Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月28日

コテおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

コテは、女性のヘアスタイリングには欠かせないアイテムです。そんなコテにはさまざまな種類がありますが、コテにはどんな種類の物があるのでしょうか。また、コテはどんなことを基準に選べば良いのでしょうか。コテのおすすめ人気ランキングも紹介していきます。

コテおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

コテの種類と選び方は?

コテは、女性が髪の毛をセットする時には欠かせないアイテムの1つです。今流行りのゆるいくせ毛風の巻き髪や、ゴージャスなアップスタイルのセットにも、コテは必需品になります。

そんなコテには、いったいどんな種類があるのでしょうか。また、コテはどのようにして選べば良いのでしょうか。コテの種類と選び方について解説していきます。

コテの種類は?

コテと一言に言っても、さまざまな種類の物があります。コテにはいったいどんな種類があるのでしょうか。コテの種類について解説していきます。

スタンダードなコテ

コテと聞いて思い浮かべるのは、髪の毛を挟み、くるくると巻くコテでしょう。巻き髪やヘアアレンジの時に使われるコテは、一般的なスタンダードなコテです。1本持っていれば、さまざまなヘアアレンジを楽しむことができます。

19mmのコテ

コテには、サイズにも種類があります。一般的に細いコテで、細かいカールが作れるのは、19mmのコテです。19mmのコテは、ショートカットやボブなどの方が、髪の毛を巻きたいという時に使用するのがおすすめです。

また、アップスタイルのヘアアレンジの前に、髪の毛を強力にカールさせたい場合などにも、19mmのコテを使用することがあります。

26mmのコテ

コテのサイズで、中くらいのサイズになるのが、26mmのコテです。26mmのコテは、ボブヘアや、セミロングの方に特におすすめのサイズです。

また、ロングの方でも、しっかりとしたカールを作りたい場合や、ツイスト巻きをする場合には、26mmのコテがおすすめです。

32mmのコテ

コテの中でも王道のサイズが、32mmのコテです。32mmのコテは、どんな髪の長さにも、基本的には対応することが可能で、特に最近はやりのゆる巻きスタイルにはもってこいのサイズになります。

32mmのコテは、セミロング、ロングの方に特におすすめのサイズのコテになります。32mmのコテが1本あれば、大抵のスタイリングを行うことができます。

38mmのコテ

32mmよりも太いサイズのコテは、38mmのコテになります。38mmになると、かなり太いため、セミロングくらいの髪の長さでは、上手く巻き髪を作ることは難しくなるでしょう。

38mmのコテは、スーパーロングヘアの方や、ボブなどでワンカールさせたいという方におすすめのサイズのコテになります。

ウェーブ用のコテ

コテの種類の中には、ウェーブを作るコテもあります。コテの円筒状の部分が、3つか4つ繋がったような形になっていて、挟むだけで簡単にウェーブヘアを作ることができるという、画期的なコテになります。

ウェーブヘアを簡単に作りたい人や、ボブやセミロングで、スタンダードなコテで髪の毛を巻くのが難しいという方におすすめのコテになります。

コテの選び方は?

続いては、コテの選び方について解説していきます。数あるコテの種類の中で、どのようにしてコテを選べば良いのでしょうか。コテの選び方を知って、自分に合ったコテを見つけましょう。

値段で選ぶ

コテも、性能や機能によって、お値段はさまざまです。数千円で購入できる物から、数万円近くする物まであります。まずはコテにかける予算を決めて、値段からコテを選ぶこともおすすめです。

髪の長さで選ぶ

コテを選ぶ際に1番重要なのは、自分の髪の長さに合ったコテを選ぶことです。ロングの方が19mmの細いコテを買っても、巻くのに時間がかかったり、思ったようなスタイリングができない場合があります。

反対に、ショートカットの方が38mmのコテを買っても、全く髪の毛が巻けないという状態になってしまいます。

基準としては、ショートカットやボブくらいの長さの方は19mmのコテ、ボブからミディアムくらいの長さの方は26mmのコテ、ミディアムからロングの方は32mmのコテ、ロングからスーパーロングの方は、32mmか38mmのコテという基準に照らし合わせてコテを選びましょう。

使う場所で選ぶ

コテの中には、コンパクトに収納できる物や、軽い物、コードが長い物など、さまざまな種類があります。例えば、しょっちゅう旅行や外で使う機会が多いという人は、軽くてコンパクトなコテを選ぶと良いでしょう。

お家の中で使用する人も、コンセントが近くにない場合は、コードが長い物を選ぶなど、使う場所によってコテを選ぶこともおすすめです。

スタイリングの種類で選ぶ

コテを選ぶ時には、スタイリングの種類から選ぶこともおすすめです。ゆる巻きやウェーブなど、巻き髪のアレンジ方法はさまざまです。自分のなりたいスタイルに合わせて、コテのサイズや種類を選ぶことが大切になります。

コテおすすめ人気ランキングTOP3は?

コテの種類や選び方について解説しましたが、コテの中でもおすすめの、人気のコテはどんな物があるのでしょうか。コテのおすすめ人気ランキングTOP3を紹介していきます。

ランキング3位「ヴィダルサスーン」

ヴィダルサスーンカールアイロンVSIシリーズ
ヴィダルサスーンカールアイロンVSIシリーズ
口コミ

32mmと幅が広く使いやすい。 思い通りにカールできて毎日楽しみながら使ってます。

コテのおすすめ人気ランキング第3位は、「ヴィダルサスーン」のコテです。ヴィダルサスーンは、シャンプーのイメージが強いですが、コテの販売も行っています。

ヴィダルサスーンのおすすめのポイントは、何と言っても価格が安いことです。コテの中には性能が良くてもちょっとお値段が高めの物が多いですが、ヴィダルサスーンのコテは、基本的な機能がついているのに、お安いお値段が人気の秘密です。

ヴィダルサスーンのコテの中でもおすすめなのは、「ヴィダルサスーンカールアイロンVSIシリーズ」です。200℃まで温度が上昇し、最新の物は海外でも使用可能なので、旅行の際にも使えるおすすめのコテになります。

ランキング2位「アイビル」

アイビル DHセラミックアイロン コテ DH-32
アイビル DHセラミックアイロン コテ DH-32

¥ 8,640

口コミ

ボブに短く切ったので25mmを購入してみました 髪がコテに引っかかることもなくスルスル巻きやすい MAXまで温度を上げると巻きながら煙のようなものが出てくるので怖くて少し低めの温度設定にしてます

コテのおすすめ人気ランキング第2位は、「アイビル」のコテです。アイビルは、コテの代表的なブランドの1つで、アイビルの特徴としては、コードの長さが魅力です。

コンセントが近くにない場合でも、扱いやすいことから、美容師などのプロにも愛されているコテです。もちろん、コテとしての性能も抜群で、コテの太さも16mm~38mmまで幅広く取り扱っています。

アイビルのコテは、グリップ部分がとても持ちやすく、初心者の方にも扱いやすいコテです。そんなアイビルのコテの中でもおすすめなのは、「アイビルDHセラミックアイロン」です。

温度は190℃まで上昇させることができ、コテに均一に温度が伝わる設計なので、綺麗なカールを作ることができます。

ランキング1位「クレイツ」

クレイツイオンカールアイロン
クレイツイオンカールアイロン

¥ 9,180

口コミ

すぐに熱くなってくれるので、待ち時間が少なくセットできます。 温度設定も幅広くできるので、その時々で簡単に変えられて良いです。

コテのおすすめ人気ランキング第1位は、「クレイツ」のコテです。クレイツは、コテの中でも王道なブランドのコテで、巻きやすさやコテの扱いやすさはピカ1です。

クレイツのコテは、美容師などのスタイリングのプロがおすすめするほど、使いやすいコテです。髪の毛の滑りも良く、コテ初心者でも簡単に扱うことができます。コテの温度も200℃近くまで上昇させることができ、カールの持ちも抜群です。

クレイツのコテの中でも特におすすめなのは、「クレイツイオンカールアイロン」です。プロも多く使用しており、クレイツの代表的なコテの1つになります。19mm~38mmまでのサイズがあり、温度は190℃まで上昇します。

特徴・用途別おすすめのコテは?

続いては、特徴と用途別におすすめのコテを紹介していきます。特徴・用途別には、どんなコテがおすすめなのでしょうか。

ヘアアイロンでおすすめなのは?

サロニアストレートアイロン
サロニアストレートアイロン

¥ 3,218

口コミ

この値段で今の所、全く問題なく使用できているようですのでこのまま数年使って再購入というパターンとなれば良いと思います。 ※ファスナー式の収納袋も付属していました。

コテの中でも、髪の毛をまっすぐにスタイリングするのが、「ヘアアイロン」です。そんなヘアアイロンでおすすめなのは、「サロニア」のストレートアイロンです。

サロニアのストレートアイロンは、かなりお安いお値段で、3000円前後で購入することができるのにも関わらず、軽く、コードが長く、また、立ち上がりのスピードも速い、おすすめのストレートアイロンです。

サロニアのストレートアイロンで髪の毛をストレートにすれば、髪の毛もサラサラになり、綺麗なストレートヘアを簡単に作ることができます。

波ウェーブにおすすめのコテは?

Barongセラミックコーディングウェーブアイロン
Barongセラミックコーディングウェーブアイロン
口コミ

挟むだけなのでとても簡単にできます! 商品自体が大きいので多少重いかな?って感じですが使いやすいと思います。 温まるのがとても早いです。 ウェーブにして学校に行ったら周りからとても好評でした。購入してよかったです!

波ウェーブにおすすめのコテは、「Barong」のセラミックコーディングウェーブアイロンです。Barongのウェーブアイロンは、コテが3つ連なってついていて、挟むだけで簡単にきれいなウェーブヘアを作ることができます。

今流行りのくせ毛風のウェーブヘアも簡単に作ることができるので、朝のスタイリングの時短にも繋がります。サイズは19mm、25mm、32mmから選択することができます。

初心者におすすめのコテは?

イオ二ティミタメアップカールアイロン
イオ二ティミタメアップカールアイロン
口コミ

軽くて、使いやすくて、値段の割に良い買い物かできました。ありがとうございました

初心者におすすめのコテは、「Panasonic」イオ二ティから販売している、ミタメアップカールアイロンがおすすめです。初心者の方は、クレイツやアイビルなどのコテを使用すると、火傷や上手く巻けないなどのトラブルになりがちです。

プロも使用することができるコテは、プレート部分がむき出しになっていたり、コードが長くて初心者にとってはかえって邪魔ということもあります。

初心者の方は、まずは簡単に扱うことができるコテを使用することをおすすめします。イオ二ティのカールアイロンは、120℃と130℃の二段階のみの温度調整で、温度調整に悩むこともなく、簡単に使用することができます。

また、お値段も2千円弱で購入することができるので、お試しで購入するコテとしてもおすすめです。

痛まないコテでおすすめなのは?

ヘアビューロン
ヘアビューロン
口コミ

今のところとても良い感じです。大きめのカールをお家で180度〜190度の高熱で作れるのは嬉しいです! たまにしか使わないので、電源コードを引っ張ってスイッチで電源ごと落としてます。

痛まないコテでおすすめなのは、「ヘアビューロン」のコテです。ヘアビューロンのコテは、プロも絶賛するほど、何度巻いても髪の毛が痛まないと評判のコテです。

ヘアビューロンのコテが、髪の毛を傷めないことには理由があり、髪の毛を巻くときに「タンパク質の水和構造」を保護しながら巻くため、髪の毛がパサパサになりにくく、綺麗な艶のあるカールを作ることができます。

お値段は27000円と、お高めですが、どうしても髪の毛を痛めたくないという方は、買ってみる価値はあります。

前髪におすすめのコテは?

アゲツヤカールロールブラシヘアアイロン
アゲツヤカールロールブラシヘアアイロン

¥ 2,980

口コミ

誰でも使いこなせるようになっていると 思います。 価格が、安いのも魅力… 気に入り過ぎて、娘と母に、プレゼントしちゃいました。

前髪におすすめのコテは、「アゲツヤカール」から販売しているロールブラシヘアアイロンがおすすめです。普通のコテとは違い、ふんわりとしたカールを作れることから、前髪にはおすすめです。

また、前髪をカールする時には火傷が心配になりますが、ロールブラシの場合は直接プレートが皮膚に当たる心配はないので、火傷の心配も少ないです。

温度は220℃まで上昇させることができ、25mm、32mm、38mmから太さを選ぶことができます。お値段も3980円とお安めなので、手軽に購入できるところもおすすめポイントです。

2wayでおすすめのコテは?

サロニア2wayストレート&カールアイロン
サロニア2wayストレート&カールアイロン

¥ 8,379

口コミ

まだストレートしか使ってないですが、 温まるのも早いし、しっかりストレートになりました! ただコテが高温になるので、やけどしそうになります… それを気をつければいいなあと思いました!

2wayでおすすめのコテは、「サロニア」の2wayストレート&カールアイロンです。サロニアはお値段がとてもお安く、Amazonなどで購入すれば、3000円弱でストレートとカールの両方を作ることができるコテを購入することができます。

温度は220℃まで上昇するので、カールもストレートも自在に作ることができます。サイズも32mmと使いやすい太さなので、1本あれば万能に使えるコテになるでしょう。

サイズ別のおすすめのコテは?

続いては、サイズ別のおすすめのコテを紹介していきます。今回は、特に人気の26mmと32mmのコテのおすすめを紹介していきます。

26mmのコテでおすすめは?

クレイツイオンカールアイロンプロ
クレイツイオンカールアイロンプロ

¥ 10,044

口コミ

行きつけの美容師さんのおすすめだったので こちら購入しました。32ミリも持っていますが クレイツは滑りが良く巻きやすいと思います。設定温度にもすぐ上がるので忙しい朝は助かります!

26mmのコテでおすすめなのは、「クレイツ」のイオンカールアイロンプロです。26mmのコテは、どちらかというとしっかりとカールを作りたいときのためのコテなので、高温でしっかりとカールを作ることができるクレイツのコテがおすすめです。

デュアルセラミックヒーターを搭載しており、使用中に温度が下がることもなく、きれいなカールを作ることができます。

32mmのコテでおすすめは?

アイビルDHセラミックアイロン
アイビルDHセラミックアイロン

¥ 8,640

口コミ

安いのであまり期待してなかったけど、めちゃ巻きやすい。しっかり挟まりカールする。美容室では温度はMAXにして使っているとのことで私もそうしてます。あっという間に巻き終わります。

32mmのコテでおすすめなのは、「アイビル」のDHセラミックアイロンです。アイビルのコテは、大きめのグリップで握りやすく、32mmの太さでも扱いやすい点がおすすめのポイントです。

均一な熱伝導でムラなくスタイリングすることができ、ゆるふわなカールも、しっかりしたカールも、自在に作ることができます。

おすすめのコテのメーカー・ブランド3つと代表製品は?

コテを販売している中でも、おすすめのメーカー・ブランドを3つ紹介していきます。また、それらのブランド・メーカーの代表製品を紹介していきます。

クレイツ

クレイツイオンカールアイロンプロ
クレイツイオンカールアイロンプロ

¥ 10,476

口コミ

とっても、使いやすいです! 温度もすぐに上がって 温まるのがはやい!

「クレイツ」は、やはりコテの中では代表的なブランド・メーカーの1つです。クレイツのコテは扱いやすさはもちろん、カールもきれいに作れることで人気があります。

そんなクレイツの代表製品は、イオンカールアイロンプロです。Amazonや楽天でも人気のコテで、お値段も5千円前後で購入することができます。

アイビル

アイビDHセラミックアイロン
アイビDHセラミックアイロン

¥ 8,640

口コミ

ボブに短く切ったので25mmを購入してみました 髪がコテに引っかかることもなくスルスル巻きやすい MAXまで温度を上げると巻きながら煙のようなものが出てくるので怖くて少し低めの温度設定にしてます

「アイビル」も、クレイツと同じく、コテ業界の中では代表的なブランド・メーカーの1つです。アイビルのコテは熱伝導率が良く、しっかりとカールを作ることができます。

そんなアイビルの代表製品は、DHセラミックアイロンです。太さが16mm~38mmまで幅広く対応しており、しっかりとした太めのグリップが使いやすさの秘密です。

アゲツヤカール

アゲツヤカールプロフェッショナルアイロン
アゲツヤカールプロフェッショナルアイロン
口コミ

注文後すぐに届き、梱包も丁寧でした。腰まであるロングヘアですが、バネがしっかりしているので巻きやすいです。このクオリティでこの価格なら大満足です。

「アゲツヤカール」は、楽天市場などで人気を集めているコテのブランド・メーカーの1つです。アゲツヤカールの代表製品は、アゲツヤプロフェッショナルアイロンです。

温度がなんと220℃まで上昇させることができ、25mm、32mm、38mmの3種類から太さを選ぶことができます。お値段も4千円前後とお安いので、おすすめです。

コテの使い方や活用方法は?

最後に、コテの使い方や活用方法について解説していきます。コテはどのように使用するのが正解なのでしょうか、また、どのようにして活用すれば良いのでしょうか。

コテの基本的な使い方は?

コテの基本的な使い方を解説していきます。まずは、スタイリングする髪の毛をブロッキングします。ブロッキングを行わないと、きれいなカールを作ることができません。髪の毛を上と左右に3つに分けると簡単にブロッキングすることができます。

ブロッキングを行ったら、髪の毛を巻いていきます。コテの太さと同じくらいの量の髪の毛をとり、一度コテで挟み滑らせます。その後、髪の毛の根本から巻いていきます。

根本は長めに、毛先に行くにつれて短い時間で巻くようにしましょう。カールをほぐす場合は、温度が覚めてから手櫛でとかします。

ウェーブやツイスト巻きの方法は?

一般的なコテを使用してウェーブヘアを作るときには、コテを床に対して平行になるように持ちます。髪の毛をコテの太さと同じくらいとったら、コテで挟み、コテを反対にしてもう一度挟むということを繰り返します。そうすると、ふわふわのウェーブを作ることができます。

ツイスト巻きにするときは、ウェーブのときと反対に、コテを縦に持ちます。髪の毛の根元から巻いていき、縦に滑らせながら巻いていきます。このとき、巻いた髪の毛を外しながら巻くと、上手くきれいに巻くことができます。

自分にぴったりのコテを選ぼう!

今回は、コテの種類や選び方、おすすめのコテについて解説しました。コテは、髪の毛の長さや、なりたいスタイルによって選び方が違ってきます。自分のなりたいイメージを想像して、自分にぴったりのコテを選びましょう。

Related