Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月30日

フットレストおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

旅行中の長時間の移動や、オフィスでのデスクワークで足が疲れてしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、そんな方におすすめしたいフットレストを紹介します。おすすめのフットレストが知りたい方は、ぜひ読んでみて下さい。

フットレストおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

フットレストの種類と選び方を知ろう!

フットレストおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

旅行やデスクワークで長時間座っていると足が疲れてしまいますが、そんな時に足の疲労を軽減してくれる、おすすめのアイテムがフットレストです。フットレストにはさまざまな形があるので、使う場面や自分の体の状態に合わせて選ぶことが重要です。

フットレストの種類

床置きタイプ

床に置くタイプのフットレストには、クッションタイプ、折りたたみタイプ、角度が調節できるタイプなどの種類があります。

クッションタイプは、文字どおりクッションのような素材で、製品によって大きさの違いがある。布製なので冬でも置いた足が冷たくない特長があります。また、ものによっては膨らますことができ、大きさを変えたり、コンパクトに持ち運べるものもあります。

折りたたみタイプは簡単な支えと布やビニールでできており、小さく折りたためるため、旅行などに持っていくのにおすすめです。

角度調節タイプは折りたためない、しっかりしたものがほとんどなので、自宅や職場で備え付
けで使うのにおすすめです。角度だけでなく高さも調節できるものもあります。

チェアー型(オットマン)

チェアー型は、椅子とフットレストがセットになっているもののことです。椅子とフットレストがつながっているもの、離れているものの2種類があります。椅子とフットレストが別々でセットになっているものは、フットレスト側のものをオットマンといいます。また、オットマンのみで販売されている場合もあります。

ハンモックタイプ

テーブルの下などに固定して、ハンモック状にたらした部分に足をのせるタイプのフットレストです。床置きタイプやチェアー型に比べて、足を自由に動かすことができます。また、他のタイプに比べて色やデザインも豊富に用意されている傾向があるので、見た目にもこだわりたい方におすすめです。

フットレストの選び方

床置きタイプ、チェアー型、ハンモックタイプと、いろいろな種類のフットレストがあることがわかりましたが、これらをどのように選べばいいのか、おすすめの選び方を詳しく解説します。

持ち運びがしたいなら

まず、飛行機やバスに持ち込むなど、持ち運びがしたい場合は、膨らませる床置きタイプか折りたたみタイプがおすすめです。選ぶ時のポイントは、どの程度まで小さくなるのか、収納袋はついているのか、膨らませたり組み立てるのは簡単かなどの点です。

ただし、飛行機のエコノミークラスやバスなど、スペースが限られている場所だと、フットレストが大きすぎて入らないことがあるので、大きさには注意しましょう。

とことん「疲れない!」にこだわるなら

長時間のデスクワークを日常的にしている方にとっては、とにかく疲れたくないことが、フットレストに求める重要なポイントです。その場合は、チェアー型のフットレストがおすすめです。椅子とフットレストがセットになっているので、足だけでなく、肩や腰などの疲れやすい部分もトータルでサポートしてくれます。

デメリットとしては、椅子が含まれているために全体が大きく、持ち運びができない、値段が比較的高いという点があります。自宅やオフィスなど、決まった場所で長期間に渡って使用するのであればおすすめです。

疲れない以外にもこだわりがあるなら

フットレストは足や体を疲れさせないために使うものですが、ものによってはそれ以外にもメリットが得られます。

例えば、仕事途中に足をブラブラさせて疲れを取りたい、足を開放的にしておきたいのなら、ハンモックタイプがおすすめです。他にも足のツボ押しがついているものなど、フットレスト以上の機能がついているものもあるので、欲張りな方はプラスアルファの機能がついているものを選ぶことをおすすめします。

子供がいるなら

フットレストは足を置くのはもちろんですが、枕にできるものもあります。特にクッションタイプのものは、枕として使うことができます。

例えば小さな子供と旅行をする時には、子供が寝る時に、お父さんお母さんの膝の上に頭を置いてしまうことも多いです。枕にできるフットレストなら、この上に頭を置いてもらうことができるので、お父さんお母さんの負担が軽減されます。

フットレストおすすめ人気ランキングTOP3

ここからは、おすすめのフットレストをランキング形式で紹介します。通販サイトで売り上げ、口コミ数、口コミ評価が上位のものを選んだので、参考にしてください。

ランキング3位:テーブルにかけるだけ!「Danncool フットレスト」

Danncool フットレスト
Danncool フットレスト

¥ 6,888

口コミ

片道13時間のニューヨーク行きエコノミー席で使いました。 これがあるのと無いのとでは大違い。 床から10センチ浮かせられるだけでもぜんぜん違います。

ハンモック型のフットレストで、飛行機やバスなど、長距離の移動の際におすすめのアイテムです。テーブルに引っ掛ければすぐに使えるので、面倒な組み立ては必要ありません。ベルトの長さの調節も簡単にできるので、楽な姿勢で座ることができます。

また、飛行機やバスで通路側に座ってしまうと、奥のお客さんが席を立つときに毎回足をどかす必要がありますが、その時に、床置きタイプのフットレストだと、その都度よけなければなりません。しかし、ハンモックタイプなら足をよけるだけで、フットレストはそのままにしておけるので便利です。

さらに、携帯ポーチもついているので、小さく折りたたんでしまっておけば、かさばることもありません。荷物が多い旅行の際に邪魔にならないのは嬉しいポイントです。

ランキング2位:足置きにも枕にもなる!「抱き枕フットレスト」

SmartTravel 抱き枕フットレスト
SmartTravel 抱き枕フットレスト
口コミ

深夜フライト。2歳の子供は確実に寝ると分かっていたので購入。結果大正解でした!これが無ければ、ずっと膝の上に頭を置くことになって大変な思いをするところでした!

空気を入れれば30秒で大きくなる、膨らますタイプのフットレストで、たたむ際もすぐに空気が抜けて便利です。足を置くのはもちろん、枕としても使える優れものなので、夜行バスや長時間のフライトの際にうつ伏せで寝たい方におすすめのアイテムです。

さらに、下の方にポケットがついているので、その中に手を入れて抱き枕にすることができます。眠っている途中に手がずり落ちて体勢が崩れることがないのが大きなメリットです。ただし、身長によっては、うつぶせ寝するには高さが足りないという意見もあるので、小さめの枕やクッションを上にのせて使うとより快適になります。

ランキング1位:片足ずつ置けるハンモックタイプ!「ZOTO フットレスト」

ZOTO フットレスト
ZOTO フットレスト
口コミ

エコノミークラスは空間が狭くて、足が伸びなくて、疲れるから購入した。 昨日3時間ぐらいの飛行機を乗ったところで、これを使って、全然疲れ感じがなくて、スッキリした。いい買い物だった。

ランキング1位は、片足ずつバラバラになったハンモックタイプのフットレストです。長時間動くことができない飛行機や長距離バスの中では、体に不調が現れることがあります。このアイテムなら、片足ずつバラバラになっていることで、足をぶらぶらさせることができ、少しでも疲れがたまらないようにすることができます。

足をのせることも、ふくらはぎをのせることもできるので、時々姿勢を変えながら、足のむくみや疲れを防ぎましょう。

取り付けはとても簡単で、前のテーブルに引っ掛けるだけです。ベルトの長さ調節ができるのはもちろん、コンパクトに収納できるため、荷物がかさばる心配もありません。専用ポーチも付いているので便利です。

さらに、足をのせる部分は肌触りがよく、蒸れにくく滑りづらい素材でできているので、長時間使っていても不快感がありません。外側はポリエステル製なので、丈夫で汚れにくいです。

特徴・用途別おすすめのフットレスト

仕事や旅行での移動など、フットレストを使いたい場面は人によってさまざまです。そして、場面によって必要な機能や大きさは異なります。そこで、ここからは、場所や場面ごとのおすすめフットレストの紹介をします。

飛行機内でおすすめ!「FengNiao フットレスト」

FengNiao フットレスト
FengNiao フットレスト
口コミ

安定感があり、膨らますのにも苦ではありませんでした。 引っ掛けるタイプよりは大きいですが、持ち運びもそんなに面倒じゃないので、私はオススメです。

エコノミークラス症候群という症状があるように、長時間狭い場所で同じ姿勢をし、頻繁に動くことができない飛行機の中は、体への負担も大きく、足腰は疲れがちです。このクッションタイプのフットレストなら、足への負担を軽減することができます。

膨らませるタイプで、3段階の高さ調節が可能なので、高さを少しずつ変えて、足の位置が少しでも変えられるというメリットがあります。膨らませるのもたたむのも簡単なので、荷物もかさばらず、旅行の際にもおすすめです。

また、長時間のフライトでは、睡眠を取ることも多いです。こちらのフットレストなら、十分な高さがあるので、膝に乗せて枕にすることもできます。特に子供と一緒に飛行機に乗る場合には、子供にちょうどいい枕にできるので、おすすめです。

PC作業におすすめ!「サンワダイレクト フットレスト100-FR007」

サンワダイレクト フットレスト100-FR007
サンワダイレクト フットレスト100-FR007

こちらのフットレストの特徴は、何と言ってもケーブルの収納が可能な点です。本体を開くと、中に電源タップなどを収納できるスペースがあり、ケーブルを通す穴も3ヶ所あります。そのため、パソコン作業の際に使うなど、電化製品などのコードがたくさんある場所に置くのがおすすめです。

絡まりがちなコードをすっきりと収納し、足元の見た目もきれいにできて、一石二鳥のフットレストです。

本体の底面は、緩いカーブ状になっているので、足を置く位置によって自由に角度を調節することができます。さらに、ゆらゆらと動かすこともできるので、足の運動やむくみ防止にもおすすめです。

足をのせる部分には凹凸が、底面にはゴムシートがついているので、安定性が高く、ずれることがありません。

車内でおすすめ!「メッシュ生地・低反発ウレタン仕様フットレストボックス」

メッシュ生地・低反発ウレタン仕様フットレストボックス
メッシュ生地・低反発ウレタン仕様フットレストボックス
口コミ

思っていたより大きな製品でしたが、自車の後席の足元にピッタリ置けたので満足しました。祖母の疲労防止用としての購入です。

ドライブ中、足が疲れて靴を脱ぎたくなった時におすすめしたいフットレストです。メッシュ生地なので、靴を脱いでの使用に最適です。さらに、足の気になるムレも解消してくれるので、女性も安心して裸足になることができます。

本体には低反発ウレタンが使用されています。ガタガタと揺れる車内では、フットレストから足に少なからず振動が伝わってきます。長時間続くと意外と気になりますが、低反発ウレタンによって、その不快感も軽減することができます。

また、脱いだ靴はフットレストの中に収納することができるので、普段から助手席に置いておけば、1人で車を運転する時には、車外用の靴を収納するボックスとしても使えます。

車内をいつもきれいにしておきたい方、助手席に座る方や後部座席の子供に楽をして欲しい方におすすめです。

旅行におすすめ!「COOWOOフットレスト」

COOWOO フットレスト
COOWOO フットレスト
口コミ

デザインやコンパクトで文句なし、機内で利用しました。手軽に利用でき、エコノミーでもいい感じです、いつもより足の疲れが軽減されました。

旅行の際に使うフットレストで重視したいポイントは、コンパクトさです。他にも荷物がある中で、いかにかさばらないものを選ぶかが大事ですが、こちらのフットレストは収納パックもついた折りたたみ式なので、旅行に持って行くのにおすすめです。長さはベルトで簡単に調節できます。

特に旅行の移動に飛行機やバス、新幹線を使う場合、通路側の席だと、床置きタイプのフットレストを置くのははばかられます。このフットレストは前の座席にかけて使うので、奥の人が通路側に出る際も、フットレストを移動する手間がかからず便利です。

ブラブラと足が自由になるタイプなので、裸足になりたい、足を開放的にしておきたい方におすすめのフットレストです。

オフィスでおすすめ!「Rock Dan ハンモック式」

Rock Dan ハンモック式
Rock Dan ハンモック式
口コミ

休憩中は足を高く上げると気持ち良くて寝ちゃいそうです。仕事終ってもそのまま本棚として、二三冊の本を置くことができます。1週間ほどの使用ですが、腰痛が軽減された気がします。

厚みが55mm、奥行きが70mm以上あるデスクでないと取り付けができないので、旅行などには不向きですが、オフィスで使うなら、ハンモック型のフットレストがおすすめです。足を置くだけでなく、ぶらぶらさせて疲れを取ることもできます。

さらに、オフィスでは、荷物の置き場所に困ることも多いです。私物のカバンは床に置いてしまうことも多いですが、このハンモックならカバン、服、靴などの荷物置きにもできるので、足元に荷物を置きたくない方にもおすすめです。

オレンジ、ブルー、レッドホワイトなどのカラーバリエーションがあるので、足元をおしゃれに飾ることもでき、特に女性にはおすすめです。

おすすめオフィスチェア「タンスのゲン サポートクッション付きオフィスチェア」

タンスのゲン 170度の無段階リクライニング フットレスト サポートクッション付き オフィスチェア
タンスのゲン 170度の無段階リクライニング フットレスト サポートクッション付き オフィスチェア
口コミ

買ってから1年以上が経過しましたが,損傷はありません。伸び縮みさせる枕(自動車の枕のようなもの)がついていればパーフェクトだったかな。

自宅やオフィスで最大限楽な姿勢でデスクに向かいたい方は、フットレストつきのオフィスチェアが最もおすすめです。椅子自体がしっかりとした作りになっており、足だけでなく、肩や腰の疲れもトータルでサポートしてくれます。立体クッションの座り心地は抜群です。

リクライニングは最大170度の無段階なので、休憩時は倒してくつろぐなど、お好みの角度で使うことができます。リクライニングとフットレストを使えば、最長165cmのサイズまで伸ばせるので、男性でもゆったりとくつろげます。また、メッシュ生地でできているため、ムレの心配もありません。

座面高は47~53cmで、女性にとっても使いやすいので、男女関係なくおすすめです。

デスクでおすすめ!「サンワダイレクト エルゴノミクスフットレスト」

サンワダイレクト エルゴノミクスフットレスト 足置き台 100-FR001
サンワダイレクト エルゴノミクスフットレスト 足置き台 100-FR001

¥ 2,480

口コミ

このフットレストを使うことで 足裏の一番奥側、膝、腰とピンポイントに重さがかかるようになります。

自宅、オフィス、出先など、どんな場所でもフットレストを使いたい方にはシンプルながらもしっかりした作りの床置きタイプのフットレストがおすすめです。

こちらのフットレストは、足を置く場所の大きさが45cm×35cmと大きいので、ゆったり使うことができます。また、角度は無段階で調整でき、足で調節できて便利です。

ギター演奏におすすめ!「HERCULES フットレスト」

HERCULES フットレストFS100B
HERCULES フットレストFS100B
口コミ

スタジオでの使用目的でしたので、携帯性より安定感を優先しました。以前使用していたものよりひと回り大きくて重いのですが、期待通りの安定感に、とても満足しています。

ギター演奏に特化したフットレストもあります。大きさ、重さともにしっかりとしており、耐荷重量は約90kgで安定感があり、片足をのせてもぐらつくことがなく、安心です。

一般的なギター用フットレストよりも25%程度大きく作られているため、安定感はあるものの、大きさ、重さが気になりますが、810gと持ち運びやすい重さとなっています。折りたたんだ時の大きさは305×140mmほどになるので、ギターケースに入れて持ち運ぶことが可能です。

足を置く面にはゴムが貼ってあり、滑りにくくなっています。また、床との接触面に使われているのは樹脂製のゴムなので、床を傷つける心配もありません。

高さは5段階で調節できるので、お好みの高さで使うことができ、ギターの種類にとらわらず、クラシックギターでもエレキギターでも弾きやすくなっています。そのため、複数のギターを演奏する方におすすめです。

おすすめのフットレストのメーカー・ブランド3つと代表製品

サンワサプライ「エルゴノミクスフットレストMR-FR1」

サンワサプライ エルゴノミクスフットレスト MR-FR1
サンワサプライ エルゴノミクスフットレスト MR-FR1

¥ 5,054

口コミ

わざと左足(手前)と 右足(奥)に置いて、 左右の足を交互に踏んで足首とふくらぎの運動をしています (足踏み運動のような感じ)。 じっと足を静止させているよりは血流がよくなるような気がします。

サンワサプライは、パソコンやタブレットの周辺機器を取り扱っているメーカーです。そのため、パソコンやデスクワークの際に使うフットレストの取り扱いも多く、信頼性が高く、おすすめです。

製造しているフットレストのほとんどが床置きタイプで、高さ調節ができるもの、角度調節ができるもの、調節はできないものの、簡易的な作りで持ち運びしやすく、足の開放感を強く感じられるものなど、色々な種類があります。

MR-FR1は、角度調節と2段階の高さ調節ができるため、お好みの形で使用することができます。足で簡単に角度調節ができるので、手軽さを求める方におすすめです。

Humanscale「FM300Bフットレスト」

Humanscale FM300B フットレスト
Humanscale FM300B フットレスト

ヒューマンスケールのフットレストは、デザイン性が非常に高いのがおすすめポイントです。どの商品もブラックやブラウン系のカラーリングが特徴的で、部屋のインテリアに馴染ませたい、オフィスでも人とは違うところでおしゃれさを出したいという方におすすめです。

こちらのFM300Bタイプは、真ん中にマッサージボールがついているので、足を置いて疲れを軽減できるだけでなく、時には足ツボを刺激して、能動的に疲労を解消することができます。3段階の高さ調節もできるので、足まわりの健康にとことんこだわりたい方におすすめです。

OUTBEX「フットレスト OX225」

OUTBEX フットレスト OX225
OUTBEX フットレスト OX225
口コミ

機内で使うにはちょうど良いサイズ、エコノミーでこれがあるのとないのでは全然違って、足が楽です。少し表面がベロア感とまではいきませんが、布っぽくて冷たくなく、使い心地がいいです。

スポーツやアウトドア製品を取り扱うアウトベックスのフットレストは、旅行など外出の際におすすめです。このOX225は、空気を入れて膨らますタイプなので、空気が抜けている状態ならかさばらず、持ち運びも便利です。

膨らますタイプであるものの、表面が布のような生地になっているので、ビニール製のデメリットである冷たさを感じることもなく、使い心地も快適です。

フットレストの使い方・活用方法

フットレストおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

色々なタイプのおすすめフットレストを紹介してきた中で、足を置くだけでなく、さまざまな活用方法があることがわかりました。

例えばハンモック型であれば、荷物置きとして使うことができます。また、クッション型なら、枕としても使うことができます。さらに、靴の収納ボックスが備わっているフットレストもありました。

足を疲れさせないだけでなく、一石二鳥以上の機能があるフットレストもあるので、お好みに応じて選ぶことをおすすめします。

フットレストを使って足の疲れを軽減しよう!

フットレストおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

さまざまなタイプのフットレストを紹介しました。仕事などでデスクに向かう際、足がつかずにブラブラしていると、足腰は想像以上に疲れてしまいます。フットレストを置いて足を置くだけでも疲れは大幅に軽減できるので、使用をおすすめします。

また、飛行機やバスなどでの長時間の移動は、足だけでなく体全体が疲れてしまい、場合によっては体調を崩すこともあります。フットレストを上手に使って、快適な旅行にしましょう。

Related