Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月05日

体重計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

体重計を購入したいけれど価格も機能も測定項目も違うのでどう選んで良いかわからないという声を聞きます。体重計の場合多機能で高額だから一番良いとは限りません。誰が使うか、目的によっておすすめの体重計は変わってきます。目的別におすすめの体重計をご紹介します。

体重計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

体重計の種類と選び方

体重計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

体重計の種類

体重を測るのが体重計。体重から体脂肪、筋肉量、内臓脂肪量など体を構成している要素を分析するのが体脂肪計または体重組成計と呼ばれます。

現在では体重計が体重組成計が兼ねているもモデルも多く、測定できるデータの種類、特徴、操作性、アプリとのデータ連動性、スタイル、大きさも大きく異なります。

気になる価格も2,000円台の基本機能モデルから、8カ所の接触点で測定し両腕・両脚・体幹それぞれの測定が可能なハイテク機器は30,000円台で販売されています。

体組成計で測れるデータ

体脂肪

体脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪の二種類があり、体脂肪の測定方法には下記の二種類があります。

①全体重から体脂肪量の割合を算定し%表示する。この場合には体脂肪の実量が必要になります。

② BMI(ボディマス指数)は身長と体重から肥満度を割り出し、肥満度表を参照して自分の体脂肪のレベルを確認する方法です。

【  BMI =体重 ➗ 身長(m)➗ 身長(m) 】

日本肥満学会の肥満基準によると標準のBMIは22。BMIが25以上になると生活習慣病の危険性が高くなります。

体脂肪レベル

内臓脂肪レベルの測定・算出方法は各社で異なりますが、体脂肪の中で特に内臓脂肪の面積の大小を各社が独自の調査データ、独自の算定方法でレベル化したもの。各社で表示値に違いが出るものの、血中に含まれる脂肪やインスリンの働きに影響を与えるのは内臓脂肪の量なので生活習慣病が気になる方にはおすすめの測定項目です。

皮下脂肪率

こちらは体重に占める皮下脂肪の割合で、二の腕やお腹周り、お尻や太もものスリミングを目的に体重・体組成計を使う方にはおすすめの測定項目です。

骨格筋肉率

筋肉に分類される3つの種類のうち、体を動かすための筋肉が「骨格筋」が全体重に占める割合が骨格筋肉率。この骨格筋の量が増えると、基礎代謝量が増加しエネルギーを消費しやすい=痩せやすい体の目安となります。筋肉の他の二種類は、内臓を作る「平滑筋」、心臓を作る「心筋」です。この骨格筋率はヘルスメーター各社が独自に算出した測定式を元に骨格筋量を元に算定されます。

体重計の選び方

あまりに種類が多いのでどの体重計を選んだら良いかわからないという声をよく聞きます。ただ単に体重だけ知れればいいといいうなら、どんな体重計でも構わないでしょう。

しかし、最近では体重だけでは自分の肉体のコンディションが分からないので、せめて体脂肪がどのくらいなのか知りたいと、普通の体重計だけでは満足しないという傾向にあります。

体重計の選択に重要なのは目的をはっきりさせることです。目的が明確になると自然と目的に合致しない機種は消去され目的に適したおすすめの数種類が選択肢に残ります。その後は比較検討の上、あなたに最もおすすめの体重計に絞り込みができます。

体重計を使う7つの目的

体重計の用途には下記の7つのパターンが考えられます。

①ダイエット目的
体重以外に体脂肪、筋肉量など体組成データも測れる機種がおすすめ。ベーション向上に効果的なアプリの充実度も重要な検討材料

②健康管理に活用したい
体組成計、血圧計との連動、アプリが充実したモデルがおすすめ

③正確な体重測定
業界トップのタニタとオムロンがおすすめ

④一人暮らしで使いたい
低価格から平均的な価格帯、収納しやすい薄型がおすすめ

⑤赤ちゃんの成長記録に使用したい
最小測定体重が低い機種。赤ちゃんに特化したデザインもおすすめ。アプリとの連動で成長記録が残せる機種もおすすめ

⑥スマホとの連動させたい
全てのデータが見られる機種がおすすめ

⑦家族全員で使いたい
自動で測定が始まる、体重によって自動的にデータを個別に蓄積できる、表示文字が大きく見やすいなどの機能がおすすめ

次世代型のおすすめ体重計

InBodyDial( プレミアム体組成計インボディダイアル)

両腕、両脚、体幹が部位別に測定可能なプレミアム体組成計インボディダイアル H20B
両腕、両脚、体幹が部位別に測定可能なプレミアム体組成計インボディダイアル H20B
口コミ

通っているジムと同じ機種を自宅用に購入しました。まず全てのデータがスマホで管理できるので便利。体脂肪率、体脂肪量や筋肉量のアドバイスも見られるので非常に使いやすいです。

家庭用体重計の中で30,000円台という最高価格帯に位置するのが「InBody」のインボディダイアルです。

InBodyは米国の会社で世界80ヶ国以上の医療機関、大学や企業の研究施設の臨床検査、健康や栄養指導に使用されているプロフェッショナル向きの大型で精密な体重計・体組成計メーカーとして知られています。

そのInBodyが主にアスリートや本格的に体づくりに取り組む一般消費者向けに開発したのがインボディダイアル。日本では現在インボディダイアルH20Bというモデルが入手可能です。

InBodyBAND(体組成計機能付き活動量計バンド)

体組成計機能付きの活動量計インボディバンド InBodyBAND
体組成計機能付きの活動量計インボディバンド InBodyBAND

¥ 17,820

口コミ

ランニングの際は距離、時間、スピード、歩数と心拍数を計測・記録。フルマラソンに向けトレーニングしているので健康と運動のデータを1つのアプリで見られるのが良いです。

インボディダイアルH20Bのおすすめ5つの特徴は次のとおりです。

①両腕、両脚、体幹別に測定データが測定できる
②両手を含め8つの接触電極で測定を行うのでデータの再現性が高い
③同社が発売する”インボディバンド”というウェアブルとの連携により、体重・体組成データと運動と睡眠データが同じアプリで記録・参照できる
④直感的に理解しやすいデータ管理アプリ「インボディ」で表示される
⑤世界中のユーザーと結果が競えるアプリのランキング機能つき

本格的にトレーニングするアスリートにはこの体重計は非常におすすめです。より幅広く健康・トレーニングの進捗が表示されます。体重や筋肉量などのグラフ表示は直観的に理解しやすいと好評です。

また、「結果解説」というアドバイス機能も参照できて、ダイエットやトレーニングの指標として活用できる付加価値があるのもおすすめ点です。

kerätä パンダ ベビースケール

ケラタ社製パンダスケール:5グラム単位で赤ちゃんの成長が測れる体重計
ケラタ社製パンダスケール:5グラム単位で赤ちゃんの成長が測れる体重計

¥ 12,800

口コミ

ベビースケールは短期間しか使えないものが多いので躊躇しましたが、この製品はトレイを外せば60kgまで測れるので購入決定。自宅でオムツ交換時に気軽に測れて便利です。

フィンランドの企業ケラッタが販売するパンダベビースケールは赤ちゃんの体重が日々測定できるおすすめのベビースケールです。乳児の頃は体重が増えたり減ったりとママはハラハラするのが当たり前です。

数グラムの単位での増減も、赤ちゃんにとってはとても重要な成長の目安になります。産後、後になって「もっと早く買っておけばよかった」というママも少なくありません。

価格は7,000円~15,000円前後ですが、赤ちゃんの体重計ならではの心配り溢れた機能と、30キログラムまで測れるので新生児から9歳時まで使用できる点からもおすすめの体重計です。出産祝いのプレゼントにも好評でおすすめです。

パンダ・ベビースケールのおすすめ「5つの特徴」

①最大のおすすめポイントは最小測定単位が5グラムであること。ミルクを飲む前後に体重を測って飲んだミルクの量が推測できたり、日々の成長もしっかり測定できます。

②赤ちゃんの体重測定の難しさは赤ちゃんがじっとできないこと。ケラッタのパンダには青赤ちゃんがいる家庭におすすめの平均測定機能が付いているので赤ちゃんが動き回ってもしっかり測定できます。

③スケールは中心に向けて柔らかにカーブした形状。赤ちゃんを寝かせて、立たせて、座らせて、など赤ちゃんの体重を測りやすいおすすめのデザイン

④付属のトレーは赤ちゃんを安心して載せやすい形状。さらにタオルや布を敷いた場合も、その重さを測定値から取り除くゼロ機能付き。

⑤出産祝いにおすすめの赤ちゃん向け体重計ですが、もちろん猫ちゃんや愛犬など「小型ペット」にも使用できます。

体重計おすすめ人気ランキングTOP3

体重計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ランキング3位:1byone 体重·体組成計·体脂肪計 スマートスケール

1byone 体重·体組成計·体脂肪計 スマートスケール
1byone 体重·体組成計·体脂肪計 スマートスケール
口コミ

この値段でBluetoothでスマホに連携できるのはお値打ちです。iPhoneヘルスケア連携も特に設定不要でした。

海外商品で頑張っているのが1byone。スマートスケールという商品名だけにBluetooth対応やiOS/Androidアプリとの連携など、測定だけでなくデータ管理、共有可能な新世代型の体重計。

スマートスケールのおすすめ「5つの特徴」

①「1byone ヘルスケア」という健康管理アプリとの連携が最大のおすすめポイント。履歴はいつでもどこでも参照可能なのでダイエット進捗管理にもおすすめ。

②ベビーモードにより軽量の新生児の成長記録にも活用できる嬉しい機能。ペットもOK。

③スマートフォンとの幅広い連動は絶対に必要なおすすめ機能

④スリムな薄さと3,000~4,000円という低価格ながら体重や体脂肪率だけでなく、筋肉量や基礎代謝量、体水分率、内臓脂肪レベル、BMI、推定骨量も測定可能。

⑤自分の測定データをFacebook、Twitter、電子メール、SMSなどのソーシャルメディアのプラットフォームに共有できるので、赤ちゃんの成長記録、ダイエットの進捗報告などにもおすすめ。

ランキング2位:オムロン 体重・体組成計 カラダスキャン HBF-214

オムロン 体重・体組成計 カラダスキャン ホワイト HBF-214-W
オムロン 体重・体組成計 カラダスキャン ホワイト HBF-214-W
口コミ

コンパクトな体重計を探していました。 薄くて軽いです。隙間に入るのでじゃまになりません。機能もいろいろあって、使い勝手もいいです。 コスパよし、おすすめします。

医療機器でよく聞く「オムロン」は、健康管理に繋がるイメージの強いメーカです。もちろんこの体重計も多機能で形状もスマートなのがおすすめ点です。文字も見やすく、薄型なのに縦サイズが長いので、足の大きい男性も安心して乗れるサイズです。

カラダスキャンのおすすめ「5つの特徴」

①3,000円前後という安価なので一人暮らしやダイエット目的の購買におすすめ。

②すきま収納を考慮してデザインされた28mmの薄さは居住空間が限定された都会暮らしや一人暮らしにおすすめ。側面についたストッパーラバーによりすきまでも滑らない設計です。

③とても安価なのに、体重の他に「体脂肪率・体脂肪率判定(4段階)・基礎代謝・BMI・骨格筋率・骨格筋率判定(4段階)・内臓脂肪レベル判定(3段階)・体年齢も測定可能」と測定項目の多さがおすすめで、ダイエットの進捗が一目で確認可能です。

④体重計に乗ったままでも見やすく超大型表示はお年寄りにも使いやすくなています。

⑤表面に溝がないスムースなデザインなのでごみや埃がたまりにくいのでお手入れが簡単です。

ランキング1位:タニタ 体重・体組成計 BC-754

タニタ 体重・体組成計 BC-754
タニタ 体重・体組成計 BC-754
口コミ

BMI、体脂肪、内臓脂肪等は計測できる、必要十分な機能は満たしていると思います。乗るだけで自動的に起動するので電源を入れる手間も省ける点もちょっとした手間が省けて高印象がもてます。

体重計と言えば「タニタ」と言えるほど、売れ筋ナンバーワン機種がこのベーシックモデルです。幅広いユーザーに好まれるベーシックモデルのBC750シリーズの1番のおすすめのポイントは体脂肪が0.1%単位で計測できるのでダイエットに効果的です。

タニタ・ベーシックモデルおすすめ「5つの特徴」

①6,000円前後という体重計においては平均的な値段ながら、体重だけでなく、体脂肪(BMI)測定可能。内臓脂肪レベルも表示できるのでダイエット目的にも使えておすすめです。

②体重は最小100グラム単位、体脂肪は0.1%単位で測れるのでダイエットの進捗管理におすすめです。

③「乗るピタ機能」により、従来機種のように電源を入れて体重を測定してという準備動作が不要、体重計に乗るだけで最速8秒で測定が完了するので、おすすめは忙しい朝やお風呂上りに乗るだけで計測できる点です。

④体重計に乗るだけで乗った人を自動的に見分けるので家族全員の体重管理にはかなりおすすめな機能です。

⑤プラス機能付きのBC751を選ぶと筋肉量、基礎代謝量や体内年齢も測定可能。前回データとも比較可能になります。

特徴・用途別おすすめの体重計

体重計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ダイエットにおすすめな体重計はボディースケール

 Saiveina デジタルヘルスメーター: Bluetooth ボディースケール ダイエット
Saiveina デジタルヘルスメーター: Bluetooth ボディースケール ダイエット
口コミ

健康診断を前にこの商品を買いましたスマホで管理できて、出張が多い身としては、大助かり。もちろん、食事の自己管理あってこそですが。この値段でこの機能、お買い得ですね。

ダイエット目的の場合に選びたい体重計には 、体重以外に「体脂肪・体脂肪レベル・筋肉量・基礎代謝量」など減量に関わるデータのハイテク測定機能が欲しいです。また、前回との比較ができることも大切です。

この「ボディースケールダイエット」は、Bluetooth対応の体重計でiPhone/Androidスマートフォンにデータを自動送信できるおすすめ機能付きです。

出張が多い女性や、交代制の仕事をしているダイエッターにピッタリです。しかも、前回結果と比較する「比較機能当ボディースケール」には「オン・オフ」ボタンがなく、電池を入れて乗るだけで自動的に測れるおすすめな機能です。

体重・BMI・体脂肪率・(体の)水分量・皮下脂肪率・内臓脂肪レベル・基礎代謝・筋肉と骨の状態・体組成年齢・過去のデータ比較と、ダイエットには絶対欲しい機能が丸ごとついているような体重計です。

一人暮らしにはスマホと連携している体重計がおすすめ

THZY 体重計
THZY 体重計
口コミ

体重だけではなく体脂肪率や骨量、内臓脂肪レベル、筋肉含有量までわかります!数値もしっかりしてますし、骨量が少ないことがわかったので 牛乳飲もうかな~など対策ができるので良かったです!

一人暮らしは何かと不摂生になりがちです。そこで生活習慣病予防に、またはダイエットや健康管理にも「THZY 体重計」がおすすめです。スマホとBluetooth接続すると体脂肪率や骨密度などをスマホに自動登録できるので、日々の管理が楽になります。

レビューも満点ばかりで、たくさんの機能に満足している人が多いのも事実です。また、家族でも、スマホ連動アプリがあれば毎日簡単に体重管理ができるので「肥満予防」「肥満改善サポート」にとってもおすすめです。

4つの高精度センサーを搭載しているので、自宅で「高精度測定」が実現可能になりました。
しかもこれまでより詳しく体組成を分析する技術(リアクタンステクノロジー)を取り入れているので、体の水分バランスの変化による測定値の変動も抑えられるようになり、より正確になりました。

50g単位で測れる細かい健康管理におすすめの体重計

ドリテック 体重体組成計 「エクシー」
ドリテック 体重体組成計 「エクシー」
口コミ

この製品は50g単位で計測できるところと、 バックライトが購入のポイントです。 値段も手ごろであり、デザインもすっきりしている。脱衣場は昼でも暗いのでバックライトがあるので問題ない。

グリーン・ピンク・ブラック・ホワイトから選べて、脱衣所に置いておいてもオシャレな体重計です。50gからと細かく測れるので、ダイエットや健康目的でサプリメントや補助食品を利用しているひとには、細かい計測ができるのはおすすすめです。

バックライト付き画面なので、暗がりでもしっかりと表示が判別できるので、高齢者や視力の悪い人にもおすすめです。家族で使用するのもおすすめなのは、乗った人を判別するユーザー自動判別機能が付いているからです。

家族の健康管理にも一役買ってくれます。体重や体脂肪率が測れるのは今や普通です。ドリテックも「体の水分率・筋肉量・基礎代謝量・推定骨量・内臓脂肪レベル」と絶対に欲しい項目を測定できるので健康管理には嬉しいポイントです。

正確さが肝心な赤ちゃん用のおすすめ体重計

タニタ 授乳量機能付きベビースケール nometa(のめた)
タニタ 授乳量機能付きベビースケール nometa(のめた)
口コミ

母乳の量がどれくらい出てるかわからずミルクをどれくらい足せばいいのかわからなかったのでこちらを購入。高いとは思いますが、毎日不安になるより、買ってストレスなく育児に集中できたので。

出産後の入院中は母乳をどれだけ飲んでいるのか、赤ちゃんの体重を頻繁に細かく測ります。数グラムの体重増加も赤ちゃんにとってはとっても大切なことです。

そこで、自宅でも母乳をどのくらい飲んでくれているのか、だけでなく授乳前後で計測することで、母乳がどれくらい出ているのも分かります。腰が据わるまでは、ママは数グラム単位の成長も心配になって当たり前です。

レンタルすることを考えれば全然安い買い物です。レンタルだと3,000~4,000円/月かかるので、卒乳するころには元が取れています。その後は、荷物の重さを測るのに使ったり、他の新米ママにプレゼントするのもおすすめです。

神経質になり過ぎるのも良くありませんが、粉ミルクとの混合で育てている人には、どれくらい粉ミルクを足したらいいかの目安にもなるので非常に便利でおすすめな体重計です。

犬・猫用に「型ペット用」の体重計もあります

小型ペット体重計 「ペットくん」
小型ペット体重計 「ペットくん」
口コミ

台が大きくて使いやすい。風袋の差し引き測定や、動物が動く場合の平均値表示も便利。商品も薄くて軽く仕舞うのもスペース取らずに、とても良い製品で気に入りました。

体重計の名前はそのまま「ペット君」という分かり易いネーミングが微笑ましいこちらの体重計は、最小50gのペットを5g単位で測ることができるので、小動物から犬猫の健康管理におすすめです。

特に、年を取ってきた動物は、しっかり食べているのか体重が減少していないか心配になります。しかも、動物にとって体重管理はとても大切な健康管理です。餌の供給量と体重の増減が日々分かれば、毎回病院に駆け込まなくても安心です。

台が滑りやすいという口コミも多いので、合皮やラバーなどを敷いて工夫して使用することがおすすめです。どうしても動いてしまうペットなら、お出かけキャリーなどに入れて計測すると良いでしょう。重さを差し引いて計測するボタンがあるので便利です。

また、10cmくらいの隙間さえあれば収納できるくらい薄くてコンパクトなので、持ち運びや収納にも困らずスマートに愛ペットの健康管理ができます。

別けあって「正確さ重視」ならこの体重計

 DIKI 体重計・体脂肪計 赤ちゃんモートiOS/Androidデバイス対応
DIKI 体重計・体脂肪計 赤ちゃんモートiOS/Androidデバイス対応
口コミ

良い点は、iPhoneアプリと連動していて、自分で入力しなくとも、体重、体脂肪、体水分率、骨量、BMI、内臓脂肪レベル、BMR、筋肉含有量が自動で登録され、グラフ化されるところ。

正確さという点では体重計販売の歴史が長く、ユーザーの信頼が高いタニタかオムロンの人気機種がおすすめですが、こちらの「DIKI」もかなりのおすすめです。Amazonや楽天のレビュー数も多いので安心です。

正確さの何を求めるのか、体重のg数の正確さか、他の値の正確さか、それら全部かとなった時は、アップグレードされた「DIKI」体重計・体脂肪計がおすすめです。まず、正確さを求めるのであれば、大人用の体重計ですが「赤ちゃんモード」や「赤ちゃん機能」など乳児も使用できるなら絶対確実です。

この体重計ももちろん赤ちゃんにもOKです。iPhoneアプリと連動しているので、スマホで「体重・体脂肪・体水分率・骨量・BMI・内臓脂肪レベル・BMR・筋肉含有量」が確認できてグラフとして見れるところが優秀です。もちろんコンパクト設計なので場所を取りません。

健康管理には体組織計じゃないと始まらない!

パナソニック 体組成計 ライトピンク
パナソニック 体組成計 ライトピンク
口コミ

コンパクト&高性能そして安価という表現に尽きます。骨粗鬆症の母は骨密度が測れるので載る度数字に一喜一憂してます。諸々の表示があり健康バロメーターに役立っています。

パナソニックの体重・体脂肪計は可愛いカラーがあり、ダイエットの励みにもなりますが、一番のおすすめは家族の健康管理です。過去の値は「1.2.3.週間前」そして「1.2.3.6.12ヵ月前」と比較できます。

測定できる項目と可能重量は【100kg(100g単位)・100kg~136kg(200g単位)・BMI:0.1~136.0(0.1刻み)・体脂肪率:5.0~75.0%・内臓脂肪レベル:1~30(0.5単位)・皮下脂肪率:5.0~60.0%・基礎代謝:100~2999kcal/日・筋肉量レベル:1~10(1単位)・骨密度レベル:1~10(1単位)・体組成年齢:18~80才】と、かなりの充実ぶりです。

また、ダイエットをしている人には、前回よりも一定体重の減少があると、液晶画面にキラキラマークが表れるのでモチベーションアップにもつながるおすすめ商品です。

体重計の使い方と活用方法・あると便利な機能

体重計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

体重計はダイエットや健康管理をするにあたって絶対必須なアイテムです。昨今では生活習慣病や骨密度・筋肉量が測れるものが多く、「家族全員の健康管理」を意識した体重計が多く商品化されています。

しかも手頃な体重計が多いので、ぜひおすすめを見て参考にして下さい。また、大人だけではなく「赤ちゃんモード」がついているものは、計測できるg数が細かいので、赤ちゃんだけでなくペットにの健康管理にも使えるので、一石二鳥です。

ぜひ、活用して欲しい機能は「BIM値」「体脂肪率」「内臓脂肪レベル」「皮下脂肪レベル」「基礎代謝」「筋肉量」「骨密度」「体組織年齢計測」「過去との比較」などの機能です。

これらで自己管理をすることで、健康診断で指摘されて焦る前に自分で気付いて健康管理を意識できることが多機能の体重計を購入するおすすめ点とも言えます。

おすすめの体重計のメーカー・ブランド3つと代表製品

体重計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

世界でも知られる体重計メーカー「タニタ」

世界のタニタの誕生秘話

タニタは元々は自転車用のライト、オーブントースターやライターなど金属加工を専門とする会社でした。その頃の体重計は銭湯にあるというのが常識でしたが、初代社長が海外出張にてバスルームには体重計が必ずあることを知りヘルスメーターの研究を始めました。

そして1959年に国産初のヘルスメーターの発売へと至ります。「ヘルスメーター」という語はタニタの製品名が一般化したものだと知っている人は少ないでしょう。

タニタと言えば精度の高さが有名ですが、発売当初から、1ミリの誤差も許さない部品作りにこだわり精度の高い製品作りに取り組み、国産初のデジタル方式の体重計を開発、最新型のモデルでは50グラム単位まで表示可能でスポーツ選手の健康管理、細かなダイエット管理、赤ちゃんやペットの体重測定に重宝されています。

タニタが世界のタニタに飛躍した理由

現在では国内で体重計売り上げナンバーワンを誇るタニタですが、体重計だけを販売していた当初は業績は芳しくなく、”体重を測る”から”健康を測る”というコンセプトを打ち出します。

その後、体重計に体脂肪計を組み込んだ世界初の体脂肪計を1992年に発売してから売り上げが急上昇します。しかしながら、体脂肪計の開発は単純な体重の計量に比べるとはるかに難易度が高く、タニタは運動と栄養という健康全体をテーマに研究する機関を立ち上げます。

医師と共に多くの人のデータを集めより精度の高い”推定値”がを利用して、家庭で容易に測れる体脂肪計の開発に成功しました。現在では体脂肪に内臓脂肪レベルの表示、筋肉量、推定骨量、基礎代謝量など体組成測定も基本機能となり、ダイエットには欠かせないアイテムとして人気を誇っています。

【 タニタのおすすめ代表製品 】

詳細なデータ測定が可能でボイスガイダンス機能も搭載のタニタ 体組成計 BC-210-RD
詳細なデータ測定が可能でボイスガイダンス機能も搭載のタニタ 体組成計 BC-210-RD
口コミ

声がガイダンスしてくれて、ビックリしました。設定も簡単に出来ました。乗ったらピッタリ動かず体重等がわかって凄いです。さすがタニタ。安心して使えます。

上記のタニタ 体組成計 BC-210-RDはタニタの最新モデルの一つ。多項目のデータ測定が可能な多機能体組成計でありながら、誰もが気軽に使えるボイスガイダンスや乗るだけで測定が始まる”乗るピタ機能”が搭載されたおすすめの万能型体重計です。

体重は最小100グラム、体脂肪は最小0.1%まで測定可能、足の筋肉量の割合が同年代の人と比較してどの程度”アクティブ”か測れる機能付き。モチベーション向上にもおすすめな最新の体重計です。

医療機器に強く信頼が厚い「オムロン」

オムロンが人気な理由

『地球上の一人ひとりの健康ですこやかな生活への貢献』をミッションに掲げるオムロン・ヘルスケアはタニタと並ぶ体重計のトップランナーです。しかし、オムロンが人気な理由は、医療機関で使われているイメージが強く安心できるからです。

医療機器メーカーとして高品質の製品づくりを誇るオムロンの体重計の特徴は、基礎データに基づく独自のアルゴリズムとそれを使った体重以外の体組成の測定、血圧計や万歩計など、オムロンの健康に関わるデータ計量器としての強み、スマートフォンやPCとの連動など需要に敏感な点です。

オムロンの機能開発にはユーザーの要望に幅広く答えるという姿勢が現れています。部位別測定、ダイエットの進捗判定、同年代のデータとの比較など『あったら良いな』が溢れています。

【 オムロンのおすすめ代表製品 】

多彩なアプリとの連携が可能なオムロン 体重体組成計 カラダスキャンHBF-256T-BK
多彩なアプリとの連携が可能なオムロン 体重体組成計 カラダスキャンHBF-256T-BK
口コミ

データ転送をまとめたかったのでオムロンの血圧計とあわせて購入。スマホアプリのOMRON connectとの連動、スマホで見やすく管理できるのが生活習慣病防止のための減量モチベーションに役立ってます。

オムロンにしてはというと失礼にあたりますが、国産メーカーにしてはかなりスタイリッシュなデザインが「カラダスキャンHBT-256シリーズ」です。価格は家庭用では最高価格帯の一万円台となっています。

しかし強みが多いのが特徴です。4秒で測れるスピード、一目で変化がわかる前回測定値と今回の測定値の平行表示、業界で最も充実したオムロンコネクトという独自アプリ。

体重計だけでなく血圧計とも連動できるのでダイエットだけでなく、生活習慣病が気になる40代からお年寄りまで家族全員の健康管理にも使えるおすすめのモデル。健康のバロメータであるデータを傾向としてグラフ表示してくれる優れたアプリが「カラダスキャンHBF-256T-BK」の人気の秘密です。

米国のアマゾンでナンバーワンに選ばれた「イート・スマート」

USA・Amazonでトップに選ばれた理由

米国ではもちろんタニタは人気ですが、米国のアマゾンで8年連続売り上げナンバーワンの体重計と言えば「イート・スマート(EatSmart)」Precision Digitalです。

イート・スマートはワシントン州シアトルに本社を持つFilament Brandsという、実はキッチン用品を扱う会社の計量器ブランドです。特にシンプルかつスタイリッシュなデザインと機能性が特徴です。

キッチンで使う計量器や温度計、そして体重計を取り扱っています。イート・スマートの体重計はイタリア製かと思わせるようなスタイリッシュなデザインと超簡単な使い心地が特徴。女性やスタイル重視の男性におすすめのモデルです。置いていてオシャレな体重計である点が注目される理由です。

【 イースト・スマートのおすすめ代表製品 】

EatSmart Precision イースト・スマート「プレシジョン」
EatSmart Precision イースト・スマート「プレシジョン」
口コミ

以前に使っていた体重計が壊れたので、色々リサーチの結果、精度とリーズナブルな価格でこの機種に決めました。ダイエットのために毎朝体重を計っています。正確です。

26,950のレビューを誇る米国アマゾンで一番人気のイート・スマートですが、体組成計が一般的な体重計が多い中で、イート・スマートのナンバーワン商品は「プレシジョン」です。しかし、「プレシジョンン」は体重しか測れません。

しかしながら世界でも体重計の中では一番スタイリッシュなデザイン、操作性の高さ、精度への信頼度と日本円で約2,000円から2,500円前後という超お得な価格が人気の秘密です。

まずデザインですがガラスとシルバー(金属)のベースに青色のLEDの表示窓。次に操作性ですがタニタの”乗るピタ機能”と同じく体重計に乗るだけで大体2秒前後で体重が測れる優れ物です。

高い精度を保つために自動補正機能が付き、最小では100グラムから軽量可能で、180kgまで測れるようになっています。アメリカで人気のダイエットプログラムやトレーナーがおすすめする人気機種がイートスマートです。

目的にあった体重計を選ぼう

体重計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

今回ご紹介したように、一口に体重計と言っても、現代では赤ちゃん向けの体重測定から本格的にトレーニングを行うアスリートのトレーニングの進捗管理、ダイエット記録や家族の健康管理など多彩な製品が市場に存在します。

体重計選びに重要な2つのポイントは誰が使うのか、どんな目的で使うのか、をはっきりさせることです。それによりあなたに一番おすすめの体重計が見つかるでしょう。

ただただ体重を測って、グラフや比較を見るのではなく、それに伴って最近の自分の生活習慣はどうだったかを考えることが大切です。ここまで進歩した体重計ですので、ぜひ健康管理やダイエットに活用してみましょう。

Related