Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月14日

紳士靴おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

紳士靴は歴史があり、極めようとすると非常に奥が深いアイテムです。フォーマルな使用法に限らず、カジュアルにも使用できます。ランキングを参考にしながら、自分に合いそうな紳士靴を見つけることができます。おしゃれで履きやすい紳士靴を見つけましょう。

紳士靴おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

紳士靴の種類と選び方

紳士靴の種類

カジュアルにも使用でき、ビジネスにも着用できる紳士靴ですが、知らない人から見たら、どれも同じに見えます。しかし、たくさんの種類があります。どのように種類分けすることができるかというと、まずはデザインです。

羽根が外に出ている外羽根、よりクラシカルで羽根が中に入っている内羽根、ひもで調整するシューレースに、ベルトでサイズ調整するモンクストラップ、何も付いていないスリッポンがあります。これがデザインでの紳士靴の分け方です。

もう一つが、トゥの形になります。トゥが何も加工してないプレーントゥ、トゥ部分だけ革を変えるストレートチップ、革を二枚でトゥがU字型になるUチップ、もう少し角度が鋭いのがVチップ、そして羽根の様なデザインのウィングチップになります。

このようにデザインとトゥの形で分けることができます。

紳士靴の選び方

TPO、これは紳士靴の着用にも当てはまります。適当に好きな物を穿くのではなくて、場面に合わせて正しくチョイスすることが大切です。つまり、靴のデザインが違うのにはそれなりの理由があります。デザインを理解して穿くことをおすすめします。

よくわからない人は、二足買いをおすすめします。一つ目は黒のストレートチップです。トゥ部分に線が入ったようになっていて、革が切り替えしになっています。冠婚葬祭、就職時の堅い場面で使用するのがこのタイプになります。

もう一つが、カジュアルでも使用できるUチップ、もしくはウィングチップになります。デニムとの相性もよく、キレイ目のかっこうにしっくりくる紳士靴になります。二足は持っておくをおすすめします。

紳士靴おすすめ人気ランキングTOP3

第三位・スコッチグレイン

スコッチグレイン SCOTCH GRAIN 内羽根ストレートチップ パーフォレーション
スコッチグレイン SCOTCH GRAIN 内羽根ストレートチップ パーフォレーション

¥ 31,320

口コミ

履き心地がよく、傷みにくい。かなりの頻度で履いているが、手入れをすれば、型くずれもあまりしない。

安心のメイドインジャパン、おすすめの紳士靴はスコッチグレインのストレートチップです。スコッチグレインの代表作と言えば、ストレートチップになります。アッパーには国産の牛革を使用しています。質がいいため長く着用できます。

足のサイズも日本人の足の形を熟知しているため、ロングノーズでありながら、甲の分部の幅が広いという非常にありがたい造りになっています。見た目もイギリスの良さを出しながら、造りで日本の技術が光っていておすすめです。

穿き心地も最高です。特別なクッションを使用しているため、足が疲れないようになっています。色味も履けば履くほど表情を変える素敵な色をしています。違いを知りたい人におすすめの紳士靴はスコッチグレインのストレートチップになります。

第二位・チャーチ

[チャーチ] Church's ビジネスシューズ CHETWYND
[チャーチ] Church's ビジネスシューズ CHETWYND

¥ 93,960

口コミ

男らしくタフであり華やかでもあるフルブローグの傑作です。

イギリス紳士靴の名門中の名門がチャーチになります。まず左右の靴の違いを作った、そしてハーフサイズを生み出したのがチャーチです。ここの紳士靴のこだわりは半端ではありません。一度穿いてみることをおすすめします。

チェットウィンドと呼ばれるこの紳士靴は、トゥが少し丸くなっているクラシカルなタイプのデザインです。飾り孔も大きく、昔の良い雰囲気をそのまま活かしたデザインとなっています。履いただけで紳士になれるおすすめの紳士靴です。

内羽根式のウィングチップで、冠婚葬祭を始めどんなシーンでも活躍してくれること間違いなしの紳士靴になります。最高におすすめしたい一足です。

第一位・山陽山長

サンヨウヤマチョウ 勘三郎 Q7403-002
サンヨウヤマチョウ 勘三郎 Q7403-002

¥ 97,200

日本人のための靴を作り続けているのが、三陽山長です。靴職人の熟練の技が光る一足を提供し続けています。やはり、細部までこだわって丁寧な造りをしてくれるのは日本のブランドになります。このブランドは代表格と言えます。おすすめのメイドインジャパンです。

その三陽山長でも有名なシリーズが勘三郎になります。この紳士靴のすごいところは履いた時に立体的に足にフィットします。甲部分、サイド、土踏まずと言った具合にぴたっと足にはまってきます。これが一度履くとくせになりおすすめしたい一足です。

アッパーには、きめ細やかなインポート素材を使用しています。またソールは縫い目が出ないように加工してあります。こだわりが固まってできたUチップになります。おすすめしたい紳士靴は、三陽山長です。

特徴・用途別おすすめの紳士靴

おすすめ50代紳士向け

オールデン GENUINE SHELL CORDOVAN PLAIN TOE BLUCHER 990  並行輸入品
オールデン GENUINE SHELL CORDOVAN PLAIN TOE BLUCHER 990  並行輸入品

¥ 136,080

長年紳士靴を使用してきた、いわば紳士靴のプロフェッショナルにおすすめしたい一足は、オールデンになります。デザインはシンプルに外羽式のプレーントゥです。これは、ビジネスでもカジュアルでも使用できるオールマイティな一足になります。

値段を見るとおどろきますが、それだけのクオリティで、まさにエレガントな50代にはぴったりの紳士靴となります。上質な素材で作りこまれているため、履けば履くほど足に馴染んできます。馴染み方が他のブランドとは異なりおすすめできます。

また、上質なレザーのために、履いたその時にも違和感がありません。革を柔らかくするためにそこまで時間を要しないのもこのオールデンの人気の秘訣となっています。本物が分る歳になったらこの紳士靴です。

安いおすすめのコスパ紳士靴

ルミニーオ luminio ビジネスシューズ 靴 イタリアンクラシコ 紳士靴 イタリアンデザイン メンズ ブラウン
ルミニーオ luminio ビジネスシューズ 靴 イタリアンクラシコ 紳士靴 イタリアンデザイン メンズ ブラウン

¥ 2,980

口コミ

サイズも丁度いい感じで良い商品でした。 大切に履いていきたいと思います。

紳士靴はきちんとしているため、値段も相当するイメージがありますが、今はネットでも量販店でもなかなか安い値段で購入可能です。友達の結婚式に使用するだけ、そんなに頻繁に履かないのであれば、安い紳士靴がおすすめです。

しかし、さすがに安いからなんでもいいというものではありません。それなりのデザイン性はほしいです。そこでおすすめが、イタリア風のデザインが人気のルミオーニです。デザインが先進的で、イタリアのおしゃれ感を演出してくれます。

穿き心地もそれなりになっています。一日履いても足にそこまでの疲れが残りません。また、合皮ですので天候に左右されることなく使用することができます。気軽に履けるイタリア風の安い紳士靴がおすすめです。

オーダーメードできる

紳士靴は、オーダーメイドも可能です。オーダーメイドのメリットは自分の足にぴったりと合ったサイズを穿くことができます。これが非常に大切です。どのメーカーも大体合うが相場になります。日本ブランドもしかりです。やはりおすすめはオーダーメイドです。

しかしオーダーメイドは自分の足を測るところから始まります。甲周り、足の実際の長さ、甲の高さかかとの位置まで細かくチェックされます。つまり、でき上がった際のフィット感が全く違います。フィットするということは長く歩いても疲れないということです。

外回りのサラリーマンは一足作っておくことをおすすめします。一日の疲労の残り方が全く変わってきます。今は、オーダーメイドでもそこまで価格がしません。安ければ、2万円代で仕上げることができます。こだわりの紳士靴はオーダーメイドです。

イタリア製のおすすめ紳士靴

Dessert ビジネスシューズ 紳士靴 外羽根 ストレートチップ 革靴 本革
Dessert ビジネスシューズ 紳士靴 外羽根 ストレートチップ 革靴 本革

¥ 29,999

口コミ

履き心地は最高、サイズもぴったりです。 次回もこの靴にしたいと思う商品です。

デザインに特徴があり、おしゃれなのはやはりイタリア製になります。デザインがスリムでスタイリッシュな特徴があります。タイトなスーツと一緒に使用する時にかなりの力を発揮してくれるのがイタリア製です。

デザートはイタリアのシャープなデザインを全面に出した日本のブランドです。メイン、アッパーには本物のイタリアレザーが使用されています。職人が一つ一つ縫製して完成させるこだわりのイタリア紳士靴になりおすすめです。

日本人の足に合わせて甲部分は広く設計されているため、サイズ面でも不安に感じることなく安心して使用できます。底部分にはよく歩く人のためにラバーが混ぜてあるため、滑らず、歩いても疲れないように設計されています。日本人のためのイタリアデザインがおすすめです。

ABCマートで買えるおすすめの紳士靴

[ハルタ] ビブラムソール ポストマンシューズ 711P
[ハルタ] ビブラムソール ポストマンシューズ 711P

¥ 7,020

口コミ

エナメルバックみたいな安っぽい光沢ではなく、上品さがあって安心した。

身近な紳士靴と言えば、ハルタです。学生のころ、ローファーでお世話になった人もたくさんいます。学生が使用しても大丈夫と言うことは、それだけ耐久性の高い紳士靴を提供しているということができます。ハルタはおすすめのブランドです。

合成皮革を利用しているため、天候に関係なく使用することができます。本当の革の場合、濡れるとアウトですが、合皮の場合はその心配がありません。ガンガン履ける一足になっています。手入れも比較的簡単でおすすめです。

また見た目がシンプルなのもこの靴の特徴です。外羽式のプレーントゥで、どんなシーンにも使用することができるメリットが存在します。履きやすさも日本のブランドのため、文句なしです。おすすめの身近なブランドはハルタです。

カジュアル

オーナイン O-NINE カジュアルシューズフェイクスエードレンガソールレースアップシューズ
オーナイン O-NINE カジュアルシューズフェイクスエードレンガソールレースアップシューズ

¥ 3,981

口コミ

軽くて柔らかいので、高級感はありませんが歩きやすいほうだと思います。

紳士靴はビジネスでの使用がメインになりますが、カジュアルシーンでも使用できます。休みの日にデニムやチノパン、ジャケットやニットに合わせやすい紳士靴を購入しておけば、どちらのシーンでも活躍してくれるため、おすすめします。

外羽根のプレーントゥは便利でおすすめの一足になります。プレーントゥはとにかくどんな格好にも合わせやすい一足です。とりわけ、黒よりもブラウンがおすすめです。靴をブラウンにするときは、ベルトもブラウンが基本になります。

さらにカジュアルのための紳士靴を選ぶ際に気を付けたい点としては、軽い履きやすいものを選ぶことです。休みの日は家族に合わせて買い物に出かけたりすることが多いため、軽さと履きやすさが必要です。おすすめはブラウンのプレーントゥになります。

フォーマル

タレークス Talerk ビジネスシューズ メンズ
タレークス Talerk ビジネスシューズ メンズ

¥ 29,960

口コミ

最高です!履いた感じも良いし、皮がすぐに馴染んでくれたのでストレス無しです。

冠婚葬祭、ビジネスシーン、男の人はこういったときにきちっとした格好をする必要があります。人は印象が大切です。ですから、フォーマル用に一足しっかりとした紳士靴を購入しておくことをおすすめします。形はたくさんありますが、フォーマルはストレートチップです。

本革の黒のストレートチップ、そして内羽根であれば、まったく問題ありません。これぞフォーマル用の紳士靴になります。安っぽい紳士靴はどうしてもエナメルの様な光沢感を出すため、本革がやはりおすすめです。

デザイン性も細かなこだわりがあります。スタイリッシュな形で、ソールの横にさりげないラインが入っていたりと、要所要所に他にはない造りを見せています。少し個性も出せて最高のフォーマル紳士靴になります。

おすすめの高級紳士靴ブランド

ジョンロブ John Lobb メンズ シューズ・靴 革靴・ビジネスシューズ
ジョンロブ John Lobb メンズ シューズ・靴 革靴・ビジネスシューズ

¥ 350,360

紳士靴は革製品になりますので、安いものから高級品までピンきりです。紳士靴の代表的な高級ブランドはジョンロブになります。革靴の王様です。英国王室ご用達の称号を獲得しているブランドになります。これはおすすめできます。本家はすべてオーダーメイドです。

しかし、英国だけの枠にとらわれることなく、さまざまな国で絶大な支持を得ています。まさにキングオブシューズです。まず、使う革が上質の物のみです。一番靴に適した動物の毛を除いた一番外側の革のみを使用します。

熟練の靴職人によって手作業で仕上げられていきます。最高の素材を最高の熟練職人が仕上げていきます。これが王様の靴を生み出すしくみです。紳士が一回は履いてみたい高級なおすすめ紳士靴になります

おすすめの紳士靴のメーカー・ブランド3つと代表製品

ジャランスリウァヤ・Uチップ

ジャランスリウァヤ  U-TIP 98490
ジャランスリウァヤ  U-TIP 98490

¥ 36,720

口コミ

はき心地も良く地面から蹴り返されるような感覚があり、 手に持った時とはまったく違う軽さを感じます。

インドネシアの革靴は軍隊用のものばかりでした。しかし、平和のために靴を作ろうと奮起したのが、ジャランスリウァヤです。イギリスに修行に行きしっかりと靴づくりの基礎を学びました。それからオリジナルを展開していきます。

アッパーにはフランスのカーフレザー、底にはベルギーのレザーを厳選して使用しています。これが独特の風合いを出しています。こだわりのレザーがおしゃれ度をぐっと引き上げてくれます。またUチップのいいところはカジュアルにも使用しやすいところです。

ロールアップしたチノパンとの相性が抜群です。ブラウンも合わせやすい色味になります。こだわりのジャランスリウァヤでワンランク上の紳士靴を楽しめます。

トリッカーズ・ウィングチップ

(トリッカーズ) Tricker's バートン ウイングチップ
(トリッカーズ) Tricker's バートン ウイングチップ

¥ 51,000

口コミ

スーツに、カジュアルに、風格あるこの靴は一生モノでしょう!

クラシカルなデザインのウィングチップは、ドレッシーで品格があります。ビジネスシーンやドレスシーンで活躍してくれる伝統的な一足になります。ウィングチップと言えば、トリッカーズになります。このブランドは押さえておくべきです。

トリッカーズは早い段階で、グッドイヤーウェルト製法を取り入れて生産力を上げましたが、今でもベンチメイドでこだわりを見せています。ベンチメイドは、一人の人が最初から最後まで仕上げる方法です。ラインのような流れ作業ではありません。

職人の思いのこもった靴が仕上がります。トリッカーズは耐久性とこのぽってとしたトゥの質感、強い昔の男を思わせるデザインが最高の魅力です。おすすめしたい紳士靴ブランドです。

リーガル・ストレートチップ

REGAL メンズ ビジネスシューズ 811R AL
REGAL メンズ ビジネスシューズ 811R AL

¥ 23,100

口コミ

普段25.5センチの靴を履いているところ、レビュー等を参考にして25.0センチを選択した。

日本を代表する革靴ブランドがリーガルです。紳士靴を履いたことが無い人でも一度は聞いたことがあるブランドになります。ここの紳士靴は一度足を入れればその質の良さにおどろかされます。おすすめはストレートチップです。

ストレートチップは非常にシンプルなデザインです。トゥ部分に一文字のデザインが入っています。ここで革が切り替わっているのが特徴です。内羽根式のストレートチップは、冠婚葬祭から仕事まで使用できる紳士靴になります。

リーガルの革は光沢が違います。革の質が違うのはもちろんですが、他のブランドにはない少し贅沢な光沢を放ってくれます。そして履き心地も最高です。ただ、サイジングには注意が必要です。いつも買う靴のマイナス1㎝が目安です。

紳士靴の使い方・楽しみ方

アメカジスタイル

紳士靴は、普段のコーディネイトの取り入れることができるアイテムになります。とりわけウィングチップやプレーントゥのポストマンは、アメカジスタイルとの相性が抜群です。デニムでも履けるおすすめの紳士靴になります。

トップスには、白シャツにタイを付けます。レッド系のタイがおしゃれです。ボトムには、センタープリーツのパンツをチョイスします。リーバイスのスタプレは特におすすめです。そのボトムをロールアップして足元を紳士靴でしめます。

このスタイルにはブラウンの本革がはまります。プレーントゥの少しぽてっとしたタイプの靴がベストです。アメカジシーンにおいても紳士靴は欠かせないアイテムです。

キレイめスタイル

キレイめスタイルが多い人におすすめしたい紳士靴はローファーです。ローファーは清潔感が抜群です。さらに知的要素が加わり、キレイ目の人にはぜひ使ってほしいおすすめアイテムになります。

スタイルとしては、トップスはチェックのシャツをボタンを一番上までしめて着用します。その上からネイビーのジャケットを羽織ります。パンツは清潔感を出すために白のパンツ、できればジャストサイズにします。

そしてローファーを履けばスタイル完成です。ローファーはメガネと合わせて黒がベストです。靴下は白か素足をチョイスできます。普段から少しキレイ目のジャケットスタイルが好きな人は、ローファーがおすすめです。

紳士靴はふり幅広し

ファッションシーンにおいて、欠かせないアイテムとなっているのが紳士靴です。紳士が使用する靴でイギリスが有名ですが、今は日本でもいろいろなブランドが紳士靴を展開しています。自分のニーズに合わせてしっくりくる紳士靴を見つけるのが大切です。

今まで紳士靴を履いたことが無い人には、日本のブランドの紳士靴をおすすめします。足の幅や甲の高さが日本人サイズで造られているため、足に負担がかかりません。デザインもストレートチップや、プレーントゥ、Uチップから入ることができます。

紳士靴の常連さんには、ワンランクアップの紳士靴にチャレンジできます。ジョンロブやトリッカーズです。本当に一生履ける一足になります。

紳士靴は、ふり幅が広いです。ビジネスシーン、冠婚葬祭、カジュアルまで使用できます。

Related