Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月12日

フォトビューアーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

思い出の写真を大切に管理していますか。今回は「フォトビューアー」に着目して、おすすめのフォトビューアーソフトやフォトストレージについてご紹介します。種類・特徴の違いやおすすめの選び方など、人気商品ランキングも合わせて参考にしてみましょう。

フォトビューアーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

たくさんの写真の閲覧・管理はどうしてますか?

フォトビューアーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

現代の生活でカメラ撮影をしない日はほとんどないのではないでしょうか。たくさんの写真を見る時は、パソコンに搭載されているソフトを通して見ることが多いでしょう。しかし、大量に撮りためたデータのチェックや管理に不便さを感じてはいないでしょうか。

そこで今回は「フォトビューアー」に着目して、フォトビューアーソフト(有料・無料)やフォトストレージ(機材・オンライン)をご紹介します。快適に写真を見るためのフォトビューアーのおすすめの選び方や人気のフォトストレージをぜひ参考にしてみましょう。

あなたが求めるフォトビューアーは?種類と選び方

フォトビューアーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

Windows搭載の「フォトビューアー」はシンプルでよく使われますが、キーボードによる操作の不具合やGIFのファイルを開く時(再生されない)など、仕様や操作感に満足していないという声も上がっています。

代わりに動作の軽いフォトビューアーや無料のフォトビューアーが欲しい、Windowsのフォトビューアーと同じ操作感のソフトが求められているのも事実です。なお、パソコン操作に不慣れな方でも簡単に写真の閲覧・管理がしたいという意見もあります。

それぞれのフォトビューアーの特徴やメリット・デメリット共にご紹介します。おすすめの選び方も参照してみましょう。

フォトビューアーとフォトストレージの違い

フォトビューアーとはカメラ機器などで撮影したデータをパソコンで閲覧するためのソフトのことです。はじめから搭載されている物(無料)もあれば、新たにインストールやダウンロード(無料・有料)して使うこともできます。

一方、フォトストレージはパソコンを経由しない画像表示ツールのことです。撮影した画像データを保存して閲覧・管理するという点ではどちらも共通しています。(基本的には有料であるが、オンラインのフォトストレージの中には、アカウントを持っていると無料で使うこともできる)

フォトビューアーの選び方

Windows搭載のフォトビューアーもいいですが、より使いやすくて優れたフォトビューアーがたくさんあります。余計な表示がないシンプルなフォトビューアーや、編集機能を持ったフォトビューアーなど、使い勝手や好みを考えて選んでみましょう。

また、動画や音声データも管理したい人はそれらに対応したフォトビューアーが必要であり、操作性も大事なポイントです。簡単に操作できる方がたくさんのデータを整理するのに良い場合もあるでしょう。フォトビューアーをどういった目的で使用するか、個人の用途や好みに合わせて選んでください。

無料ソフトを選ぶ時の注意点

無料ソフトは便利ですが、関係のない機能が一緒にダウンロードされたり、気が付かないうちに不要なソフトをインストールしてしまうことがあります。ダウンロード前によく確認しましょう。特に海外のフリーソフトを使用する場合は、できる限り内容を理解する必要があります。

また、フリーソフトゆえに広告やスパイウェアなど不要な表記やメッセージが現れることがあります。使い勝手がよかった検索エンジンなどが違うものに変えられてしまうことも少なくありません。

フォトビューアーの種類:有料ソフト

AdobeBridge(アドビ・ブリッジ)は、Adobeのソフト(有料)に付属しているので、ビジネスや趣味などでAdobeのソフトを持っていれば新たに購入する必要がありません。

このソフトは同じ構図の写真からボケのない一枚を選ぶのにおすすめです。複数のファイル名を一括で変更したり、異なるフォーマットの変換作業もできます。ラベリングやフォルダへの振り分けも簡単です。RAWファイル(デジタルカメラの保存形式)の整理や大量の写真を選ぶ作業におすすめします。

フォトビューアーの種類:無料ソフト

いずれも評価の高いフォトビューアーなので、比較して合うものを使ってみましょう。

たくさんの保存形式に対応「XnView」

XnViewは500種類以上の拡張子の画像を表示できるフォトビューアーです。マウスによるドラッグでデータの移動ができるので不慣れな方にもおすすめです。

ダブルクリックすれば編集画面にも切り替えることができます。エクスプローラーのユーザーなら試してほしいフリーソフトとしておすすめです。WindowsXP、Vista、7、8、10に対応しています。

編集機能の充実「IrfanView」

IrfanViewもフォトビューアーとしての機能だけでなく、フォトレタッチ(画像に修正を加えること)機能があるのでおすすめです。スペースキーだけで画像の切り替えができるのが特徴です。

この画像を表示ソフトの一番大きな利点は、フォトビューアーながら音声ファイル(WAVE、MIDI)・動画(MPEG、AVI)の再生ができるところです。Windows98、NT、2000、XP、Vista、7、8、10に対応しています。

シンプルに見やすく!「Honeyview」

Honeyviewは高速に処理してくれるフォトビューアです。表示に関する細かな設定ができておすすめです。自分の好きなようにカスタマイズしてみましょう。

フォトストレージ

I-O DATA カメラ・スマホ専用HDD Fotogenic(HLS-PG1)
I-O DATA カメラ・スマホ専用HDD Fotogenic(HLS-PG1)

¥ 21,492

口コミ

デジカメ写真の管理を手軽に行えたらと購入。 SDカードを挿すだけで取り込んでくれるのは大変便利。(一部抜粋)

フォトビューアーソフト以外にもう一つご紹介するのは「フォトストレージ」です。増え続けるデータの保存場所に最適で、もしパソコンが壊れてしまったり動かなくなったとしても、大切な写真データを守ることができます。

写真のタグ付けや検索など管理機能も充実していておすすめです。なお、オンラインのフォトストレージサービスを使えば、写真の閲覧・管理はもちろん、アルバムの作成や公開も簡単です。

ランキングTOP3は?おすすめフォトビューアー

フォトビューアーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

多機能で便利なフォトストレージからおすすめの商品をご紹介します。

ランキング3位:Canon(キャノン)

CanonデジタルフォトストレージCS100
CanonデジタルフォトストレージCS100
口コミ

パソコンのできない人にプレゼントしましたが大画面で見られるので大満足です。プレゼントしてよかったです。

異なるデバイスに写真をばらばらに保存すると、管理する時にとても面倒です。フォトストレージを使えば一括で管理することができます。

また、離れた場所でもお互いの家にこの商品があると、家族みんなで写真や動画データを共有することができます。例えば祖父母へ孫の写真をいつでも届けることができます。プレゼントにもおすすめです。

ランキング2位:FUJIFILM(フジフィルム)

デジタルフォトアルバムWonderPhotoBox(ワンダーフォトボックス)PB-20J
デジタルフォトアルバムWonderPhotoBox(ワンダーフォトボックス)PB-20J
口コミ

パソコンが苦手な妻でも、使いこなしてます。写真を取り込むのが簡単にできるって喜んでます。

フォトストレージはUSBケーブルやSDカードを差し込むだけで、自動で画像を取り込んでくれます。近くにパソコンやwi-fiがなくても使えるのでおすすめです。屋内でも屋外でも自由に閲覧することができます。

この商品は取り込んだ画像を自動で整理(撮影日・撮影場所ごと)してくれるので、撮影後の大量のデータ管理に悩まされることがありません。フォトビューアーとしても機能を最大限発揮してくれます。見たい画像だけを探せる検索機能(被写体別・場所別・カレンダー別)も充実しています。

フォトストレージが突然故障したとしても、バックアップサービスを契約していればクラウドのサーバーに保管されているのでおすすめです。

ランキング1位:BUFFALO(バッファロー)

デジタルフォト・アルバムおもいでばこPD-1000
デジタルフォト・アルバムおもいでばこPD-1000

¥ 35,532

口コミ

簡単に入れられて、液晶テレビの大画面で見られる事に大変喜んでます。携帯はガラケー、パソコンは扱えない世代でも操作できるのでオススメです。(一部抜粋)

この商品なら最大で40万のコンテンツをワイヤレスで取り込むことができます。また、HDMIケーブルとテレビがあれば、家族が一堂に集まる日にゆっくり鑑賞することもできるでしょう。気に入った写真があれば、その場ですぐにデータを渡すこともできます。

もしもの時はこの商品とハードディスクをつないでおけば、自動バックアップしてくれるので安心です。専用のバックアップキットも販売されています。パソコンの操作に不慣れな方やご年配の方にも使いやすい商品としておすすめです。

特徴で使い分けたい!おすすめのフォトビューアー

フォトビューアーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

次にOS別や特徴別におすすめのフォトビューアーをご紹介します。

windows10用はMassiGraがおすすめ

Windows10で標準になっているフォトビューアーは「フォト」ですが、機能の物足りなさを感じるならMassiGra(マッシグラ)はいかがでしょうか。シンプルな設計のフォトビューアーが必要な方におすすめです。

起動が早いフォトビューアーなので、一度にたくさんの画像を管理するのに便利です。いらない写真画像をどんどん削除していくのも楽です。また、指定したフォルダへの振り分けもキーひとつででき、動作が軽いのでストレスを感じません。追加のプラグインを導入すれば、圧縮ファイルの中の画像も読み込むことができます。

windows8ではFenrirFSがおすすめ

Gmail風の操作でたくさんのファイルを管理できるフリーソフトです。Gmailを利用していない人でも、一度操作に慣れてしまえば手放せないと評価されているおすすめソフトです。

このソフトがあれば大量のデータをあっという間に片付けることができます。ラベリングが簡単なので、面倒くさがりな人におすすめしたいです。

テキストやPDF、GIFファイルや音楽を再生できたり、マイドキュメントなどのフォルダとも同期できます。WindowsVista/7/8/8.1/10に対応しています。

windows7漫画用ならLeeyes

画像の見開き表示に対応しているフォトビューアーです。漫画やコミックなど連続するページの画像を見るのには最適なソフトです。エクスプローラーの仕様と似ているため、エクスプローラーユーザーには特におすすめします。

よく使うフォルダのショートカットを登録できる「本棚」機能、読みかけのページまでショートカットできる「しおり」機能も便利です。まさに漫画を読むためのフォトビューアーと言えるでしょう。windows2000、XP、Vista、7に対応しています。

Mac標準ソフトに不満ならPhotoScapeX

Macに標準搭載されている「Finder」のクイックルック機能や、デフォルトの「Photo」もありますが、自分の使い勝手に合わせてくれるソフトが欲しいというユーザーも少なくありません。

PhotoScapeXのプルダウンメニューでは、数ある写真の中から見たい写真(拡張子)だけ、絞り込みができるようになっています。また、このフォトビューアーは有名写真加工ソフト「Photoshop」に似た機能を持っているのでおすすめします。多機能でも操作は難しくありません。

Raw画像対応のフリーソフト

FastStoneImageViewerは画像の表示やコピー移動、画像ファイルの名前を一括で変更できるシステム、フォーマットの交換、スライドショーなど基本の機能に幅広く対応しています。特にRaw画像にも広く対応していておすすめです。

使ってる?おすすめのフォトビューアーブランド3つ

フォトビューアーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

クラウドのフォトストレージは、インターネット上に保存したデータを大勢で共有できるようあらかじめ設計されています。その上無料で使うことができ、複数の人が同じファイルにアクセスできるため、ビジネスでも活用でもおすすめです。有料のビジネス版にグレードアップして使うこともできるので、スタイルに合ったものを選んでください。

最大のメリット

たくさんの画像を相手に送る場合、まず容量を気にしなくてすみます。圧縮ファイルの扱いがわからない相手にも届きやすいでしょう。また、データのアップロード時間も少ないため、すぐに相手とデータを共有できます。使用期限がないのも特徴です。

これなら自宅や職場、出張先など場所やデバイスなどを気にせず、いつでもどこでもデータを利用できて管理することができます。ウィルス感染や機器の故障に対応できておすすめです。

Googleフォト

多くのユーザーが使用し、最も人気があると言ってもいいクラウドサービスです。Gmailアカウントを持っている人なら誰でも使うことができます。写真のバックアップをしたい時は、「Googleバックアップと同期」がおすすめです。

AmazonDrive(アマゾンドライブ)

AmazonDriveは簡単にファイルやデータを同期できます。Amazonプライムの契約をしていれば、写真に関して容量が無制限です。とにかく写真を大量に保存したい方におすすめです。

iCloudDrive(アイクラウドドライブ)

Windowsではなく、MacユーザーやiPhoneユーザーに使いやすいのはiCloudドライブです。自動同期を使うと複数のデバイスで見ることができておすすめです。容量は限られているので、定期的にデータ整理を行う方におすすめです。Windows用iCloudもダウンロードできるので、興味のある方はチェックしてみましょう。

わかりやすく解説!フォトビューアーの使い方

フォトビューアーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

無料ソフトの「Apowersoft」を例に使い方をチェックしてみましょう。Windows標準のフォトビューアーの不具合についても触れていますので、ぜひ参照してください。

Apowersoftの使い方

まずはパソコンのOSやバージョンを確認しましょう。このソフトはほとんどのWindowsのバージョンに対応していますが、確認することをおすすめします。それからソフトのダウンロードページや製品ページにアクセスして、ダウンロードを始めます。ダウンロード先はご自身の都合がいい場所に設定しましょう。

ダウンロード後ソフトを起動したら、画像ファイルを取り込みます。ボタンをクリックしても良いし、画像をドラッグしてもいいです。閲覧するときは必要に応じてモードを変更しましょう。

できるだけユーザーにとってわかりやすいように利用ガイドが設けられていますが、その内容に不明な点があればコメント欄に記入することでサポートしてもらえます。ソフトの問題や不具合なども連絡することができるので、何かあれば相談してみましょう。

Apowersoftの良いところ

シンプルで高性能なフリーソフトです。大きなサイズの画像データも高速処理で表示してくれます。操作性もよく、画像の細部を見たい場合はツールバーもしくはショートカットキーを使ってもいいでしょう。マウスのホイールを転がすことでも拡大縮小できます。

スライドショーの機能や編集機能も備わっています。フリーソフトにありがちな広告やスパイウェアが全くないのが素晴らしいのでおすすめです。対応OSはWindowsXP、Vista、Windows7、8、10です。

Windows標準フォトビューアーが使えない時は

まずはフォトビューアーが正しく起動しているか確認しましょう。一つのファイル・画像データだけではなく、他の拡張子や容量の違うデータなどにおいても起動しているかどうか試してください。

不具合の症状が出る前に、パソコンで何らかの設定やレジストリ(パソコンに設定された情報のこと)、システム情報などを変更していないか振り返ってみてください。なお、Windowsがきちんと動作するためには正規のライセンスがおすすめです。その他ウイルスなどが入っていないかもチェックしましょう。

それらの事を確認しても原因がわからない場合はパソコン修理の専門業者に行きましょう。レジストリの値を直すことで改善される場合がありますが、システムに影響を及ぼすことがありますので、修理に出すのが一番の解決法です。

おすすめのフォトビューアーで思い出を管理しよう

フォトビューアーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

いかがでしたでしょうか。今回は「フォトビューアー」について、ソフトの違いや、口コミでおすすめのフォトストレージについてお届けしました。家族や友人との大切な写真の閲覧や整理の参考にしてください。

Related