Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月25日

作業靴おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

仕事の現場に欠かせない作業靴は主に建築関係や工事関係で多く使われています。軽量で履きやすいため作業靴としてだけでなく、普段靴としても注目されています。この記事では、おすすめの作業靴や特徴別におすすめの作業靴をご紹介いたします。

作業靴おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

作業靴の種類と選び方

「仕事をするときに履く靴」それが作業靴ですが、もっとも重要なのが機能性です。どんな環境で使うのか、どんな目的で使うのかによって選ぶ作業靴も変わってきます。しかし機能性だけを重視すりと、プライベートで履くようなおしゃれな靴はないと考えていないでしょうか。

しかし、作業靴であっても機能性兼ね備えたおしゃれな作業靴があります。今回はそんなこだわりたい方にどんな作業靴を選んだらいいのか、おすすめの選び方のポイントと、今人気におしゃれなおすすめの作業靴をご紹介いたします。

作業靴の種類

それでは、作業靴にはどんな種類があるのかをご紹介しましょう。作業靴の大きな特徴といえばつま先を保護する先芯が入っている事でしょう。現在は安全面を重視する企業が多く、社内を歩く場合は必ず先芯の入った作業靴を使用する企業がほとんどです。

そしてもっとも重要なのが、JIS規格やJSAA規格に認定証されている作業靴であると言うことです。JISとは「日本工業規格」JSAAは「公益社団法人日本保安用品協会」が定めた規格に認められた作業靴です。正確にはJIS規格の作業靴を「安全靴」JSAA規格の作業靴を「プロテクティブスニーカー」と呼びます。

その大きな違いは素材です。JIS規格の作業靴は革製に限られ、人工皮革のものはJSAA規格の作業靴になります。おしゃれ履きとして使用する靴でも革靴の方が耐久性があるものですが、作業靴でも革を使ったJIS規格の作業靴の方が高い耐久性があります。

作業靴の選び方

では、単純に規格に認定された作業靴を選べばいいのかという考えが浮かんできますが、それでいいというわけではありません。ぜひ、職場環境や作業環境に適した作業靴を選んでいただくことをおすすめします。

電子機器を扱う職場では静電気の発生は避けなければなりません。そういった職場には静電気防止機能がついた作業靴がおすすめです。また油や薬品を扱う職場には、耐油・耐薬タイプの作業靴をおすすめします。他にも耐熱タイプや、釘やガラスなどを踏む危険があるような場合は踏み抜き防止タイプの作業靴もあります。

さらに先芯も一昔前は鉄板の芯が主流でしたが、現在は軽さも兼ね備えた樹脂を使用した先芯が主流になりつつあります。逆に先芯の必要性がない比較的安全な作業場では、先芯のない軽作業靴を選択するのもおすすめです。

このようにどの機能に特化した作業靴が必要かをよく考えて、職場に適した作業靴を選びましょう。

作業靴おすすめ人気ランキングTOP3

作業靴の基本的な選び方がわかってきたら、続いては、おすすめの作業靴のランキングをご紹介します。機能性はもちろんですが、普段でも履きたくなるようなおしゃれなデザイン性のあるおすすめの作業靴もご紹介いたします。

ランキング3位「ディアドラ ドンケル」

DIADORA 安全作業靴 KW-111
DIADORA 安全作業靴 KW-111

¥ 8,640

口コミ

デザイン性・履きやすさ・耐久性はとても気に入ってます。価格はちょっと高目ですが、耐久性が良いのでトータルで考えると安いと思います。

3位のおすすめ作業靴は、イタリアのスポーツブランドの「DIDORA」か展開する安全靴ブランド「ドンケル」です。ベン・ジョンソンのスポンサーになっており、世界記録をだしたことから世界的に有名になりました。テニスやサッカー、野球などスポーツをしている人なら一度は聞いたことがあるブランドでしょう。

機能性はもちろんのこと、一番のおすすめポイントはそのおしゃれなデザインです。サイドのディアドラのマークと、おしゃれな配色がポイントです。

特に人気なのが「KIWI」シリーズです。見た目のカッコ良さだけではなく、耐滑機能の優れた靴底が人気の理由です。滑りやすい職場での使用にもおすすめで、おしゃれに働きたい方にはおすすめの作業靴です。

ランキング2位「タルテックス」

タルテックス 安全靴 スニーカー AZ-51644
タルテックス 安全靴 スニーカー AZ-51644

¥ 3,260

口コミ

軽いし蒸れないし多少の雨にも濡れないし歩きやすいし疲れにくいし素晴らしい!

2位は、タルテックスの作業靴がおすすめです。タルテックスはアメリカの歴史あるブランドです。カジュアルなワークウェアを提供していうブランドですが、おすすめポイントはなんといってもその「安さ」です。デザイン性や機能性どちらも求めるとどうしても高くなってしまいがちな作業靴の中でも、その安さはぐんを抜いています。

デザインも豊富で自分好みの作業靴を選べることはもちろん、女性でも履きやすい軽さも人おすすめの理由の1つです。先芯が入ってる関係上、どうしても重くなってしまいがちな作業靴ですが、普段履きの靴のように快適に着用することもできますので、普段靴としてもおすすめの一足です。

安すぎて安全性は大丈夫か気になるところですが、JIS規格相当の先芯を使用していますので安全面でも安心なのが嬉しいポイントでもあります。

ランキング1位「アシックス」

アシックスワーキング] 安全靴・作業靴 FCP203
アシックスワーキング] 安全靴・作業靴 FCP203

¥ 11,664

口コミ

マジックテープが3箇所あって足をしっかりホールド、クッション性も高く履き心地良し。

そして堂々のおすすめは、1位は誰でも知っているであろうスポーツブランド「アシックス」の作業靴です。アシックスといえばスポーツシューズですので、作業靴があるなんてびっくりですがラインナップもかなりの数があります。

まず人気の秘密はその履きやすさです。もともとアシックスは数あるスポーツブランドの中でも最も日本人の足にあった靴と言われることもあります。そのため長時間作業をしても疲れにくいというのが人気の理由であり、おすすめポイントです。

また耐久性が高く、1年以上使用する人もいます。値段は少し高めですが、長い間使えることを考えればコスパも悪くありません。さらに滑りにくい靴底を採用しているため、機能面でもじゅうぶん満足できるレベルの作業靴です。

一度履いたら違う作業靴は履けなくなるというほどの履きやすさで、女性にもおすすめできることからリピーターも多く、ランキング1位という結果になりました。

特徴・用途別おすすめの作業靴

ランキングでおすすめした作業靴以外にも、色々なシーンに適した特徴をもった作業靴が色々あります。次からは用途別におすすめの作業靴をご紹介します。

防水タイプ

TULTEX(タルテックス) 防水セーフティミドルカットシューズ AZ-56380
TULTEX(タルテックス) 防水セーフティミドルカットシューズ AZ-56380

¥ 7,130

口コミ

10日ほど使用しての感想 ぬかるんだ所での水仕事で全く靴下が濡れずにすみましたので、防水性には問題ありません。

防水性でおすすめなのがランキングでもご紹介したタルテックスの防水作業靴です。透湿性に優れているので、防水でも靴の中の湿気を逃がしてくれるところがこの作業靴のおすすめポイントです。また、ハイカットなので水場でもしっかり水気を防いでくれます。さらにおしゃれなデザインと豊富なカラーバリエーションなところもこの作業靴の良いところです。

安い

自重堂 Z-DRAGON 先芯入り作業靴 スニーカータイプ S3137
自重堂 Z-DRAGON 先芯入り作業靴 スニーカータイプ S3137

¥ 2,257

安い作業靴が欲しいという方には、こちらの作業靴がおすすめです。作業靴は、毎日使うものなので、もちろん安さも重要です。とにかく値段重視で人気なのが自重堂の作業靴です。自重堂といえばスタイリッシュな作業服が人気ですが、作業靴もおすすめです。軽量な樹脂タイプの先芯を採用し、片足340gという軽さで疲れにくいのが特徴です。

また、デザインもシンプルでカジュアルなデザインなうえに、サイズ展開も22cm~30cmと男女問わず使えるのもおすすめポイントです。

ハイカットタイプ

asics working 作業靴 ウィンジョブ42S
asics working 作業靴 ウィンジョブ42S

¥ 10,584

口コミ

一年しっかりもちそうな感じです。 クッション性が良く、とにかく履きやすい! かと言って足元がグラつく事もありません。 一日足の裏が疲れたり痛くなることが無くなりました!

ハイカットでおすすめなのは、ランキングでも登場したアシックスです。メッシュ使いの作業靴で、通気性がよく蒸れにくいのもおすすめポイントです。足首までしっかりホールドしてくれるので疲れにくく、長時間の作業にもおすすめです。

早いものだと数か月で交換時期が来てしまう作業靴もありますが、アシックスの作業靴は1年以上使っても大丈夫なほど丈夫です。1度履いたらなかなか他の作業靴にはもどれないという方も多いほど、履きやすさを重視した作りとなっています。さらに男女問わず使えるスタイリッシュなデザインもおすすめポイントです。

おしゃれ

PUMA[プーマ]安全靴【Airtwist】(プーマセーフティ・スニーカータイプ)《012-Airtwist》
PUMA[プーマ]安全靴【Airtwist】(プーマセーフティ・スニーカータイプ)《012-Airtwist》

¥ 10,584

おしゃれな作業靴が欲しいという方には、こちらのPUMAから発売されている作業靴がおすすめです。こちらの作業靴は、スポーツメーカとして知らない人はいないプーマから発売されたおしゃれな一足となっています。

まずプーマのロゴが入っている時点で、作業靴とは思えません。色もビビットな配色で、作業着もおしゃれに着こなせること間違いなしです。もちろん、作業靴としてだけでなくファッションスニーカーとして履いてファッションに取り入れてみるのもおすすめです。

防寒用

  [ミドリ安全] 作業靴 スニーカー MPS155さい
[ミドリ安全] 作業靴 スニーカー MPS155さい

¥ 11,664

口コミ

デザイン(見た目)は写真通りいい感じです、靴底も厚く少々の水溜りは気を使うことも無く普通に歩く事も、作業することも出来ています、

寒い現場で仕事をする時には足元の防寒もかかせません。そんな防寒ができるおすすめの作業靴は、こちらのミドリ安全から発売されている作業靴です。ミドリ安全といえば作業靴の老舗で、その品質は多くの人から評価されており、間違いない品質をほこります。

また、こちらの作業靴は、寒冷地用と開発されているので、防寒用としてはスペックがとても高く、おすすめです。通常よりしっかりとした厚みがあり、すこし大きく感じる方もいらっしゃいますが、ソールも雪がつまりにくくすべりにくい構造になっています。

さらに、先芯は足が冷えないように樹脂をさいようしており、冬の冷たさが伝わりにくくなっています。デザインもシンプルで、履きやすく使う人を選ばないのもおすすめポイントです。

メンズ・レディース別おすすめの作業靴

続いては、メンズとレディース別におすすめの作業靴をご紹介いたします。メンズ向けのモデルでも、レディースとして履きやすい作業靴もあります。もちろん、レディース専用に作られた作業靴もありますので、チェックしてみましょう。作業靴のデザインや色などを重視して選ぶ場合は、ぜひ参考にしてみてください。

メンズにおすすめの作業靴

[アシックス] 安全靴 作業靴 ウィンジョブ
[アシックス] 安全靴 作業靴 ウィンジョブ

¥ 10,260

口コミ

履き心地は運動靴と全く変わりません。足先にガードが付いている事を感じません。 軽くて蒸れません。

メンズにおすすめの作業靴は、アシックスから発売されているウィンジョブシリーズがおすすめです。ウィンジョブシリーズは、通気性が良く軽い上に足先にはプロテクトが付いています。このプロテクトも気にならないほどで、作業靴としての使い勝手はバツグンです。もちろん、作業靴としてだけでなく、普段靴としての使用もおすすめです。

また、カラーバリエーションも9種類と豊富でおしゃれな作業靴が欲しいという方や機能性も重視したいという方にはおすすめの一足といえるでしょう。

レディースにおすすめの作業靴

[ミドリ安全] JSAA認定 プロスニーカー ワーク女子力
[ミドリ安全] JSAA認定 プロスニーカー ワーク女子力

¥ 9,504

口コミ

普通のスニーカーのような可愛いデザインなので、履いていて違和感を感じません。 そのうえ両足で660g程と、とても軽いです。

レディースにおすすめの作業靴は、ミドリ安全から発売されているプロスニーカーワーク女子力がおすすめです。女性でも履きやすいシンプルなデザインの作業靴としても人気のある一足です。シンプルで履きやすいデザインとしてはもちろんですが、軽量かつ滑りにくいなど機能性もしっかりと優れているのが特徴です。

カラーバリエーションはネイビーとベージュとブラックの3色の展開です。色数は少ないですが、どの色も合わせやすいカラーなのがこの作業靴のおすすめポイントです。単に作業靴だけでなく、普段靴としてもおすすめの一足です。

色別おすすめの作業靴

作業靴を選ぶ上でどの部分を重要視するかは人それぞれです。お気に入りの一足を見つけるにはカラーで選ぶという方もいらっしゃるのではないでしょうか。この項目では、色別でおすすめの作業靴をご紹介いたします。

黒でおすすめ

[ミドリ安全] 作業靴 耐滑 スニーカー H711N
[ミドリ安全] 作業靴 耐滑 スニーカー H711N

¥ 5,832

口コミ

オフィス内で、スリッパ替わりに履いています。履き替えるニューバランスには、履き心地の点で及びませんが、ランニングするわけではないので、これで十分です。

黒でおすすめの作業靴は、ミドリ安全の耐滑作業靴がおすすめです。シンプルなデザインで履きやすく、どんな作業服にも合わせやすいです。滑りにくい加工がしてありますので、滑りやすい現場で活躍してくれます。

青でおすすめ

asics[アシックス]安全靴【ウィンジョブCP201】
asics[アシックス]安全靴【ウィンジョブCP201】

¥ 7,619

青でおすすめの作業靴は、アシックスから発売されているこちらの一足です。ネイビーとブルーを基調としたベースカラーにホワイトがアクセントカラーとなっていて、ファッションとして履いても合わせやすい一足でしょう。

おすすめの作業靴のメーカー・ブランド3つ

作業靴はブランドで選びたいという方も中にはいらっしゃるでしょう。この項目では、おすすめの作業靴ブランドとそのメーカー3つを特徴とともにご紹介いたします。どんな作業靴を選んだらいいのか分からないという方は、ブランドの信頼性で選ぶという方法でもいいでしょう。

アシックス

[アシックスワーキング] 安全靴 作業靴 ウィンジョブ
[アシックスワーキング] 安全靴 作業靴 ウィンジョブ

¥ 10,584

口コミ

期待道理の履きごごちです、作りががっちりしてますんでもう少し履き込めばもっと足に馴染むんじゃあないかと期待してます。

アシックスはスポーツシューズやスポーツウェアなどを販売する日本の大手シューズメーカーです。作業靴は、アシックスワーキングというブランドで展開しています。アシックスの作業靴は、軽量かつ疲れにくい設計でスタイリッシュなデザインが人気です。

作業靴らしい革靴のラインナップもありますが、スニーカーに見えるおしゃれな作業靴のラインナップも多くそろっています。価格は1万円からと少々高めではありますが、耐久性の高い安定した品質を求める方には、おすすめの作業靴ブランドです。

ミドリ安全

[ミドリ安全] 耐滑 ローファータイプ ハイグリップ H230D
[ミドリ安全] 耐滑 ローファータイプ ハイグリップ H230D

¥ 5,616

口コミ

安いスニーカーはちょうどいい時期が短いですが、この靴はなじんだ後いい感じの履き心地が長続きします。超おススメです。

ミドリ安全は、産業用安全衛生保護具や環境改善機器など安全衛生に関係するアイテムを開発・販売する日本のメーカーです。ワーキング用品の系のメーカーとしては国内トップシェアとしても有名です。

ミドリ安全の作業靴は、上記の革靴ローファータイプやスニーカータイプ、長靴タイプなどさまざまなラインナップが用意されています。軽量かつ履きやすい機能性はもちろんのこと、プロスニーカーワーク女子力というレディース向けのラインナップも充実しています。

価格は全体的に1万円以下であることが多く、安くて手が届きやすいのもこのメーカーの魅力といえるでしょう。

タルテックス

アイトス 51636_010 27cm TULTEX タルテックス
アイトス 51636_010 27cm TULTEX タルテックス

¥ 10,260

口コミ

他にジーベック製の安全靴も使用していますが、こちらの方が軽く、見た目の通り通気性も良いです。冬場は厳しいかもしれません。

タルテックスは、アメリカ生まれのアウトドア用品などを販売する海外ブランドです。主にボディアイテムが代表的で上質なコットン100%のTシャツなどを発売しています。日本では、アイトスという企業を通して日本国内で流通しています。

タルテックスの作業靴は、機能的でデザインがスタイリッシュなのが特徴です。上記のような通気性が高い作業靴が人気です。カラーもイエローやブラックとレッド、オレンジなど明るくファッション性の高いカラーがそろっています。価格はアシックスと同じく1万円台です。こだわりの一足を選びたいという方におすすめのブランドです。

作業靴の履き方・洗い方

作業靴を手に入れたら、履き方やお手入れの方法も覚えておくと便利です。ここからは、作業靴の履き方の基本から作業靴の洗い方についてご紹介いたします。定期的にお手入れをして長く使ってみましょう。

仕事場に合わせた改造をすると履きやすい

疲れにくい作業靴というのは多くありますが、疲れにくい作業靴を履いたからといって多くの仕事が疲れにくくなるという保証は難しいでしょう。しかし、仕事の現場に合わせた改造を行うことによってその仕事場に合わせた作業靴の履き方が変わります。

そのテクニックが肉抜きです。肉抜きとは靴底の不要な部分を削って使いやすくする方法です。靴底の肉抜きは主に建築関係の現場で多く活用されています。肉抜きは少し面倒な方法ではありますが、しっかりと不要な部分を削ることによって、履きやすい作業靴へと進化してくれるのが大きなメリットです。

作業靴の洗い方

作業靴を長く使いたいのであれば、お手入れはしっかりとしておきましょう。ここでは合皮かもしくは本革で作られた作業靴の洗い方についてご紹介いたします。合皮や本革は通常の革靴と同じく、水洗いができないのが特徴です。

靴クリームを使ったお手入れ

『靴用ブラシ(柔らかい布)』『靴用クリーム』『柔らかい布』の3つです。この用意する物は、通常の革靴と同じお手入れに必要な物です。靴用ブラシがない場合は、柔らかい布であればなんでも良いので、布でも代用が可能です。

まずは、作業靴に付いているホコリや汚れをブラシか布で拭き取りましょう。拭き取ったら、布に靴用クリームを使用量分付けます。付けたら表面を磨いていきましょう。この時に注意したいのが、靴底部分にクリームがつかないように気をつけるのがポイントです。なぜなら、靴底に付いてしまったクリームが滑る原因となるからです。

臭い対策は消臭スプレーで

作業靴は履き続けているとムレによって臭いが発生してしまいます。特に履く時に臭いがひどくて困ったことはないでしょうか。その場合は、消臭スプレーで対策をするといいでしょう。作業靴は革靴が多いため、どうしても丸洗いは厳禁となっています。

また、中敷きを使用することによって靴の底に汗がいかないので、中敷きを使用するのも1つの方法です。消臭効果のある中敷きを使用するといいでしょう。

お気に入りの作業靴を履いて仕事を楽しく!

いかがでしたでしょうか。今回は、おすすめの作業靴を多数ご紹介いたしました。しかし、作業靴は、実際に履いてみないと分からないことも多いです。

もちろん、インターネットの通販で買うこともできますが、気になる作業靴があれば、いくつかピックアップをして実際に靴屋へ足を運んで納得のいく履きごこちの良い靴が見つかるまで探すことをおすすめします。ぜひ、お気に入りの一足を見つけて、仕事を快適にできる作業靴を見つけてみてはいかがでしょうか。

Related