Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月11日

中華タブレットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

中華タブレットのおすすめランキングTOP3や、特徴別のおすすめ製品を紹介しています。中華タブレットの種類・選び方・使い方やそれぞれの製品の口コミ、メーカー別のおすすめ製品などについても記載しています。中華タブレットを購入する際にお役立てください。

中華タブレットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

中華タブレットの種類と選び方は?

中華タブレットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

中華タブレットの種類や選び方について紹介します。

中華タブレットの種類は?

中華タブレットの種類を区分する主なスペックについて紹介します。

画面性能

画面性能を確認する際は、画面のサイズと解像度の数値に注目しましょう。

画面サイズは大きいほど見やすく、タッチ操作なども便利です。しかし画面の大きさに比例して、本体の大きさや重さも増えるため、小型の製品と比較すると携帯性は乏しくなります。

画面解像度の数値は高いほど、精彩できめ細かくなります。解像度が高いほど本体の価格も高価になりがちですので、コストパフォーマンスを重視する場合は性能の見極めが必要となります。

カメラ性能

画面性能と同じように、カメラの性能も確認しましょう。

カメラは外側と内側の2ヶ所に搭載されている製品が多く、それぞれの性能が異なる場合も多いので、どちらも確認するように注意が必要です。

また近年、カメラは高画素化が進んでいて、1,000万画素クラスの綺麗な画質で記録できるタブレットやスマートフォンが多くなっています。

しかし中華タブレットは性能をシンプルに抑えた価格重視のモデルも多く販売されていて、そのような製品の中には200万画素程度のカメラを搭載しているものもあります。最先端の製品とはどのようなスペックの違いがあるのかを事前に理解しておきましょう。

容量

本体の内蔵容量は、撮影した写真・動画や、映画・音楽などのコンテンツを本体に保存しておく際に必要となるので、事前に確認しておきましょう。

中華タブレットの利点として、別売のSDカードなどを使用して容量を拡張できる製品が比較的多くなっていることがあります。大容量を使用する予定がある方や、どのくらいの容量を使用するかわからない方には、あとから容量を拡張することができる中華タブレットをおすすめします。

インターネット接続方式

一般的にタブレットのインターネット接続方式には、主にWi-Fi接続と、モバイルデータ通信に接続する方法があります。

中華タブレットも同様で、Wi-Fiモデルとして販売されている製品は、Wi-Fi環境が整備されたスポットでインターネット接続が可能です。

一方、モバイルデータ通信に対応している製品は、スマートフォンや携帯電話のように、Wi-Fi環境外でもインターネット接続が可能となります。

このモバイルデータ通信に対応した中華タブレットでも、キャリアモデルとSIMフリーモデルの二つの種類に分かれます。まず、キャリアモデルは、特定のキャリアとモバイルデータ通信契約を締結することで使用することができます。

次に、SIMフリーモデルは、自分でキャリアを選んで使用することができます。価格やサービス内容など、気に入ったキャリアのSIMを本体に挿入するとモバイルデータ通信が使用できます。

防水・防塵性能

防水・防塵性能が備わった中華タブレットであれば、雨や風などの悪天候下や、お風呂やプールなどでも気にせず使用することが可能です。

自分の生活スタイルにあわせて、いろいろな場所に持ち運びたい方には、防水・防塵性能を搭載した中華タブレットがおすすめです。

中華タブレットの選び方は?

自分の用途にあった中華タブレットを選びましょう。ここでは、「どこでも使用」、「家庭で使用」、「ビジネスで使用」の3つの用途にあった選び方について紹介します。

どこでも使用

どこでも使用したい場合は、防水・防塵性能搭載で、容量が拡張できるモデルをおすすめします。

防水・防塵対応であれば外でも天候を気にすることなく使用できますし、空き容量が不安な場合には、SDカードを追加して容量を拡張しておけば安心して使用することが可能です。

家庭で使用

家庭で使用する場合は、画質と音質が高性能の大画面Wi-Fiモデルをおすすめします。家庭での使用がメインであれば、Wi-Fi接続できれば十分で、モバイルデータ通信に対応したモデルは不要です。

大型画面が搭載された中華タブレットであれば、映画や音楽などの迫力あるコンテンツを快適に楽しむことができます。

ビジネスで使用

ビジネスで使用する場合は、小型液晶のSIMフリーモデルをおすすめします。

小型液晶のモデルであれば、カバンに入れておいて手帳代わりに情報管理することが可能です。また、モバイルデータ通信にも対応していれば、移動中にインターネット接続してメールのやり取りや、スマートフォンでは見づらい資料を確認することが可能となって便利です。

中華タブレットおすすめ人気ランキングTOP3

中華タブレットのおすすめ人気製品をランキング形式で紹介します。

【第3位】MediaPad T2 8 Pro Wi-Fiモデル(Huawei)

MediaPad T2 8 Pro Wi-Fiモデル
MediaPad T2 8 Pro Wi-Fiモデル

¥ 19,224

口コミ

カメラの画素数が低いのが少し残念ですが、バッテリーの持ちもとてもいいですし 安い割りにわとてもいい商品だと思います。

中華タブレットおすすめ人気ランキング【第3位】は、MediaPad T2 8 Pro Wi-Fiモデル(Huawei)です。約8インチ(1,920 × 1,200ドット)の画面を搭載しています。内蔵容量は16GBですが、最大128GBのmicroSDカードを増設可能です。LTEモデルとWi-Fiモデルの2種類が販売されています。

さまざまな視覚モード

Huawei独自の視覚モードを搭載しています。

まず、「ClariVu」モードは、自動で色調整してくれるので、鮮やかな色を楽しむことができます。「Eye Care」モードは、ブルーライトをカットして目を保護してくれます。また、「Sun View」モードは、周囲の明るさにあわせて見やすさを調整してくれます。

自動で視認性を高めてくれるので、簡単でおすすめの機能です。

バッテリー性能

4,800mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、スタンバイモードであれば最長で約400時間バッテリーが持続します。

【第2位】ASUS ZenPad 10 Z301M(ASUS)

ASUS ZenPad 10 Z301M
ASUS ZenPad 10 Z301M
口コミ

細君用に購入、スマホよりも大画面なので熟年にはもってこいです、家庭内だけで使用するのでWi-Fi専用機にしました

中華タブレットおすすめ人気ランキング【第2位】は、ASUS ZenPad 10 Z301M(ASUS)です。約10.1インチ(1,280 × 800ドット)の画面を搭載しています。内蔵容量は16GBです。Wi-Fiモデルのみ販売されています。

オーディオビジュアル性能

1,280 x 800ドットの高精細液晶や、デュアルフロントスピーカーを搭載しているので、迫力のある映像や音声を楽しむことが可能です。

バッテリー性能

4,680mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、最長10時間の動画再生を楽しむことが可能です。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、写真のダークブルーのほか、アッシュグレーと、クラシックホワイトの計3色から選ぶことができます。

【第1位】MediaPad M3 Lite 10 wp Wi-Fiモデル(Huawei)

MediaPad M3 Lite 10 wp Wi-Fiモデル
MediaPad M3 Lite 10 wp Wi-Fiモデル
口コミ

値段のわりに良かったです♪ 32Gでは少ないのですが♪ 128Gの⑩マイクロSDカードを入れたらバッチリでした ( ちなみに 五千円 )♪

中華タブレットおすすめ人気ランキング【第1位】は、MediaPad M3 Lite 10 wp Wi-Fiモデル(Huawei)です。約10.1インチ(1,920 × 1,200ドット)の画面を搭載しています。内蔵容量は32GBです。Wi-Fiモデルのみ販売されています。

防塵耐水性能

IP67等級の防塵耐水性能を備えているので、水場でも気にすることなく使用することが可能です。

オーディオビジュアル性能

1,920 x 1,200の高解像度ディスプレイと4面スピーカーを搭載しているので、画質・音質ともに高性能で楽しむことが可能です。

バッテリー性能

6,660mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、約12.8時間の映像の再生や、約8時間のゲームプレイを楽しむことが可能です。

特徴・用途別おすすめの中華タブレットは?

特徴や用途別のおすすめ中華タブレットを紹介します。

10インチのおすすめ中華タブレット

ASUS TransBook T101HA T101HA-G128(ASUS)

ASUS TransBook T101HA T101HA-G128
ASUS TransBook T101HA T101HA-G128

ASUS TransBook T101HA T101HA-G128(ASUS)は、10インチのおすすめ中華タブレットです。約10.1インチ(1,920 × 1,080ドット)の画面を搭載しています。内蔵容量は128GBです。Wi-Fiモデルのみ販売されています。脱着式のキーボードとあわせることによって、PCスタイルで使用することも可能な中華タブレットです。

8インチのおすすめ中華タブレット

YOGA Tab 3 8 ZA090115JP(Lenovo)

YOGA Tab 3 8 ZA090115JP
YOGA Tab 3 8 ZA090115JP
口コミ

他のタブレットから買い替え 音が良い! 総合的に2より劣るとの事ですが 2を使った事ない私 タブレットでは主に動画観覧と街づくりゲーム位なのでコチラで十分です!

YOGA Tab 3 8 ZA090115JP(Lenovo)は、8インチのおすすめ中華タブレットです。約8インチ(1,280 × 800ドット)の画面を搭載しています。内蔵容量は16GBです。Wi-Fiモデルのみ販売されています。特徴のある形状をしていて、使用シーンにあわせて、ホールド、チルト、スタンド、ハングの4つのモードを使い分けることが可能です。

個性的な中華タブレットを探している方にはおすすめの製品です。

7インチのおすすめ中華タブレット

MediaPad T3 7(Huawei)

MediaPad T3 7
MediaPad T3 7
口コミ

ボディー剛性に優れた、CPU速度も申し分なくスイスイ動いてくれてます。

MediaPad T3 7(Huawei)は、7インチのおすすめ中華タブレットです。約7インチ(1,024 × 600ドット)の画面を搭載しています。内蔵容量は16GBです。Wi-Fiモデルのみ販売されています。

コンパクトで頑丈なメタルボディなので、持ち運びに便利でおすすめの中華タブレットです。カラーバリエーションは、写真のスペースグレーのほか、シルバーとゴールドの計3色から選ぶことができます。

Windowsのおすすめ中華タブレット

ASUS TransBook Mini T102HA(ASUS)

ASUS TransBook Mini T102HA
ASUS TransBook Mini T102HA

ASUS TransBook Mini T102HA(ASUS)は、Windows 10 Home 64ビットのOSを搭載した、おすすめ中華タブレットです。約10.1インチの画面を搭載しています。内蔵容量は128GBです。Wi-Fiモデルのみ販売されています。

背面のキックスタンドや、脱着可能なキーボードあわせて使うことが可能なので、さまざまな高さの机の上や膝の上など、どこでも快適に使用することができておすすめの中華タブレットです。

Androidのおすすめ中華タブレット

MediaPad T3 10 Wi-Fiモデル(Huawei)

MediaPad T3 10 Wi-Fiモデル(Huawei)は、Android N + EMUI 5.1のOSを搭載した、おすすめ中華タブレットです。約9.6インチの画面を搭載しています。内蔵容量は16GBです。LTEモデルとWi-Fiモデルの2種類が販売されています。

Microsoft Office Mobileをプリインストールしているので、ビジネスでも活用することができておすすめの中華タブレットです。

SIMフリーのおすすめ中華タブレット

ASUS ZenPad 10 Z300CNL SIMフリー(ASUS)

ASUS ZenPad 10 Z300CNL SIMフリー
ASUS ZenPad 10 Z300CNL SIMフリー
口コミ

自宅ではWiFiで使い(自動的にWiFiになる。使いたい放題)、外へ持ち出したときはデータ通信(楽天の格安sim3.1G)で使っています。どちらも反応がよく、サクサク使っています。

ASUS ZenPad 10 Z300CNL SIMフリー(ASUS)は、SIMフリーのおすすめ中華タブレットです。microSIMに対応しています。約10.1インチの画面(1,280 x 800ドット)を搭載しています。内蔵容量は16GBです。

SIMフリーなので、自分の好きなキャリアのSIMを選んで、外出先でもインターネット接続可能です。

おすすめの中華タブレットのメーカーと製品は?

ASUS

ASUSは台湾が本社のメーカーです。タブレットのほか、PC(デスクトップ型・ノート型)、スマートフォン、ウェラブル端末などを販売しています。ハイエンドモデルからシンプルモデルまで、豊富な製品ラインナップを揃えていることが特徴です。

ここでは代表的な2つの中華タブレットについて紹介します。

ASUS TransBook 3 T305CA T305CA-7Y54(ASUS)

ASUS TransBook 3 T305CA T305CA-7Y54
ASUS TransBook 3 T305CA T305CA-7Y54

ASUS TransBook 3 T305CA T305CA-7Y54(ASUS)は、約12.6インチの画面(2,880 x 1,920ドット)を搭載しています。内蔵容量は256GBです。

CPUは、第7世代のCore i5を搭載しているので、サクサク快適に使用することが可能です。また、カメラも高性能で、外側カメラが1,297万画素、内側カメラは491万画素を誇ります。

プレミアムな性能の製品を探している方には、おすすめの中華タブレットです。

ASUS ZenPad 8.0 Z380M(ASUS)

ASUS ZenPad 8.0 Z380M
ASUS ZenPad 8.0 Z380M
口コミ

画質、音質(特にイヤホンをしたとき)、この値段を考えたら満足です、サクサク具合も私の使う範囲では、満足です。

ASUS ZenPad 8.0 Z380M(ASUS)は、約8インチの画面(1,280 x 800ドット)を搭載しています。内蔵容量は16GBです。

8インチのディスプレイを搭載しながらも、片手におさまるコンパクトなデザインなので、プライベートで遊びたいときや、ビジネスの真剣な場面でも馴染んでおすすめの中華タブレットです。

Huawei

Huaweiは中国が本社のメーカーです。タブレットのほか、ノートPC、スマートフォン、ウェラブル端末などを販売しています。コストパフォーマンスが高い製品を数多く揃えていることが特徴です。

ここでは代表的な2つの中華タブレットについて紹介します。

MateBook E Core m3 搭載モデル(Huawei)

MateBook E Core m3 搭載モデル
MateBook E Core m3 搭載モデル
口コミ

持ち運びするサブ機として使用しています。 出先で困らない必要十分な処理能力で、精細な画面、なかな反応の良いタッチパネル。 付属のキーボードが入力反応も良く、角度自在で更に素晴らしい。

MateBook E Core m3 搭載モデル(Huawei)は、約12インチの画面(2,160 x 1,440ドット)を搭載しています。内蔵容量は128GBです。

12インチのディスプレイとフルサイズキーボードの組み合わせで、タブレットとしても、ノートPCとしてもスタイリッシュに使用することが可能なHuaweiの上位モデルです。

MediaPad T2 7.0 Pro LTEモデル SIMフリー(Huawei)

MediaPad T2 7.0 Pro LTEモデル SIMフリー
MediaPad T2 7.0 Pro LTEモデル SIMフリー

¥ 26,978

口コミ

サイバーマンデーで買いました。持ちやすいし指紋も使いやすいです。青し割引されていなかったので青にしましたが可愛い色合いです。

MediaPad T2 7.0 Pro LTEモデル SIMフリー(Huawei)は、約7インチの画面(1,920 x 1,080ドット)を搭載しています。内蔵容量は16GBです。本体側部の指紋認証パッドに触れるだけでロック解除できるなど、簡単にセキュリテイ対策が可能で安心です。

カラーバリエーションは、写真のホワイトのほか、ブラック、ブルー、ゴールドの計4色から選ぶことができます。

Lenovo

Lenovoは香港が本社のメーカーです。タブレットのほか、デスクトップ型やノート型のPCを販売しています。

ここでは代表的な2つの中華タブレットについて紹介します。

ideapad Miix 320 80XF0002JP(Lenovo)

ideapad Miix 320 80XF0002JP
ideapad Miix 320 80XF0002JP

ideapad Miix 320 80XF0002JP(Lenovo)は、約10.1インチの画面(1,280 x 800ドット)を搭載しています。内蔵容量は64GBです。タブレットとしても、ノートPCとしても使うことが可能で、お得な中華タブレットです。

Lenovo TAB4 10 Plus ZA2M0085JP(Lenovo)

Lenovo TAB4 10 Plus ZA2M0085JP
Lenovo TAB4 10 Plus ZA2M0085JP

Lenovo TAB4 10 Plus ZA2M0085JP(Lenovo)は、約10.1インチの画面(1,920 x 1,200ドット)を搭載しています。内蔵容量は16GBです。

薄型軽量デザインを採用していて、薄さは7mm、重さは475gと、持ち運びに便利な中華タブレットです。

中華タブレットの使い方・活用方法・楽しみ方は?

中華タブレットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

中華タブレットは、さまざまなタイプの製品ラインナップを揃えながらも低価格が魅力で、PCなどのデジタル機器と併用するには最適です。

ここでは、「メインのデジタル機器として使う」、「サブのデジタル機器として使う」、「プレゼントする」の3つの方法を紹介します。

メインのデジタル機器として使う

メインのデジタル機器として使う場合は、高スペックでノートPCとしての役割を兼ねる中華タブレットをおすすめします。ノートPCとタブレットを別々に購入するよりも経済的ですし、キーボードの脱着だけでPC・タブレットの役割を切り替えられると非常に便利です。

サブのデジタル機器として使う

サブのデジタル機器として使う場合は、コンパクトで軽量な中華タブレットをおすすめします。

ノートPCの代わりに持ち出してもカバンのスペースや重さが気になりませんし、家庭では気軽に使用するタブレットとして、ノートPCと併用することも可能です。

プレゼントする

中華タブレットは低価格のモデルが多く、簡単に使うことができるため、スマートフォンなどを持っていない家族にプレゼントすることもおすすめです。

SNSを通じてメッセージや写真・動画のやり取りすることなどが可能になるため、お互いにとって良いプレゼントになるでしょう。

お風呂で映像や読書を楽しんでいる人には、防水・防塵対応のモデルをプレゼントすると喜ばれることは間違いありません。

手軽に使える中華タブレットを楽しもう!

中華タブレットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

今回はおすすめの中華タブレットについて紹介しました。低価格がきっかけとなって人気に火がついた中華タブレットですが、最近は性能が高いモデルを含めて豊富なラインナップが揃って魅力が増しています。

現在使用しているデジタル機器を中華タブレットに買い換えたり、新たに追加したり、既存の機器と併用すると、もっと便利なデジタル環境を構築することができるでしょう。中華タブレットを手軽に使用して、快適なデジタル生活を送りましょう。

Related