Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月04日

アシックスの卓球シューズおすすめ人気ランキングTOP3

アシックスの卓球シューズを買いに行こうと思っても、たくさんの種類がありすぎてどれが一番おすすめかわからないという方に、今回は、アシックスの卓球シューズのうち、おすすめする種類や特徴、人気なシューズTOP3をランキングで紹介します。

アシックスの卓球シューズおすすめ人気ランキングTOP3

アシックスの卓球シューズの種類と選び方

アシックスの卓球シューズおすすめ人気ランキングTOP3

最近は、卓球もとても人気のおすすめスポーツです。 身近なスポーツに見えるのですが、簡単に誰でも卓球はできると考えるのは大きな間違いです。

おすすめの卓球は、攻撃と守備の切り替えが非常に速いスポーツとして知られています。まず、みなさんが、しっかりと卓球と向きあうためにシューズにも注目する必要があります。まずは、おすすめのアシックスの卓球シューズを紹介します。

おすすめアシックスの卓球シューズの種類

卓球を上達させたいと考えるのなら、オススメの卓球シューズであったとしても、しっかり向きあうことがおすすめです。

おすすめのシューズが自分に合っていないと、次への行動が遅れてしまったり、さらに体勢を崩してしまうので、ケガをしてしまうリスクが上がってしまうことでしょう。

ケガなくスポーツをするためにも、卓球シューズの選択は大きなポイントです。アシックスのおすすめ卓球シューズにもいろいろな種類がありますので、そのなかでみなさんに一番フィットしたものを選択するようにしましょう。

おすすめアシックスの卓球シューズの選び方

どのようにおすすめのアシックス卓球シューズを選べばいいのでしょうか。まずは、サイズです。

おすすめの卓球シューズでも、サイズが合っていないと充分プレイと向きあうことができないのは、普段私達が履いているシューズと同じです。一般的には、自分の足の大きさよりプラスマイナス0.5のサイズを選ぶのがいいとされています。

卓球はラリーになる可能性も非常に高いスポーツです。非常に機敏に身体を動かす必要があり、ラリー中にバランスが崩してしまうことで、守備も攻撃も弱くなってしまうので、特に安全性の高い卓球シューズを選択するのがおすすめです。

反発性

そしておすすめアシックスの卓球シューズに大事なのは、反発性です。速いラリーに勝つためには、一歩目の踏み出しがどれだけ大事なのか多くの人たちが理解していることでしょう。そのようなシーンに、しっかりとした卓球シューズが足の動きを受け止めるためにも、反発性が選択の決め手です。

かつ、みなさんが、おすすめの卓球シューズを決める時、ただ見た目でこれがいいという選択をしないように注意してください。結構ショップに行けば、どうしてもそのような買い方をしてしまうのではないでしょうか。

もちろん、おすすめアシックス卓球シューズは、履き、確認して購入しなければなりません。デザイン性も大事ですが、もっとおすすめの選択ポイントが卓球シューズにはあります。

寿命

ハードなスポーツに対しては、シューズの寿命についてもあらかじめ考えておく必要があります。もちろん、アシックス卓球シューズの寿命は、練習の頻度でも左右されてしまうでしょう。

おおむね、毎日2~3時間あたり練習するのなら、約1年あたりが寿命です。 趣味で週一回楽しむ程度であれば、数年は寿命はもつでしょう。

アシックスとは

卓球シューズとしておすすめメーカーは、アシックス・asicsです。アシックスの名の由来は、1949年に創業者の故・鬼塚喜八郎氏が、スポーツを通じ青少年たちを健全育成することを願ってスポーツシューズの企業を神戸に創業したことからスタートします。

紀元2世紀、ローマの風刺作家であるユベナリスの「もしも神様に祈るなら、健全な身体に健全な精神があれかしと祈るべきだ」との名句である「Anima Sana In Corpore Sano」と、創業の精神を基にして、この言葉の頭文字をとって社名としたと言われています。

最初に高いハードルを超えることができれば、その後のハードルも超えられるという考えに基づいて、当時スポーツシューズ製造においては最も難しいと言われていたバスケットボールシューズを一番最初に作りました。

アシックスのスポーツシューズ

土踏まずにトラの顔がデザイン化され、後「オニツカタイガー」の商標の基本となったアイテムでした。

アシックス・asicsは、バレーボール、軟式テニス、登山、ソフトボール、ダンスなどさまざまなジャンルのシューズにもトライしており、最近では、 ウォーキングシューズも人気ですが、卓球シューズとしても多くの人たちが、アシックスに注目しています。

アシックスの卓球シューズおすすめ人気ランキング

アシックスの卓球シューズおすすめ人気ランキングTOP3

みなさんにおすすめするのは、卓球シューズはアシックス・asicsです。アシックス卓球シューズにもいろいろ種類があり、なにを購入していいか迷うことがありますので、どのようなアシックス卓球シューズが売れているのか少しだけお話ししましょう。

ランキング3位:「vu」

[アシックス] asics 卓球シューズ アタックVU 2
[アシックス] asics 卓球シューズ アタックVU 2

¥ 7,020

口コミ

商品到着もはやくて、満足しています。大きめを買ったので少々大きかったのですが…想像通りの商品でした

ランキング3位のおすすめのアシックス卓球シューズは、アタックVU 2です。 このように人気のおすすめアシックス卓球シューズを購入すれば、すぐに卓球を上達させることができるのではないでしょうか。

ランキング2位:ハイパービート

[アシックス] 卓球シューズ アタック HYPERBEAT SP 2 (現行モデル)
[アシックス] 卓球シューズ アタック HYPERBEAT SP 2 (現行モデル)

¥ 8,100

口コミ

ミズノの卓球シューズ23.5cmを履いてみたら小さすぎたのでアシックスにしてみました。 念のため24.0cmにしたので幅はちょうどよかったです(ちょっと長さが長い感じでしたが)。

アシックスの卓球シューズでは、ハイパービートがいいとおすすめする人たちも多いです。ハイパービートで特におすすめは、アタック HYPERBEAT SP 2 です。

ランキング1位:EXCOUNTER

[アシックス] 卓球シューズ EXCOUNTER (現行モデル)
[アシックス] 卓球シューズ EXCOUNTER (現行モデル)

¥ 10,800

口コミ

子供用に買いました。 サイズもぴったりで喜んでおりました。 実店舗では見つからず高い物だったので買えて良かったです。

そしてランキングNO.1は、EXCOUNTERです。EXCOUNTERは人気度も抜群です。とにかく、グリップ性能が良いシューズです。卓球シューズで、こうも違うのかということを、このようなシューズを履けばまさに実感できるでしょう。

卓球台から離れず、前陣に張り付き、スピーディーなステップワークが求められるピッチとスピードで攻める前陣速攻型のプレイのスタイルに対応したモデルです。この程度の卓球シューズを履けば、得意のドライブ連打が生きてくるでしょう。

マルチコンタクトエッジ

EXCOUNTERには、マルチコンタクトエッジというものが搭載されていて、エッジ部分が面でコートをつかんで優れたグリップ性を発揮させることができます。

アウターソールの母趾球部中心の意匠がグリップ力を高めてくれています。

特徴・用途別おすすめのアシックスの卓球シューズ

アシックスの卓球シューズおすすめ人気ランキングTOP3

どのようなシーンで、どのようなアシックス卓球シューズが求められているのでしょうか。しっかりチェックしてみましょう。

幅広

[アシックス] 卓球シューズ アタックDUALYTE TPA331 (現行モデル)
[アシックス] 卓球シューズ アタックDUALYTE TPA331 (現行モデル)

¥ 11,880

口コミ

娘が使用しているのですが満足の一足です。靴のおかげか県大会ベスト8でした

アタックDUALYTEなど、とても人気のあるおすすめのアシックス卓球シューズです。クッション性と安定性を重視して、マルチコンタクトエッジを採用しています。あの、石川佳純選手が、アシックスにリクエストしたのは「足に優しく、勝てる靴」ということです。素材にはなるべく軽量なものを使い、軽さを追求しています。

グリップにもこだわり、横ブレを防止する仕組みになっています。足にフィットして動きやすいと好評です。

インソール

[アシックス] 中敷 テニス SRB 中敷 TIZ302
[アシックス] 中敷 テニス SRB 中敷 TIZ302

¥ 1,296

口コミ

しっくりフィットします。特に土踏まずのところがいい感じです。

卓球に上達したいのなら、卓球シューズだけでなく、インソールにも注目する必要があります。SRB 中敷 TIZ302は、テニス用ですが、卓球シューズのインソールとしても充分活躍することができます。

バスケ・バレーボール用を使う人たちもいます。そこは自分の得意とする戦型を考えて購入するといいでしょう。

おすすめのアシックスの卓球シューズの中敷き

アシックスの卓球シューズおすすめ人気ランキングTOP3

アシックスの卓球シューズに注目するのもおすすめですが、インソールに注目することも大事です。

足回りの環境でベストを目指していかなければなりません。ビルを建てるときでも基礎・土台がしっかりしていなければ、故障箇所があとあと頻繁に出てしまう原理と同じです。

しかし、インソールといえば、外から見えない場所なので、それほど重視していないという人たちがあまりにも多いのではないでしょうか。

卓球でのインソールの役割

卓球に向きあっている時こそ、よりフィットしたインソールが求められています。卓球は、まさに、走って止まって反復横跳びから重心移動して、クイックな動きをするスポーツです。

足が中で擦れて負担が大きくなってしまうことを、インソールがしっかり守ってくれることでしょう。ハードに卓球などのスポーツをすれば、買って半年足らずで中敷きに穴があいてしまうことも稀ではありません。

プロフェッショナルだから、そのような事態になってしまうわけではなく、普通の人たちが卓球をしているレベルでも、中敷のすり減りは起こり得ます。プレーを安定させるだけでなく、シューズを長持ちさせるためにもインソールを導入することがおすすめです。

安全

もちろん、安全性をしっかりキープしてくれるのも、このようなインソールの存在であり、しっかりインソールと向きあっていないと、万年、親指周辺の皮がむけてしまうほどです。

中敷きは靴よりも先に駄目になってしまうこともよくありの、靴のクッションプラス中敷きのクッションでしっかり足の衝撃を緩和させてあげる必要があります。靴に備え付けのものを外して、アシックスのテニス用インソールをつけるという人たちもいます。

サイズ調整が可能

インソール自体はS/M/Lという感じの、おおざっぱなサイズしかないケースがほとんどですが、しっかり切って自分自身のサイズに合わせて使用することができます。

おすすめの卓球シューズのメーカー

アシックスの卓球シューズおすすめ人気ランキングTOP3

みなさんは、どのようなメーカーの卓球シューズを求めているのでしょうか。やはり、決め手はブランドと言う人たちもいます。

信用のできるブランドを選択するその判断も間違いということではありません。

アシックス

     asics(アシックス) [アシックス] 卓球シューズ EXCOUNTER (現行モデル)
asics(アシックス) [アシックス] 卓球シューズ EXCOUNTER (現行モデル)

¥ 10,800

口コミ

中学生の子供が履いています。 以前はミズノの初心者用を履いていたのですが、フットワーク練習を毎日やっていたら一か月で踵のグリップがなくなってしまいました。

やはり、アシックスの卓球シューズがいいという人たちが多いです。おすすめされたアシックスの卓球シューズを購入すれば、卓球が上達したような気持ちも体現できます。

アシックス・asicsの卓球シューズには、二つの特徴があると言われています。ひとつはクッション性です。卓球はプレー中に足を止めることはほとんどないでしょう。人間の体は本来、左右に素早く動きにくい構造をしていると考えることができます。前に踏み込むよりも、左右に踏み込む方がかなり難しいです。

左右に素早く動いてみると、初心者の方は特に普段経験しない負担が足にかかってしまうことを、大いに実感することでしょう。

てすから、アシックス・asicsの卓球シューズで、足をしっかりサポートすることをおすすめします。

はじめての人にもおすすめ

アシックスの卓球シューズは、固いコートに強く踏み込んだ時にかかる筋肉の負担を和らげてくれて、軽いフットワークで次の動作への移行をスムーズにしてくれます。はじめての卓球という人たちこそ、卓球シューズに拘りを持つと良いでしょう。

グリップ

クッション性ばかりが豊かだとしても、シューズの底が柔らかすぎてしまえば、深く沈みこんでしまって、次の動作になかなか移れません。 スピーディーな動きには、コートをしっかりとつかむグリップ性がとても大切なポイントです。

一般的なスポーツシューズとおすすめのアシックス卓球シューズを比較してみれば、その違いに驚くことでしょう。それは、アシックス卓球シューズが、アシックスの技術を駆使してグリップ性に優れていておすすめできるからです。

ミズノ

[ミズノ] 卓球シューズ ウエーブメダル Z 81GA1710
[ミズノ] 卓球シューズ ウエーブメダル Z 81GA1710

¥ 14,040

口コミ

そうは言いましても、ミズノの靴は、本当に滑らないので、安心できます。 デザインもかっこいいのです。

ミズノも多くの選手たちが注目している卓球シューズを作っているメーカーです。この卓球シューズは素足に近い軽量感をコンセプトに作られた卓球シューズです。

「ウエーブメダル Z 81GA1710」は、足の裏の中央部に溝があり、この溝により一歩目の踏み出しを強力にすることができます。

まさに、いま真剣に大会で卓球と向きあっている人たちには、このようなシューズがおすすめです。

ニッタク

ニッタク 卓球シューズ HOPE ACT ホープアクト ライム NS4430 47い
ニッタク 卓球シューズ HOPE ACT ホープアクト ライム NS4430 47い

¥ 6,264

口コミ

見た目通りで、とても、はきやすいしうごきやすく、大変 色が気に入りました。

ニッタク HOPE ACT ホープアクトは耐摩擦性に優れ、合成皮革、通気性に優れているメッシュを使用したアッパーで目立つ黄色のシューズです。

アシックスの卓球シューズの使い方・活用方法

アシックスの卓球シューズおすすめ人気ランキングTOP3

まだまだ、おすすめアシックスの卓球シューズにアピールしたいポイントがあります。アシックスのαGELは、シューズのクッション性を高め、足に伝わる衝撃を緩和するゲル状の素材です。アシックスの卓球シューズは、このようなものに対しても、深い拘りを持っています。

完全なる卓球シューズを作るために妥協などあるはずはありません。アシックスのαGELは、パソコンの衝撃吸収材としても使われる、シリコーンを主原料とする素材を使用しています。そして卓球シューズのかかとや踏みつけ部分など、比較的衝撃が強く加わる場所に、効果的に使用されています。

とにかく卓球では、日常の動作とは異なる、左右前への強い踏み込みに耐えうるシューズ作りをしていかなければなりません。

はじめての人たちも、αGELの機能をしっかりそなえたシューズがいいでしょう。足への負担やフットワークの違いは履いてすぐにわかるはずです。

NCラバー

そして、おすすめのアシックス卓球シューズで、さらに注目したいポイントは、NCラバーです。NCラバーはアシックスの卓球シューズの滑りにくさと寿命に関与しているとても優れたラバーです。卓球シューズに求められているグリップ性は、アウトソールのラバーの質で決定されると考えていいでしょう。

合成ゴムと比較すれば、天然ゴムは粘りが強く、コートに密着するようにして滑ることを防いでくれるでしょうけど、消耗が激しいのですぐに駄目になってしまいます。そのような意味では、シューズが駄目にならないように、卓球にそれほど深く入り込むことができない可能性もあります。

もちろん、おすすめのアシックス卓球シューズを購入したからには、できるだけ長く履き続けたいでしょう。

NCラバーのアウトソール

卓球シューズの寿命はアウトソールでも決まります。アウトソールが磨り減り、卓球シューズをまた購入しなければならないと考えている人たちが多くいます。

そこで、天然ゴムに耐摩耗性に優れる合成ゴムを独自にブレンドしたNCラバーが誕生することになります。おすすめのNCラバーは、天然ゴムの粘りをそなえながらも、合成ゴムの耐久性をもち卓球シューズの寿命を延ばすことができる素材です。

アシックスの楽しみ方

みなさんにおすすめしている卓球シューズは、やはりアシックスです。さまざまなアシックス卓球シューズの魅力を追求してください。

おすすめのアシックスアタックSP3はオールランド向きの卓球シューズとして開発されました。はじめてという人たちも、しっかりシューズに拘りを持ち、このようなシューズを選択するといいでしょう。

おすすめしているアタックSP3は、かかと部分のジェル素材やアシックスの技術であるツーデンシティミッドソールを採用しています。クッション機能に重点を置いた卓球シューズです。アタックHYPERBEAT SP2も、はじめての人たち向けの卓球シューズです。

おすすめポイント

アタックHYPERBEAT SP2は、アシックスの新素材ソライトを使用している点がおすすめするポイントです。 アシックスがこれまで数々のシューズのアウトソールに採用してきた高硬度E.V.A. を改良したものであり、普通のスポンジの素材より軽い上にクッション性を持っています。

激しい動きをするパワー型のプレーヤーのためには、アシックスのアタックBLADELYTE 3のようなアイテムがおすすめです。 この卓球シューズは、卓球の特徴である左右の激しい動きの中でもシューズが滑らないよう、かかと部分にはクイックカウンターを搭載しています。

おすすめの卓球シューズとの向きあい方

アシックスの卓球シューズおすすめ人気ランキングTOP3

いかがでしょうか。はじめての人たちは、おすすめのシューズ以上に、身体を磨けという気持ちを持っているのではないでしょうか。しかし、パフォーマンスを向上させるためにはシューズ選びも重要です。

はじめての人たちだからこそ、おすすめのアシックスの卓球シューズに注目して、機能性を重視する必要があります。アシックス卓球シューズを履いて、腕を磨き、怪我しない状態を保つことがおすすめです。

Related