Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月16日

LANケーブルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

LANケーブルのおすすめの人気ランキングTOP3についての説明と紹介をしていきます。他にもLANケーブルとはなにかやLANケーブルの選び方やLANケーブルの使い方やLANケーブルの活用法やLANケーブルのおすすめのメーカーについて説明と紹介をしていきます。

LANケーブルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

LANケーブルとは?

LANケーブルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

LANケーブルとは、世界中で使用されているコンピューターシステムの「通信インフラ」で使用されている配線用のケーブルのことです。

一般的に有線のLANケーブルのことを指していることもあります。有線のLANケーブルのことを短く言って有線LANと呼ぶこともあります。

有線LANと同じくらい有名な単語として無線LANという俗称がありますが、無線LANと有線LANは別物のため、間違って覚えないようにする必要があります。

一般的な家庭で使用されているLANケーブルは形状の違いで10種類以上あります。また、通信速度の違いで10種類以上の製品が生み出されているため、場合によっては必要ではないLANケーブルを購入してしまう人もいます。

通信インフラとは?

通信インフラとは、おおらかに単純な言葉にしてしまうと、電話の線や通信の回線のことを指しています。その通信の回線によって実現している接続や情報の伝達のひとつをコンピューターネットワークと呼ぶこともあります。

コンピューターネットワークの中にある規格のひとつにイーサネットと呼ばれる技術規格があります。イーサネットの仕様として1BASE5から10BASE2、10BASE5などと続き10GBASE-Wや40GBASE-R、100GBASE-Rなどといった規格名があります。

規格名の違いによって通信速度の違いもありますが、標準規格と呼ばれる勘違いすると使用できないような規格の違いや使用されているケーブルも規格名によって別物になっています。ただし、現代の一般家庭で使われているモノはほとんど同一の標準規格です。

イーサネットとは?

イーサネットとは数多くあるコンピューターネットワークの規格のひとつであり、一般的な家庭や会社で使われる機会が最も多い技術規格のことです。

また国際標準化機構という非政府組織によって考え方が決められているコンピューターの持つべき通信機能を積み木構造に7分割したモデルの下から2層にある物理層とデータリンク層について規定しているモノのことでもあります。

規定されているモノのことをOSI参照モデルとも言い、現代の一般的な有線LANはOSI参照モデルの下から2層分に相当するイーサネットとそれよりも上の層を規定したインターネットに接続をしている通信規約一式の組み合わせがあります。

LANケーブルの種類と選び方

LANケーブルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

LANケーブルの種類と選び方についての説明と紹介をしていきます。

LANケーブルの種類

LANケーブルの種類は大きく分けて2種類あります。形状・特徴による違いと通信速度による違いです。また、その中に一般家庭で使うようなLANケーブルと産業用でしか使う機会がないようなLANケーブルの違いといったような種類で分けることもできます。

LANケーブルの形状・特徴による違い

LANケーブルの形状・特徴による違いはスタンダードLANケーブル、フラットLANケーブル、極細LANケーブル、PoE対応LANケーブル、クロスLANケーブル、巻取りLANケーブル、光ファイバーケーブルなどがあります。

LANケーブルの形状・特徴による違いは大きくまとめてストレートケーブル、クロスケーブル、フラットケーブルとありますが、現代でもっとも使われている形状をしているケーブルはストレートケーブルです。

現代の一般的な家庭ではクロスケーブルやフラットケーブルは使われていないため、Amazonや楽天などで間違って買うことも滅多にありません。

ストレートケーブルの中に数多くの種類があるため、どのような種類があって、どのような規格に合っているのかを理解しなければ間違って使えないLANケーブルを買ってしまう可能性もあるためLANケーブルを買うときには最低限の知識は必要です。

LANケーブルの通信速度による違い

LANケーブルによる通信速度による違いの種類は10種類以上の製品がありますが、現代の一般的な家庭で使われているLANケーブルの通信速度の種類は7種類カテゴリに分けられてCAT7A、CAT7、CAT6A、CAT6e、CAT6、CAT5e、CAT5とあります。

簡単にまとめてしまうとCAT7Aが最も新しくCAT5が最も古いです。最も性能が高いLANケーブルもCAT7Aであり、最も性能が低いLANケーブルもCAT5です。値段も相応に性能が高く新しいモノほど平均的に高く、古く性能が低いモノほど平均的に値段は安く設定されています。

多くのパソコンやルーターでは基本的にストレートケーブルであれば古いタイプの通信速度のLANケーブルであっても使用することは可能となっているため、そこまで重要性は高くありませんが、理解することによって作業効率を上げることができることもあります。

LANケーブルの選び方

LANケーブルの選び方はどのような場所で使うのかを決める方法があります。たとえば室内で短い距離間を接続したいだけだった場合はケーブルの長さが短い方が使い勝手が良いです。逆に長い距離だった場合には長いケーブルが最適です。

他にもケーブルの選び方として通信速度を表示している規格の「カテゴリ」を意識して選ぶ方法があります。

通信速度を表示しているカテゴリは一般的に下位互換がなされているため、新しいカテゴリに入っているCAT7Aなどを使用することによってCAT5やCAT6でも使えていた環境で使用することができます。

また、ケーブルの形状としてスタンダードLANケーブルが一般的に安く使われることが多いですが欠点がいくつかあるため、その欠点を補うためにSTP LANケーブルやフラットLANケーブルなどが使用されることも増えてきています。

実際に出てくる通信速度

通信速度に大きな影響を及ぼすカテゴリを選ぶ基準として考えるのは悪くありませんが、実際に出てくる通信速度で最も重要なポイントはパソコンの性能やネットワーク機器やLANケーブルではありません。

たとえばどこに住んでいるか、といった違いから大きな通信速度の違いが出てきます。田舎の一般的なアパートでは100M帯と呼ばれる環境でしか接続することができないのに対して、都内のアパートでは1G帯(1000M帯)以上の環境で接続をすることができることがあります。

理由としてはネットワークに接続するためには一般的にSoftBankやauなどの通信会社との契約を結びます。そしてNTT西日本などのところから来る専門の人によっての工事が行われてネットワークに初めて繋ぐことが可能となっています。

そのためハイスピードなネットワークの環境を構築したい場合にはまず住んでいるところから検討しなければなりません。

LANケーブルの使い方

LANケーブルは基本的に室内で使われます。室内でパソコンとルーターなどのネットワーク機器を接続するために使われることが最も多いです。

室内では長さによって選び、使う場面を決める方法もありますが、それ以外にもクロスLANケーブルはパソコン同士を繋ぐのに便利な形状をしているケーブルです。

どこで、どのように使いたいか決まっていない場合でも巻き取りLANケーブルと呼ばれるケーブルは長さが可変式のモノもあるため、いざというときの予備用としても活用されることがあります。

巻き取り可能なLANケーブルは巻くと手の平に収まるサイズまで小さくなるモノもあるため、外出時にネットワークの接続場所が用意されている喫茶店などにいったとき、持ち運び、接続をするために使われることもあります。

LANケーブルの活用方法

LANケーブルの活用方法としてPoE対応LANケーブルは電源を必要に応じて与えるときに安全性を考えて作られたケーブルです。Power over Ethernet(PoE)という特定の場面でこそ活躍するケーブルですが、Webカメラやスイッチングハブなどで活用されています。

その他にもどのような環境で使いたいか決まっていない場合、通信速度で一般家庭では最も性能が高いといわれるCAT7Aなどが活用される場合も多いです。

また極細LANケーブルというモノは一般的なLANケーブルはケーブルの部分が平べったい形状をしていますが、極細LANケーブルは一般的なLANケーブルの形状とは違い、太い線のような形状になっていることが特徴的です。

極細LANケーブルは一般的なLANケーブルよりも半分ほどの細さになっていることがあります。

特徴・用途別おすすめのLANケーブルの代表製品

特徴・用途別でおすすめのLANケーブルについての説明と紹介をしていきます。

おすすめの有線

サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W
サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W
口コミ

先の事考えての購入ですので買って良かったと思います。

一般的にLANケーブルとは有線のLANケーブルのことを指していますが、その中でもおすすめのLANケーブルはサンワサプライ(SANWA SUPPLY) の「サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W」です。

このおすすめのLANケーブルの特徴は対応通信速度の領域にカテゴリ7(10GBASE-T)が入っていることです。カテゴリ7とは今までのカテゴリ5の6倍、カテゴリ6の2.4倍の伝送帯域である600MHzに対応しているおすすめのLANケーブルです。

この伝送帯域が広いほどハイパワーなデータ通信が可能となってるため、ネットに接続をしているときにエラーでWebページが開けなかったりすることが減るためおすすめのLANケーブルです。

おすすめのカテゴリのケーブル

サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W
サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W
口コミ

先の事考えての購入ですので買って良かったと思います。

おすすめのカテゴリでのLANケーブルはサンワサプライ(SANWA SUPPLY) の「サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W」です。

このおすすめのLANケーブルの特徴としてカテゴリ7に対応伝送帯域していて、さらにカテゴリ6a、エンハンスドカテゴリ6、カテゴリ6、エンハンスドカテゴリ5、カテゴリ5、カテゴリ3の全てに対応しているポイントがあげられます。

おすすめのフラットケーブル

サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W
サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W
口コミ

先の事考えての購入ですので買って良かったと思います。

おすすめのフラット仕様で使えるLANケーブルはサンワサプライ(SANWA SUPPLY) の「サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W」です。

このおすすめのLANケーブルは通常のスタンダードLANケーブルやフラットLANケーブルと同じ形状をしているケーブルですが、薄さが1.9mmしかないため手にとって収納することが簡単となっているおすすめのLANケーブルです。

おすすめのPS4対応ケーブル

ELECOM LANケーブル PS4対応 CAT6 やわらか 3m ブラック GM-LDGPYT/BK30
ELECOM LANケーブル PS4対応 CAT6 やわらか 3m ブラック GM-LDGPYT/BK30

¥ 816

口コミ

机の天板と壁との狭い隙間もスルスルっと入ります。名前の通り柔らかい。

PS4に対応しているおすすめのLANケーブルはエレコム(ELECOM)の「ELECOM LANケーブル PS4対応 CAT6 やわらか 3m ブラック GM-LDGPYT/BK30」です。

このおすすめのLANケーブルの特徴として対応しているプラットフォームはPlayStation4以外にもNintendo Wii UやXbox360などにも対応していることがあげられます。

また、ツメ折れを防ぐためのプロテクタが付いていることや折れ曲がらないことに対する検査を1000回行っても問題が起きなかった検査結果があるため、耐久性の面で見てもおすすめのLANケーブルです。

おすすめのwiiu対応ケーブル

ELECOM LANケーブル PS4対応 CAT6 やわらか 3m ブラック GM-LDGPYT/BK30
ELECOM LANケーブル PS4対応 CAT6 やわらか 3m ブラック GM-LDGPYT/BK30

¥ 816

口コミ

机の天板と壁との狭い隙間もスルスルっと入ります。名前の通り柔らかい。

wiiuに対応しているおすすめのLANケーブルはエレコム(ELECOM)の「ELECOM LANケーブル PS4対応 CAT6 やわらか 3m ブラック GM-LDGPYT/BK30」です。

このおすすめのLANケーブルの特徴としてスタンダードLANケーブルやフラットLANケーブルと比べてケーブルの部分が半分以下の太さのため手にとって回すことが簡単にできるためどこかにしまいたいときなど便利です。

また、隣にもLANケーブルを接続するような環境でも干渉して問題が起きないようにスリムなコネクタが採用されているおすすめのLANケーブルです。

おすすめのハブ

サンワダイレクト スイッチングハブ LANハブ 10/100Mbps/1Gbps対応 8ポート 500-SWH008
サンワダイレクト スイッチングハブ LANハブ 10/100Mbps/1Gbps対応 8ポート 500-SWH008

おすすめのハブはサンワダイレクトの「サンワダイレクト スイッチングハブ LANハブ メタルケース 電源内蔵 静音 ストレート・クロスケーブル対応 10/100Mbps/1Gbps対応 8ポート 500-SWH008」です。

このおすすめのハブは8ポートLANケーブルを接続する場所があるため、活用できる場面が長い期間で続くおすすめの製品です。

またファンレスであるため、通常であれば熱が溜まりやすい製品ですが、メタルケースを使用しているため放熱性の安定した確保がなされているおすすめのハブです。

他にも主要電源が内蔵されているため、外部で接続するコードがコンパクト化されているおすすめのハブです。

通信速度の領域も1G帯まで対応しているため、一般的な家庭では十分な性能を発揮するおすすめのハブです。

おすすめのタグ

ミヨシ miyoshi CAT-CM/AS [LANケーブルマーカー 8個入り(ホワイト・ピンク・ブルー・グリーン各2個) アソート]
ミヨシ miyoshi CAT-CM/AS [LANケーブルマーカー 8個入り(ホワイト・ピンク・ブルー・グリーン各2個) アソート]
口コミ

付けやすい。外しやすい。ズレにくい。脱落しにくい。

おすすめのタグは「ミヨシ miyoshi CAT-CM/AS LANケーブルマーカー 8個入り(ホワイト・ピンク・ブルー・グリーン各2個) アソート」です。

この商品の特徴は1度触れるだけでLANケーブルにタグを付けることが可能となっていることのためおすすめのタグです。

他にも近くに同じ形状のタグを付けても触れ合って邪魔にならないようなスリム形状をしていることも特徴のおすすめのタグです。

おすすめの高速ケーブル

エレコム LANケーブル 1m CAT8 ブルーメタリック LD-OCTT/BM10
エレコム LANケーブル 1m CAT8 ブルーメタリック LD-OCTT/BM10

¥ 4,190

口コミ

スタンダードを購入しましたが極太の硬硬で取り回しに苦労しました! 買うならスリムをおすすめしたい!

高速なおすすめのLANケーブルはELECOM(エレコム)の「エレコム LANケーブル 1m ツメが折れない CAT8 ブルーメタリック LD-OCTT/BM10」です。

このおすすめのLANケーブルの特徴はカテゴリ8に対応しているということがあげられます。カテゴリ8とは次世代40ギガビットイーサネットと呼ばれるほど新しい最新の技術です。

基本的にカテゴリとは通信速度の上限を指しているモノのことなので、下位互換がなされています。そのため若干、オーバースペックになることはあっても十分な性能を発揮してくれるおすすめのLANケーブルです。

長さ別おすすめのLANケーブル

長さ別でおすすめのLANケーブルについて説明と紹介をしていきます。

1mと2mと3mと5mと10m

エレコム LANケーブル 1m CAT8 ブルーメタリック LD-OCTT/BM10
エレコム LANケーブル 1m CAT8 ブルーメタリック LD-OCTT/BM10

¥ 4,190

口コミ

スタンダードを購入しましたが極太の硬硬で取り回しに苦労しました! 買うならスリムをおすすめしたい!

基本的に現代のLANケーブルのほとんどは一種類のケーブルで複数の長さの製品が作られているため、どの長さが良いかは自分の使いたい環境によって決めるのがおすすめです。

その中でもおすすめのLANケーブルはELECOM(エレコム)の「エレコム LANケーブル 1m ツメが折れない CAT8 ブルーメタリック LD-OCTT/BM10」です。

特徴として高速のデータ通信を行うため熱を持ちやすいですが、それでも火災になりにくいように、「JIS C 3005」にふさわしい難燃性素材が使われているためおすすめのLANケーブルです。

おすすめのLANケーブルのメーカー3つと代表製品

おすすめLANケーブルのおすすめのメーカーについて3つ説明と紹介をしていきます。

エレコム(ELECOM)

エレコム LANケーブル 1m CAT8 ブルーメタリック LD-OCTT/BM10
エレコム LANケーブル 1m CAT8 ブルーメタリック LD-OCTT/BM10

¥ 4,190

口コミ

スタンダードを購入しましたが極太の硬硬で取り回しに苦労しました! 買うならスリムをおすすめしたい!

おすすめのメーカー3つの内のひとつはELECOMです。おすすめのメーカーであるエレコムのおすすめLANケーブルの代表製品は「エレコム LANケーブル 1m ツメが折れない CAT8 ブルーメタリック LD-OCTT/BM10」です。

このおすすめのLANケーブルは高速のデーター通信の技術を持っているため一般的なLANケーブルであればデーターのノイズが起こりやすい問題点がありますが、通信エラーを防ぐために2重の構造がなされている特徴があるためおすすめのLANケーブルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W
サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W
口コミ

先の事考えての購入ですので買って良かったと思います。

おすすめのメーカー3つの内のひとつはSANWA SUPPLYです。おすすめのメーカーであるSANWA SUPPLYのおすすめのLANケーブルの代表製品は「サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W」です。

このおすすめのLANケーブルの特徴は金属の表面にできることがあるサビなどの発生を抑えて、高く精密な接触性を保証することのできる金メッキシートプラグが採用されていることがあげられているためおすすめのLANケーブルです。

バッファロー(BUFFALO)

iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル STP Cat7 3m ブルー BSLS7NU30BL
iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル STP Cat7 3m ブルー BSLS7NU30BL
口コミ

雑にケーブルをしまって引っ張った際に爪が折れてしまうことが無くなりました。

おすすめのメーカー3つの内のひとつはBUFFALOです。おすすめのメーカーであるBUFFALOのおすすめのLANケーブルの代表製品は「iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル STP Cat7 ストレート ノーマルタイプ 3m ブルー BSLS7NU30BL」です。

このおすすめのLANケーブルの特徴はLANケーブルのツメの部分を180度曲げても折れないことです。そのためLANケーブルの扱いに慣れてない人でもすぐに壊すこと無く使い続けることが可能となっているおすすめのLANケーブルです。

LANケーブルおすすめ人気ランキングTOP3

LANケーブルのおすすめ人気ランキングTOP3について説明と紹介をしていきます。

ランキング3位

サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W
サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W
口コミ

先の事考えての購入ですので買って良かったと思います。

ンキング3位の製品は「サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル10m ホワイト KB-FLU7-10W」です。この製品の特徴として10Gbpsに完全な対応をしていることがあげられます。

また、完全な対応をしているかどうか、といった部分に対して米国でテストケーブル使用のプラグ部分で検証がされているため確実性の高い安定したLANケーブルです。

ランキング2位

iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル STP Cat7 3m ブルー BSLS7NU30BL
iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル STP Cat7 3m ブルー BSLS7NU30BL
口コミ

雑にケーブルをしまって引っ張った際に爪が折れてしまうことが無くなりました。

ランキング2位の製品は「iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル STP Cat7 ストレート ノーマルタイプ 3m ブルー BSLS7NU30BL」です。

この製品の特徴としてコネクターの抜き差しがしやすいデザインとなっているため、LANケーブルを使ったことがない人でも安心して使用することが可能となっています。

また、ネットワークのオーディオ機器にも対応しているためNASなどに繋いで音楽を再生するという使い方も可能となっている製品です。

ランキング1位

エレコム LANケーブル 1m ツメが折れない CAT8 ブルーメタリック LD-OCTT/BM10
エレコム LANケーブル 1m ツメが折れない CAT8 ブルーメタリック LD-OCTT/BM10

¥ 4,190

口コミ

スタンダードを購入しましたが極太の硬硬で取り回しに苦労しました! 買うならスリムをおすすめしたい!

ランキング1位の製品は「エレコム LANケーブル 1m ツメが折れない CAT8 ブルーメタリック LD-OCTT/BM10」です。

この製品の特徴として現代に一般家庭で使える最新技術のカテゴリ8に対応していることがあげられますが、他にもルーターやパソコンに繋いで外れないようにしっかりと固定されるような脱落防止のデザインがされている製品です。

ネットワークの接続機器で重要なこと

LANケーブルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

パソコンの周辺機器の選び方は基本的に値段の高い製品を選べば外れではないのが定石であるため、このネットワークの接続機器も同じように基本的には値段の高いモノを選ぶことで使えないモノを買ってしまうことは滅多にありません。

しかし、値段が高い理由としてただ「長い」だけだったりする場合もあるので、LANケーブルを選ぶときにはどうして値段が高いのか。あるいはどうして安いのか。といった理由を理解することが重要となっています。

Related