Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月04日

サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

皆さんこんにちは、今回は「サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方」と題して、「サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ」のご紹介をはじめ、「サンドボックス」についての詳細情報をご紹介します。ぜひご参考にしてみてください。

サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

サンドボックスの種類と選び方

サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

「サンドボックス」という言葉を皆さん聞いたことがあるでしょうか。「サンドボックス」というのは「コンピューター・プログラミングにおいて、ユーザーが自由に環境やルールを設定し、自己流にコンピューターシステムやゲームデザインを工夫し創案し、その特定の環境においてのみ楽しむことができるシステム設計」のことを基本的に指します。

まず「サンドボックス」を選択する際には、「自分のキャラデザインや理想とする練習用のシステム設計にそのサンドボックスが最適かどうか」を確認しておくことが大切で、GoogleやさまざまなWeb無頼ウザに取り込んで楽しむ際にも、「自分(ユーザー)にとって理想的なシステム進行」が必須です。

そしてこのサンドボックスの成果としては、「外部から侵略してくるプログラム操作を未然に防ぐことができる」というセキュリティ機構保持の特典があります。

サンドボックスの種類

サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

「サンドボックス」の種類には大きく分けて3種類あり、1つ目は「パソコンやアプリケーション専用に設計された特定プログラムの反映と保護を期したサンドボックス」、2つ目は「主にゲームアプリ専用に設計された、タスクやクエストなどが存在しない自由空間においてゲームデザインが可能なminecraft系のソフトウェア」などが有名です。

そして3つ目は「コンピューター上に反映されたウィキペディアなどに使われている自由ページ・練習用ページとして設計されたアプリケーション」となります。つまりコンピューター上の管理システムのことを指し、この場合も「外部からのシステム侵入を未然に防ぐことができる優れもののソフトテスト環境」を構築できます。

サンドボックスの選び方

サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

「サンドボックスの選び方」についてですが、まず「サンドボックス」という言葉は英語で言うところの「砂漠」を意味する言葉であり、「ボックス」というのは「特定の範囲・領域」という箱の意味合いを兼ねそろえています。

「サンドボックスの選び方」について考慮する場合、まずコスト面・メンテナンス性への配慮が必須となります。「そのサンドボックスで設計されたシステム設計の影響が及ぶ範囲内でのみプレイすることが可能」となるため、ユーザーが理想とするサンドボックスをあらかじめ把握しておくことが必要です。

先述しましたように「サンドボックス」にはユーザー独自が練習用にシステム設計を楽しめる点もありますが、最近では「ハッカーなどによる標的型攻撃に対抗するアプリケーション」としての注目が高まっています。仮想環境を打ち立てておき、その環境内で未確認のマルウェアを事前に検知することが可能です。

サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3

サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

さて、「サンドボックス」についてのある程度の情報・知識を踏まえた上で、今回おすすめする「サンドボックス」についてのランキングをご紹介していきます。今回は「サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3」と題して、現在において最も人気の高い「サンドボックス」から魅力的なサンドボックスまで、一挙にご紹介します。

今回は「サンドボックス」に関連するゲームソフト(minecraft系の物)や、Adobe Acrobat(Windows版)などの製品をメインにご紹介していきます。少しでも興味のある製品があれば、ぜひ一度覗いてみてください。

ランキング3位:「Wii U EDITION」

MINECRAFT: Wii U EDITION
MINECRAFT: Wii U EDITION

¥ 3,888

口コミ

操作方法さえマスターすればとても楽しい商品ですよ。とてもおすすめですね。

まず第3位におすすめする「MINECRAFT: Wii U EDITION」のご紹介ですが、本ゲームアプリケーションはNintendo Wiiから発売されているminecraft(メインクラフト系)のゲームソフトで、「プレイヤーが自由気ままにその世界観をクリエイトできる、完全オリジナル型のゲームワールド」となります。

とにかく「これでもか」と言うほどの設計ツールがダンジョンごとに用意されており(基本的にはタスクがないため「ダンジョン」はありませんが)、その場面ごとで「ユーザーにとって理想的なプレイを1から設計していける、独創システムを採用したクリエイティブ・モード」としておすすめされます。

非常に興味深いおすすめモードが満載ですので、ぜひ一度プレイしてみてください。

ランキング2位:「Survivalcraft」

Survivalcraft
Survivalcraft

¥ 399

口コミ

まず、良いところとしては、人が作ったワールドで遊べる。 この良いところのおかげで私は毎日遊んでいます。 また、ロードが結構短い。

第2位は「Candy Rufus Games」から発売された「「Survivalcraft」系のゲームアプリケーションのおすすめとなりますが、本ゲームもまず「独創的なゲーム設計・プレイヤー設定を基準にした完全オリジナル型のプレイ」が楽しめます。

そして先述の「Wii U EDITION」に比べて、「大自然」や「過酷な環境・状況に立ち向かうサバイバル型ゲーム」のアトラクションが目いっぱい広がった、ハラハラドキドキ感が満載のアクロバット式のプレイが何と言ってもおすすめできます。

Mine craft系シリーズとしては「思いきり原点に立ち返ったシステムアップロード」を駆使して設計されているため、本ゲームをプレイすることによって「mine craftシリーズ」を十分堪能することができる点がおすすめされます。

ランキング1位:「Adobe Acrobat」

Adobe Acrobat Pro 2017 Windows版
Adobe Acrobat Pro 2017 Windows版

¥ 23,112

口コミ

非常勤講師の場合教職員用が購入出来るか心配でチャット等で確認させていただき購入しました。テキスト等の作成に編集機能が必要になってくるのでPro版は便利です。

第1位のおすすめは「Adobe Acrobat Pro 2017 Windows版」のご紹介となりますが、本ソフトのおすすめとしてはまず「学生用アプリケーションとして魅力的なシステム設計が満載」の点で、パソコン関係では軒並み有名なAdobeシリーズの最骨頂の利点を十分堪能できる利点をもっておすすめされます。

「サンドボックス」というのは先述しましたように「コンピューター上のインストールによって、新たにシステム設計・バージョン管理システムを構築するためのセキュリティを確保したソフトウェア環境」を指すため、このAdobeソフトのインストールによっても、サンドボックスに最適な環境・システム設計が可能となります。

その際でもメンテナンスに優れているため、練習用に使用することも十分可能になります。

特徴と用途別おすすめのサンドボックス

サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

先でもご紹介しましたように、「サンドボックス」には基本的に「3種類の分野」によってその特徴や用途が分けられてあり、ユーザーが必要とするシステム設計やプレイ内容によって、おすすめされるサンドボックスの種類も変わります。

一般的に言われる「サンドボックス」を理解する場合、主に「ウィルス対策用のサンドボックス」、「ゲームアプリなどで見られるmine craft系のサンドボックス」との2種類に分れと把握しておいてよいでしょう。

PC用のおすすめサンドボックス

Adobe Acrobat Pro DC Windows/Mac対応オンラインコード版
Adobe Acrobat Pro DC Windows/Mac対応オンラインコード版

¥ 18,960

口コミ

会社書類のフォーマット化を目指し購入しました。以外にも意外と多いPDFからexcelなどの書き出し、重宝しております。

「PC用のおすすめサンドボックス対応型ソフト」についてのご紹介ですが、今回は「Adobe Acrobat Pro DC Windows/Mac対応オンラインコード版」をおすすめします。パソコンで扱うPDF資料の作成やさまざまなオンラインシステム設計をはじめ、特に外部からのウィルス対策に非常に卓越したソフトシリーズとなります。

安心してシステム設計を行なえるためのアプリケーションセキュリティ(サンドボックス技術)が採用された充実したメンテナンスに優れているため、あらゆる作業工程において「抜群のセキュリティ・メンテナンスを付随させたシステム設計」ができる点でおすすめされます。

iPhone用のおすすめサンドボックス

Minecraft
Minecraft

¥ 840

口コミ

想像力は無限大。 回路を学べるレッドストーンが何より素晴らしい。 建築したり冒険したり、大人も子供も文句なくみんなで長く楽しめます。

「iPhone用のおすすめサンドボックス」のご紹介ですが、ここでは先でもご紹介しました「Mine craft系シリーズのゲームアプリ」をおすすめします。

今回おすすめするのは先述でもピックアップしました「Mojang製Minecraft」で、iPhoneの場合は当然「モバイルデバイス系によるシステム設計が必要」となるため、Wi-Fiでも使用でき、また簡単にインストールすることができるゲームアプリケーションシリーズがおすすめされます。

バージョンは「1.4.2.0」の新機能を搭載しており、この場合も「完全オリジナル版の独創的世界観の演出・システム設計」が楽しめる「やるドラシリーズ」的な魅力がおすすめされます。

メール用のおすすめサンドボックス

Adobe Acrobat Pro Windows 言語自動判別 日本語対応版
Adobe Acrobat Pro Windows 言語自動判別 日本語対応版
口コミ

以前アドビから体験版をダウンロードした際のレイアウトと同じようにみえましたので、同様には使用できそうです。

電子メールの送受信に関しても「外部から侵略してくるハッカーによるシステム操作」は脅威の的となるため、特に組織上の運営において「個別の機密文書などを送信する場合」には、特にメール送信・受信する際でもとりわけ注意する必要があります。

今回おすすめする「メール用のおすすめサンドボックス」は、「Adobe Acrobat Pro Windows 言語自動判別 日本語対応版」で、本ソフトはまず「ワード文書やデータ画像の送受信」はもとより、「PDF資料の作成」から「画像・動画編集によるインポート・エクスポート」などに至るまで、あらゆる分野でサンドボックスによるセキュリティが発揮されます。

本ソフトでも「アプリケーションセキュリティ(サンドボックス技術)」が採用されているため、特にノート型パソコンなどのモバイルデバイスによるセキュリティシステムもおすすめできます。

Windows用のおすすめサンドボックス

Adobe Acrobat Pro DC Windows/Mac対応
Adobe Acrobat Pro DC Windows/Mac対応

¥ 37,920

口コミ

以前使っていたバージョン(DCよりも前)と比べ、トリミングの仕方やPDFでの書き出し(修正して保存)が、直感的に分からず不便に感じます。

先述でもご紹介しましたが、Windows用の「サンドボックス」をおすすめする場合はやはり「Adobe Acrobat Pro DC」シリーズのサンドボックス採用型ソフト(サブスクリプション)が、最新のアプリケーションとしておすすめできます。

本ソフトでもまず「アプリケーションセキュリティ(サンドボックス技術)」が設定されてあり、あらゆるオンラインシステムを設計・操作する場合でも「外部からのウィルス対策に非常に卓越している利点」がおすすめでき、さらに文書作成や表計算などで使用するオプションツールの利用においても、外部からの侵略を防ぐ点でおすすめです。

本ソフトは「Windows」と「Mac」の両方に対応しているため、Windowsユーザー・Macユーザーのどちらでもシステム設計が可能な許容範囲の広い利点もおすすめできます。

ウィルス対策のおすすめサンドボックス

ウイルスバスター クラウド Win/Mac/iOS/Android対応
ウイルスバスター クラウド Win/Mac/iOS/Android対応

¥ 13,802

口コミ

製品登録が多少わずらわしいですが、簡単にできます。 3台まで3年は便利ですね。 きちんと怪しいサイトから守ってくれてます

コンピューター・ウィルスというのは「いつ・どこから飛んでくるか(侵入してくるか)がわからない厄介なWeb上の病原体」であるため、コンピューターを扱う上では「常に注意して、システム設計におけるメンテナンスに留意しておく必要」があります。

今回おすすめする「ウィルス対策用のサンドボックス」は、「ウイルスバスター クラウド Win/Mac/iOS/Androi対応」で、本ソフトは基本的にWindows・Mac専用ソフトの「ウイルスバスター・クラウド」シリーズとなりますが、もちろんその多用性には目を見張るものがあります。

アプリケーションセキュリティ(サンドボックス技術)を採用しているのはもとより、本ソフトのおすすめポイントは主に「資料作成によるシステム設計とそのメンテナンス」、「Office Documentによるデータ送受信におけるセキュリティ保護」となります。

おすすめのサンドボックスの代表製品

サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

先述におきまして主に「サンドボックスが採用されたアプリケーションやコンピューターソフト」についてアットランダムにご紹介しましたが、ここでは「各種メーカー別での代表アプリケーション・ソフト」のおすすめをご紹介していきます。

第3位:Adobe Acrobat Pro

Adobe Acrobat Pro DC 2015/学生・教職員版/Mac版
Adobe Acrobat Pro DC 2015/学生・教職員版/Mac版
口コミ

スキャナさえあれば、どんな書類にも自由にかきこれますから、こういう使い方が多い方には便利なソフトです。

第3位は「Adobe Acrobat Pro DC 2015/学生・教職員版/Mac版」のおすすめとなりますが、Mac版のサンドボックスのおすすめポイントはまず「対応アプリケーション・システムエクスプローラーとの保護相性が抜群であること」で、これはWindows版よりも大きくおすすめできる、システムメンテナンスにおける利点となります。

さらにMac専用Adobe Acrobat Proでは「対応アプリとの密接なモデル設計」において、セキュリティ保護設定が比較的「簡単な利点」が認められるため、特にWindows版のソフトに比べて「サンドボックスによる保護機能がさらに卓越している」というおすすめポイントが見込まれます。

第2位:Adobe Windows版

Adobe Acrobat Pro DC 2015|Windows版
Adobe Acrobat Pro DC 2015|Windows版

¥ 59,184

口コミ

さすがPDFファイルの老舗です。やりたいと思うことが今のところ全てできています。操作性もよいです。

先に「Mac専用版Adobe Acrobat Pro DCシリーズソフト」をおすすめとしてご紹介しましたが、それでも現代においてWindowsを使用しているユーザーはやはりMacユーザーよりも多くいることが影響し、そのため「おすすめランキング上位」にくるのはどうしても「Windows版ソフト」のご紹介となってしまいます。

本ソフトは基本的に「Windows専用Adobe Acrobat Pro DC 2015」となるため、Macユーザーにとっては新しく「Mac版ソフト」をインストールする必要があります。本ソフトのおすすめできる魅力的な点としてはまず「2015年版」ということで「初期版に近い簡単なスクロールで保護設定が可能」という利便性があります。

本ソフトのおすすめとしても、「アプリケーションセキュリティ(サンドボックス技術)の採用」が申し分ない内容です。

第1位:Adobe Windows/Mac対応

Adobe Acrobat Pro DC(2018年最新版PDF)Windows/Mac対応 オンラインコード版
Adobe Acrobat Pro DC(2018年最新版PDF)Windows/Mac対応 オンラインコード版

¥ 37,920

口コミ

複数PCへのインストールの可否の質問、その方法について伺ったが、Adobeに回された。

今回の第1位のおすすめは「Adobe Acrobat Pro DC(2018年最新版PDF)Windows/Mac対応 オンラインコード版」で、いよいよ2018年を迎えて「Windows対応版・Mac対応版」の両備え式のAdobe Acrobat Proシリーズが登場しました。

市場価格は一般的に30,000円前後と値が張りますが、その分だけの機能性を十分に発揮してくれる「超おすすめソフト」としてご紹介できます。

アプリケーションセキュリティ(サンドボックス技術)の採用はもとより、本ソフトのおすすめポイントはやはり「オンラインシステムにおけるセキュリティ面の充実」で、特にサンドボックス効果によってすぐに検知できる「外部侵入されたウィルスへの防護対策システム」が抜群にその効果を発揮してくれます。

サンドボックスの具体的な内容

サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

「サンドボックスの使い方」についてですが、まず「サンドボックス」というのは「商品化されるような、目に見える物体」としてあるのではなく、コンピューター上で反映される「システム防護プログラム」としてオンラインシステムを構築する「メインシステム」の通称となります。

サンドボックスの基本的な効果はまず、先述してきましたように「外部から侵略してくるウィルスを素早く検知し、そのウィルスを特定のユーザーが所有・使用するコンピューター上から排除する役割」が持たされています。つまり、「ウィルス対策用オンラインシステム」という呼称が最も似合うセキュリティアプリとなるでしょう。

たとえば、電子メールでも「メールを開封したことによってウィルス感染してしまう場合」がよくあり、こうした「特定のウィルスが埋め込まれたファイル」でも迅速に検知できます。

サンドボックスの基本的な使い方

サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

まず「サンドボックス」というのは、パソコン内に既存システムとしてある「ドキュメント」、「ライブラリ」、「ライブラリ/Preferences」、「ライブラリ/Caches」などといった各種ホームによってその置き場所(保管場所)が変更されます。

「ドキュメント」では主に「ワードやアプリケーション・サポートによるデータ保存」がメインとなるため、「Application supports iTunes file sharing」をまず有効に設定しておくことが必要になります。

「ライブラリ・ホーム」では基本的に「NSUserDefaults や CFPreferencesAPIによって設定されるデータの読み書き(書き込みや書き換え)」がメインとなるため、サンドボックスによるディスク領域の設定はこの「ライブラリ」の区画に与えておくとよいでしょう。

「サンドボックス」の正確な情報を理解しましょう

サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

いかがでしたか。今回は「サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方」と題して、「サンドボックスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ」のご紹介をはじめ、「サンドボックス」についての詳細情報をご紹介しました。

「サンドボックス」というのは一般的に「コンピューター上で反映されるオンラインシステムにおいて、そのシステム設計・メンテナンス情報の保護対策を行なう専用アプリケーション」として認められ、現代ではパソコン用・iPhone用・タブレット用などと、その使用範囲が目覚ましいほどに躍進を遂げています。

「コンピューター・ウィルス保護」の目的で専用に設計されているシステムであるため、今後、パソコンでもiPhoneでも「コンピューターを使用して仕事をする」となった場合は、必ずと言ってよいほど、このサンドボックスについての理解が必要となるでしょう。

Related