Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月03日

巻き髪のスタイリング剤おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

普段髪を巻くときはスタイリング剤を使っていますか。巻き髪用のスタイリング剤は、巻き髪が長時間キープされ髪のケアにもなるおすすめのアイテムです。今回はそんな巻き髪におすすめのスタイリング剤の種類や、人気商品をランキング形式でご紹介します。

巻き髪のスタイリング剤おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

巻き髪のスタイリング剤の種類と選び方とは?

巻き髪のスタイリング剤おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

朝から巻き髪をばっちり作ったはずなのに、夜になったらせっかく作った巻き髪がただの緩いウェーブになってしまっていたり、直毛に戻ってしまっていませんか。

ヘアアイロンやコテを使って巻き髪を作るときは、専用のスタイリング剤を使用するのが断然おすすめです。スタイルのモチが良くなったり、熱による髪へのダメージを防いでくれる効果もあるためです。

スタイリング剤は選ぶ種類によって、仕上がりのニュアンスが変わってきます。しかし自分の髪に合ったスタイリング剤や、なりたいニュアンスを作れるスタイリング剤がどれなのか見極めるのはなかなか難しいでしょう。

そこで、巻き髪のスタイリング剤の代表的な種類や、巻き髪のスタイリング剤のおすすめの選び方についてご紹介しますので、ぜひこちらを参考に選んでみてください。

巻き髪のスタイリング剤の種類

巻き髪のスタイリング剤といえばワックスやスプレーを思い浮かべる方が多いですが、それだけではありません。スタイリング剤にはさまざまな種類があります。代表的なものをご紹介しますので、どんなものがあるのか選ぶ前に知っておくと良いでしょう。

ファイバーワックス

ミルボン ニゼル テクスチュアクレイ 60g
ミルボン ニゼル テクスチュアクレイ 60g

¥ 1,728

口コミ

長く愛用しています。固まり過ぎず広がらず丁度良いです。以前は美容院で購入していたのですが、欲しいときにすぐに買えるので便利です

ファイバーワックスは繊維が配合されていて毛束や毛先の動きを出すのに適したワックスです。キープ力は弱めで、指先にとってみると糸を引くように伸びるのがファイバータイプの特徴です。

クリームワックス

ミルボン ニゼル グラスプワックス 80g
ミルボン ニゼル グラスプワックス 80g

¥ 1,728

口コミ

猫っ毛でも、そうでない人でも掌で思いっきりこすりあわせてから髪の毛につけると思い通りの髪型になります。 他の有名メーカーの製品もいろいろ使いましたが、ここまでならなかったです。

クリームタイプのワックスは初心者の方でも使いやすい質感になっています。スタンダードなタイプなので、さまざまなスタイルに使用できます。

また、クリームタイプは美容室専売品のワックスが豊富で、高品質なワックスが多くワックスの中では最も万能です。

ジェルタイプ

ミルボン ニゼル ドレシアコレクション ジェリーH 90g
ミルボン ニゼル ドレシアコレクション ジェリーH 90g

¥ 1,944

口コミ

ウェーブ感や束感が綺麗に出せました。 肝心のセット力も見た目以上にあり、ハードスプレーと併用するとしっかり持ちました。

ジェルタイプのワックスは濡れたようなウェットな質感で、パリッと髪をホールドするのが特徴です。髪が広がりやすい方はジェルタイプのワックスを使うとボリュームが抑えられてまとまりやすくなるのでおすすめです。

またジェルは樹脂と水でできた水溶性の整髪料で、髪のなじみが良くベタつきもなくしっかり形をキープすることができます。ジェルとワックスを組み合わせたグリースという新感覚のワックスもあります。

スプレータイプ

ミルボン ニゼル ホールド フィット ヴェール 180g
ミルボン ニゼル ホールド フィット ヴェール 180g
口コミ

キープ力もかなり強いです。 スプレーをふった後ほぐさなければカチっとなりますし、ほぐすと動きがある状態で柔らかいのですがしっかりキープしてくれます。

スプレータイプの中でも、艶タイプ、ムーブタイプ、ホールドタイプといった種類があります。艶を出したり動きを出したり、しっかりキープしたりと種類によって変わってきます。

主には仕上げ用としてフォルムをキープさせるために使います。

ムースタイプ

ミルボン クフラ ラフリッジホイップ 200g
ミルボン クフラ ラフリッジホイップ 200g

¥ 1,728

口コミ

泡もきめ細かいし髪につけやすいです。良く伸びるしカールも出やすいので気に入っています。香りもお上品で良いです!

ムースタイプは泡状になっていて水分量が多く、カールやウェーブスタイルに適しています。髪全体に行き渡らせやすく泡状なので扱いがしやすいのもメリットです。プロセス剤としてもフィニッシュ剤としての役割も持っているのでこれ1本でスタイリングを済ませる方も多いです。

パウダータイプ

カルドール プレストパウダー 9g
カルドール プレストパウダー 9g

¥ 2,160

口コミ

根元ふんわりで重宝してます!コンパクトで持ち運びも便利です!

パウダータイプのワックスはほとんどがノンオイルなのでベタつくことがありません。固めてスタイリングするのではなく、ふんわりとボリュームを出すために使われます。しかしスタイリング力やキープ力は極めて低くなります。

ヘアオイル

ラスティーク ヘアセラム ダメージリペア
ラスティーク ヘアセラム ダメージリペア

ヘアオイルは油状でシリコン系や植物系のタイプがあります。水分が含まれていないものが多く、オイルの被膜を作ることで光沢や指どおりの良さ、柔軟性などを髪に与えてくれます。

ヘアオイルはドライヤーやヘアアイロンなどの熱処理前につけるタイプのスタイリング剤で、オイル自体にセット力はほとんどありません。髪の傷みやボリュームを抑えたい方にはおすすめですが、髪質が細い方やボリュームがない方はベタつきやすいので注意が必要です。

ヘアローション・セットローション・ヘアウォーター

ルシードエル デザイニングアクア エアリーカールローション
ルシードエル デザイニングアクア エアリーカールローション

¥ 756

口コミ

最近は派手な巻き髪も流行ってないのでしょうが、ほんのりゆるーく巻きたい時に、このローションが役立ってます。 意外と湿気に強く、バリバリにならないのもお気に入り。

このタイプは粘り気の少ない液体と粘り気のある液体のものがあり、寝グセ直しのために使用するもの、巻き髪スタイルを作るために使用するもの、しっかり固めるセットローションがあります。粘り気のない液体は寝グセを直す用なので、巻き髪用として売られているものは粘り気があります。

巻き髪用は熱を与えることによりキープ力を高めたりと力を発揮するものが多く、セットローションにはしっかり固める力があるので、セット力が強いものが多くなっています。

直接髪に吹きつけられるものなので手を汚さずに使用でき、どの髪質でも使えるスタイリング剤です。

ヘアクリーム・ミルク

LUCIDO-L(ルシードエル) ヘアメイクサプリ #カールアイロンミルク
LUCIDO-L(ルシードエル) ヘアメイクサプリ #カールアイロンミルク

このタイプは水分を多く含む乳化型クリームで、髪のパサつきを抑えたり、髪に潤いや柔軟性などを与えてくれるコンディショニング効果の高いものが多くなっています。

セット力はあまりなく、髪を固めず柔らかい質感が出ます。またクリーム状で髪になじみやすいので使いやすく、水分量が多いので手がベタつかないのもうれしいポイントです。

巻き髪のスタイリング剤の選び方

ご紹介したとおり巻き髪に使用できるスタイリング剤は、ヘアミルクやヘアオイル、ワックスやスプレーなどさまざまな種類がありますが、どれでもただ巻き髪につければ良いというものではありません。それぞれのスタイリング剤の種類によって特性があり、巻き髪を作る前につけるタイプと、巻き髪を作った後につけるタイプ、仕上げに使うタイプの3種類に分かれます。

この3種類をうまく組み合わせて使うことによって、雨の日でも崩れる事なく巻き髪を夜までしっかりキープする事ができるようになります。

巻き髪を作る前に使うスタイリング剤

きれいな巻き髪を作るには髪をヘアアイロンで巻いてスタイリングしなくてはなりませんが、巻き髪はカール用のヘアアイロンをしっかり当てて作るのでアイロンの熱によって髪が傷みやすくなります。

髪が傷んでしまうと艶が無くなってしまい枝毛や切れ毛の原因にもなるので、そのリスクを最小限に抑えるたいのであれば、ヘアアイロンを使う前に熱から髪を守ってくれるタイプのスタイリング剤を使うのがおすすめです。

巻き髪専用のスタイリング剤を使うことで傷んだ髪を補修してくれたり、長時間巻き髪をキープするのにも効果があります。

ヘアクリーム・ヘアミルク、ヘアオイル、ヘアウォーター、セットローションといった、これら4種類のスタイリング剤は巻き髪を作る前に使うのに向いています。ストレート用とカール用がある場合は、必ずカール用のスタイリング剤を選んでください。

使い方は?

巻き髪を作る前につけるスタイリング剤を使うときに気をつけなくてはならないポイントがあります。それはスタイリング剤を巻きたい部分に塗布したら、ドライヤーで一度スタイリング剤を塗布した部分を乾かしてからヘアアイロンで巻くということです。

ミルク系・オイル系・ウォーター系・ローション系といった、これらのスタイリング剤は水分が多く、髪に付けた直後はその水分で髪が濡れている状態になるなので、そのままヘアアイロンで熱を加えるとジュっと焼けるような音がして髪にダメージを与えてしまうことになります。

髪へのダメージを最小限に抑えるためにはスタイリング剤の水分をしっかりドライヤーで乾かした状態にしてからヘアアイロンを使うようにしましょう。

巻き髪を作った後に使うスタイリング剤

ヘアアイロンでしっかり巻き髪が作れたら、その状態をキープするためのスタイリング剤が必要になります。ここで活躍するのがヘアワックスやヘアフォームです。

ヘアワックスやヘアフォームには、巻き髪を作る前に使ったスタイリング剤のような髪の傷みを修復する効果は期待できませんが、長時間きれいに巻いた状態をキープし続けたいのであれば絶対に欠かせないスタイリング剤です。

また、巻き髪は自然な流れが女性らしさを演出し、遊び心も作り出せるヘアスタイルです。そのためスタイリング剤には、どんな嵐でも髪形をキープできるようなハードタイプもありますが、動きのある自然な巻き髪を作るにはそこまで固める必要はありません。

巻き髪を作った後に適しているのは、仕上がりがハード過ぎない程度でセット力のあるスタイリング剤を選ぶのがおすすめです。

使い方は?

巻き髪を維持するためにつけるヘアワックスやヘアフォームの使い方は、表面だけでなく髪の内側までつけるということがポイントです。

手のひらにスタイリング剤を少量取って伸ばし、巻き髪のカールを崩さないように指を差し込んで髪の毛を軽く握るかんじでつけていきましょう。

物によっては水分量が多い場合もあり、つけ過ぎるとカールが落ちてしまう場合があるので一度にたくさん付けるのでは無く、少量ずつ使用して巻き髪をセットしていくのがおすすめです。

仕上げのスタイリング剤

そして最後は巻き髪が夜になっても崩れないように、仕上げのスタイリング剤を使いましょう。仕上げ用にはヘアスプレーやヘアミストが適しています。

仕上げのスタイリング剤は作った巻き髪が崩れないようにして全体的につけていきますが、ここでもつけ過ぎには注意が必要です。

絶対に崩したくないという思いでついついスプレーやミストをたくさんつけたくなってしまいがちですが、仕上げ用のスタイリング剤は髪を固めるために使うので、髪の毛がパリパリに固まってしまい、不自然な仕上がりになってしまいます。

また、仕上げ用に使うスタイリング剤は固める力が強いハードタイプではなく、ハード寄りのソフトなタイプがおすすめです。巻き髪の表面をスタイリング剤によってうっすらコーティングすることで、雨などの湿気からも守ってくれるので一日中キープできる巻き髪が作れるようになります。

巻き髪のスタイリング剤おすすめ人気ランキング

巻き髪のスタイリング剤おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

巻き髪のスタイリング剤おすすめ人気ランキングTOP3をご紹介します。

3位:カールエックス グラマラスカール

カールエックス グラマラスカール
カールエックス グラマラスカール

¥ 1,620

口コミ

巻く前の髪にかけてドライヤーで乾かして巻くとカールがとれない。とてもいい!

ナカノのカールエックス グラマラスカールは、口コミでも人気の高いおすすめのスタイリング剤です。ミストタイプで手につかず髪全体にまんべんなく塗布しやすいところもおすすめのポイントです。ダメージをケアしながら巻き髪を作ることができます。こちらを使用した後でヘアアイロンで巻いてあげると、簡単にナチュラルな巻き髪スタイルを作ることができます。

2位:ルベル トリエ スプレー 10

ルベル トリエ スプレー 10
ルベル トリエ スプレー 10

¥ 1,728

口コミ

これはすごいです。テカりにくいし、キープ力が格段に違います。夜まで持ちます。美容師がおすすめするのも納得です。

ルベルのトリエ スプレー 10は、形状記憶と超弾力ポリマーの効果により、パリパリにならないのにしっかりとスタイルをキープしてくれるところが人気で、普段使いにおすすめのキープスプレーです。巻き髪はもちろん、アレンジしたときのスタイルを長時間キープしたいときにおすすめです。

1位:ミルボン リッジカールスプレー

ミルボン リッジカールスプレー 175g
ミルボン リッジカールスプレー 175g

¥ 1,680

口コミ

髪の毛が太くてしっかりした私の毛でもしっかり巻き髪がこれを使うと出来ます。 持ちも良く今ではリピーターでこれを使っています。

コテを巻く前やアレンジを作る前に使うベース用のスプレーです。コテでしっかり巻いてもすぐにとれてしまう髪質や形がつきにくい髪質の方は、巻く前にこれを使うとヘアスタイルの持ちが良くなるのでおすすめです。

特徴・用途別おすすめの巻き髪のスタイリング剤は?

巻き髪のスタイリング剤おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

特徴や用途別におすすめの巻き髪のスタイリング剤をご紹介します。ぜひチェックしてみてください。

直毛の方におすすめ

ラックス 美容液 スタイリング メリハリ ウェーブ フォーム 130g
ラックス 美容液 スタイリング メリハリ ウェーブ フォーム 130g
口コミ

超絶ストレートヘアで、どんなにきつく巻いても、ウェーブが伸びてしまうので悩んでいたのですが、このスタイリングフォームに変えてから、朝巻いた髪が夜までキープできるようになりました。

直毛できつく巻いてもすぐにカールが伸びてしまうとお悩みの方におすすめなのがこちらのスタイリング剤です。ふわふわのホイップ状のスタイリング剤で、ホホバオイル・アルガンオイル・メドウフラワーパールの3つの美容液成分がパサついたダメージヘアをケアしながらスタリングできます。

実際使った方の口コミでは、朝しっかり巻いても夜にはとれてしまっていたのが、これを使ってから夜までキープされるようになったとの声が多く、直毛で悩んでいる方は巻いた後でこちらを髪に揉みこむとキープ力がぐっと上がるのでおすすめです。

ヘアアイロンのダメージケア

【ジルスチュアート】リラックス トリートメント ヘアミスト 200ml
【ジルスチュアート】リラックス トリートメント ヘアミスト 200ml

¥ 3,024

口コミ

1本目がなくなったので、同じものを購入しました。商品は全く問題ないです。良い匂いです。

キューティクル補修効果のあるヒアルロン酸誘導体を配合しているので、ヘアアイロンでダメージを受けた髪もツヤツヤさらさらな髪にしてくれるおすすめのヘアミストです。髪を巻く前にミストをふって、ドライヤーで一度乾かして使ってください。

ジルスチュアートらしい可愛いパッケージと、香水のような女の子らしい香りもおすすめのポイントです。

初心者におすすめ

ロレッタ クルクルシュー 200g
ロレッタ クルクルシュー 200g

¥ 2,160

口コミ

強風の多い地域に住んでいますが、外出してもカールをきちんと保ってくれています。 ワックスのみで悪戦苦闘していたころが嘘のように快適です。

見た目のデザインも可愛くアイロンが苦手な初心者の方も簡単にふんわりカールが作れるおすすめのスタイリング剤です。カールローションとして髪をアイロンで巻く前に使用したり、カールを作った後のキープスプレーとしても使用することができる2役の機能を兼ね備えた便利なスタイリング剤です。

アイロンを使用しない日でもヘアスタイルをキープするためのヘアスプレーとして使用することもできますし、朝の慌しい準備の時間短縮にもなりおすすめです。髪全体に使用しても濡れすぎずドライヤーで髪を乾かさなくてもすぐにアイロンを使用することができます。

プチプラでおすすめ

リーゼ アイロンスタイルつくれるローション 110ml
リーゼ アイロンスタイルつくれるローション 110ml
口コミ

こちらが一番使い心地が良かったです。 他メーカーのものはつけたところがパリパリになったり使い物にならない商品も多かった中、こちらは巻いたところも固まらずふわふわにできました。

プチプラなのにカールキープ力が優秀でおすすめのスタイリング剤です。髪全体にムラなく塗布でき、髪なじみの良いローションタイプです。高いカールキープ力でスタイリング崩れを起こしにくく、熱の力を効率よく活用して瞬時に形を癖づけることができるヒートスタイル成分が配合されています。

熱から守ってくれるスタイリング剤

モッズ・ヘア ホットグラマー 泡ウォーター デュアルヘアスタイル
モッズ・ヘア ホットグラマー 泡ウォーター デュアルヘアスタイル

¥ 717

口コミ

香りも全く気にならずに、しっかりと髪を守っていてくれているように感じます。

やわらかな泡ウォーターが髪の1本1本をムラなく包み込むので、コテやアイロンが髪に引っ掛かるのを予防してくれ、なめらかな巻き髪に仕上げることができます。スプリングカール成分配合で、髪を熱のダメージから守ってくれるのと同時に、熱の力で髪の中にまで成分が浸透し、自然なカールを1日中キープしてくれます。

髪がパサついて広がってしまうのを抑えてくれるので、ボリュームの多さに悩んでいる方にもおすすめです。

オイルタイプのおすすめスタイリング剤

ロレッタ プレミアムベースケアオイル 100ml
ロレッタ プレミアムベースケアオイル 100ml

¥ 4,104

口コミ

リピーターです。オイルなのにさらりとしていて使いやすい。ローズの香りに癒されます。

ロレッタのベースケアオイルは、さらっとしたつけ心地なのでベタつきが苦手な方でも使いやすくおすすめのオイルです。また、甘いバラの香りもスタイリング時の気分を上げてくれます。 アイロンの前にはもちろんのこと、アウトバストリートメントとしても使える優れもので、プロの美容師もおすすめする一品です。

スプレータイプのおすすめスタイリング剤

ハホニコプロジュウロクユツヤスプレー 180g
ハホニコプロジュウロクユツヤスプレー 180g

¥ 2,376

口コミ

月に一度トリートメントに行くのですが、その時期が近づいてきた髪パサパサの時期にこれをシューっとやると、指通りのいいサラサラ髪になります。 これがないと困ります。

巻き髪の仕上げのスプレーとしておすすめのスタイリング剤です。巻き髪を作ったら最後にさっとひと吹きするだけで、乾燥してパサつく髪もツヤツヤになる、まとまりのある髪に仕上げてくれます。16種類の天然由来のオイルが髪に必要な油分を補給し、紫外線のダメージや乾燥からも髪を守ってくれます。

また、髪にたばこや食事などのにおいが付いてしまうのを防ぎ、付いてしまったにおいは消臭してくれるという嬉しい効果もあるので喫煙者の方にもおすすめです。スプレータイプなので手軽に手を汚さずに使用することができます。

おすすめの巻き髪のスタイリング剤のメーカーと製品

巻き髪のスタイリング剤おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

おすすめの巻き髪のスタイリング剤のメーカー3つと、そのメーカーの代表的な製品をご紹介します。

SALA

サラ 巻き髪カーラーウォーター サラスウィーローズの香り
サラ 巻き髪カーラーウォーター サラスウィーローズの香り
口コミ

何回もリピートしてます。 雨の日でも、これ使って巻くと、長持ちします。 個人的には、これ使って、アイロンかけて、スプレーをもう一回使います。

毛先にスプレーするだけで、ハリやコシをアップしてくれるSALAの巻き髪カラーウォーターは、ふんわりと弾むような軽やかなカールを長時間持続することができ、巻き髪が崩れやすい梅雨の時期にもおすすめのスタイリング剤です。

部分巻きや全体巻きにも使えてアレンジも自由自在です。またスウィートローズの華やかな香りがふわっと香って癒されます。

マシェリ

マシェリ カールセット ローション カール用 スタイリング剤 200ml
マシェリ カールセット ローション カール用 スタイリング剤 200ml
口コミ

このマシェリセットローションはきれいにまいた後も神につやが出るので気に入ってます。セットしたクルクルカールヘアーもしっかりキープできるので。毎朝クルクルヘアーセットには欠かせません

マシェリのスタイリング剤はパッケージも可愛く置いてあるだけでも気分が上がりおすすめです。カールが取れやすい雨の日でもセットしたてのきれいなカールが長持ちし、思わず触りたくなるような艶とリラックス効果も期待できる贅沢な香りを楽しめるスタイリング剤です。

また、アイロンやドライヤーの熱ダメージから髪を守ります。紫外線のダメージからも髪を守ってくれる上に、静電気まで予防してくれるのもおすすめのポイントです。スモーキーカット香料が配合されているので、煙草や食べ物などの嫌なニオイもブロックします。

黒ばら本舗

速乾性セットローション (ハード・ディスペンサー) 200mL
速乾性セットローション (ハード・ディスペンサー) 200mL
口コミ

コテで髪の毛を巻く前にこちらをシュッとスプレーしてから巻くと きれいなカールを作ることができます。 ハードタイプなのでいつまでもカールをキープすることができます。

高いキープ力がありハードなカールとウェーブを作りたいときにおすすめの速乾性セットローションです。真珠エキスなどが配合されており、髪に美しい艶も与えてくれます。

この商品の一番のおすすめポイントは、高いセット力と速乾性を持っているということです。早く乾いてくれるので忙しい朝のヘアセットを楽にしてくれ朝時間をかけたくないという方におすすめです。

巻き髪のスタイリング剤の使い方・活用方法とは?

巻き髪のスタイリング剤のおすすめの使い方・活用方法をご紹介します。ぜひ試してみてください。

しっかりカールをキープするスタイリング剤の使い方

スタイリング剤を使った簡単でしっかり巻き髪をキープする方法は、以下の5つのステップを踏んでいけば完璧です。ぜひ実践してみてください。

1. まずは巻き髪専用スタイリング剤をつける

髪の毛先から中間にかけて、巻き髪専用スタイリング剤をしっかりと髪になじませましょう。

2. ブローをして髪を乾かす

巻き髪専用スタイリング剤をつけた部分はブローできちんと髪を乾かしてヘアアイロンで髪が焼けてしまわないようにしましょう。

3. ヘアアイロンで髪を巻く

ナチュラルなゆるふわ巻き髪を作るなら、リバースとフォワードをミックスさせるミックス巻きがおすすめです。巻いた仕上げに、軽くドライヤーをあててカールをほぐすとさらに立体感が生まれるのでおすすめです。

4. ヘアワックスをつける

髪が巻けたら手のひらでよく伸ばしたヘアワックスを、毛先に優しく揉みこむようにつけていきましょう。指に毛先を巻きつけたり、ねじって束感を出すことによって、よりきれいなカールを維持することができます。

5. ハードタイプのヘアスプレーで仕上げ

ヘアワックスで全体の形を整えたら、仕上げにハードタイプのスプレーをかけましょう。ハードタイプのスプレーはホールド力があっておすすめですが、固まった後に白い粉が出やすいので、あまり近くから振りかけないように気をつけましょう。これで崩れない巻き髪の完成です。

オイルを活用した人気の濡れ髪の作り方

水に濡れたような質感のヘアスタイルが今とても人気です。この質感を出すには巻いた後ワックスをつけるときにヘアオイルを混ぜて毛先を中心に揉みこむだけです。オイルは根元近くまでつけてしまうとベタついて汚い印象になってしまう危険もあるので、あくまでもつけるのは毛先から1/3くらいまでの範囲がおすすめです。

スタイリング剤は巻き髪の必需品

巻き髪のスタイリング剤おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

色々なスタイリング剤をご紹介しましたが、参考になったでしょうか。

スタイリング剤は巻き髪をスタイリングするだけでなく、髪のダメージを補修したりドライヤーやアイロンの熱から髪を守るという重要な役割も持っているので、ぜひ何もつけずに髪を巻くのではなくスタイリング剤を使うようにしましょう。

ご紹介したおすすめ商品もぜひ参考にして選んでみてください。

Related