Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月01日

WALKMANおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スマートフォンで音楽を楽しんでいる時に、充電が気になってしまうことはないでしょうか?そんな時におすすめなのがWALKMANです。今回はWALKMANの種類やおすすめの選び方、おすすめのWALKMANや、その周辺機器を紹介していきます。

WALKMANおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

種類や音質に特徴が!WALKMANのおすすめは?

WALKMANおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

電車やバス、街中を見回した時に、スマートフォンで音楽を楽しんでいる人を見かけたことはないでしょうか。データによる音楽配信サービスが一般化し、さらにスマートフォンで日常的に音楽を持ち歩いて聞いているという人は多いことでしょう。ですが、スマートフォンより一段音質の良いデジタル音楽プレイヤーが欲しいと感じたことはありませんか。

そんな人におすすめしたいのがWALKMANです。今回はWALKMANの商品の種類やおすすめの選び方、おすすめのWALKMANを紹介します。またWALKMANと合わせて使うのにおすすめのイヤホンやヘッドホンといった周辺機器についても紹介していきます。

WALKMANの商品の種類と選び方は?

WALKMANおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

WALKMANは日本において非常に歴史の長いSONYの携帯音楽プレイヤーです。カセットからCD、MDへと、その時々の流行に合わせたメディアのWALKMANが発売されました。現在は主にデジタル音楽プレイヤーとして普及しています。

WALKMANの特徴としては、音質のよさや、小型・軽量であることなどが挙げられます。対応している音楽フォーマットも幅広くなっていて、色々な曲をWALKMANに入れて楽しむことができます。まずはWALKMANの種類について見ていきましょう。

WALKMANの商品の種類は?

WALKMANは大きく4つのシリーズに分類することができます。それぞれに特徴がありますので、詳しく紹介していきます。

小型軽量・Sシリーズ

まずはWALKMANの中でも小型・軽量かつ手に取りやすい価格で販売されているエントリーモデルのSシリーズです。スマートフォン以上の音質の音楽プレイヤーであれば、そこまで高機能なものでなくてもよい、というタイプの人におすすめできるタイプです。シンプルで誰でも使いやすく、音楽プレイヤーを持つのははじめて、という人にもおすすめです。

ハイレゾ対応・Aシリーズ

次に紹介するのはAシリーズです。こちらはWALKMANの標準モデルとなっており、Sシリーズとの大きな違いはハイレゾ音源にも対応していることとなっています。値段は2万円程度となっているため、始めからハイレゾも視野に入れてWALKMANの購入を考えいる場合はSシリーズよりこちらの方がよいでしょう。

携帯音楽プレイヤーで高音質のハイレゾ音源の曲を楽しみたい、なおかつ値段も手ごろなものがよい、という人におすすめのタイプです。

ハイエンドモデル・ZXシリーズ

Sシリーズ、Aシリーズでも音楽は十分に楽しめますが、もう一段上のレベルで音質にこだわりたい人のためのハイエンドモデルがZXシリーズです。こちらは価格は高くなりますが、WALKMANの中では最高峰の音質を誇り、それでいて手軽に持ち歩けるサイズも同時に実現している、携帯音楽プレイヤーの理想を詰め込んだモデルと言えるでしょう。

値段は6万円台とSシリーズ・Aシリーズと比べ高くなっていますが、その値段に見合う高音質の音楽を、場所を問わず楽しみたいという人におすすめのタイプです。

ヘッドフォン一体型モデル

最後にここまで紹介してきたシリーズとは少し変わったモデルを紹介します。ヘッドフォン一体型モデルです。こちらは主にスポーツなど運動をしながら音楽を聞く人のために作られたモデルとなっています。

そのため、汗や熱といったものに強い防水・防熱機能を備えています。またモデルの仕様上、車といった外の音が気づきにくくならないよう、外音取り込み機能も付いています。ジョギングやウォーキングを音楽を聞きながら楽しみたい人におすすめのモデルです。

WALKMANの商品おすすめの選び方は?

まずはWALKMANの概要と種類について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?WALKMANはシリーズごとにはっきりとした特徴が出ているので、選ぶポイントさえきっちりと抑えておけば、自分にあったWALKMANを見つけることができるでしょう。ここではおすすめの選び方のポイントを3つ紹介します。

おすすめの選び方1・価格で選ぶ

WALKMANのおすすめの選び方一つ目は「価格で選ぶ」です。WALKMANはシリーズによって価格帯がはっきりと分かれており、エントリーモデルのSシリーズであれば1万円台、ハイレゾ音源も聞ける標準モデルのAシリーズであれば2万円台、より高音質のハイエンドモデルのZXシリーズであれば6万円台となっています。

まずは自分の購入予算と相談して、欲しい機能と値段が合致しているかで選ぶのがおすすめです。

おすすめの選び方2・音質で選ぶ

WALKMANのおすすめの選び方二つ目は「音質で選ぶ」です。種類の項目で紹介したように、音質の面でトップクラスなのはZXシリーズです。値段が高くてもとにかく音質にこだわりたい人におすすめです。

そこまで音質にはこだわってないけれど、ハイレゾ音源の曲は聞きたいという人にはAシリーズをおすすめします。価格が安めで、でもスマートフォン以上の音質で音楽を楽しみたい人にはSシリーズがおすすめです。

おすすめの選び方3・使い方で選ぶ

WALKMANのおすすめの選び方三つめは「使い方で選ぶ」です。どんな場面でWALKMANを使うかといった目的に合わせて種類を選ぶことが可能です。

WALKMANは全体的に軽量かつ小柄であるため、持ち運びの邪魔にはそれほどなりませんが、より小型で軽量であることを求めるならばSシリーズがおすすめとなります。またジョギングやウォーキングといった運動をしながら音楽を聞く人にはヘッドフォン一体型モデルを使うと、運動中の安全性も確保できるのでおすすめです。

WALKMANのおすすめ人気ランキングTOP3

ここまでWALKMANの種類やおすすめの選び方について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ここからは上の項目を踏まえた上で、おすすめの商品を具体的に紹介していきます。まずはランキングTOP3です。

ランキング3位「ZXシリーズ NW-ZX300」

ZXシリーズ NW-ZX300
ZXシリーズ NW-ZX300
口コミ

音の良さに驚愕。極めて高精細な音で、そこから来る柔らかさや生々しさが素晴らしい。リズムやメロディを楽しむことだけでなく、楽器が奏でる音色そのものの美しさを楽しむこともできる音が出る

WALKMANのおすすめランキング3位は「ZXシリーズ NW-ZX300」です。ハイエンドモデルのZXシリーズは性能が高い分値段も高くなっていますが、2017年に発売されたこの「ZX300」はシリーズの中では下位モデルでありながら価格を6万円台に抑え、一般的なユーザーでも購入できる価格帯で販売されています。

最高峰のハイレゾ対応ウォークマンとしての名に恥じない性能を誇り、とことん音楽を楽しむためにノイズキャンセリングといった機能も充実しています。スマートフォンや、他の音楽プレイヤーでは満足できなくなったという人におすすめのWALKMANです。

ランキング2位「Sシリーズ NW-S13」

Sシリーズ NW-S13
Sシリーズ NW-S13
口コミ

数年前のSONYウォークマンが故障して購入しました。音がクリアで使いやすい。通勤やランニングで手放せません。

WALKMANのおすすめランキング2位は「Sシリーズ NW-S13」です。Sシリーズとしては一つ前のモデルとなりますが、最新の「S310」は機能を絞りシンプルにした分、便利だった機能もなくしてしまった部分があるため、こちらがよりおすすめとなります。

型落ちではありますが、上の理由から新型よりもこちらが値段が高くなっていることもある点は注意が必要です。そこまで機能にこだわらない人であれば「S310」でも問題なく使えます。Sシリーズは小型でカラーバリエーションやアクセサリー類の種類も多く、初めて携帯音楽プレイヤーを持ってみようと考えている人や、プレゼント用としてもおすすめです。

ランキング1位「Aシリーズ NW-A45」

Aシリーズ NW-A45
Aシリーズ NW-A45
口コミ

バッテリーの持ちと扱いやすさ、そして音質文句なし。 特にバッテリーに関しては、信じられないほど長持ちする。ipod、iPhoneと比較すると、その差は明らかである。

WALKMANのおすすめランキング1位は「Aシリーズ NW-A45」です。こちらはAシリーズの最新モデルで、このモデルからUSB-DAC機能が新たに追加されました。これによりWALKMANをパソコンやスマートフォンに接続することで、高音質の音楽を楽しめるようになりました。

ノイズキャンセリング機能にも優れ、なおかつ付属のイヤホンでも外音取り込み機能が利用できるため、外出時でも安全に使いやすくなっています。ハイレゾ音源にも対応しており、携帯音楽プレイヤーとしての機能が一通り揃っていて欲しいという人におすすめです。

特徴・用途別おすすめのWALKMANは?

ここでは特徴・用途別に二つのWALKMANを紹介していきます。

ハイレゾ対応「Aシリーズ NW-A35」

Aシリーズ NW-A35
Aシリーズ NW-A35
口コミ

アップルからソニーへ乗り換え 電池持ちはアップルより早く感じる(ノイキャン使用時) 音はソニーの方が良くて毎日の通勤が楽しい。

ハイレゾ音源対応機種としておすすめするのは「Aシリーズ NW-A35」です。先ほど紹介した「A45」の一つ前のモデルとなりますが、USB-DAC機能以外の面で大きな差はほとんどありません。こちらは型落ちで値段が少し安めになっていることもおすすめのポイントです。ハイレゾ音源を心行くまで楽しめ、なおかつ手に取りやすい価格のWALKMANとしておすすめです。

安くコスパが良い「Sシリーズ NW-S315K」

Sシリーズ NW-S315K
Sシリーズ NW-S315K

¥ 20,390

口コミ

とにかく非常に軽いです。 機能は最低限といった感じですが、軽いお陰で運動時のお供には最適です。 このお値段でドッキングステーション型のスピーカーまで付いてくるのは驚き

WALKMANの中で価格面ではSシリーズが一番手に取りやすい価格となっています。さらにSシリーズにはスピーカーが付いたタイプの商品が発売されています。スピーカー込みでも本体のみの商品と大きな価格差がないので、コストパフォーマンスの面では良好といえるでしょう。

スピーカーは非常にコンパクトで置き場所も気軽に確保できます。イヤホン以外でもWALKMANで音楽を聞く機会があるという人におすすめです。

おすすめのWALKMANの代表製品は?

Wシリーズ NW-WS623
Wシリーズ NW-WS623
口コミ

ジムや屋外ランニングで主に使ってます。 イヤホンのコードがプラプラして体に当たるのが嫌だったので、ストレスが無くなり快適に運動できます。

WALKMANでは先に紹介した3つのシリーズが主な代表製品となりますが、もう一つ注目したい製品がヘッドフォン一体型モデルです。こちらの「Wシリーズ NW-WS623」は、ジョギングやウォーキング時の安全性を確保できるよう、外音取込み機能搭載が搭載されています。

また防水・防塵・耐寒・耐熱とアウトドアにとても強い仕様となっていて、特に防水性はプールなどでも使用できるほどです。シーンを選ばずWALKMANを使いたい人におすすめのモデルとなっています。

WALKMANのおすすめのアクセサリの種類は?

WALKMANには色々なアクセサリ・周辺機器があります。用途に応じて利用すると、より快適にWALKMANで楽しむことができるでしょう。ここではおすすめのアクセサリや周辺機器について紹介していきます。

スピーカー「Anker SoundCore」

Anker SoundCore
Anker SoundCore
口コミ

この大きさでこれだけの高音質高出力は今までなかったと思います。Dクラスアンプの恩恵でしょうか。 使い勝手が非常によく、この手の品物は新しい家電として、今後普及していくことでしょう。

WALKMANには純正スピーカー付きのものも販売されていますが、それ以外でコスパと性能がよいスピーカーとして「Anker SoundCore」をおすすめします。まずは値段がとても安いこと、そしてコンパクトであることがおすすめのポイントです。

低音にも強く、連続再生時間が長いことも特徴となっています。Bluetooth対応機種であればほとんどのものが使えますので、一台持っておくとWALKMANでもスマートフォンでも使えて便利です。

ヘッドホン「SONY MDR-H600A」

SONY MDR-H600A
SONY MDR-H600A
口コミ

それほど重くもなく疲れることもないです。 密閉性が非常に高く、音を流してしまえば周りの音が聞こえず、音楽に集中できます。

イヤホンよりも迫力のあるサウンドを楽しみたい人におすすめしたいのはヘッドホンです。WALKMANを発売しているSONYはヘッドホン・イヤホンにも力をいれており、WALKMANとの相性もとても良くなっています。おすすめは「SONY MDR-H600A」で、豊富なカラーバリエーションと外に持ち出してもお洒落なデザインが目を惹きます。

機能としても立体縫製イヤーパッドにより装着性がよく、リモコンやマイクも付いているため、音楽を聞く以外の用途でも活躍できるヘッドホンとなっています。ハイレゾ対応となっているため、WALKMANのAシリーズやZXシリーズをお持ちの人におすすめです。

ヘッドホンアンプ「DAC-HA200」

DAC-HA200
DAC-HA200

¥ 32,400

口コミ

ハイレゾ音源は申し分ない上に、CD音源も音圧十分で楽しめる。アンプが独立していることは それだけで強力なのだと実感する。これだけのものが1万数千円で手に入る。

ヘッドホンアンプという機器は耳慣れないという人もいらっしゃるでしょう。ヘッドホンアンプは音楽プレイヤーとヘッドホンの仲立ちをする装置で、ヘッドフォンでよりよい音楽を楽しむためのものとなっています。

おすすめの「DAC-HA200」はポータブル型のヘッドホンアンプで、場所を取らず、なおかつ音の良さをアップさせることが可能です。さらに一段上の音質を求めたい人におすすめのアイテムとなっています。

イヤホン「MDR-EX750AP」

MDR-EX750AP
MDR-EX750AP
口コミ

非常に綺麗な音を出してくれます ただ、低音は少し物足りないかもしれません でも慣れれば問題ありませんし、むしろこれぐらいで丁度いいと思える程度です

WALKMANには専用イヤホンが付属で付いてきますが、壊れてしまったり、違うタイプのイヤホンが欲しいというケースも出てくることでしょう。そんな時におすすめしたいイヤホンの一つが同じくSONYから発売されている「MDR-EX750AP」です。カラーバリエーションが豊富なため、同じく色々なカラーが発売されているWALKMANとの相性は抜群です。

またこちらはハイレゾ対応となっているため、Aシリーズなどでも使いやすいモデルとなっています。音質としてはバランスの良いタイプとなっているため、重低音が好きという人は別のタイプのイヤホンを選ぶとよいでしょう。

ノイキャンイヤホン「MDR-NWNC33」

MDR-NWNC33
MDR-NWNC33

¥ 5,431

口コミ

いい音を毎日の通勤電車で楽しんでいます。おかげでイヤホンからはいい音楽、雑音をシャットしながら車中での、ながら読書に集中できます。

イヤホンの中でも注目が上がっているジャンルがノイズキャンセリングイヤホンです。周囲の音が気になるタイプの人におすすめとなっています。WALKMANには本体にノイズキャンセリング機能が付いているものがありますので、そこにノイズキャンセリングイヤホンを合わせると効果はさらにアップします。

おすすめしている「MDR-NWNC33」は同じくSONY製のため、上手く合致して使う事ができます。またノイズキャンセリングイヤホンの中では価格もそこまで高くない点もおすすめのポイントです。

microSDカード「サムスン EVOPlus」

サムスン EVOPlus
サムスン EVOPlus
口コミ

性能や容量を考えたとき、値段が安く信頼性のあるブランドだと思います。EVOシリーズはタブレットや音楽プレーヤーに使用していますが、今のところなんら不具合は発生していません。

WALKMANの中で、AシリーズとZXシリーズは容量拡張のためにmicroSDカードが使用できます。あらかじめ用意されている本体容量では足りないといった場合にはmicroSDカードの導入をおすすめします。microSDカードの容量は大きければ大きいほど追加できる曲数は多くなりますので、自分がどのぐらいの曲数を持ち歩くかという基準で選ぶとよいでしょう。

おすすめするmicroSDカードは「サムスン EVOPlus」です。読み込みと書き込みスピードと、容量、価格、全てのバランスが取れており、購入しやすいmicroSDカードとなっています。

コンポ「ドックコンポ CMT-V3」

ドックコンポ CMT-V3
ドックコンポ CMT-V3
口コミ

ウォークマンを持っている前提ですが、機能は必要最低限のもので、音質もそこそこいいです。 ウォークマンを再生するときはイコライザーを変えることで、音質はさらに良くなります。

SONYではWALKMANと組み合わせて使用するドックコンポというものを発売しています。おすすめしている「CMT-V3」は、CDから曲を直接WALKMANに取り込める機能が付いています。

シンプルかつすっきりとした外見で、置き場所を取らないコンパクトさも魅力です。AM/FMラジオ機能もついており、WALKMAN用のコンポとして最低限の機能があればよいという人におすすめしたいドックコンポとなっています。

ケース「ウォークマン純正 シリコンケース」

ウォークマン純正 シリコンケース
ウォークマン純正 シリコンケース
口コミ

価格に応じてとても良い。安物に比べてトラブル無し。ストレスも無し。

WALKMANは外出先に持ち出すことが多いため、本体保護のためにケースはなるべく付けておくと安心です。WALKMANはシリーズ、またそれぞれの型番によってケースのサイズも変わってきますので、対応した商品を探すとよいでしょう。

おすすめしているのはSONY純正のシリコンケースです。柔らかい触り心地で、カバーの上からの操作感も良くできています。また純正のため、カラーバリエーションが本体に合っていることもおすすめできるポイントです。

保護フィルム「Aシリーズ ガラスフィルム」

Aシリーズ ガラスフィルム
Aシリーズ ガラスフィルム
口コミ

この製品の売りのひとつ、面の縁が丸くなっている(ラウンドカット)の手触りが良く、 従来品と違って、使用中に指先や衣服のひっかかりを感じることなく使えてます。

WALKMANには液晶画面があり、特に液晶サイズが大きくなってくるAシリーズやZXシリーズでは保護フィルムを用意しておくと画面割れが起きにくくなります。おすすめなのはガラスフィルムです。保護フィルムの中でも耐久性に優れ、WALKMANの液晶画面を守ってくれます。ケースや保護フィルムはWALKMAN本体購入時に一緒に用意しておくのがおすすめです。

WALKMANの使い方・楽しみ方は?

WALKMANおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

WALKMANはシリーズ共通して小型・軽量で扱いやすいことが特徴です。そのためスマートフォンとは別に持ち歩くことも容易で、なおかつスマートフォンの充電を減らさないという面でも大きなメリットがあるでしょう。

またパソコンを持っている人であれば無償でMusic Centerという音楽管理ソフトが使用できます。こちらを利用することでCDからの音楽の取り込みやプレイリストの編集、WALKMANへの音楽の転送が簡単にできるようになっています。

また音楽配信サイト「MORA」で購入した楽曲をスムーズにWALKMANに転送することができるので、WALKMANと合わせて活用していきたいところです。

WALKMANでワンランク上の音楽を楽しもう!

WALKMANおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

今回はWALKMANについて、種類やおすすめの選び方、おすすめのWALKMAN、またWALKMAN向きの周辺機器の紹介などをしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

スマートフォンで音楽を聞いていると、充電残量などが気になってしまったり、もう少し音質の良い音楽プレイヤーが欲しくなるということもあるでしょう。そんな時に高音質とコンパクトさが魅力のWALKMANを手に取ってみてはいかがでしょうか。

Related