Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月27日

美容師おすすめのドライヤー人気ランキングTOP3・口コミ

ヘアケアといえば重要視されるのはシャンプーやトリートメントなどですが、何もそればかりではありません。あまり焦点が当てられないドライヤーこそ、選び方次第でヘアケアの質が変わってくるのです。そこで今回は美容師がおすすめするドライヤーの種類と選び方をご紹介します。

美容師おすすめのドライヤー人気ランキングTOP3・口コミ

美容師おすすめドライヤー~種類と選び方~

ドライヤーにはさまざまな種類があります。もちろん美容院によっても使っているドライヤーはさまざまです。その中で自分に合ったものを選ぶなんて難しいですし、実際どんなものが合うかなんてよく分かりません。

そこで今回は種類の違いや何を基準に選べはいいのかを美容師さんのおすすめをお伝えします。

どれだけの種類があるの?

たくさんの種類があるといっても、実際どれだけの種類があるのでしょうか。マイナスイオン、ナノイオン、温度切り替え付き、頭皮ケア用、低温などメーカーによって重視しているポイントが違います。ドライヤーといっても、ただ乾かすだけのものではなくカールドライヤーなどもあります。クルクルドライヤーと言った方がピンとくる方が多いのではないでしょうか。

その他にも、ストレートアイロン、カールアイロンなどもドライヤーに中の一つです。美容師さんはスタイリングの時に使ってる人も多いです。

どうやって選べばいいの?

一番知りたいのはその選び方です。一人ひとり目的が違うので、自分はドライヤーに何を求めているのかを明確にしましょう。早く乾かしたい方もいれば、少しでも良くしたい、頭皮や髪の毛のダメージが気になる、低コスパがいいなど何を重視したいですか?重視したいものによって美容師のおすすめ商品は違います。

速乾性を求める

早く乾かしたい方は風量を見ましょう。注意するのは「W数」ではなく「m3/分」を見ることです。W数はあくまで電力なので風量とは関係ありません。W数は同じでも風量は違ったりもするので購入前に必ずチェックをしてください。もちろん美容師さん達は業務用なので速乾性も重視しています。

少しでもよくしたい

少しでも良くしたい方はイオン系がおすすめです。美容師さんにおすすめされたことはありませんか。イオン系といっても種類はさまざまです。マイナスイオン、ナノイオン、プラズマクラスターなどがあります。この3つの違いは何でしょうか。

まずマイナスイオンとナノイオンは髪の毛にしっかりと水分を残し、潤いを保ってくれます。どう違うのかというと、ナノイオンの方が粒が大きいのでより髪の毛に水分を残してくれます。

一方プラズマクラスターにはどんな効果があるのかというと、除菌と脱臭効果、静電気除去効果、肌や髪の保湿効果です。そのことから、育毛効果も期待できるので薄毛に悩まれている方にはおすすめです。

髪の毛や頭皮のダメージが気になる

頭皮や髪の毛のダメージが気になる方は、低温ドライヤーがおすすめです。ドライヤーの熱は吹き出し口から10cmほどの距離で100度近くになると言われています。そのため、髪の毛はもちろん頭皮も乾燥しダメージに繋がります。特にオーバードライといって、乾いているのにそれ以上に熱を当て続けると水分は無くなりダメージがより大きくなります。

しかし、低温ドライヤーは約60度の熱で乾かすのでダメージを受けにくくなります。最近のものは風力がしっかしあったり、広範囲に風を送ることができるので速乾性もあるので毛量が多い方やロングの方でも安心です。

今、美容師さん達の中でも注目されていて、おすすめの商品です。

やっぱり低コスパ

ドライヤーは1,000円のものから数万円するものまであります。その中でも、価格やコスパを重視したい方は3,000~7,000円位のものでもある程度の機能は揃っているので問題無いでしょう。8,000円以上になってくると高機能のものがほとんどです。美容師さんが使っているのはほとんどが高機能なドライヤーです。

美容師おすすめのドライヤーTOP3

選び方は分かったものの結局は何がいいのか分かりません。美容師さん達がよく使っていておすすめのドライヤーのメーカーをランキング形式でお伝えします。

第3位☆ソリス

ソリス マイナスイオンドライヤー
ソリス マイナスイオンドライヤー
口コミ

Type415が故障したので購入しました。415よりはるかに軽くなり風量もあり大満足!艶感もあるように感じます。

425gで軽量なので女性にもおすすめの商品です。新型DCモーター採用で風力が20%アップしているので早く乾かいたい方にはおすすめです。美容師さんおすすめのマイナスイオン発生1200~2000万個/1立方cmなので髪の毛も潤います。持ち手がカーブしており、持ちやすいので疲れにくく快適にスタイリングができます。

温度過昇自動防止装置付きで安心です。早く乾かしたい方やデザインにこだわる方にはおすすめです。美容師さん達もお店に合ったデザインをえらんでいます。

その他デザインも豊富でおしゃれでかわいいものがたくさんあります。

第2位☆ナノケアEH-NA99

ナノケアEH-NA99
ナノケアEH-NA99
口コミ

値段はるけど良い。先入観やプラセボ効果かもしれないが髪質が柔らかくなる。

毛先集中ケアモード、速乾ノズルが特徴です。集中ケアモードは室温を検知し、自動で温風と冷風を交互に出すモードなので手ぐしやブラシで整えることによって、より艶よく仕上がります。

また、ナノイーが髪に浸透し、髪の水分バランスを整えくれるのでうねりやパサつきを抑制し艶よく、まとまりよく仕上がります。乾燥性能も速乾ノズルの搭載により、乾燥スピードが約15%アップしたので早く乾かしたい方におすすめです。

美容師さんは毛先集中ケアモードを上手に使いこなしています。

第1位☆Nobbyプロ用マイナスイオンヘアドライヤーNB2501

Nobbyプロ用マイナスイオンヘアドライヤーNB2501
Nobbyプロ用マイナスイオンヘアドライヤーNB2501

¥ 13,824

口コミ

ドライヤーはピンキリで…まあまあお手頃価格で良い商品を探してました。そしたら、知り合いの美容室でこれ使ってたので買いました!すぐ乾きます。音もうるさすぎないので助かります。実家から引っ越す時に絶対持ってくと決めてて、もう手放せません(笑)

NOBBYは美容師の中でも知らない人はいないくらいメジャーの商品です。耐久性に優れていて超パワー型ドライヤーでおすすめです。メンテナンスもしやすいですが、670gで少し重量があります。

しかし、NB2501はマイナスイオンがついているので髪の毛に潤いを持たせてくれます。そして、値段も他の業務用ドライヤーに比べると比較的低価格なのでコスパを重視している方にはおすすめです。

特徴、用途別でも美容師おすすめは違う

種類や選び方もさまざまですが、特徴や用途によっても美容師さんのおすすめは違います。ポイントは4つです。熱量、風量、マイナスイオン、前髪用のドライヤーです。ここではこの4つを少し詳しくお伝えします。

熱量って?

ドライヤーの熱は使い方によってはダメージに繋がります。一般的なドライヤーは100度~120度の熱があります。一方、髪の毛が絶えれる温度は60度までだと言われています。

つまり、熱をあてすぎると髪の毛がやけど状態になり、ダメージに繋がります。もちろん頭皮も乾燥し、抜け毛や薄毛の原因にもなります。ドライヤーは頭皮から約20㎝離して乾かす事と乾かしすぎないことが重要になります。

最近美容師さん達の中でも流行っているのは低温ドライヤーです。これは60度の熱が出るので実際髪の毛には50度程度の熱があたることになります。しかし、20cmほど離すことが原則です。低温ドライヤーは乾きにくいイメージですが、最近のものは風量もしっかりあるものが多いので速乾性を重視したものも増えてきています。

復元ドライヤーは低温で髪の毛にも優しく、なおかつリフトアップなど全身に使えるので人気があります。

復元ドライヤー
復元ドライヤー
口コミ

1か月近く使用。 早くに実感したのは髪のツヤ感 その後、あれ、ボリューム出てきた? 私的におすすめです。

風量って?

速乾性を重視するにはやはり風量です。しかし、「W数」ではなく「m3/分」です。m3/分の数字が大きいほど風量が大きくなります。

風量が大きくなると、音が大きくなると気になる方は、静音のものもたくさんありますのでそちらをおすすめします。ちなみに今美容師さんの中でも話題なのはダイソンのスーパーソニックで2.4m3/分です。

ダイソン スーパーソニック
ダイソン スーパーソニック

¥ 48,600

口コミ

何処からこれだけのパワーが出るのだろう・・・地肌にあたる熱感がさほど無いにもかかわらず、毛先から毛根まで一気に乾かしてくれる。髪の毛に優しく、ドライした後の髪の毛に熱さが残らないような気がする。なんかスゴイ!

マイナスイオンって?

髪に水分を補給する効果があります。髪の毛はプラスの帯電があり、静電気を発生しやすい状況になっているのですが、マイナスイオンを当てることによって髪が中和され、静電気が抑えられ、まとまり感が出ます。そのことから、髪の毛がパサつきやすい人や、くせ毛の人、縮毛の人などにおすすめです。

マイナスイオンと同じような効果がある、ナノイオンも注目されています。ナノイオンはマイナスイオンよりも粒が大きいので、より保湿力があります。

安くてマイナスイオンの性能がついていると人気なのはテスコムのマイナスイオンヘアドライヤーです。

美容師さんが使っているドライヤーにもマイナスイオンがついているのがほとんどです。

テスコム マイナスイオンヘアドライヤー
テスコム マイナスイオンヘアドライヤー

¥ 8,640

口コミ

風量が適度に多くて乾きが早く重宝してます。シンプルイズベストの商品ですね!商品の大きさは美容室で使用されるくらいです。後は耐久性がどれだけあるかですが現在使用中で分かりません。長く使えるといいですが期待しているところです。

前髪には?

カールドライヤーを使うのがおすすめです。カールドライヤーの中にもマイナスイオン搭載のものもあります。風量もさまざまですが、あまり強い風量でブローするのはNGです。

前髪は短い分乾きやすく癖もつきやすいため、軽く乾かした後に弱めの風量で湿り気がある状態からブローしましょう。最後に冷風でキューティクルを引き締め艶を出しキープ力を高めるとより綺麗に仕上がるのであすすめです。

カールドライヤーといっても半面にブラシが付いているものや360度ブラシになっているものもあります。半面のものは、ナチュラルに仕上げたい方におすすめ。360度のものはしっかりカールがつくので、セットが取れにくくなります。太さもさまざまなので、自分にあったものを選びましょう。

おすすめはTESCOMマイナスイオンカールドライヤーTIC750です。低価格でマイナスイオン付きで軽いので女性には特におすすめの商品です。

テスコム マイナスイオンドライヤー
テスコム マイナスイオンドライヤー
口コミ

簡単に髪がまとまるので重宝しています! 心なしかツヤツヤになる気もします。おすすめです。

美容師おすすめドライヤー〜メーカー・ブランド代表製品〜

ダイソンスーパーソニック

ダイソンスーパーソニック
ダイソンスーパーソニック
口コミ

ずっと使ってみたかった噂のドライヤー。手に入り満足です。 たくさん使います。

美容師さんも今注目の商品です。ナノサイズのイオンを育成し、マイナスイオンを帯びた粒子が、静電気をおさえてくれるので、髪の毛が艶よく仕上がります。スタイリングコンセントレーター搭載でブローしたいところにピンポイントで風が当たるので周りの髪を乱すことなくセットができます。そして、風を分散させることで、ウェーブなどのスタイリングもまとまり良く仕上げることが可能です。

マグネット式のアタッチメントがつき、ワンタッチで着脱でき、360度回転できるのでスタイリングによって風向きを調節できるようになっています。三段階の風量調節機能、四段階の風温調節機能があるので、お好みに合わせて調節できるのも特徴です。

ヘアビューザーレプロナイザー2DPlus

ヘアビューザーレプロナイザー2DPlus
ヘアビューザーレプロナイザー2DPlus

¥ 35,640

口コミ

本当に手放せないお品になりました。痛みが気にならない、ツヤが出る。壊れたらまた買います!

風量を高め髪の毛を早く乾かすことができます。リュミエリーナ独自技術のバイオプログラミングという特定の振動と波長の組み合わせで物質が「エネルギーと情報の場」を持つようにプログラミングされています。

そのことから、使うほどに潤い、艷やかな髪の毛に導いてくれます。美容師さんもびっくりするくらいの艶が出て、お店でおすすめする美容師さんも多いです。ダメージや老化には冷風をあてるとより艷やかな仕上がりになります。

しかし、洗い流さないトリートメントや、ミストなどは使わないでください。使うことによって逆にダメージに繋がる可能性があります。

レヘアポーテヤーマンスカルプドライヤー

レヘアポーテヤーマンスカルプドライヤー
レヘアポーテヤーマンスカルプドライヤー
口コミ

頭皮のマッサージが気持ち良くて、マッサージをするとスッキリする

育成遠赤外線で頭皮を温めて弾力を改善してくれます。美容音波振動が頭皮を刺激してくれ、育成効果に繋がります。頭皮を柔らかく揉み解すイメージです。髪の毛のダメージはほぼゼロで2週間でキューティクルが引き締まります。ダメージは他のドライヤーに比べ80%減り、ヘッドスパ感覚で使えるので美容師さんもおすすめの商品です。

ドライモード、スカルプCモード(冷風でスタイリング仕上げ)、スカルプHモード(頭皮も揉み流しながら根元の水分をしっかり乾かす)、スキンモード(仕上げに1分で顔の潤いを保ちしっとりさせる)、この4つのモードがあります。

そして、毛先集中ケア(毛先を逃しにくい弱風でまとまりよくなる)、温冷リズム(適度の間隔で交互に切り替え艶感を出す)、インテリジェント温風(暑い時期でも熱さが軽減)、スカルプ(約60度の温風で地肌に優しい)、4つのモードもあります。モード選択ができるのでおすすめです。

美容師おすすめのスタイリングの仕方

美容師おすすめのドライヤー人気ランキングTOP3・口コミ

まずはしっかりタオルドライをしてください。この時に、髪の毛同士を擦り合わせないように挟んでトントンと優しく水分を取ってあげてください。擦り合わせると摩擦がおき、ダメージに繋がってしまいます。美容師さんにも言われたことはありませんか。

そして、洗い流さないトリートメントなどの保護剤を使うのがおすすめです(※ヘアビューザーは例外です)。ダメージが気になる毛先からつけ、トップにはつけないでください。重みでボリュームがでなくなってしまいます。その後にコーミングをして全体に馴染ませましょう。

まずは前髪と根本

まずは前髪から乾かします。なぜかというと、一番乾きやすく癖も出やすいからです。さっと根本を乾かした後に、ブローします。分かれ癖が気になる方は根元を左右に振りながら乾かします。ブラシで根元を左右に振るのも美容師さんおすすめです。

次に全体の根本を乾かします。それは、毛先より根元の方が乾きにくいからです。美容師さんも基本根元から乾かしてます。根本を乾かしている間に毛先も少し乾いてくるので早く仕上がりますし、毛先のオーバードライも防げます。

しかし、近づけすぎると高温になり、髪の毛も頭皮もダメージに繋がるので20cm程離して乾かすようにしましょう。前髪と同様、分け目をつけたくない方は髪の毛を左右に振りながら乾かします。

内巻きに乾かしたい

美容師さんもよくお客様に伝える乾かし方です。根元が8割くらい乾いたら下を向いて上から下にドライヤーをかけてください。手ぐしやブラシで毛先をまとめながら撫でるように乾かしましょう。

下から上に乾かしてしまうと毛先がバラつき、パサパサの仕上がりになるのでドライヤーをあてる方向は気を付けてください。ただ、ボブの方で、根元にも自然なボリュームが欲しければ、最終に根本を下から上に乾かしてください。

このやり方で内巻きにまとまりますが、冷風をあてることによってキューティクルが引き締まり、より艶やかに、そしてキープ力も高まるのでよりおすすめです。

ストレートにしたい

ストレートも8割くらい乾いたら、髪の毛を少し引っ張ってドライヤーで撫で下ろすイメージでブローします。ドライヤーと手でストレートアイロンをするイメージです。癖毛を落ち着かせたい方も同じようにするのですが、癖は伸びにくいのであり程度の水分は必要になります。だいたい7割くらいでブローを始めるとやりやすいです。

美容師さんも手ぐしで仕上げたいときにはよくするやり方なのでおすすめです。

癖毛やパーマを生かしたい

この場合も8割くらいドライしてからスタイリングに入りましょう。癖を出したいところを手のひらで持ち、熱をあてた後に少し冷まします。もちろん冷風でもOKです。

ロングで毛先にカールが欲しい方は、毛先を指でくるくる巻いて熱をあてて冷まします。美容師さんみたいに器用にするのは難しいですが慣れれば上手にできるようになります。

トップのボリュームが欲しい

ショートの方はボリュームが欲しい所を指でつかみ、熱をあてて冷まします。ボブやロングの方は分け目と反対側に髪の毛を分けて乾かすことによって立ち上がりが付きやすくなります。もちろんショートの方でも反対側にすることによって立ち上がりはつきやすくなりますが、あまり短すぎると変に立ってしまったりするので注意してください。

美容師さんに仕上げてもらうときよくしていませんか。そのイメージでしてみてください。

ドライヤーも大切だけどやり方も大切

もちろんドライヤーの性能なども仕上がりには影響します。しかし、美容師さんのおすすめのドライヤーを使ったからといって同じように艶良く仕上げることはできません。

なぜなら、美容師さんたちは綺麗に艶良くスタイリングできるようにものすごく勉強しているからです。結局一番大事なのは乾かし方、スタイリングの仕方です。それプラス、自分に合ったドライヤーを使うことでより良いスタイルを作り上げることができます。

最後にご紹介した美容師さんおすすめのスタイリングのやり方を知ってから美容師さんの手の動きや乾かし方を見るとより分かりやすいです。おすすめのドライヤーとおすすめのスタイリングの仕方を美容師さんに聞いてみるのもいいです。ぜひ、試してみてください。

Related