Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月31日

カースピーカーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ホームオーディオと違い車内の限られたスペースでよりよいサウンドを楽しむには、カーオーディオの中でもカースピーカー選びが重要です。様々なカーオーディオメーカーが出している中からおすすめの製品を紹介し、さらにジャンル別おすすめのカースピーカーも紹介します。

カースピーカーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

カースピーカーの種類と選び方

カースピーカーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

カースピーカーはカーオーディオの最終的な音の出口でスピーカーによって音が大きく変わります。通常純正品で車に標準装備されていますが、市販品と呼ばれる後付けのカースピーカーがあり、音質は市販品のカースピーカーの方がいいので純正品で満足できない人は市販品のカースピーカーに交換をおすすめします。

今回市販品おすすめカースピーカーの種類と選び方を紹介します。購入の参考にしてください。

カースピーカーの種類

カースピーカーの種類は大きく分けて2つあります。

ひとつは、低音用スピーカーと高音用スピーカーが一体となったタイプで、コアキシャルスピーカーと呼ばれるスピーカーです。コアキシャルスピーカーはさらに3ウェイスピーカー・2ウェイスピーカーのように分類されます。

もう一つはウーハー用低音用スピーカーとツイーター用高音用スピーカーが別れているタイプで、セパレートスピーカーと呼ばれています。

以前は箱型の置き型スピーカーがありましたが今は主流ではありません。そのため今回は埋め込みスピーカーに分類されるもののみ説明していきます。

コアキシャルスピーカー

コアキシャルスピーカーは純正品のスピーカーと形状が全く同じなので、トレードインと呼ばれそのままそっくり交換できます。交換が簡単で自分でも取り付け可能なため、おすすめタイプのカースピーカーです。

デメリットはウーハーとツイーターの位置が同じなので、高音が足元から聞こえ、音像定位がセパレートに比べると悪いことです。低音は指向性がないので問題ありません。

セパレートスピーカー

低音用ウーハーと高音用ツイーターが別になっているタイプを、セパレートスピーカーと呼びます。高音部と低音用スピーカーが別れており取り付け位置を自分で決められるのが特徴で、ツイーターなら自分の耳と同じ高さに取り付けることでリアルなサウンドで臨場感ができおすすめです。ただ取り付け場所が限られるのがデメリットです。

カースピーカーの選び方

カースピーカーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

カースピーカーの選び方はメーカーで選ぶか価格で選ぶかスピーカーの種類での選び方があります。それぞれおすすめの選び方を紹介します。

メーカーで選ぶ

カーオーディオメーカーが出している市販品のカースピーカーはそれぞれ特徴があり、カースピーカーを選ぶ際にメーカーの音の好みで選ぶ選び方があります。

音の感じ方は個人で違い100%正解がないですが、例えば低音と高音が効いているドンシャリと呼ばれている音が好きな人にはケンウッドのカースピーカーがおすすめです。

低音、中音、高音のバランスが程よいのが好みの人にはパイオニア、全体的に落ち着いた大人のサウンドが好みの人にはアルパインがおすすめといったようにメーカーでサウンドに特徴があります。カーショップで聞き比べてください。

カースピーカーの種類で選ぶ

カースピーカーの種類はコアキシャルタイプとセパレートタイプを紹介しましたが、この2つは取り付け方と臨場感へのこだわりが選ぶポイントになります。

コアキシャルは純正品をそっくり交換ですので取り付けが簡単で純正品に比べ高音質な音になるので現状の音に不満のある人におすすめです。

音にこだわりたい人はセパレートスピーカーがおすすめです。取り付けは純正品と違った位置に取り付けるツイーターがあるので、自分で行うか、カーショップで有料で取り付けを依頼する方法があります。

カースピーカーおすすめ人気ランキングTOP3

カースピーカーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

カースピーカーおすすめ人気ランキングTOP3を紹介します。評価の対象として、価格・サウンドクオリティ・取り付けやすさなどを基準にしました。

おすすめカースピーカーランキング3位

おすすめカースピーカーランキング3位はパイオニアのTS-F1630です。非常にコストパフォーマンスに優れて人気・評価も高い製品でおすすめです。

TS-F1630

パイオニア TS-F1630
パイオニア TS-F1630

¥ 7,560

口コミ

ミライースの純正スピーカーの音が良くなかったので、このスピーカーを購入。純正スピーカーよりはるかに音が良く、とても満足しています。高音と低音は申し分ないです。

おすすめ人気ランキング3位は、パイオニアのカースピーカーTS-F1630です。

パイオニアの確かな技術で価格は良心的、クオリティの高さで人気があります。取り付けも簡単なのも人気の理由です。お金をそれほどかけないで純正品より高音質なサウンドにしたい人におすすめです。

おすすめ人気ランキング2位

おすすめ人気ランキング2位はアルパインのカースピーカーX-170Sです。アルパインはアルプス電気の子会社でカーオーディオ専業メーカーで、高級外車をターゲットにした戦略でブランド力を高めてきました。

アルパイン X-170S

アルパイン X-170S
アルパイン X-170S

¥ 34,560

口コミ

この最新のスピーカー出てくる音は中音の元気さは成りを潜め低音から中音もバランスよく、更に高音はキンキンせず、繊細な音が楽しめます。音数の多い曲を聴いても、ゴッチャとせずに分離してる

おすすめ2位のスピーカーはアルパインのX-170Sです。アルパインはアルプス電気の子会社で高級オーディオを売りにしています。デザインも高級外車の内装にフィットするようなデザインで大人の落ち着いたフォルムと言えます。スピーカーのX-170Sもツイーター素材にホームスピーカーに採用されているカーボングラファイト素材を使用して他社にない高解像度を実現します。

おすすめランキング1位

おすすめランキング1位は、JBLのカースピーカーです。

JBLは世界的なオーディオメーカーであるハーマン社の傘下にあります。プロの音楽エンジニアからも絶大な支持を誇る世界的に有名なブランドで、そのスピーカーはダイナミックな重低音サウンドから臨場感のある中音域、繊細な高音域まで聴く人を魅了します。

JBL CLUB 6520

JBL CLUB 6520
JBL CLUB 6520

¥ 12,960

JBLは世界的に有名なスピーカーメーカーです。プロのエンジニアから絶大な人気を誇る専業メーカーであり、CLUB 6520はその技術をカースピーカーでも再現した製品になります。

低価格でありながらハイパフォーマンスを誇るモデルで、クリアで滑らかな高音と重低音を再現し、多様な車種に対応可能に設計されています。手軽にJBLサウンドを楽しむことができる点が一押しです。

特徴・用途別おすすめのカースピーカー

カースピーカーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

次に、おすすめのカースピーカーを特徴・用途別に分けて紹介します。

市販品には低音専用のウーハーや高音専用のツイーターなどのカースピーカーもあります。より良い音を追求したい人や予算に余裕のある人におすすめなのは、6スピーカーや8スピーカーに発展させることです。それによりマルチサウンドと呼ばれるホームオーディオ並みの高音質なサウンドを楽しむことができます。

聞く音楽のジャンルによってもカースピーカーの選び方も変わってきます。ヒップホップ系であれば重低音と高音域を加味したサウンドづくりを重視し、クラシックならきらびやかな管弦楽の音を出すためには、繊細な中・高音を出せるスピーカーを選びます。

海外のカースピーカー

海外オーディオメーカーのカースピーカーの特徴は、アメリカを代表とするオフロードや高速道路とエンジン音に負けない大出力のサウンドを演出する本格的なマルチスピーカーで、日本でもマニアに根強い人気があります。

ハーマン社のカースピーカーブランドであるJBLは、ホームオーディオで世界的に有名です。カースピーカーにおいても日本用に取り付けが簡単なカースピーカーを製造し、価格もリーズナブルです。

海外の代表的スピーカーブランドBOSEは日本では車載用スピーカーを市販しておらず、純正品の高級スピーカーにのみ対応しています。BOSEのカースピーカーは日産車やマツダ車のみで聞くことが可能です。

カースピーカー専用メーカーで重低音がウリのKICKER社や、アメリカで長年トップクラスの地位を誇り人気も高いInfinityは日本でも人気な高級志向のメーカーです。

KICKER CSC674

海外のスピーカーのおすすめはKICKER社の2WAYコアキシャルCSC674です。KICKER社はアメリカのカーオーディオのメーカーで世界的に人気があるメーカーです。正規輸入で取り扱っているカーショップで購入できます。特徴はメリハリのある図太いサウンドです。この価格でこれだけのメリハリ感が出せるのもKICKERの技術で、日本製に飽きた人にはおすすめです。

コアキシャルスピーカー

コアキシャルは低音域ウーハーと高音域のツイーターが一体となったタイプのスピーカーを指しますが、カースピーカーでは一番ポピュラーで車載搭載数も一番多いタイプです。コアキシャルカースピーカーのメリットは、取り付けが簡単で価格も安く音質も良いことです。手軽に純正品カースピーカーから交換できます。

またコアキシャルスピーカーのもうひとつのメリットは種類が多いことです。国内メーカー製ではコアキシャルスピーカーがカースピーカーの中で最も種類が豊富です。ユーザにとって選択肢の多さ・予算・音質・取り付けやすさなど利点が多く、おすすめのカースピーカーです。

パイオニア TS-F1740

パイオニア TS-F1740
パイオニア TS-F1740

¥ 8,640

パイオニアの最新コアキシャルスピーカーがTS-F1740です。17cmのウーハーと2.9cmのツイーター搭載でハイレゾ音源に再生対応しており、最大160wの入力再生出力周波性帯域が30Hzから58,000Hzです。また出力音圧レベルは91dBでクリアな音を再生します。

価格が安いカースピーカー

価格が安いカースピーカーなら、ウーハーとツイーターが一体となったコアキシャルタイプがおすすめです。市販品のスピーカーとしては価格が安くても、純正品の搭載カースピーカーと比べれば音質は向上します。

というのも、純正品は単なる車の付属品としてスピーカーを取り付けているため、スピーカーの材質はどうしても市販品に比べて劣りがちです。そのた市販品としては安くても音が良くなり満足度が上がります。車内で音楽を聴くならぜひ交換をおすすめします。

クラリオン SRT-1733

クラリオン SRT-1733
クラリオン SRT-1733

¥ 8,640

口コミ

絨毯スピーカーを作り室内で聞くために購入しました。結果、素晴らしいです。音域が広く透明感のある音質で聞き疲れもなさそうです。

クラリオンの17cmマルチアキシャル3WAYスピーカーはトレード交換タイプで、トヨタ・日産・ホンダ・マツダ・スズキ・ダイハツ車に対応しています。パワフルなワイドレンジ再生が可能なマルチコアキシャル3WAYスピーカーです。

ウーハーはブラックチタンコーティングで迫力の重低音が楽しめます。またミッドレンジとツイーターには軽量・高剛性チタン蒸着PEIが使用され、50KHzの再生を可能にしました。

16cmウーハー

純正とのトレードインが可能な16cmウーハーを採用した、おすすめのカースピーカーを紹介します。セパレートタイプのスピーカーでパイオニア製品のTS-F1630Sです。TS-F1630Sはセパレートの2WAYスピーカーです。純正品からの簡単な交換で、セパレートのメリットであるリアル音場感がパワフルに車内で再現でき、高音質で臨場感のあるリスニング環境が作られます。

パイオニア TS-F1630S
パイオニア TS-F1630S
口コミ

今まで聞こえてなかった音がきこえてきたのにはびっくり・・・・ ノーマルスピーカーのチープなマグネットの音とは大違いです。 10cm スピーカーとしては十分な性能と思います。

セパレートスピーカーの特徴であるツイーターを耳の位置に取り付けることで高音域のみならず中音域まで再生する発想で、減退する中音域を解消しボーカル音を確実に再生することでより臨場感を出すことが可能です。ツイーターは縦方向に角度を調整が可能で指向性を制御し車ごと適した音にすることができる、おすすめのカースピーカーです。

13cmウーハー

13cmウーハーは16cmや17cmウーハーに比べ小ぶりですがレンジ帯域が広いコアキシャルスピーカーのTS-G1345Rがおすすめです。

パイオニア TS-G1345R
パイオニア TS-G1345R

13cmのカースピーカーを出しているメーカーはパイオニアのみで、中でもおすすめはTS-G1345Rです。バランスの取れた低音・高音の2WAYコアキシャルスピーカーでスペックも最大出力250W、再生周波数は34Hzから25KHzです。純正品スピーカーから交換したくても取り付けスペースに制約があるという人におすすめです。

12cmカースピーカー

12cmのカースピーカはケンウッドのKFC-RS123です。日産、ホンダ、スバル、スズキ用の2WAYコアキシャルスピーカーで純正品のトレードインスピーカーです。

ケンウッド KFC-RS123
ケンウッド KFC-RS123

¥ 8,100

口コミ

金額を考慮すると凄く良いです。純正と比べると低音が弱いけれど、音のクリアさが際立ってます。 イコライザーで調整したら良さがよくわかります。

ケンウッドのカースピアーカーKFC-RS123は2WAYコアキシャルスピーカで日産、ホンダ車の純正品スピーカーとのトレードインタイプのスピーカです。特徴は素材にカーボンファイバーとマイカ配合のPP振動板採用で軽さと高い剛性を実現して歪のないクリアな音を再現しおすすめです。日産対応の4×6ブラケットを同梱しています。

おすすめカースピーカーメーカーと代表製品3つ

カースピーカーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

カースピーカのおすすめメーカー3つと代表製品を紹介します。今回はメイドインジャパンの3社と代表スピーカーを紹介します。

アルパイン

カースピーカーメーカーの1つ目はアルパインです。アルパインはアルプス電気を親会社に持つ車載用オーディオ機器の老舗メーカーです。高級志向で国産車や高級外国車に純正採用されて高級ブランドイメージがウリです。

STE-G170S

おすすめのアルパインのスピーカーはTCE-G170Sです。セパレートタイプの2WAYスピーカーで特徴は振動板にマイカを配合して美しい光沢を見せ高剛性化によるハイスピードな音を再生します。高音域再生に必要な高性能な小型のネットワークを同梱で解像度の高い高音域を実現します。

ケンウッド

2番目はカーオーディオの老舗で日本を代表するカーオーディオメーカーのケンウッドです。若者に人気のブランド力と音質をとことん追求するこだわりのメーカーで、カースピーカーはもちろんですが、カーオーディオ全般で根強い人気があります。

KFC-RS173

ケンウッド KFC-RS173
ケンウッド KFC-RS173
口コミ

値段の割には、音質もよく、高音、低音も問題無いレベルだと思います。 付属品も充実していて取付も楽にできました。

コアキシャル2WAYで17cmのウーハーとツイーター2.5cmで最大瞬間入力160Wで純正品のスピーカーからトレードインで交換でき取り付けも簡単で音質や臨場感、音のバランスもすべてに高い評価を受けています。コストパフォーマンスもよいことから売れ筋ランキングでトップの製品です。純正品からの交換ではおすすめのカースピーカーです

パイオニア

カーオーディオを代表するメーカーと言えば国内シェアーNO.1のパイオニアです。カーナビからカーステレオ、そしてカースピーカーとすべてのアイテムで人気がありスピーカーでも人気は不動です。

TS-C1730S

パイオニア TS-C1730S
パイオニア TS-C1730S
口コミ

前後のスピーカーを変えるべくインナーバッフルやデットニングセット等を合わせて購入するとそこそこ良い値段になりますが、購入した価値分は十分にあると思います。

パイオニアの代表製品はTS-C1730Sです。17cmセパレート2WAYスピーカでツイーターが取り付け位置の調整ができるのが特徴です。ハイレゾ音源対応ために新素材を使用して振動板や磁気回路を再設計し、解像度が高く表現できるようになっています。価格はやや高めですが、市販の人気ランキングでも音質の良さが評価されています。

カースピーカーの使い方・活用方法

カースピーカーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

カースピーカーをグレードアップするにはまず純正品カースピーカーの交換をおすすめしますが、カースピーカーは家庭用と違ってスペースが限られているため、車に取り付けできるかを事前に調べるのが重要です。せっかく購入しても実際取り付けできなかったでは意味がありません。

カースピーカーを使いこなすコツですが、購入当初はまだスピーカーのコーン紙が固く少し尖った音になりますが、聞き込んでいくうちに全体的に落ち着いた音になり低音域がマイルドで聞きやすくなっていきますので、最初から音慣らしで積極的に色々なジャンルの音楽を聴いてみてください。

車内で効率よく音楽を聞くには、フェダーコントロールを使ってフロントとリアの出力割合を変えることです。それにより音のバランスを保つことができます。フロントスピーカーからの音が大きい場合には、フロントの音を抑えリアを大きくするなどの工夫が必要ですので試してみてください。

おすすめスピーカーケーブル

カーオーディオの音を良くするためには、音楽ソースに収められている情報を、いかに高解像度で伝送して、つまりはロスすることなく再生できるかで決まります。

パワーアンプもスピーカーも、もともとの情報を改善する能力は、基本的には持ち得ていないので、いかにロスなく伝えられるか、その精度を上げるために、ケーブルもアンプからの情報をスピーカーにロスなく伝送するため良いパーツが必要です。

カーオーディオの純正品のカースピーカーを市販品に交換したら、さらにカースピーカーのケーブルも交換することをおすすめします。ケーブルもカースピーカーと同じで市販品のケーブルを使うと音がよくなり高いケーブルを使えばよりよい音になるからです。

オーディオテクニカ AT7433

オーディオテクニカ AT7433
オーディオテクニカ AT7433
口コミ

ケーブルが柔らかいので通しやすく、収まりがいいですね。音質は変わるというほどではないと思います。

おすすめカースピーカケーブルはオーディオテクニカのスピーカーケーブルです。スペックはクラス唯一のφ0.1mm素線採用でやわらかい高密度伝送です。音質重視設計の高純度OFC素材多重ツイスト構造で最大90℃まで耐熱仕様になっています。 このタイプは1mごとの切り売りなので、長さを測るか、純正スピーカーケーブルと同じ長さ分を購入してください。

音の出口であるスピーカー交換で音は変わる

カースピーカーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

皆さん、参考になりましたでしょうか。カースピーカーおすすめ人気ランキングを紹介しました。車内で心地よい音楽を聞くカギはスピーカーにあると言っても過言ではありません。よい音楽はドライブに欠かせない必須アイテムです。

現状の純正品スピーカーで物足りなさを感じたり、もっとメリハリ感が欲しければ、市販品に交換してみてください。ドライブが今よりもっと快適になります。

Related