Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月13日

VAPEアトマイザーのおすすめ人気ランキングTOP3

今人気を集めるVAPEアトマイザーとはいったい何のでしょうか。またVAPEの楽しみ方とはどんなものがあるのでしょう。若年層に人気の高いおすすめのアトマイザーやつかいがってのいいあとあいざーについて調べてみました。VAPE初心者の参考になれば幸いです。

VAPEアトマイザーのおすすめ人気ランキングTOP3

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

VAPEアトマイザーの種類と選び方とは?

電子タバコ Vape 2.0ml 爆煙 禁煙減煙サポート 0.3Ω (予備アトマイザー)
電子タバコ Vape 2.0ml 爆煙 禁煙減煙サポート 0.3Ω (予備アトマイザー)
口コミ

とても良い品でした。これから禁煙しよと考えていましたが、こちらの商品が爆煙でとても気に入り、いろいろなフレーバーを楽しみたいので2つ目も購入予定です。

近年は禁煙意識が高まりつつあり、従来のタバコから離れる方が多くいます。世の中の風潮として電子タバコが主流になりつつあり、電子タバコの種類もたくさんでました。

ここで紹介する電子タバコはVAPE式と呼ばれアトマイザーやコイルなどの組み合わせ、リキッドの種類により機械は1つでも味はさまざまな楽しみ方ができます。

VAPEアトマイザーを分解するとドリップチップ、タンク、コイル、エアホールに分かれそれぞれの役割を担います。しかしこれからアトマイザーを始めようという人にはこの組み合わせは難しくどれを使えばいいのか疑問に感じることでしょう。

そこでおすすめの選び方を参考程度に調べてみました。

アトマイザーの種類って?

アトマイザーの種類は大きく分けると4つに分けることができます。①クリアロマイザー②RDA③RTA④RDTAの4種類です。

この4種類をさらに分けると自家製コイルが不可能なクリアロマイザー、コイルビット可能なRDA,RTA、RDTAに分けることができます。

自家製コイルが不可能なクリアロマイザーとはワイヤーコイルとコットンが内蔵された既製コイルを使用しているアトマイザーのことを指します。

RDA,RTA、RDTAはコイルビット可能という点においては同じなのですが、RDAにはリキッドタンクがなく、リキッドを垂らして吸うのが特徴です。それに反してRTAにはリキッドタンクがありリキッドをためることが可能なため、リキッドのもちがよく経済的と言えます。

最後にRDTAはRDAとRTAの特徴を融合したタイプのアトマイザーとなります。クリア④ロマイザーにも似ていますが構造が明らかに異なります。

VAPEアトマイザーの選び方とは?

VAPE初心者の方でも使いやすいアトマイザー選びのポイントは次の3つになります。①コイル交換式を選ぶ②トップフィル式ガラス製タンクを選ぶ③エアフロー調整可能モデルを選ぶ、この3点を守れば初心者でも失敗なくVAPEを楽しむことができるでしょう。

①コイル交換式を選ぼう!

リキッドの加熱を担うコイルには2種類があります。自作(手巻き)コイルと市販コイルです。そのためアトマイザーには大きくわけて2種類存在することになります。

まず自作コイルを使用するビルド式アロマイザーです。コイル自体を自作するには一定量の知識が必要で手間も時間もかかります。そのためあまり初心者向けとは言えません。

市販のコイルを使用できるコイル交換式アトマイザーは手間も時間もかかりません。もちろん爆煙が好みで味にもこだわりたいなら大型のコイルユニットを搭載してるアトマイザーを選ぶことがおすすめです。

トップフィル式ガラス製タンクを選ぼう!

VAPEはリキッドが少なくなった時や違う種類のリキッドに交換するときなどリキッドの供給をスムーズに行えるかどうかもアトマイザーの大切なポイントとなります。

ではリキッドをの供給を簡単に行えるアトマイザーのポイントとはなんでしょう。それはガラス製タンクのアトマイザーであること、トップフィル式タンクのアトマイザーであることです。

アトマイザーのタンク素材にはプラスチック製とガラス製の2種類がありますがプラスチック製の場合メンソー系や柑橘系リキッドに使用したときひび割れを起こす危険性があります。反面ガラス製ならばさまざまなリキッドに幅広く対応し耐久性もあるのでタンクはガラス製を選ぶほうがよいでしょう。

トップフィル式アトマイザーを選ぼう!

VAPEのリキッド注入方法にはアトマイザーの下部から注入する方法のボトムフィル式とアトマイザーの上部から注入する方法のトップフィル式があります。

ボトムフィル式タンクの場合リキッドを注入するときにアトマイザーをバッテリーから取り外さなければいけないのが難点です。その点トップフィル式ならばアトマイザーをバッテリーに接続したままリキッドの注入が行えますのでおすすめです。

エアフロー調節可能モデルを選ぼう!

VAPEを楽しむためには自分好みの水蒸気量や味を見つけることです。そのためには空気口の大きさを調節できるアトマイザーを選びましょう。

空気口は大きければ大きいほど軽い吸い心地で1度に大量の水蒸気を吸い込むことができるので、爆煙が好きな方にはおすすめです。

VAPEアトマイザーおすすめベスト3!

SMOK TFV12 Prince Tank 電子タバコ プリンス アトマイザー 2ml (7-colors)
SMOK TFV12 Prince Tank 電子タバコ プリンス アトマイザー 2ml (7-colors)
口コミ

大容量で漏れないアトマイザー。ぜひ一度おすすめしたいと思います。購入してよかったです。

初心者におすすめな各部位の部品をご紹介しましたが、それでも初心者には難しいと感じることでしょう。

そんなド素人におすすめのVAPEアトマイザー製品をランキングにて調べてみました。

初心者におすすめ!ベスト3!

Aspire Triton2は、Aspire社の人気アトマイザー「Triton」の後継者で前作に比べてやや小ぶりなサイズとなり使い勝手も格段に向上しています。

過剰供給システムで液漏れ防止効果が上がりクリプトンコイルと日本製オーガニックコットンを採用した、味と水蒸気量を両立したアトマイザーです。

初心者におすすめVAPEアトマイザー!ベスト2!

Innokin iSub Apexは、頂点(Apex)という名前にふさわしくInnokin社の「iSubシリーズ」の最高峰モデルととして発売された人気のアトマイザーです。

このアトマイザーの特徴として液漏れのリスクを極限まで軽減していることや、爆煙でもリキッドの味を引き立てる対流構造と豊富な交換用コイルなどがあり、運用面に優れた
アトマイザーなのでバランスのとれたアトマイザーと言えます。

初心者におすすめVAPEアトマイザー!ベスト1!

Kanger Tech TOPTANK MINIは、Kanger Tech社の人気機種「SUBTANK MINI」の後継機種として発売されたハイスペックアトマイザーです。

このアトマイザーの特徴はステンレススチール・オーガニック・コットン・コイルのサブオーム対応コイルで爆煙とリキッドの豊かな味わいの両立を実現したことです。それに加え市販コイルと自作コイルのどちらでも使用可能なことが人気となっています。

初心者でも経験者でも楽しめることができる汎用性に優れたアトマイザーなので、VAPEをこれから楽しむ人にもおすすめです。

特徴・用途別おすすめVAPEアトマイザーとは?

MELO 3 mini アトマイザー シルバー
MELO 3 mini アトマイザー シルバー
口コミ

きにいりました。リキッドを入れずらいのがちょっと・・・文句は言えませんね。よくできてます。笑

アトマイザーとはどのような用途がありどのような特徴があるのでしょうか。用途や特徴が分かればさらにVAPEを楽しむこともできるようになることでしょう。

初心者でも安心!?アトマイザーとは?

Joyetech CUBIS PRO Atomizer アトマイザー VAPE 電子タバコ (ブラック)
Joyetech CUBIS PRO Atomizer アトマイザー VAPE 電子タバコ (ブラック)
口コミ

思ったよりエアホールの調整でドローが変わりました。リキッドも漏れもないです。

初心者でも使いやすいアトマイザーはどんなものがあるのでしょうか。ズバリ、初心者向けにアトマイザーとバッテリーがセット・一体化になっているスターターキッドが発売されています。

スターターキッドも種類は豊富にありますが、今回は特に人気の3種類を調べてみました。

第3位!コンパクトで持ち運びに便利!

VAPEアトマイザーの種類で小さくて目立たないものをステルスタイプといいますが、そのステルスタイプの中でも一番小さい本体と言われるのがsmiss EMILIです。

本体サイズは通常のタバコとほぼ同様ですから禁煙目的でVAPEアトマイザーを始める方は違和感なく携帯できるでしょう。充電器もスマホくらいの大きさでポケットにも入るほど小さいので保管するにも場所を選ぶこともなく手軽に持ち運び可能です。

煙量も少なく味の出方も最新機種に比べると劣る点もありますが喫煙者が使うには入りやすいシンプルでスタイリッシュなVAPEアトマイザーです。

第2位!コスパがいい!お手軽な爆煙!

Joyetech ego AIO
Joyetech ego AIO
口コミ

最高です。価格とのバランスが最高。初心者に最高。コスパが最高。

ペンタイプのアトマイザーも中でも最高にコストパフォーマンスがいいと評判のJoyetech ego AIOはコスパだけでなく、操作性や重量などさまざまな観点から定評があります。

爆煙なのに液漏れもしにくく、何より軽いので吸いやすいのが特徴です。吸い口はやや重めですが味は満足のいくミスとが楽しめます。

また本体のみでも安いのですがリキッドとセット販売もされているため、セットで購入するとさらにコスパがよくなります。

初心者のチェレンジしやすい価格帯と構造になっていますので試してみる価値はあるでしょう。

第1位!これ一台ですべて完結!高性能なアトマイザー!

Eleaf iStick Pico 75W
Eleaf iStick Pico 75W
口コミ

黒とブロンズの色合いが最高です。 味も調整出来るのでリキッドに合わせて変えてます

Eleaf iStick Pico 75Wは、初心者向けというとどうしても操作性が簡単でバッテリー交換なしのものを選びがちですが、初めてだからこそVAPEの本当のおいしさを知ってほしいのであえておすすめしたい一品がiStick Picoです。

バッテリー交換が必要だったり、操作が少し複雑ではありますが味や煙の量、カスタマイズ性にバッテリーのもちの良さなどにこだわりぬいたイチ押しのアトマイザーです。

コンパクトなサイズ感に性能もばっちで価格もボックスタイプの中では購入しやすいですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

コイル交換式アトマイザーのおすすめとは?

コイル交換というとどうしてもめんどくさいイメージや難しいと感じるかたが多いのではないでしょうか。

確かに交換不要のものに比べたら面倒ではありますが、交換することで長く使える点は見逃せません。そこでコイル交換式のなかでもおすすめのVAPEアトマイザーを調べてみました。

これぞ最強?!

Aspire Atlantis2&CF SUBΩスターターセット
Aspire Atlantis2&CF SUBΩスターターセット
口コミ

初めて買ったけどすごいいい! 爆乳だし使い勝手もいい! 重宝するにょ〜

Aspire社のアトマイザー自体が人気の高いものですが、このAtlanis2CF SUBΩ煩わしいセッティングなしで爆煙を体験できることで多くの方に支持されおすすめです。

コイル交換を行うことで実現したのがセッティングなしの爆煙です。また水蒸気量の調節も可能で気分や場所に合わせて量を調節しより楽しみやすくなっています。

また電池残量が目視で確認できますし、パソコン作業中にUSB端子にて充電可能なことも人気となっています。若干大き目なボディではありますが程よく軽いので違和感は少ないつくりとなっています。

トップフィル式アトマイザーのおすすめは?

TOPTANKの登場からトップフィル式(上からリキッドを注入)が人気を集めています。リキッドの注入が楽に行え手を汚すこともなくより気軽にVAPEアトマイザーを楽しめるようになりましたので、トップフィル式がおすすめです。

そんなトップフィル式の中で多くの使用者が期待を寄せるものがKangertech社製のTOPTANK Miniです。タンク容量は4mlあり抵抗値の0.5ohm、22mmベース幅のトップフィル式アトマイザーは多くの使用者が待ち望んでいたアトマイザーと言えおすすめします。

気軽に手軽に始めたい!安いアトマイザーってある?

物価は上がるのに給料は上がらず厳しい現実が続近年で節約のためにVAPEアトマイザーを始める方も多くいます。

せっかく節約目的なのに本体が高くて買えなかったり、買ったために何かを切り詰めるようでは本末転倒です。そこでぜひおすすめしたい安いアトマイザーを調べてみました。

とにかく安い!スターターキッド!

ASPIRE K2
ASPIRE K2
口コミ

K4はリキッド漏れがありましたがK2は液漏れもなく安心して携帯できます

ASPIRE K2は、初めてでも手を出しやすいスターターキッドとしておすすめなのが、Aspire社製のVAPEアトマイザーです。サイズは直径15㎜×140㎜で持ちやすく、見た目スタイリッシュです。バッテリーは800mAhでタンク容量は1.8mlと若干少なめではありますが初心者にはちょうど良いのではないでしょうか

色はブラックとピンクの2色ですが価格が4800円とお手頃価格です。約タバコ1カートン分の値段で購入できますから、思い切って購入を考えてみてはいかがでしょう。

誰でも簡単に使えるアトマイザーって?

どんなに爆煙でも、どんなに味がよくても複雑な構造で扱いが難しければせっかく購入しても使わなくなる危険性があります。それではさすがにもったいないので購入前にはきちんと操作性も調べてから購入することをおすすめします。

そこで調べた結果、わずか6工程でリキッド注入が完了してしまうほど簡単操作で爆煙を楽しむめるVAPEアトマイザーがありました。

Thorvapスティックタイプならわずか開けるところから始まりリキッド注入後閉めるまでわずが6工程です。トップフィル式ですから注入そのものも簡単で手を汚すこともありません。

唯一の注意点はきちんと空気穴をしめてからリキッド注入を行うことです。アトマイザーのリキッドはどれも8割ほどいれれば十分と言われいますのでその点を気を付けるのは当たり前と言えます。

Thorvapを使用したことがない人でも簡単に扱えますので一度試してみてはいかがでしょう。

アトマイザーってどうやって洗浄したらいいの?!

VAPEアトマイザーのおすすめ人気ランキングTOP3

日々使っているとどうしても出てくる悩みがアトマイザーのメンテナンスです。水蒸気といえども味がついているということは汚れもたまります。日々きちんとメンテナンスすることでVAPEアトマイザーの寿命も延びますので定期的にメンテナンスすることをおすすめします。

では実際洗浄しようとしてやり方を知っている方はどれくらいいるのでしょうか。特に初心者の方は洗浄方法に疑問を持つことでしょう。そこで正しいアトマイザーのメンテナンス方法を調べてみました。

覚えておこう!メンテナンスの注意点

大前提としてVAPEアトマイザーは「電子機器」「精密機械」です。そのため当然水にぬらしてはいけない部位があります。そこで注意点としては以下の3つになります。

①バッテリー部分は絶対ぬらさない
②お手入れ後はしっかり乾燥させる
③組み立てるときは締め込み過ぎに注意

まず①ですが精密機械に水を与えれば確実に壊れます。絶対にやめましょう。それに付随するのが②の注意点です。充分に乾燥させなければ組み立てたときに機械の中に水が入り故障の原因となります。

最後の③はVAPEのねじ山が細かいものが多く締めすぎてしまうと外れなくなる危険性があります。またねじ山がつぶれる原因にもなりますので締めすぎには充分気を付けましょう。

メンテナンスってどれくらいの頻度でやるの?

日々使うものですから理想はリキッド交換のたびに洗浄することがおすすめですがさすがに手間です。

VAPE上級者ならば味が変わってきたと感じたときに洗浄するようにしたらいいのですが、初心者で味の変化に敏感になるのかと言われたら必ずしもそうではありません。

ですからあくまで目安として簡単に洗浄するならば週1回程度、本格的なお手入れならば2週間から20日を目安にお手入れすることをおすすめします。

洗浄の仕方や種類

まず洗浄の仕方としておすすめの方法が3つあります。①エタノールを使ったお手入れの仕方②超音波洗浄機を使ったお手入れの仕方③水やお湯を使ったお手入れの仕方です。

まずバッテリーとアトマイザーを分解します。①はアトマイザーを無水エタノールに2つけ置きしたあと2分ほどエタノールの中で振りしっかりと乾燥させます。この方法は除菌もでき衛生的な本格的お手入れの方法です。

②は市販されいてるVAPE専用の超音波洗浄機を使ったお手入れの方法です。上級者なら持っていて当たり前と言われる超音波洗浄機ですが必ずしもあるとは限りません。また超音波洗浄機にエタノールをいれ使用する方ですがメーカーが推奨しているわけではなので故障時は自己責任となります。

最後に③は初心者でも一番簡単なお手入れ方法です。分解したアトマイザーを水やお湯で優しく洗うだけです。後はしっかりと乾燥させれば洗浄完了ですのでおすすめです。

VAPEアトマイザーのおすすめブランド・メーカーを教えて!

Aspire Triton Tank
Aspire Triton Tank
口コミ

ドローが重くてタバコ吸いに最適。 味も出る。 煙もまぁまぁ。 ピコとの組み合わせで見た目もバッチリ

VAPEアトマイザーのブランドも本当にたくさんあります。またはじめたばかりの人にはどこのブランドがいいのかわかりづらいのが現状です。

VAPEアトマイザーを始める方必見のおすすめブランドを、調べて見ました。

第3位!はじめてにぴったり!

初めての人にぜひおすすめしたいブランドがFrienbr STANDARDです。こちらのVAPEアトマイザーは初心者が電子タバコを楽しむためのすべてが備わってるといっても過言ではありません。

まず、こちらのVAアトマイザーの特徴の一つが、本体・アトマイザー・リキッドすべてが一つのケースに入っています。ですから買ってすぐに楽しめますし、吸い終わったらまたケースに戻せばいいだけです。

もちろんリキッドを注入しないタイプのアトマイザーも増えてきていますが、まだまだリキッド注入型が主流のVAPEにおいてうれしいセットです。

また値段も4980円とお手頃になっており、購入時にリキッドのフレーバーを12種類から選ぶこともできます。さらに安心の国産ということも特徴と言えます。食品を購入するにも生産国を気にする時代にはおすすめといえます。

第2位!これは見逃せない!

smiss社製のEMILIは大手通販サイトでも人気を誇るおすすめのVAPEアトマイザーです。実はEMILIは1回の購入で本体が2つもついてきます。初心者のうちはリキッドの交換や洗浄が煩わしく感じることがおおいのですが、本体を2つ持っていれば違う味を同時に楽しむことができるのでおすすめです。

またサイズが普通のタバコと同様で小さく、持ち運びにもとっても便利なのもおすすめポイントです。少し前ならば、VAPEX6のようにいかつい電子タバコが流行でしたが、最近では手のひらサイズのVAPEが好まれる傾向にあります。

手の平サイズで軽量のVAPEですから女性におすすめです。

長くVAPEアトマイザーを楽しむにあたり、持ち運びの便利さというのはとても大切なポイントとなります。せっかく買ったのに持ち運びしにくいからと箪笥の肥やしにするのは勿体ないです。ならば初めから持ち運びしやすい物を選びましょう。

第1位!女性にもおすすめ!

C-TECの特徴はなといっても値段の安さとリキッド交換が不必要という2点です。初心者にとって煩わしい洗浄もリキッドの注入も必要ありません。しかも1本2300円と手の出しやすい値段設定です。

またリキッドの種類が4種類もありますし、液状のリキッドを注入する必要がないだけで味を変えたいときはカートリッジを交換すればいいだけです。この交換はただ回して外して、回してはめるだけです。こんな簡単でいいのでしょうかと感じるほど簡単です。

初心者でも簡単に手軽に楽しめるVAPEアトマイザーであることは確かで、さらに味を変えることもできるのですかおすすめです。

VAPEアトマイザーの使い方・活用法・楽しみ方とは?

VANDY VAPE BERSERKER MINI MTL RTA 22mm
VANDY VAPE BERSERKER MINI MTL RTA 22mm
口コミ

ASMODUS2には若干小さく見えますが、PICOの鏡面シルバーを使用していますがこれが中々合う。 ウルテムドリチとウルテムチューブにしていて黄色みがかった色がアクセントになっていてわたし的には好みです。

VAPEアトマイザーはさまざまな楽しみ方があります。爆煙を楽しむのもいいですし、フルーティな味を楽しむのもいいでしょう。おすすめの楽しみ方をいくつか調べてみましたので、参考になることを願います。

そもそもVAPEアトマイザーの使い方は??

購入してやっと手元にきたならまず、充電してください。バッテリーを充電しないと使えません。充電自体はUSBにさすだけで充電可能ですので、簡単ですし仕事中でも充電できます。

充電できたらアトマイザーにリキッドを補充します。アトマイザーにはリキッドを入れる部分の中央に小さめの穴が開いており、水蒸気を吸うとおり道になっています。この部分にリキッドを入れてしまうと故障の原因となるので、リキッドを入れるときにはアトマイザーの側面にそってリキッドを注入するようにしましょう。

充電も完了、リキッドもアトマイザーの8割入っているならば、本体についているボタンを押して吸うだけです。とても簡単です。

VAPEアトマイザーを楽しむには?

VAPEアトマイザーを楽しむやり方はいろいろありますが、VAPEを吸う人の多くが爆煙を楽しむかたが多くいます。しかし、VAPEアトマイザーは爆煙だけではありません。

VAPEが紙煙草大きく違う点は、電気製品ですから紙煙草のように火をつける必要もなくスイッチ一つで吸うとこを止められることです。

そしておすすめ楽しみ方はスイッチを押して約1秒まってから吸うようにしましょう。そうすることで、より鮮明にリキッドのフレーバーを楽しむことができますのでおすすめです。

VAPEアトマイザーの味って?

VAPEアトマイザーの味の決め手はリキッドです。リキッドの種類は多数あり、実はリキッド選びが一番難しいといわれています。

大まかに分けると、メンソール系と喫煙者にやさしいタバコ系となるのですのが、VAPEアトマイザーが表現しているタバコの味は、実はナッツ系のフレーバーです。

禁煙目的でVAPEアトマイザーを使用するならば、メンソール系がおすすめです。なぜならば、メンソール系にはスローキックと呼ばれる、喉へのキックを感じることができるからです。通常ニコチンが入っていないと感じないといわれる、スローキックをニコチンなしで味わうことができます。

また、タバコ系として売り出しているリキッドは、ナッツ味のため甘いフレーバーですから、好みがわかれる味と言えます。

VAPEアトマイザーを楽しんで禁煙成功

喫煙者は肩身の狭い世の中にはなりました。喫煙場所は減らされ副流煙問題など指摘されるようになりました。また健康志向によりタバコその藻を悪とする風潮になり、活躍を始めたのがVAPEアトマイザーです。

紙煙草よりも経済的でニコチン被害もなく、優しいフレーバーのリキッドによりタバコ独特な香りもありません。本体自体は紙煙草1箱よりも高いですが、一回本体を購入してしまえば充電とリキッド補充で使えますし、紙煙草よりも経済的でおすすめです。

健康的にも経済的にも紙煙草がおすすめな理由は御理解いただけたことでしょう。これからの世の中VAPEアトマイザーに移行できればいつまでも煙の楽しさを味わうことができるでしょう。

VAPEはいくつかご紹介しまたがあなたの好みにあった、味や煙量などをみつけられるとよりVAPEを楽しむことができるでしょう。

Related