Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月15日

パワーボールのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

腕の筋力を鍛えたいあなたにオススメの筋トレアイテムパワーボール。今回はパワーボールの中でも特に人気の商品と、種類、選び方、人気ポイントを紹介していきます。今まで鍛えづらかった手首や二の腕を効果的に鍛えられるので是非筋トレ商品を選ぶ際の参考にしてみて下さいね。

パワーボールのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

パワーボールの種類と選び方

パワーボールのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

パワーボールとは、指や手首、前腕を鍛えることができるトレーニング器具です。トレーニング器具でありながら、筋肉に強い負荷を与えるものではないため、指や手首、握力を使うスポーツをしている人でも、気軽にトレーニングやリハビリに利用できます。

気軽に使えるので、スポーツをしている人はもちろん、手首や二の腕を鍛えたいという人にはおすすめのトレーニング機器です。

パワーボールの種類

パワーボールには紐付きのものとひもなしのものがあります。ひも付きとひもなしのどちらもトレーニング効果は同じと言えますが、パワーボールを使ったトレーニングをスタートさせる方法に違いがあります。

パワーボールはボールの中にあるローターを回転させることで負荷を得て、手のトレーニングになる器具です。ひも付きの場合は、ローターの穴にひもを差し込み、ローターの溝にひもを巻き付けます。その紐を引き抜いてローターを回転させ、手首で回転数を上げていきます。

ひもなしのパワーボールは、手のひらにパワーボールを乗せ、手のひらでローターを回転させ、そのまま手首で回転数を上げていきます。パワーボールは、基本的にはこの2種類に分かれます。

パワーボールの選び方

ひもありとひもなしがあることをご紹介しましたが、最近ではひもなしタイプが人気です。ひもを巻き付ける手間がないため、続けやすいため、おすすめです。また、ひもを巻き付けることが苦手な人でも気軽に使うことができます。

ひものありなしにかかわらず、強度の選び方は重要です。最大負荷の数値が高いほど、トレーニングの効果は上がりますが、初心者は無理のない重さのものを選ぶといいでしょう。

また、カウンター付きのものもあり、自分のトレーニングを数値で見ることができるため、モチベーションをあげるのに役立つものもあります。まずは自分が無理なく楽しめるものを選ぶことをおすすめします。

パワーボールおすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位

RPM Sports NSD パワーボール

RPMSports パワーボール
RPMSports パワーボール

¥ 5,680

口コミ

自分にはこのタイプが一番合ってるらしく、上手くタイミングが合い、ぐんぐん回る。三〇分に一回ぐらい、リラックスさせ、体をほぐすため、使っている。お薦め。

高性能のローターを使用しているため、静かで振動がほとんどなく、滑らかに回転しまし、最大で16㎏の負荷をかけることができます。壊れやすいといわれているパワーボールですが、こちらは丈夫で、品質にも定評があります。

ランキング2位

NSD Spinner パワースピナー PB-588C

パワースピナーPB-588C
パワースピナーPB-588C

¥ 10,900

口コミ

迅速で丁寧な対応でした。 商品については、重い!の一言に尽きます。音が静かで、回しやすいです。廉価版はそれなりだと感じ、正規品を買って良かったです。ヒモ無しでも十分回せて、カウンター付き!やはり買うなら正規品!

多くのスポーツ選手も愛用している、安心のブランドのおすすめパワーボールです。しっかりとトレーニングをしたい人は、壊れやすいものよりも、しっかりとしたものを選ぶほうが、長持ちするのでおすすめです。重量が重いタイプになるので、持つだけでも負荷が大きくなります。

カウンター機能がついていて、1分間にどれくらいの回転数で力を加えているかが、デジタル表示されます。回転数や、スピード、トレーニング測定など、カウンターも多機能になっているので、トレーニングの目安にもなりおすすめです。

ランキング1位

RPM Sports NSD パワーボール Diablo

RPM Diablo
RPM Diablo
口コミ

以前からパワーボールを使っていましたが、ヒモを使わないオートスタートのものが欲しくなりました。 いろいろなモデルがあって悩みましたが、メタルのモデルがかっこ良いと感じ、これにしました。 そもそもメタルなので重いのですが、それに加え、最大回転数18000rpmで高負荷をかけられるので、とても満足です。

最大回転数18000rpm、最大27㎏相当の負荷をかけられることができるので、本格的にトレーニングをしたいという人にもおすすめできるパワーボールです。オートスタート機能があり、ひもを使う必要がないため、スタートに手間がかかりません。

カウンターもついているので、回転数や目で見てわかります。リアルタイムでの回転数だけでなく、累積の回転数を表示したり、最高回転数が表示できるので、レベルアップへのモチベーションになります。タイムアタック機能もあるので、タイムトライアルに挑戦してみるのもいいでしょう。測定モードの切り替えや、リセットも簡単にできるので、カウンター機能も使いやすくおすすめです。

特徴・用途別おすすめのパワーボール

手首を鍛えるのにおすすめ

パワーボールは主に手首を鍛えるのにおすすめのトレーニング器具です。パワーボールは中にある球体を回転させ、遠心力で手首と握力を鍛えます。手首を回しながら回転の勢いをつけていくので、適度な負荷をかけたまま、トレーニングができます。

パワーボールは、一般的には6kg~12kgのダンベルと同じ程度の負荷がかかります。手軽な割には大きな負荷をかけることができます。

パワーボールは負荷を大きくかけられる器具ですが、自分で調節することで、負荷の強弱をつけることができるという点で、けがをしにくいとも言えます。手首は急にトレーニングをすると、傷めやすい部分なので、パワーボールを使用することをおすすめします。

パワーボールを使用するときに、手首を大きく回すと、手首を重点的に鍛えることができるので、無理のない範囲で大きく回すやり方がおすすめです。

ACELETE リストボール

ACELETE リストボール
ACELETE リストボール
口コミ

以前、手首が腱鞘炎になってしまったので、腕を鍛えようとトレーニングのために購入しました。 負荷がかかって効いてるのを実感できます!テレビを見ながらでもトレーニング出来るので良いです。

紐なしタイプのパワーボールです。ひもを通す手間がないので、簡単にトレーニングができるのでおすすめです。手で握りやすいサイズ感で、負担なく使用することができます。強度を自分でコントロールすることができるので、コンディションに合わせて、目的に合わせて、負荷を調節できます。

手首は傷めやすい部分でもあるので、無理のない範囲で、できるだけ長期間で鍛えていくことをおすすめします。まずは自分が無理なく楽しめることが大切です。

このパワーボールは、ひもを取り付ける必要がないだけでなく、回転しているときの音も静かなので、ながら運動にも最適です。スポーツをしている人だけでなく、腱鞘炎などのリハビリ、予防にもおすすめです。

バスケプレーヤーにおすすめ

バスケを上達させたい人には、パワーボールは特におすすめのトレーニング器具です。バスケをやっていると、特にシュートを打つとき、手首から肘までの腕の筋肉を主に使っています。全身の筋力トレーニングをしているときには、この手首周りの筋肉を重点的に鍛えることは難しいでしょう。

パワーボールは、パワーボールを握ることで、普段鍛えにくい手首や肘までの筋肉を効率よく鍛えることができるので、バスケプレーヤーにはおすすめです。また、スポーツをやっていると、けがにも注意しなくてはいけません。大切な腕を傷めてしまっては、バスケを楽しむこともできません。

パワーボールは、自分に合った負荷でトレーニングでき、筋力トレーニングの中でも、けがの少ないトレーニングです。けがにも気を付けながら筋力を鍛えられるので、スポーツをしている人にはおすすめです。

ValueDeal リストボール

Value Deal リストボール
Value Deal リストボール
口コミ

オートスタートかつデジタルカウンターが付いてる物では最安かと思います。 デジタルカウンターは無いより有った方が楽しく使えると思います。 自身のトレーニングの目安やだけでなく、友人と競争して遊ぶのも楽しいですよ。 LEDは青と赤の2色が回転中常灯します。

LED発光機能がついているので、回すと光り、見た目も楽しめます。手軽に購入できる価格ですが、カウンター機能もついているので、一緒にバスケをする仲間と、楽しみながらトレーニングするのにおすすめです。

持ち運びもしやすい重さなので、チームでトレーニングをし、モチヴェーションをあげていくことができます。楽しみながら鍛えたい人、持ち運びをしたい人には、特におすすめのパワーボールです。

紐なし

パワーボールには、ひもありと、ひもなしのタイプがあります。まず、ひもありのタイプは、パワーボール内のローターにひもを巻き付け、巻き付けた紐を勢いよく引っ張ることで、ボールを回転させ、遠心力を作り出します。

かつては一般的だったひもありタイプですが、ひもを巻き付けたり引っ張りすることにコツが必要で、うまくできない人も多くいます。そこでおすすめなのが、ひもなしタイプです。ひもを引っ張らず、自分の指で中のボールを回し、反動をつけ、遠心力を作り出します。

ボールが回り始めたら、すぐに手首を回し、勢いをつけていくといいでしょう。ひもを使うよりも手軽にできるので、初心者には特にひもなしタイプがおすすめです。

YOU&Co. リストボール

YOU&Co. リストボール
YOU&Co. リストボール
口コミ

リストボールは手で回しながら、回転数(負荷)を調整することができるので、自分にとって丁度よい負荷で握力・手首・腕の筋肉を鍛えることができるので便利ですね。 リストボールを回す際のコツですが、まずは手首を固定して、円を描くように手をスムーズに動かすことで、ボールの回転が加速して遠心力が高まっていきます。回すコツをつかんだら、腕も動かしながらやるのがおすすめです。

紐なしのものを初めて使うという人、パワーボール初心者という人におすすめのパワーボールです。回転をかけないと、250gと軽量で、サイズも野球ボールほどの小さめなパワーボールです。

まずは手軽に始めてみたい。今までひもありを愛用していたが、ひもなしも試してみたい。という人には、試しやすい価格というのもおすすめのポイントです。

とても軽いパワーボールですが、回し方によって負荷の強度はあげていけるので、重量感をそれほど必要としないひとにはおすすめです。

オートスタート

オートスタート機能は、ひもで回転させるものではなく、本体の中にあるボールを手で回していき、回転させます。

やり方は、簡単で、本体の中にあるボールを回していき、途中で引っかかるところまで回したら、そこからさらに回りきるところまで回し、回らなくなったら手を離すというやり方です。

中のボールを回し切ることで、手を離したときに反動力で回転が始まります。これがひもの代わりになり、コツもいらないので、簡単に回転を始めることができます。

また、オートスタートの物は作りが単純であるので、壊れにくいのも魅力です。ただ、オートスタート機能の物は、比較的負荷の軽いものが多いので、自分に合う負荷をかけられるものを選ぶことをおすすめします。

RPM Sports TITAN AUTOSTART PRO

TITAN AUTOSTART PRO
TITAN AUTOSTART PRO
口コミ

効果は効いている気がします。パワーボールを回転させる方向、時計回りと反時計回りでは使用する筋肉が異なるようなので空いた時間に十分活用できています。また腕を伸ばして保持したり掌側を上面に保持したりと持ち方が色々あるようで融通がきくようです。 永く使えそうなのでしっかりした製品を購入して良かったと感じます。

最大回転数18000rpm、最大39.6kg相当の負荷をかけることができるおすすめのパワーボールです。オートスタート機能で、手軽に使えるにもかかわらず、負荷はかなり強く、しっかりとトレーニングしたい人にもおすすめです。

落下時の衝撃にも強い特許構造がされており、壊れにくいのもおすすめできるポイントです。同じメーカーの物よりも、一回り大きいサイズで、持つときに握るだけでも力が必要なため、回転数だけで手首を鍛えるだけでなく、自然と握力も鍛えることができます。

手首、腕、握力など、トータルでトレーニング効果が高いので、トレーニングに慣れてからも長く使用できるので、おすすめです。

おすすめのパワーボールメーカー・ブランドと代表製品

手軽にどこでもトレーニングできる、人気のパワーボールは、現在たくさんの種類が販売されています。

同じパワーボールと呼ばれているものでも、手軽に玩具のように使えるものから、壊れにくく負荷をかけやすいなど、トレーニング器具として、本格的なものまであります。

ここではパワーボールを販売しているおすすめのメーカーを紹介します。自分の目的に合ったパワーボールを選び、効果的に楽しくトレーニングしましょう。

Zacro

紐なしのパワーボールが増えてきていますが、ひもありひもなしにこだわらないのであれば、おすすめしたいのがZacroです。お手頃価格で始められ、耐久性もあるので、安心して使えます。初めての人にもおすすめのメーカーです。

Zacro リストボール

Zacro リストボール
Zacro リストボール
口コミ

野球をやっている息子の為に購入しました。買ってから毎日使っていて、これ凄い、手首に来るーと喜んで使っています。腕にも負荷が掛かるように工夫しています。ピッチングのトレーニングにも最適のようです。喜んでくれたので買って良かったです。

巻いた紐を強く引き抜くことで回転させるタイプのパワーボールです。価格は手ごろですが、しっかりとしたパワーボールなのでおすすめです。

穴の開いたほうを下に向け、手首を回していきます。手首から肩までを鍛えられる運動器具です。ひもを巻き付けるタイプですが、説明書もついているので、だれでもきちんとまわすことができます。

このパワーボールは、ストラップと収納ケースがついていて、持ち運びもできます。パワーボールは手軽にいつでもできる分、きちんと収納しておかないと、壊れてしまう危険性もあります。

しっかりとしたケースがついているので、故障のリスクも少なく、長く使うことができるのでおすすめです。

NSD Spinner

パワースピナー PB-688AML

初心者からアスリートレベルまで、誰もが使用できるように、種類が豊富にそろえられているのがNSD spinnerです。本格的に鍛えたい人も、気軽に使ってみたい人にもピッタリの商品があり、おすすめです。デザインが豊富なのも魅力です。

PB-688AML
PB-688AML

¥ 5,580

口コミ

回す回転数によって光の色が変わります。腕にかかる負荷の具合が色でもわかるのは便利で、暗がりではとてもきれいです。

スピードによってLEDライトの色が変わる、おすすめのパワーボールです。たくさんのパワーボールを販売しているNSD Spinnerの中でも、回転するときのライトの楽しさで人気を集めているおすすめ商品です。紐がないオートスタート機能で便利で、さらに音も静かでうるさくないので、自宅でのながらトレーニングにもおすすめです。

RPM SPORTS

品質の良さに定評があり、おすすめなのがRPM SPORTSのパワーボールです。負荷の強さも気軽に始められるものから、本格的な筋トレに対応できるものまで多様な種類をそろえています。どれも、耐久性、トレーニングのしやすさ、音の静かさなどに定評があるのでおすすめです。

パワーボール 280Hz AutostartClassic

280Hz Automaric Classic
280Hz Automaric Classic

¥ 5,680

口コミ

ただのオモチャと正直舐めてました 手に取った瞬間慣性に合わせて手首をぐるぐる すると…ギュィィーンと加速して夢中で回して しまいました!コレは毎日続けたらかなり 鍛えられますよ。

オートスタート機能が付き、最大回転数18000rpm 、最大16㎏の負荷をかけることができるパワーボールです。使いやすい負荷で、特に人気の高い、おすすめのモデルです。

280Hzの高性能ローターを搭載しているため、音も静かで、振動がほとんどなく、回転がとても滑らかで、使い心地が良いため、特におすすめです。どのパワーボールがいいか迷ったときには、こちらが使いやすいでしょう。

パワーボールの使い方

パワーボールのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

パワーボールは手首や握力、腕を鍛えるのに効果的なトレーニング器具ですが使い方に、コツがあります。正しく使えば、けがもなく効果的に筋肉を鍛えられるとても便利でおすすめのパワーボール。使いかたは簡単なので、コツだけ押さえておきましょう。

回し方

紐付き

紐付きの場合は、まずボールの中のローターの穴にひもを差し込みます。ローターに溝があるので、その溝に沿ってひもをきつく巻き付けます。最後に引っ張ることができる分、残してしっかりと巻き付けましょう。ローターにある溝に対して平行にまっすぐひもを引っ張ると回転がスタートします。

紐なし

紐なしの物は、ボールの中のローターに、回す方向を示す矢印があるので確認しておきましょう。オートスタート機能のモデルは、矢印の方向にローターを15回程度回します。もう回せないというくらいまで硬くなったら、ローターを回していた指をローターから離します。ローターから指を離せば、回転がスタートします。

上手に回すコツ

ボールの回転が始まったら、ボールの回転に合わせてて手首を回すことで、ボールの遠心力によって、手首や手のひらに負荷がかかります。

この時回す方法は、負荷のかかる方向です。方法がわからない場合には、まず手首を回さずに、ボールを握ってみましょう。ただボールを握った状態でいると、負荷のかかる方向が分かります。方向が分かったら手首を回していきましょう。

パワーボールの効果

パワーボールを回してみると、手首から肘にかけての筋肉に効いていることを実感します。しかし、パワーボールの効果は、手首や腕だけではなく、握力にも効果があります。

握力への効果

握力を鍛えるためには、手のひらの筋肉や前腕の筋肉を鍛える必要があります。この筋肉を鍛えるためにウエイトなどを使用すると、慣れていない人は関節などを傷めやすいので注意が必要です。

そして、握力を鍛えるトレーニングは実感しづらく、傷めやすいトレーニングのため、低負荷で持続する必要があります。

パワーボールはながらトレーニングも可能で、毎日手軽にできます。また、関節などを傷める心配も少なく、握る力、前腕の筋肉を鍛えることができます。

握力はすぐに鍛えられる部分ではありませんが、毎日のパワーボールのトレーニングは効果的に握力を鍛えることができます。

おすすめの自宅トレーニング

パワーボールはテレビを見ながらも、少し時間が空いた時などにも手軽にできるトレーニング器具です。サイズも手のひらサイズなので、置き場所にも困らないので、自宅でのトレーニングに取り入れやすいでしょう。

腹筋や足の筋肉と違って、手首や握力は、なかなか鍛えにくい部分でもあります。無理をすると傷めやすい部分でもあるので、トレーニングも後回しになってしまいがちでしょう。

パワーボールを使えば、楽しく手軽にトレーニングができます。負荷量にバリエーションがあるだけでなく、色やライト付き機能、カウンター機能など、楽しい機能もあるので、毎日続けるモチベーションにもなります。鍛えづらい部分だからこそ、楽しく続けられるパワーボールで、自宅トレーニングを始めてみましょう。

Related