Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月13日

ステレオミキサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ステレオミキサーといってもたくさんの種類があります。今使っているステレオミキサーに不満がある方も多いのではないでしょうか。そんな方のために今回はおすすめのステレオミキサーや人気のおすすめステレオミキサーランキングなどをご紹介いたします。

ステレオミキサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ステレオミキサーはどんな種類があるの?選び方は?

ステレオミキサーと一口に言っても、ステレオミキサーとはそもそもどんな役割をするものなのでしょうか。ステレオミキサーで調べてみるとたくさんの種類が出てきて、見た目も全く違えば説明も難しかったり、価格帯とステレオミキサーの内容も分かりにくいという方も少なくないのではないでしょうか。

おすすめで調べてみても何が良くてどの目的に使うためにおすすめされているのか判断が難しいときが多々あります。今回は特徴や役割を分かりやすくしておすすめのステレオミキサーをご紹介いたします。

目的があって必要だから用意したいという方も少しステレオミキサーについて知っておくと、使う時に分かりやすくなるので参考にしてみてください。

ステレオミキサーの種類とは?

今はステレオミキサーというと、パソコン内の音楽や音声を録音したり配信したりする時のために使うものを指していることが多いです。

また、パソコン内の音と外部のマイクから入れた音の複数の音をミックスし、同時に聞こえるようにするために必要なものをステレオミキサーと呼ばれることが多くなりました。簡単に言うとパソコン内の音楽を流しながら自分の声も流す、というイメージです。今ではよく耳にする歌ってみた、ゲーム配信、生配信などには使っている方がほとんどです。

しかし本来ステレオミキサーとは、実は広い範囲で使われいる物です。複数の音をまとめて出すことができるので、音楽制作やコンサート、劇場やテレビ局まで幅広く使われています。まさに音に関する司令塔の役割を果たしています。

今回は最初にお話ししたパソコン内と外部マイクからの音声を出す役割や配信するときにおすすめのステレオミキサーについてお話していきます。

ステレオミキサーはどうやって選べばいいの?

ステレオミキサーの選び方をお話しする前に、確認していただきたいことがあります。今のパソコンにはステレオミキサーが既に内蔵されているものもあります。ただし表示名が異なる場合があるので注意しましょう。もうひとつ確認していただきたいのは、マイクミュート機能が搭載されているかです。

どちらも揃っているのであれば、目的によっては改めて用意しなくても設定さえすれば始めることができます。しかしクオリティを求めるならやはりステレオミキサーは必要です。ステレオミキサーを選ぶ際に、高価なものを選ぶ必要はありません。

高いから良いというわけではない

また、ステレオミキサーの性能は、高いから性能がいいというわけでもありません。自分が必要な機能以外のものがついていてももったいないことになってしまいます。自分が何を重視しているかをピックアップし、それにあったステレオミキサーを探してみましょう。

さらにメリットとデメリットを決めてから選ぶことをおすすめします。自分にぴったりのステレオミキサーを見つけて楽しみましょう。

人気のおすすめステレオミキサーTOP3!

ここからは、おすすめのステレオミキサーをご紹介いたします。初心者の方でも使いやすく、また値段もお手頃な物もあるのでぜひ1度ご覧になってください。本格的に始める方も様子を見てみる方にもおすすめの商品ばかりです。

第3位「初音ミクおためしセット」

YAMAHA ウェブキャスティングミキサー 3チャンネル 「初音ミクおためしセット」 AG03-MIKU
YAMAHA ウェブキャスティングミキサー 3チャンネル 「初音ミクおためしセット」 AG03-MIKU

¥ 16,200

口コミ

楽器云々など用途に合うのならぜひ購入すべきでしょう。もちろんライブストリーミングerな方にも、マザーボード標準搭載のステレオミキサーなんか捨ててこちらにすることをおすすめします。

初心者の方にとてもおすすめできるステレオミキサーです。コンデンサーマイクも接続可能なのもポイントです。使い方はいたってシンプルでありながら、その操作性からは想像を超えるクオリティを発揮します。配信にも音楽を混ぜるにも上級者レベルでの操作が可能です。操作がシンプルなのでボタン一つで多様な場面に対応できるところもおすすめポイントです。

音質も操作性も機能性も高く、YAMAHA製品というところも安心できます。ステレオミキサーは英文の説明書も多いですが、YAMAHAの公式サイトに日本語での説明や設定の方法が分かりやすく載っているので右も左も分からないという方には特におすすめです。

VOCALOIDを始めたい方にもおすすめ

初音ミクV3(ORIGINAL/DARK)の体験版、SONICWIREフリーサンプル、VOCALOID4 Editor for Cubaseの体験版、Cubase AIのダウンロード版ライセンスもついています。ボーカロイドがお好きな方やYAMAHA製のVOCALOIDを買ったから、ステレオミキサーもおそろいにしたいという方にはおすすめです。

補足

Cubaseとは、DAW(音楽楽曲制作ソフト)またはDTMソフト(コンピューターを使って音楽をを作るためのソフト)のことです。SONICWIREとは音の素材や効果音やBGMをダウンロードできるサイトのことです。

第2位 MACKIE アナログミキサー MIX8

MACKIE マッキー 超コンパクトアナログミキサー MIX8
MACKIE マッキー 超コンパクトアナログミキサー MIX8
口コミ

音質問題なし。 流石です。 個人的に大満足の商品でした。 今のものが壊れててもまた買い直します

持ち運びに便利なほど超コンパクトサイズが特徴です。コンパクトながらも頑丈な機体、前作よりも見た目もかっこよく作られています。この商品は配信用というよりは音楽用としてのステレオミキサーが欲しい方には、おすすめのステレオミキサーです。

コンパクトサイズですが搭載されている機能は、今までのMACKIE社の品質や技術を継承した高い品質のものになっています。サイズ、品質から考えても価格はかなりリーズナブルに設定にされているので、中級者はもちろんのこと、これから始めてゆくゆくは本格的に使いたい方にはおすすめの一台です。

さらにハイヘッドルームで低ノイズを実現し、スタジオレベルの音を出すことができます。コンデンサーマイクの接続もすることができます。

第1位 YAMAHA 3チャンネル AG03

YAMAHA ウェブキャスティングミキサー 3チャンネル AG03
YAMAHA ウェブキャスティングミキサー 3チャンネル AG03
口コミ

雑談・ゲーム・歌・演奏などしながらの生配信に使う場合、 これが一番わかりやすくて高機能で値段も高すぎず、とても良いと思います。

こちらはインターネットでの配信を主に考えている方におすすめなステレオミキサーです。ループバック機能を搭載し、スタジオレベルのクオリティを持つアンプを使用しているため音声や楽器の音をそのままリスナーへ聞こえるように設計されています。

インターネットでの配信をする際に、手元のつまみ1つでマイクの音量を変えることができる便利な仕様となっています。基本的な作りが配信用に重きをおいて作られているので、配信の際の便利さや音質のクオリティ、配信内容に対応できるようになっています。インターネット配信をされる方も音楽製作をされる方も満足のおすすめステレオミキサーといえるでしょう。

特徴と用途別でみたおすすめステレオミキサー5選!

ステレオミキサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ステレオミキサーと言っても上記でご紹介させていただいた本格的なものだけではありません。もっとお手軽に、今はお金をかける勇気はでないといった方向けのものもあります。最初に紹介したものとは違う特徴や使い方のできるおすすめのステレオミキサーをこちらでご紹介していきます。

参考にしていただいてる方の中には、こっちの方が合っていると感じる方もいらっしゃるでしょう。ぜひ、ステレオミキサー選びの参考にしてください。家族や周りにはバレたくない、という方にもおすすめできるステレオミキサーがあるので、そんな方にもおすすめです。

おすすめのUSBステレオミキサー

Creative USBオーディオ Sound Blaster X-Fi Go! SB-XFI-GO
Creative USBオーディオ Sound Blaster X-Fi Go! SB-XFI-GO

¥ 4,608

口コミ

この製品とにかく良い働きをします。 設定らしい設定もいらず、すこぶる順調に稼働しています。 これといって不具合も無く熱暴走もなったことないです。

USB型なので、持ち運びが簡単にできます。

また、1GBのメモリが搭載されているので、ステレオミキサーでありながらオーディオファイルを同時に持ち運ぶことも可能です。普通のUSBと見た目もそれほど変わらないので外で使う場合も目立たずに使えるところもおすすめポイントです。また、使うための設定も難しくないので、本格的に使う前に試したいという方にもおすすめできます。

さらに音質も良く、エフェクトやボイスチェンジャーなど付属のエフェクト機能なども充実しています。特に外出先などで配信する際に使う方には、おすすめのステレオミキサーです。また、パソコンに内蔵されているステレオミキサーで試してからクオリティを上げたいという方がこちらを選ぶという場合も多い傾向にあります。

SB-XFI-SR51P

Creative Sound Blaster X-Fi Surround 5.1Pro USBオーディオインターフェース SB-XFI-SR51P
Creative Sound Blaster X-Fi Surround 5.1Pro USBオーディオインターフェース SB-XFI-SR51P
口コミ

世界が変わりました。 音が全部綺麗になり、ノイズも消えました。 この時の気持ちは言葉で表現できません。是非買ってみて体感することをオススメします。

こちらはリモコンがついているので、リモコンからの操作もできる点ではとてもおすすめです。サイズもコンパクトで重量は14gととてもコンパクトで携帯性にも長けています。しかし、音質のクリアさや付属ソフトで使える機能も多いので、機能性を重視している方にもおすすめのステレオミキサーとなっています。

USB接続の簡単な作業だけで今までの環境や世界が変わると感じている方もいるほどです。付属の機能だけでなくステレオミキサーとしての役割もしっかりと果たしてくれるスグレモノです。コストパフォーマンスのとても良いステレオミキサーのひとつです。こちらは配信や歌配信、楽器の配信などをする方におすすめです。

おすすめの無料ステレオミキサーソフト

ステレオミキサーには無料のソフトウェアも配布されています。この項目では無料で使えるステレオミキサーソフトウェアをご紹介いたします。PC上で調整できるステレオミキサーは、別名『仮想ステレオミキサー』とも呼ばれています。

まずは、仮想サウンドカードをダウンロードしてきましょう。その後に仮想ステレオミキサーを導入します。

NETDUETTO(仮想サウンドカード)

仮想ステレオミキサーを使うために必要な仮想サウンドカードです。こちらは最新版をダウンロードするだけでOKです。

アマミキ(仮想ステレオミキサー)

仮想サウンドカードをダウンロードできたら、アマミキというソフトウェアをダウンロードしてきましょう。アマレコTV Live アマミキ!というダウンロードページに入り、ダウンロードしてきます。詳しい導入方法を説明しているブログがありましたので、ぜひ、見ながら導入をしてみてください。

仮想ステレオミキサーは、ステレオミキサーが欲しいけれどもなるべくお金をかけずに本格的なミキシングや配信のミキシングをしたいという方にはおすすめです。

アマミキの導入の仕方を解説しているブログ

上記の仮想ステレオミキサーであるアマミキ!をダウンロードした後に詳しい設定方法を解説しているブログをご紹介いたします。細かいところまで設定の仕方をレクチャーされていますので、初心者の方にもわかりやすくおすすめの解説ブログとなっています。

Voicemeeter Banana

上記の仮想ステレオミキサーと同じく、ステレオミキサー本体がいらないタイプのステレオミキサーです。こちらも配信向きのフリーソフトウェアとなっており、なるべくお金をかけずに配信や音楽制作を楽しみたい方におすすめです。

こちらもダウンロードから導入方法までを解説したブログをご紹介いたします。設定や使い方なども載っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのサウンドカード

Creative Sound BlasterX G5 高音質 ポータブル ゲーミング USBオーディオ ハイレゾ 対応 Windows Mac PS4 SBX-G5
Creative Sound BlasterX G5 高音質 ポータブル ゲーミング USBオーディオ ハイレゾ 対応 Windows Mac PS4 SBX-G5

¥ 15,984

口コミ

PSをしながらラインオーディオ、スカイプ、ディスコも出来ますし、 PSチャットも出来ます。 FPSでは足音を聞く設定を出来ます。 ボリューム調整も大きなダイアルで楽々出来ます。

ゲーミングオーディオ用ブランドから出ているUSBでつなぐことのできるサウンドカードです。ハイレゾ再生にも対応しており、ステレオダイレクトも搭載されています。また、ゲームでの環境音を聞きやすくするScout Modeも搭載しています。設定も初心者でも簡単に音の調節などができるので迷っている方にはおすすめです。

こちらはパソコンでゲームをしたり、パソコンでオンラインで複数人でプレイをする方、またゲーム配信をする方におすすめのサウンドカードです。

サウンドカードって何?

サウンドカードとは、イヤホンやヘッドホンやスピーカーから音を出したりマイクから入ってきた音を処理する役割をする物です。パソコンに元々サウンドカードは、ほぼ内蔵されていますが、搭載されているサウンドカードではパソコン内のノイズも拾ってしまったり音質も性能もあまり高くありません。

この部分を改善したい場合は、サウンドカードを変えて設定するとノイズが減り音質が向上します。どの場合でもノイズや音質は大切になる部分なので音でお悩みの方にはサウンドカードはおすすめです。

おすすめのオーディオインターフェース

Roland QUAD-CAPTURE UA-55
Roland QUAD-CAPTURE UA-55

¥ 23,130

口コミ

PC電源の場合、若干電源容量が不足することもあるようです。 それさえ注意して使えばいわゆるハイレゾの周波数帯まで使いこなせる優秀なインターフェイスだと思います。

オーディオインターフェースでおすすめは、Rolandから発売しているこちらのモデルがおすすめです。サイズがコンパクトで場所をとらない形はもちろんのこと、スペックとしてもとても優秀でハイレゾ音源にも対応するほどの実力を持っています。

価格は少々値が張りますが、それでもクリアで高音質なサウンドを楽しむことができます。また、面倒な入力レベルの自動調整機能もありますので、ワンタッチで安定したレコーディング環境を整えることができます。主に音楽制作やマイクとスピーカー、キーボードをつなげて歌ってみた配信をしたい方におすすめのオーディオインターフェースです。

オーディオインターフェースってなに?

オーディオインターフェースとは、パソコン以外の外付けサウンド装置のことをいいます。ステレオミキサーとの違いは、ステレオミキサーはパソコンが1つの音しか扱えないため、同時に音を出すためのミキシング(音と音を同時に出す)をしてくれます。しかし、ステレオミキサーだけでは、マイクとスピーカーからの音を同時に出すことしかできません。

ステレオミキサーと一緒に取り入れたいのがオーディオインターフェースです。オーディオインターフェースはマイクとスピーカーの他にエレキギターやキーボードなど他の楽器を接続して音を出すことができます。3つ以上の外部機器をする音楽制作をする方や弾き語りの歌ってみた配信をするにはおすすめです。

おすすめのニコ生用ステレオミキサー

Creative Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro
Creative Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro

¥ 8,442

口コミ

PC音源には必須かと。 得体のしれない雑音が排除されていて、気持ちいい音を楽しんでいます。 加えてコスパ最高、おすすめです。

さきほども登場しましたが、こちらのステレオミキサーは、ニコ生配信用にもおすすめです。設計としてはコンパクトでどこでも持ち歩けるので、外出先での配信にも嬉しい設計となっています。

また、5.1chのマルチチャンネル環境もできますので、日常使いのサウンドミキサーとしても優秀です。音楽鑑賞から映画鑑賞、そしてゲーム実況配信など、さまざまなサウンドに迫力をつけることができます。お財布にもやさしくてスペックも申し分ないので、コストパフォーマンスには長けている一台といえるでしょう。

おすすめのステレオミキサーブランド3選!

ステレオミキサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ステレオミキサーは多くのメーカーからたくさんのモデルが発売されています。そのため、どのメーカーのどのモデルが良いのか悩んでしまう方もいらっしゃるでしょう。また、ブランドやメーカーの信頼性から選びたいという方のためにも、この項目ではおすすめのステレオミキサーメーカーとその代表製品を3つご紹介いたします。

ステレオミキサーの人気ランキングをみたけれども、結局どのステレオミキサーを選んだらいいのかわからないという方もこちらを参考に選んでみてください。

YAMAHA(ヤマハ)

YAMAHA ウェブキャスティングミキサー 3チャンネル AG03
YAMAHA ウェブキャスティングミキサー 3チャンネル AG03
口コミ

雑談・ゲーム・歌・演奏などしながらの生配信に使う場合、 これが一番わかりやすくて高機能で値段も高すぎず、とても良いと思います。

YAMAHA(ヤマハ)は日本の音響機器メーカーの1つです。主にYAMAHAといえばピアノやさまざまな音源を出すことができる楽器、エレクトーンが有名です。そんなYAMAHAにもステレオミキサーが発売されています。

YAMAHAのステレオミキサーは、ウェブキャスティングミキサーが代表的です。他にも日常使いの音楽鑑賞のミキシングから音楽制作まで幅広い分野で活用することができます。ユーザーインターフェース自体もわかりやすく、使いやすいという声が多いのも特徴です。また、自社の人気製品である初音ミクをデザインしたモデルもあります。

気軽に配信をしてみたい方や日本製の安定したステレオミキサーが欲しいという方にはおすすめのメーカーです。

MACKIE(マッキー)

MACKIE マッキー 超コンパクトアナログミキサー MIX8
MACKIE マッキー 超コンパクトアナログミキサー MIX8
口コミ

コンパクトで使いやすい。ノイズも無く買って良かったです。ベリンガーと悩みましたが、新しいものに飛びついて良かったです(^-^)

MACKIE(マッキー)は日本の音響機器メーカーである音響特機株式会社が展開しているブランド名です。1991年に名機といわれているアナログミキサーCR-1604を発売していることで有名です。当時は個性的な音質が話題となり、MACKIE旋風と呼ばれるほど、音楽業界ではメジャーなブランドです。

MACKIEのステレオミキサーは、上記のようなコンパクトな設計から本格仕様のステレオミキサーなどラインナップがそろっているのが嬉しいポイントです。さらにMACKIEの個性的な音質は今でも健在です。価格もそれほど高くなく、スペックも高いことから今でも人気のステレオミキサーブランドです。

Sound Blaster(サウンドブラスター)

Creative USBオーディオ Sound Blaster X-Fi Go! SB-XFI-GO
Creative USBオーディオ Sound Blaster X-Fi Go! SB-XFI-GO

¥ 3,579

口コミ

音質は私的には満足です。録音時にノイズなどは入りませんでした。 他の方も仰っているように、この価格でこのパフォーマンスは良いです。

Sound Blaster(サウンドブラスター)は、シンガポールのメーカーです。主にコンピューター用のサウンドカードが有名ですが、上記のようなコンパクトで持ち歩きやすいUSBタイプのステレオミキサーも発売しています。

PC本体に接続するだけなので、カンタンでお手軽にホワイトノイズの低減ができます。主に通話を安定した音質にしたい方や外出時にWeb配信をしたいという方やSkype時の通話に悩んでいる方にもおすすめのメーカーです。

ステレオミキサーの使い方は?

ステレオミキサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ステレオミキサーを購入したはいいけれども、どんな使い方があるのかわからない方も多いのではないでしょうか。この項目では、ステレオミキサーを買ったはいいけれども、具体的な使い方を知りたいという方のために、いくつかステレオミキサーでできることをご紹介いたします。

音楽制作に

音楽制作をしている方には、ステレオミキサーはとても便利です。DTMならパソコン上でミキシングをしての音楽制作も可能ですが、キーボードの音やエレキギターの音をしっかりと録音したいのであれば、必須のアイテムとなります。音楽制作にはとてもおすすめのマストアイテムといえるでしょう。

Web配信用に

最近ではニコ生配信を始め、Youtubeを利用したYouTuberが流行しています。Web配信をもっと気軽に楽しみたいという方は、ぜひステレオミキサーを使いましょう。

ステレオミキサーはスピーカー音とマイク音のミックスをしてくれますので、ゲームをしながら実況をしたり、歌ってみた生配信をすることも可能です。これからYouTuberを目指したい方やWeb実況配信を始めてみたい方は、ステレオミキサーを取り入れてみることをおすすめします。

音楽鑑賞に

ステレオミキサーは、ただ音楽制作をしたりWeb配信をすることだけの道具ではありません。普段の音楽鑑賞にもぴったりな使い方ができます。例えば、Skypeで通話している時に、自分が今流している音楽を相手と共有できるといった使い方ができます。

ステレオミキサーを取り入れて配信や音楽を楽しもう

ステレオミキサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

いかがでしたでしょうか。今回はおすすめの人気ステレオミキサーについてご紹介いたしました。ステレオミキサーにも種類がたくさんあることに驚いた方も多いのではないでしょうか。最近はYoutuberの配信も流行していることからステレオミキサーを購入して配信を始めたという方もいます。

ステレオミキサーは配信や音楽の調整に役立つ必須アイテムです。配信や音楽作りをするのであれば、ぜひステレオミキサーを一台取り入れてワンランク上の配信や音楽作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Related