Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月25日

外付けハードディスクおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

PCで保存された大容量のデータやテレビで録画して後で見ようとした番組を本体の容量を使わずに残しておく為に外付けハードディスクは大変便利に活用できます。この記事は大量にありすぎて買うべき外付けハードディスクを選べないという方々に参考にして頂くためにあります。

外付けハードディスクおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

外付けハードディスクの種類とおすすめの選び方は?

最近TV番組やPCのデータの保存に外付けハードディスクを使う人が増えてきました。そこで、まずはじめに外付けハードディスクの「種類」と「選び方」をご紹介していきます。自分のPCやTVに合った物を見つけるための参考にしてみてください。それでは、外付けハードディスクの「種類」から見ていきましょう。

外付けハードディスクの種類

外付けハードディスクは主に2つの種類があります。ここではその2つについて紹介します。

据え置きハードディスク

これは外付けハードディスクと聞いたときに、皆さんがまっさきに想像するような従来の外付けハードディスクです。その場に置いて動かさずに使用します。大容量の外付けハードディスクは、大抵が据え置きなので大容量を使用する方にはこちらのほうがおすすめです。

ポータブルハードディスク

この外付けハードディスクは軽いものが多いので持ち運びするのにおすすめです。持ち運び可能が前提なものがほとんどなので、耐衝撃や防水の外付けハードディスクが多いのが特徴です。容量がどうしても据え置きよりも少ないですが、大容量を使わないならばこちらのほうがおすすめです。

外付けハードディスクの選び方

外付けハードディスクは個人や家族間で使う場合がほとんどなのでデザインはあまり気にしないでいいでしょう。とにかく大量に容量が欲しいなら据え置きのほうが大容量の物が多いのでおすすめです。外に持ち運びをしたら頻繁に場所を移したりするならばポータブルがおすすめです。

外付けハードディスクおすすめ人気ランキングTOP3

外付けハードディスクおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

外付けハードディスクは一つ一つでスペックや容量が違います。特に昨今は多くの外付けハードディスクが発売されていてどれを選べばいいのか分からない人が増えています。ですので、皆様が外付けハードディスクを選ぶ際に参考になるように、ここでは数々の外付けハードディスクの中からおすすめのTOP3を紹介します。

ランキング3位:「Transcend USB3.0/2.0 2.5インチHDD ポータブルハードディスク 耐衝撃 M3シリーズ」

Transcend USB3.0/2.0 2.5インチHDD ポータブルハードディスク 耐衝撃 M3シリーズ
Transcend USB3.0/2.0 2.5インチHDD ポータブルハードディスク 耐衝撃 M3シリーズ

¥ 9,300

口コミ

コンパクトで持ち運びにも便利です。衝撃にも強いので安心です。

コンパクトでさらには3層からなる衝撃吸収構造で、衝撃に非常に強いので外に持ち運ぶ必要があるのならおすすめです。さらにはこれにはワンタッチ自動バックアップボタンというものが付いており、ボタン一つですぐにバックアップを取ることが可能なので、心配性のかたでも安心できる外付けハードディスクです。

ランキング2位:「BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 3TB HD-LC3.0U3/N」

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 3TB HD-LC3.0U3/N
BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 3TB HD-LC3.0U3/N
口コミ

パナソニックのテレビに使用していますが、まったく問題なく使用しています。 音がまったくしないので、ハードディスクもどんどん進化しているような気がします。

このハードディスクは音がしないので、夜などの家族が寝ている時に使用しても迷惑にはなりません。それから本体背面にセキュリティースロットが搭載されているのでセキュリティーグッズとの組み合わせで、盗難防止に役立ちますので店舗や会社での使用にもおすすめです。

接続したテレビやパソコンの電源に合わせて外付けハードディスクも自動でオン・オフするので、切り忘れにはなりませんので忘れっぽい方にもおすすめです。

ランキング1位:「I-O DATA HDD 外付けハードディスク」

I-O DATA HDD 外付けハードディスク
I-O DATA HDD 外付けハードディスク
口コミ

これだけコンパクトだと発熱・放熱に関してやや不安でしたが、4TBをREGZA Blu-rayレコーダーの外付けHDDとして使っていて、今のところ特に熱くもならず問題無く使えています。

据え置き型としてはコンパクトなのでテレビの裏にも置けたりしますので、家の中で置く場所に困っている人にもおすすめです。音も静かで光も気になりにくいので神経質な人でも安心して使用することができます。

ただひとつ、前の型から電源スイッチがなくなったので、前の型を使っていて電源スイッチがなくてはどうしてもいやだという人にはおすすめできません。

特徴・用途別の外付けハードディスク

外付けハードディスクおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

テレビ用

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB オシャレなデザイン 日本製 テレビ録画/USB3.0/mac対応 EX-HD3ELOR
I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB オシャレなデザイン 日本製 テレビ録画/USB3.0/mac対応 EX-HD3ELOR
口コミ

バックアアップのバックアップとか。どこに何入れたか判んなくなってきますがやっぱり必要なんです。色とか何でもいいです。シャープのTVにも使えました。でもDRモードのみだなあ。

全体のデザインを邪魔することがない透明なゴム足を使用し、横置き用のゴム足も付いており置きやすくなっております。ただこれは人それぞれらしいのですが音が他の外付けハードディスクよりも五月蠅く感じる可能性があります。

mac用

I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 2TB USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W2D
I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 2TB USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W2D

¥ 18,036

口コミ

手のひらサイズとあって、狭い場所にも置けるので便利です。容量も大きいので重宝しております。

差し込み口が弱いらしいのでそこさえ気を付ければ問題なくおすすめです。ポータブルの外付けハードディスクでもあるのでmacと一緒にセットで持ち運びがしたいかたにもおすすめします。もちろん普通のパソコンやテレビにも対応しています。

メタリックなデザインも魅力的です。USBバスパワー駆動に対応しており、ACアダプターが不要です。ケーブルで繋げるだけで、外付けハードディスクの電源を気にせずにデータの転送ができるのでおすすめです。

wiiu

I-O DATA 【Wii U動作確認済み】USB接続 家電対応 外付ハードディスク 2.0TB [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] HDC-AE2.0K
I-O DATA 【Wii U動作確認済み】USB接続 家電対応 外付ハードディスク 2.0TB [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] HDC-AE2.0K

¥ 22,680

口コミ

USB2.0のハードディスクですので、スピードはそれなりですが、安価に大きめのハードディスクを手に入れたい方は、選考に入れるべき機種です。Linux環境でも問題なく使えています。

やや発熱に問題ありですが、wiiuをするなら動かすことも少ないでしょう。大きさもこれぐらい大きくても支障はすくないでしょう。電源のスイッチが付いていますので必要ではないときは自動で電源がオンになることがなく節電におすすめです。

少し古いせいでUSBの3.0には対応していませんので遅い速度がいやの人やどうしても3.0でないと嫌な人にはおすすめできません。また、LEDの光が正面にあり、大変目立つので暗い場所で外付けハードディスクを使用するかたにもおすすめできません。

ポータブル

シリコンパワー 2.5インチ ポータブルHDD 2TB USB3.0対応 IPX4 防水 耐衝撃 キズに強い 3年保証 SP020TBPHDA60S3K
シリコンパワー 2.5インチ ポータブルHDD 2TB USB3.0対応 IPX4 防水 耐衝撃 キズに強い 3年保証 SP020TBPHDA60S3K

¥ 11,800

口コミ

ケーブルの収納方法最高! 以前のは他のメーカーで、ケーブルを丸めすぎたか、断線してしまったのか、故障してしまいました。 なので、2台目購入です。

この外付けハードディスクの特徴はなんといってもシリコンラバーと高い防水性能がついていることでしょう。 この高い防水性能があるので天気が怪しい日でも外に持ち運ぶことができます。シリコンラバーの本体外周に凹みがあり、USBケーブルを挟んで収納できるので、今までわずらわしかったケーブルの持ち運びが楽になったにもおすすめするポイントです。

1~2時間ほどアクセスしないでいるとスリープになってしまい、再度アクセスする際に待ち時間が掛かるのでそれが気になる人にはおすすめしません。

ノートパソコン

東芝 USB3.0接続 ポータブルハードディスク 1.0TB(ブラック)CANVIO BASICS(HD-ACシリーズ) HD-AC10TK
東芝 USB3.0接続 ポータブルハードディスク 1.0TB(ブラック)CANVIO BASICS(HD-ACシリーズ) HD-AC10TK
口コミ

信頼できる東芝製が安く購入できました。社内使用で13台、安心して使えます。

バックアップを取るのに最適でノートパソコンで使用するにはこの容量で十分でしょう。持ち運びもしやすいので、ノートパソコンを持って移動する際にも邪魔にはなりません。シンプルな見た目なので派手なものよりも、落ち着いた見た目のほうが好みだという人にもおすすめです。

反面、1TBしかないのでいくらノートパソコンでも使い方によっては容量が足らなくなるので、複数を持つことを前提にすることをおすすめします。日本でも安心が保証されている東芝製なのもおすすめです。

録画用

WD HDD 外付けハードディスク 16TB My Book Duo WDBFBE0160JBK-JESN
WD HDD 外付けハードディスク 16TB My Book Duo WDBFBE0160JBK-JESN
口コミ

RAID1で使用するため2台同時に購入しました。 どちらも速度が出ており、S.M.A.R.Tも問題なく、異音などもなく快調に動作しています。 時代によって、どこのHDDが良いというのがありますが、これは良い製品だと思います。

値段は高めですがそれに見合った容量なのでドラマなどの録画に便利です。この製品のおすすめな点は単一のケーブルで最大20TBの容量があります。ですので、この外付けハードディスク一つで、複数のパソコンやテレビなどの大容量のデータの保存をする方におすすめです。この大容量ですので、普段は大きなデータが必要な海外ドラマやアニメの録画などにもおすすめです。

反面、本体が大きいので自宅に置く場合は場所によってはスペースを取りすぎて邪魔になる可能性があります。

1TB

Seagate HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 テレビ録画対応 かんたん接続ガイド付モデル ブラック SGP-NX010UBK
Seagate HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 テレビ録画対応 かんたん接続ガイド付モデル ブラック SGP-NX010UBK
口コミ

東芝のレグザで外付けHD対応のテレビであれば、USBでくっつければ簡単な操作で、番組をきっちり録画してくれています。

値段は安いので複数の外付けハードディスクが必要な場合や、あまり大きな容量を使用する予定がない場合にもおすすめします。非常にコンパクとポータブルの外付けハードディスクでもあるので壊れる可能性がある持ち運びも、安価だという理由もおあり、高いものを外出先で使うよりは安い外付けハードディスクを持っていこうという気になるのでそんなときもおすすめです。手軽な値段で入手できるので、初めて外付けハードディスクを使用する方でも安心して使うことができるでしょう.

おすすめの外付けハードディスクのメーカー・ブランド3つと代表製品

外付けハードディスクおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ここでは、外付けハードディスクのおすすめブランドとブランドの代表する製品をご紹介していきます。その中で、自分に合った外付けハードディスクを見つけるための参考にしてみましょう。あくまでもこの記事内でのおすすめなのでこれが絶対ではないということはご了承してください。

WESTERNDIGITAL

WD HDD ポータブルハードディスク 1TB WD Elements Portable WDBUZG0010BBK-WESN USB3.0/2年保証
WD HDD ポータブルハードディスク 1TB WD Elements Portable WDBUZG0010BBK-WESN USB3.0/2年保証
口コミ

純正とのことで、安心です。 セールで安く購入安く購入できたので、またリピしたいですね

このメーカはWDともいわれています。元々は事業を多角化していたのですが、1991年からハードディスク事業に専念することになりました。以降は外付けハードディスクとパソコンのハードディスクの開発と販売を主にしています。

大き家電量販店ではワゴンで安く売られていたりすることが多く、財布にも優しいので気軽に買うのにもおすすめです。デザインに関しては無難でシンプルなものが多いので初めて買う人や、どれを選べばいいのかわからない人にもおすすめすることができます。

バッファロー

BUFFALO SeeQVault対応 3.5インチ 外付けHDD 3TB HDV-SQ3.0U3/VC
BUFFALO SeeQVault対応 3.5インチ 外付けHDD 3TB HDV-SQ3.0U3/VC

¥ 26,244

口コミ

65Z810Xにて2TBを二つ使いタイムシフト録画しています。使用開始して1か月程度ですが、今のところ問題なく使用できています。

パソコン周辺機器メーカーとしてはあまりに有名で言わずと知れたバッファローです。

それなりの大きな店でPCの周辺機器を探したら歩いていたら、簡単にバッファロー製の商品が見つかるぐらいに色々な周辺機器を販売しているので、もしもパソコン用に外付けハードディスクを買うなら合わせて他の周辺機器も探すのもあすすめです。

日本のメーカーなので日本製にこだわりがあり、海外製はどうしても好かないという人にも安心してもらうことができます。

SEAGATE

Seagate HDD 外付けハードディスク 4TB USB3.0 テレビ録画対応 かんたん接続ガイド付モデル ブラック SGD-NX040UBK
Seagate HDD 外付けハードディスク 4TB USB3.0 テレビ録画対応 かんたん接続ガイド付モデル ブラック SGD-NX040UBK
口コミ

スタイリッシュなデザインで音も静かだしなかなか良いと思います。 PCとの接続も簡単だし良かったと思います。

シーゲイト・テクノロジーはアメリカに本社があるハードディスクドライブの製造メーカーです。 アメリカに本社があり独立系のハードディスクドライブの製造メーカーとしては最古参です。上の二つは周辺機器の中で外付けハードディスクを販売しているのに対して、こちらはハードディスクだけなんでチラホラとこだわりらしきものが合ったりします。

外付けハードディスクの使い方・おすすめの活用方法

ここでは外付けハードディスクの使い方や活用方法を紹介します。ほとんどの外付けハードディスクは簡単なのですが、種類によっては細かく設定するものも存在します。ですが、ここではごくごく初歩的なところに留めて、実際の細かな設定はそれぞれの取扱説明書に記載されているので、各々で理解していただくようにしてください。

使い方

使い方といってもそれほど難しくはありません。ただ起動しているパソコンやテレビにつなぐだけです。パソコンやテレビなどによっては細かく本体の方を設定したり調整したりしなければいけない場合もありますがが、その場合は各々の本体の取扱説明書などを読んで対処していってもらえれば問題ありません。ですので手軽に使用することをおすすめします。

気を付けることは外付けハードディスクを買うときに、差し込み口のインターフェイスをしっかりと確認しておかなければ、間違って手持ちのケーブルと合わないことになります。ですので買うときは、スペックの確認と一緒にするのがおすすめです。後は、ケーブルを使うときに複数のケーブルを使用する際は、絡まったりタコ足にならないようにすることです。

活用方法

おすすめの活用法は、音楽や映像を外付けハードディスクに移してパソコンやテレビの内臓容量をすっきりさせることです。容量を外付けハードディスクに移すことにより購入当初のようにスムーズに動くようになる場合もあります。パソコンのバックアップをするのに外付けハードディスクを利用するのもおすすめです。

例えば、仕事の残りをポータブル外付けハードディスクに移して、自宅のパソコンで続きをしたり、映像や音楽を友達や知人のパソコンでも使うためにも、ポータブル外付けハードディスクなら持ち運びが可能です。さらにおすすめなのが、数は少ないですが電波を使用して接続する外付けハードディスクでなら、複数のパソコンやテレビで共有することができるものもあります。

USBは主に2.0と3.0があり、最新のものが3.0で2.0と比較して高速での転送が可能なのであらかじめ使用する機器がどちらに対応するのか調べておいた方が安心です。

外付けハードディスクのおすすめのケース

Inateck 2.5インチ ポータブルハードディスクケース 2.5型HDD保護収納ケース 本体/ケーブル用別収納タイプ【ブルー】
Inateck 2.5インチ ポータブルハードディスクケース 2.5型HDD保護収納ケース 本体/ケーブル用別収納タイプ【ブルー】
口コミ

当初、ケースは不要かなとも思いましたが、用意してみるとこれが意外と便利で、 持ち運ぶ際にも安全ですし、ケース自体がそこそこの強度をもっていますので 安心してカバンに入れられます。

外付けハードディスクを外出時に持ち運ぶときは当たり前ですが、何もせずにそのまま持ち運んでいたら、いかに最近の外付けハードディスクが耐衝撃で落下に強いのだとしても、落とした時には壊れるリスクがあります。そんな場合はケースの中に入れるのがおすすめです。

クッション性なので落下時の衝撃をそのまま本体を落とすよりも少なくしてくれます。ほかにもケーブルと一緒に持ち運びができかさばらないようにもできます。ですので複数の外付けハードディスクを持つかたも持っていて損はありませんのでおすすめです。

しかし、ケーストいう性質上どうしても大きめの外付けハードディスクは入らない場合がありますのでその辺りはあらかじめご了承しとく必要があります。ただ、人によってはケースにはお金を使うのが勿体ないという人はます。ですので主に家で使う場合はそれほど日露ではありません。

その他のおすすめの外付けハードディスク

今まで紹介できなかったちょっと特殊な外付けハードディスクを紹介します。人によっては蛇足となる可能性がありますが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

Wi-Fi

ケーブルなしで機器のWi-Fi機能を利用して無線でやり取りができる外付けハードディスクです。

BUFFALO ミニステーション エア Wi-Fi接続ポータブルHDD 1TB HDW-PD1.0U3-C
BUFFALO ミニステーション エア Wi-Fi接続ポータブルHDD 1TB HDW-PD1.0U3-C

¥ 27,540

口コミ

このポータブルHDはWi-Fiでスマホやタブレットで画像や動画を見ることができます。 但し動画を見ているときに動画を最小化してWebとかを見ることはできないので注意してください。

この外付けハードディスクのまっとも特徴的でおすすめな点は、ケーブルでの接続ではなくてWi-Fi機器と直接ワイヤレス接続し、データの送受信が可能だというところです。モバイル回線も、Wi-Fiルーターも不要で、必要なときにすぐに使用できます。

パソコンやテレビはもちろんスマートフォンやタブレットなど、複数のWi-Fi機器を同時に接続することができます。また、外付けハードディスクへのアクセスは最大8台のWi-Fi機器から同時に行うこともできます。ですので、家族や知人や友人と一つの外付けハードディスクで同時に使用することや、中のデータを共有することができるのがおすすめです。

反面、当たり前のことですがWi-Fiに対応していない古いパソコンやテレビなどは使用することができなかったり、電波の届かない場所での使用も不可なのできちんと使用する機器がWi-Fiに対応しているのかを調べる必要があります。

ハードディスクドライブケース

普通の外付けハードディスクではなくパソコンで使用するハードディスクを利用することで疑似的な外付けハードディスクとして利用することができるようになります。容量に関係なく使えますがしようにはハードディスクが必要なのでやや玄人向けになります。

据え置き

玄人志向 HDDケース3.5インチHDD2台搭載可能 USB3.0/2.0 GW3.5AX2-SU3/REV2.0
玄人志向 HDDケース3.5インチHDD2台搭載可能 USB3.0/2.0 GW3.5AX2-SU3/REV2.0

¥ 7,322

口コミ

大事なデータを保存する用に使っています。 RAIDで2重に保護できるので安心です。 買ってから1年半ほどになりますが、問題なく使えています。

複数のハードディスクを入れ替えながら使用でき、ハードディスクも嵩張らないのでさながら入れ替えることのできる倉庫のように使用することができます。問題はケース自体が大きいので置く場所が非常に限られてしまうという点です。自作でパソコンを作ったり、色んなハードディスクを利用する方は簡単に中身の確認ができるので重宝する人は多いでしょう。

ポータブル

玄人志向 STANDARDシリーズ 2.5インチHDDケース SATA接続 USB3.0/2.0対応 GW2.5CR-U3
玄人志向 STANDARDシリーズ 2.5インチHDDケース SATA接続 USB3.0/2.0対応 GW2.5CR-U3

¥ 1,274

口コミ

無駄な広がりやかさばった感じもなく、シンプルで使いやすいです 持ち運びもしやすく、鞄のちょっとしたスペースにも入る大きさです。 この値段ですので大いに満足です。

上記で紹介したもののポータブル版です。コンパクトになっているので持ち運びができ、仕事場や外出先でハードディスクも一緒に持っていくか、外出先にハードディスクがあれば複数のハードディスクがあっても切り替えながらスムーズに使用できます。

また、これも上記で紹介したものと同じでハードディスクに決まった容量のものを用意する必要がないので便利に使用することができます。欠点としてはハードディスク自体が衝撃や水にそれほど強くないので、ある程度の耐衝撃や防水性能があるポータブル外付けハードディスクと比べて、外出先や外での使用のために持ち運ぶには不安が残ることでしょう。

活用方法によって変えるのが大事

いかがでしたでしょうか。たくさんのおすすめの外付けハードディスクを紹介しましたが気に入ったものがみつかりましたか。

外付けハードディスクはたくさんの種類があり、デザインも明るいものだったりシンプルなものだったりとたくさんあります。しかし、いざ買ってみてから容量がすぐに足りなくなったり予想していたものと違ったと感じたりするのも少なくありません。その場合は高い金額のものが多いだけあり損をすることになります。

ですので重要なのは何を使うかではなく、何に使うかを考えることです。外出先で使うかやテレビ番組の録画をするなどどのようにして使うかをあらかじめ自分自身で予想しておくことでそうした事態をできるだけ防ぐのが賢いでしょう。

今回のおすすめの外付けハードディスクの紹介の記事が、少しでも皆さまの選択の参考になれば幸いです。

Related