Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月11日

青軸のキーボードおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スイッチ感がある打鍵が魅力の青軸キーボードの人気の青軸キーボードをランキング形式で紹介します。また、特徴別の青軸キーボードを紹介します。青軸キーボードとはどのような特徴があるのか、選び方も解説しているので、参考にしてください。

青軸のキーボードおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

青軸のキーボードの種類とおすすめの選び方

青軸のキーボードおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

キーボードにこだわりのある人なら、メカニカルスイッチ、青軸、赤軸などの言葉を知っていることでしょう。青軸キーボードは特にゲーマーにおすすめのキーボードと言われます。どんな特徴を持っているのでしょうか。また、どんな点に注意して選べば良いのでしょうか。

青軸のキーボードってどんな種類

青軸のキーボードとは、メカニカル式キーボードの種類の内のひとつです。ゲーム用途に良く使われることから「ゲーミングキーボード」のひとつとして分類されることも多いです。

メカニカル式のキーボードは、キー1つずつにスプリングが内蔵されており、かつ独立しています。このため、普通のキーボードがキーの裏側が層状になっており、圧力感知パッドで打鍵を検知する「メンブレンスイッチ」とは異なります。

赤軸、茶軸、青軸、黒軸の順にキータッチが軽いです。黒軸のキーボードはあまりないので、しっかりした打鍵感があるほうがいい人には青軸キーボードを探すことがおすすめです。

青軸のキーボードのメリット・デメリット

青軸のキーボードはキータッチが赤軸と比較して重い反面、スイッチ感があるのでタイプミスをし難いというメリットがあります。逆に、カチャカチャと打鍵音がうるさいので、周囲の迷惑になる可能性があります。

タイプミスがし難いメリットがある青軸キーボードは、ゲーマーやタイプ作業が多い文筆業、プログラマーなどに愛用されています。ただ、どんな打鍵感がいいかは人によって異なるため、大手家電量販店など置いてあるキーボードの種類が豊富な店で、実際にキーボードを打ってみることをおすすめします。

青軸のキーボードの選び方

青軸キーボードを選ぶ際には、まず用途です。特にゲーム用として使うならば、複数キーの同時押し機能に対応しているか、マクロ機能はあるか、LEDが付いているかなど細かなチェックが必要となります。

一般用途では、ゲーム用のキーボードでもかまいませんが、ゲームに特化した機能が多くついていると価格が高くなってしまいます。また、青軸のキーボードは価格の幅がかなり大きいです。2000円台から2万円近いものまであるので、予算を決めておくと選びやすいでしょう。

青軸のキーボードおすすめ人気ランキングTOP5!

ここでは、青軸キーボードの中でも人気が高い、おすすめの製品を紹介していきます。

ランキング5位:「オウルテック」

OWL-KB109CBL-BK
OWL-KB109CBL-BK
口コミ

いいもの無い?と聞いたところ、勧められたのがこのキーボード。 キーボードにしては値段は個人的に少々お高い物だったのですが、買って正解かなと。

オウルテックの青軸キーボードは一見すると普通のキーボードと変わりませんが、ゲーミングキーボードとして定評があります。USB接続では6キーまで、PS/2につなげば109キー全ての同時押しが可能なので、ゲーマーにおすすめの青軸キーボードです。

また、ゲーマーに限らず長時間のタイピング作業をする人にもおすすめです。長時間タイピングする人は、タイプミスが多いとイライラしてくるのではないでしょうか。メカニカルな打鍵感がある青軸キーボードがタイプミスをし難いということとは既に説明しましたが、青軸キーボードに変えることで、タイプミスの悩みが解決できることもあるでしょう。

本製品は5000万回の打鍵テストにも合格し、1年間の無償保証もついてくるのでキーボードを使う機会が多い人にも特におすすめできる青軸キーボードです。

ランキング4位:「アーキサイト」

AS-KBPD91/CBKNWP
AS-KBPD91/CBKNWP
口コミ

会社でコーディングするのに買いましたが、いい感じなので家用のも買ってしまいました。

この青軸キーボードの特徴はシンプルということです。画面を見てお分かりのように、日本語の表記もなく外観もシンプルで、打鍵感など基本性能に注力している製品です。ただし、テンキーがないので、必要としない人のみおすすめできます。

キーの重量が普通のものにくらべて1.5倍ほどあるため、重量感がある打ち心地というところもおすすめのポイントです。また、人間工学に基づいてキーボードがアーチ状にカーブしており、長時間のタイピングでも疲れにくいところも人気の理由と言えるでしょう。

ランキング3位:「cherry」

DREVO Excalibur
DREVO Excalibur
口コミ

メカニカルキーボードの青軸なので気持ちの良い打鍵感と打鍵音でした。馴染みのないメーカーなのですが、重めのキー、クリック感のある打鍵、クリック音と、青軸らしいキーボードです。

コンパクトな青軸キーボードですが、他にこのようなキーボードがないためか、大手ネットショッピングの売り上げランキングで上位にランクインしていました。省スペースの青軸キーボードを購入したい人におすすめの製品と言えるでしょう。

色もブラックの他に、ホワイトがあるので気に入った色を選ぶことが可能です。青軸キーボードはブラックが多いので、人と違う色にしたいという人にもおすすめです。

テンキーレスですが、「FN+NumLock」で右手のホームポジション近くがテンキーに変えられる機能があります。キーの前側面にテンキーの数字などが書かれているので、慣れない内は確認しながら打つことが可能です。

ランキング2位:「ロジクール」

G610BL
G610BL

¥ 19,171

口コミ

キーのタイピング時の音も懐かしさを感じ押した感じも気にならないです。 またキーが光るのが現代的で感動しました。

ロジクールといえば値段は少し高いが高品質、という印象を持っている人は多いです。この青軸キーボードもそのようなキーボードであり、癖のない万人向けの青軸キーボードとしてもおすすめできます。

ゲーミングキーボードとして必要とされる機能も網羅していますが、打鍵感の良さでゲーマー以外にも人気が高いことが口コミでうかがえます。同じような青軸キーボードとしてFILCOの製品と比較している人も多いですが、FILCOより上だったという評価もありました。

スタンダードで使い勝手も良いので、どの青軸キーボードを購入して良いか分からないという人に、おすすめできる製品です。

ランキング1位:「razer」

BlackWidow Ultimate
BlackWidow Ultimate

¥ 14,194

口コミ

とても使いやすいです。音も若干大きめで入力楽しいです。 打感は柔らかい感じでさくっと押せる感じです。

razerは世界的なゲーミングデバイスメーカーとして有名です。e-Sportsの世界的な試合でも、キーボードやモニターが使われることが多く、ゲーマーからの信頼も高いです。口コミを読んでも「さすがrazerの製品」といった書き込みが多く見られます。

この青軸キーボードでFPSなどをプレイすれば、ゲームの成績をワンランク上にすることも可能でしょう。長時間プレイしても疲れにくいというところもおすすめのポイントです。もちろん打鍵感も非常にいいので、ゲームに限らずキーボード操作が多い人全てにおすすめできる青軸キーボードです。

特徴・用途別おすすめの青軸のキーボードを紹介

ここでは、特徴、用途別におすすめの青軸キーボードを紹介します。

安い:Qtuo

87キー メカニカル式
87キー メカニカル式
口コミ

思ってた以上に良かったです、本当に良かったです。この値段は本当に適正なんですかね?良すぎます。

値段以上にメカニカルな打鍵感が良いと好評なのが、この青軸キーボードです。青軸キーボードのなかでは最安値価格帯であり、性能も良いのでおすすめです。耐久性が高いところがあるのもおすすめのポイントです、5000万回の耐久テストにクリアしているのでヘビーユーザーが毎日使っても長期間故障しません。

また、防水性が高いところも魅力です。ついコーヒーなどのドリンクをこぼしてしまうことがあるものですが、本製品には3つの排水口が付いているので、万一の時にも故障しにくいようになっています。

口コミでも「安いけどしっかり青軸のキーボード」という声や「キーをタッチしても光らないので、LEDの発光がないものを探している人におすすめ」という声もありました。評価が低い声がほぼないのも、この製品が高品質である証といえるでしょう。

メカニカル式:North

Crown X-1
Crown X-1
口コミ

テンキーレスの 青軸 英語配列のキーボードが欲しくて買いました。

口コミなどで、メカニカル感が高いと評価されていたのがこの製品です。青軸キーボードは全てメカニカル式なのですが、やはり打鍵時のメカニカル感を大事にする人が多く、特に青軸キーボードを求める人の中には多いでしょう。最終的には、実際にキーボードに触ってみることをおすすめします。

静音化されている:Razer

Blackwidow Ultimate
Blackwidow Ultimate
口コミ

Razer Blackwidow 2016 オレンジ軸を使っていました 独自の緑軸が気になり衝動買いしました

青軸キーボードに静音性を求めるなんて、ナンセンスという人も多いでしょう。実際、カチャカチャ音がする方がよいという声が多いです。また、静音性を求めるなら、赤軸など、違う種類の軸を求めた方が良い製品を見つけられます。

とはいえ、どうしても青軸で静かな製品がほしいという人もいるでしょう。残念ながら、静かな青軸キーボードという製品は見つかりませんが、「緑軸」のキーボードはいかがでしょうか。

「緑軸」はRazerがゲーマーのために開発した特殊な軸ですが、青軸よりは静かな音といわれます。青軸のスイッチ感と音はトレードオフの関係なので、このように間を取るという選択もおすすめです。

価格別おすすめの青軸のキーボード

青軸キーボードは価格の幅が広いです。キーボードにこだわりのある人向けに作っているので、高級キーボードと呼ばれる青軸キーボードが多いのも当然と言えるでしょう。そこで、ここでは各価格帯でおすすめの青軸キーボードをピックアップしました。価格帯で選びたい人は参考にしてください。

3千円前後:IDEAPRO

ゲーミングキーボードメカニカル式
ゲーミングキーボードメカニカル式
口コミ

夜中に、部屋の照明を消してゲームをしています。 LEDがカラフルで、とても綺麗です。

リーズナブルで派手なゲーミングキーボードを探しているなら、こちらの製品がおすすめです。シビアなゲームのプレイには向かないですが、値段相応の性能はあります。青軸ならではのクリック感があるので、青軸を試して見たいと考えている人にもおすすめです。

ある程度、長い時間使ってみなければ青軸の良さは分からないので、まずはこちらのリーズナブルな製品を試してみるのもいいでしょう。

LEDの明るさやパターンは全部で10種類あるので、ちょっと飽きてきたというときにも「Fn+SLキー」で変更可能です。また、防水機能も付いているので、いつもキーボード横に飲み物があるので心配という人にもおすすめです。

5千円前後:オウルテック

OWL-KB92BLJP-BK
OWL-KB92BLJP-BK
口コミ

打てば打つほどテンションが上がる感じです。 また、キーの配置も癖がなく、職場で使っているRealforceとほとんど同じなので戸惑わないところもいいです。

このキーボードはKailh社製の青軸を採用しているところが特徴となります。Kailh社製のキーボードは良い意味で「カチャカチャ」という音が魅力と言われます。また、長時間打鍵しても疲れにくいとも言われます。

上の口コミで紹介したように、打てば打つほどテンションが上がるのが青軸のいいところ、周りの人に迷惑がかからないなら、打鍵音がある方が好みという人は少なくありません。汚れが目立ちにくいマットな仕上げで、耐久性もテスト済みなので、タフな使い方をしても問題ありません。一度青軸キーボードと真正面からぶつかってみてはいかがですか。

1万円:HKW

タイプライター風メカニカルキーボード
タイプライター風メカニカルキーボード
口コミ

普段使わない時も素敵なインテリアとして、映えると思います。 エンターキーはMac風でも、ウィンドウズのスタートキーがある変なキーボードで、面白いと思いました。

「タイプライター風メカニカルキーボード」と称される青軸キーボードです。昔の映画などを見てタイプライターに憧れた人もいるのではないでしょうか。そんな人におすすめのキーボードです。また、使っていなくてもインテリア性があるので、お洒落な青軸キーボードを使いたいと探している人にもおすすめです。

LED点灯も可能で、発色の仕方にも遊び心が感じられます。そのため、がっつりではなく、楽しんでゲームに取り組みたいという人にも人気があります。ただ、キーストロークやキー配置ににも癖があるので、最初は戸惑うひとも多いです。

ただ、それを補ってあまりあるユニークな青軸キーボードと言えます。できれば、一度触れてみてから購入することをおすすめしますが、口コミを総合的に見て満足度が高いことがわかるので、一目ぼれしてしまった人は購入してみてはいかがでしょうか。

おすすめの青軸のキーボードのメーカーと代表製品

青軸のキーボードおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

どのジャンルにも、このメーカーの製品を購入しておけば間違いが少ない、というようなメーカーがあります。青軸キーボードも同じです。好みの違いはありますが、普通の電気店では青軸キーボードは売っておらず実際にキーボードの感触を確かめられない事情も考慮して、ここではおすすめメーカーと代表製品を紹介していきます。

ロジクール

 G710+
G710+

¥ 19,170

口コミ

基本、サポート重視プラス製品も合わせて考えて購入するタイプ、仕事用。

ロジクールは少し高いと感じさせる製品が多いですが、実際に使ってみるとお金を出しただけの価値はあると感じさせてくれるメーカーのひとつです。そして、オーソドックスで癖のない製品作りが特徴です。

青軸キーボードでも、この特徴は同じといえるでしょう。そのため、青軸キーボード初心者や、ゲーム用途だけでなく文書作成などの通常のキーボード操作を快適に行うためにオーソドックスな製品を探している人におすすめのメーカーです。

ロジクールの青軸キーボードのほとんどは、ゲーミングキーボードとなっていますが普通の用途としても評価が高いので、ジャンル・カテゴリーに囚われず購入の対象とすることをおすすめします。

razer

BlackWidow Ultimate
BlackWidow Ultimate

¥ 14,194

口コミ

主にFPS、RTS、文章のタイピングに使用していますが 押し心地は軽く、タイプ時の音も良い感じです。

razerはゲーム用の周辺機器を多く販売しているメーカーです。ゲーマーのニーズに100%以上応えようとする意欲的な製品も多いです。ゲーム用青軸キーボードを探すなら、まずはrazerの製品から探してみるというのもおすすめの方法です。

そんなrazerなので、ゲームに特化したキーボードを多数出していることも特徴です。「ゲーマーによるゲーマーの為の製品」というrazerのスローガンの通りの製品を体験して見てはいかがでしょうか。青軸キーボードとしては、おすすめ人気ランキングTOP1で紹介した「BlackWidow Ultimate」が代表製品です。

FILCO

 Majestouch2
Majestouch2
口コミ

買ってから3年経ちますが今もこのキーボードを使って文字を打っています。

今回は製品を紹介できませんでしたが、青軸に限らずキーボードのメーカーとして絶大な支持があるのがFILCOです。特徴は質実剛健と表現されます。耐久性も非常に高いと評価が高い製品が多いです。値段も高価で、光るという派手な部分もありませんが、確かな打鍵の心地良さで、FILCO以外の青軸キーボードは認めないという人もいるほどです。

見た目は普通のキーボードなので、ぜひ一度触れてみることをおすすめしたい製品です。口コミを見ても、良くある「粗悪品」のような単純な書き込みが一切ありません。そのため、高いお金をかけて購入するからには失敗したくない、という人におすすめのメーカーのひとつと言えるでしょう。

青軸のキーボードの使い方でおすすめは?

青軸のキーボードおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

青軸キーボードはどんな活用方法があるのでしょうか。

ゲームにおすすめ

青軸キーボードといえばゲーマー用、というほどタイプミスが少ない青軸は信頼されています。一つ一つの打鍵に戦略があり、勝敗を分ける動作であるので、青軸キーボードが好まれる理由も分かるでしょう。実際、口コミを読むと、打鍵感に対するこだわりが伝わってくる内容も多いです。

ゲーム用として楽しむならば、このような打鍵感も大事ですが、同時にLEDなどで、ゲーマーの心を鼓舞してくれるような演出にも注目してみてはいかがでしょうか。機能も大事ですが、やはりゲームは楽しくプレイしたいですから、遊び心に注目することで、青軸キーボードの良さをより一層楽しめることでしょう。

タイピングにおすすめ

青軸キーボードの良さは、タイプライターのようなキーボードを押して文字を打つという感触です。スマホやタブレットで画面をタップ、スワイプすることが多くなりましたが、ちょっと寂しく、達成感がないと感じている人もいるのではないでしょうか。

そんな人に青軸キーボードはおすすめです。コリコリした軟骨から揚げを食べる時のように、カチカチとクリック感のある青軸キーボードは他のキーボードにはない快感があります。周りの人に迷惑になってしまってはいけませんが、タイピングの音がするのが好きな人にはおすすめです。

また、大量のコーディングをおこなうプログラマーにもおすすめです。プログラマーに過酷な残業はつきものと言われますが、そんなプログラマーを青軸キーボードの打鍵音が自らを鼓舞してくれるということもあるでしょう。

お気に入りの青軸キーボードを見つけよう!

本記事では、おすすめの青軸キーボードについて紹介してきました。人気のキーボード、特徴別のキーボードを紹介してきたので、自分にあった製品を見つける参考にしてください。おすすめのメーカーについても解説したので、迷ったときは目安にするのも一つの選択です。

青軸キーボードを探すくらいの人ならば、キーボードに触れている時間が多い人でしょう。それならば、人間と同じくキーボードでもフィーリングと直感で選ぶのもおすすめです。デザイン、打鍵感、LEDの発光など、なんでもよいので魅力的なキーボードを選びましょう。きっと、毎日の成果を上げることをサポートしてくれ、そして楽しく変えてくれることでしょう。

Related