Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月26日

simアダプタのおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

simカードのサイズを間違えてスマートフォンやタブレットを購入した事はありませんか。そんなときは、sim変換アダプタをおすすめします。人気のアダプタから格安のアダプタまで、おすすめのsim変換アダプタの種類と選び方、使い方とその活用方法を解説します。

simアダプタのおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

sim変換アダプタとは何か

sim(シム)変換アダプタとは、スマートフォンやタブレットの中に入っている電波の通信用の金色のチップ、通称simカードのサイズを大きくするための外枠の事です。この記事を読んでいる方の中にも、最近はやりの格安スマホやsimフリースマホ、中古でスマートフォンやタブレットを購入する予定の方がいらっしゃる事でしょう。

しかし、いざ買って使うぞとなっても、そこで困った事が起こります。今回は新しいsimフリースマホや、中古スマホを買った際に起こりやすい困った事と、その対策についてご説明させていただきます。

simカードには大きさの種類が3つある

simカードには3種類のサイズがあります。一番小さいnanosim(ナノシム)カード、その次に大きいmicrosim(マイクロシム)カード、そして一番大きい標準sim(シム)カードです。

このsimカードのサイズが買ってきたスマートフォンやタブレットに対応していないと、今まで使ってきたsimカードが物理的に入らないので、そのままではスマートフォン自体の電波を使って電話や通信を行うことができません。

このような場面に遭遇した事はありませんか?

格安スマホやsimフリースマホ、中古スマートフォン市場が盛り上がってきている今、新しく買ったsimフリースマホや、中古スマホが今までのように使えると聞いて買ったのに、いざsimカードを入れようとすると入らないという経験をなさった方も多いでしょう。

今回は、そういう場合に便利なsim変換アダプタについてご説明させていただきます。

simアダプタの選び方

その場合でもsim変換アダプタさえあれば、新しいスマートフォンやタブレットで今までと同じように通話や通信をする事ができるでしょう。使い方も枠にはめて差し込むだけなのでとても簡単です。次の項目でsim変換アダプタの入手方法についてご説明させていただきます。

sim変換アダプタはどこで買える?

実は、大手携帯会社からsim変換アダプタは販売されていません。大手携帯会社からするとsim変換アダプタ自体が非正規品の扱いなので、昔は家電量販店でも置いてあったところが多かったのですが、携帯会社の動作保証の対象外になってしまうため、今となってはAmazonを中心にインターネットで購入する方法が一般的な入手方法です。

動作保証の対象外なので使用も自己責任になるのですが、基本的にサイズと電波の種類さえ合っていればスマートフォンとタブレットは動きます。

例えば、ドコモのsimカードであればドコモの中古スマートフォン、auのsimカードであればauの中古スマートフォン、SOFTBANKのsimカードであればSOFTBANKの中古スマートフォンなら、電波の種類が同じなので基本的には動くことでしょう。

次の項目で種類やお値段とともに、おすすめのsim変換アダプタをご紹介していきます。

simアダプタおすすめ人気ランキングTOP3

ここではおすすめのsimアダプタについてご紹介します。

3位「Nano SIM変換アダプタ」

mobee Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット
mobee Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット
口コミ

非常にシンプル。価格もお手頃。

おすすめ理由:とにかく安いです。変換アダプタしか入っていません。microsimと通常simの変換アダプタがついているので、nanosimからmicrosimへ、microsimから通常simへのサイズ変換をする事ができます。すぐにsim変換アダプタは必要ないけど、どういうものか興味があって買ってみたい、という方にもおすすめです。

おすすめ度:★★★☆☆「パッケージも小さくコンパクトです。」
価格:★★★★★「なんと100円以下。おすすめ」
入手のし易さ:★★★★★「こちらはアマゾンプライム会員でない人も買えるので入手しやすく、おすすめです。」

2位「simアダプタTechRise5点セット」

sim アダプタ、TechRise 5点セット
sim アダプタ、TechRise 5点セット
口コミ

nanosimカードを大きく出来るセット。やすり付き。

こちらはアマゾンプライム会員限定の販売なのですが、見た目がとてもカラフルでお洒落なだけでなく、ちゃんと実用性も兼ねています。もし手元にあるsimカードのサイズがnanosimカードであれば、microsimや標準simカードの枠がついているため、どのスマートフォンやタブレットにも対応できます。

加えて大きなsimピンがついているので、simカード変換アダプタを使うのが初めての方もわかりやすく使っていただけることでしょう。

おすすめ度:★★★★★「アダプタでsimカードを大きくするぶんにはよいセット。」
お値段:★★★★★「とてもリーズナブル。」
入手のし易さ:★★☆☆☆「アマゾンプライム会員であればおすすめ」

1位「Aerb SIMカッター変換アダプタ」

Aerb SIMカードカッター SIM変換アダプター+金属トレイ+紙やすり
Aerb SIMカードカッター SIM変換アダプター+金属トレイ+紙やすり

¥ 1,599

口コミ

これさえあればsimカードの大きさを自由に変える事が出来るSIMアダプターのフルセット

simカード変換アダプターは、基本的に大きくする枠なのですが、これはなんとカッター付きで、日本語の取扱説明書もついてきます。カッターを使えば大きいsimカードから小さいsimカードへ、simカードを切ることで変換できてしまうスグレモノセットです。また、ちゃんと保証がついているので、安心です。

おすすめ度:★★★★★「かなりおすすめ」
自由度: ★★★★★「小さくも大きくもできるのでおすすめ」
お値段:★★★☆☆「sim変換アダプタとしては割高ですが、セットとしてはおすすめ」

特徴・用途別おすすめのsimアダプタ

この項目では、用途別のおすすめsimアダプタについてご説明させていただきます。

microsim

ここではmicrosimカードを標準のsimカードの大きさにするアダプタを、おすすめ順に紹介していきます。

MicroSIM→SIMカード変換アダプタ

MicroSIM→SIMカード変換アダプタ(黒)
MicroSIM→SIMカード変換アダプタ(黒)
口コミ

とてもシンプル。

これはmicrosimカードから標準simに変換するアダプタしか入っていないので、カッターややすりや他のsimサイズのアダプタはかさばるので欲しくない、microsimから標準simカードに変換したいだけという方には大変おすすめです。

MicroSIM→SIMカード変換アダプタ

MicroSIM→SIMカード変換アダプタ(白)
MicroSIM→SIMカード変換アダプタ(白)
口コミ

シンプル、そして白い。

こちらは先ほどのmicrosimカードから標準simカードへの変換アダプタの白です。値段はそうかわらないので、好きな色のアダプタを購入する事をおすすめします。

nanosim

次にnanosimカードからmicrosimカードのサイズに変換できるアダプタをおすすめ順に紹介していきます。

nanoSIMをmicroSIMに変換

nanoSIMをmicroSIMに変換 nanoSIM変換アダプタ
nanoSIMをmicroSIMに変換 nanoSIM変換アダプタ
口コミ

nano→micro変換用。simピン付き。

こちらはシンプルにnanosimカードをmicrosimカードのサイズに変換するアダプタなのですが、simピンが付いているので、もし今まで使っていたスマートフォンやタブレットのsimピンをなくしてしまったり、スマートフォンの箱に同梱されていなかったりして、手元にない方にもおすすめです。

軽量

LENTION アルミ製 Nano SIM MicroSIM変換アダプター5点セット 取り出しピン付き
LENTION アルミ製 Nano SIM MicroSIM変換アダプター5点セット 取り出しピン付き

¥ 499

口コミ

こちらはアルミでできているので軽いです。

多くのsimアダプタは紙でできていますが、こちらは同程度軽いアルミでできています。強度はこちらの方が上なので、おすすめです。

安い

Cismax HD【Amazon即日出荷 】落下防止機能付Nano SIM MicroSIM 変換アダプター 4点セット グリーン
Cismax HD【Amazon即日出荷 】落下防止機能付Nano SIM MicroSIM 変換アダプター 4点セット グリーン
口コミ

プライムで399円。とてもお買い得です。

もし、アマゾンプライム会員であればこちらも399円で購入する事ができます。アマゾンプライム会員でない方も、先ほどご紹介したsimアダプタであればお安くお買い求めいただけるので、おすすめです。

おすすめのsimアダプタメーカー

次におすすめのsimアダプタメーカーについてお話します。

mobee

nanosimアダプター simピン付
nanosimアダプター simピン付
口コミ

シンプルで使いやすいです。

こちらもsimピンが付いているので、iPhoneの場合は箱に同梱されています。「simピン?なんだそれは?」という方のために、次の項目で少しsimピンについての簡単な説明と、おすすめのsimピンについての話をします。

simピンとはsimスロットをあける小さなピン

スマートフォンやタブレットにはsimスロットと呼ばれる、simカードを収めるための器のようなものがあります。このsimスロットは、例えばスマートフォンを落としたりしてもすぐにsimカードが落ちないように、スマートフォンの中のバッテリーの近くや、スマートフォン本体の横のmicroSDカードを入れるスロットと同じ所などにあります。

機種によってsimスロットの場所が異なるので、事前にメーカーのホームページや取扱説明書で確認するとよいでしょう。その小さな穴にピンなどの細いものを差し込むことで、simスロットが飛び出す仕組みになっています。

おすすめのsimアダプタのメーカーのsimピン

多くのアダプタセットにはsimピンが同梱されていますが、アダプタひとつのみの販売だとsimピンが同梱されていないものもあります。買ったアダプタにsimピンがついていなかったり、買ったスマートフォンの箱の中にsimピンが入っていない、または失くしてしまった場合はこの項目をご覧ください。

1本だけ欲しい方におすすめ

iPhone対応SIMカードスロット取り出し用ピン
iPhone対応SIMカードスロット取り出し用ピン
口コミ

シンプルにsimピンひとつ。

iphone対応と書いてありますが、穴のあるスロットであればAndroidスマートフォンにも使うことができます。もしアダプタにsimピンがついている記載のない場合は、アダプタと一緒にsimピンもに買っておくことをおすすめします。


おすすめ度:★★★★★「手元になければ買っておくとよいでしょう」

沢山simピンが欲しい方におすすめ

【4本セット】SIMカード リリースピン iphone3/3gs iphone4/4s/5/5s/5c 部品
【4本セット】SIMカード リリースピン iphone3/3gs iphone4/4s/5/5s/5c 部品
口コミ

4本あるのでなくしても大丈夫。

こちらもiphone対応と書いてありますが、穴のあるスロットであればAndroidスマートフォンにも使うことができます。simピンは小さいので、なくしてしまいそうであれば、まとめて買っておいて、使わなかった分はどこか引き出しに入れておくといいでしょう。

おすすめ度:★★★★★「無くしやすいのでこれからも継続してsimフリースマホや中古でスマートフォンを買う方におすすめ」

simピンにはストラップをつけましょう

simピンはとても小さくて無くしやすいので、ストラップをつけておくことをおすすめします。

エレコム リングストラップ

エレコム リングストラップ ソフトレザー 携帯 スマホ用 Lサイズ 内径22mm 耐荷重200g ネイビー P-STF03BU
エレコム リングストラップ ソフトレザー 携帯 スマホ用 Lサイズ 内径22mm 耐荷重200g ネイビー P-STF03BU

¥ 626

口コミ

リングストラップがあるので、どこかにかけておくこともできるでしょう。

リングストラップにかけて家に置いておくと、そのままの状態よりは場所がわかりやすくなります。simピンは折れ曲がりやすいので、なるべく持ち歩くものとは一緒にしないか、どうしても持ち歩きたい場合はやわらかいマスコット付きのストラップと一緒にしておくと、折れる事をある程度防ぐことができるでしょう。

simアダプタの使い方・活用方法

次の項目ではsimアダプタの使い方についてご説明します。

使い方はこんなに簡単

使う手順は以下のとおりです。
1.移行元のスマートフォンやタブレットのsimスロットを見つけて元々あるsimカードを取り出します。この作業を行う時には電源を切って行います。

2.simカードにsim変換アダプタを装着します。この時にsimカードがsimカード変換アダプタが浮くようであれば、simカードの裏面(金色の部分の反対側)に両面テープを貼って固定するとよいでしょう。

3.新しいスマートフォン(またはタブレット)のsimスロットに、simアダプタをつけたまま挿入します。

上記のとおりにしていけば、サイズさえ合っていればsimを入れることができます。あとは電源を入れて、動くかどうか確認しましょう。もし、そこで電波が届かない場合は、新しいスマートフォンとsimカードの種類が合っていないこともありますので、スマートフォンのメーカーホームページで確認するとよいでしょう。

元々のsimが大きい場合

元々のsimカードのサイズが新しいスマートフォン(またはタブレット)のスロットより大きい場合、具体的には標準simカードをmicrosimやnanosimのスロットに入れなければならない場合や、microsimカードをnanosimのスロットに入れなければいけない場合は、新しいスマートフォンに対応するsimカードのサイズになるように、simカードを切らなければいけません。

切る場合であっても、形が違うとスロットに入らないので、その場合は先ほどご紹介したカッターと、やすり付きの変換アダプタセットをお使いになる事をおすすめします。

もし、切るのがどうしても不安であれば手数料がかかりますが、simカードを契約している携帯会社に持って行って、simカードサイズの変更をする事もできます。なお、その場合の手数料は会社によって異なります。

SIMカードカッター SIM変換アダプター

Aerb SIMカードカッター SIM変換アダプター+金属トレイ+紙やすり
Aerb SIMカードカッター SIM変換アダプター+金属トレイ+紙やすり

¥ 1,599

口コミ

カンで切るととんでもないことになります。専用のカッターを使うとよいでしょう。

ここで充分に注意していただきたいのが、simカードの本体とも呼べる情報はsimカードの金色の部分にあるので、この金色の部分をもし誤って切ったりなどして破損してしまうと、破損したsimカードの契約をした携帯会社のショップに行って情報の入ったsimカードを再発行してもらわなければなりません。

次の項目でsimカードの再発行について書かせていただきます。

simカードの発行手数料は会社によって異なる

もし、金色の部分を誤って切ったり、傷をつけてしまったりして破損してしまった場合の発行手数料の相場は、おおまかに2,000円と消費税程度ですが、会社によっては事務手数料としてあともう1,000円と消費税がかかったりと細かいところが異なりますので、事前にコールセンターなどに問い合わせて聞く事をおすすめします。

なお、会社によってはsimカードの再発行をするときに、simカードのサイズを変更できるところもあります。simカードの再発行をするときにサイズの変更が可能か聞いたうえで、もしできるようであれば、どのsimカードのサイズにも変換アダプタをつけるだけで、応用の効くnanosimカードのサイズで再発行する事をおすすめします。

使いこなせると便利なSIM変換アダプタ

今回はおすすめのsimカードアダプタについて書かせていただきましたが、まとめるとsimフリースマホや中古のスマートフォン、タブレットを契約する前提で動くのであれば、大手携帯会社や格安simの会社でnanosimカードのスマートフォンやタブレットを契約する事が一番効率よく、アダプタだけで変換ができるのでおすすめです。

Related