Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月15日

小型デスクトップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

小型デスクトップはさまざまな大きさ・性能のものがあります。この記事では、おすすめの小型デスクトップのランキングや、特徴・用途別のおすすめ小型デスクトップをご紹介します。また、おすすめの小型デスクトップの活用法も解説していますので、ご参考にしてください。

小型デスクトップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

小型デスクトップの種類と選び方

小型デスクトップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

小型デスクトップPCは、従来のタワー型デスクトップPCと比べてPC本体が小さいタイプのPCです。従来のタワー型デスクトップをそのまま小さく省スペース化したものから、ポータブル目的、モニター背面にマウントするタイプなど、小型デスクトップPCはその形状もさまざまです。

たいていはタワー型のデスクトップPCの廉価版、普及版といったタイプで、機能面でやや劣るものが多いです。しかし、中には省スペースながら処理能力や速度がタワー型並みのものも存在します。オフィスでも自宅でも、スペースが節約できてデスク周りがすっきりする小型デスクトップPCは、ライトユーザーにこそおすすめのPCです。

この記事では、そんな多彩な小型デスクトップPCの魅力をおすすめランキング・特徴や用途、活用方法などから解説していきます。

小型デスクトップの種類

小型デスクトップPCには、お部屋をすっきりさせてくれるタワー型をコンパクトにしたタイプのものから、USBメモリに似たスティックタイプで実際にUSBポートに接続して使用できるもの、文庫本サイズ、キーボード一体型など、さまざまなスタイルがあります。

タワー型をコンパクトにしたタイプの小型デスクトップPCなら、タワー型では大きすぎる、タワー型ほどのパワーはいらないけれどある程度の出力はほしい、といった方におすすめです。また、USBメモリタイプの小型デスクトップPCは気軽に外に持ち運べるところもおすすめです。

キーボード一体型は少し特殊な形状ですが、小型デスクトップPCの本体が外に出っ張らないため、すっきりとスマートに使うことができます。

小型デスクトップPCの性能は、タブレットPCからウルトラブック並の性能を持つものまでこちらもさまざまです。ライトユーザーならメインマシンとしてもおすすめです。

小型デスクトップの選び方

小型デスクトップPCの選び方は、まずメインマシンにするのかサブマシンにするのかで変わってきます。メインマシンとして小型デスクトップPCの購入を考えているなら、小型デスクトップPCとはいえある程度の性能は必要でしょう。そこで、スタンダードなタワータイプを小型にしたタイプの小型デスクトップPCがおすすめです。

サブマシンとして小型デスクトップPCの購入を考えているなら、性能よりもポータブル性やコンパクト性を重視するのが良いでしょう。特に、USBメモリタイプの超小型デスクトップPCはポータブル性が非常に高く、どこでもすぐに使えるところが特徴です。

小型デスクトップおすすめ人気ランキングTOP3

それでは、実際に小型デスクトップPCのおすすめ人気ランキングをご紹介していきます。
「Dell」「ECS」「hp」いずれも省スペースなスタンダードタイプの小型デスクトップPCを提供しています。省スペースかつ、ある程度安定した性能が欲しいという方におすすめの製品ランキングです。

ランキング3位:「Dell」

Dell Inspiron スモールデスクトップ
Dell Inspiron スモールデスクトップ

Dellの小型デスクトップPCのおすすめはスタンダードタイプの小型デスクトップPC「Inspiron スモールデスクトップ」です。

ハイエンドタイプの「Inspiron」シリーズの安価モデルという位置づけで、最大の違いはIntelのバージョン、つまり処理速度の違いです。Core i3やi5は動画編集やプログラミング、開発などの高度な処理をする方におすすめな一方で、どうしても価格が高くなってしまう傾向があります。

そこで、Inspironのスモールタイプでは価格を抑えたCeleronやPentiumを使っています。エントリータイプではCeleron、やや価格の高めなエントリープラスではPentiumが使われています。

動画処理やプログラミングなどの高負荷な作業をする人には遅いでしょうが、インターネット閲覧やメール、写真やデータの管理、書類の作成程度ならストレスを感じることはないでしょう。

ランキング2位:「ECS」

ECS LIVAZ-8/60
ECS LIVAZ-8/60

¥ 43,800

口コミ

マイクロソフト Officeや、シルバースターのすごい位置合わせを使うには充分であり、大きさ、完全無音、値段と私のニーズに100パーセント合う素晴らしい製品でした。

ECSの小型デスクトップPCは、「手のひらサイズ」との謳い文句にあるとおり、片手におさまる117×128×33cmの非常に小さな小型デスクトップPCです。搭載OSは最新のWindows 10 Home、Intel Pentiumと、ネットサーフィンなどに快適な動作性を確保できます。

また、その小ささからモニターの背面にマウントすることも、モニターの下に設置することも可能です。大きなタワー型を置く場所がないという方にも、デスクの上を散らかしたくないという方にもおすすめです。

さらに、この小型デスクトップPCのおすすめポイントはもう一つあります。USB3.0ポート3つに加え、USB Type-Cポートが付属していることです。Type-Cのポートは高速データ転送に対応しており、高速転送に対応している機器との間でのデータ転送が素早く行えるという点でも、おすすめの小形デスクトップPCです。

ランキング1位:「hp」

HP Z2 Mini G3 Workstation
HP Z2 Mini G3 Workstation

HP Z2 Mini G3 Workstationは、高さ5.8cm、幅・奥行きは21.6cmと非常に小さな筐体で、HP Z240 SFF WorkstationというHPの従来の省スペース型デスクトップと比較しても非常に小さなモデルです。

それだけのコンパクトボディでありながら、エントリーモデルでCore i3、通常モデルではXeonを搭載しており、3Dコンテンツの編集にも高いパフォーマンスを発揮できます。グラフィックス処理にはNVIDIA Quadro M620を搭載しているため、タワー型と遜色ないパワフルなグラフィック性能が期待できます。

省スペースと性能、どちらも実現したい方にはぜひおすすめしたい小型デスクトップPCです。

特徴・用途別おすすめの小型デスクトップ

ここからは、特徴・用途別におすすめの小型デスクトップPCをご紹介していきます。それぞれ特徴別に機能面で特化したタイプのものから、ポータブル性の高いUSBタイプまで、タイプ別におすすめの小型デスクトップPCを解説します。

Windowsユーザーにおすすめ小型デスクトップ

ESPRIMO WD1/C1
ESPRIMO WD1/C1
口コミ

i7CPUで必要なIOポートがそろってこのサイズなのがいい。配線、配置がやりやすい。

FMV ESPRIMOシリーズは富士通から販売されているデスクトップPCのシリーズです。こちらのWD1/C1はディスプレイ別の小型デスクトップPCで、公式サイトでも「外付けハードディスクのサイズ」とうたわれているとおり、55×191×186mmと、A4用紙よりも小さいサイズのおすすめ小型デスクトップPCです。

また、処理速度もIntel Core i7、16GBメモリと、3Dタイプのコンテンツを扱うにも充分なスペックがあります。モニターの選び方がわからない、またはセット購入したいという方であれば、モニターつきのタイプも用意されています。

さらに、Officeソフトのあるなしも選べますので、Officeソフトが不要という方はなしのものを選ぶのがおすすめです。

サブPCとしておすすめの小型デスクトップ

HP ProDesk 400 G3 DM
HP ProDesk 400 G3 DM

サブPCとしておすすめな小型デスクトップPCは、hpの「ProDesk 400 G3 DM」です。光学ドライブが存在しないため、DVDやBlu-rayディスクの読み書きには別途光学ドライブを購入・接続して使う必要がありますが、Windows 10 Proを搭載し、Core i5と高速処理が可能となっています。

177mm×175mm×35mmというコンパクトさは、小型デスクトップPCでありながら、まるで外付けHDDの大きさです。Officeのありなしが選べて、どちらのタイプにもUSBキーボードとUSBマウスが付属しています。

また、USBポートは高速の3.1ポートが前面・背面に2つずつ、やや低速の2.0ポートが背面に2つあります。マウスやキーボードを接続していても、他にも周辺機器を接続することができます。

縦置き・横置き両方に対応していますので、場所を選ばないところもおすすめポイントです。

メインPCになれる高性能おすすめ小型デスクトップ

Mac mini
Mac mini

¥ 106,704

口コミ

メモリ直付けモデルで増設できないのは不満ですが、このままでも結構サクサク動きます。昔気に入っていたピザボックススタイルに近いお弁当箱デザインも洒落ていて気に入っています。

AppleのMac miniは小型デスクトップPCの中でも比較的歴史と実績の長いモデルです。もともとMacを使っていた方はもちろん、Macを新しく使ってみたいけれどタワー型ほどの高機能でなくても構わないという方にもおすすめの製品です。

デュアルコアi5、8GBの処理能力に加え、1TBの大容量ストレージでベーシックなタイプのタワー型デスクトップPCにも匹敵する能力を発揮することができます。ただ、高負荷の処理はメモリ容量の関係からあまりこなすことができません。あくまで、3Dモデリングなどの高負荷な処理は行わない、短めのホームビデオクラスの写真や動画を取り扱う方におすすめです。

また、Apple製品に特徴的な、非常にシンプルかつ高級感のあるデザインも健在です。光沢がありながら落ち着いたカラーリングのシルバーデザインは、インテリアとしてもおすすめできる小型デスクトップPCです。

USBサイズのおすすめポータブル小型デスクトップ

Intel Compute Stick Atom x5-Z8300
Intel Compute Stick Atom x5-Z8300
口コミ

外からでもスマホやタブレットでアクセスして使えるサーバーが手に入って楽しめてます。 PC買う費用の工面が難しい方でも、これで最低限の勉強は出来ると思います。

こちらはポータブルタイプ、USBサイズの超小型デスクトップPCです。インテルでは遅めのAtom搭載ですが、出先でいつでも好きな時にメールチェックやネットサーフィンが行えたり、テレビをディスプレイとして利用し、動画などを大画面で閲覧するといった用途にも使えます。モニターを選ばず手軽に持ち運べる小型デスクトップPCとしておすすめの製品です。

おすすめの小型デスクトップメーカー3つと代表製品

ここからは、小型デスクトップのおすすめメーカー3つとその代表製品についてご紹介していきます。極薄・USB・スタンダードと、特徴もばらばらなタイプのものを選びました。ぜひ、メーカーごとの特徴を見ながら、小型デスクトップPCのおすすめをじっくり選んでください。

ASUS

ASUS E420-B015Z
ASUS E420-B015Z

¥ 31,980

口コミ

前面にUSB3.1Gen1ポートが4つと使い勝手がよく、またVGAとシリアルポートがあり古い環境での更新に都合いいですね。さほど複雑でない二次元CADやイラレCS6でも使えてます。

ASUSから発売されている小型デスクトップPCは、非常に薄いことが特徴的です。アンテナがまるで初期のモデムのように立った外観に、なんとなく懐かしさを感じる方も多いのではないでしょうか。Intel CereronとWindows 10 Homeの64bit版を搭載し、標準的な処理速度を実現しています。

メモリは4GBと大型のタブレット並みのものなので、大容量の動画や3Dデータを扱う作業には向きませんが、インターネットやメール、書類作成などが主目的であれば充分おすすめできる小型デスクトップPCです。

Lenovo

Lenovo ideacentre Stick300
Lenovo ideacentre Stick300
口コミ

本格的な使い方はしていませんが、WEBブラウザ、YouTube再生、動画再生など問題なく動きます。デスクトップPCで録画した番組をダイニングのテレビで見る用途で使っています。

Lenovoはこれまでにも安価なネットブックやノートPCなど、廉価版のPCを多く販売していることで知られるメーカーです。このideacentre Stick300も、Windowsは一つ前の8.1を搭載しているものの、メモリは2GB、ストレージは32GB、BluetoothやmicroSDカードの差し込み口もついており、ブラウジングは快適に行えて2万円を切る価格帯なのは非常におトクです。

予備やサブのPCとして使うのもよし、口コミにあるようにTVをモニター代わりに使うのもよし、場所を選ばない使い方をしたい方に特におすすめの小型デスクトップPCです。

Acer

Acer Aspire XC-730-N18F
Acer Aspire XC-730-N18F

¥ 39,800

口コミ

シンプルで良いです。余計なソフトを付けてあるより、とても安上がりですね。台湾製のAcerは、以前にも使っているので、かなり信頼できる商品です。

Acerの「Aspire XC」は、Windows10 Home 64bitを搭載し、3万円代のエントリーモデルでもIntel Celeronを採用している非常に使い勝手の良い小型デスクトップPCです。コスパ・性能面のどちらをとっても、最初に持つデスクトップPCとしておすすめの製品です。

奥行きが420mmとやや長めですが、通常の小型デスクトップPCにはなかなか付属していない光学ドライブが付属していることを考えると、これは仕方のない長さと言えるでしょう。USBキーボードやマウスも付属しており、一般的に必要な周辺機器はひととおり揃っていますので、届いたその日から使うことができるのも初めての方に特におすすめのポイントです。

エントリー・スタンダード・ハイエンドと3種類のクラスがあり、メモリ容量やIntelのCPUの違いで分けられています。

小型デスクトップの使い方・活用方法

最後に、小型デスクトップPCのおすすめの使い方について解説します。

モニターを好きなものにカスタマイズする

小型デスクトップPCの最大のポイントは、周辺機器を自由にカスタマイズできる点です。例えば、モニタ一体型のデスクトップPCやノートPCではディスプレイはそもそも付属しているものを使用する他はありません。

しかし、小型デスクトップPCはいわゆる「頭脳」部分があるのみで、手足に当たる周辺機器は一切ありません。自分で全て揃えなくてはならない反面、自由に好きなものを選べるところもおすすめのポイントです。

テレビをディスプレイとして使う

テレビをディスプレイとして使う方法があります。

USBスティックタイプの小型デスクトップPCで、普段使用しているディスプレイを使って動画や画像データを保存した後、テレビに接続して大画面で操作しながら家族や友人に見せるといったUSBメモリとデバイスの中間の使い方ができます。

デュアル・マルチモニターで思考を開放しよう

スタンダードタイプの小型デスクトップPCなら、その多くはデュアルモニタ・マルチディスプレイに対応していることが多いです。PC本体は一台ですが、ディスプレイの数を増やすことでいくつもの作業を同時進行することができ、まるで頭の中身を全て画面上に広げるような感覚を味わうことができます。

特に、株などの最新情報を常にチェックしながら、一方で操作の必要がある作業を多く行う方にはおすすめの活用方法です。

デスクの上を省スペース化する

デスクの上にモノが溢れていると、どうしても圧迫感に苛まれてしまいます。また、隙間に落ちた埃を掃除するのも一苦労です。特に、光学ドライブや外付けHDD、マウス、キーボードなど、周辺機器の多いデスクトップPCでは周囲にモノが多くなるのは避けられません。

デスクの上を省スペース化できる小型デスクトップPCは、スティックタイプや超薄型タイプはもちろんのこと、ディスプレイの背面にマウントすることのできるタイプも多いです。背面にセットすれば、デスクの上をすっきりと片付けることができますので、オフィスにも自宅にもおすすめの設置方法です。

小型デスクトップで快適なPCライフを!

小型デスクトップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

小型デスクトップPCは、スタンダードタイプからUSBスティックタイプまで、さまざまな大きさ・性能のものがあります。メインPCからサブ・ポータブルPCまで、自分に合った性能のものを選びましょう。

Related