自分の好みで固定が可能なところもおすすめポイントでしょう。

Tiebao SPDシューズ

Tiebao SPDシューズ
Tiebao SPDシューズ

¥ 5,890

口コミ

通常26cmですが、大きめ43を購入。十分ゆとりがありますが、ガタつくこともありません。私が3Eなので足先は少し圧迫感はありますが、100km以上乗っても、靴ずれはありません。

ロードバイク用でも活躍するSPDシューズはこちらです。ロードバイク以外でも、ツーリング・トレイル・街乗りとさまざまな環境に対応できます。まだどのような走り方に挑戦するか明確に定まっていない方、楽しみ方について検討しているという方におすすめです。

伸びが少なくフィット感に優れたシンセティックレザーと、通気性の良いメッシュ素材を使用しています。3本ストラップによって、細やかな固定調整が可能です。カラー展開はオレンジ×シルバーのほかに、グリーン×ブラック・イエロー×ホワイトの3色です。価格も5000円台と安めというところもおすすめです。

MTB用としておすすめなSPDシューズ

次はMTB用としておすすめなSPDシューズを紹介します。MTBとはマウンテンバイクの略称でマウンテンバイクとは、山岳地帯、荒野など急な坂道や段差がある地での走行性能、耐衝撃性に優れた機能をもつ自転車です。マウンテンバイクの走行を考えている方はMTB用のSPDシューズを検討しましょう。

SHIMANO SH-MT500MR

SHIMANO SH-MT500MR
SHIMANO SH-MT500MR

¥ 15,120

口コミ

なかなか良い。はきごごち、フィット感、履きやすさgoodです。

MTB用のおすすめSPDシューズはSHIMANO(シマノ)のマウンテン・ツーリング向けのエクスプローラーシリーズ「SH-MT500MR」です。歩行時の快適さ、衝撃からのクッション性やサポート性が高められた機能面と、鮮やかなレッドと黒の組み合わせがおしゃれなデザインとして印象的です。

SIDE BIKE SD003-MTB

MTB用のSPDシューズのおすすめはこちらの鮮やかなブルーのサイクリングシューズです。アッパーはシンセティックレザーとメッシュ素材、空気を取り入れるエアインテーク機能により、シューズ内の熱を効率よく排出してくれるので、靴の中の群れを防止します。夏の暑い時期にももってこいのMTB用SPDシューズでしょう。

色はブルー×ブラックのほかに、レッド×ブラック・ホワイト×レッド・イエロー×グリーンの4種類です。価格も1万円をきっているので、初めてMTB用のSPDシューズを購入するという方は検討してみてはいかがでしょうか。

カジュアルスニーカーに見えるSPDシューズ

街中で歩くことも考慮し、見た目的に通常のカジュアルスニーカーに見えるSPDシューズを求めているという方もいるでしょう。いかにもスポーツ的な靴を好む人もいれば苦手としている人もいます。

次はカジュアルスニーカー風のSPDシューズを紹介していくので、ファッション性を強く求めている方はぜひ参考にしてみてください。

CHROME TRUK PRO

CHROME TRUK PRO
CHROME TRUK PRO

¥ 14,040

口コミ

シンプルで街乗りに合うデザインです。作り込みし過ぎないところが日本やイタリアブランドとの違いカッコイイです。

こちらはカジュアルなSPDシューズを展開しているおすすめブランド・CHROME(クローム)の「TRUK PRO」です。SPD対応スタイリッシュモデルであり、ヒールの高さは2.5 cmあるので、ちょっとした長足効果も期待できるでしょう。

素材には耐久度の高い1000デニールナイロンを使用しているので長く愛用したいという方にもおすすめです。歩行しやすく、ペダリング時のパワーロスを防ぐFLEXPLATEを搭載しているので、一日を通して着用できるモデルになっています。

CHROME 415 PRO WORKBOOT

CHROME 415 PRO WORKBOOT
CHROME 415 PRO WORKBOOT

¥ 18,360

口コミ

同じクロームのTRUK PROを履いていますが、こちらは8 1/2でピッタリ。レビューを参考にし1インチアップの9 1/2を購入。横幅はピッタリでしたがサイズはやや大きめでした。

こちらもCHROME(クローム)のSPDシューズ「415 PRO WORK BOOT」です。ファッション性の高いハイカットデザインになっているので、機能性だけではなくおしゃれを求める方におすすめなデザインです。

「415 PRO WORK BOOT」はワークブーツの様なフォルムでカジュアルに傾きつつ、刺繍やステッチなどシンプルに同系色に統一し、大人っぽいシックな雰囲気を取り入れています。アッパーには1000デニールコーデュラナイロンを使い汚れや耐久性に優れている点もおすすめポイントでしょう。

GIRO Republic Lead Gum

GIRO Republic Lead Gum
GIRO Republic Lead Gum
口コミ

早速履いてみたのですが、普通に履く分には足を包み込むような感じでかなり好感触です。

ハイセンスなデザインを展開しているサイクリングアパレルブランド・GIRO(ジロ)のお洒落なSPDシューズ「Republic Lead Gum」です。カジュアルスニーカーのような馴染みやすいデザインなので、ファッション性を考慮するという人におすすめでしょう。

Republic(リパブリック)シリーズは、街中から森林・山野までシーンを選ばないスタイリッシュでカジュアルなルックスが魅力です。アッパーはマイクロファイバー製で柔軟性がありしなやかな特徴を持っています。かかとにはマイクロスエード製の触り心地の良いヒールカウンターが入っているので、靴擦れを防止しつつフィット感を高めくれる構造になっています。

DZR Midnight

DZR Midnight
DZR Midnight

¥ 15,120

口コミ

おしゃれなビンディング 普段使いは、やっぱ固めなので、オススメはしないが自転車乗ってポタリングとかする際はカジュアルなファッションも崩さないのでオススメ!しかも完全防水!!

DZR(ディージィーアール)のSPDシューズ「Midnight」は、自転車に乗れるスニーカータイプのサイクリングシューズです。一見通常のカジュアルスニーカーの見た目なので、自転車を止めて街歩きするにもおすすめでしょう。ソールはユニークなイラストが描かれていて遊び心のあるデザインになっています。

かかと部のリフレクター素材やペダルをこぐさいにパワーロスを抑える設計のインソールで機能性も十分です。DZR(ディージィーアール)のスニーカーはやや大きいサイズが多いといわれているので、購入の際は通常履いているスニーカーの約1cm小さいサイズがおすすめです。

おすすめのSPDシューズのメーカー3つと代表製品

SPDシューズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

次はおすすめのSPDシューズのメーカー3つと代表製品を紹介していきます。

SHIMANO(シマノ)

自転車部門に熱いメーカーといえば日本のSHIMANO(シマノ)でしょう。まず初めにSHIMANO(シマノ)おすすめのSPDシューズのメーカーとして紹介します。SHIMANO(シマノ)は釣り具と自転車用品を展開するアウトドアスポーツメーカーであり、従業員の自転車通勤を奨励していることでも有名な企業です。

SHIMANO CT5

SHIMANO CT5
SHIMANO CT5
口コミ

あまりレーシーではないデザインを求めている人は結構多いのではないでしょうか。 そういった意味ではこのシューズはわりとカジュアルなのでとても気に入りました。

SHIMANO(シマノ)の代表製品としておすすめなSPDシューズはデザイン的にもスニーカー要素が強く、街中でも気軽に履いて歩くことができる「CT5」です。カジュアルなスニーカースタイルのデザインなので、日々のサイクリングファッションをスタイリッシュな方向に向けていくことができるでしょう。

しかし、一度自転車に乗ったらSPDシューズならではの力を発揮します。内側に隠れたシャンクプレートが、自転車をこいだときにパワーを伝達し軽快な走行を可能にします。地面からの衝撃を吸収してくれるEVA素材のミッドソールが搭載されているので、足への負担も軽減されるでしょう。歩行時の快適さもキープすることが可能です。

おすすめな点は、自転車を降りて歩いてる時にクリートが地面にガリガリと当たってしまわない点でしょう。自転車から降りたとき無音で歩けるので周囲の視線を気にすることなく過ごすことできます。

Louis Garneau(ルイガノ)

ポップでお洒落なスポーツバイクブランドとしておすすめなLouis Garneau(ルイガノ)を紹介します。Louis Garneau(ルイガノ)はカナダに拠点を置くスポーツ用品メーカーであり、自社ブランドのスポーツ自転車を販売していることから自転車用品にも熱いメーカーです。

商品のカラー展開なども色鮮やかで、ファッショナブルでスポーティー、若々しいデザインを好む方におすすめなメーカーでしょう。

Louis Garneau Copal

こちらはLouis Garneau(ルイガノ)の「Copal」です。シームレス、レザーとメッシュの素材で通気性と安定感のある着心地を実現します。計算されたポイントで締め付け感など負担を軽減された設計になっているので、長時間履き続けても足の疲れが少ないでしょう。

カラーバリエーションは、鮮やかなレッド・シックで男性的なブラック・クリアなホワイトの3色展開です。どの色もはっきりとした発色でファッション性としてもポイントが高くおすすめなSPDシューズでしょう。

CHROME(クローム)

アメリカアーバンストリート系ブランド・CHROME(クローム)もSPDシューズおすすめメーカーの一つです。自転車アパレル系ショップというところもあり、SPDシューズなどのほかにメッセンジャーバッグ・バックパック・カメラバッグなども人気です。

CHROME KURSK PRO

CHROME KURSK PRO
CHROME KURSK PRO

¥ 14,040

口コミ

初めてのビンディングシューズとして購入。 コンバースだと27だが0.5小さい26.5で丁度良かった

CHROME(クローム)の「KURSK PRO」です。スニーカー好きには最高のビジュアルではないでしょうか。キャンパス地風のアッパーの質感に感動することでしょう。SPD対応ベーシックモデルでアッパー素材には、丈夫な1000デニールナイロンを使用しています。見た目はカジュアルスニーカーに見えても対磨耗性に優れた素材を使っているので耐久力も抜群です。

色はグレーとブラックの2色展開です。どこからどう見ても通常のスニーカーにしか見えないデザイン性なので、SPDシューズにありがちなスポーティよりのデザインが苦手という方には特におすすめなデザインでしょう。

素敵なSPDシューズを見つけよう!

SPDシューズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

SPDシューズのおすすめ商品、人気モデルなどを紹介していきましたが、目にとまったデザインはありましたでしょうか。SPDシューズというとレベルの高いサイクリング走者、競技者が使うものかと感じている方もいるでしょうが実際には、オフロード用のシューズも充実しているので気軽にチョイスすることができるでしょう。

街乗りでも、SPDシューズを履きこなせばペダリング効率があがって足や体への負担が軽減されます。体への疲労感などが減ればサイクリングがさらに充実し楽しくなるでしょう。これから趣味としてサイクリングを始めようという方は、まずSPDシューズを検討してみてはいかがでしょうか。

Related