Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月29日

ヘッドセットマイクおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

「通話やボイスチャットをしたいけど、どのヘッドセットマイクが良いのか迷う」そんな悩みを抱えている方に、今回はヘッドセットマイクのおすすめ人気ランキングTOP3と、特徴・用途別のヘッドセットマイクのおすすめを紹介していきます。

ヘッドセットマイクおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ヘッドセットマイクの種類と選び方って?

ヘッドセットマイクおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

PS4やパソコンのSkypeなどのボイスチャット通話などで便利なヘッドセットマイクですが、色々な種類が多くあるので選ぶのが大変です。そこでここではそんなヘッドセットマイクの種類と選び方について紹介していきます。どんなものがあるのか理解しておくと選ぶ時に絞り込みやすくなりますので参考にしてください。

ヘッドセットマイクの種類

まずはヘッドセットマイクの種類から説明していきます。ヘッドセットマイクには配線のある有線タイプと配線がない無線タイプと両耳と片耳タイプあります。それぞれ分けて説明していきます。

ヘッドセットマイク有線タイプって?

まずは有線タイプから説明していきます。有線タイプにはミニプラグ式とUSB式の二種類があります。

ミニプラグとは音響機器に差し込む突起状の端子が3.5mmミニプラグです。スマホや携帯電話・パソコンなどさまざまな機器に対応しています。これらの端子の付いたケーブルを繋ぐことで使用できます。

次はUSBタイプですがこれはパソコンやスマホにもUSBと呼ばれる端子があります。パソコンにつなぐものはタイプAで、androidOSなどのスマートフォンに使われているのは主にmicroBです。

同じスマホでもapple社のiPhoneなどは別の端子になってしまうので注意が必要です。apple製のiPhoneなどの場合はLightningケーブルが使われていますので選ぶ時はご自分の機器の端子を確認して購入しましょう。

ヘッドセットマイク無線タイプって?

ヘッドセットマイクは有線タイプの他に無線タイプから選ぶこともできます。無線とは言葉のとおり配線を繋ぐことなく使用できる事を意味しています。無線タイプのヘッドセットは、現在はBluetoothの機能を利用して機器とヘッドセットマイクの間でペアリングを行うことで繋ぐものが主流です。

ペアリングとはお互いの機器を認識させる操作の事です。このペアリングを行うことでお互いの機器の通話内容などが他の人に聞かれる事がありません。ペアリングはペアリングを行った機器同士しか接続できないので安心して通話や音楽を楽しむ事ができます。ケーブルもないので手が自由になるので運転をしながら、ジョギングをしながら通話をする事もできて便利です。

両耳用のヘッドセットマイクの種類

まずは両耳用のヘッドセットマイクの種類から紹介していきます。

①ヘッドバンドタイプ

ヘッドバンドと呼ばれるバンド部分を頭の上に載せ大き目に作られたイヤーパット部分を耳に当てる事で通話音声や音楽などを聴く事ができます。ヘッドホンに小型のマイクが付いたものをイメージしてもらえると分かりやすいでしょう。

ヘッドバンドタイプはイヤーパッドが大きな作りで丈夫なため、音をしっかりと聴く事ができますが、サイズが大きく重さもあるので長時間使ったりすると、肩や首に疲れを感じてしまう場合もあります。また季節によっては耳が蒸れる事もあるので、季節によって他のヘッドセットマイクのタイプと使い分けると良いでしょう。

②イヤホンタイプ

次に紹介していくのはイヤホンタイプのヘッドセットマイクです。イヤホンタイプなので耳の穴にイヤホンを差し込んで通話音声や音楽を聴く事ができます。マイク部分はケーブル上に付いているコントローラー部分に付いている製品が多くあります。

コントローラーがあるので通話音量を調整したり音楽の音量調整が可能だったり、着信がある場合コントローラーを押すだけで通話する事も可能な製品もあります。欠点はタッチノイズが入ってしまうこととケーブルが細いためケーブルが絡まったり断線してしまう可能性がある点です。

タッチノイズとはイヤホンのケーブルと体が触れている部分とが擦れる事で起きる雑音の事です。イヤホンのようにケーブルが体に触れて擦れる場合はこうした雑音が発生しやすいです。またケーブルの材質によってはケーブル同士が絡んでしまい、無理な取り扱いをすると断線してしまう事がありますので注意が必要です。

③ネックバンドタイプ

続いてはネックバンドタイプの紹介です。ネックバンドとは言葉のとおり首と後頭部付近に引っ掛けるように取り付けるヘッドセットマイクの事です。ヘッドバンドタイプと比べて両耳を挟むような圧迫感ありません。

またヘッドバンドタイプのように頭部に付ける事がないのでせっかくセットした髪型が崩れたりする事もありません。またランニングなどの運動をしても落ちないので安心です。

欠点は締め付けがある事です。圧迫感はありませんが落下防止のためか若干締め付けがあります。そのため慣れない状態で着けていると締め付けで疲れてしまう事もあります。

片耳用のヘッドセットマイクの種類

ここからは片耳用のヘッドセットマイクの種類を紹介していきます。

①イヤーフックタイプ

イヤーフックタイプとは耳に掛ける設計になっているヘッドセットマイクの事です。耳の穴に差し込んで引っ掛けるタイプの物や耳の上部に引っ掛ける物など形状もさまざまな種類があります。イヤーフックタイプは耳に掛けるので圧迫感や締め付けなどがなく、メガネをかけている人でも付けても邪魔になりません。

また片耳を塞がずに通話ができるので、車の運転やジョギングをしてても周りの音を聴く事ができて安心して使用できます。欠点は周りの音も聞こえやすくなっているので音漏れや周りの環境によっては音を聴き取り難くなる点があります。

片耳用ヘッドバンドタイプ

イヤーフックタイプとは別にヘッドバンド型で片耳部分だけにスピーカーが付いたものもあります。イヤーフックタイプと比べるとずれ落ちにくく安定した通話ができます。片耳を塞がないのでハンズフリー通話にも適しています。逆にジョギングなどの激しい運動には適していません。

その他の機能

他にもさまざまな機能を持ったヘッドセットマイクがあります。その他の機能が付いたヘッドセットマイクについて紹介していきます。ここに書いてあるものはほんの一例で、他にもさまざまな機能を備えた製品が販売されています。

①防水機能付き

防水機能付きのヘッドセットマイクもあります。製品によっては水没しても壊れない完全防水の物から簡易的な防水の少しの汗に濡れても平気な物があります。防水レベルの見方は「IPX1」「IPX2」などのようIPXの後に数字で表記されています。

IPXは0から8までのレベルがあり、0は全く防水機能が付いていない物で、8は水没しても平気な完全防水になっています。数字が大きくなるほど防水レベルが上がります。雨や汗などの水濡れが想定できる場合はご自分が購入したいヘッドセットマイクがどの防水レベルになっているのか確認して購入するのが良いでしょう。

②コントローラー付き

ヘッドセットマイクのケーブル部分にコントローラーが付いた物も販売されています。通話機能が付いている以外にも音楽の再生や一時停止・停止、曲送り曲戻しなどの操作もできる物があります。また通話や音楽の音量をスマホやパソコンなどを直接操作することなく調整ができて便利です。

製品によっては音楽の再生と停止、通話、音量調整だけができたりと機能にばらつきがあるので、欲しいヘッドセットマイクにどのような機能が搭載されているのかよく確認して購入した方が良いでしょう。

③ノイズキャンセリング機能付き

ヘッドセットマイクの製品の中にはノイズキャンセリング機能を搭載した物もあります。ノイズキャンセリングとは周囲の音をマイクで拾い、解析した音を打ち消す音を発生する事でノイズを聞こえにくくする機能です。

ただしノイズキャンセリングも完璧なものではないため、静かな環境や音、雑音の種類によってはノイズを打ち消す効果が得られない場合もあります。こうした欠点もありますが、ある程度は周囲の雑音を打ち消す効果があるので、選ぶ際はノイズキャンセリングの付いたものを選ぶと良いでしょう。

ヘッドセットマイクの選び方って?

ヘッドセットマイクにもさまざまな種類の物や機能が搭載されているのがわかりましたが、いったい自分にはどの製品が良いのか、どのように選ぶと良いのか迷ってしまうでしょう。そこでここからはヘッドセットマイクの選び方について目的別で紹介していきます。

室内での使用目的の方におすすめの選び方

まずは室内で使用する目的の場合のヘッドセットマイクの選び方のおすすめを紹介していきます。室内で使用される場合は有線接続式のヘッドバンドタイプの有線ヘッドセットマイクがおすすめです。

ヘッドバンドタイプであれば装着感がしっかりしているので相手の声をきちんと聴く事ができてボイスチャットや通話に集中する事ができます。室内で使用するのでケーブがあってもそこまで気になりません。こうした点からも室内ではヘッドバンド型で有線接続式のヘッドセットマイクをおすすめしています。

外出先で使用目的の方におすすめの選び方

次に外出先で通話する人におすすめの選び方を紹介していきます。長時間の使用でも耳が疲れにくい片耳タイプの物で無線接続のヘッドセットマイクがおすすめです。片耳タイプならヘッドバンド型に比べ軽量なため、ポケットに入れて持ち運ぶことができて便利です。

また装着もすぐにできるので気楽に通話ができる点もおすすめのポイントです。装着感が気になる場合はイヤーフックが付いているタイプの片耳用ヘッドセットがおすすめです。イヤーフックがついているので軽い運動をしてもずれ落ちる心配もありません。

また車の運転をされる方にもこうした片耳型のヘッドセットマイクなら運転の邪魔になりません。こうした点からも外出先で使われる方には片耳用の無線タイプのヘッドセットマイクをおすすめします。

ヘッドセットマイクおすすめ人気ランキングTOP3

ここからはヘッドセットマイクおすすめの人気ンランキングTOP3を紹介していきます。参考にしてあなたのお気に入りのヘッドセットマイクを見つけてみてください。

ランキング3位:「GSP 600」

GSP 600
GSP 600

¥ 32,400

口コミ

ゲーム用途ではお好みですが、映画など幅広く使いたければGSPの方が良いかと思います。

ヘッドセットマイクおすすめの人気ランキング3位の「GSP 600」の紹介をしていきます。このヘッドセットマイク「GSP600」は両耳タイプのヘッドホン型で有線3.5mmミニプラグ対応ヘッドセットマイクです。特長はノイズキャンセリング機能や高性能のマイクを搭載している事です。

ノイズキャンセリング機能で周囲の余計な雑音をカットでき、高性能マイクでしっかりと通話音声をキャッチしてくれるので通話相手の話も聞き逃す事がありません。ミュートにしたい時はマイク部分を持ち上げ折りたたむだけで自動的にミュート状態になるので便利です。こうした点からも人気があるおすすめのヘッドセットマイクです。

ゲーミングヘッドセットマイクと商品概要や説明に書かれていますがゲーム以外にも多目的な用途で使用できます。

ランキング2位:「MDR-EX31BN」

MDR-EX31BN
MDR-EX31BN
口コミ

ちゃんとノイズキャンセラもされるし。 LineとかFacebook通話でも、問題なくノイズキャンセラは効きます。当然ですが。

次はヘッドセットマイクおすすめの人気ランキング2位の「MDR-EX31BN」の紹介をしていきます。このヘッドセットマイク「MDR-EX31BN」はBluetooth無線式タイプで両耳用のイヤホン型のヘッドセットマイクです。

主な機能はノイズキャンセリング機能とNFC機能です。NFC機能を搭載しているスマートフォンやオサイフケータイ対応のスマホとヘッドセットマイクとタッチするだけでBluetoothの接続が完了する便利機能の事で、最近の機種にはこうしたNFC機能を搭載している機種も増えています。便利に使えるのでおすすめです。

イヤホンの形状はカナル型で耳にしっかりと装着できるので通話でも音楽再生でも音を聞き逃す事がありません。

ランキング1位:「XEA20JP」

XEA20JP
XEA20JP
口コミ

最近のノイズキャンセリングとは別方向の利点を備えた野心作と思います。 音楽や動画を観ていても、家族などの呼びかけに応答でき、怒られる心配がないです。

それではお待ちかねのヘッドセットマイクおすすめの人気ランキング1位「XEA20JP」の紹介をしていきます。この「XEA20JP」は無線式のイヤーフックタイプです。しかも両耳片耳どちらでも聴けるように二つのイヤホンが同梱されているので音楽再生と通話どちらでも使用できます。

ソニー独自の設計により耳を塞がなくても音をしっかりと聴く事ができるので音楽をじっくり楽しむ事もできますし、通話音声を逃さず聴く事ができます。充電式ですがケースに収めておくだけで自動的に充電をしてくれるのでわざわざ充電用のケーブルなどを携帯する必要がありません。

特徴・用途別おすすめのヘッドセットマイク

ここからは特徴別用途別のおすすめのヘッドセットマイクの紹介をしていきます。

安いおすすめのヘッドセットマイク

まずは安いおすすめのヘッドセットマイクを紹介していきます。

①Q13

Q13
Q13
口コミ

商品自体、3グラムということで長時間使用していても軽くて疲れません。 ノイズキャンセリング機能もしっかり機能しており雑踏の中などでもしっかり音声を聞くことが出来ます。

安いおすすめのヘッドセットマイク「Q13」を紹介していきます。こちらのおすすめのヘッドセットマイクは重量約3グラムと超軽量で両耳が完全に分かれているタイプの完全ワイヤレスのヘッドセットマイクです。完全ワイヤレスなので片耳でも両耳でも使う事ができます。

ノイズキャンセリング機能も搭載しているので通話時に周囲の音が騒がしかったりしても、しっかりと音を通話相手に届けてくれます。本体にボタンがついていて音楽再生の際は再生・停止などの操作ができます。通話の際は着信と終話・着信拒否などの操作がボタン一つで可能なのでスマホなどの本体を操作することなく、通話や音楽を楽しめます。

最大通話時間は6時間です。片耳だと5時間の通話が可能です。もしものバッテリー切れのために充電ケースも付属しているので、外出時間が長く充電する時間がない方でも安心です。

②BE11_sl

BE11_sl
BE11_sl
口コミ

初めてBluetoothのイヤホンを購入しました。 音質は問題なく感じました。 ただ、日本語での操作説明がなかったので、スマホとのペアリングに戸惑いました。

安いおすすめのヘッドセットマイク「BE11_sl」を紹介していきます。こちらのおすすめのヘッドセットマイクはイヤホン型のBluetooth4.1無線式です。音楽再生と通話どちらにも使用可能です。このヘッドセットマイクは防水機能が施されているので急な雨や汗で濡れてしまっても安心です。

防水レベルはIPX4で、深い水溜まりなどに落とさない限りは壊れないのでランニングなどでも使用できます。またノイズキャンセリング機能も搭載しているので周囲の音が騒がしくても通話相手に迷惑を掛ける事がありません。

付属のコントローラでは音楽再生・音量調整・曲送りや戻しが可能です。着信があった場合はボタンを押すだけで通話と終話ができて便利です。通話時間は最大8時間と長めなので長い外出でも充電を気にすることなく使用できます。

③TP-170185_1

TP-170185_1
TP-170185_1

安いおすすめのヘッドセットマイク「TP-170185_1」の紹介をしていきます。こちらのおすすめのヘッドセットマイクは車を運転中にハンズフリー通話がしやすい片耳イヤーフックタイプのヘッドセットマイクです。

Bluetooth4.0無線なので最近のBluetooth搭載のスマホやパソコンなら互換性もあるので気軽にペアリング可能です。本体にはボタンがあり、着信時はボタンを押す事で通話や終話が可能です。もちろん音楽再生や停止も可能です。

最大通話時間は3時間と少し短めですがちょっとした外出時などに気軽にポケットに入れて持っていけるので便利です。

USB式のおすすめのヘッドセットマイク

USB式のおすすめのヘッドセットマイクを紹介していきます。

①Xiberia-V10

Xiberia-V10
Xiberia-V10

¥ 6,799

口コミ

マイク自体がヘッドフォンから出ているので、しっかり声のみを拾ってくれます。

USB式のおすすめのヘッドセットマイクの「XIBERIA E1」の紹介をしていきます。こちらのおすすめのヘッドセットマイクは頭に装着するヘッドバンドタイプです。ケーブルの長さは3メートルと結構余裕のある長さになっています。

USB2.0規格のものなので最近のパソコンで有れば問題なく使う事ができます。対応OSはWin7/8/8.1/10(32bit/64bit)に対応しています。このヘッドセットマイクはヘッドバンドタイプの欠点である圧迫感を減らすため柔らかく圧迫感を軽減したイヤーカップを使用しています。そのため長時間のボイスチャットなどをしていても疲れにくいでしょう。

②BSHSHUM100BK

BSHSHUM100BK
BSHSHUM100BK
口コミ

Skype用のヘッドセットを探しており、やっと満足のいく内容で見つかった。 使用感も満足です。

USB式のおすすめのヘッドセットマイクの「BSHSHUM100BK」の紹介をしていきます。こちらのおすすめのヘッドセットマイクは軽量のヘッドバンド式で片耳タイプです。ケーブルの長さは2メートルありケーブルに余裕があります。

Windows(win7/8.1/10)とMacOS(10.9)に加えてプレイステーション4とプレイステーション3にも対応しています。このヘッドセットマイクはUSB式なのでパソコンにスピーカーを取り付けている方はわざわざスピーカーのミニプラグを抜く必要がありません。手間も無いためご自分のパソコンの環境を変える必要がない点もおすすめです。

③HS-NB05USV

HS-NB05USV
HS-NB05USV

¥ 3,812

口コミ

ネックバンドタイプでUSBは数えるほどしかないので 全ての種類持ってますが これが一番コスパいいです。 スカイプでも使えます!

USB式のおすすめのヘッドセットマイクの「HS-NB05USV」の紹介をしていきます。こちらのおすすめのヘッドセットマイクは髪型が崩れにくい両耳用のネックバンドタイプのヘッドセットマイクです。

対応OSはWindowsOS(XP~10)とMacOSでも使用可能です。ドライバが不要なのでパソコンに詳しくない方でもUSBコネクターを差すだけで気軽に使用する事ができます。

このヘッドセットマイクはノイズ低減高音質なマイクを使用しているので、他の機器や周囲の騒音などを低減してくれるので周りを気にせずボイスチャットなどを楽しむ事ができます。またウインドスクリーンが付いているので呼吸音などのノイズを拾いにくくなっています。

ワイヤレス式のおすすめのヘッドセットマイク

ワイヤレス式のおすすめのヘッドセットマイクを紹介していきます。

①B073P5ZSSY

B073P5ZSSY
B073P5ZSSY
口コミ

ズボンのポケットやカバンにスマホを入れた状態で通話が途切れないヘッドセットをさがしてました。これは正解でした。

ワイヤレス式のおすすめのヘッドセットマイクの「B073P5ZSSY」の紹介をしていきます。こちらのおすすめのヘッドセットマイクは片耳用のヘッドセットマイクです。Bluetooth4.1なのでBluetooth4.0バージョンに対応したスマホやパソコンなどであればペアリング可能です。

大容量バッテリーを搭載していて32時間連続通話や28時間音楽再生ができるので長時間の通話でも充電を気にする事なく使用できます。また使用しない状態で60日間待機状態にしておく事ができる点も便利です。周囲の雑音をカットしてクリアな音質にしてくれるノイズキャンセリング機能を搭載している点もおすすめです。

高音質なおすすめのヘッドセットマイク

高音質なおすすめのヘッドセットマイクを紹介していきます。

①MG-2

MG-2
MG-2
口コミ

立体的な高音質で、マイクの音声も相手にしっかり伝わってて非常に便利です。デザインもかっこいいので愛用しています!

高音質なおすすめのヘッドセットマイクの「MG-2」の紹介をしていきます。こちらのヘッドセットマイクはイヤホン型で耳が痛くなりにくいカナル型で、ケーブルの長さは1.2メートルと程よい長さになっています。低音域がしっかりでる作りなのでゲームやボイスチャットでも楽しむ事ができます。

マイクは二種類あり、内蔵式のマイクと取り外し可能なマイクがあるので環境に合わせて好きな方を使う事ができます。また防水が施されているのでランニング時のイヤホンとしても使用可能です。外でも部屋の中でも使用できて便利です。

高性能なおすすめのヘッドセットマイク

高性能なおすすめのヘッドセットマイクを紹介していきます。

①VOYAGER5200

VOYAGER5200
VOYAGER5200

¥ 16,740

口コミ

強風でも相手に気付かれないくらい良いです。運転中も重宝しています。軽くて負担になりません。ズレたり落ちたりもしないので非常に使いやすいです。

高性能なおすすめのヘッドセットマイクの「VOYAGER5200」の紹介をしていきます。こちらのヘッドセットマイクは片耳用のイヤーフックタイプでBluetooth4.1無線方式です。

このヘッドセットマイクはさまざまな機能を持っている高性能なヘッドセットマイクで簡易的な防水やノイズキャンセリング機能などの最近のヘッドセットマイクに欠かせない性能を持っています。それ以外にも高性能な4つのマイクを備えていたり、通話時の風切音を防いだりと通話時の品質を向上する機能も備えています。

また装着時に自動でペアリング機器とのリンクを感知するセンサーを搭載していたり、ボイスコマンド機能を使う事でまさに手を使うことなく、スマホなどを操作する事ができる便利機能を持っています。まさに高性能なヘッドセットマイクです。

ボーカルにおすすめなヘッドセットマイク

ボーカルにおすすめなヘッドセットマイクを紹介してきます。

①WH20XLR

WH20XLR
WH20XLR
口コミ

音楽ボランティアをしていて高齢者施設などで手話をしながら歌うために購入しました。ボーカル用マイクとしても聞こえ方は良いようです。

ボーカルにおすすめなヘッドセットマイクの「WH20XLR」紹介していきます。こちらのヘッドセットマイクは温度や湿度などの影響を受けにくい設計で安定した環境でボーカルなどの音声をしっかり拾ってくれます。

また周囲の環境によるノイズや雑音をカットするためのウインドスクリーンも付属しているのでしっかりとライブや収録に集中できます。また激しいダンスなどをする場合にも安心のヘッドバンドやずれ落ち防止クリップが付いているので安心してダンスに集中できるのもおすすめのポイントです。

子供用のおすすめのヘッドセットマイク

子供用のおすすめのヘッドセットマイクの紹介をしていきます。

①BL109

子供用のおすすめのヘッドセットマイクの「BL109」の紹介をしていきます。こちらのヘッドセットマイクはヘッドバンド式で有線とBluetooth4.0無線の切り替えが可能なヘッドセットマイクです。ヘッドバンドにはLEDライトが埋め込まれていて起動時と使用時に光るようになっています。再生・通話時間は8時間使用可能です。

お子様の頭の形に合わせてヘッドバンドの長さを調整する事もできますのでどんなお子様でも安心して使用する事ができます。

Skypeにおすすめのヘッドセットマイク

Skype通話におすすめのヘッドセットマイクの紹介をしていきます。

①BSHSHCS315BK

Skype通話におすすめのヘッドセットマイクの「BSHSHCS315BK」の紹介をしていきます。こちらのヘッドセットマイクは形状はヘッドバンドタイプで有線タイプです。パソコンに詳しくない方でも設定やドライバなどのインストールが不要で気軽にすぐ使う事ができます。

またこのヘッドセットマイクは折りたたむことが可能なので、使わない時はコンパクトに折りたたんで収納しておく事ができて便利です。高音質なので音楽再生にも通話でもしっかりと集中する事ができます。

便利なボリューム調整のコントローラーも付いているのでPCやスマホなどの本体の音量調整をいじる必要もない点もありがたいでしょう。気軽にSkype通話を始めたい方におすすめです。

おすすめの通話もできるワイヤレススピーカー

ここからはハンズフリー通話にも使える便利なワイヤレススピーカーのおすすめを紹介していきます。

①A3105011

A3105011
A3105011
口コミ

サイズの割にパワフル、音も良いです。あとは設置場所&環境でかなり左右されます。車の中では高音がキンキンと反射して耳障りな音がしましたが、室内ではそれなりにいい音がします。

おすすめのワイヤレススピーカーの「A3105011」の紹介をしていきます。こちらのワイヤレススピーカーはスピーカーでありながらマイクを内蔵しているので、音楽再生以外にハンズフリー通話をする事ができます。

接続方式はミニプラグ式の有線接続とBluetooth4.2無線接続の2種類が使えます。Bluetooth機能を搭載していないパソコンやスマホをお使いの方でもスピーカー本体とスマホやパソコンをミニプラグケーブルで繋ぐだけで使用できます。

また防水機能も施されているので飲み物をこぼしてしまっても安心です。防水規格のIPXは8段階中の5であらゆる方向からの水濡れがあっても機器が故障する事がありません。

スイッチ付きのおすすめのヘッドセットマイク

マイクをオンオフできるスイッチ付きのおすすめのヘッドセットマイクの紹介をしていきます。

①HyperFabric

HyperFabric
HyperFabric

¥ 3,999

口コミ

両手が空いてプレイに集中できるのはもちろん、 話しながら遊べるのはやはり良いですね。

マイクスイッチ付きのおすすめヘッドセットマイクの「HyperFabric」の紹介をしていきます。こちらのヘッドセットマイクはヘッドバンドタイプで有線式のミニプラグ接続タイプです。ミニプラグでの接続なのでどんな機器とも気軽に接続できて機械に詳しくなくても差すだけでボイスチャットや通話ができて便利です。

取り外し可能なマイクなのでボイスチャットや通話をしない時はヘッドホンとしても使えます。ノイズキャンセリング機能を搭載しているため、周囲の雑音やノイズを拾う事がないので相手の方との通話に集中する事ができます。

また便利なコントローラーが付いているのでマイクのオンオフの切り替えやボリューム調整を簡単にできる点もおすすめです。

おすすめのヘッドセットマイクのメーカー3社と製品

おすすめのヘッドセットマイクのメーカーと3つの代表製品を紹介していきます。

①Logicool「G430d」

G430d
G430d
口コミ

低音、高音共にバランスよく聞き取れるので 個人的にどのヘッドセットよりこの商品がお勧めと言える性能だと思っています。

おすすめのヘッドセットマイクのメーカーと言えば「Logicool」です。Logicoolはパソコン製品を多く製造販売している企業です。代表製品は「G430d」です。こちらの製品は軽量のヘッドセットタイプで有線接続式のミニプラグ接続です。主な特徴はノイズキャンセリング機能を搭載している事と折りたたみ可能なマイク部分がある事、コントローラーで手元でミュートや音量調整ができる事です。

また他のヘッドセットではイヤーカップ部分のカバーは取り外して洗う事はできませんがこちらの製品はイヤーカップ部分を取り外して洗う事ができます。いつも使うヘッドセットだからこそ常に清潔で高性能なヘッドセットマイクが使いたいとお考えならLogicoolのこちらの「G430d」はおすすめです。

②キングストン「HX-HSCS-BK/AS」

HX-HSCS-BK/AS
HX-HSCS-BK/AS

¥ 5,979

口コミ

PS4でR6Sをプレイするのに購入しました。コントローラーに接続するだけで、VC、ゲーム内サウンドを同時に聞くことができます。

おすすめのヘッドセットメーカーと言えば「キングストン」です。キングストンは主にUSBメモリーやSDメモリーなどのメモリーカードなどを製造販売している企業です。

そんなキングストンの代表製品は「HX-HSCS-BK/AS」です。こちらの製品の特長はヘッドホン型で軽量イヤーカップである事とマイクはノイズキャンセリング機能を搭載している事です。

イヤーカップ部分は軽量で長時間使用しても疲れにくい設計になっています。またマイクはノイズキャンセリング機能を持っているので周囲からの雑音を拾うことなく通話やチャットの相手との会話に集中できます。

マイクは折りたたみができて折りたたむ事でミュートにする事ができます。ミニプラグケーブル接続式なのでさまざまな機器で通話やチャットを楽しむ事ができます。ゲームをする方にもおすすめのヘッドセットです。

③ゼンハイザー「506528」

506528
506528
口コミ

音質も良く、マイクの性能も良いためボイスチャット時に相手からも聞き取りやすくなったと好評でした。買ってよかった。

おすすめのヘッドセットメーカーといえばゼンハイザーです。マイクロフォンやヘッドホンなどを製造していることで有名な企業です。そんなゼンハイザーの代表製品は「506528」です。こちらの製品の特長はヘッドホン型でノイズキャンセリング機能を搭載している事とUSBで接続する有線タイプである事です。

ノイズキャンセリング機能を搭載していることで騒音や雑音などのノイズをカットしてくれるおかげで通話やチャット相手との会話の際にあなたの声や言葉をクリアに届ける事ができます。接続方式は有線式でUSBによる接続方式です。USBに対応したパソコンやゲームなどで使用する事ができます。

またマイク部分は可動式でフリップアップ(装着時に口元から上に上げるだけ)する事でミュート状態にする事ができて便利です。

カラオケやライブでのヘッドセットマイクの付け方

アイドルのライブやカラオケなどでヘッドセットマイクを使用する際のヘッドセットマイクの付け方について紹介していきます。

①ヘッドセットマイクを頭に付ける

まずはヘッドセットマイクを取りつけましょう。ヘッドセットマイクの種類によっては取り付け方が違います。主にライブやカラオケで使われるのはヘッドバンドやネックバンドタイプがありますが基本的に取り付け方は同じです。

ネックバンドは首と頭の中間位の位置に挟み込むように取り付けます。取りつけたら動いてもずれ落ちないか確認しましょう。しっかりと装着できているか動いて確認します。

②マイク位置を調整する

次はマイクの位置を調整しましょう。マイクは製品によってある程度自由に角度を調整できるものがあります。ただし角度調整には限界があるため無理やりにマイクを曲げたりしてしまうと、マイクを破損してしまうことがあるので、激しく曲げたりしないようにしましょう。

③ワイヤレストランスミッターをポケットに入れる

ライブなどで使う場合はトランスミッターと呼ばれるものがあります。トランスミッターとは音声をスピーカーに飛ばすための機器の事で少し重量がありますので、動いてもずれ落ちないしっかりしたポケットなどに入れておきましょう。

④電源をオンする

あとは電源をオンにしてカラオケやライブの前に音声テストを行いましょう。マイクを軽く触れてみたり、叩いてみて音が出ていたらマイクが音声をしっかり拾っているので問題ありません。

ヘッドセットマイクで快適な通話を楽しもう

今回はヘッドセットマイクのおすすめ人気ランキングTOP3と特徴用途別のヘッドセットマイクの紹介をしてきました。冒頭ではヘッドセットマイクの種類と選び方を紹介してきました。ヘッドセットマイクには有線タイプと無線タイプがある事がわかりました。

またヘッドセットマイクには両耳用のヘッドバンドタイプとイヤホンタイプとネックバンドタイプがある事がわかりました。片耳タイプにはイヤーフックタイプの物がある事もわかりました。さらにその他の機能の防水機能やコントローラーが付いている物やノイズを低減するノイズキャンセル機能のある物も多くあることがわかりました。

選ぶ際はこうした種類の製品をご自分の使う環境を想定し、使う時に快適に使用できるのはどれか考えて選んでみてください。今回の記事を参考にしてあなただけのお気に入りのヘッドセットマイクを見つけて快適な通話を楽しみましょう。

Related