Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月31日

リップコンシーラーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

リップコンシーラーは普段から使用していますか。リップメイクはさっと口紅を塗って終わるという人が多いですが、コンシーラーを塗ることで色味が補正され発色もよく、口紅の色持ちも非常によくおすすめです。今回はおすすめのリップコンシーラーとどう使えばよいのか紹介します。

リップコンシーラーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

リップコンシーラーはおすすめ

みなさんはリップコンシーラーを持っていますか。リップコンシーラーとはその名のとおり、唇用のコンシーラーです。唇の色味を消したり口の輪郭を調整したりするのによく用いられます。意外と使用している方は少ないのではないでしょうか。

口紅をどうせ塗るんだからあってもなくても同じじゃないのか、と思ってはいけません。使った人だからこそわかります。見た目だけでなく、口紅のノリや色持ちもはっきりと違います。年齢により唇のくすみも気になってきますが、そういう方にもぜひ使っていただきたいのがリップコンシーラーです。

今回はリップコンシーラーのおすすめ商品やおすすめブランドをご紹介しましょう。どのように選べばよいか、どう使うのかわからない方にも丁寧に説明します。リップコンシーラーは地味な役割ですが、持っておくのをおすすめします。

種類豊富なリップコンシーラー!どう選ぶ?

リップコンシーラーは種類が豊富で、色味はもちろんですが塗り心地や塗る部分の違いなどさまざまあります。ここではたくさんの種類がある中で、大きくどのように分けられるのかをご紹介しましょう。そしてそれらをどのような基準で選ぶべきかわからない方に向けて、説明していきます。

リップコンシーラーを取り入れるだけで、ぐっとあか抜けたおしゃれ顔になります。必要性を感じない方も多いでしょうが色味を補正することで発色や色持ち、均一性などがはっきりと変わってきます。

意外と気にするべき点は色味です。コンシーラーといってもベージュ系からピンク系、イエロー系などさまざまな色があります。自分の肌にあった色を見つけましょう。

リップコンシーラーの種類

大きく分けると、リキッドタイプや固形のもの、ペンシルタイプがあります。リキッドファンデーションのように点々とおいて塗るものから、スティック状のリップクリームのようなもの、ペンシルで部分隠しのように使えるものもあります。

肌と兼用できるリップコンシーラーもありますが、おすすめはリップ専用のコンシーラーです。唇は肌荒れを起こしやすく、口だけ乾燥しやすい・荒れやすいという人もいます。顔に使うものは唇に少し強く刺激があるので、リップ専用のものがよいでしょう。

色をしっかりとおさえ、崩れにくいのはスティックタイプのリップコンシーラーです。リキッドはよれやすいですが、カバー力は抜群です。

ペンシルタイプは輪郭消しに用いるのがおすすめです。ペンシルタイプのものの中でもクレヨン型のものも販売され、より塗りやすくなりました。テクスチャーも鉛筆のように固くなく肌への負担も減ります。

リップコンシーラーの選び方

種類のところでも説明しましたが、それぞれ特徴が違い、カバー力・塗りやすさ・肌への刺激・マット感などは好みが分かれるところです。唇の色味を消したいという方におすすめなのはリキッドやスティック状の物です。広範囲を塗りやすく縦皺にもしっかり入り込んでくれます。

唇の輪郭を消したい、輪郭をちょっと小さくしたいといった輪郭に関してはペンシルタイプがおすすめです。塗りやすさの点でもペンシルは先が細いので輪郭を消すのには便利です。一方広範囲を塗るのは大変なので全体的な色味消しにはおすすめできません。

また選び方という観点から見ると、低刺激性の荒れにくいものが一番重要です。なによりもメイクの前段階のコンシーラーで肌が荒れてしまっては意味がありません。唇は皮膚が弱いので自分に合ったものを試してみるのがおすすめです。

おすすめのリップコンシーラー人気TOP3はこれ!

リップコンシーラーはほとんどといっていいほど、どの化粧品メーカーから販売されています。普通のコンシーラーと併用して使う方も多いですが、荒れやすいリップはなるべく専用のものを使いたいところです。

ここでは、おすすめのリップコンシーラーのTOP3をご紹介します。学生でも購入できるようなプチプラの化粧品メーカーもランキングに入っているので、ぜひ参考にしてください。

第3位:エチュードハウス

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) キスフル リップケア コンシーラー
エチュードハウス(ETUDE HOUSE) キスフル リップケア コンシーラー

¥ 550

口コミ

唇の形を変えたい時にふちに少し塗って馴染ませるように使っています。 本体が柔らかいので一気に出すのではなく少しずつ使う分だけ繰り出すと問題なく使えます

リップコンシーラーの人気第3位はエチュードハウスです。エチュードハウスは韓国の化粧品メーカーで、プチプラコスメとして非常に人気です。特に若い女性からの支持は高いものを得ています。

唇のカラーをコントロールしてリップカラーの発色をきれいに引き立てくれます。唇トーンを均一に整えてくれるため、直接リップを塗るよりもおすすめです。値段も非常に安いので、学生でも購入できます。

テクスチャーが柔らかいので唇にすっと塗ることができます。固めのものだと唇への摩擦が増えますし、伸びにくく厚塗りになってしまいます。さらっとした柔らかなコンシーラーはおすすめです。

第2位:キス

キス リップコンシーラーN ナチュラルベージュ 3.2g
キス リップコンシーラーN ナチュラルベージュ 3.2g

¥ 1,080

第2位は日本の化粧品メーカーのキスです。

口紅やリップグロスの発色をよりよくさせてくれるだけでなく、色を長持ちさせてくれるリップコンシーラーです。唇の赤みやくすみも補正してくれるので、よりきれいなリップメイクができおすすめです。

美容液成分が配合されているため、唇の荒れ・乾燥、縦ジワもカバーしながら、ムラを防いでくれます。唇のケアも同時にできるのでおすすめです。またSPF12 PA+なので、唇を日焼けからも守ってくれます。唇も意外と日焼けするので対策が必要です。

第1位:キャンメイク

キャンメイク リップコンシーラーモイストイン ベビーピンク 2g
キャンメイク リップコンシーラーモイストイン ベビーピンク 2g

¥ 626

口コミ

いつもファンデーションやBBクリームで色味を抑えておりましたが、リップコンシーラーを今回初めて購入しました。 ファンデーションなどより使い勝手がとても良いです!

第1位はキャンメイクのリップコンシーラーです。キャンメイクといえばコスパがよく、プチプラなのに非常にかわいいコスメが豊富で女性から多大な支持を得ています。パッケージやデザインもかわいくてとてもおすすめです。

こちらのコンシーラーは淡いピンク色のタイプで通常のベージュのコンシーラーとは異なり、色味を消すというよりは唇の色を補正し、よりきれいにリップを発色させてくれます。血色感は断然アップするのでおすすめです。優しい女性らしい色なので、かわいいリップメイクになります。

特徴・用途別!おすすめリップコンシーラー

ここでは特徴や用途に応じた、おすすめのリップコンシーラーをご紹介しましょう。リップコンシーラーの種類や選び方でもご紹介しましたが、いろいろな目的に合わせてどのようなものがよいかは人によって異なります。乾燥しやすい方には美容成分配合のもの、学生さんにはお手頃価格のコスメなど、丁寧に説明します。

プチプラで家計に優しい

ドド リキッドリップコンシーラー 02
ドド リキッドリップコンシーラー 02

¥ 648

リキッドタイプのリップコンシーラーは通常のコンシーラーのように、点々と皮膚にのせて指でぽんぽんと軽く伸ばしていくようにして使います。一番なじみのある使いやすいタイプです。程よく伸びるので肌への摩擦も少ないのでおすすめです。

厚塗りになりがちなので、なるべく薄めに伸ばしましょう。唇のトーンを整えるために使うので、普通のコンシーラーのように隠すという意識よりは、補正という意識で使うのがおすすめです。

荒れずに唇に優しい

プレイリスト インスタントリップコンプリートマット BEp32
プレイリスト インスタントリップコンプリートマット BEp32

¥ 2,700

スティックタイプはリップクリームのように、さっと塗ることができるのでおすすめです。

いちいち指やブラシにとって塗る時間がない人向けです。しかしムラができやすくなったり厚塗りになってしまったりするので、できれば指やブラシに取る方がおすすめです。

スティックタイプはリキッドのものよりもテクスチャーは少し固めですが塗りやすく柔らかいのが特徴です。スティックタイプの方がどちらかというとマットな仕上がりになります。

コスプレ用にはこれ

innisfree(イニスフリー) トクトク リップ コンシーラー3.5g [並行輸入品]
innisfree(イニスフリー) トクトク リップ コンシーラー3.5g [並行輸入品]

リキッドタイプの中でもグロスのように付属のチップやブラシがすでについているものもあります。こちらは指先や筆にとって塗るタイプなので、細かい微調整が可能です。付属のブラシなどではつきすぎてしまうことも、このようなタイプのリップコンシーラーは自分の好きな量を好きな範囲に塗ることができおすすめです。

カバー力があるので、コスプレなどで唇の色味をがっつり隠したいという方もお使いいただけます。柔らかいテクスチャーなので塗りやすさも抜群です。

落ちにくいのはこれ!

COSCOS(コスコス) パーフェクトリップコンシーラー ナチュラルベーシュ
COSCOS(コスコス) パーフェクトリップコンシーラー ナチュラルベーシュ

¥ 1,080

口コミ

匂いが全くなく、 先端(中身の出る部分)は リップのような形でした! 赤みのある部分が綺麗に隠れ、 役目を果たしてくれたので すごく助かってます!

チューブタイプのグロスのように適量を出して唇に塗るという使い方です。

絵の具のようなテクスチャーで、もったりしすぎず水っぽくもないクリーム状です。先端が斜めにカットされているので、唇に塗りやすくおすすめです。

なんといってもこちらの商品は落ちにくいのが特徴です。コンシーラーが崩れてしまうとせっかくきれいに仕上げたリップメイク全体がよれる原因になります。落ちにくいティントタイプのリップコンシーラーも発売されているので、そちらもおすすめです。

おすすめリップコンシーラーメーカー3つを厳選!

人気ランキングTOP3には入らなかったものの、非常に人気で定評のあるおすすめのメーカーを3つご紹介します。リップ専用のリップコンシーラーを販売しているところは多くないですが、通常のコンシーラーをリップコンシーラーとして使うことのできる化粧品がたくさんあります。

今回紹介するのはリップコンシーラーのおすすめメーカーで、リップコンシーラーも確かにおすすめですが、他のコスメもおすすめできるものばかりです。ぜひこの機会にいろいろなコスメを見てみてください。

ケイトのスティックコンシーラー

ケイト スティックコンシーラーA ナチュラルベージュ
ケイト スティックコンシーラーA ナチュラルベージュ

¥ 864

口コミ

手で付けるタイプを購入し、同じものがなく困っていましたがこれを見つけて早速購入しました。スティックタイプで更に使いやすく重宝してます。値段以上にしみをカバーしてくれます。

ケイトのスティックコンシーラーは伸びが良く、なめらかな触感で肌への負担も少ないです。さらっと濡れますがしっかりカバーしてくれるのでおすすめです。この商品はリップ専用ではないですが、全肌質の人に対応でき、日焼け止め効果もあります。

スティックタイプなので塗りやすく、指に軽くとっても簡単に塗ることができます。リップ以外の顔全体に使うことができ、ニキビやくまもカバーできるのでおすすめです。低刺激なので荒れにくく唇に使っても大丈夫です。リップコンシーラーとして重宝します。

KOSEのスティックコンシーラー

KOSE コーセー ノア スティックコンシーラー 02 (2.6g)
KOSE コーセー ノア スティックコンシーラー 02 (2.6g)

¥ 734

口コミ

安いしシミを隠してくれますし、肌馴染もいいです。ナチュラルでいいです。

こちらもリップ専用のコンシーラーではありませんが、唇に使っても荒れにくいおすすめのコンシーラーです。通常のリップクリームよりも細く設計されているので、細かいところまできれいに塗ることができます。無香料なので変な臭いもないのでおすすめです。

色味もナチュラルなので、どのような人にも使いやすくなじみやすい色になっています。リップコンシーラーとしての色味補正の役割もしっかりはたしてくれます。

リンメルのクレヨン型コンシーラー

リンメル リツプコンシーラー001 イエローベージュ 1.5g
リンメル リツプコンシーラー001 イエローベージュ 1.5g

¥ 972

口コミ

他のリップコンシーラーは購入したことがないので比較はできませんが、普通のリップ並のうるおいがあるのでパサパサして唇が荒れてるようには見えないと思います。

しっとりとしたテクスチャーでなめらかな使用感がおすすめです。マットすぎず、きれいに色味を消してくれます。

イエローベージュなので、ヌードリップにしてくれますし、発色の良いリップメイクを演出します。デザインもかわいいので持っているだけで女子力が上がります。

クレヨンのようになっているので直接唇に塗りやすいです。リップクリームのような潤いもあるので乾燥からも守ってくれるおすすめリップコンシーラーです。

おすすめなリップコンシーラーの使い方・活用方法

リップコンシーラーは基本的に、指先や筆にちょっととって唇に塗るのがおすすめです。塗るといってもべたっとがっつり塗るのではなく、ぽんぽんぽんと叩き込むように薄く伸ばしていきましょう。厚塗りはメイクがよれたり崩れたりする原因になります。

もしかさつきや乾燥が気になる方は、初めにリップクリームを塗って保湿などをしっかり行ってからリップコンシーラーを使ってください。マット系のリップコンシーラーは乾燥しやすいので保湿は念入りにするか、美容成分が配合されたものをおすすめします。

全体に塗り終わったら一度ティッシュでオフしましょう。余計な油分を取ることができるだけでなく、唇への密着性も高まります。よりきれいなリップメイクの完成です。

リップ以外にも使える?おすすめの活用方法

リップコンシーラーはリップ専用ですが、リップ以外にももちろん使うことができます。リップコンシーラーは低刺激で作られているので、通常のフェイス用コンシーラーよりも肌への負担が少なくすみます。リップコンシーラーは塗りやすさもあるので、目の下のクマやくすみ隠しにも使えます。

こちらも同様に、指などでぽんぽんと叩き込むようにして塗っていきましょう。注意したいのが、リップコンシーラーは唇の色味消しや補正をメインにしているので、ニキビはきれいに隠れないことがあります。カバー力は通常のコンシーラーの方があるので、ちょっとしたシミ消しには最適です。

おすすめのリップコンシーラーは見つかった?

リップコンシーラーはあまりなじみがなく、そのまま口紅やグロスを塗る人も多いでしょう。あるいはリップコンシーラーではなく、フェイス用のコンシーラーと併用して使用する方も多いです。しかし唇は顔の中でも皮膚が敏感で、荒れやすいのが特徴です。

冬の時期はリップクリームを何回も塗り直し、なかなかリップメイクもうまく決まりません。そんなときこそリップコンシーラーの出番です。唇の色味を消し、ムラをなくしてくれるのでいつもよりも口紅のノリがよくなりますし、発色も長持ちします。

今回はおすすめのリップコンシーラーをご紹介しました。まだまだ使いやすいおすすめのリップコンシーラーはあるので、この記事を参考に自分に合ったものを探してみてください。

Related