Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月08日

バックアップ用のHDDおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

今回はバックアップ用HDDについて書いています。バックアップ用HDDと言っても種類は様々であり、また機能も多彩です。本記事では、様々な用途に対して最適の機能を持ったHDDを紹介しているため、製品選択に悩む方々を強力にサポートします。

バックアップ用のHDDおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

バックアップ用のHDDの種類と選び方

今回はバックアップ用のHDDについておすすめの商品を見ていきます。一言にバックアップ用HDDと言っても、その種類は実に様々です。そこで、まずはバックアップ用HDDの種類と選び方を見ていきましょう。

バックアップ用のHDDの種類

バックアップ用HDDは大きく分けて「据え置きタイプ」と「ポータブルタイプ」、「NAS」の3種類があります。では、各タイプ別に細かく見ていきましょう。

据え置きタイプ

据え置きタイプは、パソコンにはUSBケーブルで接続します。また、大抵のモデルは電源が別に必要であるため、携帯して持ち歩くことはできません。しかし、容量と価格のバランスが非常に良いため、デスクトップパソコンのバックアップ用HDDに採用されることが多い傾向にあります。

ポータブルタイプ

次にポータブルタイプですが、これも据え置きタイプと同様に、使用する際はパソコンとUSBケーブルで接続します。そして、電源はUSBから供給されるため、電源ケーブルは必要ありません。よって、手軽に持ち運びのできるHDDです。携帯できるという特徴からノートパソコンのバックアップ用HDDとして活用されることが多い傾向にあります。

NAS

最後にNASですが、(Network Attached Storage)の略称で、日本語では「ナス」と呼びます。パソコンへの接続方法は上記の2つとは異なり、LANケーブルまたは無線LANで接続します。USB接続の様に1対1の通信ではなく、1対多数の通信ができるため、複数のパソコンと同時に接続することができます。

よって、例えば家族がそれぞれ持つ複数のパソコンのバックアップをNASで一元管理することができるわけです。また、バックアップ用HDDとはいえ、普通の画像データや動画データを保存することもできるわけですから、NASにそのようなデータを保存しておくことによって、家族で画像や動画を共有することもできます。

バックアップ用のHDDの選び方

上記3つの種類を紹介してきたわけですが、この項では選び方について説明します。まずは、一番オーソドックスなのは据え置きタイプであることです。このタイプは価格と性能のバランスが非常にいいため、基本的にはこのタイプを選ぶと良いでしょう。

しかし、このタイプの弱点としては、電源を別に確保しなければならないため、持ち運びには難しいという点です。バックアップ用HDDを持ち運びしなければならない場合はポータブルタイプの出番となります。容量は据え置きタイプよりは少なくなりますが、基本的にノートパソコンのバックアップ用となる場合が多いため、あまり問題ではありません。

最後に、複数のパソコンのバックアップを一元管理したい場合はNASを選ぶと良いでしょう。また、NASでは録画した動画や画像を複数のパソコンで共有することもできますので、そのような機能が欲しい場合もNASをおすすめできます。

バックアップ用のHDDおすすめ人気ランキングTOP3

ここからはバックアップ用HDDのおすすめ人気ランキングTOP3を見ていきましょう。人気だけあり、価格と性能のバランスが非常に良い製品が揃っています。

おすすめ人気ランキング3位:「MAL33000EX3-BK」

MARSHAL 3.5インチ 外付け HDD 3TB【大容量】 据え置き USB 3.0 搭載 TV録画対応【繋ぐだけ簡単設定】ハードディスク マーシャル SHELTER 3000GB MAL33000EX3-BK
MARSHAL 3.5インチ 外付け HDD 3TB【大容量】 据え置き USB 3.0 搭載 TV録画対応【繋ぐだけ簡単設定】ハードディスク マーシャル SHELTER 3000GB MAL33000EX3-BK
口コミ

大容量で、たくさん動画を保存してもまだまだ3分の1ほどしか使ってません。 この容量でこの値段で安く買えて大変満足です。

おすすめ人気ランキングの第3位はMARSHAL製の据え置きタイプ外付けハードディスク「MAL33000EX3-BK」です。おすすめできる理由は、3TBの大容量にも関わらず、値段は1万円を下回ることです。USB3.0にも対応しているため、高速通信も可能であり、大容量の動画や多数の画像でもスピーディーに通信することができます。スペックの詳細は下記のとおりです。

スペック項目内容
重量699g
サイズ3.2×11.8cm
フォームファクタ3.5インチ, 外付けハードディスクドライブ
HDD容量3TB
HDDインターフェースUSB3.0
ハードウェアプラットフォームWindows

おすすめ人気ランキング2位:「HDS2-UTX2.0」

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 2TB ミラーリング(RAID1)/2ドライブ/USB3.0/静音ファン付 HDS2-UTX2.0
I-O DATA HDD 外付けハードディスク 2TB ミラーリング(RAID1)/2ドライブ/USB3.0/静音ファン付 HDS2-UTX2.0

¥ 34,776

口コミ

USB3対応のものが欲しくなり購入しました。 S-ATAケーブルも同梱されており、HDDの換装も楽にできるように変更されていました。 満足しています。

おすすめ人気ランキングの第2位はI-ODATA製のNAS「HDS2-UTX2.0」です。この商品をおすすめする最大の理由は、「ミラーリング」が出来るということです。

上記のケースの中にはHDDが2つ内蔵されており、データを保存した際は全く同じデータが2つのHDDに書き込まれます。こうすることによって、片方のHDDが故障したとしてももう片方のデータが無くなることはありません。このような手法の事を「ミラーリング」と呼びます。

バックアップ用HDDは機械ですので、パソコンに内蔵されているHDDと同様に故障します。パソコンとバックアップ用HDDの両方が故障する確率はかなり低いですが、それでも起きてしまったらデータが無くなるため損害は非常に大きいものです。ミラーリングはこれに対する解決策の1つとなります。スペックの詳細は以下のとおりです。

スペック項目内容
重量2.1kg
サイズ7.3×12.7㎝
HDD容量2TB

おすすめ人気ランキング1位:「nasne」

nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)
nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)

¥ 23,760

口コミ

HDDの後付も可能。防水スマホとつなげて,風呂場でビデオやテレビを閲覧できます。欠点)有線接続が必須なのがちょっと嫌です。次期ナスネでは無線になって欲しいです。

おすすめ人気ランキングの第1位はsony製NAS「nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)」です。バックアップ用に使えるのは勿論ですが、他にも地上波やBS、CSの録画や画像の保存、そしてそれらをパソコンやタブレットなどで共有することが可能です。

PS4やPSvitaにも接続できるため、この1台があればデータの保存や共有に困ることはありません。様々な機器と接続でき、データの共有が出来るという点がおすすめできる最大の理由です。上記の商品は容量が1TBとやや少な目ですが、必要な場合は外付けハードディスクを増設することもできます。

特徴・用途別おすすめのバックアップ用のHDD

ここからは特徴・用途別のおすすめのバックアップ用HDDを見ていきます。使っているパソコンの種類や用途によっておすすめできるHDDは違ってくるものです。では項目別に見ていきましょう。

mac用

BUFFALO ターボPC EX2 USB3.0用 外付けHDD 3TB ブラック HD-LC3.0U3-BK
BUFFALO ターボPC EX2 USB3.0用 外付けHDD 3TB ブラック HD-LC3.0U3-BK

¥ 22,680

口コミ

簡単に取付できました。パソコンデータのバックアップ用として購入しました。精神的にも安心です。

Macのバックアップ用におすすめなのはBAFFALO製据え置きタイプバックアップ用HDD「HD-LC3.0U3-BK」です。これをおすすめできる理由は、大容量なのに非常に価格が安いためです。

Macのバックアップは標準で入っている「TimeMachine」で行う場合が大半です。TimeMachineはバックアップ先のHDDの容量を調べて、空き容量に応じて多くの履歴を自動で残してくれます。よって、HDDが大容量であるほど、自分が戻したい時の状態にMacを戻せる確率が高まるということです。

例えば重要なファイルを消去してしまった場合、1時間前の履歴があれば1時間分の作業を犠牲にすることで重要なファイルがあるときの状態に戻せます。しかし、履歴が1日前の分しか無かった場合、1日分の作業が無駄になります。このHDDは3TBもあるため、TimeMachineの性能を存分に生かすことができます。

MacBook Air用

シリコンパワー 2.5インチ ポータブルHDD 3TB Type-Cケーブル同梱 USB3.0対応 IPX4 防水 耐衝撃 キズに強い 3年保証 SP030TBPHDA60S3KAZ
シリコンパワー 2.5インチ ポータブルHDD 3TB Type-Cケーブル同梱 USB3.0対応 IPX4 防水 耐衝撃 キズに強い 3年保証 SP030TBPHDA60S3KAZ
口コミ

ポータブルハードディスクなので、USBケーブル一本で駆動する手軽さが何といってもいいですね。 しかも3mの高さから落としても大丈夫。そして防水機能もついている。

MacBookAir用におすすめのバックアップ用HDDはシリコンパワー製ポータブルタイプHDD「SP030TBPHDA60S3KAZ」です。MacBookAirはノートパソコンであるため、ポータブルタイプのHDDを採用しています。このHDDは容量が3TBあるため、上述している「TimeMachine」の性能を十分に活かすことができます。

さらにおすすめできる点として、この商品は耐衝撃性に優れており、1m22㎝の落下試験もクリアしています。またある程度の水しぶきにも抵抗があるため、日常生活のあらゆるリスクからHDDを防ぐことができます。また、USB3.0にも対応しているため、大容量データの通信もスムーズに行うことができ、製品保証も3年と長い点もポイントです。

iMac用

WD HDD 外付けハードディスク 3TB USB3.0 ハードウェア暗号化 自動データバックアップ 3年保証 My Book WDBBGB0030HBK-JESN( PS4 / PS4pro 対応)
WD HDD 外付けハードディスク 3TB USB3.0 ハードウェア暗号化 自動データバックアップ 3年保証 My Book WDBBGB0030HBK-JESN( PS4 / PS4pro 対応)

¥ 23,544

口コミ

今まで使っていた外付け2TBがいっぱいになり購入。バスパワーではないので電源が必要になりますが、持ち運ばないしまぁいいか。 管理もしっかりできないので、大は小を兼ねるで選びました

iMac用におすすめのバックアップ用HDDはWESTERNDIGITAL製の「WDBBGB0030HBK-JESN」です。iMacはデスクトップパソコンであるため、据え置きタイプのHDDを採用しております。また、バックアップはこれまでのMac製品と同様に「TimeMachine」で行うことを想定していますので、3TBの大容量タイプをおすすめします。

この製品はTimeMachineに対応したハードディスクを搭載しているため、iMacにはうってつけの商品と言えるでしょう。大容量の他、耐久性、耐震性、長期信頼性の厳しい要件を満たしているため耐久性も良く、万一故障しても3年間の保証もついてくるため安心です。

Windows10用

BUFFALO ターボPC EX2 USB3.0用 外付けHDD 2TB ブラック HD-LC2.0U3-BK
BUFFALO ターボPC EX2 USB3.0用 外付けHDD 2TB ブラック HD-LC2.0U3-BK
口コミ

簡単に取付できました。パソコンデータのバックアップ用として購入しました。精神的にも安心です

Windows10用のバックアップ用HDDとしておすすめなのはBAFFALO製据え置きタイプHDD「HD-LC2.0U3-BK」です。

Windows10のバックアップ用ソフトウェアは、MacのTimeMachineの様にHDDの空き容量が多い程有利になる仕組みはないため、HDDの容量はそこまで気にする必要はありません。よって、今回はHDDの容量と価格のバランスが最も取れている製品をおすすめしています。

2TBという容量はWindows10のバックアップとしては充分な容量で、さらに動画や画像を保存することもできます。

テレビ用

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB PC/テレビ録画/日本製/土日サポート EX-HD3CZ
I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB PC/テレビ録画/日本製/土日サポート EX-HD3CZ
口コミ

大容量で小さくて値段もまあまあ安いです。 今までずっとB社のものを使っていましたが、今回初めてI-O DATAのHDDを買いました。 今のところ全く問題ありません。

テレビの録画用HDDとしておすすめなのは「EX-HD3CZ」です。このHDDはテレビの録画用といして開発されたHDDで、10メーカー600機種以上のテレビに対応しています。業界最小のサイズで、テレビの周りに設置しても邪魔になりません。

容量は3TBの大容量ですので、最大録画時間は約360時間にもなります。接続も簡単ですが、何よりサポート体制が非常に充実しており、土日の電話サポートも受け付けているため、機器の操作に困ることはないでしょう。テレビの録画用として、初めてHDDを買う方にもおすすめできる商品です。

NAS

【NASキット】Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426
【NASキット】Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

¥ 22,500

口コミ

外部、内部共にサーバーがこれ一台で済むようになりました。VPNを使えば家にいるように携帯でもネットワークを利用できるようになるのでVPSなどのサービスを使う必要がなくなりました

NASのおすすめ商品はSynology製「SynologyDiskStationDS216j 」です。この商品にはHDDが内臓されていないため、別途購入する必要はあるのですが、この1台で非常にいろんなことが出来るようになります。

おすすめできる最大の理由は、HDDは2台まで設置できるため、片方のHDDが故障してもデータを守ることが出来る「RAID機能」を備えていることです。よって、より安全にデータを保存することができるため、万一の故障時も安心です。

さらに、動画や画像の保存、共有は勿論のこと、VPNという機能を使って外にいながらスマホなどを使用してこのHDDのデータを利用できます。現在はどこでもデータを保存でき、利用できる便利なクラウドサービスがありますが、これと同じ事が出来るため、クラウドサービスはもう必要ありません。このHDDには、活用できれば便利な機能が多く搭載されています。

おすすめのバックアップ用のHDDのメーカー・ブランド3つと代表製品

おすすめメーカーその1:BAFFALO

BUFFALO ターボPC EX2 USB3.0用 外付けHDD 4TB ブラック HD-LC4.0U3-BK
BUFFALO ターボPC EX2 USB3.0用 外付けHDD 4TB ブラック HD-LC4.0U3-BK
口コミ

快適に使用しています、音楽ファイル(ハイレゾの保存)にOPPO Sonica DACと接続し再生しています。

おすすめする最初のメーカーはBAFFALOです。この会社は主にパソコンの関連機器の開発・製造・販売を行っています。よって、今回紹介しているHDDにも強く、非常に多くの種類の製品があります。

この会社をおすすめする理由は、「安くて大容量のHDDが多い」ことです。他社よりも安くて容量が豊富であり、コストパフォーマンスに優れた商品が多いため、HDDで迷ったらBAFFALO製を選んでも問題無いと言えるくらいです。下記はBAFFALOのおすすめできる代表製品になります。

おすすめメーカーその2:I・ODATA

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 2TB USB3.0/テレビ録画/パソコン/家電対応 日本製 HDC-LA2.0
I-O DATA HDD 外付けハードディスク 2TB USB3.0/テレビ録画/パソコン/家電対応 日本製 HDC-LA2.0

¥ 12,960

口コミ

バックアップ用のHDDは、価格と性能から、アイ・オー・データのものをいろいろ10年以上使用しています。

次におすすめするメーカーは「I・ODATA」です。この会社はパソコンの関連機器の開発・製造・販売に加え、液晶テレビなども取り扱っています。

この会社をおすすめする理由は「安くて大容量のHDDが多い」ことです。上記のBAFFALOと理由が被っていますが、この2社は最大のライバル同士とも言えます。現在ではパソコンのバックアップ用HDDはBAFFALOの方が価格の面で上ですが、I・ODATAはテレビ録画用のHDDで分があります。下記はI・ODATAのおすすめできる代表製品です。

おすすめメーカーその3:Synology

【NASキット】Synology DiskStation DS218play [クアッドコアCPU搭載多機能パーソナルクラウド 2ベイNASキット] CS7089
【NASキット】Synology DiskStation DS218play [クアッドコアCPU搭載多機能パーソナルクラウド 2ベイNASキット] CS7089
口コミ

多機能過ぎて自分で使う機能はその内の一部です。読み書きも早く、外部からのアクセスも問題ありません。 もう持ち歩きのUSBメモリは不要です(^^)

最後におすすめするメーカーはSynologyです。このメーカーの代表製品はNASになります。NASは上述のとおり、パソコンなどのバックアップに加え、HDDの安全性を高めるRAIDなど様々なことが出来ます。機能だけで言えば、家庭内のバックアップ用HDDで最も良い選択肢はNASです。

しかし、多機能な分、NASは基本的に価格が高い傾向にあります。しかし、Synology製のNASは価格の割には非常に多機能であり、コストパフォーマンスに優れています。これがSynologyをおすすめする最大の理由です。以下はSynologyのおすすめできる代表製品となります。

バックアップ用のHDDの使い方・活用方法

ここからは、バックアップ用HDDの活用方法について見ていきます。据え置きタイプとポータブルタイプの活用方法はほぼ同じですが、NASだけは違うため、それぞれに分けて見ていきます。

据え置きタイプ・ポータブルタイプの活用方法

この2つのタイプは基本的にUSBケーブルを使ってパソコンと接続します。バックアップファイルのデータ転送の他、パソコン内の動画や画像を保存しておくことも可能です。

しかし、バックアップ用HDDとはいえ、機械ですので確率は低いですが故障する可能性はあります。よって、例えば子供の小さい頃の写真の様な、消失したら二度と復活させることができないデータの保存は考える必要があります。ストレージのクラウドサービスなどを利用することも選択肢の1つです。

NASの活用方法

NASは基本的にネットワークでパソコンと接続します。LANケーブルも方法の1つですが、無線LANも使えるため、基本的にはケーブルの敷設作業が要らない無線LANがおすすめです。NASはパソコンのバックアップファイルの保存は勿論、動画や画像を保存でき、それを共有することも可能です。

さらに、製品の機能によりますが、複数のHDDを搭載することで、HDDのデータの安全性をより高めるRAID機能を利用できます。バックアップ用HDDは、たとえ数億円かけてもデータを100%保護することはできませんが、このRAID機能はその安全率を大きく上げてくれます。このRAID機能が扱えるため、NASはバックアップ用HDDの最良の選択肢であると言えるでしょう。

さらに、VPN機能を使うことで、安全に外からNASに通信をすることが可能になり、外にいながら家にいるときと同じようにNAS内のデータを利用できます。

結局バックアップHDDはどれがいい?

バックアップ用のHDDおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ここまでバックアップ用HDDについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。バックアップ用HDDは、用途によって最適な種類が違います。複数のパソコンのデータを一元管理したいならばNASが便利です。しかし、パソコンが1台しかないのであれば、NASより値段が安い据え置きタイプやポータブルタイプの方が良いでしょう。

また、データをどこまで保護するかという問題があります。据え置きタイプやポータブルタイプは基本的にHDDが1つしかないため、そのHDDが故障すれば保存しているデータを復活させることは難しいでしょう。反面、NASはRAID機能が付いているものが多いため、安全率は他の2種類よりも高いです。

よって、管理するパソコンの数と、保存するデータの種類によってバックアップ用HDDの種類はおのずと決まります。今回紹介した商品を参考にしながら、ご自分の用途に合ったバックアップ用HDDを選びましょう。

Related