Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月19日

スマホキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スマホのソフトキーボードは文字キーが小さくてよく打ち間違えてしまうことがあります。しかし、外付けスマホキーボードを1つもってみると、今まで悩んでいたスマホ作業もサクサク便利にできます。今回はおすすめのスマホキーボードと上手な使い方をご紹介します。

スマホキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

スマホキーボードの種類とおすすめの選び方とは?

スマホキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ガラケーが主流時代からスマホ主流時代になり数年経ちました。スマホでは文字の打ち方は主に3つ方法があり、ガラケー時代のときのような、文字キーの同じところを打って文字を入力する方法と、文字盤をスライドして文字を入力するフリック方式と、パソコンのキーボードで文字を入力する方法がありあます。

特にキーボード方式は、スマホによっては画面サイズによって、文字盤が小さく打ちにくい時もあります。そんなキーボード方式で入力している人の助けになるのが、外付けスマホキーボードです。

今、使っているスマートフォンを便利に使いやすくするために、スマホキーボードの種類とおすすめのキーボードの選び方をご紹介します。

スマホキーボードの種類

スマホキーボードには、主に3種類の外付けキーボードがあります。それぞれ、好みによって使い分けると便利に使えるでしょう。

USBタイプのキーボード

USBタイプのキーボードは、パソコンでも使えるようなキーボードです。大きく打ちやすいので、ハードタイプのキーボードにこだわりがある方にもおすすめできるキーボードタイプです。

USBはスマートフォンにさすことはできないので、先端がスマートフォンの端子になっていて、もう一つの先端がUSBをさせる端子になっているUSB変換プラグが必要です。

Bluetoothタイプとは違い安定して使うことができておすすめです。使っているスマホに対応しているかに注意が必要です。

Bluetoothタイプのキーボード

Bluetoothで繋ぐことができるので、ケーブルなどを用意する必要がないので持ち運び安く便利です。充電や電池を変えるだけで、無線でつなぐことができるので外で作業をするときも安心して使えておすすめです。

使っているスマホのBluetooth対応バージョンに注意して、選ぶ必要があるので注意して選びましょう。

スマホ本体に装着タイプのキーボード

多くの装着型キーボードは、元々画面で打っていたキーボードの位置のところに装着して文字を打ちます。ケースと一緒になっている装着型キーボードもあり、キーボードによってはショートカットキーに対応しているものもありおすすめできます。

場所をとることがなく、カフェなどでも手軽にキーボート打ちができて、画面サイズを気にすることなくキーホルダー感覚で持ち歩くことができおすすめです。

おすすめのスマホキーボードの選び方

どんなスマホキーボードでもいえることですが、使っているスマホのバージョンを必ず確認することをおすすめします。

キーボードによっては、対応していないスマホや対応しているスマホでもシステムバージョンによって使えないこともあります。もし、使っているバージョンがわからなければ、キーボードを購入するときに、お店の方に対応しているか聞いてみるのもおすすめです。

スマホキーボードおすすめ人気ランキングTOP3

スマホキーボードは年々人気になってきています。売れ行きも高くなり、使いやすい機能が付いたものも多くなってきています。その中でも人気の高い、便利なスマホキーボードを3つご紹介します。

3位 オウルテック 2つ折りBluetoothキーボード

オウルテック Bluetooth キーボード
オウルテック Bluetooth キーボード

¥ 4,980

口コミ

コンパクトに折り畳み式で開くと自動で電源オンに。タイピングもしっかりした打鍵感があり安っぽさはないです独特な斜めの形も慣れるといい感じです弱点が見つからないほど、作り込まれてます。

オウルテック二つ折りキーボードは、持ち運び用にスマホキーボードの薄さや軽さを重視する方には嬉しい設計になっており、厚さ13mmで170gです。ケースがついているので、荷物の中に入れても、キーボードの上によほど重たいものを乗せなければ、スーツケースの中に入れてもへし折れる心配がなくおすすめです。

手軽にキーボードをコンパクトに展開が可能です。Bluetoothバッテリーは充電式で、充電ポートはmicro USBが必要です。

このオウルテック2つ折りキーボードは、2つ折りを開くと自動で電源ONになり、キーボードを閉じるとOFFに切り替えることもできます。バッテリーが気になる方にもおすすめできます。

2位 iClever IC-BK03折りたたみキーボード

iClever キーボード
iClever キーボード
口コミ

とてもコンパクトかつ軽量であり、持ち運びに苦労しない。 黒とシルバーを基調としたデザインもシンプルかつクール。 キーボードを打つ感触も小気味よく、お薦めの商品である。

一般的にスマホキーボードはコンパクトなBluetoothキーボードが多く、2つ折りのキーボードが主流です。このiClever IC-BK03折りたたみキーボードは、真ん中で窓の世に左右を折りたたむことができるの2つ折りよりもコンパクトになり、展開しても他のキーボードに劣らず、タイプ感もしっかり感じることができおすすめです。

アイソレーション設計で同時押しによる、ミスタイプも防止する機能もついており、コンパクトスマホキーボード特有のデメリットをカバーしています。

対応デバイスも使っているスマホのバージョンにもよりますが、IOS/Androidどちらも対応しており、タブレットでも使えるのが便利で二つのデバイスを使用している方にもおすすめできます。

1位 You and Me プロジェクションキーボード

you and me プロジェクションキーボード
you and me プロジェクションキーボード
口コミ

小さいと打ちにくいし、大きいと持ち運びできないので、折り畳めて、しかも打ちやすい。買っても使いづらいと使わないんですよね。これはよく使います。しかも見た目もダサくないので好き。

最近人気なBluetoothのレーザー型キーボードです。you and meのプロジェクションキーボードは、スマホやタブレットはもちろんパソコンにも使うことができます。バッテリーはUSB充電ができ持ち運びも便利でおすすめです。

レーザーなのでタイプ感がないイメージが一般的にありますが、このスマホキーボードはレーザーなのにタイプ感を感じることができます。レーザーを発生させる装置がBluetoothスピーカーにもなっており、音楽を楽しむことができる最新技術で設計されています。

慣れるまで少し時間がかかる可能性はありますが、慣れることができればどこでもキーボードを展開することができておすすめです。

特徴・用途別おすすめのスマホキーボードは?

スマホキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スマホのキーボードには、スマホの特性を生かしたキーボードもあります。特徴別にお勧めできるスマホキーボードを4つご紹介します。

iPhone

iPhoneにはプラスシリーズや、元から画面が大きいサイズのシリーズがあります。その場合は、少し文字キーが大きくなっており打ちやすくなっています。PhoneSEやiPhone5シリーズは、画面が小さいのでキーボード配列にすると、文字キーがフリック入力よりも格段に小さくなるため打ちにくくなりがちです。

iPhoneポケットサイズのシリーズを使っていて、キーボード入力がしにくいときは外付けキーボードを使ってみると良いでしょう。

iClever スタンドケース付きBluetoothキーボード

i Clever スタンド付きキーボード
i Clever スタンド付きキーボード
口コミ

サイズも思っていた通りでしたし、起動から接続までの時間も早く満足のいくものでした。またキータッチの感触もしっかりとしており、フルサイズのキーボードと遜色はありませんでした。

このスマホキーボードは各OSに対応しており、厚さも1.3cmほどしかなく、重量も軽く外出先でもiPhoneで作業を難なくこなすことができます。ラグがなくタイプ感もしっかりあるので打鍵感が欲しい方にはおすすめできます。

このi Cleverのスマホキーボードですごいのはキーボードだけではなくて、スマホキーボードと一緒に保護カバーがついてきます。iPhoneカバーとして使うことでスマホキーボードを支えるスタンドどしても役に立ち便利につかえます。

また、バッテリーはUSB充電式で、省電力設計になっているのでバッテリーを気にすることなく使用することができBluetoothに不安を持っている人にもおすすめです。

Bluetooth

Bluetoothでは、AndroidでもIOSでも使われている機能です。スマホによって、Bluetoothバージョンというものが決められており、自分が使っているスマホはどこまでかのBluetoothに対応しているかを確認すると良いでしょう。

もし、対応しているバージョンでどんなBluetoothのスマホキーボードが良いのか迷ったら、自分の好みなタッチ感やタイピング音なども参考にしてみるのもおすすめです。

Battop Bluetoothスマホキーボード

Battop Bluetoothスマホキーボード
Battop Bluetoothスマホキーボード
口コミ

私はデザイン専攻を勉強している学生です。 いつもパソコンを使いますので、Bluetooth対応できるデバイスなら、ほぼ何でも対応します。快適な体験です。満足です。

一般の折りたたみのスマホキーボードは文字キー面を縦に切って折りたたむのが主流です。Battopスマホキーボードは、文字キー面を横に折りたたむのでキーボードの安定性が抜群に高いです。折りたたみのキーボードの不安定感などに不満がある人にも、おすすめできるスマホキーボードです。

バッテリーは充電方式で、付属のケーブルで充電することが可能です。Bluetoothのスマホキーボードの中では珍しいタイプで、OS問わずBluetoothバージョンには広く対応しています。スタンド部分も動かすことができ、読書や映画鑑賞なども便利に楽しむことができておすすめです。

折りたたみ

タイプ感を重視したタイプや、気軽に持ち歩けて、外で作業もしやすいコンパクトのタイプなど、折りたたむ形式がスマホキーボードには多いです。使うユーザーの好みや機能などがメーカによって違うので、シーンによって使い分けができます。

マイクロソフト GU5-00014薄型キーボード

マイクロソフト 薄型折りたたみキーボード
マイクロソフト 薄型折りたたみキーボード
口コミ

手が大きい私でも普通に打ちやすいですしかもペアリングも開くだけなので、簡単。何より軽い!純正のキーボードも考えてましたが、使い勝手や持ち運び、コストを考えるとこれにして正解でした

マイクロソフトからでているこのGU5-00014は、展開すると5.3mm折りたたみのキーボードの中では特に薄く、折りたたんでも0.5mm程度ほどです。薄さを重視する方には特におすすめです。また、防滴機能がついているので水滴などがついても安心して作業を進めることができ、おすすめです。

Bluetoothキーボードで、IOS/Android関係なく2台まではペアリングができます。バッテリーは充電方式です。使い勝手にもよりますが、バッテリーはフル充電をすると3ヵ月ほど持ちます。出張が多く時間を取れない方や、バッテリーの省エネ機能を重視する方にもおすすめできます。

USB外付けキーボード

USB外付けキーボードは変換プラグが必要なものが多く、外出先でも使えるようなスマホキーボードを重視する方にはおすすめすることはできませんが、安定したタイプ感やキーボードの大きさ、タイムタイムラグの減少を求める方にはおすすめのスマホキーボードタイプです。

スマホの処理速度などにもよって変わりはしますが、USBキーボードならではの安定性でどのスマホキーボードよりも、パソコンに近い操作感があります。

LeaningTech LTC-K61 メカニカルキーボード

LeaningTech LTC-K61 メカニカルキーボード
LeaningTech LTC-K61 メカニカルキーボード
口コミ

コンパクトでなおかつ打ちやすい!青軸にしたけどとくに目立ったことはなし。イルミネーションとかはたくさんあって便利? そしてなんかかわいいw

LeaningTech LTC-K61メカニカルキーボードは、Bluetooth接続とUSB接続のどちらにも対応しています。USB変換プラグがあればショートカットキー、一つでBluetooth接続と切り替えることができます。ペアリングが面倒な方にもおすすめです。


折りたたみではないので、折りたたみみの空間などを気にする必要がありません。好みに合わせてキータイプが選べます。また暗いところでも作業がしやすい,イルミネーション付きでバリエーションは17タイプあり、飽き性の方も楽しめておすすめです。

おすすめのスマホキーボードのメーカー3選と有名製品

スマホキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スマホキーボードはニーズが高くなってきていて、いろんなメーカーから機能や形などがそれぞれ違ったキーボードがでてきています。その多いキーボードメーカのなかでも、おすすめのスマホキーボードメーカを3つ紹介します。

ロジクール

パソコン周辺機器で有名なロジクールは、スマホキーボードも販売しています。ロジクールは仕事やプライベートにも最適で日本人ユーザーの人気が高いメーカーです。値段もリーズナブルなものから、高価格の高品質なものなど、商品ラインナップがどのジャンルも多いので、好みに合わせた周辺機器を揃えることができおすすめです。

ロジクール K480WH Bluetoothキーボード

ロジクール K480WH Bluetooth
ロジクール K480WH Bluetooth

¥ 5,400

口コミ

iPhoneや iPadでの文字入力に利用しています。値段もリーズナブルだし,操作も簡単です。

ロジクールのスマホキーボードの中で、ロジクールK480WHは特に人気です。キーボードはフルサイズでA4サイズです。バッテリー管理は充電池になっていますが、省エネ設計になっているので長時間つかえます。

ロジクールK480WHで一番注目なのが、3台接続できて接続先を左上のつまみで、切り替えることができる点と、スマホやタブレットを立てることができる溝がついている点です。溝がついていれば他にスタンドが必要ないので、手間が省けておすすめです。

iClever

iCleverはアメリカの会社です。主にスマートフォンに関する製品を販売しています。日本ではあまり名は知られていないメーカーです。アメリカユーザーでは製品を信頼し安定した人気があります。iPhone関係の製品が多いですが、人気の高さからAndroidにも互換がある製品もあり、IOS/Androidどちらを使っていてもおすすめです。

タブレットやパソコン周辺機器なども販売しているので、スマホキーボードが気に入ったらiCleverの他の製品をチェックすることもおすすめします。

iClever IC-BK05折りたたみキーボード

iClever  IC-BK05折りたたみキーボード
iClever IC-BK05折りたたみキーボード
口コミ

カッコイイです。 クールですきれいです。コンパクトになるのでいいと思います。この他にも2つ持ってます

「スマホキーボードおすすめランキングTOP3」の中でもiClever IC-BK03折りたたみキーボードが登場しましたが、iClever IC-BK03折りたたみキーボードと同じくらい人気なのが、iClever IC-BK05折りたたみキーボードです。i Clerverの中でもこの2つのキーボードが、日本で人気で代表製品です。

iClever IC-BK05は、無線と有線の両方使いが可能です。バッテリーはフル充電の場合は、80時間程度もつので長時間の作業も安心して行うことが可能でおすすめです。また、キーの感覚に余裕があるので、ネイルなどを施している女性にもおすすめすることができます。

マイクロソフト

マイクロソフトといえばWindowsが有名ですが、マイクロソフトから周辺機器も販売されています。対応OSはマルチ対応しているものが多く、IOSでも稼働するキーボードもあります。スマホキーボードとして販売されていても、Windowsパソコンであれば稼働するものもあるので、パソコンとスマホで両方使う場合はチェックしてみましょう。

マイクロソフト P2Z-00023スマホキーボード

マイクロソフト P2Z-00023キーボード
マイクロソフト P2Z-00023キーボード
口コミ

Bluetooth キーボードでは他の追随を許さないクオリティです。流石はマイクロソフトという感じ

マイクロソフトP2Z-00023のは特に省電力に優れています。付属しているカバーの取り外しでONとOFFの切り替えが可能です。このカバーは電源管理に対応しているだけでなく、スマホやタブレットのスタンドにもなり、便利に使えます。

バッテリーは充電式で、どれくらいの時間数で作業するかにもよりますが、1回の充電で6か月ほど持ちます。長い時間コンセントにさすことが煩わしい方におすすめです。

スマホキーボードの上手な使い方や活用方法って?

スマホキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スマホキーボードをより便利に使うための機能がメーカーによって変わります。ショートカットキーが使えるスマホキーボードは作業を効率的に遂行することができます。ショートカットキーが対応していれば、ペアリングの切り替えやBluetoothのペアリングさえも早くできます。

また、キーボードによってはトラックパッドやタッチパッドがついているものもあります。スマホキーボードに慣れてきたら、このような機能が付いたキーボードを持ってみるのも、上手な使い方です。

スマホキーボードを使うことでもっと返信が楽しくなる!

スマホキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

恋人からのメールの返信や、会社のメール、SNSなど文字をスマホで打つ機会は1日に何度もやってきます。長文を打つくらいなら、後で返信しようと思って忘れてしまうこともあります。スマホキーボードを使えば、文字の打ち間違いを気にすることなく、長文もさっと打つことができます。スマホキーボードを1つ持って、もっとコミュニケーションを取りやすくしてみましょう。

Related