Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月22日

ライティングソフトおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ライティングソフトとはBD、DVD、CDへのデータを書き込みできるソフトのことを言います。動画、写真などのいろんなデータを保存することができます。さまざま種類のライティングソフトがあります。特徴・用途別に紹介していきますので是非参考にしてみてください。

ライティングソフトおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ライティングソフトの種類と選び方

ライティングソフトおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ライティングソフトとは、いわゆる書き込みソフトのことです。CDやDVD、Blu-rayなどの記録媒体にデータを書き込むことができるものを言います。USBメモリや外付けHDDなどに書き込んだデータはあくまでも電子データのため、内部のハードディスクの劣化と共にデータ紛失のリスクが高くなってしまいます。

そこで、CDやDVDといった記録媒体に書き込んでおくのがおすすめです。CDやDVDに記録することで電子データでなく実体のデータになり、記録媒体そのものが物理的に破損しないかぎり半永久的に保存しておくことができます。

ライティングソフトは、フリーのものから有料のものまでさまざまなタイプがあります。PCによっては、プリインストールソフトとして付属しているタイプのものもあります。この記事では、プリインストールでないおすすめライティングソフトについて解説していきます。

ライティングソフトの種類

ライティングソフトには、ISO(国際標準化機構)によって設定されたISO規格や、UDF(ユニバーサルディスクフォーマット)規格が用いられています。これらの規格はどちらもCD-ROMなどの記録媒体に記録するための読み込み・書き込み形式のことであり、OSやハードウェアに依存せずどんな環境でも読み込み・書き込みが行えるように互換性を重視して開発されています。

どのライティングソフトでも、この規格によって読み込み・書き込みを行うという基本機能は変わりません。その上で、音楽CDの作成に特化したものや、DVD/Blu-rayなどの動画作成に特化したもの、など機能を付加することで各ライティングソフトは差別化されています。

やりたいことが多い方には高機能なマルチライティングソフトがおすすめですし、やりたいことが決まっていてそれ以外には使用しないという方には機能を抑えた軽量版のソフトがおすすめです。

ライティングソフトの選び方

前項で紹介したとおり、ライティングソフトは基本機能が大きく変わるものではありませんが、その上に付加機能がついてさまざまな方面に特化しています。使用用途によって選ぶ選び方や、お使いのPCのOSの種類で選ぶ選び方がおすすめです。

使用用途によって選ぶ選び方は、音楽か、DVDか、Blu-rayかといった分け方です。特に、Blu-rayディスクの読み書きに対応しているソフトは、フリーソフトではまだまだ少ないです。また、音楽CDのみ作れればいいという方は、音楽ファイルの読み書きのみに特化した軽量なソフトを使うことで、PCの容量を必要以上に占めてしまうことがなく、負担を減らせておすすめです。

PCのOSの種類で選ぶ選び方は、WindowsかMacかという分け方です。Windowsのみ、Macのみ対応というソフトは多いので、事前に自分のPCのOSとバージョンを確認してから選びましょう。

ライティングソフトおすすめ人気ランキングTOP3

それでは、実際にライティングソフトのおすすめ人気ランキングを見ていきましょう。いずれも使い勝手がよくおすすめのライティングソフトです。シンプルなポータブルタイプから高機能なインストールタイプまで、用途に合ったライティングソフトを選びましょう。

3位「Multimedia Suite 10」

Nero Multimedia Suite 10
Nero Multimedia Suite 10
口コミ

neroの古いバージョンよりHPにアクセスしなくても neroのスタートメニューから製品のUPができます 一度何もない表示がでますが 少し待つと項目が表示されます

Nero Multimedia Suite 10は映像・音楽・写真の編集から、書き込み・変換・バックアップまで一般的に想定される全ての機能が入ったおすすめライティングソフトです。10のバージョンでは映像編集機能が大幅にアップグレードされ、多彩なエフェクトやクリップアートが使えます。Blu-ray形式のディスクへの書き出しにも対応しており、長期保存にもおすすめです。

また、映像と音声をマルチトラックで編集できる機能により、画面上に複数の映像を同時に表示することが可能です。特撮などで利用されているクロマキー合成も編集することができ、より本格的な映像編集が楽しめる点もおすすめです。

2位「Roxio Creator NXT 6」

Roxio Creator NXT 6
Roxio Creator NXT 6

¥ 6,480

口コミ

快適に使用できてます。CDのコピーにいつも使っております。GUIも見やすいです。

Roxio Creator NXT 6は、Macのライティングソフトの定番であるtoastを販売しているCORELから発売されているおすすめライティングソフトです。CORELはtoast以外にも映像・動画系のさまざまなソフトを取り扱っており、クリエイティブな作業をする方には互換性の面から言ってもおすすめのライティングソフトです。

対応OSはWindows 7以降の全てのWindowsで、DVDやオーディオディスクの書き込みはもちろん、Blu-rayディスクの作成もできます。コピーやビデオ編集には、直感的なUIを使用して操作するため扱いやすいソフトです。また、複数デバイスから同時録画できるキャプチャ、スクリーンレコーディング機能も強化されています。

ゲームやソフトを録画し、動画配信したい方、そのデータをバックアップしておきたい方にもおすすめできるライティングソフトです。

1位「Express Burn」

Express Burn
Express Burn
口コミ

この製品はAmazonでの販売以前より、メーカーDLで使っていました。 機能自体は豊富で使い方を覚えたらすごく便利にできていると思います。

Express BurnはWindows・Mac両方に対応したおすすめライティングソフトです。リンク先は体験版ダウンロードとなっており、使った上で購入するかどうかの判断ができるのもおすすめポイントです。CD、DVD、Blu-rayのいずれにも対応しており、シンプルなUIで書き込み速度が速いライティングソフトです。

オーディオディスクでは圧縮することなくデジタルのまま録音することで音質を保ち、DVDでは動画ファイルを最適な形式にエンコードして作成することができます。また、チャプタを作成することもできますので、チャプタ分けしたDVDやBlu-rayディスクを作成したい方にもおすすめのライティングソフトです。

特徴・用途別おすすめのライティングソフト

ここからは、特徴別・用途別にライティングソフトのおすすめをご紹介していきます。それぞれ非常に特徴のあるソフトですから、用途や目的別にお好みのものを選んでください。

音楽CDを作るのにおすすめのライティングソフト

Easy CD & DVD Creator Version 6
Easy CD & DVD Creator Version 6
口コミ

今まで大容量の動画ファイルを他のパソコンに移すことは出来ませんでしたが、このソフトでCDRに分割してから他のパソコンに移すことが出来ました

Easy CD & DVD Creator Version 6は音楽から写真、ビデオ、データまで、CDやDVDメディアへの書き込みを含めて統括的に使えるおすすめライティングソフトです。オーディオやDVDメディアのデータ吸出しとバックアップ、編集から別メディアへの書き込みまでがこれ一本で行えます。

オーディオ面では、録音から波形編集、音量レベル調整、エフェクト編集など追加することができます。プレイリストつきでCDを作成することも可能です。また、ビデオ・動画編集機能面ではキャプチャやナレーション録音、カットなどの編集機能がついています。ラベル作成ソフトがついているのも、データ管理におすすめのライティングソフトです。

DVDを作るのにおすすめのライティングソフト

トランスゲート Video to DVD X
トランスゲート Video to DVD X

¥ 4,298

口コミ

これは便利な商品でした。 YouTubeから直接ダウンロードしてDVDが作れました。 とても良い商品でした。

Video to DVD XはDVD作成に特化したおすすめライティングソフトです。あらゆる形式と容量の動画に対応しており、大容量の動画でも簡単・高品質に書き込むことができます。また、PC再生用だけでなく、TVで見ることのできる動画が作成できることも嬉しいおすすめポイントです。

メニュー・チャプター編集、オープニングムービー・BGM追加、音声字幕追加、カット編集、シーン結合、拡大・回転などエフェクト機能、画質補正など、DVD編集において主要な項目は全て揃っています。特に、オープニングムービーやシーン結合などは多くのライティングソフトにおいて、あるようで意外とない機能です。

本格的な動画を作ってDVD上映したい、結婚式やホームパーティなどの様子を編集して配りたいといった場合にもおすすめのライティングソフトです。

Blu-ray作成におすすめのライティングソフト

ディスククリエイター7 BD&DVD
ディスククリエイター7 BD&DVD

¥ 4,093

口コミ

☆インストールから使用開始までの流れは簡単です。 ☆殆どのファイル形式に対応しています。 上記の場合mts、mp4、movの形式となりますが、何の問題もありません。

ディスククリエイター7 BD&DVDは動画作成に特化したおすすめライティングソフトです。Blu-rayディスクをパッケージ記載しているとおり、DVDとBlu-rayの両方のディスク形式に対応しています。動画の編集機能が主ですが、写真からスライドショービデオを作成することもできます。

4K・HDなど高画質な動画に対応し、元動画が異なる動画形式のファイルであってもチャプターやメニューをつけたビデオディスクが作成できます。画質・音量調整やカット編集はもちろんのこと、画面の向きや比率の変更など、再生機器のことを考えた動画編集が可能な点もおすすめのポイントです。

Windowsの方におすすめのライティングソフト

B's Recorder 15は、直感的でわかりやすいおすすめライティングソフトです。対応OSはWindows 7以降の全てのWindowsです。また、国産であることも安心でき、日本人に合った使い勝手の良さでおすすめのライティングソフトです。

CD・DVDはもちろん、Blu-rayディスクにも対応しており、セキュリティ機能もしっかりしています。パスワード付きのファイルを作成することができ、データ全体またはファイルやフォルダ単体でのパスワード設定が可能です。

Macの方におすすめのライティングソフト

Wondershare Filmora
Wondershare Filmora

¥ 7,980

口コミ

試用版を使ってみて使いやすかったので購入しました。 最近他社の編集ソフトを購入したばかりなのですがこっちも使い易かったので 併用していこうと思っています。

Wondershare Filmoraは、Windows・Macの両方に対応しているおすすめライティングソフトです。動画・ビデオ編集に特化している他、写真の編集やmp4変換、YoutubeやFacebookからの直接インポートやエクスポートの機能もついています。

動画内に表示するテキストに色やサイズ、フォントを設定できる他、アニメーションをつけて映画のような効果を生むことができます。また、ピクチャー・イン・ピクチャー、クロマキー合成、チルトシフトなどの機能を利用すれば本格映画やゲームのような画面構成も作ることができておすすめです。

日本語対応のおすすめライティングソフト

動画×DVD×メーカー2
動画×DVD×メーカー2

¥ 4,309

動画×DVD×メーカー 2は、TV再生やディスクプレイヤーで再生できるDVDディスクを作成するのに特化したおすすめライティングソフトです。「動画ファイルをドラッグ&ドロップ」「開始」の2ステップのみでDVD作成ができるため、初心者やPCに全く詳しくない方でも安心して使うことができる点でもおすすめです。

操作画面には日本語で「ファイルをここへドラッグ&ドロップしてください」という指示があり、メニューやチャプター機能も日本語で直感的な操作をしながら作成できます。ビデオカメラ・スマホ・4Kなどさまざまな動画形式に対応しており、動画を再エンコードしなおさなくても読み込めるところも親切なポイントです。

有料で一番おすすめのライティングソフト

iSkysoft DVD Burner
iSkysoft DVD Burner
口コミ

このソフトが簡単で早くて綺麗で安定して、安いなどで一番でした。 操作もなれると超簡単、写真ファイルをインポートして、BGM選択して、メニュー選んで、DVD作成するだけで出来上がり。

iSkysoftからは、Windows版とMac版、両方のライティングソフトが発売されています。日本語対応もしており、非常に多くの方にとって手に取りやすいライティングソフトでもっともおすすめです。リンク先にはWindows版をリンクしてありますが、「DVD Burner for Mac」で検索すればMac版もダウンロードできます。

ライティングソフトでありながら、画像・動画の簡易編集機能もついている点はさすが有料ソフトといったところです。スライドショーの場面転換に効果をつけることや、動画にエフェクトをつけることもできます。DVDメニューやチャプターを設定することもでき、手軽に自分だけのホームビデオを作成したい方にもおすすめのライティングソフトです。

フリーのおすすめライティングソフト

ライティングソフトおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

フリーでありながら、口コミなどで非常に評価の高いライティングソフトです。ISOイメージファイルの処理に特化したライティングソフトで、mp4やmovファイルなどの処理は行なえませんが、CD/DVD/Blu-rayと対応しているメディアが豊富なことや機能がシンプルで操作や設定が簡単なことから評価の高いおすすめフリーライティングソフトです。

日本語対応は公式ではありませんが、有志によってフリーで公開されています。対応OSはWindows XP/Vista/7/8/8.1/10です。

おすすめのライティングソフトのメーカー3つと製品

ここからは、おすすめライティングソフトを開発しているメーカー3つとその代表製品についてご紹介します。

COREL

toast 16
toast 16

¥ 15,984

口コミ

基本的な操作は従来のToast 使用者なら問題なく直ぐに使えますし、このToastというソフト自体、比較的分かりやすく、使いやすいソフトだとは思います。

Macユーザーなら昔から重宝している方も多い「roxio toast」は、とうとう最新バージョンでは16となりました。Corelは本社をカナダに置き、ペイントソフトや動画・画像編集ソフトなど、映像系に特化したソフトを開発している会社です。

データCDやDVDのライティングソフトとしての機能はもちろんのこと、動画ファイルや音声ファイルを変換するエンコーダーとしての機能、画面を録画するキャプチャ機能に加え、テープやLPなどからのキャプチャも行えるマルチ映像編集ソフトです。これ一つあれば、日常的なデータや映像編集でそう困ることはないでしょう。

Macユーザーであれば、まず一番におすすめできるライティングソフトです。

CyberLink

Power2Go
Power2Go

¥ 7,020

口コミ

とても分かりやすく使いやすい。特典のスクリーンレコーダーも嬉しい。私のように著作権に関係ない自分で作ったDVDのコピー用途であればコスパに優れた便利なソフトだと言える。

CyberLinkは1996年に台湾で設立された会社です。その中でもPower2GoはCyberLinkの名前を世に知らしめたソフトの一つで、最新版は2018年5月29日に発売されたPower2Go 12 Platinumです。また、無料版であるEssentialも合わせて公開されており、これもPlatinumと同日に発表されました。Amazonではまだ12が公開されておらず、11をリンクしています。

主な機能はデータCD・DVD・Blu-rayへのデータ書き込みで、これはEssential・Platinum共通の機能です。有料版のPlatinumではさらにモバイル端末向けに動画や音楽ファイルをエンコードしたり、システムリカバリーディスクを作成することができます。無料版をダウンロード後15日間はPlatinumの機能を使うことができますので、お試しするのがおすすめです。

ジャングル

Nero BurnExpress 2018
Nero BurnExpress 2018

¥ 4,298

口コミ

neroは前から使っているので操作その他はなじみがあり、値段も手ごろだったのでこれにしました、 機能的には最低限のライティング機能があるという感じで過不足は感じません

Nero BurnExpress 2018はJungle社から提供されているライティングソフトです。ライティング機能だけに特化しており、CD・DVD・Blu-rayと幅広いディスクに対応しているほか、データを保護することにも力を入れています。

パスワード保護やデジタル署名サポートなどのセキュリティ機能や、長期保存でメディアが経年劣化しても読み出ししやすいよう空き領域に補充データを書き込む、ディスクの劣化状態を調べて焼き直し時期を測定する、など物理的にデータを守る機能がついていることが非常に大きな特徴です。長期保存用に特におすすめのライティングソフトです。

ライティングソフトの使い方・活用方法

最後に、ライティングソフトのおすすめの活用方法についてご紹介します。

編集からライティングまで一本で

たいていのライティングソフトは、ライティングそれだけでなく編集機能もついています。カットや結合などの切り貼り機能から、エフェクトや拡大縮小、さらにオープニングムービーや字幕がつけられるものまで、機能はさまざまです。エフェクトやカット機能に加え、メニューやチャプターを詳細につければ、本格的な動画DVDやBlu-rayディスクが作れます。

結婚式や成人式などお祝いごとはもちろん、ホームビデオも一手間加えるだけで参加した全員が楽しめるソフトを作ることができます。編集からライティングまでを一つのソフトで行えるため、別のソフトを買ったり起動する必要がなく、面倒な操作が苦手な方にもおすすめです。

ライティングソフトのおすすめはOSと機能で選ぼう

さまざまなライティングソフトをご紹介してきましたが、ライティングソフトの一番のおすすめはやはりOSごと、機能ごとに違ってきます。今回ご紹介した特徴や用途をご参考に、ぜひ自分に合ったライティングソフトを見つけてください。

Related