Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月24日

除湿剤おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

私たちの生活に除湿剤は欠かせません。カビは人にも物にもいい影響を与えないことが多いです。今回はさまざまな場所で活躍する除湿剤を紹介しています。これを機に家の中のいやな湿気を退治しましょう。いろんなタイプがあるので、これを読んで参考にしてもらえたらうれしいです。

除湿剤おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

除湿剤の種類と選び方

除湿剤おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

除湿剤の種類

生活の中で除湿剤を活用している方は多いのではないでしょうか。除湿剤には容器に水がたまるタイプや湿気がゼリー状に固まるタイプ、天日などに干して繰り返し使えるタイプなどがあります。形もさまざまで、容器に湿気取り剤が入っているものやシート状のもの、袋状のものもあります。このように数も多く種類もたくさんありますので、まずはいくつか見ていきましょう。

置き型の除湿剤

ドライペット スキット
ドライペット スキット
口コミ

これが無かったら、長雨の時期を乗り越えることは不可能です。湿度が高い夏も無理です。秋雨や台風の季節も同様。

置き型用除湿剤として「ドライペット スキット」を紹介します。塩化カルシウムの粒が容器の上の部分に入っており、湿気を吸うことで下部に水がたまっていきます。水がいっぱいになったら捨てる使い捨てタイプです。部屋のすみでも押し入れの中でも置くだけで除湿してくれるおすすめ品です。一年中、気になるところに置いて使えます。

吊り下げ型の除湿剤

ドライ&ドライUP クローゼット用
ドライ&ドライUP クローゼット用

¥ 646

口コミ

薄型で場所を取らずスマートな使用感です。

吊り下げ用除湿剤には「ドライ&ドライUPクローゼット用」を紹介します。洋服と洋服の間に吊り下げて使います。湿気取り剤がハンガーと一緒にかけられるようになっており、湿気がゼリー状に固まるタイプです。固まったのが見えるので、取り換え時期を逃しません。防虫剤と一緒に使っても問題ないのでおすすめです。

小袋型の小さい除湿剤

ニトムズ 除湿生活
ニトムズ 除湿生活

¥ 657

口コミ

除湿量は少ない(一袋当たり25ml)ですが、小袋タイプなので場所を選びません。

小袋型除湿剤には「ニトムズ 除湿生活」を紹介します。小袋なのでタンスや引き出し、食品棚、靴の中まで、家中場所を選ばず置くことができておすすめです。色が変わったら天日に干して繰り返し使えるタイプの商品です。

シート型除湿剤

住まいの消臭・除湿シート
住まいの消臭・除湿シート

¥ 1,404

口コミ

好きな大きさに切って使えるので便利です。

シート型除湿剤としては「住まいの消臭・除湿シート」を紹介します。ハサミで好きな大きさにカットできます。デザインがおしゃれなので、食器棚やキッチンの見えるところに敷くこともできます。下駄箱に敷くと、開けた時に華やかで気分が上がります。効果回復のために天日干しすれば、繰り返して使えるのでおすすめです。

除湿剤の選び方

除湿剤は多種多様ですので、まずはどこに使うか場所ごとに考えるといいでしょう。クローゼット、洋服ダンスはもちろん、押し入れ、下駄箱、シンクの下など湿気の多そうな場所は家の中にたくさんあります。使い捨てタイプにするか詰め替えタイプにするかも、場所によって違うでしょう。

それぞれに適した除湿剤が出ていますので、利用したい場所ごとに選ぶのがおすすめです。まずは除湿剤のおすすめ人気ランキングTOP3を見てみましょう。

除湿剤おすすめ人気ランキングTOP3

おすすめランキング第3位「ドライペットふとん快適シート」

ドライペットふとん快適シート
ドライペットふとん快適シート
口コミ

結構、湿気を吸ってくれて、押入れで使用。何回も干して使えて、経済的です。

おすすめランキング第3位は「ドライペットふとん快適シート」です。人は睡眠中に少なからず寝汗をかいているので、布団やベッドパットの下に敷いておくと、湿気を取ってサラサラ感を保ってくれます。天日干しで繰り返し使えますので経済的です。

布団が干せない花粉の時期や、梅雨どきなどにも重宝するおすすめの商品です。また、介護用の布団の除湿剤としても喜ばれています。

おすすめランキング第2位「備長炭ドライペット下駄箱用」

備長炭ドライペット下駄箱用
備長炭ドライペット下駄箱用
口コミ

靴箱の段ごとに1個か2個置いていますが、効果あるようで、靴の中はさらっとなってます。重宝しています。

おすすめランキング第2位は「備長炭ドライペット下駄箱用」です。除湿だけでなく消臭も一緒にしてくれるということで備長炭が人気です。湿気がゼリー状に固まるタイプです。下駄箱のすみにパカッと広げて置くのですが、薄いので邪魔にならずすっきり置けておすすめです。

おすすめランキング第1位「備長炭ドライペット除湿剤」

備長炭ドライペット除湿剤
備長炭ドライペット除湿剤
口コミ

タンスに入れて翌日から中の粉が固まってきて除湿力を期待させます

おすすめランキング第1位は「備長炭ドライペット除湿剤」です。どこにでも置けて、容量も大きいのでおすすめです。タンクに水がたまる使い捨てタイプの商品です。陽の光が入らないような締め切った場所には、ひとつは置いておきたい商品です。備長炭の働きで、湿気だけでなく臭いも気にならなくなるという声が多いです。

用途別おすすめの除湿剤

ここからは用途別に除湿剤を見ていきましょう。場所によっていろいろあるので、場所ごとに分けて紹介していきます。

クローゼット用の除湿剤は?

ドライペット クローゼット用

ドライペット クローゼット用
ドライペット クローゼット用
口コミ

クローゼットが家の北側の部屋のため、夏場の湿気対策にはかかせません。びっくりするほど湿気を吸収しています。

まずは「ドライペット クローゼット用」です。クローゼットに洋服と一緒にかけておくだけなのでかさばりません。湿気を吸い取ってゼリー状にしてくれる商品です。湿気が取れている様子が見てとれますので、取り換える時期がわかりやすいのがおすすめです。

AJ五個入り 家庭用除湿剤

AJ五個入り 家庭用除湿剤
AJ五個入り 家庭用除湿剤
口コミ

早速、クローゼットにぶら下げてみましたー。水が出てくるの楽しみです。

もうひとつ「AJ五個入り 家庭用除湿剤」を紹介します。上の部分の白い粒々が塩化カルシウムで、湿気を吸い取りながら少なくなっていき、水が下の袋にたまっていきます。粒々がなくなったら交換時期です。フックが付いているので、クローゼットだけでなく家の中で引っ掛けるところがあれば、気になる場所に吊るせておすすめの除湿剤です。

洋服ダンス用の除湿剤は?

宇部マテリアルズ ダニよけできる除湿シート

宇部マテリアルズ ダニよけできる除湿シート
宇部マテリアルズ ダニよけできる除湿シート

¥ 950

洋服ダンスや引き出し用の除湿剤として「宇部マテリアルズ ダニよけできる除湿シート」を紹介します。除湿のみならずダニも寄せ付けないシートです。ハサミで好きな大きさにカットできますし、天日干しで再利用もできます。衣装ケースでの利用もおすすめします。もう少し大きいサイズで、敷き布団の下に敷いて使うタイプのものもあります。

ドライ&ドライUP 引き出し・衣装ケース用

ドライ&ドライUP 引き出し・衣装ケース用
ドライ&ドライUP 引き出し・衣装ケース用
口コミ

密閉性のないケースでも、約500円で2カ月間、衣類をカビや湿気から守ることができるということを考えると、コスパは結構良いと言えるでしょう。

もうひとつタンス用除湿剤を紹介します。「ドライ&ドライUP 引き出し・衣装ケース用」です。洋服の上に置いておく薄型タイプで、湿気を吸って全体がゼリー状になったら取り換え時です。防虫剤と一緒に使えます。12シート入っているお徳用でおすすめです。

水とりぞうさん タンス裏用

水とりぞうさん タンス裏用
水とりぞうさん タンス裏用

¥ 1,080

口コミ

すごい除湿力の上カビ予防、ありがとうございます

おまけの除湿剤です。「タンス裏用」という商品です。洋服ダンスは動かさないので、後ろの壁の湿気が気になります。そこでこれをタンスの裏側に置いておくと、シートが除湿して湿気をもち状に固めてくれます。紙のケースに入っており、立てかけやすい形状になっています。タンス裏のカビを防ぎますのでおすすめします。

押し入れ用の除湿剤は?

水とりぞうさん

水とりぞうさん
水とりぞうさん
口コミ

この商品を使用してからは今のところ、カビもできずに押入れは美しい状態です。

押し入れの中に必需品の除湿剤、まずは「水とりぞうさん」です。550mlの大容量吸収で、湿気をぐんぐん吸い取ります。たまった水を捨てるための水捨て用のシールもついているので、水捨てが楽でおすすめです。使い捨てタイプです。

ドライペット ぐんぐん吸いこむ大判シート

ドライペット ぐんぐん吸いこむ大判シート
ドライペット ぐんぐん吸いこむ大判シート
口コミ

どこでも使えるし、再利用も出来るし、中々よく出来た品でした。

今度はシートタイプの除湿剤「ドライペット ぐんぐん吸いこむ大判シート」です。押し入れの上段、下段に一枚ずつ敷いておく用に2枚入りです。また、押し入れのすき間に入れたり、布団などの間に挟んで保管したり、畳んだ布団の上からかぶせたりといろいろ使えておすすめです。天日に干して何度も使えるので経済的です。

ノンスメルドライふとん用

ノンスメルドライふとん用
ノンスメルドライふとん用

おまけに布団用の除湿剤も紹介しましょう。「ノンスメルドライふとん用」です。湿気がゼリー状に固まって取り換え時期がわかりやすいタイプです。畳んだ布団の間に挟むだけで、いやな湿気をすっきり取ってくれる商品です。

押し入れに入れっぱなしで、あまり使わないお客様用の布団などにはぜひ利用してほしいおすすめの商品です。炭の効果で、湿気を取るだけでなく脱臭もしてくれます。

部屋用の除湿剤は?

モソバッグ

モソバッグ
モソバッグ

¥ 3,480

口コミ

湿気やすい部屋が匂うので部屋の隅に置いてみましたがなかなかいい感じです。

お部屋に置くようの除湿剤です。「モソバッグ」という商品です。除湿はもちろん、消臭の効果があるようで、部屋の空気が爽やかになったという声が多いです。電気を使わない空気清浄機との声もあります。干して繰り返し使え、2年ほどもちます。

サイズもいろいろありますので、場所によって使い分けることができます。竹炭を利用しており無害なので、ペットや赤ちゃんがいるご家庭でも安心して使えます。部屋にそのまま置いておけるデザインがおすすめです。

KEQI 空気清浄バッグ

KEQI 空気清浄バッグ
KEQI 空気清浄バッグ

もうひとつ、部屋に置いておくとほっこりするおすすめの除湿剤を紹介します。「KEQI 空気清浄バッグ」です。家のみならず、車の中に置いてもかわいい竹炭入りの除湿剤です。もちろん炭ですので消臭効果もあります。

本棚用の除湿剤は?

前出の「KEQI 空気清浄バッグ」も本棚に置いておけますが、もうひとつ本棚に置ける除湿剤を紹介します。「Baffect」の除湿剤です。本棚に置いておくと湿気を取って本のカビを防いてくれます。また、フックがついているので引っ掛けることもできます。本棚だけでなく、湿度が多い所にも対応しており、トイレやキッチンにもおすすめです。

靴用の除湿剤は?

ドライペットスピード吸湿くつ用

ドライペットスピード吸湿くつ用
ドライペットスピード吸湿くつ用
口コミ

繰り返し使えるからということで購入。一日中履いた革靴だと、すぐに、色が変わるだろうなぁと思ったけど、結構、長持ちしています。

靴用の除湿剤を紹介します。「ドライペットスピード吸湿くつ用」です。一日履いた靴はもわっとしていて臭いが気になります。この商品は、帰ってきてから靴にぽんと入れておくだけで靴の中の湿気を取り、翌朝気持ちよく靴が履けます。また天日に干して繰り返し使えますので、経済的にもおすすめです。

FIS-Iオリジナル除湿剤

FIS-Iオリジナル除湿剤
FIS-Iオリジナル除湿剤

¥ 1,298

口コミ

3組セットで家族で使っています。使い始めたばかりですがスニーカーにもよく効いているように感じます。

もうひとつ靴用除湿剤です。「FIS-Iオリジナル除湿剤」は、スニーカーや革靴にはもちろん、大きいのでブーツにも使えます。無香なので靴に匂いが移ることもありません。また靴だけでなく、下駄箱や玄関、そのほか小さいスペースの湿気取りにも利用できます。竹炭を使っているので脱臭効果もありおすすめです。

かばん用の除湿剤は?

モソバッグmini

モソバッグmini
モソバッグmini
口コミ

夫が職場で私物(タオルなど)を入れておいておくディパックの中が、暑くなり始めてから蒸れくさくなると言っていたので購入、使用しています。

先ほど部屋用で紹介したモソバッグの小さいサイズ「モソバッグmini」です。普段使いのスポーツバッグなどに入れておくと、湿気も汗の臭いもすっきり取ってくれます。カビの防止にもなりますし、かばんだけでなく靴やバイクのヘルメットなどにも有効です。デザインもシンプルなので場所を選ばず使用できておすすめです。

かばん用除湿・消臭剤

かばん用除湿・消臭剤
かばん用除湿・消臭剤

¥ 734

かばんの湿気や臭いは意外と気になります。こちらの「かばん用除湿・消臭剤」は、かばんの大きさによって1~3包入れておくと、湿気や臭いを取り、カビを防いでくれます。スーツケースなど、長く収納するかばんに入れておくのもおすすめです。

カメラ用の除湿剤は?

ETSUMI 強力乾燥剤カラット

ETSUMI 強力乾燥剤カラット
ETSUMI 強力乾燥剤カラット
口コミ

ドライBOXに付いてきた乾燥材は1個だったので、この商品を追加購入しました。結果湿度計はBESTの位置で、十分機能しています。

防カビ・防湿用の強力乾燥剤として、カメラの保管に必要な除湿剤「ETSUMI 強力乾燥剤カラット」です。ドライBOXという収納の箱に入れて使用している方が多いです。20Lの入れ物に対して1個で半年から1年もちます。カメラだけでなく、薬やサプリメントの保管にも使えるとの声もあります。使い終わったら中身は石灰肥料として再利用ができるのもおすすめのポイントです。

強力乾燥剤キングドライ

強力乾燥剤キングドライ
強力乾燥剤キングドライ

¥ 1,231

口コミ

除湿の効果は非常に安定しており、ボックス内はおおむね40%の湿度に保たれています。

もうひとつカメラ用の除湿剤「強力乾燥剤キングドライ」を紹介します。ジメジメした時期に大事なカメラを正常に保つために使っている方が多いです。破れにくいナイロン袋を使用しています。お買得パックは惜しげなく使えるのでおすすめです。カメラのバッグにひとつ入れておくと、急な雨にも対応できて便利です。

冷蔵庫用の除湿剤は?

ZYCR 珪藻土ドライングエッグ
ZYCR 珪藻土ドライングエッグ
口コミ

見た目もサイズ感も可愛い!冷蔵庫のにおいが気になるので、除湿すればいいかなと思って購入しました。

冷蔵庫に卵型のかわいい除湿剤「ZYCR 珪藻土ドライングエッグ」です。もちろん消臭もできます。吸水性に優れている珪藻土と消臭効果のある炭からできています。冷蔵庫だけでなく、下駄箱やシンクの下、部屋の中や車などにもコロッと置いておくと除湿してくれます。洗って乾かして繰り返し使えます。

紹介したのはレモン色ですが、ミント色、茶炭色の3色から選べます。デザインがかわいいのでギフトにも喜ばれているおすすめの商品です。

着物用の除湿剤は?

きものの友
きものの友

¥ 599

口コミ

着物の管理がとても楽になる、とても重宝な製品です。

大事な着物の保管にも除湿剤は欠かせません。そこで呉服屋さんでもよく使われている着物用除湿剤「きものの友」を紹介します。

シートタイプの除湿剤です。これを入れておくと虫干しの必要がありません。ハサミで好きなサイズにカットできますし、天日干しで繰り返し使えます。湿気を取って大事な着物をカビから守ります。シミや色あせなども防ぐおすすめ品です。袋タイプのものもあります。

バイオシリーズ

おすすめのバイオシリーズをいくつか紹介します。空気に触れると働きだす微生物(バイオ)を利用したカビ防止剤で、浴室やシンクの下など湿気の多い所に使えるシリーズが出ています。化学薬品を使わず無害なので、環境に優しい除湿剤です。

掃除をしたあときれいが続くという商品なので、掃除をしてから取り付けるのがおすすめです。なお、取り付けている間はバイオが死滅しないように、強酸性や強アルカリ性の掃除用洗剤は使わないほうがいいでしょう。

バイオ 脱衣所のカビきれい

バイオ 脱衣所のカビきれい
バイオ 脱衣所のカビきれい

¥ 1,058

口コミ

広さ一坪程度の洗面所天井にカビが結構生えていたので、一度奇麗にしてから貼り付け。以後、半年間カビの発生がピッタリ止まったので効果ありと思い、リピートしました。

まずは「バイオ 脱衣所のカビきれい」です。洗面所と脱衣所が一緒になっていて、なおかつ洗濯機も置いてあるという家は多いでしょう。そこでこれを天井に貼り付けておくことをおすすめします。

バイオ お風呂のカビきれい

バイオ お風呂のカビきれい
バイオ お風呂のカビきれい

¥ 1,058

口コミ

カビが生えにくくなり、キレイに保たれています。もっと早く買うべきでした。リピートします。

次は「バイオ お風呂のカビきれい」です。天井に貼り付けておくと、お風呂掃除の回数が減り、おすすめです。

バイオ 押入れのカビきれい

バイオ 押入れのカビきれい
バイオ 押入れのカビきれい

¥ 950

口コミ

雨が多く湿度が高いのでカビ予防でバイオの力を試したいとこれに決めました

次は「バイオ 押入れのカビきれい」です。押し入れはどうしても湿気がこもりがちです。除湿剤と一緒に使用されることをおすすめします。

バイオ シンク下のカビきれい

バイオ シンク下のカビきれい
バイオ シンク下のカビきれい

¥ 950

口コミ

カビきれいシリーズは僕の家中にたくさん設置しています。特に水廻りや押し入れには無いと不安になります。

次は「バイオ シンク下のカビきれい」です。シンクの下は、湿気とともに臭いもこもります。これを貼っておくと、ジメジメした感じがなくなります。油などを置いている場合はその臭いも取ってくれます。床下の収納にもおすすめです。

バイオ げた箱のカビきれい

バイオ げた箱のカビきれい
バイオ げた箱のカビきれい

¥ 734

口コミ

効果があるようです。カビがはえなくなりました。これはなかなか使えます。

バイオシリーズ最後は「バイオ げた箱のカビきれい」です。下駄箱の中の天井部分に貼り付けるので、目立たずしっかりカビを防止してくれます。靴用の除湿剤と併用することをおすすめします。

おまけの除湿剤その1 ペットのいる方へ

ペットフードストッカー用除湿剤
ペットフードストッカー用除湿剤
口コミ

フードストッカーと同時購入。ドライフードがいつでもカリカリで、風味を損なわずに保管出来ます。

おまけのおすすめはペットフード用の除湿剤です。ペットも大事な家族の一員です。いつも美味しいフードを食べさせてあげるために使ってみてはいかがでしょうか。フードストッカーに入れて利用している方が多いです。多頭飼いで、扱うフードの多い方には特におすすめです。

おまけの除湿剤その2 結露に困ったら?

強力結露吸水テープ
強力結露吸水テープ

¥ 1,214

口コミ

冬場、毎朝窓ガラスの周りが水浸しになってましたが、こちらを使用し始めてから、結露が解消されました。

冬場の結露にお困りの方もいるでしょう。おまけに「強力結露吸水テープ」を紹介します。こちらのテープは貼っておくと結露を吸収し、自然乾燥してくれます。窓の木枠の腐食やカビ防止にもなります。柄がないので目立たず部屋の雰囲気を壊しません。除湿剤と一緒に活用することをおすすめします。

おすすめの除湿剤のメーカー3つと代表製品

エステー株式会社

ドライペット コンパクト
ドライペット コンパクト
口コミ

普段は置かない場所(鰹節や、だしパックを置いてる専用棚)にも、スッと入るし、いい感じです。

まず一つ目は1946年創業の「エステー株式会社」です。先ほど紹介したおすすめ人気ランキングを3つ制した「ドライペット」の会社です。「ドライペット」をはじめ「消臭力」「ムシューダ」「脱臭炭」など、スーパーで必ず目にする製品をたくさん作っています。個性的なコマーシャルも印象的です。

「空気をかえよう」をスローガンにして研究・開発を続け、私たちの生活に馴染みのある商品をたくさん生み出している会社です。「エステー」のロゴの横にあるヒヨコマークは一度は目にしたことがあるでしょう。

ここではそんなたくさんある製品のなかから「ドライペット コンパクト」を紹介します。詰め替えタイプなのでゴミが減ります。パウチパックの中に水がたまるので、容器が汚れません。名前のとおりコンパクトなので場所を選ばず置けるのもおすすめです。

オカモト株式会社

水とりぞうさんクローゼット用
水とりぞうさんクローゼット用

二つ目は「オカモト株式会社」です。1934年にコンドームや雨合羽などのゴム製品の会社として創業しました。「身近な暮らしを科学する」をモットーに、現在ではゴム製品のほかに、農業や医療、福祉の現場でも使われるプラスチックフィルムなどの資材や、私たちの身近にあるカイロや石けんなどの生活用品も多数製造しています。

ここでは、オカモトの除湿剤と言えばコレという「水とりぞうさん」の中から「水とりぞうさんクローゼット用」を紹介します。大判タイプのシートで、湿気をゼリー状に固めます。フック部分がクローゼットのポールに引っ掛かりやすい大きめフックになっています。1シート300gの吸湿力でおすすめの商品です。

白元アース株式会社

ノンスメルドライ大判シート
ノンスメルドライ大判シート

¥ 538

三つ目は「白元アース株式会社」です。アース製薬グループのひとつです。株式会社白元から事業を譲り受けて、2014年にスタートした会社です。と言っても扱っているのはもともとは白元の商品なので、私たちにも馴染みの商品が多いです。

「ミセスロイド」「ドライ&ドライUP」「アイスノン」「ノンスメル」「ソックタッチ」などは使ったことがある方も多いのではないでしょうか。白元アースになってからの製品としては入浴剤の「HERSバスラボ」などがあります。

ここでは除湿剤「ノンスメルドライ大判シート」を紹介します。敷き布団の下に敷いたり、押し入れに使用するのはもちろんですが、ハサミでカットできるので、タンスや引き出しなどさまざまな用途に使えます。大判なので、皮製品などを包むように保管しておくのもおすすめです。天日で干して繰り返し使えます。

除湿剤の使い方・活用方法

除湿剤の中身は、ものによっては再利用できます。中身が生石灰だった場合は、湿気を吸って消石灰となったものを肥料として使えます。袋を開けて土と混ぜるだけで、土をアルカリ性にし、カルシウムを補給することもできます。

作業のときは念のため、軍手を使うことをおすすめします。生石灰が残っていると、水分と合わさったときに熱を発するので火傷をすることがあるからです。

また、中身がシリカゲルの場合は、加熱することで吸湿力をもとに戻すことができます。最初シリカゲルは透明と青色のビーズですが、吸湿すると青色のビーズがピンクになります。それをフライパンなどで弱火でゆっくり温めると、ビーズが青く戻ります。粗熱をとり通気性のよい袋などに入れると、もう一度除湿剤として使えます。

お茶パックに入れるのをおすすめします。お茶パックの大きさだと、食品の乾燥剤としても使えますし、靴の除湿剤としても使えます。

湿気をなくして快適生活を

さまざまな除湿剤を紹介しましたが、いかがでしたか。梅雨どきや夏の豪雨の時期などジメジメした季節のみならず、大事な靴や洋服、またカメラや薬の保管など一年中、除湿剤は私たちの生活の一部です。除湿を怠るとカビが発生し、壁が傷んだり、服が黒ずんだり、食品が腐ったりすることになります。中でも消臭も一緒にできる炭を使ったものが人気でした。

紹介したたくさんの除湿剤から用途にあったものをチョイスして、家中をすっきりさせましょう。

Related