Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月31日

防犯カメラのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

「防犯カメラ」とは専ら防犯を目的として設置した「撮像」「処理」「記録」「伝送」「再生」などの一連のシステムをいいます。ちなみに、これらの装置は広義で「監視カメラ」といわれていますが、使用目的によってそれぞれ防災・観測・計測・観察などと呼び方が変わります。

防犯カメラのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

防犯カメラの種類と選び方

「監視カメラ」にはシステムとしての性能や機能には大きな違いがありませんが、使用目的や対象によって呼び方が変わります。

例えば、コンビニなどの万引き対策の「防犯カメラ」、気象や天候などを変化を捉える「観測カメラ」、自然界の生態系を捕捉する「観察カメラ」、運動競技などで順位を判定する「計測カメラ」などがあります。

防犯カメラの種類

「防犯カメラ」は犯罪などの防止や抑止を目的とした「監視カメラ」の1つですが、単にダミーのカメラを設置する以外に、多くは取り込んだ画像の処理・記録・伝送・再生など機能を構成するシステム全体を意味しています。

従来の防犯カメラはCCDカメラやMOSカメラで撮像した画像情報を専ら記録や再生するのみでしたが、近年では通信機能を使ったネットワーク遠隔監視体制の構築によって応用範囲が大きく拡大したため、防犯の目的以外にさまざまな目的で使用されています。

ちなみに、屋外型の防犯カメラには「広角タイプ」や「望遠タイプ」があり、それ以外にも夜間暗視機能・逆光方正機能・ノイズデジタル処理機能を備えたタイプがあります。

なお屋内設置型の防犯カメラの形状は、大きく「ボックスカメラ」と「ドームカメラ」に分類されます。

ボックスカメラ

ボックスカメラとは名前のとおり「箱型」の形状をした最もオーソドックスでシンプルなカメラです。ボックスカメラの特徴はカメラの先端部に目立つレンズが付いているので、誰もが一目で防犯カメラだと識別できます。

ボックスカメラは防犯カメラとして非常に目立つたタイプであるため、犯罪者を威嚇する意味で心理的な抑制や抑止効果が大きいといえます。

ドームカメラ

ドムカメラはボックスカメラとは対照的に「半球型」の形状をしているカメラです。一般的にコンビニや銀行などの天井に設置しているカメラですが、中にはマイク内蔵型のタイプもあります。

防犯カメラの選び方

防犯目的用のカメラの機能は大きく2種類に分けられます。1つはいわゆる防犯用としての「監視カメラ」と、もう1つは外出先から家の状態を確認する「ネットワークカメラ」です。

防犯カメラを選び方で大事なことは、カメラを含むシステムの構成や備えている機能はもちろんですが、まずは設置する「目的を明確にする」ことが肝心です。

一般家庭に設置する防犯カメラの種類は大まかに以下の2つのタイプがあります。ラベルに表示されているデザインや機能だけに着目しないで、使用目的を達成するために適した商品を選んでください。

防犯(監視)カメラ

防犯(監視)カメラは犯罪防止や抑止を目的として、店舗・集合住宅(マンション)・駐車場などの設置におすすめのカメラです。

防犯カメラの設置や接続の方法は、LANケーブルを使った「有線タイプ」か、Wi-Fiを利用した「ワイヤレスタイプ」が一般的です。なお録画機能を装備していない場合は、別途ハードディスクレコーダーを設置する必要があります。

ネットワークカメラ

ネットワークカメラは外出先から風邪で学校を休んだ子供の様子を確認や、留守番させているペットの様子を確認したい場合などにおすすめのカメラです。

なおネットワークカメラの利点は、自宅のインターネット回線を利用するので外付けの録画機器も不用であり、費用が掛かるハード工事が必要ないところがおすすめです。また機能的にも暗視モード撮影も可能であり、本格的な防犯カメラとほとんど遜色ないところがおすすめです。

防犯カメラおすすめ人気ランキングTOP3

ここではさまざまな機能を持つ防犯カメラについて、おずずめのamazon人気ライキングの上位Top3にランキングされた商品を紹介します。気になる商品がありましたら、以下の「Amazonを見る」ボタンを押下して内容を確認してみてください。

第3位「M.Way ネットワークカメラ」

M.Way ネットワークカメラ
M.Way ネットワークカメラ
口コミ

画質すごく綺麗で子供の様子がわかりやすいし真っ暗の部屋でも様子がわかります。カメラ一台で安全が確認できるのは本当に助かります。ペットも悪さをしないかの様子もみれるので良い商品です。

「M.Way ネットワークカメラ 1080P」は、有線LANケーブルを敷設しネットに接続して通信を行うタイプの防犯カメラです。

なおこの防犯カメラは「遠隔制御機能」を有していため、出先からでも操作できるところがおすすめです。またこの防犯カメラは「4倍デジタルズーム機能」を有しているので、鮮明な画像が得られるころがさらにおすすめです。

用途としては留守中の子供やペットの見守り・高齢者の介護・スポーツの感染や分析・犯罪行為の証拠など、幅広い使い勝手なのでおすすめです。

第2位「Victure 防犯カメラ」

Victure 防犯カメラ
Victure 防犯カメラ

¥ 15,980

口コミ

野鳥の生態を調べるために購入。最初はPCとWEBカメラというとんでもない方式を考えていましたが、友人からトレイルカメラの存在を聞いたので即座に注文。

「Victure 防犯カメラ」は高感度の人感センサ(PIRセンサ)によって人や物体の動作を検知し、自動的に録画(昼間:カラー撮像・夜間:白黒撮像)を行う防犯カメラです。

なおこの防犯カメラは赤外線LEDライトによって、光源のない暗闇でも高解像度の録画ができるところがおすすめです。またこの防犯カメラは液晶モニターを内蔵しているため、パソコンに接続することなくこの1台で撮影・録画・再生が行えるのでおすすめです。

第1位「SV3C ネットワークカメラ」

SV3C ネットワークカメラ
SV3C ネットワークカメラ
口コミ

いままでP社のネットワークカメラ使用していました。機能面で不満はありませんでしたが 屋内用のものを数年屋外に置いていたので不調が出始めました。置き換えのため本製品を選びました。

「SV3C ネットワークカメラ」はフルハイビジョンのWi-Fiを利用したIP防犯カメラなので、複雑な配線が不用なところがおすすめです。なお録画はマイクロSDカードでの対応であり、動体検知による録画や指定したスケジュールによる録画が可能なところがさらにおすすめです。

またこのネットワークカメラは、動体検知機能以外に感度の範囲設定が可能なので、動作検知の精度を高めることによって、不審者に携帯などから侵入警告を発信できるところがおすすめです。

特徴・用途別おすすめの防犯カメラ

防犯カメラの一種として、愛車に取り付ける「ドライブレコーダー」が増えていますが、最近は悪質なドライバーの道交法違反に対し、極めて有力な防御ツールとしての有用性が評価されています。

一方マスコミなどでは頻繁に都会の住宅密集地における不審火や放火などの監視や、田舎で1人住まいで暮らす親などの見守りなど、今後はより一層防犯カメラの需要広がっていくことが予想されます。

防犯カメラは機種によって性能や機能が異なるため使い勝手も異なります。以下に防犯カメラの特徴や用途について紹介しますので「Amazonを見る」ボタンを押して購入の際の参考にしてみてください。

おすすめの「屋外用」防犯カメラ

 ADQRAS 防犯カメラ 屋外
ADQRAS 防犯カメラ 屋外
口コミ

似たような監視カメラがいくつもあって迷いました。値段は比較的高い方ですが機能や付属品が整っていたので決めました。

おすすめの「ADQRAS 防犯カメラ 屋外」は、最先端のセンサを全面用1個と側面用2個を搭載することによって、検知角度120°の範囲に亘って熱検知した時のみ、録画を開始するところがおすすめです。この機能によって無駄な電池消費や録画容量を抑えるところがおすすめです。

なおこの防犯カメラには、無駄な撮影を抑制する「監視・スタンバイ機能」が搭載されているところがおすすめです。また熱検知センサによる「動体検知機能」、熱検知センサONによる「撮影モード」とセンサOFFによる「撮影停止」の自動切替機能がおすすめです。

おすすめの「家庭用」防犯カメラ

ネットワークカメラ YATWIN WIFI 防犯カメラ
ネットワークカメラ YATWIN WIFI 防犯カメラ
口コミ

家を留守にする際に愛猫が心配で、長らく々な種類がある中、このカメラはお値段もお手頃で接続も簡単そうで何より高評価だった、思い切って購入してみました。

おずずめの「YATWIN 防犯カメラ」は、スピーカーとマイクを内蔵した双方向音声通信ができる防犯カメラです。例えば、遠距離に住む両親とのビデオ通話、留守番の子供やペットへの声掛け、介護患者との意思疎通などに利用できる防犯カメラなのでおすすめです。

ちなみに、近赤外線の応用によって夜間でも10m以上離れた範囲でも鮮明な画像が撮影できるところがおすすめの防犯カメラです。

なお動体機能付き防犯カメラであり、室内における一般的な使い方以外にも子供部屋やペットルーム、屋外の駐車場やガレージの監視用の防犯カメラとしておすすめです。

おすすめの「ワイヤレス」防犯カメラ

FREDI ネットワーク防犯カメラ
FREDI ネットワーク防犯カメラ

¥ 23,088

口コミ

1歳になる子供がいるのですがお昼寝をさせる際に1人にさせるのが心配なのでこの商品を購入してみました。子供を見守りながら家事が出来るので妻も安心して家事をこなすことが出来ます。

おすすめの「FREDI ネットワーク 防犯カメラ」は、Wi-Fi無線LAN対応の防犯・監視カメラです。ちなみに、遠隔監視によってワイヤレスセキュリティーカメラによる録画・録音・双方向音声機能が付いているところがおすすめです。

なお赤外線光センサの搭載によって、夜間や倉庫内などの暗所でも撮影可能なところがおすすめです。また赤外線光センサの動体識別機能によって自動撮像を行い、APPインストール済のスマホなどにもメッセージを通知してくれるところがおすすめです。

おすすめの「車用」防犯カメラ

Hanwha 自動車監視用 防犯 監視カメラ
Hanwha 自動車監視用 防犯 監視カメラ

おすすめの「Hanwha 自動車監視用 防犯カメラ」は、人・物・明かりなどの急激な変化をガラス越しでも監視でき、かつ動体検知が可能な映像解析型の防犯カメラなのでおすすめです。

なお赤外線LEDライトを搭載しているので、もちろん夜間撮影も可能であり、異常検知と共に撮影と録画を開始する防犯カメラなのでおすすめです。

ちなみに、自動車の外部に対する悪戯を車内からの監視・録画、あるいは部屋内から窓ガラス越しで、玄関や庭先に向かっての検知・録画も可能な防犯カメラなのでおすすめです。

おすすめの「安い」防犯カメラ

Vikcam 防犯カメラ 720P
Vikcam 防犯カメラ 720P
口コミ

画質も良く赤外線も付いているため6畳の部屋であれば、夜間の真っ暗な部屋でも鮮明に映像を映し出すことができます。夜間でも人の顔も認識できるほど、鮮明です。

おすすめの「Vikcam 防犯カメラ 720P」は、95°の広角レンズの高性能CMOSセンサを搭載した防犯カメラで、赤外線LEDライト36個付きなので鮮明な画質を誇るところがおすすめです。

この防犯カメラの設置場所は一般住居・オフィス・店舗・学校・病院などはもちろん、屋外の駐車場や倉庫などにも使用可能な防犯カメラなのでおすすめです。

なおこの防犯カメラの機能は、アプリによる遠隔監視機能、赤外線の熱検知による暗視機能があるところがおすすめであり、さらに自動的に暗視モードへの切替が可能なところもおすすめです。

おすすめの「スマホ連動」防犯カメラ

Hizek 防犯カメラ IPカメラ
Hizek 防犯カメラ IPカメラ
口コミ

3人目の出産なので、上の子の子守りをしながら、こちらを使用しているようです。接続方法も日本語の説明書通りにすれば簡単にできたと話していました。

おすすめの「Hizek 防犯カメラ IPカメラ」は、昼夜の区別無く1日24時間に亘ってスマホやパソコンで対応可能な防犯カメラです。

なおこの防犯カメラはアラーム設定が可能であり、不審者を検知したらリアルタイムで行動監視をしてくれるところがおすすめです。

またこの防犯カメラは、内蔵マイクとスピーカー機能によって出張や旅行など外出先や遠隔地との会話ができるので、介護やペットの見守りとしてもおすすめです。

おすすめの「室内用」防犯カメラ

NETGEAR WiFiネットワークカメラ
NETGEAR WiFiネットワークカメラ

¥ 49,980

口コミ

見た目は最高です。 物々しくなく、ひっそりと見守ってくれています。反面抑止力としては弱いかも。でも威圧感がなくて良いと思います。

おすすめの「NETGEAR Wi-Fiネットワークカメラ」は、どこからでも家の中を365日24時間見張ってくれるネットワークカメラです。

このネットワークカメラは電源コードが不用なワイヤレス方式のカメラなので、コンセントのない場所での設置も可能なところがおすすめです。また外出先や旅行先からもスマホのアプリで家の様子が確認できるところがおすすめです。

おすすめの「戸建用」防犯カメラ

Jennov 3Dナビゲーションパノラマ
Jennov 3Dナビゲーションパノラマ
口コミ

他のレビューをみるとワイヤレスで携帯を使うので安全面で不安があったが、品物自体は小さいけど思ったより画像はキレイ。敷地の侵入者を監視するにはズームもできるし十分問題ない感じ。

おすすめの「Jennov 3D ナビゲーション パノラマ」は初心者でも取扱説明書を見ながら簡単に設置できるので、都心から少し離れた戸建住宅におすすめです。

なおこの防犯カメラは遠隔操作機能やスピーカ・マイク機能を搭載しているので、幼児・老人介護・ペットなどの見守り、あるいは海外旅行などの遠距離での同時会話ができるところがおすすめです。

おすすめの防犯カメラのメーカー3社と代表製品

ここでは日本を代表する防犯カメラのメーカー3社と、それぞれの会社が販売する代表的な防犯カメラを紹介します。気になる防犯カメラがありましたら、下の「Amazonを見る」ボタンを押下して、商品の特徴・性能・機能などを確認してみてください。

パナソニック株式会社

パナソニック 防犯カメラ KX-HC300S-H
パナソニック 防犯カメラ KX-HC300S-H
口コミ

このカメラだけ買っても使えません。本体の画像はかなり荒く狭い部屋のペットの監視等には向いていますが3メートル以上離れてる人物等では顔が分からない程度です。

「パナソニック(株)」は1935年(昭和10年)に設立し本社を大阪府門真市に置き、家電メーカー以外に住宅産業などを手掛ける世界的な会社です。2008年(平成20年)に「旧松下電器産業株式会社」から社名を変更しています。

この防犯カメラはバッテリー式なので電源工事は不用であり、屋外コンセントのない場所や、手の届きにくい高所でも気軽に設置できるところがおすすめです。

なお熱検知の「人感センサ」 の搭載によって、来客や不審者などを検知すると約10秒間の録画し、併せてスマホに通知してくれるところがおすすめです。

シャープ株式会社

シャープ ワイヤレスカメラシステム
シャープ ワイヤレスカメラシステム
口コミ

以前はドアスコープに直接、モニターを設置するタイプを使用していましたが、ドアまで行ってモニターを確認しないと見れない面倒くさい。

「シャープ(株)」は1935年(昭和10年)に設立し本社を大阪府堺市に置き、電気通信機器・電気機器・電子応用機器・電子部品の製造・販売を行っている会社です。

この防犯カメラは卓上型なので配線などの設置工事が不用であり、直ぐに使えるところがおすすめです。そのため、TVドアホンが禁止されている集合住宅などでもドアの開閉に支障が無く、ワイヤレスカメラとして簡単に利用できるところがおすすめです。

株式会社JVCケンウッド

JVC ホームモニタリングシステム GV-CC1
JVC ホームモニタリングシステム GV-CC1
口コミ

ワイヤレスネットワークさえあれば簡単に接続でき、暗視機能も十分です。中華カメラのように正体不明のサーバーに接続される心配もないでしょう。

「(株)JVCケンウッド」は2008年(平成20年)に設立し本社を横浜市神奈川区に置き、オートモーティブ分野・パブリッサービス分野・メディアサービス分野の事業を行っている会社です。

この防犯カメラは3ステップの設定で簡単に操作できるのでおすすめです。家族全員がスマホをとおして部屋のモニタリングできるので、必要に応じてカメラの設置場所を増設することで、マイクとスピーカー機能によって使い勝手が良くなるところがおすすめです。

防犯カメラの使い方と活用方法

最近は、特にインターネットとスマホやパソコンなどのワイヤレス通信を利用した「ネットカメラ」が人気となっています。ネットカメラの機種にもよりますが、価格帯も1台当たり5千円から1万円程度であり、コンパクトでデザインの洗練されていて外見的には防犯カメラとは見えないものもあります。

一昔前まで防犯カメラといえば、窃盗や暴力などの犯罪を抑止するための監視が主な目的でしたが、最近のようにネットやWi-Fiなどのワイヤレス通信が容易になったことでネットカメラが主流となっていますが、概ね以下のような業務に利用されています。

ネットカメラは防犯カメラの目的においても有力なツールの1つに違いありませんが、それ以外でもさまざまな業務用ツールとして利用されています。

製造ラインの異常検知

今ではIT技術が進んだ工場の製造ラインでは、品質の安定化・生産効率の向上・人口減少化などへの対策の一貫として、恒常的な夜間の無人操業が進んでいます。

このような工場の製造ラインにおいては、生産機器の稼働状況や異常停止などの監視を目的として、ネットカメラによるモニタリングが効果を発揮しています。

またネットカメラは機器の監視のみならず作業の安全性を確保するため、人や物の動作分析や動線分析など安全確保の観点から有用なツールとして利用が広がっています。

ショッピングモールなどの混雑緩和

郊外の大規模なショッピングモールでは、特売日やイベントなどの開催日になると店舗や近隣の道路では大変な混雑が起こります。そのため、施設への誘導路や建物内部の混雑状況の把握にネットカメラが利用されています。

つまり、カメラ映像を分析することでいち早く入場制限を掛けたり、道路誘導員を増員したりあるいは配置を変更したりすることで、事故の未然防止や混乱を回避するためにネットカメラが重要な役割を担っています。

防犯カメラのAI化は行動分析に役立つ

コンピュータを中心とするIT技術に共通することは、汎用化され始めると例外なく「メリット」と「デメリット」が顕在化してきます。例えば防犯カメラでいうと、目的が「防犯」に限定していれば大きなメリットですが、不特定多数の「監視」となれプライバシーの観点からデメリットになります。

官公庁や企業の研究所など高度な情報管理を必要とするセクションでは、厳しく入場制限を行っています。一昔前まで入室する際には、暗証番号入力やカードキーなどを使っていましたが、最近では監視カメラなどを使った指紋や虹彩などの「生体認証システム」が増えてきています。

なお最近では「AI技術」の急速な進歩によって、人の「行動様態」を識別することが盛んに行われています。つまり、画像に捉えられた人の行動分析によって、その人が「何を考えているか」を予測することにつながる技術といえます。

Related