Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月18日

懸垂器具おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

懸垂をするときに必ず必要となるスポーツ用品があります。それは懸垂器具です。懸垂器具は、懸垂をするための道具ですが、他にもさまざまな利用用途が存在します。そのため、懸垂器具の種類もたくさん存在します。今回は、人気でおすすめの懸垂器具を紹介していきます。

懸垂器具おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

懸垂器具の種類と選び方

懸垂器具おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

細マッチョ体型が日本人の憧れとなる今や、筋力トレーニングは避けて通れない道となっています。筋力トレーニングをするうえで押さえておきたい種目と言えば懸垂です。

懸垂をするときに必ず必要となるスポーツ用品があります。それは懸垂器具です。懸垂器具は、懸垂をするための道具ですが、懸垂をすること以外にも利用用途が存在します。そのため、懸垂器具の種類もたくさん存在します。

今回は、数多く存在する懸垂器具の中でも、人気でおすすめできるものを、ランキング形式でご紹介していきます。今から懸垂器具を購入しようか迷っている場合や、いつか懸垂器具を購入しようと考えている場合は、今回のおすすめ記事を参考にしてみてください。

懸垂器具の種類はどのくらいある?

懸垂器具は機能性が高いものから、値段が安いものまでたくさんあります。懸垂器具の種類は一体どのくらいあるのでしょうか。これから詳しく説明していきます。

ぶら下がり健康器型

ぶら下がり健康器 改良強化版
ぶら下がり健康器 改良強化版
口コミ

かなりの効果が期待できそうかな。

懸垂器具と言われて、初めに思い浮かべるのはこの形の物です。この形の懸垂器具は、別名で「ぶら下がり健康器」とも呼ばれたりします。この懸垂器具の特徴は、耐久度が非常に高く、安定性が高いという点です。

また、このタイプの懸垂器具では、懸垂以外にもたくさんのトレーニングエクササイズを行うことができます。例えば、腹直筋の下部を刺激する、ハンギングレッグレイズという腹筋エクササイズや、腹斜筋を強烈に刺激するワイパーというトレーニングエクササイズも行うことができます。

加えて、ディップスという大胸筋下部をメインで鍛えるトレーニング種目も行うことができます。このタイプの懸垂器具は、「たくさんのトレーニングエクササイズを実践したい」という場合などにおすすめです。

つっぱり棒型

ドアジム DOOR GYM 1型
ドアジム DOOR GYM 1型
口コミ

体積重量と効果から考えるとコスパ最強の器具

つっぱり棒型の懸垂器具は、置く場所がなく、ぶら下がり健康器型の懸垂器具を設置できないという場合におすすめの懸垂器具です。このつっぱり棒型の懸垂器具の利点は、なんと言ってもその形状にあります。

棒のような形をしているので、収納するスペースに困ることがなく、かつ小スペースで設置することができます。耐久性もこの形状であることを考えると申し分なく、値段も驚くほど安いものが多いので、懸垂を始めてみようという場合におすすめの製品です。

引っかける型

【マッスルプロジェクト】マルチエクササイズミニ
【マッスルプロジェクト】マルチエクササイズミニ

¥ 10,800

口コミ

俺様マッチョwめちゃいい。

この引っかける型の懸垂器具は、先ほどのつっぱり棒型の懸垂器具よりもさらに安定性が高いタイプの懸垂器具です。主にドアがある場所に引っかけて使うことが多いので、どんなスペースでも利用することが可能です。

万が一使わなくなったとしても、収納するスペースに困ることは極めて少なく、設置するときも無駄なスペースをとることなく設置することができます。懸垂器具を初めて買うという場合や、ぶら下がり健康器型の懸垂器具を置くスペースがないという場合などにおすすめの懸垂器具です。

吊り輪型

Excelvan 家庭用体操吊り輪 Crossfit Gym
Excelvan 家庭用体操吊り輪 Crossfit Gym

¥ 2,250

口コミ

しっかりしています。

吊り輪型の懸垂器具は、現在大流行中のクロスフィットというフィットネスでも利用されることが多く、その有用性も非常に高いです。

吊り輪型の懸垂器具は、通常の懸垂器具と異なる点がいくつかあります。1つ目は、吊り輪が固定されていないという点です。吊り輪で懸垂をしようとすると、持つ部分がぐらぐらと揺れるので、通常の懸垂よりも効果の高い懸垂を行うことができます。

2つ目は、回転運動が簡単にできるという点です。吊り輪での運動をイメージするとわかりやすいですが、吊り輪を使えば、空中で一回転する運動も楽々できます。

このように、吊り輪型の懸垂器具は、通常の懸垂器具とは性質や特徴が全く異なります。なので、同じ懸垂器具と言えども、まったく別の懸垂器具だと考えたほうが無難です。このタイプの懸垂器具は、懸垂中級者から上級者までにおすすめです。逆に、懸垂を始めたばかりの状態では、このタイプはおすすめできません。

ディッピングベルト

ディッピングベルトは、懸垂をするためのステーションではないのですが、懸垂をするうえで持っておくと便利なアイテムです。懸垂をする場合、初めの頃は、重りなしでも難しいので問題はないのですが、懸垂に慣れてくると、10回でも20回でもできてしまうので、筋肉の成長が止まってしまいます。

そこでこのディッピングベルトが役立ちます。ディッピングベルトを体に巻き付けることによって、懸垂中に重さを加えることができます。自体重での懸垂運動に慣れてしまった場合におすすめの製品です。

懸垂器具の選び方はどうすればいいの?

懸垂器具を選ぶ場合は、自分がどのような目的を持ってそれを購入するのかをしっかりと考えることをおすすめします。例えば、あなたが懸垂を上達させるために懸垂器具を購入するのであれば、ぶら下がり健康器型の懸垂器具か、つっぱり棒型の懸垂器具、引っかける型の懸垂器具の3つから選ぶことをおすすめします。

もしあなたが、「ぶら下がり健康器型の懸垂器具を置くスペースがないけど懸垂がしたい」と思うのであれば、突っ張り棒型の懸垂器具や、引っかける型の懸垂器具、吊り輪型の懸垂器具をおすすめします。

また、あなたがクロスフィット経験者であったり、懸垂上級者である場合は、吊り輪型の懸垂器具もおすすめできます。

何度も懸垂運動を繰り返していけば、いつかは通常の懸垂に慣れるときがやってきます。そういった場合、ディッピングベルトを購入することで、通常の懸垂よりもレベルアップした懸垂にトライすることができます。

懸垂器具おすすめ人気ランキングTOP3!

懸垂器具おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

懸垂器具の種類、おすすめの選び方は分かりましたでしょうか。ここからは、「懸垂器具おすすめ人気ランキングTOP3」と題してお話していきます。「どの懸垂器具が人気なのかな」と思う場合などには、ぜひ参考にしてみてください。

ランキング3位:BODYROX ドアジム

BODYROX ドアジム 64-105cm
BODYROX ドアジム 64-105cm
口コミ

スタンド型だと置き場所に困るのでスペースで悩んでいる方にはオススメです。

この「BODYROX ドアジム」は、つっぱり棒型の懸垂器具です。多くのつっぱり棒型の懸垂器具は、デザインがおしゃれでないことが多いのですが、この懸垂器具であれば、見た目もおしゃれなので、インテリアとしても活用することができます。

さらに、耐久重量が120kgまで可能なうえ、本体の長さが約64cm~104cmで調節可能なので、どんな体型でも安心かつ快適に懸垂を行うことができます。「おしゃれでコンパクトな懸垂器具が欲しい」という場合におすすめです。

ランキング2位:BangTong&Li 懸垂器具

BangTong&Li 懸垂器具
BangTong&Li 懸垂器具
口コミ

安定感抜群で超満足!

この商品は、スタンド型の懸垂器具なので、安定感が抜群です。さらに、肘あてパッドが付属しているので、腹筋運動に利用したときに、肘を痛めるのを防ぐことができます。

さらに、懸垂のハンドルが斜めになっている部分があり、そこを持って懸垂をすることによって、広背筋や大円筋といった背中の筋肉への刺激を強めることができます。「懸垂だけでなく腹筋運動もしたい」という場合や、「背中をより効率よく鍛えたい」という場合などにおすすめの懸垂器具です。

ランキング1位:スポーツデポ

スポーツデポは、アルペングループが運営するスポーツ用品店・ブランドです。10万点以上もの高品質な商品を、圧倒的な低価格で提供しているので、さまざまな年代から人気を集めています。オリジナル商品も多数販売されています。もちろんフィットネス用品も数多く販売されています。

スポーツデポのオンラインストアやamazonでは、現時点で懸垂器具を購入することはできませんが、スポーツデポの実店舗に懸垂器具が販売している可能性があります。スポーツデポで懸垂器具を買いたい場合は、お近くの店舗まで足を運ぶことをおすすめします。

特徴・用途別おすすめの懸垂器具

ここまでで、おすすめの懸垂器具ランキングを紹介しました。ここからは、特徴・用途別におすすめする懸垂器具をご紹介していきます。

ドアに設置する場合におすすめの懸垂器具

マッスルジーニアス(Muscle Genius) チンニングバー
マッスルジーニアス(Muscle Genius) チンニングバー
口コミ

初心者ですが、楽しくやってます。買ってよかった!

こちらの商品は、ドアに引っかけるだけで使える便利な懸垂器具です。取っ手が2種類付属していて、取っ手の部分がぐにゃぐゃとした形のバーを使えば、持ち方や手幅によって筋肉への刺激を自由自在に変えることができるのでおすすめです。

また、色も赤と黒の二種類から構成されているので、やる気アップ、積極性アップなどの効果も期待できます。初心者から上級者まで、幅広い層におすすめの懸垂器具です。

安くておすすめの懸垂器具

SIMPS JAPAN ドアジム
SIMPS JAPAN ドアジム
口コミ

頑丈!

「SIMPS JAPAN ドアジム」は、その名のとおり、ロック機能がついた懸垂器具です。つっぱり棒型の懸垂器具は、ロック機能がない場合、ずれ落ちてしまうこともありますが、この懸垂器具であれば、ロック機能がついているので、ずれ落ちる可能性が少なくなります。

スペースはあまりとりたくないけど、安全に懸垂がしたい場合におすすめの懸垂器具です。

筋トレ・腹筋におすすめ

【マッスルプロジェクト】 マルチエクササイズジム
【マッスルプロジェクト】 マルチエクササイズジム

¥ 19,800

口コミ

満足です。

こちらの懸垂器具は、肘パッド、背もたれ付きの懸垂器具に、高さ調整可能なトレーニングベンチが付属している商品となっています。

この商品であれば、肘パッドがついているので、肘を痛めることなく腹筋運動が可能です。さらに、地面にベンチを斜めに設置することで、効率よく腹筋を鍛えることができます。耐荷重も110kgなので、安全に懸垂をできる点でもおすすめです。

天井に設置するおすすめの懸垂バー

sportmad壁天井マウントホームPull Upバー
sportmad壁天井マウントホームPull Upバー

こちらの懸垂器具は、天井に設置するタイプの懸垂バーです。このバーの特徴は、グリップの多彩さにあります。

まず通常のグリップでは、全身をまんべんなく鍛えることができます。また、リバースグリップで懸垂をすると、上腕二頭筋を強く刺激することができます。さらに、ハンマーグリップで懸垂をすることで、腕橈骨筋や上腕筋といった腕の筋肉も刺激することができます。

斜めになっている部分を持って懸垂をすれば、背中の筋肉をしっかりと動かし、刺激することができます。懸垂初心者から上級者まで、幅広い層におすすめの商品です。

コンパクトでおすすめの懸垂器具

R-STYLE ネオ ドアジム
R-STYLE ネオ ドアジム
口コミ

しっかりしています!

この「R-STYLE ネオ ドアジム」は、62cmから100cmにまで伸縮可能なので、コンパクトで持ち運びも簡単です。バーの部分に、滑り止めがついているので、懸垂中にすべって落下するという恐れがありません。

さらに、色や長さもモデルによって異なるので、お好みにあったモデルを選ぶことができます。懸垂初心者におすすめです。

折りたたみできるおすすめ懸垂器具

ポータブル プルアップ バースタンド KT1.1518
ポータブル プルアップ バースタンド KT1.1518

この懸垂器具は、折りたたみが可能な懸垂器具です。折りたたみが可能なだけでなく、頂点の高さも自由に変更できるので、身長に合わせて利用することができます。軽量なので持ち運びも簡単です。

200kgまでの高耐久性を持っているので、けがの恐れも少ないので、初心者の場合やケガが怖い場合におすすめです。折りたためるので小スペースで利用できます。

おすすめの懸垂器具のメーカー3つと代表製品

懸垂器具おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ここからは、おすすめの懸垂器具メーカーとその代表製品をご紹介していきます。懸垂器具についてもっと知りたい場合におすすめの内容です。

マッスルプロジェクト

【マッスルプロジェクト】 マルチエクササイズ ミニ2 Ⅱ
【マッスルプロジェクト】 マルチエクササイズ ミニ2 Ⅱ

¥ 3,780

口コミ

腰痛に最高。

マッスルプロジェクトは、主に懸垂器具を扱うトレーニング用品ブランドです。マッスルプロジェクトのイメージキャラクターは、100年に1人の逸材とも言われる、新日本プロレスの棚橋弘至選手です。

棚橋選手の体は、プロレスラーであるにもかかわらず素晴らしく、その体に憧れて筋力トレーニングを始める人も少なくありません。

「空いた時間に筋トレをしたい」「背中の筋肉を鍛えたい」「上半身を鍛えたい」という場合におすすめの懸垂器具ブランドです。

アルインコ

ALINCO(アルインコ) 懸垂マシン
ALINCO(アルインコ) 懸垂マシン

¥ 13,166

口コミ

筋力の衰え、肩こり、腰痛のために。

アルインコは、創業80年の歴史をほこる、老舗スポーツ用品ブランドです。取り扱い製品は、ダンベルやクロスバイク、エクササイズボールなどさまざまで、幅広い層に人気のスポーツ用品ブランドです。

代表的な製品は、ぶら下がり健康器型の懸垂器具です。そのほかにケアグッズなども代表的な製品です。

スタイリッシュジャパン

stylishjapan(スタイリッシュジャパン)ぶら下がり健康器
stylishjapan(スタイリッシュジャパン)ぶら下がり健康器
口コミ

とても安定していて、コスパもよく、気に入りました。

スタイリッシュジャパンは、懸垂器具やトレーニングベンチからレインコートまで、幅広いジャンルの商品を扱っているブランドです。名前のとおり、スタイリッシュなデザインが目立ちます。見た目重視で懸垂器具を選ぶ場合におすすめのブランドです。

懸垂器具の使い方・活用方法

懸垂器具おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

おすすめブランドTOP3はいかがだったでしょうか?ここからは、懸垂器具の使い方や活用方法などについてご紹介していきます。

筋トレ・懸垂

懸垂器具は懸垂をするために使うことが第一です。懸垂はフォームによって刺激する筋肉を自在に変化させることができます。

例えば、体を持ち上げるとき、腕を上のほうへ引き付けると、背中の中でも、僧帽筋という部分や、菱形筋という筋肉をメインターゲットとして鍛えることができます。また、腕を下のほうへ引き付ければ、広背筋という背中の大きな筋肉を鍛えることができます。

さらに、グリップ幅を広めにすることで、大円筋という背中の部分を鍛えることができます。逆に手幅を狭くすると、今度は腕の筋肉をメインターゲットとして鍛えることができます。

グリップ幅を広げたり、意識を変えて懸垂をすると、三角筋後部を刺激できることもあります。このように懸垂1種目とっても、さまざまなメリットを享受することができます。ですから、懸垂器具を購入したら、真っ先に懸垂を行いましょう。

ハンギングレッグレイズ

懸垂器具があれば、ハンギングレッグレイズというトレーニングエクサイズを行うことができます。ハンギングレッグレイズとは、腹直筋の下部をメインターゲットとして鍛えるトレーニングのことを言います。

懸垂器具を手に入れたら、一度は試してみたいおすすめのエクササイズが、このハンギングレッグレイズです。

ハンギングワイパー

懸垂器具を手に入れたら、ハンギングワイパーにトライすることをおすすめします。ハンギングワイパーは、バーにぶら下がって、脚を持ち上げ、体をツイストする運動です。

車のワイパーのような動きをイメージすると分かりやすいです。このハンギングワイパーでは、腹筋群の中でも、外腹斜筋や内腹斜筋をメインに鍛えることができます。

ハンギングワイパーは、とても難易度が高い技ですが、腹斜筋を鍛えるために適しているトレーニングエクササイズなので、一度はトライしてみることをおすすめします。このエクササイズが自然にできるようになれば、もうあなたは筋トレ上級者と言ってもいいでしょう。

ぶら下がる

懸垂器具をぶら下がる用途にも使うこともおすすめです。ぶら下がると、縮んでしまっていた椎骨が引き延ばされるので、身長がわずかに伸びる可能性があります。また、姿勢を矯正する効果も期待できます。高鉄棒にぶら下がる感覚でぶら下がってみましょう。

荷重懸垂

荷重懸垂は、この記事のはじめに紹介した、ディッピングベルトを利用して行います。通常の懸垂が何十回もできてしまう場合に、この荷重懸垂を行うことをおすすめします。荷重懸垂は、やや上級者向けのエクササイズですが、その分効果も高いので、懸垂中級者から上級者におすすめです。

ディップス

ディップスは、懸垂器具の中でも、ぶら下がり健康器型の懸垂器具で行うことができます。このエクササイズを行うことで、大胸筋の下部と外側のラインを鍛えることができ、形のいい胸部を手に入れることができます。

懸垂器具を試してみよう!

懸垂器具おすすめ人気ランキングTOP3はいかがだったでしょうか。おすすめの懸垂器具がたくさんありましたが、お気に入りは見つかりましたか。

懸垂は、引き締まった体を手に入れるために必須のエクササイズといっても過言ではありません。懸垂をマスターするためにも、自宅に懸垂器具を設置し、最短で引き締まった体を手に入れましょう。

Related