Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月25日

レインパンプスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

雨の日に大活躍するおすすめアイテム、レインパンプスについて紹介しています。レインパンプスのタイプや特徴、選ぶときのチェックポイント、人気ブランド、おすすめコーディネートといった角度から、詳しく解説。レインパンプスについての理解が深まる内容です。

レインパンプスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

おすすめ!雨の日の味方、レインパンプス

レインパンプスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

雨の日の通勤、お出かけ、あなたは何を履きますか。レインシューズの代表格、レインブーツにも、昨今はいろんなデザインのものが出ていますが、ムレや密閉感が気になったり、コーディネートが限定されたり。はたまた、履いてはきたものの、そうこうするうち雨は上がって晴れ間になり、暑苦しく感じてしまったりします。

こんなお悩みとさよならしたいなら、レインパンプスがおすすめです。防水性がありながら、着脱も簡単、デザインも豊富なので、雨の日もいつものおしゃれが楽しめます。

バリエーション豊富!レインパンプスのタイプ

雨の日にぜひおすすめのレインパンプスですが、その強みはなんといっても豊富なデザインです。ひとめには雨の日仕様とは思えないデザインがいろいろと揃っています。代表的なタイプを見ていきましょう。

プレーンタイプ

一番ベーシックなタイプのレインパンプスです。マットなテクスチャーで、装飾もなくシンプルなデザインなので、場所や場面を選ばず、仕事でも履ける一足としておすすめです。

モチーフ付き

耐水性のある素材のリボンやバックルなど、モチーフがポイントになっているレインパンプスです。足元にワンポイントを持ってくることで、華やかさが加わルノで、シンプルなコーディネートに何かプラスアルファしたい時におすすめです。

メリージェーン

ストラップ付きのメリージェーンタイプは、フェミニンな印象に仕上げたい時におすすめです。レインパンプスとは思わせないデザインで、雨の日のコーディネートの幅を広げてくれます。

エナメルタイプ

コーディネートをクラスアップさせてくれるエナメル素材のレインパンプスもおすすめです。シックな色味を選べばよりエレガントに、ビビッドなカラーを選べばポップな印象になります。パッと目を引くレインパンプスをセレクト、雨の日だって気分があがります。

バレリーナタイプ

スイートなバレリーナシューズのレインパンプスは、憂鬱なお天気の日も、いつものコーディネートにさらっと取り入れやすくおすすめです。長く歩いても疲れにくいフラットヒールのバレリーナシューズなら、雨が上がった後、がんがん履き続けても大丈夫です。

ブーティタイプ

ブーティのタイプのレインパンプスなら、甲の部分もカバーされているのでより安心感があり、水はねが心配な雨の時におすすめです。ショートブーツとは一線を画するブーティ、足首までは届かない絶妙の丈がセクシーでスタイリッシュです。スカートともパンツとも相性がよく、オフィスにも向いています。

レインパンプス、選ぶときはここをチェック!

機能面でもおすすめ、そしてデザインの幅も広いので、あれこれ選ぶのが楽しいレインパンプスですが、普通の靴とは違うチェエックポイントがありますので、ここでみていきましょう。

素材

レインパンプスの素材といえば、ラバー素材・PVC(ポリ塩化ビニル)素材、そして合成皮革があげられます。

ラバー素材は、天然ゴムと合成ゴムにわけられます。天然ゴムは、白っぽくなってしまうため、こまめなケアが必要ですが、フィット感や履き心地の良さが魅力です。合成ゴムは、天然ゴム同様防水性が高いですが、お手入れはより簡単です。

PVC素材は傷や汚れがつきにくく、ラバー素材に比べ軽いのが特徴です。合成皮革素材は、布地に塩化ビニールやポリウレタンといった合成樹脂を塗布し加工を施したもので、水をはじき、汚れも付きにくくなっています。ただ、防水性は低めです。

防水

レインパンプスは、防水加工を施したタイプと完全防水のタイプとに分けられます。

防水加工したタイプは、素材への撥水加工だけではなく、縫い合わせの箇所や中底の部分に防水テープや防水シートを使用し、水の侵入をシャットアウトする加工も施されています。デザインのバリエーションが豊富です。

完全に防水したい場合や長時間雨の中で履くことを考えると、ラバー素材・PVC素材の完全防水タイプがおすすめ、足元を雨からしっかり守ってくれます。

防滑

雨の日、うっかり滑りそうになったことはありませんか。濡れた舗装路やマンホールなどの鉄板の上は、とても滑りやすく危険です。グリップ力のある防滑機能付きのレインパンプスなら安心で、おすすめです。

歩きやすさ

レインパンプスの良さは、そのデザイン性から、雨以外の日にも履ける点。だからこそ、歩きやすい疲れないものを選ぶことをおすすめします。フィット感やヒールが自分にあっているか、中敷のクッション性も優れているかなど、チェックしましょう。

レインパンプス、おすすめの人気ランキングTOP3

ブランドやバリエーションが増え、レインパンプスも選べる時代になりました。ここでは、みんなの支持を集める人気ブランドを紹介します。

3位:「レペット」

レペット サンドリオン PVC
レペット サンドリオン PVC

¥ 22,680

レペットは、パリのオペラ座近くでダンスシューズブランドとしてスタートしました。今ではタウンシューズやバッグなども手掛けるようになり、世界的に人気を集めています。おすすめ定番モデルの“サンドリオン”は、PVC素材でも展開しています。レペットのバレリーナのレインパンプスがあれば、雨の日も待ち遠しくなりそうです。

2位:「オリエンタルトラフィック」

オリエンタルトラフィック オペラリボンレインパンプス
オリエンタルトラフィック オペラリボンレインパンプス

¥ 3,900

遊び心のあるデザインを手ごろなプライスで提案するシューズブランド、オリエンタルトラフィック。リボンまでエナメルで統一したレインパンプスは、リボンモチーフの形も甘すぎず、エナメルの質感が上品なので大人ガーリーな印象です。フラットヒールで履き心地も柔らかく、歩きやすいのでおすすめです。

1位:「マルイ/ ヴェリココ」

ヴェリココ ラクチンきれいパンプス 晴雨兼用プレーンパンプス
ヴェリココ ラクチンきれいパンプス 晴雨兼用プレーンパンプス

¥ 8,900

ヴェリココの「ラクチンきれいパンプス」は、マルイが顧客と共に開発したオリジナルシューズブランドです。このラインから登場したレインパンプスは、靴の内側に施された防水テープにより水の浸入を防ぎ、雨の日にも対応します。滑りにくい底材、やわらかなソールやクッション中敷と、ディテールにリアルな意見が反映されていて、履きやすさ抜群のおすすめの一足です。

ポイント別のおすすめレインパンプス

ここでは、特徴ごとにレインパンプスを見ていきましょう。

ヒール

雨の日の履くレインパンプスだからこそ、より歩きやすさを重視したい。ヒールは歩きやすさを左右するポイント一つ、自分に合っているか、試着した時にしっかりチェックしましょう。

ビューフォート/ レインシューズ 5.5㎝ヒール

ビューフォート レインシューズ 5.5㎝ヒール
ビューフォート レインシューズ 5.5㎝ヒール

¥ 9,180

神戸発のビューフォートは、機能性とデザイン性を追求するシューズブランドです。低めのヒールを選んでしまいがちな雨の日ですが、こちらのレインパンプスは5.5cmヒールです。接地面積が広い太めのヒールになっているので、抜群の安定感で、高すぎず低すぎない絶妙なバランスは、スタイルアップ効果を期待できます。

また、クッション性のある中敷が体圧を分散し、歩行時のストレスを軽減、ライニングには生地を使用しているので足あたりもソフトです。歩きやすさもおすすめのポイントです。

ストラップ

ストラップは、ルックスにアクセントを加えてくれるだけでなく、歩きやすさもサポートしてくれるのでおすすめです。

ジェリービーンズ/ レインシューズ

ジェリービーンズ レインシューズ
ジェリービーンズ レインシューズ

¥ 4,471

口コミ

色もデザインも気に入りました。長時間履いていても疲れなくとても良いです。

トレンドを押さえたシューズを嬉しいプライスで提案するジェリービーンズ。ストラップに加え、同色でまとめたカラー、エナメル切り替えなど、フェミニンなポイント満載です。本体裏に使用されたメッシュ素材は速乾性があり、雨の日でも快適です。

中敷き下のクッションが、土踏まずのアーチをしっかりサポートしてくれ、フィット感も抜群です。また、屈曲性に優れたモールドソールのおかげで滑りにくく、雨の日も安心して歩けます。晴れの日もおすすめの一足です。

痛くない

長く履いていも痛くない、足入れがスムーズ、といったポイントは、レインパンプスを選ぶ時に要チェックです。

アトリエブルージュ/ レインシューズ バレエ リボン

アトリエブルージュ レインシューズ バレエ リボン
アトリエブルージュ レインシューズ バレエ リボン

¥ 8,532

口コミ

履き心地良かったです。足のサイズ24.5で、39を注文しました。雨の日の子供の送り迎えに重宝しています。

素材やクオリティにこだわりながら、デイリーユースなシューズを提案するアトリエブルージュ。完全防水の日本製バレリーナシューズは、甲部分に使用している素材が柔らかく、ソールも返りが良いので歩きやすさは抜群です。フィット感に優れており、指に当たるところもなく快適で、フラットヒールの安定感のおかげで疲れにく、履き心地もソフトです。

素足部分が大きく見える甲浅カットなので、すっきりとした印象を与えてくれます。バレリーナシューズにありがちな、足の抜けやすさがないのも嬉しい。軽量なので、携帯用のレインシューズとしてもおすすめです。

大きめサイズ

足の甲の幅でシューズ選びに苦労する人も多いのではないでしょうか?靴の幅だけでなく、素材も確認しながら選びましょう。

アサヒトップドライ レインパンプス
アサヒトップドライ レインパンプス

¥ 16,200

口コミ

スーツに合うレインシューズを探していたところ、丁度良いのに出会いました。足入れし易く、歩き易いです。雨の日が待ち遠しいです。

アサヒトップドライのレインパンプスの特徴は、防水性と透湿性に優れたゴアテックスファブリクスです。ゴアテックスファブリクスは、防水耐久性と透湿性を兼ね備えているため、足をドライな状態にキープしてくれます。

靴幅が広めのデザインなので、他のレインパンプスだときつく感じてしまう人にもおすすめです。素材は撥水加工を施したポリエステル生地で、足入れもらくらく。上質でエレガントな雰囲気です。

アサヒオリジナルのヒール構造により、立っている時のかかと位置(かかと骨)への荷重が高くなり、安定性が良く疲れにくい、体に優しい設計です。

レインパンプスおすすめブランド3選!

レンパンプスを展開するシューズブランドが増えています。ここでは、まだまだあるおすすめの3ブランドを紹介します。

ハンター

ハンター レインシューズ バレリーナ
ハンター レインシューズ バレリーナ

¥ 4,380

口コミ

インソールがクッションなのでペタンコ靴でも疲れにくいです。折り畳んで鞄にしまえるのも良いです。

レインブーツブランドの代表的なブランド、ハンターは、遡ること1850年代にアメリカ人実業家によりスコットランドでスタートしました。ブーツ本体を丸ごとを液体天然ゴムで形成するのでゴムの継ぎ目がなく、防水性が高いのが特徴です。

ケイト・モスやニコール・リッチーなど、セレブにも愛用者が多いですが、フィットウェアだけではなく、アウターやバッグなどの商品も展開しています。

ブーツで有名なハンターから、その機能性の高さはそのままに、バレリーナといったフラットなレインパンプスも登場しています。おすすめポイントは、しっかりと入ったアウトソールの波状の切れ込みで、濡れた道でも滑りにくく、安定した歩行をサポートしてくれ安心です。

ブリジットバーキン

ブリジットバーキン ビーズデザインレインパンプス
ブリジットバーキン ビーズデザインレインパンプス

¥ 7,452

リボンやビジューといった、女子が大好きなエターナルモチーフを用いたデザインが得意なブリジットバーキン。とはいえ、落ち着いた色味で、シンプルなシューズのフォルムに大ぶりのモチーフがワンポイントとしてプラスされているので、決して甘すぎず、大人の女性にもおすすめです。

バリエーション豊富なラインナップで、あれもこれも欲しくなるかも。滑りやすい路面を考慮し、靴底には溝が入っており防滑性を高めています。

ROOM28

ROOM28 ローファー型レインシューズ
ROOM28 ローファー型レインシューズ

¥ 3,500

口コミ

デザインが気に入っています。遠目では一般の靴と見分けがつかないでしょう。その上雨の日、靴下が濡れてイヤな思いをするのを防いでくれます。

シンプルなキレイめデザインのレインパンプスが多いROOM28。レインパンプスが雨の日におすすめな理由の一つは、オフィスでも履き替えることなくそのままで良い点です。

シンプルなデザインならオフィスにも最適ですが、こんなローファーデザインを選べば、シンプルな中にも個性が光ります。中敷は取り外し可能で、サイズ調整に便利です。アウトソールは凸凹形状で滑り止め効果があり、機能面でも充実しています。

レインパンプス、おすすめコーディネート方法

レインパンプスならではの利点を生かした、おすすめのコーディネートを紹介します。

オフィスルックにもおすすめ

レインパンプスの代表的な特徴は、一見雨仕様と見えないところです。シックなデザイン、控えめなカラーを選べば、普通のパンプスと同じようにオフィスでも違和感がありません。

レインブーツの方が防水面ではより安心感がありますが、オフィスでの履き替えが必要だったり、出先に履いていくにはふさわしくなかったり。そんな点も、レインパンプスならすんなりクリアするのでおすすめです。

相性よし!ロングスカートにもおすすめ

お気に入りのロングスカート、ここにロングのレインブーツを合わせるとカジュアル過ぎる印象に、またショーツブーツ丈はロングスカートとのバランスが難しい。そんな時はレインパンプスがおすすめです。ヒールのあるタイプならレディライクなコーディネートが実現します。フラットなタイプを合わせれば、カジュアルかつガーリーな印象に仕上げることができます。

元気なビビッドカラー

どんよりした雨の日は、憂鬱な気分も吹き飛ばすビビッドカラーのレインパンプスを選んでみてはいかかでしょう。

レインパンプスは、普段でも履けるデザインが多いので、ベーシックなものに加え、カラーやデザインが印象的なものも、ワードローブに足すことをおすすめします。こんなビタミンカラーならシンプルなコーディネートにもひねりが加わり、上級者のコーディネートに。もちろん晴れの日にもぴったりです。

ウェッジソールでひねりを

安定感抜群のウェッジソールのレインパンプスは、滑りやすい濡れた路面が心配な雨の日におすすめです。その上、スタイルよく見せてくれ、いつものコーディネートにプラスするだけでおしゃれ度がアップする技ありアイテムです。くるぶしが見える丈のパンツに合わせるとソールがより目立ち、全体のバランスが締まります。

ソックス x レインパンプス

レインパンプスを、素足やストッキングに合わせるだけでなく、短めのソックスにオンしてみると新鮮です。レインパンプスとソックスのカラーの組み合わせを考えるのも楽しい。スポーティでガーリーな雰囲気が出て、休日の雨の日におすすめです。自分らしらの出るカラーコーディネートを楽しんで。

ストラップで魅せる

メリージェーンのレインパンプスなら、スカートに合わせてもパンツに合わせてもレディライクなコーディネートに。華奢なストラップをきれいに見せたいので、バランスに注意しながらボトムスの丈を選びましょう。こちらのコーディネートのように、細身のパンツに合わせるのもおすすめ、モノトーンで引き締まった印象です。

レインパンプスで雨の日を楽しもう!

こうしてみると、レインパンプスのバリエーションがいかに豊富かをお分かりいただけたのではないでしょうか。防水や防滑機能に加え、洋服に合わせやすくコーディネートを選ばないデザイン、晴れの日にも履けるそのルックス。おすすめの嬉しいポイントがいっぱいです。

一足持っていれば、使えること間違いなしです。レインブーツと使い分けたり、雰囲気の違うタイプのレインパンプスを2、3足揃え、その日のコーディネートに合わせるのもおすすめです。雨の日も快適に、そしてハッピーに過ごしましょう。

Related