Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月25日

イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

皆さんこんにちは、今回は「イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方」と題して、「イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方についてのご紹介をはじめ、「イーサネットコンバータ」に関する詳細情報についてご紹介します。

イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

イーサネットコンバータとは

イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

イーサネットコンバータというのは一般的に「パソコン用語・IT用語」として知られる専門用語の1つで、「有線デバイスから無線デバイスに変更するために設置する装置」のことを言い、いわゆる「Wi-Fi」や「無線LAN」などで知られる「無線によるインターネット装置」となります。

現代でもこの「イーサネットコンバータ」の種類は非常に多く市販されているため、特に購入する場合はあらかじめ「その機種と性能」を踏まえておき、「自分が所有しているパソコンやその周辺環境を把握した上で選定・購入すること」がおすすめされます。

おすすめのイーサネットコンバータ

イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

いわゆる「イーサネットコンバータ」というのは「無線LAN機器類」のうちの1つとして知られており、「無線LANアダプタ」の親類のように認められています。そのため、おすすめのイーサネットコンバータの性能を見定める際にはまず「パソコンの常設場所とその環境への配慮」が必要となり、家庭に見合った機種を選ぶことがおすすめされます。

一般的におすすめされるイーサネットコンバータの性能を見る場合、まず「情報処理が快速で行なえるかどうか」が基準となり、とにかく「さまざまな状況・環境に対応できる上で、なおかつデータ送信が速い」ということがおすすめポイントとして認められます。

イーサネットコンバータの種類と選び方

イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

イーサネットコンバータの性能を見る場合、とりわけWi-Fi機能を持つルーターと同じ認識で使用されることが多くなってきており、その場合でも「パソコンの常設場所や周辺機器類との相性に配慮して設置されること」が非常に増えてきており、またその方法がおすすめされます。

イーサネットコンバータの機種にも各メーカーによっていろいろと性能が変わったりデザインもさまざまであるため、それぞれのイーサネットコンバータのデザインを見て購入する人も少なくありません。

しかし飽くまでもイーサネットコンバータは「パソコン周辺機器」としてあるため、まずはその性能をはじめ「ユーザー(自分)にとってニーズをしっかり満たしてくれるかどうか」を基準に選ぶことがおすすめされます。

イーサネットコンバータの種類

現在において市販されているイーサネットコンバータには実に多くの機種が登場しており、「WLI-UTX-AG300/C」モデルの機種や「BUFFALO Air Station」、「NEC Atermシリーズ」で知られるかなり人気を博している機種などがあります。

まず「BUFFALO Air Station」シリーズで販売されているイーサネットコンバータ機種では、多くのユーザーによって支持されている「快速型のモデル」が非常に多く、その上でどんな環境でも対応できる「電波受信の強いイーサネットコンバータ」が人気を呼んでいます。

また「NEC Atermシリーズ」で登場しているイーサネットコンバータシリーズもバッファローに負けないくらいの性能を持ち合わせており、「メンテナンスが充実しており破損しにくいこと」という点がおすすめされます。

イーサネットコンバータの選び方

まずイーサネットコンバータを選ぶ際には「自分が所有しているパソコン機種(Windows8や10など)と相性がどれくらいよいか」という点を見定めておき、さらにそのパソコン周辺機器類との設置状態をシミュレーションしておくことが必要です。

イーサネットコンバータのサイズは「19.4×13.9×7.1cm」と一般的にスペースをそれなりに取るため、購入後でも果たしてそのままの状態でイーサネットコンバータを常設することができるかどうかの配慮が必要となります。

その上で「ユーザーによってパソコン機能の使用頻度(どの分野の機能を頻繁に使用するか)」という個別による使用方法が変わってくるため、「自分が使用する上で果たして、イーサネットコンバータを常設する必要があるか」への視点を持つことがおすすめされます。

イーサネットコンバータおすすめランキング

イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

さて、先述でご紹介しました「イーサネットコンバータ」についてのある程度の知識・情報を踏まえた上で、ここで「イーサネットコンバータおすすめランキングTOP3」という形で「おすすめのイーサネットコンバータ」をご紹介していきます。

今回おすすめするイーサネットコンバータは飽くまでも「一般的によく売れている物」という売れ行きと、それにまつわる「利便性に長じている点」をポイントにしているため、実際に購入される際には必ず「ご自分の目で確認すること」をおすすめします。

第3位:BUFFALO Air Station

BUFFALO Air Station NFINITI
BUFFALO Air Station NFINITI

¥ 11,448

口コミ

倍速じゃなくても、LinkTheaterに入れたDVD程度の映画が、全く途切れることなく見れました。 しかも、AOSSのおかげで接続も簡単です。

やはり「無線LAN機器類」と言えばバッファローを外すことはできず、現代でも「最も売れている」と言われて過言ではない程の超絶の人気を博しているイーサネットコンバータとなります。

サイズは基本的に「23×20×8.5 cm」となり、その重量も「798g」とほぼ「1kg」に近い重量感を持ちますが、イーサネットコンバータのうちでは比較的「軽量の機種」となるため、常設する場合でも手頃な種類のイーサネットコンバータとしておすすめできます。

さらにその機能性ですが、こちらの「BUFFALO Air Station NFINITI」の場合は特に「データ送信・情報交換」に無理なく対応できる優れた点があげられ、通常パソコンを使用する場合でもほとんど「遅さ」を感じさせない優れものという点でおすすめです。

第2位:TP-Link 無線LAN 子機

TP-Link 無線LAN 子機
TP-Link 無線LAN 子機

¥ 1,588

口コミ

そう、ソフトアクセスポイント、親機モードが使えます。距離はあまり稼げませんが、一時的に利用するには便利です。

こちらは子機のご紹介となりますが、この「TP-Link 無線LAN 子機」というのはとりわけUSB程のコンパクトな無線LAN機器となるため、まず「ポータブル感あふれる手頃なイーサネットコンバータ機種」としておすすめされます。

特にビジネス上で扱うパソコンやプリンターなどには最適の一品となるため、本機種を購入してすぐに「無線LAN機能を発揮させてデータを飛ばせること」もたやすく、その利点をもってさまざまな機能が各機種に搭載されることになります。実に使い勝手がよいため、パソコン初心者にもおすすめできます。

第1位:NEC Aterm WL300NE-AG

NEC Aterm WL300NE-AG
NEC Aterm WL300NE-AG
口コミ

速度が突発的に落ちたりすることはありませんでした。オンラインゲームをしていても安定しています。

やはり第1位に輝くのは「NECシリーズ」で登場している「NEC Aterm WL300NE-AG」モデルのイーサネットコンバータで、本機種の特典は何と言っても「安価で使用効率が非常に優れている点」となります。

パソコン初心者から上級者まで、実に幅広いユーザー層にとっても「優れモノ」の一品としておすすめでき、さらにその性能や使用分野の広さは「バッファロー製イーサネットコンバータ」と比較する上でもけっして引けを取らない程の魅力を発揮してくれます。

サイズは「19.4×13.9×7.1 cm」でその重量は「526g」と比較的コンパクトサイズのモデルであるため、常設する場合でも「ある程度のパソコン周辺環境に適応している」と言って過言ではありません。

特徴と用途別おすすめのイーサネットコンバータ

イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

先述でご紹介しましたように、現代で市販されているイーサネットコンバータには「非常に優れた性能を持ち合わせた優れもの」が多いため、選定・購入される際には実に「迷ってしまう」ということも多くなることでしょう。

その場合はまず「イーサネットコンバータそれぞれの機能性・特徴・用途」をしっかり事前調査しておき、「実際にそれを購入して自分のニーズが満たされるかどうか」についてしっかり把握することがおすすめされます。

ナスネのおすすめイーサネットコンバータ

BUFFALO WiFi 無線LAN 中継機 WEX-733D
BUFFALO WiFi 無線LAN 中継機 WEX-733D

¥ 5,400

口コミ

中継機を5GHz固定で2.4GHzのデュアルバンド接続で使っています。 新しいルーターを買って、WZR1750-DHP2を中継機として利用します

ナスネ(NASNE)というのは「地上デジタル・BS放送・CSデジタル3波にまで対応したシングルチューナーが搭載されたHDDレコーダー」のことを指し、現代でもプレイステーションやソニー製品などの「インターネット情報による互換性」を高めるための促進機器としておすすめされています。

しかしナスネには本来「無線LAN機能」が搭載されていないため、この無線機能を促進させるためにイーサネットコンバータが合わせて使用されることが一般的です。その場合でも一般に市販されているイーサネットコンバータを使用することができ、その組み合わせによってさまざまな無線機能を使い分けることができます。

今回おすすめするのは「BUFFALO WiFi 無線LAN」で、このバッファローシリーズの中でも特に他機能との互換性を兼ねそろえた機種となります。

PS3のおすすめイーサネットコンバータ

BUFFALO LAN端子用無線子機 メディアコンバータ WLI-TX4-G
BUFFALO LAN端子用無線子機 メディアコンバータ WLI-TX4-G

¥ 5,724

口コミ

電気代も節約出来たし、ケーブルをはわす必要もなくなった。 通信速度は、パソコンにつなぐ訳ではないので、別に気にならない。

最近ではプレイステーション3用のイーサネットコンバータも普通に市販されていて、この場合のおすすめポイントは「プレイステーション3が搭載している機能との互換性に、最も対応しているイーサネットコンバータ」という相性となります。

今回おすすめするイーサネットコンバータは「BUFFALO LAN端子用無線子機 メディアコンバータ」で、先述と同じく「他機種との接続対応が最も高い」とされるバッファローシリーズのイーサネットコンバータとなります。

小型のおすすめイーサネットコンバータ

BUFFALO WLI-TX4-G54HP
BUFFALO WLI-TX4-G54HP
口コミ

無線ルーターの電波を別棟で受け、有線のハブにしています。なかなかきっちり電波を捕まえてくれるので助かります。

やはりパソコン周辺機器として常設する際には「コンパクトであること」がその利点とされることが多く、そのためにはイーサネットコンバータのコンパクト性(小ささ)・軽量がきわめて重要となります。

今回おすすめするイーサネットコンバータは「BUFFALO WLI-TX4-G54HP」で、この機種は従来によく見られるイーサネットコンバータの形態とは違って「非常にコンパクトサイズ・ポータブルサイズ」に軽量化されており、片手でひょいと持ち上げられる程のサイズ・重量感となります。

おすすめの快速のイーサネットコンバータ

NEC Aterm WL300NE-AG
NEC Aterm WL300NE-AG
口コミ

遠くなるとさすがに減衰して遅くなるので2.4GHzのほうが速い環境は状況によりあります。 幸い自身の環境ではなかったので問題ありませんでした。

イーサネットコンバータを使用する場合でもそうですが、特にパソコンOS(OSというのはパソコン機能の速度や処理能力のことを指します)の利点に配慮する場合と同じく、その「情報提示・送受信の速度」がおすすめの最重要パートとなるでしょう。

今回おすすめするイーサネットコンバータは「NEC Aterm WL300NE-AG」で、先述しましたように「NECモデルのイーサネットコンバータ」の特徴は何と言っても「快速・爆速のデータ処理」が最大の魅力として知られており、さらにあらゆる状況や環境においてもその電波受信力が落ちないという点がおすすめされます。

おすすめ安価のイーサネットコンバータ

エレコム WiFi 無線LAN ルーター
エレコム WiFi 無線LAN ルーター

¥ 1,980

口コミ

仕事部屋だけwi-fiが飛べば良いという事で、最安値の本品を購入しました。当たり前ですが、十分使えます。

パソコン機能を向上させる際や、その周辺機器類の機能性を促進する場合には、やはり必ずと言ってよいほど「課金によるOS設備の向上」が必要となります。この場合でも「安価で購入できるモデル」があればなおさら好都合で、「できるだけ安価に抑えながら、そのニーズを果たしたい」と誰もが考えるでしょう。

今回おすすめするイーサネットコンバータは「エレコム WiFi 無線LAN ルーター」で、これは先述しました「TP-Link 無線LAN 子機」とは違い「親機」の形態をしているため、そのOS機能にしても遥かに上回る能力を兼ねそろえています。

その上で価格は何と「2,000円前後」で購入できるという優れものであるため、ほとんどのパソコンユーザーにとっても非常にありがたく、嬉しい一品としておすすめされるでしょう。

通信が安定するおすすめイーサネットコンバータ

BUFFALO ネットTV対応イーサネットコンバーターセット
BUFFALO ネットTV対応イーサネットコンバーターセット
口コミ

結果ですが、Windows7での異常は全て解決しました。 親機と子機の通信も安定していて、PS3などの有線限定機能も問題なく使えます。

どんなにOS機能が良くても、またどんなに爆速・快速のデータ処理能力があったとしても、そのシステムモデルが安定して継続利用できなくては意味がありません。やはりパソコン周辺機器を購入する際には、その「メンテナンス状態」にもしっかり配慮することがおすすめです。

今回おすすめするイーサネットコンバータは「BUFFALO ネットTV対応イーサネットコンバーターセット」で、価格は「6,000円前後」と少々値は張りますが、それだけ機能性豊かな活用対応と、さらに「継続利用する際に抜群のメンテナンス力」が搭載された優れものの一品としておすすめできます。

イーサネットコンバータのおすすめブランド3つ

イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

先述までに「イーサネットコンバータそのものの機能性に配慮したランキング」をご紹介しましたが、ここでは「イーサネットコンバータのメーカー(ブランド)とその代表機種モデルのランキングTOP3」をご紹介します。

バッファロー

BUFFALO ネットTV対応イーサネットコンバーターセット
BUFFALO ネットTV対応イーサネットコンバーターセット
口コミ

非常に便利でしかも電波も強いです。

先ほどもご紹介しましたが、やはりバッファローシリーズの中で特におすすめされるのは「BUFFALO ネットTV対応イーサネットコンバーターセット」の機種モデルで、本機種の最大の特徴は「機能性や互換性が抜群にあることに加え、さらにそのメンテナンス性が非常に安定している点」と言えます。

継続利用していく場合には特におすすめできる一品で、その電波互換性による卓越した電波共有の強さは他のモデルと比べてもまったく劣りません。家庭に常設しておけば、その家から一歩外に出た場所でも電波(無線LAN機能)を共有できる程の素晴らしさであるため、ぜひ一度は手にしてほしい稀な一品としておすすめです。

NEC

NEC Aterm WL300NE-AG
NEC Aterm WL300NE-AG
口コミ

親機もAtermなので接続簡単相性抜群のストレスフリーなセットアップでした。親機ともども信頼性もまた抜群です。

こちらも先述でご紹介しましたが、やはり「NECモデルのイーサネットコンバータ」として最もおすすめできるのは「NEC Aterm WL300NE-AG」モデルの機種となるでしょうか。

NECモデルのイーサネットコンバータの特徴は何と言ってもまず「安定した電波共有性とその快速による機能性」で、これはイーサネットコンバータの機能に配慮する場合には必ず「おすすめされるポイント」の1つとして認められます。

エレコム

エレコム WiFiルーター 無線LAN ポータブル
エレコム WiFiルーター 無線LAN ポータブル

¥ 4,828

口コミ

宿泊先に有線LANはあるが無線はないとのことでこちらを見つけて購入しました。 普通に便利に使えました。

エレコムモデルのイーサネットコンバータ・無線LANシリーズのモデル機種にしても、現代ではさらにその売れ行きを伸ばし続けている「根強い人気シリーズの商品」で満載しています。

エレコム製品の特徴としてよく言われるのは「コンパクトサイズで機能性豊か」というポイントで、この利点は「ポータブルサイズのイーサネットコンバータ」を実現する際に非常に活用される有利な点となります。

今回おすすめするのは「エレコム WiFiルーター」で、このモデルはUSBのサイズとほぼ同じサイズの非常にコンパクトサイズの物となり(2.4×1.8 cm程度)、いつ・どこでも自由に使用できる上に「豊富な機能性」が発揮される優れものとしておすすめです。

イーサネットコンバータの使い方や活用方法

イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

パソコン周辺機器を選定・購入する場合には、まず「その機種モデルの性能やメンテナンス状態」を確認する上で、「自分が所有しているパソコンやその周辺機器類との相性」について、じっくり検討しておくことがおすすめされます。

まずイーサネットコンバータというのは、いわゆる「無線ルーター」と呼ばれる機種の子機として認められます。つまり、無線ルーターと他機種との媒体(メディア)の役割を果たすことをその役割としているため、無線LAN機能の強化が図られることになります。

中継器との違い

イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

基本的にイーサネットコンバータというのは先述しました機能によって「無線ルーターと無線LAN機器とのメディア(中継器)」として使用することもできますが、そもそもイーサネットコンバータというのは「中継器としての機能」を専門的に持つモデルではなく、その中継器によって接続される側の機種となります。

一般的に言われるのは「イーサネットコンバータというのは、無線ルーターとパソコンとをつなぐアダプタの役割を担うもの」という内容で、イーサネットコンバータそのものがパソコンとルーターに接続され、LANの役割を果たすことになります。

設定の仕方

イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

まずイーサネットコンバータを使用する場合は、「有線LANの場合と無線LANとの場合」に分けられて使用されることになるため、それぞれの状態によってその使用法が変わってきます。

基本的にイーサネットコンバータは「無線ルーターから電波を受信し、その受信したデータを各種端末機器に取り次ぐ役目を果たすこと」になるため、その場合は各種端末機器から引いたLANをイーサネットコンバータに設置されている各LANポートに接続する必要があります。

正しくイーサネットコンバータ使いましょう

イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

いかがでしたか。今回は「イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方」と題して、「イーサネットコンバータおすすめ人気ランキングTOP3・選び方についてのご紹介をはじめ、「イーサネットコンバータ」に関する詳細情報についてご紹介しました。

イーサネットコンバータと言われても「ピンとこない」と言う人も多いでしょうが、たとえばイーサネットコンバータを実際に購入して、そのモデル形態や付属されている取扱説明書などを見れば「なるほど」とすぐに納得できるでしょう。

イーサネットコンバータというのはそもそも「無線ルーターとパソコンの電波共有を促進するためのアダプタ(媒体)」の役割を果たすため、イーサネットコンバータそのものが無線LAN機能を発揮するものではありません。イーサネットコンバータについての知識を正確に取得しておき、実際にイーサネットコンバータを使用する際に役立てましょう。

Related