Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月06日

無線LANルーターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ネットワークを組むにはLANケーブルやハブおよびルーターなどが必要です。ネットも普及してきている世の中なので詳しくない人もたくさんいます。今回はそんな方にもわかりやすく無線LANルーターに関する知識や情報を紹介していきます。

無線LANルーターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

無線LANルーターの種類と選び方

無線LANルーターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

今の時代ネットが普及して、昔とは大きく変わった点がたくさんあります。ネットについて詳しいといった人も多いわけではなくどの会社の無線LANルーターが良くて、どういったところが良いかまでは一般の方にはわからない点が多々あります。そこでまずは、無線LANルーターの種類とその選び方についてご紹介します。

メーカーやそれぞれのルーターによっておすすめどころも変わってくるのでそういったところも紹介していきます。

無線LANルーターの種類

無線LANルーターで使う電波には、11a、11g、11n/g、11n/a/11acの5つの規格があります。それぞれ通信速度やつながりやすさなど特徴があります。それに見合った使い方をすることで使い勝手や電波の行きやすさも変わってきます。各無線LANルーターのおすすめどころも消化していきます。

11a(IEEE802.11a)

BUFFALO Air Station NFINITI Giga 11n/a
BUFFALO Air Station NFINITI Giga 11n/a
口コミ

なかなか良い商品だと思います。テレビやブルーレイレコーダーをネットにつなげるのに使っています。

無線LANルーター11a(IEEE802.11a)とは、5.2GHz帯の無線で約54Mbpsの通信を行います。通信速度は36~54Mbpsで、IEEE 802.11最初の規格の約2Mbps、IEEE 802.11bの約11Mbpsから大幅にアップしています。他の電波との干渉には強いですが直進性があるため障害物に弱いことが特徴です。

鉄筋コンクリート造りやマンションではつながりにくいところもあるのでそういった住まいで使うにはおすすめの無線LANルーターではありません。

11g(IEEE802.11g)

I-O DATA Wi-Fi
I-O DATA Wi-Fi

¥ 3,888

口コミ

コンパクトでびっくりしました。 1階で設置、2階で使用していますが、しっかり届きます。

無線LANルーター11g(IEEE802.11gは電波干渉を受けやすく幅広範囲で利用することができます。無線LANルーターIEEE 802.11gは無線LANルーターIEEE 802.11bと同じ2.4GHz帯の周波数を利用し、無線LANルーターIEEE 802.11bの約5倍にあたる54Mbpsの転送速度をサポートしてくれるのでおすすめです。

IEEE802.11n

I-O DATA Wi-Fi 11n/g/b
I-O DATA Wi-Fi 11n/g/b

¥ 3,888

口コミ

スマホで使う分には何も問題ないですし、接続も途切れることなく快適に利用することができます。 コストパフォーマンスで考えると100点満点です。

無線LANルーターIEEE802.11nは周波数帯が2.4GHzのときは電子レンジやBluetotohの電波干渉を受けやすく、無線LANルーターIEEE802.11aとは違って障害物に強いので鉄筋コンクリート造りの住宅やマンションなどで使うにあたっては非常に適しているでしょう。しかし、周波数帯が5GHzのときは電子レンジや電波干渉を受けにくく、障害物に弱いです。

どちらも最大通信速度は600Mbpsです。周波数帯によって使いやすいが異なるので使い勝手がよくて非常におすすめとは言いにくい部分もあります。しかし、障害物に強いという点だけでもかなりおすすめのルーターなので通信の安定さで言ったら問題ないでしょう。

無線LANルーターの選び方

無線LANルーターの基本性能は通信規格、最大通信速度、電波強度の3つに基づいて選ぶことが一般的です。個々人によって選び方の基準はありますが基本この3つで選んだ方が選びやすいことは間違いないです。この3つの観点に基づいておすすめの無線LANルーターを選んでいきましょう。

通信規格

wi-fiそれぞれが、どのような性能を持っているのか、それの基準となる目安が無線LANルーターの「IEEE 802.11」となっています。無線LANルーターIEEEは上位の規格の方が通信速度は早く、最新の802.11acという規格では理論上の最大通信速度が290Mbps - 6.9Gbps以上となっています。

多くの無線ルーターはIEEE 802.11の歴代の規格をなるべく幅広くカバーすることで、接続できる機器の種類を増やそうとしていますが、自分の持っている無線LAN対応機器が高速な802.11ac対応でも、購入した無線ルーターがそれに適合していなくては11acでの高速通信はできません。

最大通信速度

一般的に、無線LANルーターの最大通信速度には「理論値」と呼ばれるものが書き添えられています。これは「このルーターが採用している規格上、理想的な環境が整えば、理論的にはこれくらいの数値が出せるはずだ」ということです。この数値には通信量とデータを送受信するデータ量を含んだ数字です。

そのため実際に送受信されるデータの量の実効値は理論値の半分から3分の1になるケースが多いです。しかし、最大通信速度の理論値が速い方がそれに伴って実効値も速くなるので購入する際には最大通信速度の速い方を選ぶ方がおすすめです。

電波強度

無線LANのルーターを選ぶ上で場合によっては一番重要なポイントとなるのが電波強度です。簡単に言うとアンテナの性能と考えればよく、これが強いほど距離のある機器とも通信が可能になるということです。しかし、電波法による規制があるので無制限に強くすることができるとは限りません。

無線LANルーターの電波強度は購入する一番の決めてとなるといっても過言ではないので自分の住んでいる環境などを考慮してどれがおすすめなのかを決めるようにしましょう。

無線LANルーターの使い方・活用方法

そもそも無線LANを接続するには最初に1回接続するための設定をする必要があります。無線LANネットワークの名前、ログインするためのパスワード、ネットワーク情報を保護するための暗号化方式の名称が必要になります。その設定を1度行えば自動的にデバイス側が接続して、ネットに接続できます。

携帯やタブレット、PCは自宅はもちろんのこと無線LANアクセスポイントのあるレストラン、駅、ホテル、空港、高速バスや新幹線などでも使えます。使用している間はパケット料金は一切取られないので安心してそういったサービスを利用することができます。

無線LANルーターおすすめ人気ランキングTOP3

無線LANルーターといってもいろんな会社のルーターがあってどれがおすすめなのかわからない方は多いはずです。今回は、どの無線LANルーターが人気でおすすめなのかをランキング形式で公開します。それぞれのルーター独自の特徴やメリットなどによっておすすめどころを紹介していきます。

3位.ドコモ光

NTTドコモ光ルーター 01 ブラック
NTTドコモ光ルーター 01 ブラック
口コミ

思ったより小さくて置き場所にも困らず良かったです。値段も安くなっていて助かりました。

ドコモ光の魅力は月々の支払いが一気に少なくなることです。月額料金が1300円も安くなります。ドコモ光の月額料金は戸建てが5200円、マンションが4000円なのでこの時点でフレッツ光とは1300円も安いです。無駄なオプションを付けなければ、かなり格安でインターネットを使うことができます。価格の面でもおすすめです。

さらに、ドコモ光の「光パック」を利用することでスマホ代が500~2000円の範囲内で割引されるので、月々の支払いはかなり少なくなります。なのでドコモのスマホを使っているならまず間違いなく、ドコモ光が一番安い光回線になります。そして、初期工事費も無料です。普通なら約20000円ほどかかるのですがそれがただになるので非常におすすめです。

初期設定も無料なので設定をすることが苦手な方にとっては充実したサービスと言えるでしょう。初期設定が無料という点もおすすめどころでしょう。

2位.auひかり

IOデータ 11n対応300Mbps
IOデータ 11n対応300Mbps

auひかりの良い点は通信速度が速いということです。動画を見ることが多い人にとっては欠かせないでしょう。重たいフルハイビジョン動画を見てももちろんサクサクといきますし、ノイズも発生しませんので、快適にインターネットライフを行っています。マンションでも速度は変わらず速いので速度を気にする人にはおすすめです。

料金面でもスマホがauならばそれと抱き合わせると断然と安くなります。スマートバリューというサービスがあるのですが、auのスマートフォンとauひかりをセットで使うとスマホ代が1480円割引になるのですごいお得になります。auユーザーならおすすめのサービスでしょう。

1位.フレッツ光

エレコム WiFi 無線LAN ルーター 親機 11ac/n/a/g/b
エレコム WiFi 無線LAN ルーター 親機 11ac/n/a/g/b

¥ 8,305

口コミ

今までの倍の速さになってます。ネットの動画が安定して見れます。

フレッツ光は業界の中でもトップクラスの通信速度で有名です。最大で1Gbpsの速度に対応していることで、ウェブサイトや動画サイトの閲覧から、オンラインゲームまでの幅広い用途で活用することができます。ネットが遅いなんてことはほとんどなく速度に関しては十分満足して利用できるでしょう。

フレッツ光はお客さまに対するサポートが手厚いことです。サポートの対応の良さが信頼度を上げているのでしょう。これも安心して利用できるという点ではおすすめでしょう。

特徴・用途別おすすめの無線LANルーター

無線LANルーターと言ってもいろんな無線LANルーターがありそれぞれの特徴や使い方、使用環境によっては最大限にネットを楽しむことができます。今回は、使う場所や通信速度、安全性からおすすめの無線LANルーターを紹介していきます。

戸建て住宅おすすめの無線LANルーター

NEC Aterm WG1200HS 11ac/n/a(5GHz帯)&11n/g/b
NEC Aterm WG1200HS 11ac/n/a(5GHz帯)&11n/g/b
口コミ

お手頃価格で、昨今のトレンドは取り入れている。11ac/n/a(5GHz帯)など

戸建てならばこちらの無線LANルーターがおすすめです。有線なら1Gbpsの速度、無線なら11ac規格対応でしっかりと速度がが出るため通信速度は速いです。速度は速いため動画の閲覧、SNSの閲覧などで詰まるといったところはほぼないでしょう。また、小さくてコンパクトなため置きやすいところも便利です。

一戸建てだと1階と2階とでルーターとの距離が離れていると電波が弱くなり遅くなる心配が生まれますがこれだと小さいにも関わらず電波をしっかりと飛ばしてくれるため電波が弱いなんてことはないです。戸建て住宅の方にとってはおすすめのルーターです。

マンションおすすめの無線LANルーター

NEC Aterm WR9500N[HPモデル] イーサネットコンバータセット PA-WR9500N-HP/E
NEC Aterm WR9500N[HPモデル] イーサネットコンバータセット PA-WR9500N-HP/E
口コミ

NECの製品は過去のISDNの時以来ですが、安定性能は群を抜いています。

マンションともなると電波が行き届きにくくネットの調子が悪い、なんて経験されている方多いです。通信安定性・レスポンスについては、内蔵スイッチング→WANスループットおよび無線LANレスポンスから、NECの方がお勧めです。NECのルーター通信が安定し、マンションや鉄筋コンクリート構造物やブロック構造物などの建物には電波が行き渡りやすいのでおすすめです。

11acがおすすめな理由

エレコム WiFi 無線LAN ルーター 11ac
エレコム WiFi 無線LAN ルーター 11ac
口コミ

置き場所に困らないコンパクトサイズに惹かれて購入。 実際手に取ってみてのサイズ感に満足。さらに満足したのは初期設定がびっくりするほど簡単なこと。

11acの無線LANルーターで一番の魅力は複数のスマホやパソコンを同時につないだときでも、強力な電波で安定通信が可能であることです。データ容量が大きいハイビジョン映像も、コマ落ちすることなくなめらかに再生できます。安定した通信なのでネットライフを十分に楽しむことが11acの最大のポイントです。

また、このエレコムの無線LANルーターはコンパクトでワンルームでも置き場所にも困らないので置きやすさがあります。初期設定も驚くほど簡単なので設定が苦手な方でもしやすいでしょう。

安全性

AtermWR9500N PA-WR9500N-HP
AtermWR9500N PA-WR9500N-HP
口コミ

期待通り、かなり早くなりました。無線でも、全然問題ありません。

 無線LANは、ケーブルの代わりに無線を利用するということは、通信の内容が盗まれたり、見られたりする危険性を持ち合わせています。そのため、無線LANを使っている時に、パスワードやユーザIDなどの個人情報や、クレジットカード番号のような、秘密性やプライバシー性のたかい情報をやり取りするには、自分と通信先との間で「SSL」によって通信が暗号化されているかどうか、はっきりさせる必要があります。

一方で、自宅内などに自分で無線LANのアクセスポイントを設置し利用する場合は、アクセスポイントの暗号化を行うことをおすすめします。 近年WEPは短時間で解読される方法が発見され、安全な方式とは言えなくなっていますので、注意しましょう。

一人暮らしにおすすめの無線ルーター

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4 11ac 866+300Mbps 3LDK 2階建向け
BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4 11ac 866+300Mbps 3LDK 2階建向け

¥ 7,776

口コミ

11ac対応がリーズナブルな価格で買えたので満足してます。 取扱説明書どおりに一からセッティングすれば無問題でした。

一人暮らしですと基本ワンルームが多いです。ワンルームの場合、間仕切りがない分、電波の強力なタイプのルーターは必要ありません。むしろ、一人暮らしで気になるのはコストです。リーズナブルで、なおかつ必要最小限な機能のついた製品を選ぶことが賢いワンルーム無線生活の方法です。

一人暮らしですと電波もある程度の強さで十分ですし、好きに使うことができるので快適な空間です。さらに、このルーターは11ac対応なのでネットライフを思う存分に楽しむことができるのでおすすめです。

5ghzと2.4GHzとの違い

エレコム WiFi 無線LAN ルーター 11ac/n/a/g/b
エレコム WiFi 無線LAN ルーター 11ac/n/a/g/b

¥ 8,305

口コミ

なかなか入りにくいwihiが使いやすくなりました わがやも時代の波に入りました

そもそも5ghzとは5GHz近辺の電波周波数帯で、高速な無線LAN(Wi-Fi)技術が実用化され注目が高まっている領域のことを指します。線LAN規格の一つであるIEEE 802.11aは5GHz帯を利用し、20Mbpsから50Mbpsという従来(IEEE 802.11b)の5倍程度の高速化を実現しています。

一方で、2.4GHzと5GHzの違いは通信規格が違うところです。2.4GHzの特徴には5GHzよりも電波が遠くまで届くことです。5GHzの特徴は日常生活の中では電波干渉がしにくかったり、速度に優れていたり、安定した通信が可能などがあります。どちらを選ぶべきかと言われるとそれは人それぞれです。

住んでいる状況やルーターとの距離によりおすすめのルーターは変わってきてしまうので一概にこれがおすすめとは言い難い部分があります。

おすすめの無線LANルーターのメーカー

メーカーによってそれぞれの無線LANルーターに特徴や用途があるためそれを今回は紹介していきます。それぞれのメーカーのおすすめどころも紹介します。

バッファロー

BUFFALO ブロードステーション
BUFFALO ブロードステーション

¥ 7,776

口コミ

非常に使いやすくてサクサク。 もっと早く購入すればよかった。

最新の規格であるIEEE802.11acは周波帯は5GHzに対応しているルーターを選択することがおすすめです。これを押さえておけばWi-Fi接続時の回線速度クオリティは問題ありません。

基本的には住む環境によっては機種を変えた方が電波や通信速度、使い心地は異なってきます。バッファローは業界でも高い評価を受けている安心して無線LANルーターが利用できるのでおすすめです。

Aterm

NEC Aterm WG1800HP3
NEC Aterm WG1800HP3
口コミ

全体的に使いやすい良い機種だと思いますし、今のところダウンする事も無く堅牢性も有りそうです。

Atermの無線LANルーターのいいところは機器に詳しくない人や初心者の方でも簡単に設定できる機能が用意されいて設定に苦労しないことです。専用のQRコードを読み取るだけでスマホやタブレットと接続設定が行えるくらい楽なシステムがあるので設定が苦手な方でもコードを読み取るだけの簡単な作業でできるので安心して利用しやすいでしょう。

無線電波といっても障害物や距離によって通信速度が落ちてしまうのでルーターの中でも強力な電波を出すタイプを選ぶことがおすすめです。そうすることでマンションやコンクリート造りの住宅でも電波が行き届き快適なネットライフを楽しめます。

ロジテック

Logitec 無線LANルータ
Logitec 無線LANルータ
口コミ

速度はそれなりに速いです。これまで使っていたルータよりも速いです。

ロジテック LAN-WH300AN/DGRは、無線を使用してUSB機器を利用できる機能を持っています。USB機器は無線LANルーターに接続し、パソコンからはその無線を経由して、USB機器を利用します。ただ、すべてのUSB機器を利用できるわけではないのでそこには注意しましょう。さらに、ロジテックの場合11aの規格で使われる電波干渉を受けにくい5GHz帯を使用することができます。

なので、安定した通信ができるので快適なネットライフを楽しめおすすめです。

より快適なネットライフを

無線LANルーターがあると毎日ネットが使え快適な生活を送ることができます。通信速度が速ければ速いほど動画やSNSの閲覧などスムーズにネットの情報を見れるのでおすすめです。メーカーによってもそれぞれ特徴があるのでどれがおすすめなのかを決めるには住んでいる環境だったり、通信が届きやすい場所だったり、セキュリティー面であったりします。

なので自分に合った使いやすさは人によって違うのでそういった観点から無線LANルーターを選んでみるのも悪くはないでしょう。

Related