Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月21日

レコーダーおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

レコーダーは音楽を録音するために使われていました。今とは違い録音も一発勝負でした。現在は、テレビもレコーダーがあれば、リモコンのボタン1つで録画ができるようになりました。特徴別のおすすめレコーダーや、おすすめされる理由をご紹介します。

レコーダーおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

レコーダーとは

レコーダーとはどんなものでしょうか。レコーダーとは音声の録音、映像の録画ができる機器の総称で、レコーダーは音声や映像の録音・録画を記憶する媒体の違いにより、テープレコーダー・DVDレコーダー・ブルーレイディスクレコーダー・ICレコーダー・HDDレコーダーと呼ばれています。

また今話題の交通事故の時などに役にたつ車に装備するドライブ・レコーダーもあります。さらにパソコンにある文書・音声・映像・ゲームソフトなどを記録するハードディスクもレコーダーと言えます。

レコーダーの種類と選び方

ここからは、音声の録音、映像の録画ができる機器の総称であるレコーダーの種類とレコーダー選び方について説明していきます。

レコーダーの種類

レコーダーの種類にはどんなものがあるのでしょうか。他項で紹介しましたが、レコーダーには、テープレコーダー・DVDレコーダー・ブルーレイディスクレコーダー・ICレコーダー・HDDレコーダー・ドライブ・レコーダーとさまざまな種類があります。

それらのレコーダーについて簡単に説明します。テープレコーダーは磁性層・被磁性層・ベースフイルム・バックコートの4層のテープ状のフィルムを記録媒体とした電子機器で、DVDレコーダーはディスクを2枚貼り合わせた構造の大容量の光ディスクを記録媒体とした装置です。

次にブルーレイディスクレコーダーですが、DVDレコーダーと同じ光ディスクを記録媒体していますが、大きな違いはDVD10枚分の容量をブルーレイディスク1枚に記憶できることです。ICレコーダーはフラッシュメモリなどのIC(集積回路)を記録媒体した電子機器のことを指します。

HDDレコーダー・ドライブ・レコーダーとは

HDDレコーダーは、データを記録するための磁性体を塗布した金属製の円盤プラッタ、データの書き込みができるキャシュ、プラッタに対してデータの書き込みを行う磁気ヘッド、プラッタを回転させるスピンドルモーターで構成されている装置を記録媒体した電子機器です。

ドライブ・レコーダーは、車を運転中の映像を録画・保存する機能を持っているもので、連続して映像を記録する常時録画タイプと車に衝撃が加わったとき映像を記録するイベント記録(衝撃感知・任意録画)タイプがあります。

このレコーダーの主な記録媒体はデジカメ・デジタルビデオカメラ・デジタルフォトフレームなどで使用されているSDカードです。

ドライブレコーダーの種類

ドライブレコーダーの種類には車の衝突事故などに関係なくリアルタイムに録画する常時録画する常時録画型タイプと車に衝撃があるなど事故発生時のみ映像を残せる衝撃感知型(トリガータイプ)があります。

衝突事故などに関係なくリアルタイムに録画する常時録画する常時録画型タイプは録画容量を超えてしまうと映像が消されるのでメモリーカードへの保存などこまめな管理が必要です。車に衝撃があるなど事故発生時のみ映像を残す衝撃感知型(トリガータイプ)は録画する画像に無駄がなく、大きなメモリーが必要ないところです。


またカーナビ・レーダー探知機・ワンセグなどさまざまな機能を備えたタイプの多機能型タイプ、さらに前方に必要なカメラ以外の本体を別にしてダッシュボード・トランク・ルームなどに設置するというの分理型もあります。

レコーダーの選び方

レコーダーの選び方で大事なのが、どんな使い方をするかということです。レコーダーには2チューナー・3チューナーとチューナーを複数備えている機種もあります。いつも見たい番組が多く、録画がしたけど番組が重なったしまって困るという人には2番組以上同時に録画できる複数のチューナーを備えているレコーダーを選ぶことをおすすめします。

また、レコーダーの選び方では録画できる容量の多さも大事なポイントです。容量が少ないと、録画している時に途中で録画できないなどとなってしまうのでいつも多くの番組を録画する人は2TB.3TBといった大容量のハードディスクなどを備えているレコーダーを選びましょう。

さらに録画した映像の質にこだわる人はアップコンバート・ノイズ除去・スムーズ化などの機能を備えたレコーダーがおすすめです。

ドライブレコーダーの選びでは

さらにドライブレコーダーは、フロント・ガラスに取り付けのが一般的ですので自分の車のサイズにあったドライブレコーダーの形や大きさを考えたものを選ぶようにしましょう。

より高画質にこだわるなら

DVDの後継となる光ディスク新たな規格、「ウルトラHDブルーレイ」に対応したレコーダーを選べば4Kのような高画質の映像を楽しむことができます。さらにレコーダーには、メーカーごとに特徴に違いがあります。

自分が持っているテレビとマッチングしたレコーダーがおすすめで、できればテレビとレコーダーは同じメーカーのものを選ぶようにしましょう。

レコーダーおすすめ人気ランキングTOP3

ここでは、レコーダーおすすめ人気ランキングTOP3を紹介します。

ランキング3位:シャープAQUOS

シャープ AQUOS ブルーレイレコーダー
シャープ AQUOS ブルーレイレコーダー
口コミ

テレビが壊れたことで、DVDからブルーレイにかえました。シャープでそろえてよかったです。

レコーダーおすすめ人気ランキング第3位は「シャープ AQUOS ブルーレイレコーダー 」です。

このおすすめの商品は、見たい番組が素早く再生できるスピードBDドライブを搭載し、ブルーレイディスク規格に対応する機種により4Kテレビでの画像を美しく再現することが可能なレコーダーで、また3チャンネルを同時録画できるチューナーと2TBの大容量の録画ができるおすすめの商品です。

ランキング2位:「ソニー」DVDレコーダー

ソニー SONY ブルーレイディスク/DVDレコーダー
ソニー SONY ブルーレイディスク/DVDレコーダー
口コミ

初めてのレコーダー購入でしたが、良いと思います。家族全員で使っています。

レコーダーおすすめ人気ランキング第2位は「ソニー SONY ブルーレイディスク/DVDレコーダー」です。このおすすめの商品は、地デジやDVDなど、4Kテレビ以外で録画した画質でも画像エンジンの解析により4Kテレビのような高品質画像にアップコンバートできます。

また録画予約を忘れても、出先などでスマートフォンを使って見たい番組をその場で録画予約ができる画期的なおすすめできるレコーダーです。

ランキング1位:レグザブルーレイレコーダー

東芝 500GB HDD/2チューナー搭載3D対応ブルーレイレコーダー
東芝 500GB HDD/2チューナー搭載3D対応ブルーレイレコーダー
口コミ

ディスクのトレイに埃が入りりくくなったのも、グッド! そして、何より安かった!

レコーダーおすすめ人気ランキング第1位は「東芝 500GB HDD/2チューナー搭載3D対応ブルーレイレコーダーTOSHIBA REGZA レグザブルーレイ DBR-W507 」です。このおすすめの商品は、サッカー・野球・音楽など自分の好きなキーワードを登録することで自動的に番組を「おまかせ」で録画してくれる自動番組録画機能が搭載されているおすすめできるレコーダーです。

特徴・用途別おすすめのレコーダー

ここでは、おすすめのハードディスクレコーダー、高品質の音声のおすすめレコーダー、おすすめのICレコーダー、さまざまなテレビ録画におすすめのレコーダー、安いおすすめのレコーダーなど特徴・用途別のレコーダーを紹介します。

Blu-ray対応のおすすめのレコーダー

パナソニック 500GB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 おうちクラウドDIGA DMR-BRW550
パナソニック 500GB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 おうちクラウドDIGA DMR-BRW550
口コミ

私は数年前からパナソニックに換えてこれで三機種目。 この機種は以前より動作もキビキビしていると感じます。 最近はコンパクトで軽量になったのも驚きます。

Blu-ray対応のおすすめのレコーダー「パナソニック 500GB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 おうちクラウドDIGA DMR-BRW550」は、3Dブルーレイディスク対応した商品で、録画番組を見る・音楽を聴く・ 写真や動画を送ったり見たりできる、おすすめのレコーダーです。

スマートフォンとの連携しているので、DVDレコーダー、ブルーレイディスクレコーダーなどのディーガで録音したCD音源や写真・動画データを外出先から簡単に見ることができます。またハードディスクで録画した番組を同じ部屋2ヵ所同時に配信できるおすすめの商品です。

おすすめのハードディスクレコーダー

BUFFALO コンパクト HDDレコーダー
BUFFALO コンパクト HDDレコーダー
口コミ

購入から、2ヶ月経ちましたが、 異常無く、普通に使えてます。

おすすめのハードディスクレコーダー「BUFFALO コンパクト HDDレコーダー 」は、コンパクトサイズながら容量500GBで録画時間81時間の大容量のハードディスクを内蔵したおすすめの商品です。また録画した番組を番組のジャンル毎にまとめてソートする便利な機能を備えています。

高品質の音声のおすすめレコーダー

SONY ステレオICレコーダー SX1000 16GB レッド ICD-SX1000/R
SONY ステレオICレコーダー SX1000 16GB レッド ICD-SX1000/R
口コミ

高級感がある。収録された音は本当に素晴らしく良い。はじめてから普通に当然だが使いやすい。パナを使ってきたが今回これにして本当によかった。

高品質の音声のおすすめレコーダー「SONY ステレオICレコーダー SX1000 16GB レッド ICD-SX1000/R」は、録音した音質そのまま取り込むことができるリニアPCM録音に対応、音をよく拾ってくれるズームマイクと、臨場感のある音が録音できるステレオマイクを搭載したおすすめの商品です。

またハイレゾ音源も再生可能で、録音と再生の音質にこだわりたい人におすすめのレコーダーで、さらに幅広いダイナミックレンジを実現するDual ADコンバーターも搭載されています。

おすすめのICレコーダー

ソニー SONY メモリーカードレコーダー SDカード対応
ソニー SONY メモリーカードレコーダー SDカード対応
口コミ

音声記録用として座談会等の記録を取るのに最適。 取扱が簡単で音質も良く終了後の編集作業に威力を発揮しました。

おすすめのICレコーダー「ソニー SONY メモリーカードレコーダー SDカード対応/SDカード(8GB)付属 ICD-LX31」は、このおすすめの商品は、電源を入れてボタンを押すだけでSDカードに約80時間以上の録音が可能なレコーダーです。

またこのレコーダーは、録音した音も大型ステレオマイクによりクリアなため、会議での内容の録音・ボイスメモ・ライブのレッスンなどさまざまなシーンに利用することができるおすすめの商品です。

さまざまなテレビ録画におすすめのレコーダー

パナソニック 2TB 6チューナー ブルーレイレコーダー
パナソニック 2TB 6チューナー ブルーレイレコーダー
口コミ

TVに接続し電源を入れたら、画面の表示に従うだけで設定が終わりました。リモコンの放送選択方法などもTVに近づき、かなり便利になっています。

さまざまなテレビ録画におすすめのレコーダー「パナソニック 2TB 6チューナー ブルーレイレコーダー」は、6チューナー搭載したモデルで、最大で6つのチャンネルを8時間まで自動的に録画することが可能な時間指定チャンネル録画によりさまざまなテレビ番組の録画ができるおすすめの商品です。

またハイレゾリマスター機能により音楽がもちろん、テレビ番組を録画した画像を品質の高い音質で楽しむことができます。

安くておすすめのレコーダー

パナソニック 500GB 1チューナー ブルーレイレコーダー DIGA DMR-BRS520
パナソニック 500GB 1チューナー ブルーレイレコーダー DIGA DMR-BRS520
口コミ

性能に違いはないと感じますが、全体的にシンプルで動きが速くなったかなという印象です。 ダビングですがちゃんと出来て満足です。

安くておすすめのレコーダー「パナソニック 500GB 1チューナー ブルーレイレコーダー DIGA DMR-BRS520」は、500GBで1チューナーなので、大容量の録画はできませんが、3万円台で購入することができるおすすめの商品です。

またコンパクサイズでシンプルなデザインの上、外付けUSB-HDDでの録画にも対応できる機能を備えているおすすめのレコーダーです。

おすすめのレコーダーのメーカー3つと代表製品

ここでは、おすすめのレコーダーのパナソニック・シャープ・東芝のメーカー、ブランドを3つと、それぞれの代表製品を紹介します。

パナソニック

パナソニックは国内電機業界の大手で、法人向けの映像・音響・太陽光発電・蓄電システム・空調・換気・浄化設備などに加えて個人向けにデジタル・AVC・生活家電・美容・健康・カーナビ・カーAV・パソコン・周辺機器・住宅・住宅設備などさまざまな分野での製品やサービスを提供しています。

またパナソニックが提供するレコーダーは、動きが滑らかな高解像度の映像、光も陰影に潜む色もリアルに描く、また自然で鮮やかな色彩など質感豊かな映像が再現できる技術を駆使した商品を販売しています。

パナソニックのおすすめのレコーダー

パナソニック 7TB 11チューナー ブルーレイレコーダー
パナソニック 7TB 11チューナー ブルーレイレコーダー
口コミ

私は数年前からパナソニックに換えてこれで三機種目。 この機種は以前より動作もキビキビしていると感じます。 最近はコンパクトで軽量になったのも驚きます。

パナソニックのおすすめのレコーダー「パナソニック 7TB 11チューナー ブルーレイレコーダー」は、高輝度で質感あふれ、また立体感や鮮やかな色調で、なめらかな動きによる美しい映像表現が可能なHDR(ハイダイナミックレンジ)を搭載しています。

また撮り逃がしなく、あとから選んで見られる便利機能を搭載 しています。さらにスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)をダウンロードすると通勤中の電車やバスの中でもまた海外でも録画・録音した番組や音楽に、写真・動画などをスマホを使って楽しむことができるおすすめの商品です。

シャープ

シャープは、日本・大阪府堺市に拠点を置く鴻海精密工業傘下の電機メーカーです。シャープが提供するレコーダーには4K放送を視聴できるスカパー プレミアムサービスチューナー&HEVCデコーダー搭載、録りたい番組が重なって安心の2番組同時12倍の長時間録画ができるUD1000機能を搭載した商品があります。

またハイビジョン画質で文字がクッキリ見やすい電子番組表を搭載されているので簡単に録画をすることができます。

シャープのおすすめのレコーダー

シャープ AQUOSブルーレイレコーダー 1TB 2チューナー BD-NW1100
シャープ AQUOSブルーレイレコーダー 1TB 2チューナー BD-NW1100
口コミ

2台目のブルーレイです。UH対応と3チューナ、そしてTVがシャープでしたので、このレコーダーを購入。

シャープのおすすめのレコーダー「シャープ AQUOSブルーレイレコーダー 1TB 2チューナー BD-NW1100 」は、新作連続ドラマを自動で「お録りおき」 ・ドラ丸リスト・見たいシーンから、パッと見られる ポップアップ ・ボタンひとつで番組内容を60画面で一覧表示・レコーダーで再生中でも、割り込み予約などさまざまな機能が備えてあるおすすめの商品です。

東芝

東芝は日立・三菱電機などと並んで日本の大手電機メーカーです。東芝は3チューナー搭載で、3番組同時録画モデル・2チューナー搭載で、2番組同時録画モデルや用途に合わせてダビングが簡単にできるかんたんダビング、DVDディスクにも高速ダビングなどダビング機能が充実した商品を提供しています。

また容量3TBで約3278時間録画・2TBで約2181時間録画など大容量なHDDと全自動録画機能などの機能も充実しています。

東芝のおすすめのレコーダー

東芝 3TB HDD/3チューナー搭載3D対応ブルーレイレコーダー
東芝 3TB HDD/3チューナー搭載3D対応ブルーレイレコーダー

東芝のおすすめのレコーダー「東芝 3TB HDD/3チューナー搭載3D対応ブルーレイレコーダー」は、ハードディスク容量が3TBで、3チューナー搭載しているので、見たい番組が重なってしまった時も安心です。またよく長時間の録画をする人におすすめのレコーダーです。

種類別レコーダーの使い方

ドライブレコーダーで録画した映像の使い方、ICレコーダーの上手な録音方法など種類別でみたレコーダーの使い方について説明します。

レコーダーの録画の使い方

ここでは、ドライブレコーダーで録画した映像の使い方はについて説明します。まずは上手な録画の仕方理解する上ではレコーダーの録画の仕組みについて理解することが大事です。ドライブレコーダーの録画の仕組みはとても簡単です。

車のエンジン始動後、カーバッテリーから供給される電気によりドライブレコーダーに電源が入り撮影を始めます。走行中に車に衝撃を受けると、ドライブレコーダーに内蔵しているセンサーが検知して、その前後の映像を内部にあるSDカードなどの記録媒体に保存されます。

車のエンジンを止めるとドライブレコーダーも作動を停止するのが一般的なタイプですが、ドライブレコーダーの内部にバッテリーが内蔵されているタイプはエンジンが止まっていても録画できます。また録画されるのは車の前方部分だけのものが一般的ですが、機種によって、2つのカメラを搭載しているものもあり事故の時の車内も録画するタイプもあります。

事故原因の特定になる

ドライブレコーダーを使った録画の使い方は、交通事故の状況判断として利用できます。交通事故場合は両者の言い分が食い違いことが多く、どちらの過失かが判断できないことがあります。そんな時にドライブレコーダーに保存された録画は、事故の瞬間を鮮明に映像が映し出せるので事故原因の特定も分かりやすくなります。

ドライブレコーダーを選ぶ時には録画時間の容量、録画映像の鮮明さに影響する画素数などを考慮して選ぶことをおすすめします。さらにドライブレコーダーは録画した容量を超えると、古い画像は消去されていくので、SDカードやパソコンへの保存をおすすめします。

ICレコーダーの上手な録音方法

コンパクトで持ち歩きに便利なので、会議の録音、セミナーや講演会の録音、メモ録・口述録音などボイス録音などさまざまなシーンに活躍する「ICレコーダー」の上手な録音方法について説明します。会議の録音、セミナーや講演会の録音で大事なのが、周りの雑音をいかに抑えるかということです。

スタンドのあるタイプのICレコーダーなら、スタンドを立てことにより振動などの雑音を抑えることができます。またスタンドのない製品の場合は、ICレコーダーを直接置くのではなくICレコーダーに振動が伝わらない使い方をしましょう。

またしっかり録音するには、発言している人に近い場所で録音することをおすすめします。セミナーや講演会の録音では、どの角度の音をはっきりと捉えるころができるか、どの向きに感度が良いかといった指向特性に優れているマイクを使用することで遠く離れた檀上の講演者の声をしっかり録音することができます。

レコーダーの活用方法

レコーダーの活用方法についていくつか紹介します。まずは趣味や音を楽しむアイテムとしての活用方法です。旅先での気に入った野鳥のさえずりや川のせせらぎの録音や鉄道が趣味の人なら電車の走行音や車内放送に加えて電車の発車メロディーなど、鉄道関係に関するさまざまな音を録音することができる大変便利なアイテムです。

さらにライブ本番前のリハーサルを録音・自宅でのカラオケの練習用やギターなど楽器の練習用、楽器演奏やコーラスの練習用などボイスレコーダーは音楽シーンでも活躍します。また一字一句聞き間違えていけない、診断結果などの医師の説明の録音でも活躍します。

またリホームや営繕などの高額な契約の際に利用すれば、詐欺などの犯罪の証拠として活躍することができます。さらに振り込み詐欺の証拠として活用することが可能です。

会議の議事録として使用する

ボイスレコーダー活用としては、大事な取引先の顧客との打ち合わせ会議や商談の、議事録として活用できます。また打ち合わせ会議や商談に参加できなかった人に要点や結果だけを文字での議事録で伝えるよりも、実際に会話しているニュアンスやその場のリアルな雰囲気などが伝わるのでボイスレコーダーがおすすめです。

レコーダーを上手に活用しましょう!

レコーダーについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。レコーダーといってもテープレコーダー・DVDレコーダー・ブルーレイディスクレコーダー・ICレコーダー・HDDレコーダー・ドライブ・レコーダーなど用途に応じてさまざまな種類があることがわかりました。

またテープレコーダー・DVDレコーダー・ブルーレイディスクレコーダーなどのレコーダーにはさまざまな機能を持ったメーカーがおすすめのレコーダーが多く販売されていることもわかりました。またICレコーダーを活用すると趣味やビジネス、詐欺などの犯罪の証拠としての活用方法もあることがわかりました。

今回説明した内容や紹介したレコーダーを参考に音楽や映像を楽しむアイテムとしてまた、趣味やビジネス、詐欺などの犯罪の証拠の確保のアイテムとして上手に使用してください。

Related