Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月06日

心拍数の活動量計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

最近、活動量計にも心拍数を測定できる製品が増えてきました。心拍数を把握しながら生活することは、ダイエット中の人にも、健康維持を心がけているひとにもおすすめです。本記事では、心拍数も測れるおすすめの活動量計と、その使い方についてご紹介します。

心拍数の活動量計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

心拍数が測れる活動量計の種類と選び方

心拍数の活動量計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

歩数計は、歩行活動を測定して、歩数とそれに伴う消費カロリーを表示できる健康器具のひとつです。活動量計は、歩行だけでなく、家事やデスクワーク、ワークアウトなど、1日のすべての活動を測定し、総消費カロリーを確認できる健康器具です。

活動量計には、活動をアクティビティログという形で計測する機能に加え、睡眠時間を測定したり、心拍数を測定する機能が備わった製品もあります。また多くは、パソコンやスマホと連動でき、簡単に毎日計測した活動量を記録に残せる機能を搭載しています。

本記事の中では、基本的な活動量計の機能に加え、心拍数も測定できるおすすめの活動量計を複数の視点からご紹介していきます。心拍数をコントロールしながら活動することで、代謝量のコントロールも可能になります。ダイエット、トレーニングだけでなく、健康維持のためにも、心拍数を把握しておくことをおすすめします。

心拍数が測れる活動量計の種類

現在販売されている多くの腕時計・リストバンド型活動量計に、心拍数の測定機能が搭載されています。心拍数の測定機能が搭載されているからといって、それだけで購入してしまうと、目的に応じた測定ができない場合もあります。

心拍数測定機能には、常時計測のタイプと手動計測のタイプがあるからです。手動計測のタイプは、自分で計測を意識して操作しないと、心拍数が計測されません。心拍数を常時測定してデータを記録したいのか、必要なときだけ測定できれば良いのか、自分の目的を明確にしておきましょう。

心拍数が測れる活動量計の選び方

心拍数が計測される活動量計を選ぶ際は、特に理由がなければ、常時測定のタイプをおすすめします。1日の消費カロリーを正しく把握するためには、1日の心拍数の変化を正確に捉える必要があるからです。ダイエットや健康維持のために、活動量計を購入しようと考えているのなら、常時計測タイプの活動量計をおすすめします。

「1日の心拍数の変化を正確に捉える」という目的から考えると、さらに心拍数計測機能の「精度」の高い製品を購入することをおすすめします。

毎日の生活がアクティブな人、例えばスポーツジムに通っていて、水泳をしている時間もある、よく温泉に行く、といった行動が多い人には、防水機能搭載の活動量計がおすすめです。普段アクティブな生活を送っていなくても、1日通してきちんと測定したいという人は、お風呂やシャワーのときも心拍数を計測できるように、防水機能はおすすめの機能といえます。

心拍数が測れる活動量計おすすめランキングTOP3

心拍数の活動量計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

心拍数も測れる活動量計として、人気のあるメーカーのおすすめ製品をご紹介します。今では、心拍数を測る機能が搭載された活動量計は多く、価格もかなり安価な製品が販売されています。その中では、安価な製品よりも高性能な製品の方が人気があります。

ただし、お試しで購入するなら、まず安価な製品を試してみるのもおすすめです。「自分の活動量が知りたい」「ダイエットや健康維持活動に役立てたい」という強い思いがあるのなら、せっかくなので、高性能な製品をはじめから購入することをおすすめします。

おすすめランキング3位:「ソニー」

SONY SmartBand 2 SWR12JP B
SONY SmartBand 2 SWR12JP B
口コミ

メールと電話の着信あればバイブで知らせてくれるので、便利で重宝しております。ただ、バイブ振動が若干弱い感があります。もう少し強ければ良いのになと感じますね。

ソニー製品は熱狂的なファンも多く、活動量計としても「ソニー製」は人気があります。ソニー製品のファンには、間違いなくおすすめの活動量計といえます。

ソニー製品ファンでなくても、この活動量計は多機能で、かつ、専用アプリでスマホに連動することができるので、データの可視化という意味でおすすめできます。心拍数の測定だけでなく、睡眠の記録も可能で、防水防塵対応もされているので、活動量計としてハイスペックな製品といえます。

ストレスレベルの可視化もできるので、日頃の活動量にあわせ、自分のストレス状況も自覚できます。ストレスレベルを自覚できれば、生活改善を考えるきっかけ作りにも役立ちます。自分のカラダと心の状態をきちんと把握したいと考えている人におすすめの活動量計です。

おすすめランキング2位:「エプソン」

EPSON PULSENSE 脈拍計測機能付活動量計バンド PS-100BL
EPSON PULSENSE 脈拍計測機能付活動量計バンド PS-100BL

¥ 7,108

口コミ

問題なく使えているが少しでかいかも。 オクでもっと安く買える。ブルートゥースでサイコンにリンクする心拍計を探している方は最適。

本製品は、腕に装着するだけで、正確な脈拍がリアルタイムに計測されます。搭載されている高精度脈拍センサーと加速度センサーにより、脈拍推移と活動量から、日常の活動が可視化されます。こころの状態や睡眠についても可視化されるハイスペックの活動量計でありながら、価格も抑えられているので、活動量計購入初回の人にもおすすめできます。

エプソンは、精密機器のメーカーであるため、心拍数を測定するという面でも、高い精度を期待できる点でも、人気が高く、おすすめできるメーカーといえます。

おすすめランキング1位:「NOKIA」

NOKIA スマートウォッチ Steel HR 心拍&アクティビティモニター
NOKIA スマートウォッチ Steel HR 心拍&アクティビティモニター
口コミ

普通の腕時計と同じように見えて、健康状態も記録してくれていますし、電池の持ちがいいのでとても気に入っています。

「NOKIA」は、携帯電話のメーカーとして有名ですが、心拍数計のついた活動量計も人気があります。一見、腕時計に見えるおしゃれなデザインと、長持ちするバッテリーが、本製品のおすすめポイントです。スマホと連動できる体重計も発売されており、活動量と体重のデータをスマホで一元管理できる点でも、おすすめできる活動量計といえます。

本製品のバッテリーは、25日間の長期稼働が可能です。スマートフォン通知をウォッチ画面に表示させることも可能です。

特徴・用途別おすすめの心拍数が測れる活動量計

心拍数の活動量計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

心拍数が測れる活動量計には、「心拍数が測れる」という特徴以外にも、防水、防塵、睡眠測定、ストレス測定など多彩な機能があります。すべてを搭載している製品も少なくありませんし、複数の機能が搭載されているのは、もはや当然のようになっています。

多機能な製品を手に入れて使いこなすのがベストですが、あまり機械が得意でなかったり、機能が多すぎると混乱するという人は、自分が必要な機能を絞り込んでから購入検討しましょう。多機能な製品を購入したとしても、最初は、自分にとって必要な機能に絞って使用するのがおすすめです。

水泳も可能な防水機能

心拍数を測定できる活動量計の多くは、水泳などの水中活動も計測可能なよう「防水」加工がされています。しかし、なかには防水加工が全くされていない商品や、「防水」と記載されていても日常防水(雨や水道のしずく程度)の場合もあります。

水泳など、水中活動でも使用したいという目的がある場合は、購入前に「防水」の程度についても確認しておくことをおすすめします。

itDEAL スマートウォッチ

itDEAL スマートウォッチ
itDEAL スマートウォッチ
口コミ

作り・サイズは万人が納得するレベルです。難点は、取説の文字が小さ過ぎ、老眼の世代には厳しい。要望として、全ての表示が直ぐに消えて仕舞うので、常時点灯の選択が出来ると良いと思う。

本製品は、防水規格:IP67なので、「水面下・15㎝〜1m・30分間」の使用が可能です。ダイバーズウォッチ並みではありませんが、軽く水泳をする程度であれば、本製品で活動量を測定することができます。ダイビングや、長時間の水泳時にも使用する可能性がある場合は、製品仕様の「防水」で水深・耐久時間を確認して購入する必要があります。

活動量以外の測定機能として、心拍計・自動睡眠計・長時間座るのを自動注意・”血 圧・血中酸素測定”・着信通知・遠隔カメラリモート・携帯探しも搭載されている、多機能な活動量計です。

高精度な心拍数測定

心拍数を測定する活動量計は、心拍数を測定するので「ウェアラブル」タイプの活動量計になります。ウェアラブル活動量計は、その精度についてはイマイチだという評判も多いのですが、毎日の活動の目安とする目的としては、あまり支障がありません。

そういった、ウェアラブル活動量計の中でも、精度が高い商品としてEPSONのPULSENSEを搭載した活動量計をおすすめします。EPSONは、精密機器メーカーであり、高精度に対する技術に信頼がおけるおすすめのメーカーです。

EPSON PULSENSE

EPSON PULSENSE PS-600C
EPSON PULSENSE PS-600C

¥ 19,494

口コミ

RUNTASTIC等、多くのエクササイズ関係アプリに非公式にリンク出来ます。使用して、かなり正確に測定していると感じます。少し高いですが、製品として間違いないものです。

本製品は、高精度に活動量を記録できるPULSENSEの腕時計型モデルです。PULSENSEは、脈拍を計測し、加速度センサーの計測値と合わせることで、より高精度な測定を可能にしている機能です。

稼働5日間の連続計測が可能で、電池の残量が少なくなると本体画面にその旨表示されます。5気圧防水なので、水泳時の使用はおすすめできません。雨に濡れるなどの日常防水としては、問題ありません。日本製である点からも、品質・性能に期待できます。

睡眠記録可能な活動量計がおすすめ

心拍数を測定できる活動量計の多くに、睡眠記録も可能な機能が搭載されています。睡眠記録では、睡眠時に装着していれば、深い睡眠時間・浅い睡眠時間を自動計測できます。睡眠データは、スマホアプリなどで確認できます。睡眠データを確認することで、細かな生活時間を調整し、睡眠の質を改善することができます。

GanRiver 活動量計 スマートブレスレット

GanRiver 活動量計 スマートブレスレット
GanRiver 活動量計 スマートブレスレット

¥ 6,800

口コミ

以前、使用していました別機種からの買い替えです。 やはり画面表示が便利でとてもいいです。 充電開始から3日目ですが、電池の持ちも良さそうでいい感じです

本製品は、活動量計として、歩数記録・心拍数監視・カロリー消費記録・睡眠監視・運動時間記録などが可能です。付加機能として、Line・メッセージ通知・SMS通知・FacebookなどSNSとの連動にも対応しています。そのほか、アラーム・座りがち通知・カメラ遠隔操作も可能です。防水もIP67レベルなので、短い時間の水泳なら対応しています。

睡眠監視と座りがち通知が搭載されているので、自分で自覚しづらい健康面でも、気づきが得られ、きちんと管理していくことができます。

GPS搭載の活動量計

GPSが搭載されている活動量計は、ウォーキングやランニングの時に携帯を持っていなくても、正確な移動距離やスピードなどのデータを記録できます。連動するアプリに、活動したコースなどを表示できるタイプのものもあります。

スマートウォッチ Muzili

スマートウォッチ Muzili スマートブレスレット
スマートウォッチ Muzili スマートブレスレット
口コミ

やすいのに、精度高いので、驚きました。素晴らしいと思います。健康を守るために、購入しまして、大満足です。いい経験でした。

本製品は、GPS搭載の歩数計として使用できます。もちろん、活動量計・心拍数計・睡眠監視としての機能もあり、着信通知などの付加機能も搭載されています。

全部で14種類のスポーツモデルがあり、各種のスポーツの需要に応じて使い分け可能な点でもおすすめです。スポーツモデルによって、時間や距離、心拍や平均心拍などをもとにした詳しいスポーツデータを調べることが可能です。スポーツのトレーニング管理目的で、心拍数計つき活動量計を導入しようとしているなら、本製品の該当スポーツモデルがおすすめです。

血圧も測れる活動量計

活動量計のなかには、血圧まで測れる活動量計も販売されています。血圧まで測れる活動量計も複数のメーカーから発売されていますが、概ね、防水機能も備えているなど多機能で、スマホとの連動も可能です。購入しやすい価格の製品も多いので、性能や機能が自分が求めているものか、見極めて購入することをおすすめします。

Antech m2p

Antech m2p スマートブレスレット
Antech m2p スマートブレスレット
口コミ

健康に気を付けようと思い、歩数計と時計と、心拍数や血圧計、呼吸数、酸素濃度まで色々とあり、レビューの評価がよかったこちらを購入しようと思いました。

「Antech m2p スマートブレスレット」は、多機能で、「心拍計」「歩数計 」「血圧測定」「睡眠検測」として使用することができます。スマホとしての連動もでき、腕時計としての使用も可能です。防水加工がされているので、水泳の際も外す必要はありません。おすすめの活動量計のひとつです。

おすすめはリアルタイム測定

心拍数の測定機能には、常時自動的に測定するタイプと、手動でユーザーが指定したときに測定するタイプがあります。1日の活動量を正確に測るためには、常時測定タイプがおすすめです。この常時測定タイプは、製品カタログなどの仕様説明では、多くの場合「リアルタイムで測定」と記載されています。

Riversong スマートブレスレット活動量計

Riversong スマートブレスレット 活動量計
Riversong スマートブレスレット 活動量計
口コミ

初めてスマートウォッチを買いました 機能としては心拍数を測ったり活動計の機能などもあります ベアリングは簡単でスマートフォンとベアリングして時刻の補正などもしてくれます

本製品は、多機能ながら低価格で手に入れられる点もおすすめです。心拍数は、リアルタイムで測定され、防水加工もされています。口コミでは、防水加工は少し弱いという意見もあるので、日常防水程度に考えておくのがおすすめです。

歩数計、心拍計、血圧計、睡眠測定など、活動量計に搭載可能な機能は、ほとんど搭載されています。ファーストスマートウォッチ・活動量計として、おすすめできる製品です。

リストバンド

心拍数計のついた活動量計は、心拍数を計測するため、リストバンド型になっています。製品によっては、リストバンド部分を付け替えて、その日の気分で色を変更できるタイプの活動量計もあります。

スマートブレスレット

スマートブレスレット
スマートブレスレット
口コミ

スマートウォッチ初購入ですが、なかなかのスグレノです。特に血圧が気になる私にとってはスマホにブルーツース接続で簡単に測定が可能なだけでなく、今まで使っていたオムロンの血圧計とほぼ同

本製品は、低価格ながら多機能なスマートウォッチです。日付・時間表示・歩数・心拍数・血圧測定など、活動量計とその付加機能が搭載されており、Line通知・着信通知などスマホとの連動も行えます。また、長座注意もついているので、座ったままの生活を送りがちな現代日本人におすすめです。

心拍数が測れるおすすめ活動量計メーカーと代表製品

心拍数の活動量計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

心拍数を測定できる活動量計を多種類発表しており、人気のあるおすすめのメーカと、その代表製品をご紹介します。

Fitbit:Fitbit Alta HR

Fitbit Alta HR FB408SBKL-CJK
Fitbit Alta HR FB408SBKL-CJK

¥ 21,384

口コミ

運動などは問題なく計測できますが 睡眠の測定が怪しいです 7時間寝たのに3時間睡眠になったりあてになりません。

Fitbit(フィットビット)は、活動量計を販売しているメーカーのなかでもトッククラスの性能があるといわれており、人気のあるおすすめのメーカーです。Fitbitの製品は、比較的高価なので、性能の高い活動量計を求めている人におすすめです。

Fitbit Alta HRは、睡眠の「見える化」を一番の売りとしています。睡眠の時間やサイクルを自動記録し、浅い睡眠・深い睡眠・レム睡眠・中途覚醒の4つのステージで睡眠の質をチェックできます。スリムなデザインなので、睡眠時の負担となることもありません。

GARMIN:ForeAthlete 235J

ForeAthlete 235J
ForeAthlete 235J

¥ 33,800

口コミ

GPSの感知がはやいし 数字が大きくて見やすいので 気に入っています。

GARMIN(ガーミン)は、GPS機器を開発しているメーカーです。GPS機器メーカーなのでGPS機能の性能には特別の信頼をおけます。デザインにも力を入れており、スポーティなデザインに人気があります。GPS機器メーカーなので、GPS搭載の活動量計がほとんどですが、搭載されていないモデルもあるので、購入前に確認することをおすすめします。

ForeAthleteは、ランナーに人気があるランニングウォッチです。手首に装着するだけで心拍データが計測できます。心拍数計は光学式で、計測できるデータや新しい機能が強化されているモデルです。光学式心拍計の性能が向上したことで、最大酸素摂取量など、運動強度に関する計測が可能になっている点でもおすすめです。

Polar:M200

Polar M200
Polar M200

¥ 17,798

口コミ

新型が各社により販売されてますがGPSと心拍数が同時に使えてログが残るという目的に対しては十分に満足できます ロードサイクリングやローラー練習もプログラムが設定できるのでこの点でも

Polar(ポラール)は、フィンランドメーカーで、そのスタイリッシュなデザインに人気があります。

Polar M200はGPS内蔵の活動量計で、ランニングの際のスピード・距離・ラップタイムといった、高ランニングに必要な機能が計測可能です。心拍数は、手首型光学式心拍計で測定されます。「ランニングプログラム機能」や、「ランニングインデックス機能」も搭載されており、ランナーにおすすめです。

もちろん、毎日の歩数・消費カロリー・睡眠などを記録できる活動量計機能も利用可能です。毎日の活動量やトレーニングのデータは、無料のPolar Flowウェブサービスとアプリで管理・分析することが可能です。

心拍数が測れる活動量計の使い方・活用方法

心拍数の活動量計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

心拍数が測定できる活動量計は、単体でも利用可能ですが、パソコンやスマホとデータ連携することをおすすめします。どのメーカーも「可視化」を謳っているとおり、データの種類に応じて、グラフ化されることで、自分のカラダの状態を理解しやすくなります。

データ(数値)だけ眺めていても、「今日はちょっと心拍数が高いな」とか、「ちょっと運動が足りていないかな」という曖昧な評価しかできません。毎日の記録がグラフ化されることで、「データが安定していない」とか「長い目で見ると徐々に数値が悪化している」といったことが、一目で判別できるようになります。

心拍数を意識して活動することで、効率的に脂肪を燃やすこともできます。健康維持やダイエット目的で活動量計を活用する際は、心拍数を常に意識しておくことをおすすめします。

試しに活動量計を使ってみましょう

心拍数の活動量計おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

1日の摂取カロリー記録は、どうしても食べたもののカロリー計算が必要になります。写真から自動判別してくれるアプリなどもありますが、判別が難しいのが現状です。しかし、消費カロリーについては、活動量計を身につけることで、簡単にわかるようになりました。

睡眠時間や座りっぱなしの時間など、なかなか自覚しにくい生活のリズムも、活動量計が測ってくれるようになりました。健康な生活を送っていくために、自分のカラダの状態を理解することは重要です。心拍数を測ってくれる機能を搭載した活動量計は、自分のカラダの状態を自覚するためにおすすめのアイテムです。

自分のカラダの状態を知ために、まず心拍数計つきの活動量計を身につけてみましょう。自覚のないストレスなどにも、いち早く気づくことができます。健康を意識した生活を送るためにも、おすすめです。

Related