Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月04日

VRおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

VRのコンテンツはさまざまな分野に広がっています。特にVRという言葉を世に知らしめたPSVRを初め、Youtubeなどの動画からゲームまで、用途はさまざまです。VR黎明期を最高のVR体験で楽しみましょう。今回はおすすめのメーカーやおすすめの選び方を紹介します。

VRおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

VRの種類と選び方

VRおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

VR元年と言われた2016年以降、ゲーム機を初めとして映像、主に動画の分野でさまざまなVRコンテンツが開発されてきました。仮想空間の中に没入する体験は、これまでの映像、動画などのリアリティとは一線を画し、本当に目の前に新たな世界が創造されたかのような新鮮な体験を私達にもたらしてくれます。

本記事では、そんな黎明期とも言えるVR製品のおすすめをご紹介していきます。また、VR製品のおすすめの種類や選び方、おすすめのメーカーやおすすめの活用法についてもご紹介しますので、ぜひVR製品選びの参考にしてください。

VRとは?

VRとはVirtual Reality(=仮想現実)の略語で、現実世界とは完全に違う世界があたかも目の前に本当に存在しているかのような映像体験ができる仕組みです。一世を風靡したポケモンGOはAR(=拡張現実)と言い、現実世界に何らかのコンテンツを付加する仕組みで、あくまでもベースは現実世界にあるためさまざまな制限が存在します。

しかし、VRはARと違って現実世界にベースを置いておらず、仮想空間に一から構築された世界が存在します。したがって、例えば地上何百メートルの空を飛んでいるような体験や、宇宙空間を旅する体験、また、ゲームの登場人物となって実際に身体を動かしながら楽しむといった体験ができるようになりました。

その没入感から、非日常的なゲーム、映画の分野で開発・利用者が増えているVRは、非日常にどっぷりと浸かりたいという方におすすめのコンテンツです。

VRの種類

VRには大きく分けて3種類の規格があります。Googleが開発し、現在最も多くのVRコンテンツが普及している「Google Cardboard」、SAMSUNG製のスマートフォンが必要ですがGoogle Cardboardの次に普及率の高い「Gear VR」、Windows使いならおすすめしたい「Windows Mixed Reality」です。

Windowsのみ、VRではなくMRと表記されていますが、これはWindowsの開発元であるMicrosoftはARとVRの機能を明確に分けておらず、まとめてMR(=Mixed Reality、複合現実)と読んでいるためで、機能としては他のVR機器と大きく変わりません。

VRゴーグルとVRヘッドセットの違い

Amazonなどの検索サイトで「VR」と検索すると、VRゴーグルとVRヘッドセットの2種類が出てきます。中には、「VRゴーグル ヘッドセット」などと両方の名前がついているものもありますが、これらは本来別のモノです。

VRゴーグルとは、中にスマートフォンをセットして対応アプリを表示することで左右の目に映る映像を変え、その視差効果でVRの立体映像を楽しむためのいわば3Dメガネです。

VRヘッドセットとは、PS4やPCなど映像を処理する本体は別にあり、本体から送られてきた映像を視界いっぱいに表示することで、まるで直接ゲームや映画の中に入り込んだようなVR体験をする投影機です。

VRゴーグルはスマホをセットして使うだけなので、価格もヘッドセットと比べると安価で、手軽にVRを始めたい人におすすめできます。VRヘッドセットは、高価ですがそのぶん没入感は桁違いで、本格的なVR体験をしたい人におすすめです。

VRの選び方

VRを本格的に使いたい、いずれ自分で開発したい、という方であればPC向けのハイエンドモデルのVRヘッドセットがおすすめです。高画質・高機能であることに加え、専用の開発ソフトが付属してくる場合もあります。

逆に、開発などには携わらない、見られればいいという方であれば、PCのいらないスタンドアローン型のヘッドセットや、ゲームからライブ映像までコンテンツの豊富なPS VRなどのVRヘッドセットが手軽でおすすめです。また、手軽さから言えば、まずはスマートフォンをセットして使うタイプのVRゴーグルから試してみるのも安価で簡単にVR世界に没入できておすすめです。

VRモノおすすめ人気ランキングTOP3

それでは、実際にVRを利用した商品のおすすめについてご紹介していきます。ゴーグル・ヘッドセット・ソフトと、それぞれに評価が高く、初心者でも手が出しやすいものを選びました。ぜひ、全く新しいVRの世界を楽しんでください。

3位:「SAMONIC 3D VRゴーグル」

SAMONIC 3D VRゴーグル
SAMONIC 3D VRゴーグル

¥ 10,000

口コミ

到着したので早速使用してみたのですが調節もしやすいし臨場感あふれててテンション上がるしブルーライトカットもあるので目が疲れにくい様な感じもします。

SAMONIC 3D VRゴーグルはイヤホンやBluetoothコントローラが付属しており、ブルーライトカットレンズを採用しているため目にも優しい優れモノのVRゴーグルです。「VRゴーグルとVRヘッドセットの違い」でもご紹介したように、こちらの商品はゴーグルですので、中にスマートフォンをセットして使うタイプです。

約112度の広視野角とヘッドセットの長さ調節により、周囲の光を必要以上に感じることがなく、VRならではの没入感が楽しめておすすめのVRゴーグルです。

2位:「Oculus Go」

Oculus Go
Oculus Go
口コミ

このOculus Go は"スタンドアローン"型ということで、これ一台でVRが楽しめるものです。(スマフォ装着不要)

Oculus Goは口コミにもあるように、スタンドアローン型、すなわち単体でVR体験のできるVRヘッドセットです。スマホの狭い画面では物足りず、360°の広視覚野でVRの立体視を楽しみたい方におすすめの商品です。

初めの設定にはインターネット接続のあるスマートフォンを必要としますが、PCを必ずしも必要としておらず、スマホしかないけれど本格的なVR体験を楽しみたい、いちいちPCを起動することなく手軽にVRを楽しみたいという方にも安心しておすすめできる商品です。ゲームやソーシャルアプリなど、1,000本以上のコンテンツをスマホとOculus Goのみで楽しむことができます。

1位:「VR WORLDS」

VR WORLDS
VR WORLDS

¥ 5,292

口コミ

初めてVRを遊ぶのに適してるという事で購入しました。 本当にすごくてビックリです! この凄さは遊んでみないと分かりません! 特にロンドンハイストの臨場感が凄かったです。

おすすめランキング1位としてご紹介するのはPS4ソフトの「VR WORLDS」です。WORLDSという名前どおり、複数のVR世界が楽しめるソフトです。ゲームは5つ収録されており、ビジュアル体験からレースやシューティングまでそれぞれ全く異なるテイストのゲームが楽しめます。

深海でサメなどの大型肉食生物と出会ったり、ストリートレーサーになって思いっきり加速を楽しんだり、ギャングになってカーチェイスや銃撃戦を体験したりできるのは生命の危険がないVR世界ならではのスリルです。現実世界では絶対に味わえない体験が、リアリティと迫力で迫ってくるVRソフトは、私たちに最高の臨場感を味わわせてくれます。

それぞれのソフトは特別複雑なものではありませんので、VR世界が完全に初めてという方にこそ入門編としておすすめです。まずは、このソフトでVRならではの世界観、没入感に慣れておくと良いでしょう。

特徴・用途別おすすめのVR

ここからは、それぞれのVR製品の特徴によっておすすめの製品をご紹介していきます。一口にVR製品と言っても、操作をせず映像を楽しむだけのビジュアル体験をするものから、ゲームの中に入って実際に操作するものまで、多種多様です。

VR動画撮影におすすめ!自分で立体映像が撮れる

エレコム 3Dレンズ スマホ用
エレコム 3Dレンズ スマホ用

¥ 3,002

口コミ

他の方のレヴューにもあるように中央の黒い帯の幅は、前者よりだいぶ小さくて概ね満足。 最初は装着及び位置調整に時間がかかったが、慣れてコツをつかめばラクになりました。

エレコムから出ているスマホ用3Dレンズは、自分で実際に3Dの動画が撮れるというもので、自分でVR動画を撮影する楽しみが味わえます。動画撮影が好きな方、Youtubeやニコニコ動画などて撮影した動画を公開してみたいという方におすすめのレンズです。

また、スマートフォンのカメラの前にこのレンズを装着するだけなので、面倒なソフトの設定の手間もありません。PCやスマートフォンの仕様に詳しくない方でも簡単に扱うことができる点でもおすすめの製品です。

ゲーム用のおすすめVRゴーグル・ヘッドセット

PlayStation VR
PlayStation VR

¥ 37,778

口コミ

最近はゲーム画面を見る機会多いけど、VRに関しては自分で経験しないとその凄さは絶対に分からない。良いソフトを知ってしまうと、モニター見ながら普段のゲームが皆物足りなく感じてしまう。

ゲーム用のVRを探しているのならば、まずはPlayStation VRを買っておくのがおすすめです。VRという言葉を世間に浸透させた立役者でもあり、国内ゲームシェアで任天堂と1、2位を争うSONYブランドの信頼感もあります。

Playstation 4の周辺機器として発売されているため、既にPS4を持っている方は新たにPCやスマートフォンなどのデバイスを購入する必要がなく、比較的安価に本格的なVRが楽しめる機器としておすすめです。

また、序文でも紹介しましたがゲームの豊富さ、設定の手軽さなど、普及型のコンシューマゲームメーカーならではの「誰でも簡単に遊べる」仕様は、大人から子供まで全てのユーザーにおすすめできるVR機器です。

PS4&PS VRにおすすめのVRソフト

V!勇者のくせになまいきだR
V!勇者のくせになまいきだR

¥ 5,292

口コミ

ゲームとしてはリアルタイムシュミレーションで、チュートリアルのおかげですぐに操作も理解できます 良い意味で簡単!20分もかからずに1ゲームが終わるので休憩も無理なくとれます

PS VRはPS4に繋がなくては遊べません。すなわち、ソフト自体はPS4に差し込むことになり、VR対応のPS4ソフトが次々に登場しています。数あるソフトの中には、VRのみ対応のものとVR装着者と通常TVディスプレイの両方で遊べるものの2タイプがありますので、購入前にしっかり確認しましょう。

こちらのソフトはVRのみ対応のソフトですので、既にPS VRを持っている方か、この機会にPS VRを購入しようとしている方におすすめです。口コミにもあるように、画面酔いしにくいワンルームステージ、初心者にも優しい操作性やステージ難易度、中級者〜上級者向けにはやりこみ要素もあり、多くの方が楽しめるおすすめのゲームです。

アプリにおすすめのVRゴーグル・ヘッドセット

VR SHINECON
VR SHINECON
口コミ

思ったより大きかったですが、軽くて丈夫そうで気に入りました。 スマホを入れるだけで簡単にVR体験をする事が出来て、VRをまだ体験した事が無い方には持ってこいの商品だと思います。

スマートフォン用アプリに使いたいなら、VRゴーグルの中でもイヤホン用の穴や焦点距離・瞳孔間距離などを調節できて手頃な価格のVR SHINECONがおすすめです。メガネをつけたままでも着用でき、ゴムベルトで顔にぴったりとフィットする設計でさまざまな方におすすめできる製品です。

163×86ミリメートルまでのスマートフォンに対応しており、現在発売中の多くのスマートフォンをセットすることができます。ごく一部、6.1以上のスマートフォンでは対応していないことがありますので、大画面のスマートフォンをお持ちの方は購入前にしっかり確認しておくことをおすすめします。

メガネの方におすすめのVRゴーグル・ヘッドセット

VOX PLUS 3DVR
VOX PLUS 3DVR
口コミ

高級感もあり、両眼距離、奥行きを調整出来ます。端末を後ろからスポンジでホールドする、誤動作しにくい設計です。取り付け安く、端末の暴れもありません。

メガネをかけている方がVR映像を楽しみたい場合、2種類の方法があります。それは、メガネを装着したまま楽しむ方法と、メガネを外し、裸眼の視力で楽しむ方法です。

ここで注意したいのが、メガネをかけている方の事情です。近視や遠視の方であれば、ピント調節機能で裸眼でも見ることができますが、乱視などの方は裸眼でVR動画を楽しむのは至難の業であり、とてもおすすめできません。

VOX PLUS 3DVRは、そのどちらにも対応できるVRゴーグルです。口コミにもメガネをかけたままで使用されている方のコメントが多く、メガネを装着したまま楽しみたい方にも充分おすすめできる製品と言えます。

PC用のおすすめVRゴーグル・ヘッドセット

Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101
Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101

¥ 39,799

口コミ

PCにUSB3.0とHDMIを接続するだけでほぼ設定完了。後は部屋を読み取らせ、Bluetoothでコントローラをペアリングするだけ。

WindowsのWMR用のヘッドセットなら、Acerがおすすめです。こちらの製品はWindows Mixed RealityというMicrosoft規格のVRヘッドセットで、PCにつないですぐ使える手軽さが口コミでも好評を博しています。複雑な設定がいらないことから、必要スペック以上のWindowsパソコンさえあれば誰にでも使えておすすめです。

また、ヘッドセットの位置を認識するのにアウトサイドイン方式ではなく、インサイドアウト方式を使用していることで、外部センサーを必要としません。面倒な工事や設置の手間がなく、フリップ式バイザーで簡単にヘッドセット部分のつけ外しができるところも、おすすめのポイントです。

VRゴーグルで一番のおすすめはコレ!

Gooice 3D
Gooice 3D

¥ 5,299

口コミ

スマホをいちいち触らなくてもリモコンで操作できるので、寝転がったまま自由自在に動画を見ることが出来ます。首も疲れないですし、映画館みたいに集中できます

VRゴーグルではこちらのGooice 3Dがおすすめです。タッチパネルボタン、受話ボタン、イヤホンプラグ、視度/焦点調整ダイヤル、瞳孔距離調節ボタン、ブルーライトカットレンズに加え、4.7〜6.2インチのスマートフォンに対応している徹底ぶりで、およそVRゴーグルに期待する性能がほぼ搭載されている優れモノです。

また、顔が実際に触れる部分にはぴったりフィットするソフト革を使用しており、細かい穴のあいたデザインで通気性もよく、顔にダメージが少ない点もおすすめのポイントとして挙げられます。

VRヘッドセットで一番のおすすめはコレ!

HTC VIVE
HTC VIVE
口コミ

PSVRのレベルにがっくりして、買いました。高額でしたがそれなりの価値はあります。 VRゲームにはまってます。PCのグラボGTX1070を使用してますが、ちょっと苦しい.。

VRヘッドセットの中でも人気が特に高いのがHTC VIVEです。使用にあたって推奨スペックを満たすPCは必要ですが、持っているPCが必要スペックを満たしているかどうかはメーカーの公式ホームページから確認できますので、購入を考えている方はぜひ一度確認してみることをおすすめします。

また、専用のプレイエリアを作り出せて、椅子に座っている状態から部屋中を動き回って遊ぶルームスケールまで、自由なプレイの形を作れるのもHTC VIVEのおすすめポイントです。

コンテンツとしておすすめのVRゴーグル

ウルトラマンゼロVR
ウルトラマンゼロVR
口コミ

24時間で見れなくなるのは残念と思い、メーカーさんに問い合わせたところ、半日で返信、QRコードを再発行して頂き、再インストール。治りました。快適に遊べます。ありがとうございます。

こちらのVRゴーグルは少し変わった製品です。動画付きゴーグルとのことで、動画のQRコードを読み込んだスマホを専用のハコスコ・コンパクトにセットすることで360°のVR動画を視聴できるという、ウルトラマンゼロが好きな方であればおすすめの製品です。

VRヘッドセットではなく、VRゴーグルの動画でありながら、360°の映像を視聴可能なコンテンツは少し珍しく、その点において映像コンテンツのお試し入門編としてもコストパフォーマンス・エンターテイメント性、手軽さともに評価の高いコンテンツと言えます。

おすすめのVRのメーカー・ブランド3つと代表製品

それでは、VRメーカーとしておすすめのメーカーを3つ、そして代表製品をご紹介します。メーカーそれぞれに特性が異なりますので、性能もさることながら使用用途によって選ぶのが良いでしょう。

SONY「PlayStation VR」

PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版
PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版

¥ 37,778

口コミ

グラフィックの進化とはまた違う、VRでしか味わえない感動があります。 PSmoveとの相性もかなり良いです。 これ程の物が5万円で買えるのは凄いですね。

特徴別の項目でも紹介しましたが、やはりVRという言葉を広く一般に知らしめ、国内での販売台数トップ10に入っているゲーム機であるPS4と連携したPS VRのエンターテイメント性は非常に強力です。コンシューマゲームを愛する方にはまずはこれをおすすめしたい製品です。

PC向けのハイエンドVRヘッドセットと比較すると画質がやや落ちるという口コミは散見されます。しかし、比較的安価であることに加え、PS4という本体があれば使える手軽さ、ゲームタイトルの豊富さ、そして音楽やドラマ、ライブ映像といったコンテンツの幅広さは群を抜いています。VR初心者を中心に、多くの方におすすめできるVRヘッドセットです。

Oculus「Rift」

Oculus Rift
Oculus Rift
口コミ

最初から製品自体が、日本を市場として見ていないようであり、言語も対応していない。 ですがよく考えて作っているのは、随所に見える。 没入感もこれまでにない体験を得られる。

おすすめランキングでもご紹介したOculus社の製品です。こちらはGoと違ってスタンドアローン型ではなく、PCを必要としますが、そのぶん高画質・高品質なVR体験ができると評判の高いVRヘッドセットです。VRゴーグルでは物足りなくなってきた方におすすめです。

DELL「Dell Visor」

Dell Visor with Controllers
Dell Visor with Controllers
口コミ

Dell Visorは他のWindows MRの中でも視野角が110度と 広いのでお勧めです。 steam VRにも対応していて、公式でサポートしていないタイトルも動きます

Dell Visor with Controllersは、Windows Mixed Reality用のヘッドセットです。位置把握がインサイドアウト方式であるため、PC用でおすすめしたAserの製品同様、外部センサーを設置する必要がありません。また、Windows PCを多く販売しているDELL製であることも、安心しておすすめできるポイントです。

VRの使い方・活用方法・楽しみ方

VRという仮想現実空間だからこそ、できることがあります。現実世界の日常では決して味わえない体験ができること、また、その没入感からシミュレータとしてもおすすめであること、など、VRにはさまざまな可能性があります。

とびきりの非現実感を!ゲームのキャラになりきる

そもそもVRという概念がPS VRの登場で一気に一般に広まり根づいたように「仮想空間」という言葉で真っ先に思いつくのがゲームや漫画・アニメの世界に入って楽しむというエンターテイメントです。

今までもRPGやシミュレーションゲームではゲーム内に自分の分身となる主人公キャラクターを作ることで感情移入しやすく作られているものが多かったですが、VRではそこから一歩進み、分身ではなく自分自身が別世界へと入ってしまいます。ゲームや漫画・アニメの世界に入ってみたいと思ったことのある方には特におすすめの遊び方です。

映画にもっと臨場感を!仮想空間に没入する

仮想世界に没入するということは、仮想世界の登場人物になることと同じです。主人公の活躍を画面の向こう側で見ていた今までの映画鑑賞と違い、その世界の登場人物の一人となり、リアルな体験をできるのもVRの特徴です。

感情移入ではなく、もはやリアルタイムでその世界に参加している感覚が味わえるのは、没入感を楽しむVR映画ならではです。

VRでコンテンツを思いっきり楽しもう

VRおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

VR元年と呼ばれた2016年から2年、VRコンテンツはじわじわと広がりを見せ、ソフトや機器のクオリティ、スペックも日々上がっています。手軽にVR体験のできるVRゴーグルから、本格的な映像体験ができるハイエンドなVRヘッドセットまで、最先端のVR技術を遊びつくしましょう。

Related