Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月01日

無線イヤホンおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

無線イヤホンをお探しでお困りではありませんか。無線イヤホンの種類や選び方、おすすめの人気ランキングから特徴や状況別に無線イヤホンについてご紹介しています。また、無線イヤホンのおすすめのメーカーやブランドについても紹介しています。一度、ご覧になってください。

無線イヤホンおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

おすすめの無線イヤホンの種類と選び方

無線イヤホンはワイヤレスでケーブルがかさばらなくて、とても便利なアイテムです。スポーツはもちろん、通勤、通学時や運転時にハンズフリーとしても活躍します。しかし、無線イヤホンを選ぶ際に、メーカーや種類が多くどれを選んだら良いのか悩んでしまいます。

そこで、今回はおすすめの無線イヤホンの種類や選び方から人気ランキング、特徴別、状況別などをご紹介していきます。

おすすめの無線イヤホンの種類

無線イヤホンの種類は数種類あります。左右一体型、トゥルーワイヤレスタイプ(完全独立型)、ネックバンドタイプ、ボックスタイプ、片耳(ヘッドセット)タイプに分かれます。

左右一体型のメリットは、無線イヤホンの中でも主流になるタイプで商品数、価格帯に幅があり、さまざまなシチュエーションで活躍するタイプです。

トゥルーワイヤレスタイプはケーブルが一切なく、最先端で耳に入れるだけの完全な無線タイプになります。メリットはケーブルないので、装着しているのが見えないのと、超軽量で高機能なものが多いです。

ネックバンドタイプのメリットは、首回りで固定されるので落ちにくく、ジョギングなどで使用できます。

ボックスタイプのメリットは、受信機の電池が切れてもイヤホン直差しで音楽が聴けます。

それぞれのタイプに特徴がありますので、自分がどのシチュエーションで使用するのかを吟味することをおすすめします。

おすすめの無線イヤホンの選び方

無線イヤホンの選び方としては、大きく分けて3つになります。屋内での音楽鑑賞用なのか屋外での音楽鑑賞用なのか、スポーツ時などで音楽鑑賞をするのかです。

屋内での音楽鑑賞用ですと、長時間装着を想定して軽量タイプの無線イヤホンがおすすめです。耳への負担が少ないネックバンド型を選ぶこともできます。静かな環境で音楽や映画鑑賞などに使用したい場合は、ノイズキャンセリング機能よりも音質を重視すると良いでしょう。

屋外で使用する場合は、騒音を防止してくれるノイズキャンセリング機能を搭載しているものがおすすめです。イヤホンの形としては、密閉性の高いカナル型を選ぶこと良いでしょう。また、外出中などに充電が切れてしまうと使えない場合が多いので、長時間再生可能のタイプをおすすめします。

スポーツ時に使用する場合は、汗や雨などから防いでくれる防水性能タイプで落下防止のため、ネックバンドタイプがベストです。

無線イヤホンおすすめの人気ランキングTOP3

無線イヤホンのタイプ別の種類や選び方が分かったところで、次におすすめの人気ランキングTOP3をご紹介します。

ランキングは、Amazonの売れ筋、口コミ評価をもとにランキングにしました。

ランキング3位:「apple」

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A
Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

¥ 18,144

口コミ

イヤホンを指で「コンコン」ダブルタップするだけで「Siriの起動」「再生/一時停止」「次のトラック」「前のトラック」「オフ」と設定が可能。

無線イヤホンのおすすめ人気ランキング3位は、Apple AirPods完全ワイヤレスイヤホンになります。こちらの無線イヤホンは、Appleの全デバイスのiPhone、iPad、iPod touchなどにワンタップで設定できるイヤホンです。また、充電方法はケース内でできて、自動でオンされて接続されます。

耳に装着後、センサーが感知し、両耳でも片耳でも使用可能になります。また、通話を始めると周辺のノイズを除去してくれて、声だけを鮮明に聞かせてくれる優れものでおすすめです。

ランキング2位:「ソニー」

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン MDR-XB80BS : 防水/スポーツ向け
ソニー SONY ワイヤレスイヤホン MDR-XB80BS : 防水/スポーツ向け
口コミ

ジョギングや家事中に使用しているが、耳にかけるため簡単に外れることはない。 ただし音量が高いと外部の音が聞き取れないため運動に使用する際は注意が必要。

無線イヤホンおすすめ人気ランキング2位は、SONYのワイヤレスイヤホン 防水/スポーツ向けになります。こちらのイヤホンはスポーツ向けとあるだけ、装着の安定性に優れています。また、ハンズフリー通話も可能ですので、急な着信にも対応できます。そして、ワンタッチ接続機能で使い勝手も良いです。

特に、ジョギングで使用する際は充電10分で60分の充電ができますので、思い立って走りたい場合も準備しながら充電をして、軽いジョギング中に使うことができておすすめです。また、ジョギング中などの急な雨や汗などに対応する防水機能も優れていますので、ジョギングで使用を考えている方には大変おすすめです。

ランキング1位:「エレコム」

エレコム ヘッドセット ワイヤレス Bluetoothイヤホン ブラック AMA88582
エレコム ヘッドセット ワイヤレス Bluetoothイヤホン ブラック AMA88582
口コミ

通話用に購入。他メーカーで購入したものが待ち受け最大120時間をうたっているにもかかわらず1日ともたず使いものにならなかったが、こちらは余裕で3日は持ちます。

無線イヤホンおすすめ人気ランキング1位は、エレコムのヘッドセット ワイヤレスイヤホンです。こちらのイヤホンは着脱式のイヤホンが付いていますので、片耳でも両耳でもステレオ店サラウンドを楽しむことができます。また、音楽鑑賞中に着信があった場合も対応ができ、長時間でも快適な着け心地です。

携帯電話やスマホだけでなく、パソコンなどへの接続が可能ですので、音楽以外の動画などこの無線イヤホンで楽しめます。充電も連続使用が4.5時間もありますので、ちょっとした移動時や通話などでも対応可能な無線イヤホンでおすすめです。

特徴別おすすめの無線イヤホン

続いて、特徴別おすすめの無線イヤホンをご紹介します。

iPhone用

HolyHigh Y2 Bluetoothイヤホン スポーツ用 防水防汗 無線 高音質 マイク付き
HolyHigh Y2 Bluetoothイヤホン スポーツ用 防水防汗 無線 高音質 マイク付き
口コミ

Bluetoothイヤホンは6個めぐらいかな。全部大陸製のものだったけど、いずれも早い段階で不具合が起こっており、今回も使っているものの調子が悪くなったので買い替え。

「iPhone用」のおすすめ無線イヤホンは、HolyHigh Y2 Bluetoothイヤホンです。iPhone専用の無線イヤホンをご紹介していますが、こちらではHolyHighの無線イヤホンをおすすめします。このイヤホンの特徴は大容量のバッテリーを搭載しているため、一度のフル充電で8時間の連続再生を可能にし、スタンバイ状態ですと約270時間となっています。

音質も高音質で、特にロック、ハウス、テクノ、トランス、ヒップホップなどの低音を得意とし、電子機器を使用した曲を聴くのにおすすめの無線イヤホンです。

テレビ用

Mpow 密閉型 Bluetooth ヘッドホン 折りたたみ式 リモコン ・ マイク付き
Mpow 密閉型 Bluetooth ヘッドホン 折りたたみ式 リモコン ・ マイク付き

¥ 3,599

口コミ

素直な音が耳に届くので、映画やゲームの人の声が聞き取りやすく、音楽が混じっても聞きやすいです。

「テレビ用」でおすすめの無線イヤホンは、Mpowの密閉型Bluetoothヘッドホンです。こちらのヘッドホンの特徴は、こんなに大きいのにコンパクトに折りたたみができ持ち運びに便利なところです。

コンパクトに収納できるだけでなく、ノイズも低減させてくれ、ヘッドホン部分のボタンを押すだけで電話に出る、切る、拒否するが簡単に操作できます。また、最大20時間の連続再生が可能で、軽量設計ですので長時間使用しても快適に使用できておすすめです。

android用

イヤホンマイク Parasom(パラソム) bluetooth 防汗 防滴
イヤホンマイク Parasom(パラソム) bluetooth 防汗 防滴
口コミ

コードに関わらなくていい心地よさは翼が生えた様に軽やかでした。 値段もお手頃で、とりあえずBluetoothイヤフォンがどんなものか知りたい人にはオススメです。

「android用」のおすすめ無線イヤホンは、ParasomのBluetoothイヤホンマイクです。この無線イヤホンの特徴は、同時に2台のスマホへ接続できるところです。また、ノイズカットでクリアな通話が可能で、10メートル離れてもハンズフリーで通話ができます。着け心地も良く、耳にしっかりフィットするため、スポーツなどのシーンでも活躍しおすすめです。

おすすめの音質・高音質(1)

Bose QuietComfort 35 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ブラック【国内正規品】
Bose QuietComfort 35 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ブラック【国内正規品】

¥ 37,800

口コミ

ノイズキャンセリング機能も強く、周りの雑音をシャットダウンできます。 ノイズキャンセリングが良いので、音楽をしっかり楽しめます!

「音質・高音質」でおすすめの無線イヤホンは、BoseのQuietComfort35ワイヤレスヘッドホンです。Boseはヘッドホン以外にもスピーカーも有名で、かなりの高音質で世界的に有名なメーカーです。そんなBoseのQuietComfort35は業界最高のノイズキャンセリング機能を搭載しており、どんな音量でもバランスの取れたサウンドを楽しめます。

また、1回の充電で無線ヘッドホンとして使用する場合、最大20時間の再生が可能なバッテリーを搭載していて、ヘッドホン自体も軽量ですので1日中音楽を聞いても快適に聞き続けられておすすめです。

おすすめ音質・高音質(2)

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン MDR-1000X : Bluetooth/ハイレゾ対応 マイク付き ブラック MDR-1000X B
ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン MDR-1000X : Bluetooth/ハイレゾ対応 マイク付き ブラック MDR-1000X B
口コミ

Bluetoothヘッドホンの中では最高の音質、QC35と迷うところです。 装着感や低音の量ならQC35、全体のまとまりや高音の質を求めるなら本機でしょうか。

音質・高音質でおすすめの無線イヤホンの2つめは、SONYのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンです。こちらのヘッドホンは高音質なのはもちろん、臨場感あふれるきめ細かいサウンドを楽しむことが可能です。また、ヘッドホン自体が周囲の騒音に適したモードを選択してくれるノイズキャンセリング機能も搭載されています。

電車内のアナウンスや周囲の音を聞くために、簡単にタッチセンサーで調整可能で、ヘッドホンの外側についているマイクで音を取り込むこともでき、おすすめです。

安い

AMAA ワイヤレスイヤホン Bluetooth 片耳 小型 軽量 ハンズフリー通話
AMAA ワイヤレスイヤホン Bluetooth 片耳 小型 軽量 ハンズフリー通話

¥ 1,188

口コミ

音質も特に問題なし。 透明の耳かけの向きで左右どちらでも使えます。その場合は付け外しが必要ですが。

おすすめの「安い」無線イヤホンは、AMAAのワイヤレスイヤホンです。ワンコインで購入できる無線イヤホンもありますが、安かろう悪かろうではいけませんので、こちらをおすすめさせていただきます。こちらの無線イヤホンはBluetooth対応の機器に対応していて、この価格でもフル充電で待機時間が130時間です。

安いだけではなく、屋外で使用する際の歩く時などの風の音などをノイズキャンセルもしてくれ、長時間の使用の装着感もあり、安定性もあるので、おすすめです。

片耳

WOOTNB Bluetooth ヘッドセット 通話 V4.1 マイク内蔵 Android Iphone Windows PC スマートフォンに対応 片耳
WOOTNB Bluetooth ヘッドセット 通話 V4.1 マイク内蔵 Android Iphone Windows PC スマートフォンに対応 片耳
口コミ

電話の相手も聞こえづらいようなこともなく、マイクもきちんと機能しています。イヤホンから聞こえる電話の音声もちゃんと聞こえます。 音質も充分です。

「片耳」の無線イヤホンのおすすめは、WOOTNBのBluetoothヘッドセットになります。こちらの無線イヤホンは充電2時間で、通話ならば約10時間、音楽再生ならば8時間、待機も約20日間と長時間使用できることが特徴です。また、イヤホン受話器が270度回転することによって、左右どちらの耳にもフィットさせることが可能です。

防水設計も施されていますので、雨の日や汗などにも対応できます。通勤、通学、スポーツ、ビジネスなど、どのシチュエーションでも便利に使える無線イヤホンでお勧めです。

両耳

Cyber Cart-Bluetooth イヤホン 高音質 マイク付き 両耳
Cyber Cart-Bluetooth イヤホン 高音質 マイク付き 両耳
口コミ

軽量ながらしっかりとした音質です。カナルの上のでっぱりが耳にひっかかり、 移動中もしっかりと安定してくれます。 音漏れもそれほどないので外でも安心して使えます。

「両耳」でおすすめの無線イヤホンは、CyberのCart-Bluetoothイヤホンです。この無線イヤホンの特徴は互換性が高く、iPhone、Android、またはPC、Apple Watchのいずれの使用時でも、この無線イヤホンは完全なワイヤレス音楽再生を可能にしてくれておすすめです。

また、音量調節、送曲、戻曲、再生・停止、着信応答など全ての操作を耳元のマルチファンクションボタンひとつでできます。そして、ノイズキャンセリングを搭載しているため、電車やエレベーターでの使用も周囲を気にしなくても大丈夫です。充電は1時間の充電で、最大5-7時間の連続使用、170時間の待機ができておすすめです。

状況別おすすめの無線イヤホン

状況別におすすめの無線イヤホンをご紹介します。

スポーツ

HIFI無線ワイヤレス イヤホンBluetooth4.2搭載 高音質 軽量 小型 カナルタイプイヤホン スポーツ (S7)
HIFI無線ワイヤレス イヤホンBluetooth4.2搭載 高音質 軽量 小型 カナルタイプイヤホン スポーツ (S7)
口コミ

電源ON,OFF 使ってやすいです。 音質は良いと思います。 ノーマルの状態でランニング時に使用し、外れることはありませんがちょっと緩んでくることはありました。

「スポーツ」におすすめの無線イヤホンは、HIFI無線ワイヤレスイヤホンになります。こちらのイヤホンはBluetooth4.0以後のスマホでしたら利用可能です。内蔵マイク付きですので、ハンズフリー通話もでき、軽量かつコンパクトなデザインでスポーツの際にはしっかりと耳に固定できます。

ランニング

【防水進化版 IPX6対応】SoundPEATS Q30 Bluetooth イヤホン 高音質
【防水進化版 IPX6対応】SoundPEATS Q30 Bluetooth イヤホン 高音質

¥ 3,580

口コミ

本体は非常に軽く、耳にフィットして長時間の使用に耐える だけの使い心地で、手元で様々な操作が簡単に行えるなど、 至れり尽くせりです。

「ランニング」におすすめの無線イヤホンは、SoundPEATSのQ30 Bluetoothイヤホンです。SoundPEATSはイヤホンやスピーカーなどのオーディオ製品を専門に取り扱うメーカーです。そして、こちらのイヤホンは人間工学に基づいたスポーツデザインを採用していて、8時間の連続再生を可能にし、ノイズキャンセリング機能も搭載されています。

耳にかけるタイプの無線イヤホンと比べると音漏れ防止に優れていますので、電車や公共の場所で使用する際も周囲への音漏れを心配する必要がないのでおすすめです。

おすすめの無線イヤホンのメーカー・ブランド3つ

おすすめの無線イヤホンのメーカー・ブランドですが、無線イヤホンに限らずヘッドホン全体としてのおすすめのメーカーは、BOSE、SONY、Beats(ビーツ)になります。それぞれメーカー・ブランドごとにおすすめの無線イヤホンをご紹介していきます。

BOSE

Bose SoundSport Free wireless headphones
Bose SoundSport Free wireless headphones

¥ 29,160

口コミ

家の中で付けたまま寝てしまい、どこに行ったか分からなくなった時も、事前登録で探す事が出来るシステムがあり、ちゃんと音がなって見つける事が出来た!凄い!流石BOSE

BOSEは、アメリカに本社を置くスピーカーをメインに音響機器の開発、製造をする企業です。音楽に少しでも興味のある方は、一度は耳にしたことのあるメーカーで、世界的にも有名でとても人気のあるメーカーです。

そんなBOSEのおすすめ無線イヤホンは、Bose SoundSport Free wireless headphonesです。こちらの無線イヤホンの特徴として、イヤホンを失くしてしまっても事前登録することで探すことができるシステムを搭載しているところが挙げられます。

また、ケースで充電ができるのですが、BOSEの凄いところは1回のフル充電でケース入れて2回分の充電ができるのでおすすめです。

SONY

SONY カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 リモコン・マイク付 XBA-H3
SONY カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 リモコン・マイク付 XBA-H3
口コミ

〇付属のシリコンイヤーチップを使用すると、開放型のヘッドホンのように音が透き通ってぬけます。 〇いろいろな音が混じった野外で使用しても、高音と低音のメリハリがあります。

SONYは日本人なら知らない人が少ない、東京に本社を置くCMOSイメージセンサやゲームを中心としたハードウェア分野、映画、音楽分野なでも有名で、こちらも世界的に名を知られているメーカーです。

こちらの無線イヤホンの特徴は、独自で開発したHDハイブリッド3ウェイドライバーを搭載することで、深みのある重低音からきめ細かい高域まで、全帯域にわたって音楽の感動を再現してくれるところです。

Beats

Beats by Dr.Dre ワイヤレスヘッドホン Beats Solo3
Beats by Dr.Dre ワイヤレスヘッドホン Beats Solo3

¥ 32,184

口コミ

音質がとても良く、重低音の強い音楽を聴いているときは本当にライブにいるように感じることができてます!

Beats(ビーツ)はここ数年、アメリカのティーンの間で特に人気で周りを見るとアメリカのティーンはみんな「b」のマークが入ったヘッドホンをしています。こちらは、アメリカ・カリフォルニア州に本社を置くオーディオ機器メーカーになります。

この無線イヤホンの特徴は、最大で40時間持続するバッテリーを搭載していることと、たった5分の充電で約3時間再生が可能になるところです。とにかく、世界が認めたBeatsならではの細かなチューニングで幅広い音域とクリアなサウンドを再現してくれます。

無線イヤホンの使い方・活用方法・充電の仕方

無線イヤホンの人気ランキングやおすすめ人気TOP3、用途別、特徴別などの無線イヤホンにつては、大体分かりました。そこで、これらの使い方、活用方法、充電の仕方まで、もう少し詳しくご紹介していきます。

使い方

無線イヤホンを使う際は、はじめに、「ペアリング」を行います。「ペアリング」とは、Bluetoothを使って通信する時に、間違って別の機器と通信しないため、また、どの機器と通信するかを設定することです。

次に、無線イヤホン本体の電源ボタンを長押しするか、ケーブルについている電源ボタンを長押しすると、イヤホン本体のライト部分が点灯することで「ペアリング」モードになります。

続いて、スマホと「ペアリング」設定をするのですが、スマホとイヤホンを近づけなければなりません。その状態で、スマホの設定→Bluetooth→Bluetoothをオンにします。オンした後、Bluetoothの下にイヤホンの名前が表示されますので、それをタッチすると「ペアリング」完了です。

「ペアリング」を終了したい場合は、Bluetoothのスイッチをオフにすると終了できます。

活用方法

無線イヤホン以外のヘッドフォンは、左右のヘッドフォンをつなぐケーブルが絡まったり切れたりして、いざ、使おうと思ったら音楽を聴くまでに多少時間を要することも多々あります。その点、無線イヤホンはその煩わしいケーブルがなく、すっきりした状態で持ち歩けたり、装着したりすることが可能です。

ただ、欠点として長時間使用ができないということがあります。しかし、それを上手に活用することが可能です。

例えば、充電ケースで充電するタイプですと、出勤前にしっかり充電しておいて電車などで使用した後、オフィスに到着したらケースへ収納しておきます。帰宅前までに、充電ケースでしっかり充電しておけば、ケーブルのある通常のイヤホンと同じよう帰宅時にも使用することができます。

通話機能がついている無線イヤホンですと音楽鑑賞も普通にできますが、鑑賞中に着信があった場合、そのイヤホンで通話が可能ですので便利でおすすめです。

充電の仕方

無線イヤホンの充電の仕方には2種類あります。1つはイヤホン本体に直接USBを接続し充電する場合と充電ケースに充電をし、その中に無線イヤホンを入れることで充電をする方法です。

USBを接続して充電する場合は、無線イヤホン本体にUSBコードを差し込む場所がありますので、そこにコードを差し込み充電をします。こちらは、常にUSBコードを持ち歩く必要がり、外出時などでは荷物が少し増えてしまいます。

充電ケースを充電してケースの中で無線イヤホンを充電する場合は、充電ケースを前もって充電しておいて、外出時などにそのケースの中へ無線イヤホンを収納することで充電が可能です。こちらの場合は、充電ケースをしっかり充電しておくことで、使用しない時はちゃんと充電ケースに収納すれば、より長く無線イヤホンを使用できます。

お気に入りの無線イヤホンを探そう!

無線イヤホンおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

今回ご紹介した無線イヤホンには、iPhone用、android用、テレビ用、高音質タイプ、片耳や両耳タイプと幅広くあることが分かりました。また、屋内と屋外で無線イヤホンを使用する際は、ノイズキャンセリング機能の有無が重要になります。そして、無線イヤホンはワイヤーがない分、スポーツのシーンでも活躍し、防水タイプですとジョギング時にもピッタリです。

無線イヤホンの欠点として、通常のワイヤーがあるヘッドフォンにはない充電が必要になってきます。そして、その充電後の使用可能時間は数時間の場合が多く、充電に関しても気を付けなければなりません。そこで、少しでも長く無線イヤホンを使用したい場合には、充電ケースに充電を貯めることができるタイプのイヤホンを選ぶことをおすすめします。

これらの無線イヤホンの特徴などをしっかり理解し、自分に合った無線イヤホンを選びましょう。

Related