Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月11日

AVアンプおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

多くのメーカーからさまざまな機能を持ったAVアンプが発売されています。その中から人気おすすめのAVアンプTOP3や、用途によっておすすめのAVアンプなどをご紹介していきます。ご自身の使用目的に合うAVアンプの情報を参考に、AVアンプを選んでみましょう。

AVアンプおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

AVアンプの種類と選び方

AVアンプおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

最近さまざまな電子機器の性能が上がり、映像や音の品質が著しく上がってきています。その中でも今回は、「AVアンプ」についてご紹介していきます。映像や音楽などを楽しむためにも、人気おすすめの「AVアンプ」ランキングや目的別におすすめの「AVアンプ」を参考に、最適な製品を選んでいきましょう。

AVアンプのチャンネルの種類

「AVアンプ」は、ホームシアターを楽しむために必要な機器です。迫力のある映像や音楽を楽しむために、「AVアンプ」のチャネルの種類を把握しておきましょう。それでは、まずはじめに5.1chから見ていきましょう。

5.1ch

「AVアンプ」のチャンネルの中で5.1chは、一般的なホームシアターの基本チャンネルです。5.1chは、中央と前方から音声用に3ch、後方から立体的な音を作るために2ch、サブウーファーから低音領域の0.1chから構成されています。

7.1ch

「AVアンプ」のチャンネルの中で7.1chは、ドルビーデジタルが標準サウンドで、先ほどの5.1chより上位ランクです。そして、臨場感と立体感をさらに高めるために、後方に2chが足されています。より迫力のある映像や音を聞くために7.1chを選びましょう。

9.1ch

「AVアンプ」のチャンネルの中で9.1chは、7.1chよりもチャンネルの数が多いため、より自然なサウンドを楽しむことができます。贅沢にもホームシアターとして9つのサウンドは、映画などのヘリや車などの音を、実際に目の前で見ているかのようにリアルに感じることができます。「AVアンプ」の中でも9.1chは、映画やライブ映像などにおすすめのチャンネルです。

AVアンプの選び方

「AVアンプ」は、メーカーによってさまざまな機能を兼ね備えています。そうした機能の中から「フォーマット」や「入力端子」、「メーカー」など、ご自身の目的に合った「AVアンプ」の選び方をしていきましょう。それでは、「フォーマット」による選び方から見ていきましょう。

おすすめの選び方①「フォーマット」から選ぶ

おすすめのAVアンプの選び方1つ目は、「フォーマット」です。この「フォーマット」からの選び方は、DVDやブルーレイでも使われている「DolbyDigital」や「DTS」をはじめ、高音質の「ハイレゾ」やデジタル放送で使われている圧縮音声の「AAC」などがあります。

AVアンプの「フォーマット」は、ご自身の使用目的に合った「フォーマット」に合わせるのがおすすめです。次は、おすすめの選び方②「機能」から選ぶを見ていきましょう。

おすすめの選び方②「機能」から選ぶ

おすすめのAVアンプの選び方の2つ目は、「機能」です。機能は、製品ごとに異なっていて、ラジオが受信できる「チューナー機能」やスマホやパソコンと繋ぐことができる「Buetoothレシーバー」と「Wi-Fi機能」、Apple製品についている「AirPlay」や「USB接続」、自動的に音を調整する「自動音場補正機能」などがあります。

AVアンプには、メーカーごとにさまざまな機能があり、ご自身に合う最適な機能を探し出しましょう。次は、おすすめの選び方③「入力端子」から選ぶを見ていきましょう。

おすすめの選び方③「入力端子」から選ぶ

おすすめのAVアンプの選び方の3つ目は、「入力端子」です。入力端子は、現在販売されているデジタル機器をケーブルで繋ぐための「HDMI」や、レコードやカセットデッキの音源を入力したり出力するための「オーディオ端子」、CDプレーヤーの音源を光ファイバーで出力するための「光デジタル端子」があります。

現在使用している「入力端子」に合うAVアンプを探すための参考にしてみましょう。それでは、最後のおすすめの選び方④は「メーカー」から選ぶを見ていきましょう。

おすすめの選び方④「メーカー」で選ぶ

おすすめのAVアンプの選び方の4つ目は、「メーカー」です。現在数多くのメーカーがAVアンプを販売しています。「ヤマハ」や「パイオニア」をはじめ、「オンキョウ」や「DENON」、「ソニー」など、人気の機器の中から自分に合ったAVアンプを選びましょう。

AVアンプおすすめ人気ランキングTOP3

AVアンプおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ここでは、AVアンプの人気おすすめランキングTOP3をご紹介していきます。現時点において多くの人に人気のある、「パイオニア」、「DENON」、「YAMAHA」の製品をランキングにしてご紹介していますので、AVアンプを選ぶための参考にしてみましょう。まずは、ランキング3位の「YAMAHA」のAVアンプから見ていきましょう。

ランキング3位「YAMAHA」RX-A880-H

ヤマハ RX-A880-H(チタン) AVレシーバー AVENTAGE(アベンタージュ)
ヤマハ RX-A880-H(チタン) AVレシーバー AVENTAGE(アベンタージュ)

おすすめランキング3位のAVアンプは、YAMAHAの「RX-A880-H」です。この製品の特徴は、DolbyとDTSの2つのフォーマットに対応したAVアンプで、3次元の立体的な音を室内に響かせます。また、スマートフォンやタブレットに専用アプリをインストールすることで、「MusicCast」で音楽コンテンツを楽しむことができます。

YAMAHAの「RX-A880-H」を使用すると、シアタールームとして楽しむことができるので試してみましょう。

ランキング2位「DENON」AVR-X4400H

DENON AVR-X4400H AURO-3D対応 9.2ch AVサラウンドレシーバー
DENON AVR-X4400H AURO-3D対応 9.2ch AVサラウンドレシーバー
口コミ

HDMIケーブルDLC-HX20XFで、KJ-65X9000EとARC接続しています。電源が連動してオンオフされるので便利です。

おすすめランキング2位のAVアンプは、DENONの「AVR-X4400H」です。この製品の特徴は、立体的な音を最大に引き出すために9chのアンプが搭載されています。そのため、映画のアクションシーンやライブなどの臨場感を再現してくれます。

また、DENONのAVアンプの機能は、音楽ストリーミングサービスに対応しているため、高音質な音楽を楽しむことができます。DENONの「AVR-X4400H」を使って、映画や音楽を楽しんでみましょう。

ランキング1位「パイオニア」VSX-S520

 パイオニア VSX-S520 スリムAVレシーバー
パイオニア VSX-S520 スリムAVレシーバー

¥ 75,600

口コミ

デジタルアンプなので、放熱はほとんどなく、ビデオラックなど置き場所には全く困らない。 費用対効果は良いと思います。

おすすめランキング1位のAVアンプは、パイオニアの「VSX-S520」です。この製品の特徴は、厚みが7cmとコンパクトで薄く、前方の2本のスピーカーだけで臨場感のある音を再現する「フロントステージサラウンド機能」がついています。

そして、映像の解像度は4Kに対応していて、1秒間に60コマと滑らかな映像を楽しむことができます。また、音源はハイレゾに対応していますので、おすすめランキング1位のパイオニアの「VSX-S520」のAVアンプを使ってみましょう。

特徴・用途別おすすめのAVアンプ

AVアンプおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

人気おすすめのAVアンプランキングは参考になりましたでしょうか。次は、「薄型」におすすめの製品や「安い」おすすめの製品、「ホームシアター」におすすめの製品や「小型」でおすすめの製品など、用途ごとにおすすめのAVアンプをご紹介していきます。

目的に合ったAVアンプを選ぶためにも、用途ごとにおすすめのAVアンプの特徴を参考にしてみてください。それでは、まずはじめに「薄型」でおすすめのAVアンプから見ていきましょう。

「薄型」でおすすめのAVアンプ

ONKYO TX-L50 ネットワークAVレシーバー 5.1ch/ハイレゾ対応 ブラック TX-L50(B)
ONKYO TX-L50 ネットワークAVレシーバー 5.1ch/ハイレゾ対応 ブラック TX-L50(B)

¥ 70,200

口コミ

いままでのAVレシーバーよりレベルダウンですが、機能的には進歩しており、一番は薄型で熱がたまりにくくよかったです。

「薄型」でおすすめのAVアンプは、ONKYOの「TX-L50」です。この製品の特徴は、映像の解像度が4Kに対応し、ハイレゾで高音質な音源を再生することができます。そして、Wi-Fi機能やBluetoothによる無線接続で、スマートフォンに保存された音楽や音楽アプリなどの音楽をワイヤレスで楽しむことができます。

ONKYO「TX-L50」は薄型のAVアンプを探している人には、おすすめの製品になっていますので、試しに使ってみましょう。

「安い」おすすめのAVアンプ

AVR-X550BT-K デノン 5.2ch AVサラウンドレシーバー DENON [AVRX550BTK]
AVR-X550BT-K デノン 5.2ch AVサラウンドレシーバー DENON [AVRX550BTK]

「安い」おすすめのAVアンプは、DENONの「AVR-X550BT-K」です。この製品の特徴は、
DolbyとDTSのフォーマットに対応しているため、高音質な音源で楽しむことができます。低音の音域を再生することも可能なので、映画の爆発音やライブの臨場感などを再現してくれます。

また、スマートフォンやタブレットに対応したリモコンアプリ「DENON 500 Series Remote」を使ってリモート操作を行うこともできます。「安くて」おすすめのDENONの「AVR-X550BT-K」を使ってみましょう。

「ホームシアター」におすすめのAVアンプ

DENON AVレシーバー 7.2ch Dolby Atmos/DTS:X/HDCP2.2/ハイレゾ音源対応/ネットワーク機能 ブラック AVR-X1300W-K
DENON AVレシーバー 7.2ch Dolby Atmos/DTS:X/HDCP2.2/ハイレゾ音源対応/ネットワーク機能 ブラック AVR-X1300W-K
口コミ

あらゆる機能が付いており大満足です。便利だなと思うことが何でもできます。コスパも大満足。

「ホームシアター」におすすめのAVアンプは、DENONの「AVR-X1300W-K」です。この製品の特徴は、Dolby Atmosに対応していて現実的で臨場感のあるサウンドを体感することができます。

また、「Audyssey MultEQ XT」の機能によって自動的に音を補正してくれる機能が付いています。スピーカーごとに音源を補正してくれることから、DENONの「AVR-X1300W-K」は、ホームシアターにおすすめです。

「小型」でおすすめのAVアンプ

MARANTZ AVサラウンドレシーバー 7.1ch Wi-Fi/Bluetoothワイヤレス対応 スリムデザイン ブラック NR-1605/FB
MARANTZ AVサラウンドレシーバー 7.1ch Wi-Fi/Bluetoothワイヤレス対応 スリムデザイン ブラック NR-1605/FB
口コミ

テレビリモコンからHDMIコントロールでオンオフ、音量調節ができ操作性も良好です。

「小型」でおすすめのAVアンプは、MARANTZの「NR-1605」です。この製品の特徴は、薄型でコンパクトなサイズです。機能は、無線接続に対応しているため、スマホやタブレットなどの端末から直接音楽を再生することができます。

また、部屋の大きさや音の反響などを自動的に調整する、「Audyssey MultEQ XT」機能を搭載しているため、どんな部屋でも楽しむことができます。

「7.1ch」におすすめのAVアンプ

ヤマハ AVレシーバー RX-V583 7.1ch Dolby Atmos DTS:X Bluetooth Wi-Fi ネットワークオーディオ ハイレゾ ブラック RX-V583(B)
ヤマハ AVレシーバー RX-V583 7.1ch Dolby Atmos DTS:X Bluetooth Wi-Fi ネットワークオーディオ ハイレゾ ブラック RX-V583(B)
口コミ

手元のiPhoneがリモコン代わりになって便利。iPhone内の曲をエアプレーで聴ける。

「7.1ch」におすすめのAVアンプは、YAMAHAの「RX-V583」です。この製品の特徴は、ご家庭で映画館のようなリアルな映像を楽しむための、立体的な音響を作り出すことができます。

また、YAMAHA独自の機能で、スピーカーから視聴するための距離や音響の最適なポイントを計測する「YPAO機能」が搭載されています。臨場感と高音質のハイレゾ音源を楽しめる、7.1chのAVアンプを探している人は、YAMAHAの「RX-V583」を使ってみましょう。

「低価格」でおすすめのAVアンプ

SONY AVレシーバー 7.1ch HDCP2.2/4K STR-DH770
SONY AVレシーバー 7.1ch HDCP2.2/4K STR-DH770
口コミ

ひと昔でしたら、フラッグシップモデルしか装備していなかった装備ですが、今やこの価格帯で購入出来、感激しております。

「低価格」でおすすめのAVアンプは、SONYの「STR-DH770」です。この製品の特徴は、4Kの解像度に対応していて、鮮明な映像を見ることができます。また、ソニー独自の「S-Force PROフロントサラウンド機能」の高精度の音源処理技術によって、臨場感のある映像を楽しむことができます。

さらに、NFC機能に対応していることから、スマホやタブレットなどの音楽をワンタッチで再生することができます。「低価格」のAVアンプを探している人は、SONYの「STR-DH770」がおすすめです。

「高音質」のおすすめAVアンプ

ヤマハ AVアンプ AVENTAGE RX-A3050(H) [チタン]
ヤマハ AVアンプ AVENTAGE RX-A3050(H) [チタン]
口コミ

ほぼ半額で購入。さすがにこのクラスになると音がいい。

「高音質」におすすめのAVアンプは、YAMAHAの「RX-A3050」です。この製品の特徴は、立体的な音響空間を作り出すための「シネマDSP機能」です。前方の2台のスピーカーに加えて、後方のスピーカーで7.1chの臨場感を再現することができるようになりました。

また、サブスピーカーなどが無くても重低音などの音源の力強さを感じることができる、「Extra Bass機能」がついているので、「高音質」のAVアンプを探している人は、YAMAHAの「RX-A3050」がおすすめです。

「入門編」におすすめAVアンプ

ヤマハ DSP-AX440(N) DSP AVアンプ ゴールド
ヤマハ DSP-AX440(N) DSP AVアンプ ゴールド
口コミ

シンプルで初心者でも使いやすい

「入門編」におすすめのAVアンプは、YAMAHAの「DSP-AX440」です。この製品の特徴は、YAMAHA独自の高音質な技術を使って、上級モデルの製品と同じ機能が継承されています。音声チャンネルは6.1chで、力強く臨場感ある音源を楽しむことができます。「入門編」のAVアンプを探している人は、YAMAHAの「DSP-AX440」を試してみましょう。

「ミドルクラス」におすすめのAVアンプ

DENON 11.2ch AVサラウンドレシーバー (ハイレゾ音源対応) AVR-X6400H-K
DENON 11.2ch AVサラウンドレシーバー (ハイレゾ音源対応) AVR-X6400H-K
口コミ

音質がよくなった! 今まで使っていた製品よりもいい感じ!DENONは信頼性に期待してます。

「ミドルクラス」におすすめのAVアンプは、DENONの「AVR-X6400H-K」です。この製品の特徴は、「Dolby Atmos」や「DTS」に対応していて、自然な音響空間によって映画の世界を体感することができます。

また、チャンネル数は11chと贅沢なパワーアンプを搭載しているため、パワーアンプが無くても7.1.4chまでの音源を楽しむことができます。「ミドルクラス」のAVアンプを探している人は、国内でも初めて搭載された「Auro-3Dデコーダ」のDENONの「AVR-X6400H-K」を使ってみましょう。

おすすめのAVアンプメーカーと3つの代表製品

AVアンプおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ここまで、用途ごとにおすすめのAVアンプをご紹介してきましたが、その中でもおすすめのAVアンプメーカーの3つの代表製品をご紹介していきます。現在販売されているAVアンプの中でも代表する3つの製品を参考に、ご自身に合ったAVアンプを見つけていきましょう。

パイオニア

パイオニア SC-LX901 AVレシーバー ブラック SC-LX901(B)
パイオニア SC-LX901 AVレシーバー ブラック SC-LX901(B)

¥ 442,800

口コミ

かなりリーズナブルなプライスで入手できましたのでコスパから言ったら満点です。

パイオニアを代表するおすすめ製品は、「SC-LX901」です。この製品の特徴は、11chと力強いパワーアンプが付いていることです。また、「Dolby Atmos」や「DTS」のフォーマットは、高音質で立体的な音源を楽しむことができます。

AVアンプとしての機能を最大限に活かすために設計された「SC-LX901」は、厳選された高音質パーツを使っているため、パイオニアの製品を探している人は、「SC-LX901」を使ってみましょう。

ONKYO

ONKYO AVレシーバー 7.2ch Dolby Atmos/DTS:X/4K/HDCP2.2/ハイレゾ音源対応 ブラック TX-RZ810(B)
ONKYO AVレシーバー 7.2ch Dolby Atmos/DTS:X/4K/HDCP2.2/ハイレゾ音源対応 ブラック TX-RZ810(B)
口コミ

低音の迫力が凄い。(7chでも圧倒される)細かい小さな音も緻密に描写されている。アトムスも素晴らしい。

ONKYOを代表するおすすめ製品は、「TX-RZ810」です。この製品の特徴は、「Dolby Atmos」や「DTS」にも対応し、4K映像やハイレゾ音源を楽しむことができます。その他にも、無線接続機能が付いているため、スマホやタブレットなどから簡単に再生することができます。ONKYOのAVアンプを探している人は、「TX-RZ810」を試しに使ってみましょう。

最後は、YAMAHAを代表するAVアンプを見ていきましょう。

ヤマハ

ヤマハ 9.2ch AVアンプ(チタン)《AVENTAGE》YAMAHA RX-A2070(H)
ヤマハ 9.2ch AVアンプ(チタン)《AVENTAGE》YAMAHA RX-A2070(H)

YAMAHAを代表するおすすめ製品は、「RX-A2070」です。この製品の特徴は、臨場感を表現するための「Virtual CINEMA FRONT機能」が搭載され、9chの力強いサウンドを楽しむことができます。

また、「Music Cast」に対応したりハイレゾの高音質音源にも対応しています。さらに、無線接続ができるので、スマホなどからワイヤレスで動画や音楽を再生することができます。YAMAHAのAVアンプを探している人は、ぜひ「RX-A2070」を試しに使ってみましょう。

AVアンプの使い方・活用方法・楽しみ方

AVアンプおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

最後は、AVアンプを使うための方法をはじめ、AVアンプの活用の仕方やAVアンプを楽しむための方法をご紹介していきます。それぞれの使い方を参考に、AVアンプを使って映画や音楽などを楽しみましょう。それでは、AVアンプの使い方から見ていきましょう。

AVアンプの使い方

「AVアンプ」の主な使い方は、ホームシアターです。5.1chや7.1ch、9.1chなど、チャンネル数を増やして立体的で臨場感のある高音質な映画や音楽を聞くために使います。

AVアンプの活用方法

「AVアンプ」の活用方法としては、TVやDVDなどの映像をみるのもいいですが、「無線接続」を用いて活用する方法がおすすめです。この方法では、ワイヤレス通信でスマホやタブレットやパソコンを繋げて高音質な音楽を楽しむことができます。現在多くの無線通信機器が増えた世の中では、「AVアンプ」を多くの機器で活用することができます。

AVアンプの楽しみ方

「AVアンプ」の楽しみ方は、スクリーンや大画面TVを用いてゲームを楽しむ方法です。この方法では、AVアンプの性能によって4K画質やハイレゾ音源など、優れた映像やサウンドで臨場感のあるゲームを楽しむことができます。贅沢なAVアンプの使い方をして、存分に高音質でリアルな映像を楽しみましょう。

自分の目的に合った「AVアンプ」を選ぼう!

AVアンプおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

今回は、AVアンプの種類や選び方をはじめ、おすすめのAVアンプランキングTOP3や、用途ごとにおすすめの製品をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。現在多くのメーカーから販売されている製品の中から、おすすめのAVアンプをご紹介していますので、ぜひ参考にして、ご自身に合ったAVアンプを使ってみましょう。

Related