Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月10日

電子書籍端末のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

電子書籍端末のおすすめランキングTOP3や、特徴別のおすすめ製品を紹介しています。電子書籍端末の種類・選び方・使い方やそれぞれの製品の口コミ、メーカー別のおすすめ製品などについても記載しています。電子書籍端末を購入する際にお役立てください。

電子書籍端末のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

電子書籍端末の種類と選び方は?

電子書籍端末のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

電子書籍端末の種類と選び方について紹介します。

電子書籍端末の種類は?

電子書籍端末の種類は、メーカー数・製品数ともにそれほど多くはありません。以前はさまざまなメーカーが参入していましたが、現在、国内では主にAmazonのKindleや、楽天のKoboなど、ECサイトの大手がそれぞれ数モデルを販売している程度です。

それぞれのモデルの違いは、画面、内蔵容量、操作性、インターネット接続、防水性などのスペックによって区分することができます。これらのスペックについて、簡単に紹介します。

画面

画面の大きさと解像度は、画像や文字の読みやすさに直結する重要なポイントです。画面の大きさは「インチ数」、画面の解像度は「ppi」や「dpi」などで表されるので、各モデルを比較する際には参考にすることをおすすめします。

また、バックライトの数は明るさの面で画面の見やすさを左右します。

まず、バックライトが点灯した明るい画面が苦手な方には、バックライト非搭載のモデルがおすすめです。これらのモデルの欠点としては、暗い場所での使用が難しいことが挙げられます。

一方で、バックライトを搭載しているモデルは暗い場所でも読書を楽しむことができます。さらに、バックライトを搭載している数が多くなるほど、細かい明るさの調節が可能で、より快適に画面を見ることができておすすめです。

内蔵容量

電子書籍端末の内蔵容量によって、本体に保存できる本やコミックの冊数が決まります。

現在販売されているモデルを見渡してみると、容量が小さい製品で4GB、大きい製品になると32GBの内蔵容量を備えています。

ここで容量に対する保存可能な本の数の考え方についてですが、Kobo(楽天)の製品説明を参考にすると、4GBの容量では、テキストベースの本は約3,000点分、コミックは約75点分とされています。

テキストベースの本とコミックの保存可能点数の違いは、文字と画像の容量の違いによります。画像は文字よりも容量が大きくなりますので、画像中心のコミックはどうしても容量が大きくなってしまいます。

コミックを中心に楽しみたい方は、内蔵容量が大きい電子書籍端末がおすすめです。

操作性

ほとんどの電子書籍端末にはタッチパネル液晶が搭載されているので、ページめくりの操作などは基本的に画面にタッチをして行います。中には、本体のボタンで操作できるモデルもあるので、タッチパネルだけだと不安な方にはおすすめです。

また、最近のモデルでは、紙の本のようにパラパラと高速でページをめくることができる機能を搭載して、操作性を高めている製品があります。

電子書籍端末でも紙の本に近い読書体験をしたい方には、操作性に注目されることをおすすめします。

インターネット接続

基本的には、どの電子書籍端末もWiFiによるインターネット接続に対応しています。インターネット接続した環境で本の購入やダウンロードを済ませておけば、非接続の環境でも読書を楽しむことができます。

また、Kindleの一部機種では、WiFiモデルと、WiFi+無料3Gモデルの2種類がラインナップされています。無料3Gとは文字どおり、屋外でWiFiが使えない環境であっても、無料で3G接続することができるため、本のダウンロードや本棚の同期などを行うことが可能となりおすすめです。

防水性

紙の本の場合は濡れてページがめくれなくなってしまったり、濡れないように工夫しても湿気で紙が変形してしまったりと、どうしても水場とは相性が良くありません。

電子書籍端末の場合は防水モデルが販売されていて、水の中に落としてしまっても問題ない程度の防水性能を備えているので、水場でも安心して使用することができます。もちろん、濡れた手で操作することも可能です。

普段、お風呂やプールなどに紙の本を持ち込んで読書を楽しんでいる方には、防水モデルの電子書籍端末を検討することをおすすめします。

電子書籍端末の選び方は?

よく読む書籍のジャンル

書籍1冊あたりの容量は一律で決まっているわけではなく、それぞれに含まれる文字数や画像数によって変わってきます。例えば、コミックはほとんどが画像で構成されているので、小説などの文字中心の書籍と比較して、かなり大きな容量になります。

電子書籍端末本体の容量には上限があるため、コミックをメインで使用したい方には、内蔵容量が大きいコミックモデルの端末をおすすめします。

端末を使用する環境

端末を使用する環境を想定して、自分にあう機能を搭載した電子書籍端末を選びましょう。

例えば、電子書籍端末をお風呂に持ち込んで、ゆっくり読書を楽しみたい方は、防水モデルを選ぶことをおすすめします。

就寝前に電気を消した暗い中で読書を楽しみたい方には、バックライトが搭載されたモデルを選ぶことをおすすめします。

電子書籍を購入するサイト

電子書籍を購入するお気に入りのサイトがある場合は、そのサイトに対応した端末を購入することをおすすめします。Amazonで購入する方なら端末はKindle、楽天ブックスの場合はKoboといった具合です。

さまざまなサイトで同じタイトルの電子書籍を購入することは可能ですが、購入した本の管理や、端末を買い換えた際のデータの引き継ぎを考えると、主に利用するサイトは決めておいた方が便利なのでおすすめです。

電子書籍端末おすすめ人気ランキングTOP3

電子書籍端末のおすすめ製品をランキング形式で紹介します。

【第3位】Kobo Aura One コミックEdition 32GB(楽天)

Kobo Aura One コミックEdition 32GB
Kobo Aura One コミックEdition 32GB
口コミ

液晶のサイズが大きいので目が楽だというとても良い印象です。 自炊した文庫本をそのままE-Inkに置き換え可能なサイズなので、解像度を含めた表示に関しては文句無しという感じです。

電子書籍端末おすすめ人気ランキング【第3位】は、Kobo Aura One コミックEdition 32GB(楽天)です。

画面サイズは7.8インチ、解像度は300ppiです。内蔵容量は32GBで、防水対応(IPX8規格準拠)しています。

7.8インチの大画面に32GBを内蔵

7.8インチ・300ppiの解像度の画面を搭載しているので、コミックの細かい描写の部分まで綺麗に楽しむことができておすすめです。

また、32GBの容量を内蔵しているので、コミックでも約700冊保存して持ち歩くことが可能です。内蔵容量8GBのタイプもラインナップされています。

高速ページめくり機能

「高速ページめくり」機能を搭載していて、従来では1ページずつしか移動できなかったページを、高速でパラパラとめくることが可能となっています。

目当てのページまで短時間でたどり着くことができるので、コミックを何度も読み返したい方にはおすすめの機能です。

【第2位】PRS-T3S(ソニー)

PRS-T3S
PRS-T3S
口コミ

以前から電子書籍が欲しいと思っていたので、アマゾンのキンドルも良い商品ですが、ボタン式になっている点でソニーに決めました。

電子書籍端末おすすめ人気ランキング【第2位】は、PRS-T3S(ソニー)です。画面サイズは6インチ(解像度は758 × 1024ドット)、内蔵容量は約2GBです。

快適なボタン操作

タッチパネルだけではなく、画面下に配置されているボタンでもページ送りなどの操作が可能です。

本をたっぷり保存して持ち出せる

約2GBの内蔵容量に、書籍は約1,200冊、コミックなら約31冊を保存して持ち出すことができます。

長時間バッテリーのスタミナ設計

1回の充電で、最長で約2ヶ月間の読書を楽しむことができます。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、写真のブラック(B)のほか、ホワイト(W)とレッド(R)の計3色から選ぶことができます。

【第1位】Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi(Amazon)

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi
Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi

¥ 16,280

口コミ

小説だけでなく、マンガも読むので32ギガのものにしました。 通常のタブレットと悩みましたが(読書に特化でこの価格は贅沢かと)、皆さんが書かれているように素晴らしいです。

電子書籍端末おすすめ人気ランキング【第1位】は、Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi(Amazon)です。

画面サイズは6インチ、解像度は300ppiです。32GBの容量を内蔵しているので、コミックは約700冊、書籍であれば数千冊保存して持ち出すことが可能です。

拡大機能

ピンチ&ズーム機能を使えば、画面の特定の部分を簡単に拡大することができます。読みづらい部分や、コミックの細かい描写をしっかりと見たい場合にはおすすめの機能です。

見開き表示機能

「見開きビュー」機能を使用すると、画面に見開きページを表示することが可能です。

見開きページを使って描写されたコミックのワンシーンの迫力などを、そのまま感じることができるのでおすすめです。

ページめくりの機能

「快速ページターン」機能を搭載しているので、従来の電子書籍端末よりも速くページをめくることができて、ストレスを感じることが少なくなります。

また、「連続ページターン」機能は、画面を長押ししている間パラパラとページをめくって、目当てのページまで速くたどり着くことができます。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは写真のブラックと、ホワイトの計2色から選ぶことができます。

特徴・用途別おすすめの電子書籍端末は?

特徴や用途別のおすすめ電子書籍端末を紹介します。

カラー画面のおすすめ電子書籍端末

iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル(Apple)
iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル(Apple)
口コミ

3年前に買ったiPadがそろそろ限界なので買い換えました。 通信料が高いので、WIFI専用で使っていましたが、専用モデルがあるのを初めて知りました。 いい製品です。

iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル(Apple)は、カラー画面のおすすめ電子書籍端末です。画面サイズは9.7インチ、解像度は2,048 x 1,536ピクセル(264ppi)です。タブレット端末なので、電子書籍端末の特徴である、紙のような高精細画面、長時間バッテリー、本体の携帯性などのメリットを享受することは難しくなります。

しかし、カラーで9.7型の高精細画面を搭載しているので、雑誌やアート作品の電子書籍など、写真や絵を綺麗に見たい作品には最適です。

また、アプリを簡単に切り替えて使用できるので、複数の電子書籍サイトを使用する場合には、タブレットの使用はおすすめです。カラーバリエーションは、写真のシルバーのほか、ゴールドとスペースグレイの計3色から選ぶことができます。

価格が安いおすすめ電子書籍端末

Kindle (Newモデル) Wi-Fi

Kindle (Newモデル) Wi-Fi
Kindle (Newモデル) Wi-Fi

¥ 8,980

口コミ

Oasysも持っていますが、これの小ささは素晴らしい。 個人的には3G版があればメイン使いするのですが。

Kindle (Newモデル) Wi-Fiは、価格が安いおすすめ電子書籍端末です。画面サイズは6インチ(解像度は167ppi)、内蔵容量は4GBです。

バックライトを搭載していないので、ブルーライトを心配することなく読書を楽しむことができますが、暗い場所での使用は難しいです。暗い場所でも使用したい方には、バックライト搭載のモデルをおすすめします。

カラーバリエーションは写真のブラックと、ホワイトの計2色から選ぶことができます。

防水のおすすめ電子書籍端末

Kobo Aura H2O(楽天)

Kobo Aura H2O
Kobo Aura H2O
口コミ

防水機能ということを優先しキンドルではなくこちらを選びました。お風呂や水場でも使えて便利です。電源オフの時に読んでいる本の表紙が表示しっぱなしになるのが??です。

Kobo Aura H2O(楽天)は、防水のおすすめ電子書籍端末です。画面サイズは6.8インチ(解像度は265dpi)、内蔵容量は4GBです。

防水対応(IP67規格に準拠)なので、家庭のお風呂やキッチン、外出先のプールや温泉でも読書を楽しむことが可能です。

また、内蔵容量は4GBですが、外部のmicroSDカードを使用すると、最大32GBまで容量を拡張して、本をたっぷりと持ち歩くことが可能となります。

容量を拡張して使用したい方にはおすすめの電子書籍端末です。

おすすめの電子書籍端末の容量は?

電子書籍端末のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

現在販売されてる電子書籍端末を内蔵容量別にみると、ほとんどの製品が4GB、8GB、32GBのいずれかに当てはまります。ここでは「4GBと8GB」と「32GB」の二つに分けて、その特徴などを紹介します。

4GBと8GB

4GBと8GBは現在、電子書籍端末の標準的な内蔵容量です。Koboの4GB内蔵端末の場合、書籍で約3,000冊、コミックで約75冊を保存できる程度の容量となります。2倍の8GBの内蔵容量になると、当然ながら4GBの2倍の本を保存することが可能です。

ここでおさえておきたいのが、高機能のハイエンドモデルから、機能がシンプルなエントリーモデルまでを見比べると、ハイスペックのモデルになるほど容量が大きくなる傾向にあるということです。

つまり、機能がシンプルなエントリーモデルは内蔵4GB、ミドルモデルは内蔵8GB、ハイエンドモデルは内蔵8GBや32GBといった関係性にあります。

4GBと8GBでは2倍の違いがありますが、使い方によってカバーできる部分はあります。まずは容量より自分にあった性能を備えたモデルを選びましょう。容量の大きさを重視する場合は、32GBのモデルの検討をおすすめします。

32GB

32GBは、現在販売されている電子書籍端末の内蔵容量としては最大で、コミックモデルとして取り扱われています。

これまで紹介してきたように、コミックは文字中心の書籍よりも容量が大きくなってしまいますが、32GBの容量を搭載していれば約700冊のコミックを保存することができます。

もちろんコミック以外にも使用することはできますので、できるだけ容量の大きいモデルを探している方には、この32GBのモデルがおすすめです。

おすすめの電子書籍端末のメーカー・ブランドと製品は?

Kindle(Amazon)、Kobo(楽天)、ソニーの電子書籍端末について紹介します。

Kindle(Amazon)

Kindle(Amazon)の特徴として、それぞれの機種において「キャンペーン情報つき」と、「キャンペーン情報なし」のモデルから選択できることがあります。

キャンペーン情報は、お買い得情報やおすすめ情報などの広告が、主にロック画面などに表示されます。面倒に思われる方はキャンペーン情報なしのモデルをおすすめします。

ただし、キャンペーン情報つきのモデルの方が本体の価格が安く設定されているので、情報が表示されても気にならないようであれば、キャンペーン情報つきのモデルを選ぶと良いでしょう。

ここでは代表的な2つの製品を紹介します。

Kindle Oasis
Kindle Oasis

¥ 38,980

口コミ

これまでも新型が出るたびに買ってきたけど、Oasisが今のところ一番使いやすい!

Kindle Oasis(Amazon)は、画面サイズは7インチ、解像度は300ppiの電子書籍端末です。

内蔵容量は32GBと8GBから選択可能で、防水性能(IPX8等級)を備えたハイエンドモデルです。

Kindle Voyage
Kindle Voyage

¥ 25,980

口コミ

以前もkindleをもってましたが、細かい字が醜いなどありましたが、この機種は綺麗です。ただ、ページめくりにコツが要ります。

Kindle Voyage(Amazon)は、画面サイズは6インチ、解像度は300ppiの電子書籍端末です。

内蔵容量は4GBで、「快速ページターン」や「連続ページターン」に対応していて、読書の喜びを追求したモデルです。

Kobo(楽天)

Kobo(楽天)の電子書籍端末は、大画面・大容量・防水などのハイエンドモデルから、シンプルな性能のエントリーモデルまで、バラエティに富んだ幅広いラインナップが特徴です。

ここでは代表的な2つの製品を紹介します。

Kobo Aura H2O Edition 2
Kobo Aura H2O Edition 2

Kobo Aura H2O Edition 2(楽天)は、画面サイズは6.8インチ、解像度は265ppiの電子書籍端末です。

内蔵容量は8GBで、防水性能(IPX8規格準拠)を備えています。

Kobo Aura Edition 2(楽天)は、画面サイズは6インチ、解像度は212ppiの電子書籍端末です。内蔵容量は4GBで、専用カバーをレッド、ブルー、ブラックの3色から選ぶことができます。

ソニー

ソニーの電子書籍端末は、現在1つの製品しか販売されていません。高精細な電子ペーパーを搭載していて、ボタン操作が可能で便利な、PRS-T3Sについて紹介します。

PRS-T3S(ソニー)

PRS-T3S
PRS-T3S
口コミ

今回のPRS-T3Sは説明通で早いですと言っていた通り、非常に満足するものでした。

PRS-T3Sは、ソニーの電子書籍端末です。画面サイズは6インチ(解像度は758×1024ドット)、内蔵容量は約2GBです。

本体は約8.8mmの薄さで、文庫本と同じ程度のコンパクトさなので持ち運びに便利です。

また、国語辞典、英和辞典、英英辞典を搭載していて、作品中の単語を長押しするだけで意味を検索することができるので役立ちます。

電子書籍端末の楽しみ方は?

電子書籍端末の楽しみ方として、おすすめの漫画と自炊方法について紹介します。

おすすめの漫画

キングダム
キングダム
口コミ

史実をある程度は知っていますが、読み出したら止まりません。素晴らしい。

青年コミックのおすすめは、キングダム(原泰久)です。

中国の春秋戦国時代を題材にしていて、数々の迫力ある戦闘シーンを電子書籍でも楽しむことができるのでおすすめの作品となります。

逃げるは恥だが役に立つ
逃げるは恥だが役に立つ
口コミ

感動も笑いも人生観も、全て味わえる作品だと思います。淡々と描かれているようですが、あちらこちらに心に響くシーンがあり、物語に深みを感じました。

女性コミックのおすすめは、逃げるは恥だが役に立つ(海野つなみ)です。同タイトルで大ヒットしたテレビドラマの原作コミックで、ジャンルは社会問題を織り交ぜたラブコメディです。

全9巻で完結しているので、電子書籍で楽しくいっき読みしたい方にはおすすめの作品です。

自炊方法

電子書籍端末のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

電子書籍における自炊とは、紙の本をスキャナなどで電子データに変換して、電子書籍端末に取り込んで読書を楽しむことを言います。ここでは、自炊するための主な方法を簡単に紹介します。

まず、本をスキャンしやすくするために、裁断機などを使用して本の背を切り落とします。次に、スキャナなどを使って、それぞれのページを電子データに変換して保存します。最後に、各ページのデータを整理して電子書籍端末に取り込んで、読書を楽しむことが可能となります。

著作権などの権利関係の問題がありますので、自炊はあくまで自分自身が楽しむ範囲で行うように気をつけましょう。

電子書籍端末を使って本や漫画を好きなだけ持ち歩こう!

電子書籍端末のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

今回はおすすめの電子書籍端末について紹介しました。電子書籍端末を使用すると、インターネット接続されている環境下で簡単に書籍を入手することが可能で、さらに数千冊もの書籍を1台の端末に保存することができるメリットがあります。

多数の本をどこにでも持ち歩くことができますし、紙の本とは違って保管するスペースが必要ないことも大きな利点です。

コミック好きな方には内蔵容量が大きいモデル、お風呂やキッチンで読書したい方には防水モデルと、端末のバリエーションも豊富です。電子書籍端末を使用して、快適に読書を楽しみましょう。

Related