Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月28日

スイッチングハブおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

今回はスイッチングハブについて書いています。スイッチングハブは種類も価格帯も実に様々であるため、用途によって最適な製品は変化します。この記事では、おすすめできる人気スイッチングハブランキングをはじめ、用途別に最適のスイッチングハブを紹介しています。

スイッチングハブおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

スイッチングハブの種類と選び方

今回はスイッチングハブについておすすめの商品を見ていきます。一言にスイッチングハブと言ってもその種類は実にさまざまで、さらに家庭用、法人用で求められる機能も違います。そこで、まずはスイッチングハブの種類と選び方を見ていきましょう。

スイッチングハブの種類

スイッチングハブとは、パソコンなどの複数の端末を、LANケーブルで接続するために使用する機器です。基本的には家庭用と法人用で求められる機能が違うため、この2つで種類分けできます。よって、ここではそれぞれのスイッチングハブの特徴を見ていきましょう。

また、スイッチングハブの特徴を見ていく際に、「通信速度」に関する理解がどうしても欠かせません。よって、よく勘違いされがちな通信速度に関しても説明していきます。

通信速度とは?

通信速度は、2つ以上の端末間で通信する際の速度です。「1Gbps」「100Mbps」という形で標記されます。インターネット回線を契約する時などによく出てくる文言です。

ここで光回線を例にとると、基本的に光回線の通信速度は「1Gbps」です。しかし、光の速度は「秒速30万km」のはずです。そもそもこの通信速度というのは、時速○kmという単位どころかkmという距離を測る単位すら出てきません。

光は上記のとおり速度が非常に早いので、通信速度と言われても何となく速そうというイメージは沸きます。通信速度が速ければ高速ダウンロードが出来るため、速さに関係しているのは確かなのですが、ではこの○○bpsとは一体何を指しているのでしょうか?

光回線の通信速度は光の速さではない

結論から言うと、通信速度はスイッチングハブやルーターなどの「ネットワーク機器のポートがデータを処理する速さ」を表しています。ポートはケーブルを接続する差し込み口です。よって、光回線の中を通る、光の速度は何ら関係がありません。

光回線が出始めた頃、その速度は100Mbpsと現在の1/10の速度でしたが、これは光の速さがどうこうではなく、ネットワーク機器のポートが100Mbpsの処理能力を持っていたということになります。つまり、通信速度を決めるのは光でもLANケーブルでもなく、スイッチングハブやルーターの処理能力です。

よって、スイッチングハブを選ぶ場合には、ポートの通信速度に気をつける必要があります。もし1Gbpsの光回線を契約していた場合、ポートの通信速度が100Mbpsのスイッチングハブを接続してしまうと、そのスイッチングハブで強制的に速度を落とされてしまうからです。

家庭用スイッチングハブ

家庭用スイッチングハブはポート数が5~8個搭載されているものが多く、価格も数千円と安価です。また、通信速度は100Mbpsと1Gbpsのものが主流です。機種によっては、5ポートのうち、4ポートが100Mbps、残りの1ポートが1Gbpsと混同されているものもありますので、購入の際にはよく確認する必要があります。

法人用スイッチングハブ

法人用スイッチングハブは、ポート数が8~52ポートと非常に幅広く、価格も数千円のものから数十万円するものまでさまざまです。通信速度は1Gbpsと10Gbpsのものが主流になります。法人用スイッチングハブもこの2つのポートが混同しているものがありますので、購入の際には確認する必要があります。

スイッチングハブの選び方

ここからはスイッチングハブの選び方について見ていきましょう。家庭用と法人用では求められる機能も違うため、それぞれに分けて説明していきます。

家庭用スイッチングハブの選び方

家庭用スイッチングハブに求められるのは、ポートの数と通信速度です。ポートの必要数はネットワークの環境によって異なります。また、ポートの数は接続する端末と同じ数ではなく、少々余裕を持たせた方がいいとされています。例えば、接続する端末が5つあるとしたら、今後接続する端末が増える可能性を考慮すると、8ポートの製品が良いという事になります。

また、ポートの通信速度は、1Gbpsの光回線を契約している場合は、同じく1Gbpsの通信速度を持つ「ギガビット対応」のものを選ぶべきです。よくわからない場合は、ギガビット対応でも100Mbpsの速度は出せますので、ギガビット対応のものを買えば間違いはありません。

法人用スイッチングハブの選び方

法人用に求められるのはポートの数と通信速度、そして耐障害性と管理機能です。法人用では多い時で40台以上の端末が接続されますが、現代では仕事にネットワークの活用は欠かせないため、1台のスイッチングハブが故障してしまうと、実に数十人の人間の仕事に影響を及ぼします。

よって、耐障害性は非常に重要視されています。規模によっては、この耐障害性を向上させるために2台以上の機器を使用する事もあるくらいです。

耐障害性は価格に比例する傾向があります。ポートの数と通信速度に関しては家庭用と考え方がほぼ同じなので、あとは耐障害性にどれだけお金を出せるかという話になってきます。接続する端末が扱っている業務内容も考慮する必要があるでしょう。

また、管理機能はスイッチングハブの状態を管理する際に必要となります。法人用であれば大抵の機器に搭載されていますが、安価なものは無い場合もあるので気を付けましょう。

スイッチングハブおすすめ人気ランキングTOP3

ここからはスイッチングハブのおすすめ人気ランキングTOP3を見ていきましょう。価格と性能のバランスが非常に良い製品が揃っています。

ランキング3位:NETGEAR製「JGS524E-200AJS」

NETGEAR アンマネージプラススイッチ ギガ24ポート 管理機能付 ラックマウント 無償永久保証 JGS524E-200AJS
NETGEAR アンマネージプラススイッチ ギガ24ポート 管理機能付 ラックマウント 無償永久保証 JGS524E-200AJS
口コミ

全ポート1Gで安価。保証もあり、安心して使える。これまでネットギアを数十台購入しましたが故障はありません。

おすすめ人気ランキング第3位は、NETGEAR製「JGS524E-200AJS」です。この製品をおすすめする理由は、優れたコストパフォーマンスにあります。

本製品は法人向けのスイッチングハブです。全ポートがギガビット対応なのはもちろんのこと、トラフィックの制御が行えるQoS機能やネットワーク分割に必要なVLAN機能、スイッチングハブ自身の管理機能など、複数の端末を接続する上で必要な機能が搭載されています。

法人用のスイッチングハブとして十分な性能を持つ本製品ですが、この性能が1万円台で購入できるという点が本製品の最もおすすめできる点です。

ランキング2位:BUFFALO製「LSW4-GT-5NS/WH」

BUFFALO Giga対応 金属筺体 電源内蔵 5ポート ホワイト スイッチングハブ LSW4-GT-5NS/WH
BUFFALO Giga対応 金属筺体 電源内蔵 5ポート ホワイト スイッチングハブ LSW4-GT-5NS/WH

¥ 4,968

口コミ

性能そのものは変わらないかもしれませんが、放熱などのことを考えると金属筐体の方が安心なので、こちらにしました。これで3台目ですが、どれも問題なく動いているので満足しています。

おすすめ人気ランキング第2位は、BUFFALO製スイッチングハブ「LSW4-GT-5NS/WH」です。この製品をおすすめする理由は、価格の安さです。

この製品は家庭用スイッチングハブです。管理機能などはありませんが、全ポートがギガビット対応であり、ポート数が5つとなっているため、接続する端末が多くなければ家庭用で使用するには十分な性能です。また、ACアダプターがない電源内蔵タイプなので、コンセント周りをすっきりさせることができます。

そして、この機器はギガビット対応のスイッチングハブとしては価格が非常に安く、購入しやすいという点が本製品をおすすめする最大の理由となります。

ランキング1位:「TL-SG108E」

TP-Link 8ポート 10/100/1000Mbps ギガビット イージー スマート スイッチ TL-SG108E
TP-Link 8ポート 10/100/1000Mbps ギガビット イージー スマート スイッチ TL-SG108E

¥ 9,677

口コミ

本製品のACアダプターは大変コンパクトで他のコンセントに干渉することがなく稼働させることができました。 ポートごとのLEDでリンク速度がひと目で確認でき、動作も安定しています。

おすすめ人気ランキング第1位は、TP-Link製スイッチングハブ「TL-SG108E」です。この製品をおすすめする理由は、価格の割に非常に高性能であるためです。

本製品は法人用スイッチングハブですが、この価格であれば家庭用として利用しても良いでしょう。上記の価格は参考価格ですが、現在Amazonでは3千円台で購入できます。本製品には管理機能をはじめ、トラフィックを制御できるQoS機能や、ネットワークの分割に必要なVLAN機能を備えています。

また、セキュリティとパフォーマンスを向上させるため、ベーシックなVLAN機能に加えて、ポートベースVLAN機能や802.1QベースVLAN機能も搭載されています。

さらに、本機には待機状態のポートの消費電力を減らすことで、トータルで消費する電力を大幅に削減します。あらゆる面で非常に優れたスイッチングハブであり、全ての方におすすめできる製品です。

特徴・用途別おすすめのスイッチングハブ

ここからは特徴・用途別のおすすめのスイッチングハブを見ていきます。スイッチングハブに何を求めるかによって、おすすめできる製品は違ってくるものです。では項目別に見ていきましょう。

8ポート

エレコム スイッチングハブ ギガビット 8ポート マグネット付き 電源内蔵 金属筺体 EHC-G08MN-HJW
エレコム スイッチングハブ ギガビット 8ポート マグネット付き 電源内蔵 金属筺体 EHC-G08MN-HJW

¥ 5,530

口コミ

プラ筐体がもろく破損し、金属製に買い替えた私としては、安価で安定した本品は、大変頼りになる存在になりそうです。

8ポートスイッチングハブでおすすめできるのは、エレコム製「EHC-G08MN-HJW」です。この製品をおすすめする理由は、耐久性の高さにあります。

スイッチングハブの故障の原因の1つとして、熱暴走が挙げられます。スイッチングハブは機械であるため熱に弱く、基本的には40度を超えると危険とされています。しかし、本製品の耐久温度は50度となっているため、熱に対して優秀な耐久性を備えています。

また、全てのポートがギガビットに対応しており、消費電力も抑えられているため、家庭用でも使用できますし、小規模なオフィスであれば法人用としても使用できます。耐久性の高いスイッチングハブをお探しの方には特におすすめできる製品です。

16ポート

BUFFALO Giga対応 金属筺体 電源内蔵 16ポート ホワイト スイッチングハブ LSW4-GT-16NSR
BUFFALO Giga対応 金属筺体 電源内蔵 16ポート ホワイト スイッチングハブ LSW4-GT-16NSR

¥ 21,384

口コミ

内部LAN接続の速度向上と、IPv6での速度向上はやっぱり大きかったですね。(以前のハブが調子が悪かったので) 買ってよかった製品です。

16ポートのスイッチングハブでおすすめできるのは、BUFFALO製「EHC-G08MN-HJW」です。この製品をおすすめする理由は、ループ検知機能を備えているためです。

ケーブルの片方をスイッチングハブに接続し、もう片方も同じスイッチングハブの違うポートに差し込むと、「ループ」と言われる現象が発生します。データがケーブルとスイッチングハブの間で回り続けてしまい、数秒後にはスイッチングハブで通信できなくなってしまう現象です。

これは機械の故障というよりはユーザーによる障害です。よって、周知しておけば起こらない現象の様に見えますが、このループは障害の中でも発生数は多い部類に入ります。しかし、このスイッチングハブはループが発生した場合に、LEDによって発生しているポートまで教えてくれるため、ネットワーク管理者の負担を軽減してくれます。

24ポート

NETGEAR スイッチングハブ ギガビット24ポート/金属シャーシ/設定不要/電源内蔵/ファンレス静音設計/省エネ/オフィス向け/無償永久保証 JGS524-300JPS
NETGEAR スイッチングハブ ギガビット24ポート/金属シャーシ/設定不要/電源内蔵/ファンレス静音設計/省エネ/オフィス向け/無償永久保証 JGS524-300JPS
口コミ

16ポートでギガビットルーターの中では最安ではないでしょうか。 ファンレスで静かでコンパクトなので壁掛けにも出来ます。

24ポートのスイッチングハブでおすすめできるのは、NETGEAR製スイッチングハブ「JGS524-300JPS」です。この製品をおすすめする理由は、優れたコストパフォーマンスにあります。

この製品は法人用のスイッチングハブです。全ポートギガビット対応であり、ファンレス設計ですので、オフィス内に設置しても動作音を気にする必要はありません。また、トラフィックを制御できるQoS機能も搭載していますので、必要なトラフィックをより効率的に処理することができます。

そして、上記の性能を備えながら、1万円台で購入できるという点がおすすめする最大の理由です。コストパフォーマンスに優れたスイッチングハブをお探しの方には特におすすめできる製品となります。

安い

BUFFALO Giga対応 プラスチック筐体 AC電源 5ポート ブラック スイッチングハブ ローコスト版 LSW4-GT-5EPL/BK
BUFFALO Giga対応 プラスチック筐体 AC電源 5ポート ブラック スイッチングハブ ローコスト版 LSW4-GT-5EPL/BK

¥ 3,478

口コミ

低価格で何の調整をすることもなく手軽に利用できてよいと思います。

安さでおすすめできるのは、BUFFALO製スイッチングハブ「JGS524-300JPS」です。この製品をおすすめする理由は、ギガビット対応であるためです。

基本的に安価なスイッチングハブはギガビットに対応していません。しかし、価格で言えば明らかにギガビット非対応なのですが、本製品はギガビットに対応しています。サイズもコンパクトであるため、家庭の如何なる場所に設置してもスペースを取りません。

さらに、ファンレス設計であるため、音も静かです。安価でギガビット対応のスイッチングハブを探しの方には特におすすめできる製品です。

法人用

TP-Link スイッチングハブ 24ポート PoE+ 4x SFPスロット ギガビット スマートPoE+スイッチ 5年保証 T1600G-28PS
TP-Link スイッチングハブ 24ポート PoE+ 4x SFPスロット ギガビット スマートPoE+スイッチ 5年保証 T1600G-28PS

¥ 64,350

法人用スイッチングハブでおすすめできるのは、TP-Link製スイッチングハブ「T1600G-28PS」です。この製品をおすすめできる理由は、PoE+に対応しているためです。

ひと昔前では、オフィスでパソコンを接続する際にはLANケーブルによる有線接続が普通でした。しかし、現在は無線技術の向上により、無線LANによる接続が増えてきています。大量の端末を無線接続させるにはアクセスポイントという機器が必要になるのですが、この機器は天井に設置するため、電源の確保が問題になります。

しかし、本製品に搭載されているPoE+という機能は、ポートから電力を供給できるため、本製品とアクセスポイントをLANケーブルで繋ぐだけで通信と電源の両方を確保できます。無線LAN環境を構築する際の大きな助けとなってくれるでしょう。有線LAN環境から無線LAN環境への変更を考えている方には特におすすめできる製品です。

家庭用

エレコム スイッチングハブ ギガビット 8ポート AC電源 EHC-G08PA-B-K
エレコム スイッチングハブ ギガビット 8ポート AC電源 EHC-G08PA-B-K
口コミ

さすがに有線Lanがギガ対応なのでPCでのWeb閲覧がバカみたいにスピードアップ!感動です。

家庭用スイッチングハブでおすすめできるのは、エレコム製スイッチングハブ「EHC-G08PA-B-K」です。この製品をおすすめする理由は、家庭用に必要な性能を全て備えているためです。

本製品には8ポート搭載されていますが、全てがギガビット対応です。また、長年の埃などが原因で発火するトラッキング現象を防止する部品がACアダプタには付いているため、埃が溜まりやすいコンセントでも安心して使用できます。さらに、50度までの高音にも耐えるため、空調設備がない部屋でも障害になりにくいという特徴を持ちます。

静音ファンレス設計であるため、音も静かであり、家庭用に必要な要件を全て満たしています。価格も手ごろであるため、購入しやすく、おすすめできるスイッチングハブです。

小型用

NETGEAR スイッチングハブ ギガビット5ポート/金属シャーシ/設定不要/外部電源/ファンレス静音設計/省エネ/オフィス向け/無償永久保証 GS105-500JPS
NETGEAR スイッチングハブ ギガビット5ポート/金属シャーシ/設定不要/外部電源/ファンレス静音設計/省エネ/オフィス向け/無償永久保証 GS105-500JPS

¥ 5,832

口コミ

GS108やGS108Eを愛用していますが、コンパクト&スマートなデザインで気に入っています。

小型のスイッチングハブでおすすめできるのは、NETGEAR製スイッチングハブ「GS105-500JPS」です。この製品をおすすめする理由は、非常にコンパクトなサイズにあります。

本製品は非常に小型であるため、デスク上に置いても邪魔になりません。また、あらゆる場所に設置してもスペースを取らないため、スイッチの設置場所にお困りの方には特におすすめできる製品です。

そして小型ながらも性能は良く、全ポートでギガビットに対応しており、金属筐体ですので放熱性にも優れています。さらに安価なスイッチングハブには搭載されていないQoS機能もついていますので、必要なトラフィックを優先的に処理させることが可能です。

おすすめのスイッチングハブのメーカー・ブランド3つと代表製品

おすすめメーカーその1:NETGEAR

NETGEAR スイッチングハブ ギガビット24ポート(PoE12ポート15.4W/全体100W)/VLAN QoS IGMP LAG/電源内蔵/オフィス/無償永久保証 JGS524PE-100AJS
NETGEAR スイッチングハブ ギガビット24ポート(PoE12ポート15.4W/全体100W)/VLAN QoS IGMP LAG/電源内蔵/オフィス/無償永久保証 JGS524PE-100AJS
口コミ

筐体が頑丈に作られていて、プロ仕様感タップリです。エレコムのオフィス用の無線LANアクセスポイントWAB-S1167-PSにPOEで給電しています。すこぶる安定しています。

ここからはおすすめのメーカーを見ていきましょう。まず最初におすすめするのはNETGEARです。このメーカーをおすすめする理由は、ネットワーク製品の豊富さにあります。

NETGEARは様々な製品を開発・製造しています。今回紹介している家庭用や法人用、そして大規模な企業のネットワーク機器まで、その種類は様々です。

基本的に最新の技術というのは、大規模なネットワークに設置する機器に搭載されます。よって、そのような機器を開発しているということは相応の技術力を持っていることと同義です。

家庭用や小規模なオフィス用の機器に搭載されている機能も、全てはそれらの機器から受け継いだものです。最新の技術を搭載した機器というのは利便性に優れており、使い勝手が違いますが、NETGEARのスイッチングハブはそのような特徴を持っています。上記はNETGEARのおすすめできる代表製品です。

おすすめメーカーその2:BUFFALO

BUFFALO レイヤー2 Giga スマートスイッチ 24ポート BS-GS2024
BUFFALO レイヤー2 Giga スマートスイッチ 24ポート BS-GS2024

¥ 37,584

口コミ

ビジネスで使用。期待通りのものでした。価格も割安で満足です。

次におすすめするメーカーはBUFFALOです。このメーカーをおすすめする理由は、優れた開発力にあります。

BUFFALOはスイッチングハブの様なネットワーク機器のみではなく、キーボードやマウスなどのパソコン周辺機器を幅広く開発しています。しかもどの分野の製品も高性能で価格が安いという特徴があります。これが評価され、BUFFALOは多くの分野でシェアNo.1を獲得してきました。

スイッチングハブも例外ではなく、様々な製品が開発・製造されており、コストパフォーマンスに優れた製品が多いです。コストパフォーマンスに優れたスイッチングハブをお探しの方には特におすすめできるメーカーです。上記はBUFFALOのおすすめできる代表製品になります。

おすすめメーカーその3:TP-Link

TP-Link Giga対応 スイッチングハブ 16ポート 金属筺体 5年保証 TL-SG1016
TP-Link Giga対応 スイッチングハブ 16ポート 金属筺体 5年保証 TL-SG1016

¥ 12,928

口コミ

「このくらい低発熱で安定しているなら、今後も安心して使えそうだ」と思います。 また快適な有線LAN環境を利用できます。大満足です!

最後におすすめするメーカーはTP-Linkです。このメーカーをおすすめする理由は、スイッチングハブの分野で急成長を遂げているメーカーであるためです。

TP-Linkはスイッチングハブ分野において、2016年度に世界シェア第2位を獲得しました。数年前までは10位にも入らなかったメーカーなので、正に急成長と言えるでしょう。

この要因は高品質とアフターサービスです。TP-Linkの製品には永久無償保証がついているため、故障しても安心です。また、高いコストパフォーマンスに加え、優秀な省エネ技術を搭載しています。

無線ルーターの分野では既に世界No.1シェアを獲得しているため、スイッチングハブ分野でもさらに成長を遂げるでしょう。将来性のあるメーカーとしておすすめできます。上記はTP-Linkのおすすめできる代表製品です。

スイッチングハブの使い方・活用方法

ここからは、スイッチングハブに搭載されている機能の1つである、「QoS機能」について見てきましょう。基本的に少々高価なスイッチングハブに搭載されている機能ですが、使いこなすと大変便利な機能です。

Qos機能とは「Quality of Service」の略です。直訳するとサービスの質ということになります。この機能はスイッチングハブに流れるデータを仕分けし、制御することで、特定のデータを優先的に処理することができます。自分が望んだ種類のデータを素早く処理できるため、ネットワークの質を高めることができるわけです。

特に音声や動画というデータは、途切れるとストレスを感じやすいものです。しかしQoS機能によって優先的に処理させることで、これをある程度改善させることができます。非常に便利な機能なので、興味が沸いた方はぜひお試しください。

ご自分の用途に合ったスイッチングハブを選ぶためにも

ここまでスイッチングハブについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。スイッチングハブは、用途によって最適な種類が違います。家庭用であれば必要なポート数と、ポートがギガビット対応なのかが重要になりますが、法人用となると、ここに管理機能と耐障害性が加わります。

また、法人用のスイッチングハブは基本的に多くの端末を接続するため、ネットワークを分割するVLAN機能やトラフィックを制御するQoS機能は非常に重宝します。さらに、無線LAN環境を築く場合はアクセスポイントのためのPoE+機能も必須です。

このようにスイッチングハブに何を求めるかによって、必要な機能や製品は大きく変化します。今回紹介した製品を参考にしながら、ご自分の用途に合ったスイッチングハブを選びましょう。

Related