Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月18日

電動歯ブラシのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

毎日の歯磨きを電動歯ブラシに変える人が増えています。まだ手磨きだけの人には、たった2分間で汚れや歯垢をより多く落とす、電動歯ブラシを使うことをおすすめします。たくさんある種類の中から、評判がいい人気のおすすめ電動歯ブラシを、特徴なども含めてご紹介いたします。

電動歯ブラシのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

電動歯ブラシの種類と選び方のご紹介!

電動歯ブラシのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

普段の歯磨きはどのように行なっていますか。手で磨いていますか、それとも電動歯ブラシをお使いでしょうか。この頃は、手で磨くより磨き残しも少ないということで、電動歯ブラシを使う人が増えてきています。

各メーカーからもいろいろなタイプの電動歯ブラシが出されているので、初めて電動歯ブラシを使う人は、どれを買えばいいのか選ぶのに迷うのではないでしょうか。

いろいろある中から、あなたに合った電動歯ブラシを見つけるために、どんな種類があるのか、どんなものが人気があるのかを、詳しく紹介していきます。選ぶときの参考にぜひしてみてください。

手磨きより電動歯ブラシをおすすめる理由

電動歯ブラシのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

なぜ手磨きより電動歯ブラシをおすすめするのかというと、手磨きの場合はしっかり歯垢を落とすには、歯を1本1本丁寧に磨かなければいけないため、それなりの時間が必要になることがあげられます。時間に余裕があって上手に磨けるのであれば、手磨きのままでもいいでしょう。

忙しい現代人は、毎朝じっくり歯磨きする時間がなかなか取れなかったり、力の入れ加減や磨き方にもクセがあったりと、歯磨きもついつい自己流になってしまいがちです。それによって多くの人は、歯磨きにムラができて歯に歯垢が残ってしまいます。

電動歯ブラシを上手に使うことで時短になり、力も均一になることで歯茎を傷めることなく歯垢を取ることができます。電動歯ブラシの種類によっては、振動が弱すぎたり、効果的な動きをしないものもあるので、きちんと歯垢を除去してくれる、性能の良い電動歯ブラシを選ぶことが肝心です。

電動歯ブラシの種類について

電動歯ブラシといってもいろいろなものがあります。大きく分けると、電動歯ブラシは次の3つの種類にわけられます。

・電動歯ブラシ
・音波ブラシ
・超音波ブラシ

これら3つの種類については、一つずつ詳しく説明していきます。

電動歯ブラシとは?

電動歯ブラシは、ブラシの部分が振動することによって歯垢を除去するもので、歯に充てるだけのものと、自分で歯磨きするように手を動かすアシストタイプのものがあります。100均の「ダイソー」で売られているものから有名メーカーの数万円するものまで、価格帯の幅は広くたくさんの種類があります。

乾電池式や充電式などの違いや、振動だけでなくブラシが回転するもの、歯ブラシの部分が取り換えられるものとそうでないものなど、種類もさまざまあります。

乾電池式は、持ち運びに便利なので旅行に持って行ったり、またオフィスで使用するのにおすすめです。充電式は、乾電池式に比べてパワーがあり、値段も少し高めですがいろいろな機能がついているものが多く、また磨きたい時にサッと磨くことができるのでおすすめです。

音波ブラシとは?

電動歯ブラシよりさらに高速で振動する歯ブラシが、音波ブラシです。振動数は200~300Hzあり、この振動によって歯垢を取り除きます。振動数が少ないものにはアシストタイプのものもあり、手磨きと電動歯ブラシの両方の力で歯垢を取り除きます。

ブラシの部分が高速に振動することによって、ブラシの毛先が歯に直接ついていなくても、周囲2㎜まで汚れを落とします。また音波が細菌に直接作用して、細菌の頑固な連鎖を断ち切ります。こういった点が手磨きにはない優れた作用になります。まだ音波ブラシを使ったことがない人には、細菌の増殖を防ぐという虫歯予防の働きをする音波ブラシを、ぜひ一度使ってみることをおすすめします。

超音波ブラシとは?

超音波ブラシの振動数は、音波ブラシよりはるかに高い160万Hzです。ヘッド部分に超音波発生装置が内蔵されていて、電圧で超音波が発生することによって細菌の連鎖を破壊するといわれています。

超音波ブラシはそれに加えて、細菌を歯に付着させようとする歯垢の成分「不溶性グルカン」も破壊するため、歯に細菌が付着するのを抑える効果もあります。歯垢を落とすだけでなく、細菌さえも寄せ付けない効果があるというところが、手磨きや音波ブラシにはない優れた点だといえるでしょう。歯磨きにさらに虫歯や歯周病の予防を求める人には、超音波ブラシを使うことをおすすめします。

電動歯ブラシはどれを選べばいいの?

たくさんある種類の中から、自分に合った電動歯ブラシを選ぶのはなかなか大変です。歯磨きにある程度時間をかけられる人や、時間がなくなるべく早くきれいに磨きたい人、歯垢を取るだけでなく虫歯や歯周病予防もしたい人、そして価格的なことによっても選び方が違ってきます。

初めて電動歯ブラシを使う人や小さなお子さんには、パワーがいろいろ選べるタイプのものや、虫歯の治療中の人や歯科矯正をしている人には、それに合う電動歯ブラシがあります。一人一人に合わせた電動歯ブラシを選ぶには、それぞれの製品の特徴をしっかり理解して選ぶことをおすすめします。

自分がどの種類のものを選べはよいのかは、振動数やコスト、持ちやすさや使いやすさ、外で使うなら持ち運びやすさなどを考慮しながら選ぶといいでしょう。

特徴・用途別おすすめの電動歯ブラシのご紹介!

どんな電動歯ブラシを選べばいいのか、特徴や用途別にすると選びやすくなるでしょう。自分に合った目的の電動歯ブラシを選ぶ参考にしてください。

安くても良い電動歯ブラシは「ミニマム電動付歯ブラシハピカイオン 」

ミニマム電動付歯ブラシハピカイオン
ミニマム電動付歯ブラシハピカイオン
口コミ

価格が安いので非常に心配でしたが、つるつるになります。 振動もちょうどいいのではないでしょうか。また、日本製というのは非常に評価できます。

良い電動歯ブラシはいくらぐらいから買えるものがあるのでしょうか。実は1,000円以内で買える電動歯ブラシがあります。安くておすすめなのは「ミニマム電動付歯ブラシハピカイオン 」です。

ミニマム電動付歯ブラシハピカイオンは、楽天だと500円以内で買える商品です。少し振動音が大きく気になる人もいますが、電動歯ブラシでこの価格、しかも日本製というのも安心なのでおすすめです。安い商品ではありますが、上手に使いこなすと歯がツルツルになり、リピーターも多いことからもおすすめできる電動歯ブラシです。

まだ一度も電動歯ブラシを使ったことのない人も、まずこういった安くてもいい商品を使って、電動歯ブラシに慣れるためにもおすすめしたい商品です。

子ども用のおすすめは?

フィリップス「ソニッケアーキッズ」
フィリップス「ソニッケアーキッズ」
口コミ

ウワサ通り楽しんで歯磨きできるようになりました!

子ども用にも本格派の電動歯ブラシが売られています。おすすめするのは「フィリップスソニッケアーキッズ」です。Bluetooth機能が搭載されていて、無料アプリと繋げて楽しみながら歯磨きができるという、子どもが喜んで歯磨きできる電動歯ブラシです。

毎秒500回の振動で音波水流を発生させ、普段の歯磨きではなかなか落とせない、歯間や奥歯の歯垢も除去することができます。パワーも強弱の2パターンから選べて、お子さんの柔らかく傷つきやすい歯茎への負担が軽減できるところが、何よりおすすめしたい理由です。

子どもが一人の力できれいに歯垢を取り除くのは、なかなか難しいことです。ソニックケアーの電動歯ブラシを使えば、歯をきれいに磨くことができるので、虫歯予防にもなります。虫歯になって歯科医に行くよりは、価格は少々お高めですが歯磨きする習慣も楽しみながら身につくので、ぜひともおすすめしたい商品です。

歯科医のおすすめ電動歯ブラシは?

フィリップスソニッケアー
フィリップスソニッケアー
口コミ

個人的には歯磨きが嫌いで、毎日苦痛でしたが、ソニケアを購入して以来、毎日の歯磨きが楽しくなりました。

日本での歯科医使用率が最も高いといわれているのは「フィリップスソニッケアー」です。フィリップスというメーカーは、音波式電動歯ブラシにおいて世界でも草分け的存在とされています。

歯垢を除去する能力は手磨きの7倍ともいわれ、それでいて歯茎に負担がかからないので、歯肉炎の人にもおすすめしたい商品です。クリーンモード、ホワイトモード、センシティブモード、ガムケアモード、ディープクリーンモードと5つのモードがあり、ホワイトニングや歯茎を優しくケアしながら歯垢を落とすなど、自分の好みの磨き方を選んで歯磨きすることができるのでおすすめです。

これだけの性能を持っていることから、多くの歯科医が認めている電動歯ブラシです。患者さんからどんな電動歯ブラシがいいのかと聞かれた際に、最も多くの歯科医がおすすめしている商品です。

コスパがいいのはどれ?

ブラウン オーラルB プラックコントロール
ブラウン オーラルB プラックコントロール
口コミ

まさか乾電池式なだけで1,000円以下で買えるとは思いもよりませんでした。

電気シェーバーでも有名なドイツの小型電気器具メーカー「ブラウン」の電動歯ブラシが、1,000円以下で買うことができます。ブラウンは歯科医もおすすめするメーカーのひとつで、歯垢を除去する効果は手磨きの2倍あります。

回転式ですが毛先が丸く加工されているので、歯茎にも優しく傷つけることもありません。持ち運びに便利な乾電池式で、日2回の使用で約1ヵ月持ち、替えのブラシも安い価格で買うことができます。

確かなメーカーのもので、替えのブラシなど付属品にもそう金額がかからない「ブラウンオーラルBぷらっくコントロール」は機能的にもコスパ的にもおすすめする電動歯ブラシです。

歯科矯正している時のおすすめは?

フィリップス 電動歯ブラシ フレックスケアープラチナ HX9189/16
フィリップス 電動歯ブラシ フレックスケアープラチナ HX9189/16
口コミ

歯がつるつるになる時間短縮。家族で使える子供も当てるだけだから楽 いいです

歯科矯正中の人の歯は、矯正器具などで凹凸が増えているので、歯や器具にも汚れが付きやすくなっています。そのため、手磨きの場合はいつもとは違った歯磨きの方法を身につけなければいけません。また矯正器具を傷つけないように、ブラシの硬さなども選ぶ必要があります。

フィリップスソニッケアーの電動歯ブラシを使えば、発生する音波水流で歯と矯正器具を優しくしっかりと傷つけずに洗浄することができます。ブラシヘッドは小さ目で、長めの毛先によって届きにくい細かなところまできれいにできるので、歯科矯正中の人にぜひおすすめしたい商品です。

細部にわたって汚れを落としてくれるので、歯科矯正中の人に合った電動歯ブラシといえるでしょう。「フィリップス ソニッケアー エアーフロス」と併用すれば、さらに効果的にケアすることができるのでおすすめです。

ホワイトニングにいいのはどれ?

ブラウンオーラルB ジーニアス9000
ブラウンオーラルB ジーニアス9000
口コミ

自宅で毎日、歯医者並みのクリーニングができるようになりたいへん満足しています。

「ブラウンオーラルB ジーニアス9000 」の電動歯ブラシは、毛先が歯科医で使っているクリーニング機器と同じ丸型をしています。「3D丸型回転テクノロジー」によって、上下の振動で歯垢を浮かして、左右の動きで歯垢を掻き出すしくみになっています。この動きによって、しっかりと歯垢を落としてくれるのでおすすめです。

「やわらか極細毛ブラシ」と「マルチアクションブラシ」の2種類の付属ブラシがついていて、マルチアクションブラシを使えば約1週間で着色汚れが減り、自然な白い歯に導いてくれます。

磨き方が強いとセンサーが光って知らせてくれたり、アプリと連動して磨き残しも知らせてくれる機能もついています。ホワイトニングしたい方に、ぜひおすすめしたい商品です。

幼児用のおすすめ電動歯ブラシは?

パナソニック 音波振動ハブラシ ポケットドルツ キッズ
パナソニック 音波振動ハブラシ ポケットドルツ キッズ
口コミ

1歳の子が仕上げ磨きを嫌がって全然磨けず困っていました。光るのがいいのか、振動が気持ちいいのか、すごく気に入ったようです!助かりました

小さいうちから歯磨きの習慣をつけることは、とても大切なことです。幼児はまだ一人では十分な歯磨きはできないので、保護者が一緒になって使う仕上げ用の電動歯ブラシをおすすめします。

「パナソニック音波振動ハブラシポケットドルツキッズ」は、対象年齢が1才~6才になっています。1分間に約12,000回の音波振動で、エナメル質が薄い乳歯と、柔らかい子どもの歯茎に優しく作用して、汚れや歯垢を除去してくれます。乳歯が磨きやすいコンパクトなブラシになっていて、ヘッドの裏にLEDライトがついているので、見えにくい奥歯までしっかり磨くことができます。

幼児の歯と歯茎を考慮した設計で、しっかり汚れと歯垢を落としてくれる商品なので、幼児のための電動歯ブラシを探している方にぜひおすすめです。

電動歯ブラシおすすめ人気ランキングTOP3!

電動歯ブラシのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

値段も性能もさまざまな種類のおすすめしたい電動歯ブラシをご紹介してきましたが、人気のある電動歯ブラシは一体どれなんでしょうか。現在多くの人から支持されている、最も人気のあるおすすめ電動歯ブラシTOP3をお伝えします。

ランキング3位:「オムロン HT-B302」

オムロン HT-B302
オムロン HT-B302
口コミ

三年くらい使った前モデルからの買い替えなんですが、コンパクトになりパワーも強力になりました。 歯もツルツルになり、歯医者にほめられる歯と歯茎になりました。

おすすめ人気ランキング3位は「オムロン音波式電動歯ブラシ 」です。ボタン一つの操作で、初心者にも使いやすくなっているのでおすすめです。1分間に約25,500回のタテ、ヨコ振動があります。タテ振動では汚れを落として歯の表面をきれいにしてくれます。ヨコ振動では、歯周ポケットなどの汚れをかきだすようになっています。

軽量で持ちやすいように細身のデザインになっていて、30秒ごとに時間を知らせてくれるナビタイマーもついています。本体は水洗いできるので、いつも清潔に保つことができます。これだけ使いやすい機能がありながら、5,000円以内とリーズナブルな価格で購入できるのでおすすめです。

ランキング2位:「ブラウンオーラルB PRO1000 D205132MX」

オーラルB PRO1000 D205132MX
オーラルB PRO1000 D205132MX
口コミ

一本買ったら、たまたま帰ってきた子供にとられて直ぐに再購入… する程度に気に入ってます。

「ブラウンオーラルBPRO1000プロヴァンス」がおすすめ人気ランキング2位です。ブラシは上下振動と左右反転運動という3D丸型回転機能を持っており、16°に傾いた毛先が一つ一つの歯を包み込んで磨くように設計されています。そのため手磨きと比べると、歯茎のキワにある歯垢を2倍除去するといわれています。

歯科医が推奨するブラッシングにかける時間である2分間のタイマー付きで、「クリーンモード」と「歯茎ケアモード」の2種類のブラッシングモードがあります。力を入れ過ぎた場合には、自動にストップしてくれるという機能もついています。口コミ評価も高く、人気の電動歯ブラシになっているのでおすすめです。

ランキング1位:「ソニッケアー ヘルシーホワイト HX6713/43」

ソニッケアー ヘルシーホワイト HX6713/43
ソニッケアー ヘルシーホワイト HX6713/43

「クリーン」と「クリーン&ホワイト」という2種類のモードと、2分間のタイマーがついている「フィリップスソニッケアーヘルシーホワイト」がおすすめ人気ランキング1位の商品です。1分間に約31,000回の振動で歯の汚れや歯垢を落とすほかに、ステインを除去してホワイトニング効果も期待できる電動歯ブラシです。

イージースタート機能も搭載されていて、振動に慣れていない初心者のために最初の14回まではブラッシングのパワーが低めに、そして徐々に通常のパワーとなっていくようになっています。

クリーン&ホワイトモードとは、2分間のブラッシングのあとの30秒間、前歯を特殊な動作で磨くようになっていて、それによりステインが除去され自然な白い歯へと導いてくれます。

歯の汚れ、歯垢除去、ホワイトニングの他に、初心者への優しい配慮もされているというという優れた商品なので、すべての人に自信を持っておすすめします。

おすすめの電動歯ブラシのメーカー3つと代表製品のご紹介!

電動歯ブラシを作っているメーカーは国内外でたくさんありますが、この中からおすすめできる信頼あるメーカー・ブランドを3つ紹介します。さらにそのメーカーの代表製品も合わせてお伝えします。

ブラウン(BRAUN)

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000
ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000
口コミ

とても良いですね!!!ヘッドが回転するのは初めてですが、振動するだけのよりは、つるつるになり、汚れも落ちます!おすすめ!

ブラウンは、ドイツのクロンベルクにある小型電気器具メーカーです。日本では電気シェーバーでも名を知られていますが、電動歯ブラシでもおすすめしたいブランド製品がたくさんあります。

ブラウンの代表製品といえば「ブラウンオーラルB」です。特徴はブラシが3D丸型回転することで、歯を包み込むようにして汚れと歯垢を落とします。このようなブラシの動きをする電動歯ブラシは他社製品ではあまりなく、使用している人の評価も高いのでおすすめです。

パナソニック(Panasonic)

パナソニック電動歯ブラシドルツ
パナソニック電動歯ブラシドルツ
口コミ

デザインがとてもスタイリッシュ。軽いのに仕事はしてくれるので歯がとても白くなります。

日本の総合電機メーカーであるパナソニックの代表製品は「ドルツ」です。ドルツとは「Do Lasting Total oral care with Zest」の略で、『気持ちよく続けられる 歯と歯茎のトータルケア』を意味しています。

日本人は欧米人と比べて口が小さく、歯並びが曲線的なのが特徴です。そのためドルツの電動歯ブラシは、日本人の口に合わせてヘッドは小さく、届きにくい奥歯までしっかり届いて磨けるように設計されています。

極細毛ブラシを斜め45度にして、歯と歯茎の境目に充てるだけで、リニア音波振動が歯周ポケットの原因菌をかきだします。歯周病が多い日本人に適した電動歯ブラシといえるのでおすすめです。

充電も少ない時間できるように考えられ、騒音低減や軽量化という細部までこだわりを持っているパナソニックは、さすが日本が世界に誇れるメーカーです。

フィリップス

フィリップスソニッケアーダイアモンドクリーン
フィリップスソニッケアーダイアモンドクリーン
口コミ

フィリップスなので、歯磨き機能は文句ないです。

フィリップスは、オランダのアムステルダムにある多国籍企業です。日本には、東京都港区に株式会社フィリップス・ ジャパンという会社があります。フィリップスの代表ブランドといえば「ソニッケアー」です。

ソニッケアーは「電動歯ブラシ市場のロールスロイス」とまでいわれていて、電動歯ブラシの最高峰といわれるブランドです。その中でおすすめする代表製品は「ソニッケアーダイヤモンドクリーン」です。

ソニッケアーが独自開発した毎分約31,000回の超高速振動によって「音波水流」が作り出され、これによって歯垢を徹底除去するようになっています。歯や歯茎にも優しく、1週間ほど使い続ければ、自然な白い歯に導いてくれます。

歯周病やインプラント、歯科矯正中の人にも使えて、歯をきれいにしてくれるフィリップスのソニッケアーは、全ての人におすすめしたいメーカー・ブランドです。

電動歯ブラシの上手な使い方とは?

電動歯ブラシの基本的な使い方としては、まず電源は先に押すのではなく、口に入れて磨く歯に軽く充ててから電源を入れます。ブラシを歯に充てる角度は歯に対して90度、歯と歯茎の境目には45度がおすすめする角度です。

この時アシストタイプなら一緒に手磨きのように手を動かしますが、そうでなければ手を動かさずに、一つの歯に数秒間充てたら次の歯にスライドさせていきます。歯の裏側は、電動歯ブラシを横にしづらいところには、縦にしてから歯に充てて使います。

電動歯ブラシの推奨されている使用時間は、約2分間です。タイマーが内蔵されているものもありますが、無ければ砂時計などを利用して時間を守るようにしてください。

電動歯ブラシには、いろんなタイプのものがあります。そのため、すべて同じ使い方でいいとは限りません。購入した電動歯ブラシの説明書などをよく読んで、正しい使い方をするようにしましょう。

電動歯ブラシの活用方法とは?

電動歯ブラシは、どんな種類のものでも正しく使えば、今まで手磨きだけで済ませていた歯磨きより、ずっときれいに汚れや歯垢を落とすことができます。手磨きに慣れている人ならば、歯垢がつきやすい場所に電動歯ブラシを使うなど、両方使うことでさらにきれいに磨けるようになるでしょう。

歯の汚れや歯垢が落ちているかは、ある程度見ればわかりますが、隅々まで磨けているかは自分で判断するのは難しいでしょう。電動歯ブラシを正しく使えているか、自分に合ったものを使っているかを見てもらうために、定期的に歯科医に行ってアドバイスなどを受けることをおすすめします。

電動歯ブラシを使っているからと過信するのではなく、デンタルフロスを使うなど併用することも必要になる場合もあります。常に歯の状態をチェックすることを忘れないようにして、電動歯ブラシをよりよい歯の健康のために活用するようにしましょう。

電動歯ブラシにおすすめの歯ブラシ粉はどれ?

電動歯ブラシのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

普段の手磨きには歯ブラシ粉を使うのが普通ですが、電動歯ブラシに歯ブラシ粉は必要なのかと疑問を持つ人もいるでしょう。それは振動するから飛び散ってしまうのではないか、研磨剤や発泡剤が入っていているから、電動歯ブラシには合わないのではないかと考えるからでしょう。

電動歯ブラシにも、歯ブラシ粉は使った方がいいといえます。なぜかというと歯ブラシ粉は、歯周病や虫歯になりにくい成分を含んでいるものがあるからです。

どんな歯ブラシ粉が電動歯磨きに合うかというと、「清掃剤」「研磨剤」「発泡剤」の入っていいない、液体かジェルタイプのものがおすすめです。そして「フッ化剤」などの薬用成分が入っているものを選べば、歯周病や虫歯予防にもなります。

各メーカーから「電動歯ブラシ用」の歯ブラシ粉が売り出されていますので、手磨き用ではなく、そちらのタイプを使用することをおすすめします。

電動歯ブラシを使っていつもきれいな歯でいよう!

電動歯ブラシのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

たくさんのおすすめする電動歯ブラシを紹介してきましたが、自分に合った電動歯ブラシを見つけることができたでしょうか。機能や価格、使いやすさなどを考慮しながら、自分に合ったベストな電動歯ブラシを見つけてオーラルケアをしてください。

清潔で美しい歯は、人にいい印象を与える要素にもなります。手磨きだけで落とせなかった汚れや歯垢を、電動歯ブラシを使うことで除去率を大幅にアップすることができます。忙しい人には歯磨きにかける時間も減らせて、さらに今までよりきれいな歯を手に入れることができます。

虫歯や歯周病は、他の病気を引き起こす原因になることがわかっています。今からでも遅くありません。健康な歯と身体を保つためにも、電動歯ブラシを使って歯磨きする習慣をつけることをおすすめします。

Related