Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月12日

無線LAN中継器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

Wi-Fiルーターを設置したのに、無線が途切れる、通信速度が遅い、こんな悩みには無線LAN中継器をおすすめします。無線LAN中継器使用で通信環境が劇的に変わるかもしれません。そこで、せっかくのWi-Fi環境を存分に楽しみたい人におすすめの機種をご紹介します。

無線LAN中継器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

無線LAN中継器の種類と選び方

無線LAN中継器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

Wi-Fiルーターを設置したのに電波が途切れる、通信速度が遅いなどで困っていませんか。どんなに高性能なWi-Fiルーターでも、親機だけでは自宅の大きさや障害物により家中に電波を飛ばせないことがあります。

こうしたWi-Fi環境の悩みには、無線を中継して子機に届ける無線LAN中継器というツールが便利でおすすめです。無線LAN中継器を親機と子機の中継に使うと、劇的に通信環境が改善されます。

無線LAN中継器の種類

無線LAN中継器は、中継機能の付いたWi-Fiルーターと中継機能を専門とする無線LAN中継器の2種類に分けられます。まずは、この2種類について解説します。

中継機能付きWi-Fiルーター

中継機能の付いたWi-Fiルーター(親機)は、中継機能を専門とする無線LAN中継器よりもアンテナ数が多く、通信速度が速い特徴があります。家中の通信環境を最も快適にすることができるのは、中継機能付きのWi-Fiルーターです。

ただ、中継機能が付いたWi-Fiルーターは無線LAN中継器よりも価格が高く、また形状が大きいため設置スペースを取るというデメリットもあります。

中継専門無線LAN中継器

無線LAN中継器は、コンパクトでリーズナブルであることが魅力になります。無線LAN中継器の主流は、コンセント直挿しタイプです。コンパクトな形状で設置スペースをとりません。

無線LAN中継器は中継機能付きのWi-Fiルーターよりもアンテナ数が少ないものが多く、そのぶん通信速度が遅いというデメリットがあります。しかし、最近発売されている無線LAN中継器はIEEE802.11ac対応のデュアルバンド同時接続を採用しているものが増えてきているので、無線LAN中継器であっても通信環境の改善に大きく役立ちます。

無線LAN中継器の選び方

無線LAN中継器を選ぶ時に最も注意しなければならないのは、対応しているWi-Fi規格のバージョンです。仮に親機のWi-Fiルーターや子機が最新のWi-Fi規格バージョンに対応しているとしたら、無線LAN中継器も最新のWi-Fi規格に対応していなければ、通信速度の速い最新のWi-Fiを利用することができません。

無線LAN中継器の対応Wi-Fi規格を確認!

そういうわけで無線LAN中継器は最新のWi-Fi規格対応品を選ぶことをおすすめします。最新のWi-Fi規格に対応している無線LAN中継器であれば古いWi-Fi規格にも活用できるので、子機が新しいWi-Fi規格に対応していなくてもつながります。

また、今の子機が新しいWi-Fi規格に対応していなくても、子機を買い替えすると新しいWi-Fi規格の対応機種であるケースが圧倒的に多くなります。そのときもし中継器が古いタイプだとせっかくの高速通信を無駄にしてしまいます。現状、最新のWi-Fi規格としてIEEE802.11acに対応している無線LAN中継器を選ぶことが無難でおすすめできます。

デュアルバンド同時接続も重要

通信環境を快適にすることで、無線LAN中継器がデュアルバンド同時接続を採用しているかという点も重要になります。デュアルバンド同時接続は、無線の周波数帯の2.4GHzと5GHzを同時に接続することができ、無線の順番待ちが少なくなります。

これが、デュアルバンド切り替え式やシングルバンドであると、1つの周波数帯で無線LAN中継器が切り替えて子機に電波を届けるので、無線の順番待ちが多くなり通信速度が遅くなる原因になります。

無線LAN中継器のサイズ

無線LAN中継器を設置する場所に無線LAN中継器がおさまらなくては話になりません。無線LAN中継器と設置する場所とのサイズを良く照らし合わせ、設置するのに問題がないかを寸法上でしっかりと確認することをおすすめします。

中継機能専門の無線LAN中継器はコンセント直挿しタイプが主流でコンパクトです。ただ中継機能専門の無線LAN中継器はコンパクトですが、形状によってはコンセントの挿し口を1つ余分にふさいでしまう可能性があります。ですので無線LAN中継器のプラグから上下の寸法を確認することもおすすめします。

無線LAN中継器おすすめ人気ランキングTOP3

無線LAN中継器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

無線LAN中継器は、量販店よりもネットでの販売が主流の商品になります。Wi-Fiルーターでよく見かけるメーカーは無線LAN中継器も発売していますが、ネット販売の方が強い無線LAN中継器のメーカーが多くあります。

またWi-Fiルーターと無線LAN中継器は形状も良く似ているため、少しわかりにくいところがあります。そこで、通信環境を快適にする無線LAN中継器おすすめ人気ランキングTOP3を紹介します。

ランキング3位:TP-Link RE450

TP-Link RE450
TP-Link RE450
口コミ

全くパソコンに疎い家族でも、私がいない間に本機を開封し設置できました。 大満足です。

TP-Link RE450は、コンセント直挿しタイプの無線LAN中継器です。コンパクトな無線LAN中継器ですが、3本の外付けアンテナを搭載しており、1300+450Mbpsの高速通信を全方位に向けて発信することができます。

また、700MHzの高性能チップを搭載することで、中継した電波を拡張するのに大きな安定感を生み出します。LANポートも1口搭載されており、有線接続でもギガビット規格の通信速度を提供し便利に活用できます。

TP-Link RE450のWi-Fi設定も簡単で、アプリでの設定やボタンを押すだけで初心者でも問題なく設定完了します。

ランキング2位:バッファロー WXR-1750

バッファロー WXR-1750DHP
バッファロー WXR-1750DHP

¥ 20,196

口コミ

PCを4台、タブレット2台使っていますが通信速度が早くなりました。

バッファロー WXR-1750DHPは、中継機能付きのWi-Fiルーターです。強力な3本の外付けアンテナで、高速で安定した電波を発信することができます。1300+450Mbpsの高速通信と、渋滞している周波数帯を感知し空いている周波数帯で通信を行うバンドステアリング機能もおすすめです。

また、iPhoneユーザーには嬉しいビームフォーミングEXを採用しています。ビームフォーミングEXはiPhoneの位置や動きを感知して集中的に電波を届けることができるので、バッファロー WXR-1750DHPを設置する前と後では通信環境の快適さが全く違うものになります。

ランキング1位:NEC PA-W1200EX

NEC PA-W1200EX
NEC PA-W1200EX
口コミ

アンテナの数が1本から3本になり、Wi-Fi接続も安定しています。

NEC PA-W1200EXは、コンセント直挿しタイプの無線LAN中継器です。NEC PA-W1200EXは、内蔵アンテナのため突起物がなく、コンパクトで非常に使いやすいところがおすすめになります。内蔵アンテナも2×2で、無線LAN中継器の中でもトップクラスです。

また、NECの先端技術であるμSRアンテナが採用されており、余計な電磁ノイズをブロックして、アンテナの受診感度を上げる機能も通信の安定性ではおすすめの機能になります。

特徴・用途別おすすめの無線LAN中継器

無線LAN中継器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

一つの光回線で、ランニングコストを減らし通信を最大限に活用したいと考えるのは当然です。離れの家にも電波を飛ばしたい、最高速度のWi-Fi環境を作りたい、このような考えはありませんか。これらのニーズに対応できる無線LAN中継器もあります。野外で使用できることと、速度の速さをテーマにしたおすすめ無線LAN中継器を提案します。

野外用おすすめ無線LAN中継器

野外用の無線LAN中継器があれば、離れの家にもガレージにも電波を飛ばすことができます。1つの光回線契約で屋外用の無線LAN中継器を設置するとインターネットのランニングコストを大変安くすることが可能です。そこでおすすめしたい無線LAN中継器は「MECO WL-WN570HA1」です。

MECO WL-WN570HA1

MECO WL-WN570HA1
MECO WL-WN570HA1
口コミ

ルーターの設置も説明書を読みながら進めたら、難しくなくすぐに設置できました。 実際に使って見て、Wi-Fiが弱くなく、快適にWi-Fiを使えるようになりました。

MECO WL-WN570HA1は野外用の無線LAN中継器で、価格も安く安定した通信が可能であることが好評の商品です。最大データ速度は600Mbpsと標準ですが、MECO WL-WN570HA1は最大500mもの範囲を通信範囲内にすることができ、そこが一番の魅力です。離れの家でもWi-Fiを利用でき、またガレージで動画を見ながら作業をすること可能な、Wi-Fiの恩恵を大きく受けられるのがおすすめの無線LAN中継器になります。

速度が速いおすすめ無線LAN中継器

無線LAN中継器を選ぶ時に速度をメインテーマにした場合、アンテナは内蔵タイプよりも外付けタイプをおすすめします。外付けアンテナタイプの無線LAN中継器は、アンテナの向きを変えることで無線をつなげたい子機に集中して電波を送信できるためです。

また、中継専門の無線LAN中継器よりも、中継機能付きWi-Fiルーターの選択が通信環境の安定感を生みおすすめできます。これらの条件にマッチしている無線LAN中継器が、「バッファロー WXR-2533DHP2」です。

バッファロー WXR-2533DHP2

バッファロー WXR-2533DHP2
バッファロー WXR-2533DHP2

¥ 29,916

口コミ

木造二階建てで、すべての部屋でストレスなしで動画を視聴できます!家周りでも電波がマックスに来ます。

バッファロー WXR-2533DHP2は、1733+800Mbpsと超高速の通信規格値を提示しています。バッファロー WXR-2533DHP2には外付けアンテナが4本搭載されているので、あらゆる角度に向けて電波を届けることが可能でおすすめです。

また、ユーザーごとに使用用途を設定できるアドバンスドQoSも優れた機能です。ゲームや動画、インターネットなど良く使用する通信に優先順位をつけることができる機能になります。

バッファロー WXR-2533DHP2は、ビームフォーミングやMU-MIMOを採用しており、通信の安定感とバッファロー史上最速の通信を実現します。

価格別おすすめの無線LAN中継器

無線LAN中継器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

価格が高ければ性能が良いのは当然ですが、予算は人それぞれ違います。高い無線LAN中継器に手が届かないことを考え、ここではおおまかに5,000円以下と10,000円で予算を区切り、おすすめできる無線LAN中継器を提案します。

予算5,000円以下おすすめ無線LAN中継器

極力予算を抑えたい、でも満足できる無線LAN中継器が欲しいという場合におすすめできる提案商品です。売れ行きも満足度も高く、価格も安い無線LAN中継器のおすすめ品は、「TP-Link RE200」です。

TP-Link RE200

TP-Link RE200
TP-Link RE200

¥ 4,946

口コミ

二階の一番電波が強い所に(ルーターの真上付近)にセットして、速度がルーターでの実測と比較して、ほぼ同じになり快適になった。

TP-Link RE200は、ネット市場でもはや殿堂入りといっても過言ではないロングセラーおすすめ商品になります。価格も3,000円付近で販売されていることが多く、通信速度も433+300Mbpsとなかなかの通信速度です。しかもこの価格でIEEE802.11acにも対応しており、快適な5GHz帯の通信を体験できます。

予算10,000円おすすめ無線LAN中継器

予算が10,000円程度であれば、中継機能付きのWi-Fiルーターにも手が届きます。Wi-Fiルーターの中継機能で、安定した高速通信を手に入れられます。ここで提案したい無線LAN中継器のおすすめ品は「NEC Aterm WG2600HP2」です。

NEC Aterm WG2600HP2

NEC Aterm WG2600HP2
NEC Aterm WG2600HP2
口コミ

設定も簡単。見えて安心ネットで子供のwifi時間管理機能がとても良いですね。

NEC Aterm WG2600HP2は、10,000円を少し超えてしまいますがスペックと満足度の高さでぜひおすすめしたいWi-Fiルーターになります。NEC Aterm WG2600HP2は4×4の内蔵アンテナタイプです。通信速度は1733+800Mbpsと、申し分ないスピードで送信します。

バンドステアリングも対応しているので無線の渋滞も起こらずその点もおすすめできます。また、ビームフォーミングやMU-MIMOも採用しており、無線LAN中継器では再現できない安定した通信環境をつくることができます。

おすすめの無線LAN中継器のメーカーと代表製品

無線LAN中継器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

無線LAN中継器を発売しているメーカーは多数あり、どのメーカーが良いのか、どのような特徴があるのかわかりにくいです。そこで無線LAN中継器を発売している代表的なおすすめメーカーを3社紹介します。

TP-Link

ネットを中心として無線LAN中継器の販売を展開しているのがTP-Linkです。日本で有名なネットショッピングでは無線LAN中継器部門でほぼ上位にランクインしている、人気でおすすめのメーカーになります。Amazon Alexa認定商品を発売するなど今注目度の高いメーカーです。

TP-Link代表製品:HS105

TP-Link HS105
TP-Link HS105
口コミ

スマホからnasneに接続できなくなることがあり、そのたびに屋根裏に行って電源をOFF->ONしてました。スマホから電源がON/OFFできるようになり、大変助かっています。

Amazon Alexa認定商品のHS105は、Wi-FiスマートプラグでGoogleホームにも対応している商品として注目されています。スマートフォンからHS105を利用して接続機器の電源操作ができるようになります。今後の売れ行きが非常に楽しみな商品がTP-Link HS105です。

バッファロー

バッファローはWi-Fiルーターで売れている人気機種が多くある、スペックの高さと通信の速さで人気のおすすめメーカーです。ユーザーのニーズに答える機種を発売するのが上手なメーカーとして位置づけられます。バッファロー製品には初心者から上級者まで安心して利用できる機種が多いのが特徴です。

バッファロー代表製品:WXR-2533DHP2

バッファロー WXR-2533DHP2
バッファロー WXR-2533DHP2

¥ 29,916

口コミ

私は無線LANを一階に置いていますが、屋上(三階)でもWi-Fiを使えるので電波強度はいいと思います。

WRX-2533DHP2はバッファロー史上最高のでき映えであるおすすめWi-Fiルーターです。親機としても広範囲の無線環境を提供しますが、中継機能で併用すると自宅の通信環境が驚くほど高速で快適なものになります。WRX-2533DHP2は、ユーザーの期待を裏切ることのない価格に見合った性能を持つWi-Fiルーターといえます。

NEC

NECは、バッファローと比較すると商品ラインナップは少ないですが、通信の安定性では定評があるおすすめメーカーです。日本人が持つNECのブランドイメージは非常に高く、初心者が製品選びで迷った時は、NECの機種を選べばほぼ失敗がないといえるほど安心感があります。

NEC代表製品:WG2200HP

NEC WG2200HP
NEC WG2200HP
口コミ

当たり前に動きます。これがどれだけうれしいことか…。

WG2200HPは、4ストリームで1733+450Mbpsと高速の通信速度を持つ中継機能付きのおすすめWi-Fiルーターです。WG2200HPは内蔵アンテナであるため、Wi-Fiルーターの中でもコンパクトなつくりが使いやすさを生み出します。WG2200HPのWiFi設定も簡単にできるので、初心者には嬉しい点です。

ビームフォーミングやMU-MIMOも採用されており、通信の速さと安定感をWG2200HPで得られおすすめできます。

無線LAN中継器の使い方・活用方法

無線LAN中継器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

電波を拡張する無線LAN中継器は、有線接続も上手に活用したいところです。無線LAN中継器には、LANポートが搭載されているものが多くあり、Blu-rayレコーダーや4K TVなどには有線接続がおすすめです。

無線LAN中継器とBlu-rayレコーダーや4K TVを有線接続することで、高画質な動画をスムーズに安定して転送することができます。より安定した動画再生を求めるのであれば、中継機能付きのWi-Fiルーターを選ぶことをおすすめします。

無線LAN中継器おすすめ設置場所

良くやりがちな無線LAN中継器の設置場所に、棚の中や床に直置き、部屋の隅などがあります。しかし、実はこれらは無線LAN中継器の設置場所としておすすめできません。ただ、無線LAN中継器は邪魔になるので、ユーザーの大半は例で挙げた場所に設置してしまいます。

しかし、Wi-Fiの理屈を考えるとこれは通信ロスを生む大きな原因になります。この点は親機であるWi-Fiルーターにもあてはまります。まずは親機のWi-Fiルーターの設置場所もあわせて確認してみることをおすすめします。

意外と知らないWi-Fiのこと

Wi-Fiという無線は障害物に弱く、障害物を通過するたびに電波が弱くなる特徴があります。障害物の例としては壁や床など、目に見えるものがわかりやすいでしょう。したがって無線LAN中継器を棚の中や床に直置きしてしまうと、障害物を多く通過させることになります。ですからこれはおすすめできません。

また、内蔵アンテナの無線LAN中継器が発信する電波は同心円状に発せられています。このため部屋の隅に無線LAN中継器を設置してしまうと、半分以上の無線を無駄に捨てているのと同じ結果になり、こちらもおすすめできない置き方です。

見えない電波が障害物に!

Wi-Fiの障害物は目に見えない電波も該当します。ですので良いWi-Fi環境を作るためには見えない障害物も考慮する必要があります。そこで次に目に見えない障害物について考えてみます。

家電製品が使用する電波の多くは2.4GHzの周波数帯です。このことから電子レンジや固定電話機の近くに無線LAN中継器を設置してしまうと電波の渋滞がおこりおすすめできません。これは親機のWi-Fiルーターの設置場所として良くやりがちなことです。

障害物が少ない設置場所はエアコン用のコンセント

無線LAN中継器は、極力親機の電波を最大限にキャッチでき、障害物が少ない場所に設置することがおすすめです。親機が発信する電波の強度は無料アプリで確認することができます。家の中で一番電波の受信感度が強い場所を探して、そこに近い場所に無線LAN中継器を設置します。

コンセント直挿しタイプの無線LAN中継器はエアコン用のコンセントを利用するのがおすすめです。エアコン用のコンセントなら、他の機器との距離もあり、また親機と直線状の壁に設置すれば床一枚の障害物ですみます。エアコン用のコンセントを使うと障害物が少なく中継した電波を極力ロスせず子機に届けることができるので、おすすめの設置場所です。

無線LAN中継器選びは用途と性能のバランス

無線LAN中継器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

最適な無線LAN中継器を選ぶためには、使用用途と性能のバランスが良いものを見極める必要があります。使用用途に無線LAN中継器の性能が追い付かなければ満足できません。

Wi-Fiでの使用用途には、電波を届ける範囲を広げたい、動画を視聴する・ゲームに利用する、などが当てはまります。Wi-Fiでの性能には、無線LAN中継器が対応しているWi-Fi規格のバージョンや通信速度・アンテナの形状などがあります。これらの使用用途と性能のバランスが獲れた無線LAN中継器を、予算範囲内で購入することをおすすめします。

Related