Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月18日

サウンドカードのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

パソコンを使って音楽を楽しもうとした時に気になるのが不快感を覚える原因になるのがノイズの存在です。そんなノイズを軽減しようと調べてみるとサウンドカードの導入にいきつきます。今回は用途別におすすめのサウンドカードやサウンドカードのおすすめの選び方を紹介します。

サウンドカードのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

サウンドカードの種類とおすすめの選び方

サウンドカードのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

はじめにサウンドカードの種類とおすすめの選び方を紹介します。

サウンドカードの種類

サウンドカードにはマザーボードに直接接続して利用する内蔵型と、USB接続などを利用して外部接続する外付け型の2種類に分類する事ができます。

内蔵型

内蔵型はマザーボードに直接接続するという性質上、デスクトップ型で利用するタイプのサウンドカードになります。ノートPCやMacとは相性が悪く、基本的にはWindowsOSを搭載したデスクトップ型PCで利用します。

加えて接続にある程度パソコンの知識が必要になるなど、利用開始までの手間や条件が多いです。その分、1度接続してしまえば見た目もすっきりさせる事ができ、外付け型の同じ性能の製品よりも値段を抑える事ができるのがメリットです。

同様にオンボードサウンドカードを利用していた時と大きく配線を変更する必要がなく、安定性も非常に高くなっています。幅広い用途に対応しやすいのでデスクトップPCを利用している人で、ある程度パソコンの組み立て知識がある人はこちらを利用するのがおすすめです。

外付け型

外付け型は主にUSB端子を利用して接続するので導入が簡単というのがメリットです。また抜き差しも簡単なので、複数のパソコンで併用したり、USB端子を持つ最近の家庭用ゲーム機との相性も良いです。

携帯性の高い製品も多い反面、同じ性能でも落下などの耐久性も必要になってくる分値段が高めになる傾向にあります。しかし手軽に利用できる分、ノイズを軽減するだけのような性能のそこまで高くない製品であれば1000円未満ですら変えてしまう製品もあります。

安さを重視するのであれば初めて使うサウンドカードは外付け型をおすすめします。その後、より高性能な外付け型を購入するのか内蔵型を購入するのかを選択するといいでしょう。

サウンドカードの選び方

ここからはサウンドカードのおすすめの選び方を紹介していきます。

接続方法で選ぶ

サウンドカードを選ぶ時にまず決めるべきが内蔵型と外付け型のどちらの接続方法を利用するかです。この選択ができるのはデスクトップPCを利用している人だけにはなり、ノートPCを利用している人は必然的に外付け型の製品の中から選ぶ必要があります。

デスクトップPCの場合は組立ての知識や装着後の快適さ、コスパなどを考えた上で選ぶ事ができます。予算なども加味した上で最適な製品を選ぶようにしましょう。

接続端子で選ぶ

サウンドカードは製品によって搭載端子に非常にばらつきがある製品です。単純にヘッドホンやヘッドセットを接続するだけであれば多くの製品が対応していますが、ヘッドセットの場合にも3極ミニプラグとマイク入力端子の製品と4極ミニプラグの製品などの違いがあります。

さらに別途他の音響機器などを間に挟もうと考えているならそちらの接続端子も必要になります。最低限既に所持している機器を変換ケーブルなどを利用しなくても接続できる製品を選ぶのがおすすめです。

変換ケーブルの利用は最低限に抑えるとノイズの増加を抑える事ができます。特に多くの機器を並行して利用するような人は必ず搭載している接続端子を確認するようにする事をおすすめします。

用途に合わせた機能で選ぶ

サウンドカードは製品や価格帯によって大きく性能差がでる製品です。1000円を切るような低価格な製品であればノイズを軽減するだけになりますが、10000円を超えるような製品から特にその特徴が如実に現れます。

特にPCの場合、ゲーム、映画、音楽と音の種類も色々あり、サウンドカードも一番利用するコンテンツに合わせた製品を選ぶのがおすすめです。

ゲームや映画であればサラウンド機能の有無やより激しい音に合わせたサウンドカードを、音楽であればジャンルに合わせてより細かい調整ができるような製品を選ぶ事をおすすめします。

外付け型の場合、横幅に注意しよう

特にノートPCを利用していて外付け型のサウンドカードを利用しようと考えている人は本体から直接USB端子が伸びるタイプの製品と接続すると横にあるポートを埋めてしまう場合があるので注意が必要です。

利用頻度の高くない端子であれば問題ありませんが、USBポートが横に並んでいる場合などは実質的にUSBポートを2つ埋めてしまうような横幅になっている製品もある事を留意しましょう。

ポートが気になるのであればケーブルで接続するタイプの外付け型サウンドカードを購入する事をおすすめします。

サウンドカードおすすめランキングTOP3

ここからは実際におすすめの製品を紹介していきます。初めにサウンドカードの中でも特におすすめの製品をランキング形式で3つ紹介します。

3位 Sound Blaster X-Fi

Sound Blaster X-Fi
Sound Blaster X-Fi

¥ 4,608

口コミ

スカイプでのノイズ対策に買いました。 私のパソコンがノートパソコンで、搭載しているサウンドボードがあまりいいものではなくノイズがいつも気になっていました。

クリエイティブメディアが発売するSound Blaster X-Fiは外付け型で手軽に使えるサウンドカードの中でも、コスパに優れる製品です。5000円代で購入できる製品の中では抜群の高音質さを誇ります。

本体から直接USB端子が伸びる形でキャップも付いているので、ノートパソコンと一緒に持ち歩いて利用したいという人にも最適です。本体搭載端子は3極ミニプラグとマイク入力だけですが、付属品としてこれら2つの端子を4極端子に変換するケーブルが入っているので対応力も高いです。

手軽で使いやすく、値段もお手頃なので、サウンドカードの入門機としてもおすすめできます。

2位 Sound BlasterX G5

Sound BlasterX G5
Sound BlasterX G5

¥ 15,984

口コミ

ヘッドホンの音質悪いし新しいの変えようかなーとか思ってるのなら先にこちらを買った方がおすすめ!

7クリエイティブメディアの発売するSound BlasterX G5は外付け型サウンドカードの中では非常に高い性能と対応力を誇るおすすめのサウンドカードです。WindowsだけでなくMacやPS4への対応もしており、ハイレゾ音源にも対応しているので音楽を楽しむのにも利用する事ができます。

接続端子も豊富なので他の音響機器と合わせて利用する事も可能です。ゲーミング向けの性能も搭載しており7.1chのバーチャルサラウンドへの対応や、より小さな音を聞く事ができるScout modeの搭載などFPSユーザーには嬉しい機能をしっかりと搭載しています。

音楽を聞く事にもゲームや映画のような迫力のあるサウンドを楽しむのにも使う事ができるおすすめのサウンドカードになります。

1位 Sound BlasterX AE-5

Sound BlasterX AE-5
Sound BlasterX AE-5

¥ 17,064

口コミ

PUBG(ゲーム)での音の方向を聞き分ける目的で買いました。たしかに方向、銃の種類、足音など、格段に聞き分けやすくなって、それだけでも満足だったのですが、音楽を聴いて驚きました。

クリエイティブメディアが発売するSound BlasterX AE-5は内蔵型サウンドカードで非常に高性能なおすすめのサウンドカードです。

ハイレゾ音源にも対応しているので音楽を楽しむのにも最適なのはもちろんですが、ゲーム用途においてよりその真価を発揮してくれます。

より小さな足音を聞く事ができるScout modeの搭載はもちろん、同じWiFi環境化にあるアンドロイド端末と連動して音の方向をレーダーにして表示する「Scout Radar」に対応しています。

単体で利用しても高性能なのはもちろん、他のデバイスと組み合わせる事でさらに有利にゲームを進める事ができるおすすめのサウンドカードです。

用途別おすすめのサウンドカード

ここからは用途別におすすめのサウンドカードを紹介していきます。

FPS

Sound Blaster Z
Sound Blaster Z

¥ 13,166

口コミ

当方FPSプレイヤーで、とあるネット情報でスマートボリュームの夜間モードが足音を聞くのに良いと聞いて購入しました

FPSで利用するサウンドカードならクリエイティブメディアのSound Blaster Zもおすすめできます。よりゲームに特化したサウンドカードなので、音楽面ではおすすめランキングで紹介した製品には多少劣りますが、その分、値段も抑えられているので非常にコスパの良い製品と言えます。

ゲーム音はもちろん、最近増えているゲーム中のボイスチャットへの配慮もされており、クリアな声を相手に届ける事ができます。ノイズも入りにくいのでゲーム実況などにも利用しやすいです。

音楽面も劣るとは言いましたがハイレゾ音源への対応は行われているので、少し値段を抑えてサウンドカードを購入したいという人におすすめのサウンドカードになります。

AVA

PCIe Sound Blaster ZxR
PCIe Sound Blaster ZxR

¥ 26,239

口コミ

サウンドブラスターZからの買い替えですが、音の解像度があがりました。 サウンドブラスターZもすごく音がよかったのですが、そこからさらに一つ一つの音が綺麗になり厚みが増した感じです。

基本無料で遊べるFPSの中でも非常に高い人気を誇るAVAでより音にこだわってゲームをプレイしたいならクリエイティブメディアが発売するPCIe Sound Blaster ZxRがおすすめです。

2枚でワンセットのサウンドカードで、付属するAudio Control Moduleも合わせてかなり細かい調整を直感的に行う事ができます。足音を拾う精度が非常に高く、同時にボイスチャットでもクリアな声を相手に伝える事ができます。

クリエイティブメディアのサウンドカードの中でも最上位に位置する分値段はお高めですが、その音の精度や機能面をみると非常にコスパに優れた製品だと言えるおすすめのサウンドカードです。

PUBG

GSX 1000
GSX 1000

¥ 27,000

口コミ

この商品は7.1chにするだけでは平凡なんですが右の前方定位を強調するボタンを押すと化けました。 目の前のモニターから音が出てるのかと錯覚するぐらい前方から聞こえます。

生き残りをかけたサバイバル系のFPSで今一番人気が高いPUBGをプレイするのに利用するサウンドカードならゼンハイザーが発売するGSX 1000もおすすめできます。ゲーム向けのオーディオアンプとして発売されている製品で、非常に高い性能を誇ります。

7.1chサラウンドへの対応はもちろん、各定位の設定をダイレクトに反映してくれるので足音のした方角までより正確に把握する事ができるようになります。

ワンタッチでサラウンド機能のオンオフを切り替える事ができるので音楽を楽しみたい時にはより音の精度を高めるオーディオアンプとして利用が可能です。

サウンドカードとは少し使い方などが異なりますが、外付けサウンドカードとしても利用できるおすすめのオーディオアンプになります。

USB

Creative Sound BlasterX G1
Creative Sound BlasterX G1

¥ 5,378

口コミ

音がめちゃくちゃいいホワイトノイズは確認できませんでした。足音とかは人の感じ方なので何にも言えませんけどラインで通話しててすごく透き通る音がしました

USBで簡単に接続して利用ができるサウンドカードならクリエイティブメディアから発売されているCreative Sound BlasterX G1がおすすめです。非常にコンパクトサイズながらハイレゾ音源にも対応し、Windows、Mac、PS4と多くのハードに対応しています。

軽量なので持ち運びもしやすく、搭載端子を4極ミニプラグのみに絞り込む事でコスパの良さを実現しています。使えるヘッドセットは限られてしまいますが、現在の環境にマッチするなら抜群の性能を発揮してくれるおすすめのサウンドカードです。

音楽

TEAC Reference 301
TEAC Reference 301
口コミ

小型では有りますが、ヘッドホーンアンプ変わりなるので購入した次第ですがスペックも充実しているので満足しています。好みが分かれる機器では有りますね。

ゲーム目的ではなく音楽を重視してサウンドカードを選ぶのであればTEACが発売するReference 301をおすすめします。

D/Aコンバーターとして発売している製品で、搭載端子がより音響機器寄りなので、PCのサウンドをより良くする事はもちろん、その他の機器と接続しての利用にも最適です。

もちろんハイレゾ音源にも対応しており、左右それぞれのスピーカーをモノラルとして扱う事でより干渉させづらくするデュアルモノラル構成を採用しているので、よりはっきりと音を聞き分ける事にも利用できます。

PCで音楽を楽しみたいならぜひおすすめしたい製品です。

外付け

Sound.Blaster.Omni.Surround
Sound.Blaster.Omni.Surround

¥ 9,237

口コミ

PCで5.1を聴けるので、楽しめている。今、事情が変わり、HDMIによって、5.1再生をしているが、いずれまた利用すると思う。

外付けサウンドカードでミドルクラスの製品としておすすめなのがクリエイティブメディアが発売するSound.Blaster.Omni.Surroundです。音楽面ではハイレゾ音源にも対応し、5.1chのサラウンドを楽しむ事ができます。

1万円を切る外付けサウンドカードの中ではダントツの搭載端子の種類の豊富さがウリで、3極ミニプラグ、マイク入力、4極ミニプラグ、光デジタルケーブル、アナログライン入力などにも対応しています。

また本体にマイクを搭載しているのでマイクを搭載していないイヤホンなどと合わせて利用してもボイスチャットを楽しむ事ができるおすすめの外付けサウンドカードです。

安い

USB オーディオ 変換アダプタ
USB オーディオ 変換アダプタ
口コミ

セルフパワーのUSBハブにつけて、その他のデバイスと一緒に使っています。 音質問題なし! 遅延なし! ノイズなし!

徹底的に値段を抑え、ボイスチャットのノイズを減らしたいのであればUGREENが発売するUSBオーディオ 変換アダプタがおすすめです。1000円以下で購入できるサウンドカードの中ではノイズキャンセリングを非常に得意としています。

搭載端子は3極ミニプラグとマイク入力端子だけとシンプルな構成ですが、WindoswはもちろんMacやPS4もしっかり対応しています。所持しているヘッドセットがPC用の3極ミニプラグとマイク入力端子という構成ならぜひおすすめしたいサウンドカードになります。

映画

SE-150PCI WAVIO
SE-150PCI WAVIO
口コミ

オンボードから導入しました。購入前にかなり迷ったのが、価格に見合う音質の向上が望めるかという点でしたが結果は◎でした。 音の解像度や高音の伸びは明らかに違いを感じます。

最近はレンタルビデオ店などに行かなくても、オンラインで好きな時に見たい映画を楽しめる時代になっています。映画を迫力のあるサウンドで楽しみたいならONKYOが発売するSE-150PCI WAVIOがおすすめです。

7.1chのサラウンドにも対応していますが、それとは別に2ch専用の端子を搭載しているので使い分ける事で最適な音を楽しむ事ができるおすすめの内蔵型サウンドカードです。

サウンドカードおすすめメーカー

ここからはサウンドカードを発売するメーカーの中でも特におすすめのメーカーを3社紹介します。

クリエイティブ・メディア

Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro
Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro
口コミ

特にSBXは素晴らしく、FARCRY4をプレイすると敵がどこからくるかが音で区別できるようになり、小さな音まで聞き分けるようになりましたのでびっくり。

クリエイティブメディアはサウンドカードを発売するメーカーの中では最大手と言えるメーカーで、どの価格帯でも群を抜いて性能の高いサウンドカードを展開しているおすすめのメーカーです。

主力製品のサウンドカード以外にもスピーカーやヘッドセットなどPCで音を楽しむ事に徹底的にこだわっているメーカーです。最近では特にゲームユーザー向けの製品を多数取り扱っており、ゲーム用途でサウンドカードを購入するならもっともおすすめするメーカーでもあります。

Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Proはリモコンで操作ができるのが特徴の外付け型サウンドカードです。5.1chのサラウンドにも対応しています。リーズナブルな価格で使える上にリモコンでの操作が快適なのでサウンドカード入門機としてもおすすめできます。

ONKYO

DAC-HA200
DAC-HA200

¥ 32,400

口コミ

良いヘッドホンとイヤホンが揃ってきたので導入してみました。 ポータブルアンプは初めて購入しましたがこれは本当に凄いアイテムです。

ONKYOは大阪に本社を構える老舗の音響機器メーカーで、音楽を楽しむためにサウンドカードを導入する事を考えるならぜひおすすめしたいメーカーです。汎用性を重視しているPCでまるで高級な音響機器を利用しているような音楽を楽しむ事ができるようになります。

DAC-HA200はスマホなどとセットで持ち歩くポータブルヘッドホンアンプとして発売している製品ですが、搭載端子からPCの外付けサウンドカードとしても利用する事ができる製品です。PCだけでなくスマホでも高音質な音楽を楽しみたいという人におすすめです。

ASUS

PCI-E Essence STX II
PCI-E Essence STX II
口コミ

ヘッドホン出力目当てで購入しましたが、期待とは逆にRCA出力の音の良さに驚きました。 ZXRのステレオダイレクトより綺麗な音が出る気がします。

ASUSは台湾に本社を構えるパソコン、スマホ周辺機器メーカーです。扱う製品は多岐に渡り、PCパーツの1つとしてサウンドカードも取り扱っています。海外メーカーながらしっかりとした作りと音質の良さで人気のメーカーです。

PCI-E Essence STX IIは音楽用途におすすめの内蔵型サウンドカードです。ハイレゾ音源への対応とノイズの軽減効果をしっかり搭載した使いやすいサウンドカードになっています。またカスタマイズ性にも優れているので自分でパーツを取り変えて調整をしたいという人に最適なサウンドカードになります。

サウンドカードのおすすめの活用方法

サウンドカードのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ここからは実際にサウンドカード購入した後のおすすめの活用方法を紹介します。

外付けサウンドカードは直接接続するのがおすすめ

外付けサウンドカードの多くが採用している接続方法はUSBですが、近年では多くの機器が接続方法として採用している事もあってUSBハブを利用している人も多いです。

外付けサウンドカードの多くはUSBハブを利用しても稼働してくれますが、極力はパソコンに直接接続する事をおすすめします。音はパソコンでやりとりが行われるデータの中でも劣化しやすく、通る機器が増える度に劣化してしまう事、そしてノイズが入りやすくなってしまうからです。

USBポートの少ないノートPCなどで利用する場合にもUSBハブを接続してまだUSBポートがあるなら真っ先にサウンドカードを接続する事をおすすめします。

サウンドカードの性能に合わせたヘッドセットを

より高性能なサウンドカードであるならその他の機器を変更しなくても確かにサウンドの向上を体感する事ができます。ですが、よりサウンドカードの性能を引き出すなら接続するイヤホンやヘッドセットも良い製品を利用する事をおすすめします。

特にゲーム用途で長くパソコンを利用するような人であれば音質はもちろんですが付け心地の良いヘッドセットを選ぶ事で長時間利用しても疲れにくくなるのでおすすめです。

おすすめのゲーミングヘッドセット

HyperX Cloud II
HyperX Cloud II

¥ 16,708

口コミ

特にゲームはしませんが、TVやPCなどに使うために購入しました。 基本性能が良く、音質もクリアに聞こえます。また締め付けもあまり気にならず、耳が痛くならりません。

音質と共に付け心地を優先してヘッドセットを選ぶのであればキングストンが発売するHyperX Cloud IIがおすすめです。7.1chサラウンドにも対応しており、高音質なのはもちろんですが、イヤーパッドが非常に柔らかく、抜群の付け心地で人気を集めています。

ノイズキャンセリング機能を搭載したマイクは取り外しができるので、ヘッドホンとして利用する事もでき、接続は4極ミニプラグ、もしくはUSBオーディオコントロールと接続してのUSBでの接続になります。

ゲームで使いやすいのはもちろんですが、音漏れなどもしにくく非常に高音質なので音楽を楽しむ事にも使う事ができるウンドカードと非常に相性の良い、おすすめのゲーミングヘッドセットになります。

サウンドカードでノイズのない音楽を楽しもう

サウンドカードのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

一昔前までサウンドカードはPCでより高音質な音を楽しむために必須のパーツでしたが、マザーボードに付属するオンボードサウンドカードの性能の向上と共に必須性は無くなっています。

しかしオンボードサウンドカードにはやはり限界があり、特にボイスチャットなどをするとどうしてもノイズが入ってしまいがちです。ノイズを軽減するという意味合いにおいては今でもサウンドカードを導入するメリットは大きくあります。

もちろんサウンドカードに音の性能をゆだねる事は結果的にマザーボードへの負担を減らす事に繋がるので、より快適にパソコンを使う事ができるようにもなります。

現在発売しているサウンドカードはこれらのノイズを軽減する機能はもちろんの事、より高音質な音楽を楽しむ、ゲームのプレイを助けてくれるような機能を搭載している物も多いのでパソコンの用途に合わせて最適なサウンドカードを導入する事をおすすめします。

Related