Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月04日

CPUファンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

CPUファンはCPUが熱暴走を起こさないよう冷やすための重要なパーツの1つです。そのためCPUファンはいいものを選びたいですが、どれがいいのかわからない方も多いでしょう。今回はCPUファンの選び方からCPUファンの使い方、おすすめ掃除方法までご紹介いたします。

CPUファンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

CPUファンの種類と選び方

一口にCPUファンといっても内部パーツになりますので、手元のPCにあった大きさのCPUファンはどれぐらいなのか、CPUファンの冷やし方の違いで設置方法が変わったりとさまざまです。いくら性能が良いといわれたCPUファンを買ってきても、PC内部に設置できなければ本末転倒ですから事前にある程度知識を身につけましょう。

ここからは、まずCPUファンの種類と選び方について見ていきましょう。

CPUファンの種類

CPUファンの種類は大きくわけて3種類あります。どのタイプのファンにするのか、これからその3種類について説明いたします。

ファンタイプ

このタイプはオーソドックスな空冷タイプのCPUファンです。メーカー製PCを購入するとカスタムでもしない限り、ほぼこのタイプのCPUファンが設置されてます。

このCPUファンの特徴は外部の空気を取り込み、気流を作って冷やすという構造になっていますので、ファンの口径が大きければ大きいほど取り込む空気の量が増えますので、よく冷えるといった特徴があります。

あわせてファンの口径は規格があり、80mm、90mm、120mmの3種類ですから手元のPC内部に設置できる口径であればどの口径を選んでも差し支えありません。

空冷の場合内部干渉が少ないので、内部をスッキリとしたいという方や、一口に空冷といってもさまざまなタイプの空冷式CPUファンがあり、選択肢が多く値段も手ごろなものが多いので、CPUをしっかりと冷やしたいがコストはかけたくないという方におすすめのCPUファンです。

ファンレスタイプ

次のはこのタイプのCPUファンですが、ファンがありません。このCPUファンの特徴は自らCPUを冷やすための気流を作れないため、ケースファンの気流を取り込み冷やすという特徴があります。

ケースファンがなければCPUの温度は上昇するだけですので注意が必要です。またファンレスタイプはケースファンの気流を無駄なく取り込むことが必要ですから、取り込むための面積が大きいことも特徴にあげられます。

そのため、ファンレスタイプの多くの製品は巨大ですからケースの大きさがミドルまたはハイタワークラスのPCケースでなければ使用できないという点も注意しましょう。

ただ静音性を求めるユーザーにはおすすめのCPUファンです。

水冷タイプ

これまでのファンタイプ、ファンレスタイプ双方、空冷タイプに分類されますが、こちらは水冷タイプのCPUファンになります。

水冷タイプの特徴は空冷タイプより冷却効率が高く、構造はファン、チューブ、ラジエーター、ポンプで構成されていて、昨今は一体型のものが多く流通しております。

ただ水冷タイプのCPUファンの場合、内部にチューブやポンプが内蔵されますので後からパーツを追加するときなど、取り回しに気を付けましょう。

また基本的に循環液で循環させて冷やしてますから何らかの原因で循環液が漏れてしまった場合、ほかのパーツも故障するというリスクもありますので利用の際は注意しましょう。

利用の際に注意点はありますが、とにかく冷却効率を重視したいという方におすすめのCPUファンです。

CPUファンの選び方(空冷式)

空冷式CPUファンにはサイドフローとトップフローに2種類あります。まずはCPUファンの選び方(空冷式)を見ていきましょう。

サイドフロー

サイドフローのCPUファンの特徴は、マザーボードに対し縦にCPUファンが設置されておりますので、CPUファンは横向きになります。

サイドフローのCPUファンのメリットは、PCケース内のエアフロー(吸気排気)を乱すことなく効率よくCPUを冷やすことが可能で、マザーボードにかぶるような設置方法ではないため、メンテナンスもしやすいのがこのタイプです。

デメリットはCPU以外のパーツ(チップセットやメモリなど)を冷やせないことと、CPUファンを縦に設置するタイプであるため、PCケースはある程度大きさが必要で最低でもミドルタワークラスの大きさのPCケースでないと設置は厳しいでしょう。

このタイプのCPUファンはメンテナンスのしやすさや、CPUのみを効率よく冷やしたい方におすすめのCPUファンです。

トップフロー

トップフローのCPUファンの特徴はマザーボードに対し横向き、水平に設置するタイプですので、CPUファンは上を向いてます。メーカー製PCのCPUファンはこのタイプが多く見られます。

トップフローのCPUファンのメリットは設置がマザーボードに対し水平であるため、狭小PCケースに設定できる点とCPU以外のパーツ(チップセットやメモリなど)も冷やせる点です。

デメリットはPCケース内のエアフロー(吸気排気)を乱してしまい、結果的にPCケース内に熱がこもりやすくなることとマザーボードにかぶるように設置するタイプのため、メンテナンスがしづらい点が挙げられます。

このタイプのCPUファンを狭小PCを作成したい方は、CPUの以外のパーツ(チップセットやメモリなど)も冷やしたいという方におすすめのCPUファンです。

CPUファンの選び方(ファンレス)

次にCPUファンの選び方(ファンレス)ですが、読んで字のごとくCPUファンがついてません。ファンレスCPUファンのメリットですが、ファンがないため、空冷式、水冷式と比べ、静音性が高いという点が挙げれます。

デメリットはファンそのものがないため、CPUを冷やすためにケースファンからの吸気排気を利用しなければいけない点と機器そのものが巨大なため、PCケースもそれにあわせてミドルタワー、ハイタワークラスのPCケースが必要な点です。

このタイプのCPUファンは静音性を重視する方におすすめのCPUファンです。

CPUファンの選び方(水冷式)

最後に水冷式CPUファンですが、冷却水を循環させCPUを冷やすという構造になってます。水冷式CPUファンのメリットは、空冷式CPUファンより冷却効率が高いという点です。

デメリットは空冷式の構造がファン、ヒートシンクという2種類に対し、水冷式はラジエーター、チューブ、パイプ、ヒートシンクと4種類あり、さらに冷却水が加わりますのでメンテナンスや経年劣化という点で考えると空冷式より故障リスクが高いことが挙げられます。

このCPUファンは故障リスクはありますが、冷却効率を最大限まで上げたい方におすすめのCPUファンです。

CPUファンおすすめ人気ランキングTOP3

それではここからCPUファンのおすすめを、ランキング形式でAmazonCPUファン売れ筋ランキングTOP3からご紹介いたします。

3位:IZUNA SCIZN-1000I

サイズオリジナル設計 120mmサイドフロー型CPUクーラー IZUNA SCIZN-1000I
サイズオリジナル設計 120mmサイドフロー型CPUクーラー IZUNA SCIZN-1000I
口コミ

こちらの商品と虎徹 Mark II で随分悩みましたが、虎徹 Mark II だと高さがギリギリのケースでしたのでこの商品に決めました。

このCPUファンのおすすめポイントはIntelプッシュピン専用として設計されており、部品点数とサイドフロー側では一般的に全高が160mmクラスのCPUファンが多く見られますが、145mmと低くし、取り扱いやすさに重点をおいて設計されている点です。

また120mm PWMファン「KAZE-JYUNI」モデルを採用している点もおすすめポイントで、最大回転数を1400rpmにチューニングし、性能は元より静音性も重視しております。

PCケースのサイズの問題で虎徹 MarkⅡが購入できない方におすすめのCPUファンです。

2位:白虎 SCBYK-1000I

サイズ オリジナル設計 92mmサイドフロー型CPUクーラー 白虎 SCBYK-1000I
サイズ オリジナル設計 92mmサイドフロー型CPUクーラー 白虎 SCBYK-1000I
口コミ

元々クーラーマスター制のサイドフローがついたいましたが、小さくてホコリが詰まりやすかったので買い替えを決意。結果大満足でした。安いし、とても冷えます。

このCPUファンのおすすめポイントは、ランキング3位のIZUNAよりさらに全高が低い130mmとコンパクトになっている点です。mini-ITXなど小型PCにも設置できるサイズなので、汎用性の高さがラインキング2位という結果につながっております。

またほかの製品と比べファンの口径が小さい分、静音性が高い点もおすすめできるポイントでしょう。コストパフォーマンスと性能、静音性を両立させたい方へおすすめのCPUファンです。

1位:虎徹 Mark II SCKTT-2000

サイズ オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark II
サイズ オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark II
口コミ

各種クーラーを比較したサイトではこの値段帯では最も冷えていたが、実際によく冷える上にファンが大きいおかげでノイズも軽減されて静音化にも一役買っている。

このCPUファンのおすすめポイントは、従来のモデルである虎徹の冷却性能を引き継ぎつつ全高6mm低くすることで多くのPCケースと互換性があることとAMDソケット AM4 「RYZEN」と、IntelソケットLGA1151「Kabylake」とLGA2011 V3に対応していることです。

また20mm PWMファン 「KAZE FLEX」 を採用し、最大回転数1200rpmにチューニングされており、静音性も高い点もおすすめポイントとして挙げられます。

このCPUファンは最新ソケットに対応していて、高性能なCPUファンを探している方や、従来製品である虎徹を使用している方へおすすめのCPUファンです。

特徴・用途別おすすめのCPUファン

ここからは特徴や用途別におすすめのCPUファンをみていきましょう。

静音性でおすすめのCPUファン

[Noctua正規代理店]NH-D15S - サイレントタワーヒートシンク[NH-D15S]
[Noctua正規代理店]NH-D15S - サイレントタワーヒートシンク[NH-D15S]
口コミ

付属ファンは14cmラウンド型で最高1500rpmのNF-A15ファン。全開で回しても多少音が確認できるな…程度の静かなファンです。

このCPUファンはおすすめポイントは、14cm角という大口径のファンにあります。静音性においてはCPUファンの口径が大きく低回転するほど音が小さくなります。

しかしながらCPUファンの口径が大きいということは設置するPCケースを選ぶCPUファンでもあるので、ハイタワークラスのPCケースでないと設置できないのですから注意が必要です。

静音性を重視するのであればこのCPUファンがおすすめです。

水冷式でおすすめのCPUファン

Corsair H115i PRO RGB 水冷CPUクーラー [Intel/AMD両対応] FN1150 CW-9060032-WW
Corsair H115i PRO RGB 水冷CPUクーラー [Intel/AMD両対応] FN1150 CW-9060032-WW
口コミ

標準クロック(win10は高パフォーマンス)で最高に負荷をかけてもCPUは60度台で安定しているのでオーバークロックも問題無いと思う。

このCPUファンのおすすめポイントは、水冷式なので空冷式より冷却効率が高いということと、Corsair Linkというアプリでポンプやファンの制御を一括で行える使い勝手の良さです。

ただデメリットとして水冷式の場合、メンテナンスに注意が必要です。パーツ点数は故障率と比例しますが、水冷式CPUファンはチューブ、ポンプ、ラジエーターというようにパーツ点数が多くあります。

そのため、空冷式より故障率が高いということを踏まえて購入を検討しましょう。ただ設置方法については比較的容易ですので、自作初心者だが水冷式に挑戦してみたいという方におすすめのCPUファンです。

USBタイプでおすすめのCPUファン

Opolar LC06吸引式ノートPC冷却ファン 任天堂 Nintendo Switch冷却ノートクーラー pcクーラーファン コンパクト 静音 温度が表示され ファンスピード調整ができ ノートPCの冷却台 PS4 ニンテンドースイッチの冷却
Opolar LC06吸引式ノートPC冷却ファン 任天堂 Nintendo Switch冷却ノートクーラー pcクーラーファン コンパクト 静音 温度が表示され ファンスピード調整ができ ノートPCの冷却台 PS4 ニンテンドースイッチの冷却
口コミ

CPUの温度が上がりやすいので、CPU排気口当てに使用しました。CPU排気口当て本品を使用している場合。CPUは10度程度変化、GPUは1程度変化て感じでしょうか?

このCPUファンはノートPCにのみ使用できるCPUファンですがおすすめポイントは、USBバスパワーで駆動して動作する点とノートPCの排気口から強制的に内部の熱を外へ放出し冷却するタイプのためノートPCの冷却効率が高い点が挙げられます。

ノートPC用の冷却となると冷却ボードがありますが、ノートPC下面の表面温度を下げる効果はありますが内部の熱まで下げる効果は微弱です。

そのため、冷却ボードとこのCPUファンを併用するとより効果的にノートPCの温度を下げる効果が期待できるでしょう。ノートPCの熱が気になる方におすすめのCPUファンです。

固定式のおすすめCPUファン

サイズオリジナルCPUクーラー 無限五 Rev.B
サイズオリジナルCPUクーラー 無限五 Rev.B
口コミ

取り付けがとても簡単だったし、プッシュピン式と違ってミシミシ言わないのもいい。固定はバネ付き固定ネジを締め切ればいい楽ちん仕様なので、変な締め付けも起こらなさそう。

このCPUファンのおすすめポイントは、スプリングスクリュー仕様のブリッジ式リテンションが採用されている点です。

CPUファン自体が大きいとしっかりと固定することが非常に重要になってきます。このCPUファンは固定用にバックプレートがついていて、固定ネジでしっかりと締め付けができるので、経年でCPUとの設置面が数mm離れたりといったことが起こりにくい構造になっております。

CPUファンをしっかりと固定して使いたいという方におすすめのCPUファンです。

ネジ式のおすすめCPUファン

Thermaltake Engine 27 ロープロファイルCPUクーラー FN1059 CL-P032-CA06SL-A
Thermaltake Engine 27 ロープロファイルCPUクーラー FN1059 CL-P032-CA06SL-A
口コミ

完成系のクーラーだと思います。 高さ制限あるコンパクトなケース使用する方にオススメです、損はしないのではないかと思います。

このCPUファンのおすすめポイントは、クーラーの高さがなく薄型で狭小PCにも最適であること、とネジ止め式で四隅がしっかりと固定できる点です。

また放熱効率の良いラジアルファンと、振動とノイズを抑えるためファンブレードで設計されているため、静音性も高いこともおすすめできるポイントとして挙げられます。

性能は妥協したくないが、狭小PCでもCPUはしっかりと固定し冷やしたいという方におすすめのCPUファンです。

薄型でおすすめのCPUファン

SilverStone CPUクーラー Thin Mini-ITX SST-AR04
SilverStone CPUクーラー Thin Mini-ITX SST-AR04

¥ 4,499

このCPUファンのおすすめポイントですが、全高が23mmと数あるCPUファンの中で1,2を争うほどの薄型である点です。

これだけ薄型だと狭小PCどころかさらに狭小PCを作成することも可能なほど薄いです。取り付け方法は取り付けやすいプッシュピンですので、取り扱いも簡単で2本のヒートパイプが直接CPUに接触しているため、薄型でありながら冷却効率も高いです。

手元のPCが狭小PCだがCPUの冷却効率を上げたい方へおすすめのCPUファンです。

ケーブル式のおすすめCPUファン

ZALMAN ULTRA QUIET CPU COOLER CNPS9900NT (FN508) CNPS9900NT
ZALMAN ULTRA QUIET CPU COOLER CNPS9900NT (FN508) CNPS9900NT
口コミ

大きいケースを買ったので購入してみました。取り付けが大変の書き込みが多くあり心配でしたが、簡単に取り付けることが出来ました。前のは刀でしたが、それより冷えます。気に入りました。

このCPUファンのおすすめポイントは静音化ケーブルが付属しているため、回転音や振動音が静かである点です。

このCPUファンの特徴は、静音化ケーブルであるRC33P(抵抗)を装着することにより、PWMファンの入力電圧が変更し、回転数を強制的に低下させる事ができるため、RC33P装着時は、800~1300rpmの間、18~28dBの間でファンのコントロールが可能になります。

CPUファン自体は大きいのでミドルタワー、ハイタワークラスのPCケースでないと入りませんが、回転音や振動音を自分でコントロールしたい方におすすめのCPUファンです。

サイズ別おすすめのCPUファン

ここからはサイズ別でおすすめのCPUファンをみていきましょう。

12cm(120mm)でおすすめのCPUファン

Cooler Master MasterLiquid Lite 120 一体型水冷CPUクーラー [デュアルチャンバーヘッド 搭載] FN1092 MLW-D12M-A20PW-R1
Cooler Master MasterLiquid Lite 120 一体型水冷CPUクーラー [デュアルチャンバーヘッド 搭載] FN1092 MLW-D12M-A20PW-R1
口コミ

静か。動作音はもちろんしますが、耳を凝らさない限り聞こえません。打鍵音やクリックの方がよっぽどうるさいです(--;)。

このCPUファンのおすすめポイントは、簡易水冷CPUファンの中でもコストパフォーマンスに優れる点です。また水冷式で弱いといわれる耐久性についてはチューブはフッ素樹脂素材で作られており、ポンプはデュアルチャンバーヘッドを採用することで、寿命を2.5倍に引き上げている点もおすすめする点として挙げられます。

9cm(90mm)でおすすめのCPUファン

サイズ オリジナル設計 92mmサイドフロー型CPUクーラー 白虎 SCBYK-1000I
サイズ オリジナル設計 92mmサイドフロー型CPUクーラー 白虎 SCBYK-1000I
口コミ

安くてよく冷える。高負荷時になるとCPUファンが高速で回転しだして70度程度に抑えてくれますね。よく冷やしてくれてるようで安心しました。

このCPUファンのおすすめポイントは全長が130mmで設計されているため、miniITXといった狭小PCでも無理なく使える大きさとコンパクトですが、冷却効率を重視した多重エアフロー透過構造を採用し冷却性能に優れている点です。

また酸化防止のため、ヒートパイプがニッケルメッキで処理されているため、耐久性においても万全である点もおすすめするポイントとして挙げられます。

8cm(80mm)でおすすめのCPUファン

サイズ ロープロファイルCPUクーラー 小太刀 リビジョンB SCKDT-1100
サイズ ロープロファイルCPUクーラー 小太刀 リビジョンB SCKDT-1100

¥ 3,650

口コミ

ちゃんと冷えてます。TDP54WのG4400でベンチマークをまわしても50℃未満で安定します。Pentium~Core i3クラスにはちょうど良いクーラーだと思います。

このCPUファンのおすすめポイントは、シンクライアントクラスの薄さでも対応可能な薄さです。また狭小PCでは特に重要な要素である放熱ですが、トップフロータイプのため、CPU以外の周辺機器の熱の滞留を防ぐ構造になっておりますので、放熱においても問題ありません。

価格別おすすめのCPUファン

ここからは価格別でおすすめのCPUファンをみていきましょう。

2001円~4000円

SilverStone Nitrogonシリーズ 高さ45mm ロープロファイルCPUクーラー SST-NT09-115X 国内正規代理店品
SilverStone Nitrogonシリーズ 高さ45mm ロープロファイルCPUクーラー SST-NT09-115X 国内正規代理店品
口コミ

無音環境には必須のメーカーアイテム。PCケースのないCPUが露出した環境で本製品を使っています。動作音が静かで、低回転時はほぼ無音です。

このCPUファンのおすすめポイントは、静音を重視したデザインでありながらこのクラスでは最安値である2500円以下を実現している点です。また取り付けもバックプレートを採用しているため、ネジ止め式でしっかりとCPUを固定することで経年による接地面の剥離を防ぎます。

さらに押出成型のアルミニウムフィンを採用してるため、放熱性能も優れている点もおすすめポイントとして挙げられます。

4001円~6000円

Thermalright CPUクーラー サイドフロー ヒートパイプ構造 全高135mm 小型デザイン 92mmファン Macho 90 日本正規代理店品
Thermalright CPUクーラー サイドフロー ヒートパイプ構造 全高135mm 小型デザイン 92mmファン Macho 90 日本正規代理店品
口コミ

ヒートシンクをでかくして静音化。当方の環境(ゲームはしない)では,35度~50度ぐらいです。92mmファン1つのクーラーとしては,優秀じゃないだろうか。

このCPUファンのおすすめポイントは、このクラスのCPUファンは多くが狭小PCでの使用を想定しているため、トップフロータイプを採用しているが、エアフロー(吸排気)効率の良いサイドフロータイプを採用している点です。

あわせて27枚のアルミニウムフィン自体に独自設計の通気孔が備わっているため、さらにエアフロー(吸排気)効率が上がる構造になっている点もおすすめポイントとして挙げられます。

6001円~8000円

Cooler Master MasterAir MA610P CPUクーラー [Intel/AMD両対応] FN1158 MAP-T6PN-218PC-R1
Cooler Master MasterAir MA610P CPUクーラー [Intel/AMD両対応] FN1158 MAP-T6PN-218PC-R1

このCPUファンのおすすめポイントはヒートシンクを2つのファンで挟み、冷却効率を最大限まで引き上げている点です。またRGBライティングや独自のトップカバーによって、デザイン性においてはほかのCPUファンより頭1つ抜き出ております。

スケルトンケースを使用している方に特におすすめのCPUファンです。

おすすめのCPUファンのメーカー・ブランド3つ

ここからはCPUファンのおすすめをメーカー・ブランド別でみていきましょう。

SCYTHE(サイズ)

サイズ オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark II
サイズ オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark II
口コミ

取り付け方が素晴らしい。AM4のRyzenに取り付けています。オーバクロックもしていますが静音で冷却能力はバッチリです。

SCYTHE(サイズ)は虎徹のほか、白虎、IZUNA、超天など数多くCPUファンを開発し、Amazon売れ筋ランキングで常に上位にランキングされているメーカーです。

CPUファンのほかに、PC関連のパーツ、アクセサリーを製造・販売しておりますが、代表製品である虎徹シリーズは特に評価が高く、コストパフォーマンスに優れているため、多くのユーザーに支持されており、おすすめのCPUファンメーカーの1つです。

Cooler Master(クーラーマスター)

Cooler Master MasterLiquid ML240L RGB 水冷CPUクーラー [Intel/AMD両対応] FN1138 MLW-D24M-A20PC-R1
Cooler Master MasterLiquid ML240L RGB 水冷CPUクーラー [Intel/AMD両対応] FN1138 MLW-D24M-A20PC-R1
口コミ

やっぱクラマス。簡易水冷の定番はコルセアですがあえて自分はクラマスにしました、サーマルテイクとも悩んだのですが最近発売だった事とコスパでこちらにしました。

次におすすめのCPUファンメーカーはCooler Master(クーラーマスター)です。Cooler Master(クーラーマスター)は特徴的なデザインのPCケースでも有名ですが、その特徴はCPUファンにも生かされております。

自作PCの場合、どうしても武骨になりがちであるところにデザイン性を持たせ、性能は元より見た目でもユーザーを満足させようとする姿勢がそのまま製品に反映しております。

そのため、見た目も性能も重視たいというユーザーに特におすすめのCPUファンメーカーです。

Corsair(コルセア)

Corsair H100i V2 水冷一体型CPUクーラー FN1021 CW-9060025-WW
Corsair H100i V2 水冷一体型CPUクーラー FN1021 CW-9060025-WW
口コミ

とても冷えます。室内が30度近い高温でも 負荷80%で60度に届かないので相当頑張ってくれてると思います。

Corsair(コルセア)は海外のCPUファンメーカーです。日本での販売はリンクスインターナショナルなどのCorsair(コルセア)と正規代理店契約した会社が販売しております。

Corsair(コルセア)は1994年に創業したPC周辺機器メーカーで、CPUファンのほかに数多くのPC関連機器を取り扱っているメーカーです。

Corsair(コルセア)がおすすめのCPUファンメーカーである理由としてCPUファンも含め、販売前の周辺機器すべての設計や検証、テストに長い時間をかけて合格した製品だけを販売するという品質に妥協しない点が挙げられます。

CPUファンの使い方・おすすめの掃除方法

ここからはCPUファンの使い方とおすすめの掃除方法をみていきましょう。

CPUファンの使い方

CPUファンを取り付けた後は、電源を入れることでCPUファンは回り続けるのですが、もっと回転数を上げ、CPUを冷やしたい時や回転数を下げ、音を小さくしたい時などはどうしたらよいかわからない方が多いでしょう。

CPUファンの制御するためのソフトは、購入したCPUファンメーカーが提供しているソフトを使用するのが安全かつ確実です。参考としてCorsair(コルセア)はCorsair LinkというCPUファンの制御のほか、ケースファンの制御、CPUの温度管理などが行えるようになっております。

CPUファンのおすすめの掃除方法

CPUファンの掃除方法ですが、エアダスターを使用し、ホコリを吹き飛ばすのが一般的です。ただホコリの度合いによってエアダスターでは取り切れない場合があります。

その場合は、掃除機をつかいましょう。掃除機でホコリを吸いながらエアダスターでホコリを吹き飛ばすという方法がいいでしょう。

ただ分解し掃除をする方もいますが、分解しての掃除まではおすすめしません。分解するとたしかにキレイにはなりますが、元に戻せないリスクと元に戻したとしても元は精密機械ですから正しく動作する保証がないからです。

掃除は定期的に必要な作業ですから、必要最小限に留めましょう。

CPUファンは使用環境で選びましょう

これまでCPUファンの選び方から掃除方法まで説明してきましたが、使用環境によって必要なCPUファンが変わってきます。

冷却効率がよいからといって手元のPCケースに入らないCPUファンを買っては本末転倒ですので、これまでの説明を参考にCPUファンを購入しましょう。

Related