Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月15日

コンタクトレンズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

最近のコンタクトは、目の潤いを守ってくれるものや、黒目を自然に強調してくれるワンデイまで、かなり幅が広がって来ました。また、自分の眼鏡やコンタクトの度を知っていれば、医者の処方箋がなくても購入できます。コンタクトのおすすめや種類を知って、安全に使いましょう。

コンタクトレンズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

コンタクトレンズの種類と選び方

コンタクトレンズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

パソコンやスマホの普及と、長時間使用で視力が悪い人の人口が圧倒的に増えてきました。メガネも別に悪くはありませんが、メガネの不便な点はフレームが視界に入ることです。

その点、自分の瞳にフィットして、ゴミが入ったり上手に扱っていない限りまるで裸眼のように自然に見えるコンタクトレンズは、何をするにも楽の一言なので特に運動する人にはおすすめです。

そんなコンタクトレンズも、当初はハードしかなかったものが、今ではワンデーの使い捨てコンタクトから、ワンデーのカラーコンタクト、カラーコンタクトの種類まで進化しました。

視力矯正か、オシャレか、はたまた視力矯正をしながらオシャレもするか、選べるようになったコンタクトレンズの基本を知りつつ、現在コンタクトの悩みがあるのであれば、おすすめコンタクトレンズや関連用品を参考にしてみて下さい。

コンタクトレンズの基本の2種類

まずはコンタクトレンズの基本です。コンタクトレンズには「ソフト」と「ハード」の2種類があります。初めてコンタクトを使おうと考えている人、現在のコンタクトで視力が出なくなってきた人など、まずは「ソフト」と「ハード」の特徴を知ってみて原因の一つが当てはまらないか見てみましょう。

【ソフトレンズ】
①レンズの大きさは黒目よりも大きい(海外のカラーコンタクトであればさらに直径が大きくなる)
②振動でズレたりせずフィットするのでスポーツには向いている
③定期交換・長期使用タイプと1dayの使い捨てタイプがある
④目のトラブルが発生しても気が付きににくい

【ハードレンズ】
①瞳孔よりは大きいが黒目よりは一回り小さい
②レンズが硬いので視力矯正の効果が高い
③目にトラブルがあると気が付きやすい
④慣れるまでは違和感がある(慣れるまでの期間は人それぞれ)

コンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズを初めて使おうとしている人へのおすすめの選び方は、ソフトコンタクトのワンデー使い捨てタイプを選ぶことです。コンタクトはワンデーなら本当に毎日使い捨てれますが、2weekタイプなどとなるとそれなりに手入れが必要です。

まずはトライしてみる、という意味でワンデーが良いでしょう。ファーストコンタクトレンズに向いているのは付け心地の良い製品です。まずは眼科医で相談することも大切ですし、自分でチョイスできるのでしたら次の3つがおすすめです。

■デイリーズ トータルワン (アルコン)
■プロクリア ワンデー (クーパービジョン)
■バイオトゥルー ワンデー (ボシュロム)

極度に視力が悪いなどの場合

かなり視力の悪い人でしたらソフトコンタクトではメガネの時のように視力が出ない場合もあります。(種類によっては乱視用が販売されていないものもあります)そういう方はハードコンタクトがおすすめです。

ワンデーは基本的に30日分ずつ販売されているので、1ヶ月ずつメーカーを変え自分に合ったコンタクトを探すのも良いでしょう。生活スタイルに合わせてハードとソフトどちらがいいか担当医に聞いてみることも大切です。

コンタクトレンズおすすめ人気ランキング「TOP3」

まずは、品質とコストパフォーマンスの点から、おすすめのコンタクトランキング「top3」をご紹介します。顔と同じで眼も瞳も目の状態も人それぞれなので、口コミもそれぞれですが、使い心地などトータル的に人気のあるソフトコンタクトです。

「今のコンタクトがシックリこなくなってきたかも」という人や、「今のは意外と高いから」と感じている人は、ぜひメーカーチェンジの参考にして下さい。どれも通販で直ぐに購入できるので、お手軽に試してみることができてとてもおすすめです。

第3位 デイリーズアクア・コンフォートプラス【日本アルコン】

デイリーズアクア・コンフォートプラス
デイリーズアクア・コンフォートプラス
口コミ

私には良いコンタクトレンズです。 このコンタクトレンズだけは着けたまま昼寝しても目が痛くなりません 笑^ ^ レンズは薄く裏表が分かりにくいですが、そこは気を付ければ問題ありません。

第3位は、日本アルコンの「デイリーズアクア・コンフォートプラス」です。こちらのおすすめ点はその薄さと保水性です。素材には「PVA」という保水素材が使われているため、実はレンズ全体の約70%が水分で構成されているという、うるおい系コンタクトレンズです。

うっかり昼寝しても平気だった、という声もあるくらいその保水成分が眼球にソフトコンタクトレンズがくっついてしまうのを防いでくれます。また、デザインが形状保持性が高いという点も、レンズのフォルムが保たれてちょっとした乾燥でごろごろしにくいおすすめポイントです。

非イオン性素材ですので、汚れも付きにくくワンデーのコンタクトレンズとはいえ1日清潔感を保てます。

第2位 ワンデーアキュビュー・トゥルーアイ【ジョンソン&ジョンソン】

ワンデーアキュビュー・トゥルーアイ
ワンデーアキュビュー・トゥルーアイ
口コミ

今までモイストを使っていましたが,今回初めてトゥルーアイを購入しました.装着直後から以前のようなごろつきや異物感が全く認められず,入れていることを忘れて触ってみて初めて気が付くくらいです.無論個人差もあるでしょうが私には合っていた様です^^

第2位は、ジョンソン&ジョンソンの「ワンデーアキュビュー・トゥルーアイ」です。ワンデーアキュビューはコマーシャルで名前を聞いたことがあるでしょう。第2位にランクインしたのは、「トゥルーアイ」の方のコンタクトレンズです。

トゥルーアイがおすすめされる秘密は、装着感の良さです。「シリコーンハイドロゲル」というレンズ素材を使っているため、瞳への酸素供給を遮断しません。裸眼時の98%ほどの酸素が目に届き、UVカットもしてくれるという瞳に優しいおすすめコンタクトレンズです。

その付け心地の良さは、目の角膜と同じくらいになめらかなレンズの表面です。これはアキュビュー独自の技術のでおすすめ点の一つでもあります。

第1位 ワンデーアキュビュー・モイスト【ジョンソン&ジョンソン】

ワンデーアキュビュー・モイスト
ワンデーアキュビュー・モイスト
口コミ

トゥルーアイズを一度試しに買ったのですが、私には合わなかったようで すぐに乾燥し、一日持たずに替えるようなこともありましたので モイストに戻しました。 やっぱり、モイストの方が薄い分つけ心地もよく乾燥もしにくいですね。

おすすめランキング第1位も、ジョンソン&ジョンソンとワンデーアキュビュー・シリーズの人気の高さが伺えます。第1位のおすすめコンタクトレンズは「ワンデーアキュビュー・モイスト」です。

ジョンソン&ジョンソンのコンタクトは「モイスト派」と「トゥルーアイ派」に分かれますが、それぞれ付け心地の個人差があるからです。この「ワンデーアキュビュー・モイスト」もジョンソン&ジョンソン独自の「ラクリオン・テクノロジー」が、保湿成分をレンズに閉じ込めているので、一日中潤いが持続するとおすすめのコンタクトレンズです。

レンズ素材はトゥルーアイと同じく柔らかくて目になじむ素材ですが、「モイスト」はレンズのエッジ部分となる箇所に段差を作らないようにしているため、装着時の違和感が少ないと人気です。

【特徴・用途別】おすすめなコンタクトレンズ紹介

コンタクトレンズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

コンタクトレンズと一口に言っても、目の悩みなどはそれぞれです。目の悩みだけでなく、コンタクトレンズを使おうという事情もあります。

小学生の時はメガネっ子だったけど、中学で部活に入ったらメガネが邪魔になって来た、という人もいれば、イメチェンにコンタクトレンズに変えたいという人もいます。

また、視力には近視だけでなく乱視という状態の人もいます。以前は乱視のコンタクトレンズも少なかったのですが最近は技術の進化で各種メーカーからの発売も増えてきました。

ちょっと悩みを解決するために情報が欲しい、そういった人のために「視力の特徴・用途別」のおすすめコンタクトレンズを紹介していきます。

初めてのコンタクトはやっぱり一日使い捨て

フォーカス・デイリーズアクア
フォーカス・デイリーズアクア
口コミ

目にフィットして違和感が全くない。水分含有量が多くつけた感じは最高。そのぶん外しにくいがそこは二の次。

初めての方の、ファーストコンタクトレンズはやっぱりソフトの「1day」タイプをおすすめします。

フォーカスのデイリーズアクアは、その薄さから装着しやすいという点が挙げられます。初めての方は、どうしても「外す」より「着ける」ところで失敗しがちです。

このコンタクトレンズなら薄いので、コンタクトレンズの一部がが瞳に触れるとスルッと装着できる感覚があります。コンタクトレンズの水分含有量が多いので、なおさら瞳と馴染みが良く装用感自然なのでおすすめです。

このコンタクトレンズの特徴として、汚れや花粉がつきにくいという点も兼ね備えています。コンタクトレンズの汚れは目のゴロゴロした感じや痛みに繋がるので、初めての方には、そういった不快な点が軽減される優秀なおすすめコンタクトレンズとも言えます。

乱視が入っている人にはハードがおすすめ

メニコンZ
メニコンZ
口コミ

メーカー品は安心ですね。問題なく使えています。

乱視が強い人や、極度の近視の人は、ソフトコンタクトレンズでは視力が出にくいということがよくあります。そういう方におすすめなコンタクトレンズの種類は「ハード」です。

乱視矯正は、ソフトのコンタクトレンズでは相性も限りもあります。それほど視力が悪くても、処方箋なしでネット購入もできてしまう、しかもコンタクトの有名メーカーの「メニコンZ」はコスパの良さも人気です。

1dayの中でもコスパが良いと人気のコンタクト

WAVEワンデー・ウォータースリム
WAVEワンデー・ウォータースリム
口コミ

初めてのコンタクトだったですが、痛み、違和感等はなかったです。12時間を超えると目が疲れるのか少し見えづらくなるような気もします。

WAVEワンデーUVウォータースリムのおすすめポイントは、UVと書いてあるとおりコンタクトレンズにUV吸収剤を配合ています。紫外線B波ならおよそ97%カット、紫外線A波ならおよそ78%カットしてくれて、紫外線から瞳を守るだけでなく、目から入った紫外線による皮膚へのシミ予防にもおすすめです。

素材の水分含有率は58%とこれと言って悪くもなく、着け心地の滑らかさと、瞳への馴染みやすさもよく、くっきり見えるのに疲れにくいおすすめなコンタクトレンズです。

これで、コスパが良いのですから十分優秀なワンデーコンタクトレンズと言えます。違和感があるときは、とろみのある装着液を使う方法もコスパの良いコンタクトレンズにはおすすめです。

また、この「WAVEワンデーUVウォータースリム」には別バージョンの「WAVEワンデーUVエアースリム」があるので、どちらも試してみるのも良いでしょう。

中学生など激しい運動をする人にはスポーツ向けがおすすめ

シード ワンデーピュアうるおいプラス
シード ワンデーピュアうるおいプラス
口コミ

国産とのことで安心して使用できます 自分にはとても合ってるとおもいます

部活に勉強に忙しい中学生には、手入れの要らないワンデーのコンタクトレンズが一番おすすめです。その中でも「シード ワンデーピュアうるおいプラス」は、天然のうるおい成分である「アルギン酸」を配合しています。

「国産」と聞くだけでも何かと親は安心するものですが、このコンタクトも全行程を国内生産しているので安心です。

中学生なら外での活動の多い年齢ですので、コンタクトにUVカット機能があるものをチョイスするのも当然です。このコンタクトレンズもしかりとUVカット機能が備わっています。

また「ピュアうるおいプラス」のおすすめ点は、シードの独自素材である「SIB」を採用することで、汚れにくくさと、潤いをキープする機能もしっかり備わっていて、お子様には慣れやすいおすすめのコンタクトレンズです。

ツーウィーク(2week)のおすすめはやっぱりメニコン

メニコン2week プレミオ
メニコン2week プレミオ
口コミ

眼科さんのオススメでしたので、価格の安いこちらで購入。酸素透過性というのがレンズを選ぶ上では重要らしいです!プレミオは群を抜いて1番とのことでした!

2weekのコンタクトのチョイスで重視したいことは、コンタクトレンズの酸素透過率です。やっぱり、メニコンはその点においてもおすすめ度が高く、この「2weekメニコン・プレミオ」も酸素透過率が高く目が疲れにくく瞳に優しいことが特徴の、おすすめ2weekコンタクトレンズです。

眼科医もおすすめする「プレミオ」の良さは、しっかりと瞳が呼吸できる酸素透過率が2週間を経て捨てるまでしっかりと続き、コンタクトレンズの快適な着用感もキープしてくれるからです。

普通ならば、度数によってレンズの形状も変わって来ます。度数が高い人ほど着け心地が悪くなるのですが、レンズの度数に関係なくレンズの周辺部が均一の薄型設計であることもおすすめするポイントです。

おすすめのコンタクトレンズメーカ(ブランド)と代表製品

ジョンソン&ジョンソン

ワンデーアキュビュー ディファイン モイストアクセントスタイル
ワンデーアキュビュー ディファイン モイストアクセントスタイル
口コミ

つけ心地もよく、目薬を指す回数が他のものと比べて圧倒的に減りました‼︎ これからも使っていきます。

コンタクトレンズのブランド・メーカー名で耳にすることが多いうちの一つがこの「ジョンソン&ジョンソン」です。特に知名度が高い理由は「ワンデーアキュビュー」シリーズを輩出しているからです。

カラコンが流通した初期の頃は、ワンデーどころか日本人の瞳に合ったカラコンが存在していませんでした。そこで、満を持して登場したのが「ワンデーアキュビュー・ディファイン」です。

レンズのふちにくっきりとラインが入っていて、黒目ををパッチリ演出することができる、おすすめで人気のワンデー・コンタクトレンズです。

カラコンだけど「ワンデー アキュビュー」のつけ心地や快適さは変わらないと、学生やOLにも大人気です。カラコンだけど、いかにも感が少なく自然な感じで瞳を大きくできるとおすすめ度がとても高いです。

メニコン

メニコン・ワンデー
メニコン・ワンデー
口コミ

今まで使ってた物と全然違って、目にフィットします。1日つけても違和感ないです。メーカー品を気軽に買えてとても便利です。これからも利用させてもらいます。

コンタクトレンズで一番知れている名前が「メニコン」でしょう。特にメニコンは眼科との繋がりも深く、眼科医がおすすめするコンタクトレンズでもあります。

おすすめポイントは、昔からあるメーカーで安心・安全というだけでなく、着け心地にもあります。コンタクトレンズの進化と共に、しっかりと装着感や潤いのことも考えられたくさんのコンタクト商品を世に出して来ました。

眼科や眼鏡屋さんに行くとおすすめされるのは、メニコンの「メルスプラン」です。月々定額制でコンタクトを使うというサービスです。このメリットは、コンタクトレンズの不調であったり、トラブル時に新しいものと交換したりとサポート付きな点です。

コンタクトを使う人が、まだ子供の場合は「メルスプラン」がおすすめでしょう。子供のうちは視力も変わりやすい時期なので、サポートがあると損はしません。

シード

アイコフレ ワンデー UV
アイコフレ ワンデー UV
口コミ

直径が大きすぎると若作り感が出てしまうので、これくらいの直径が30代のOLには自然に盛れてちょうど良い! 私の場合ブラックだと印象が強すぎるし、ライトブラウンだと自分の黒目の境目が透けてしまうので、ブラウンが一番馴染やすい。 安くて、付け心地も良く、自然に盛れて良いです!

シードを愛用している人の中には、普段はマンスリータイプを利用していて、旅行やお泊りの時だけワンデーのコンタクトレンズを使う、というおすすめなコスパ向上方法を取っている人も少なくありません。もちろん2weekタイプもあります。

特に、口コミ多数なおすすめ商品は、「シード アイコフレ ワンデーUV・リッチメイク」です。瞳の輪郭をハッキリさせるカラコンですが、画像のような模様の仕掛けがしてあるので、瞳の色になじみやすいと30代~40代OLにも好評のカラコンです。

しかも、ワンデーカラコンなのに、超薄型でUVカット付きのサークルレンズなところも、おすすめポイントです。付け心地や、紫外線対策もしっかりされています。画像のように、1箱10枚入りのコフレ(小箱)があるので、自分にはどの色が馴染むか気軽に使ってみれるのもおすすめです。

コンタクトレンズの「正しい使い方」と「活用方法」

昔は、コンタクトレンズといえば眼科に行き診療してもらって購入する、という方法しかありませんでした。しかし、今やコンタクトもネットどころかドラッグストア・雑貨店でも簡単に購入できます。

そこで、多くの人が気軽に利用するようになった反面、コンタクトレンズによる失明や眼病が急増して社会現象にもなりました。これは、勿体ないからと使用期限やコンタクトレンズのケアをしなかったために起こったことです。

特にカラコン使用者が多く、おしゃれのためにと使い始めたのに、大変なことになってしまったという若い女性が多発しました。今では、ワンデー使い捨てのカラコンが販売されているので少しは安心ですが、正しい使い方を守らないと目の病気に悩まされることになってしまいます。

そうならないようにするには「使用期間を厳守すること」が大切です。コンタクトの使い方の注意点をご紹介します。

守って欲しい使い方

あなたの瞳を守るために、ワンデータイプのコンタクトレンズなら、まず絶対に毎日交換しましょう。気を付けたいのが「2week・ワンマンス」タイプのコンタクトレンズです。

これら、1day使い捨て以外のコンタクトレンズは、使い始めてから2week・ワンマンスが使用期限ではないことを知って下さい。使用期限のスタートは「ブリスターパックを開封」した時から始まります。

交換期限が過ぎてしまったコンタクトレンズには、その後落としきれない変性たんぱく質が付着しています。これが眼病の原因になることが多く、放置したまま使用すると、結膜炎を引き起こすだけでなく、角膜を傷つけることになり兼ねません。

もったいないし、まだ大丈夫だろうと、安易に考えてコンタクトレンズの視力が出にくくなるまで使うことは絶対にしてはいけません。

コンタクトレンズを快適に活用する方法

コンタクトレンズの汚れのなかでも、ホコリなどは直ぐに落ちますが厄介なのが「タンパク質」の汚れです。次のような症状を感じたことがある人、それはタンパク質汚れのせいです。

■午後くらいからよく目の乾燥を感じて目薬の回数が増える
■夕方頃にはなんとなく視界がぼやけたりして悪くなる
■レンズを外す時に目にくっついてなかなか取れないときがある

どうでしょうか、心当たりがある人も多いでしょう。これらの症状はタンパク質の汚れを取り除くことで解消できる場合がほとんどです。

「このレンズは自分に合ってないのではないか」と考えたり「レンズケア用品を変えてみようかな」と思ったりしてしまいがちですが、しっかりたんぱく質の汚れを落とすことを実践してみてから、コンタクトやケア用品を変えることをおすすめします。

ワンデー以外は日頃のタンパク質除去が重要です!

たんぱく質の汚れを毎日しっかり除去しないと、使っているうちに「紫外線・体温・乾燥による固着・空気による酸化」が伴って「変性たんぱく質」へと変化してしまします。

変性たんぱく質の付着は、装着時の違和感・レンズのくもり・乾燥しやすいなどの不具合の原因になるだけでなく、角膜損傷・結膜炎の原因になってしまいます。

しかも、外からではなく体内からくる汚れですので、普通の洗浄成分では落としきれない厄介な汚れです。そこで、しっかりとした洗浄液を選ぶことが大切になります。

揉み洗いや浸け置きの場合は、揉み洗いの回数や、浸け置きの最低時間数を守ったりと、コンタクトレンズのケアをしっかりとすることが大切です。たくさんのケア用品が出ていますので、自分が使いやすい洗浄力のあるケア用品を選びましょう。

コンタクトレンズ「おすすめ関連商品」

1dayの使い捨てコンタクトを使っている人はあまり関係ないでしょうけれど、2week以上のコンタクトレンズ使用者の場合、しっかりケアしないと眼病にかかったり、装着感がどんどん悪くなってしまいます。

そんなことがないように、とてもおすすめの関連商品をご紹介します。1day使い捨ての方も、途中で装着しなおしするために装着液に注目してみて下さい。

ヒアルロン酸Na配合の優秀保存液なら「BIOCLEN ONE」

BIOCLEN ONE(バイオクレン・ワン)保存液
BIOCLEN ONE(バイオクレン・ワン)保存液
口コミ

色々試してますが、この商品はトロミが多い?からなのか、装着してたかんじが一番心地よいです。 値段もリーズナブルです。あとコンタクトをいれていると乾いて目が痛くなることがあったのですが こちらの洗浄液に変えてから改善されました。

BIOCLEN ONE(バイオクレン・ワン)の人気はダントツです。何がおすすめかというと、保存液のとろみです。ワンデー以外の人に良くある違和感の悩みが、ヒアルロン酸Na配合のおかげで解消されるおすすめ商品です。

使い方は、コンタクトに本剤を着けたら、両面を軽く20回程度指でこすってから、また本剤で洗い流します。そしてレンズケースに本剤とコンタクトを入れて最低4時間放置するだけです。

装着液がいらないくらいに、フィット感が良いと口コミ多数のおすすめ商品です。バイオクレンには青色の商品もありますが、そちらはトロミのないタイプになっています。しかも、これでコスパも良いのでリピーター多数のかなりおすすめな保存液です。

浸けるだけ!洗浄力重視の洗浄液なら「CLEAR CARE」

AO セプトクリアケア
AO セプトクリアケア
口コミ

こすり洗いするのがめんどくさくて、今までの液ではこすり洗いしなくて寝ることがよくあった。これでは良くないということで、楽できるであろうこの商品を購入! 結果はというと、、大正解でした! 面倒くさがりの私でも毎日綺麗に洗浄してくれて、レンズはいつもピカピカです。 価格もそんなに高くないし、1ヶ月に1本くらいの購入頻度です。 おすすめです!

ソフトコンタクトレンズの洗浄液には3タイプあります。①ポピドンヨード系ヨウ素タイプ②過酸化水素タイプ③MPS(マルチ・パーパス・ソリューションの略)です。特に眼病予防に洗浄力を重視しつつも、洗浄を楽したいならこれがおすすめです。

AOの「セプトクリア・ケア」は②の過酸化水素タイプで消毒液・中和剤がセットになったタイプです。カラーコンタクトには使えません。なぜなら、カラーコンタクトの色素を溶かすことがあるからです。

浸けるだけのおすすめ商品ですが、それくらい洗浄力の強い洗浄液ですので、装着前にはしっかり中和剤で中和させてから装着しましょう。特に、汚れが蓄積されやすいワンマンスを使っている方におすすめです。

手放せなくなる!装着液ならお馴染み「ロートCキューブ」

ロートCキューブ モイスクッション
ロートCキューブ モイスクッション

¥ 756

口コミ

これを使ってもう6年は経ちます。何も付けないと夜は乾いてしまい取る時に痛いですが、これを付けると痛くないんです。私はこれ無しでコンタクト生活は考えられません。良い商品です

装着液なら言わずと知れた「ロートCキューブ・モイスクッション」です。モイスクッションと名乗るだけあって、本当にふわりと装着できると人気商品です。

ドラッグストアでも購入できますが、よく売り切れていることがあるので、他の用品のついでにネット購入する人も少なくありません。ソフトでもハードでも使用できて、レンズの曇りも防いでくれるかなりなおすすめ商品です。

2weekタイプ・ワンマンスを使っている人ならご存知のとおり、ケア不足だと装着感が悪くなってく一方です。そんなときに、ゴロゴロした違和感などの装着時のイライラを解消してくれるのがこの「モイスクッション」です。

瞳に丁度なクール感で着け心地もよく、その名のとおりクッション役をしかりと果たしてくれる人気の装着液です。外出中にゴロゴロした時も一度コンタクトを外して、モイスクッションを垂らして装着すると、嫌な感じも直ぐに回復します。

使用期限を守って安全にコンタクトを使いましょう!

コンタクトレンズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

昔、輸入品のカラコンが流行り始めたころから、目にアオミドロが発生して失明寸前に至ったり、取り返しのつかない状態になってしまった女性が多発してしまったことがありました。

それは、コンタクトレンズのケアを甘く見ていたからです。できるだけお金をかけずにオシャレしようとする軽い気持ちが、レンズに細菌などを繁殖させる結果になってしまいました。

現在も、ケアを怠ったために結膜炎だけでなく、「角膜炎・角膜びらん」や瞳の酸欠状態による「角膜内皮障害」を起こす人も少なくありません。コンタクトレンズをするなら、ケアもしっかりするということを守ることが大切です。

また、使用期限には意味があります。安全に使ってもらうための使用期限ですので、しっかり守って、快適な生活を送りましょう。

Related